ツアープランナー 資格。 【旅行会社社員が教える】ツアープランナーになるには何が必要?

ツアープランナーの仕事の年収・やりがい・本音

ツアープランナー 資格

ツアープランナーの仕事内容• ツアープランナーの一日の業務• ツアープランナーの英語力• ツアープランナーのやりがい• ツアープランナーの大変なこと• ツアープランナーに向いている人• ツアープランナーへの目指すきっかけや志望動機• ツアープランナーの課題• ツアープランナーの今後 僕自身、大学卒業後、旅行会社に就職し、1年目から海外旅行の 企画に携わりました。 中堅旅行会社ということもあり、企画専任というわけではなく、営業をしながら企画も行っていました。 旅行会社キャリアの中で一番の企画はというと、日本からの直行便のないフィリピンの島に チャーター便を飛ばした企画です。 その島に飛ばしたチャーター便は 日本マーケット初のチャーター便となり、フィリピン観光省からも評価を頂きました。 この記事では、ツアープランナーの業務や英語力、やりがい、課題や今後について詳しく解説したいと思います。 これから旅行会社で働きたいと思っている人や今実際に企画に携わっているけどうまくいかない人などに是非読んでもらえればと思います。 他社のツアー販売状況の確認(価格、航空会社、ホテル、観光内容など)• メタサーチエンジン(トラベルコなど)の販売状況の確認• 航空仕入れ(航空会社との料金交渉など)• ホテル仕入れ(ホテルとの料金交渉など)• 観光地の調査(観光コースや距離感、移動手段など)• 観光省との商談• ウェブサイトの特集データの作成• ブローシャー(紙パンフレット)の作成• 販売店舗への勉強会 旅行というものは形のないものですが、どうやって作られているかというと航空券代金とホテル代金、送迎代金、観光代金などをただ単純に足し算をしているだけです。 しかし、航空会社は数が限られているとしても、ホテルの数はとてつもなく多くなっています。 パッケージツアーに全てのホテルを使えるのかといったらそうではありません。 安全基準を守っているホテルなのか、 インベントリー(在庫)が豊富なホテルかどうか、 ロケーションが良いホテルかどうかなど、いろんな下調べをした上で選定します。 また、観光地のルート設定や内容については海外支店のスタッフと打ち合わせをしたり、視察を元にアイデアを出し合ったりして、 現実的・効率的にツアーを催行できるかどうかを決定していきます。 さらに 航空仕入れや ホテル仕入れを並行して行ったり、 観光省と ジョイントプロモーション(共同企画)についての提案や商談を行ったり、紙パンフレットを作成したりと企画と言っても企画に関わる業務は多岐に渡ります。 ツアープランナーの一日の業務 ツアープランナーの一日の業務はこんなイメージです。 5月~7月の期間:年末年始期間の旅行販売準備• 10月~11月の期間:ゴールデンウィーク期間の旅行販売準備 最近では紙パンフレットの製造が年に3回や4回ある旅行会社もあり、さらに山場は増える一方です。 上記の山場の少し前の時期には、海外からホテルの営業マンがたくさん来日し、旅行会社へ訪問する「 セールスコール」が実施されます。 その期間はツアープランナーは1日に3件、4件とアポイントで予定が埋まる程、時間がありません。 海外のホテルも旅行会社に使ってもらおうと必死なのです。 ツアープランナーの英語力 海外のホテルから営業マンが来日する。。。。 もしかして英語が必要なのではと思うかもしれませんが、ずばり 英語が必要です。 稀に海外のホテルで働く日本人セールスの方もいますが、基本的には外国人が来社すると思った方がよいです。 海外のホテルも日本マーケットについて詳しくないため、 セールスレップ(又は セールスリプレゼンタティブ)という海外のホテルの日本事務所として活動をする会社のスタッフが同行している場合もあります。 関連記事 英語の商談というととても難しく思うかもしれませんが、話すことは毎回同じです。 ポイントは次の通りです。 バーター契約とは? 例えば、「ホームページにホテルの特集を出すからその代わりに無料で5泊分ください」みたいな物々交換です。 ホテル側も現金を出すことは渋るため、現金の代わりに数泊分無料にしてもらうということです。 ツアープランナーのやりがい ツアープランナーのやりがいは、とても単純で自分の考えたツアーが世に出る、そしてそれに参加してくれる人がいるということです。 大手旅行会社だと難しいですが、中堅の旅行会社であれば、 今日考えたツアーが今日世に出ます。 旅行は形のないものですが、単純に足し算すれば旅行は作れます。 しかし、それを 魅力あるものにするというのは本当に大変です。 僕自身、行ったことのないホテルは勧めないというポリシーがありました。 視察の時は1日15軒や20軒もの数のホテルを視察しました。 本当は全部宿泊したいのですが、さすがにそんな日数の視察には出れません。。。 そのため、プライベート旅行の時でさえ、視察をしたことがあります。 要は「 自分が見ずして知らずして、企画はできない」ということです。 まさに「 百聞は一見に如かず」です。 よく写真と違ったっていうことはありますよね。 それと同じです。 旅行は人生の分岐点にもなるイベントのため、作り手もよりセンシティブになるべきと思っています。 そんな想いを込めたツアーにお客様が参加し、そしてお客様に感動を与えることができれば、何物にも代えがたい喜びですし、ヘトヘトになりながら視察した苦労も報われます。 旅行は形のないもの• 今日考えたことがその日のうちにツアーに!• 百聞は一見に如かず• 旅行を通して感動を与えることが僕たちの使命 ツアープランナーの大変なこと ツアープランナーをやっていて大変なこともたくさんあります。 例えば、視察をする前にある程度下調べしてから行きますが、長距離移動などをして苦労して視察したのに実際に見ると全く使い物にならないとかはよくあります。 ホテルなどもそうですが、特にビーチの綺麗さが想像と違った時は気持ちが落ちます。 また、視察後にツアー造成をしたとしても、お客様に見られないツアーも実際はたくさんあるということもあります。 例えば、ホテルの取扱数が多いモルディブ。 モルディブ行きのツアー掲載数が大手旅行会社では約1000コース、WEB販売を中心にしている中堅旅行会社で約2500コースとなっています。 しかし、見られていないツアーがたくさん含まれているということが現実です。 それでも日本マーケットで 初めてこの都市のツアーを販売した、 初めてこの島のツアーを販売した、 初めてこのホテルのツアーを販売したというのは、とてもやりがいのあることです。 まだまだ世界には日本で知られていないことがたくさんあります。 それをいかにして見つけるか、そして販売までもってくるかがツアープランナーの醍醐味です。 ツアープランナーに向いている人 ツアープランナーに向いている人、それは「 担当地域をどれくらい好きになれるか」です。 本当これに尽きます。 旅行会社の商品を見ていると、担当地域のことが好きで思い入れを持ってツアーを作ったかどうかはすぐにわかります。 なぜ「 担当地域をどれくらい好きになれるか」が必要なのか? 今となってはインターネットで情報収集がとても簡単にできるようになりました。 つまり、お客様の持っている情報量が旅行会社のスタッフの知識量と同じ、あるいはそれ以上になっているということです。 担当地域が好きで思い入れがある人はその地域のことをどんどん深掘りしていきます。 その知識の「 深さ」がツアープランナーには必要なのです。 「 私は〇〇〇〇について日本で一番知ってます!」くらい言えるようになれば本当にツアープランナー向きです。 関連記事 これくらい詳しく書ければ良し! ツアープランナーへの目指すきっかけや志望動機 ツアープランナーになりたいと思っている人は、今までの人生で何かしら 分岐点があり、ツアープランナーになりたいと思ったはずです。 それは、旅行中の出来事なのか、何かのイベントに参加した時なのか、誰かに会った時なのかなど人それぞれです。 「ただ旅行が好きだから」という理由だけではツアープランナーになることはできません。 もし旅行会社で働くことを目指す、ツアープランナーになることを目指すということであれば、 経験に基づいた志望動機を考えましょう。 その方が説得力が出ます。 次の関連記事が参考になると思うので是非読んでみてください。 関連記事 ツアープランナーの今後 ツアープランナーの今後は問題山積みです。 なぜかと言うと「 企画担当者自身が海外に出ない」からです。 例えば、良い例が「 海外の旅行博」です。 有名なところでは次の旅行博があります。 毎回日本から参加する旅行会社は片手で数える程度です。 他国はというと何十社と参加しています。 こういった旅行博での商談は積極的に参加するべきです。 また、すでに日本マーケットでも旅行会社離れの年齢層が発生しています。 海外旅行慣れをしている40代の50%はすでに自分で航空券とホテルを手配して海外旅行をしています。 関連記事 このようにツアープランナーが単純な足し算ばかりをした商品を羅列していても消費者には響かないようになっているということです。 知識の「 深さ」を持って商品造成をしていかないと、旅行会社の商品は広く浅いもののみとなってしまいます。 ツアープランナーは、「 海外に出てホテルや観光素材を探しに行く」ということが必要です。 以上となります。 ツアープランナーは大変です。 でもその都市やホテルを好きな気持ちで深掘りしていけば魅力ある旅行をプロデュースできます。 それがツアープランナーに必要なことです。 それでは、良い一日を!.

次の

ツアープランナーの仕事内容・なり方・給料・資格など

ツアープランナー 資格

に向いている性格・適性 ツアーコンダクターは、参加者がツアー中の時間を楽しみ、また安全に終えることができるよう調整することが仕事です。 そのため、次のような特徴のある人は特に向いているといえます。 面倒見がよく、サービス精神旺盛な人 ツアーコンダクターにとって最も大切なのは、「人に奉仕することに喜びを感じられる」ことです。 ツアーコンダクターは、ツアーの参加者が安全で楽しい旅をできるよう、さまざまな準備を整えて旅を盛り上げていきます。 人の面倒を見ることが好きな人や、相手が喜ぶ顔を見ることで自分もうれしくなるといった人にこそ、向いている仕事だといえます。 各地の文化や風習を知ることが好きな人 参加者にその土地についての情報を提供したり、質問に答えるということも、ツアーコンダクターの大切な仕事のひとつです。 知らない場所に関する情報を詳しく調べたり、各地の文化や風習を知るといった努力ができる人が向いているといえるでしょう。 また、海外添乗を目指す場合、語学力も求められます。 向上心が強く、就職後も学び続ける人が適している職業です。 体力・強い精神力がある人 体力に自信がある人のほうが、ツアーコンダクターに向いています。 ツアーコンダクターの業務はハードです。 ツアー中は基本的に24時間体制で仕事をするつもりでいなくてはなりません。 たとえ夜中でも、参加者のリクエストがあればすぐに対処しなくてはならないからです。 さらに、ちょっとしたトラブルでは動じない精神力も求められます。 身も心も強い人がツアーコンダクターに向いているといえるでしょう。 ツアーコンダクターに必要なスキル・能力 ツアー中の流れや参加者・訪問先との調整など、すべてはツアーコンダクターの責任で行われます。 これらの業務を滞りなく進めるためには、次のようなスキルが求められます。 臨機応変な対応 旅にアクシデントはつきものです。 たとえば、天候不良で飛行機が予定通りに飛ばなかったり、あるいは参加者の体調不良やケガなど、さまざまなトラブルの可能性があります。 このような予期せぬトラブルが起こったとき、どのように対処するかでツアーコンダクターの真価が問われます。 慌てることなく冷静に対処し、臨機応変に行動して、その場その場のベストを尽くしていくことが大切です。 人の気持ちに寄り添う ツアーコンダクターは、毎日のようにいろいろな場所に出かけていきます。 しかし、ツアーの参加者にとってはそのツアーは初めてですし、1回のツアーが一生の思い出になるかもしれません。 こういったことをしっかりと念頭に置いて仕事をすることは、大変重要なポイントです。 視野を広げ、知識を吸収する ツアーコンダクターは、「この仕事に就いたらゴール」というわけではありません。 様々な国の文化や風習、歴史、地理、社会情勢など、知っておくべきことはたくさんあります。 そして、自分で勉強したことは全て、仕事に役立てることが可能です。

次の

ツアープランナーになるには|大学・専門学校のマイナビ進学

ツアープランナー 資格

今は入社6年目で、愛媛県から九州、四国、中国、近畿の各地方への、日帰りで行けるツアーの企画・造成を担当しています。 自ら企画したツアーを、折り込み広告や月刊誌に掲載し、募集も行っています。 電話での応対も直接行い、ツアーの申し込みなどを受けたり、ツアーに関する問い合わせのへのご案内をしています。 より良いツアーを企画するために心掛けていることは、常にアンテナを張り、情報収集をすること。 何がお客様に一番喜ばれるかを考え、ツアーを作っています。 そのようにして作ったツアーにたくさんのお客様が参加してくださること、また終わったあとのアンケートで良い評価をいただくことは、やはりとても嬉しいですね。 逆に、当初ツアーの中で提供を予定していたことやものが、当日何らかの手違いで提供できなかったときは、お詫びはもちろんのことですが、そのあと信頼を取り戻すまで非常に苦労します。 お客様がツアーにご参加される理由は様々あると思いますが、その理由の一つに「このツアーだったから」と、自分の企画したツアーを挙げていただいた時、非常にやりがいを感じます。 他社の企画もたくさんあるとは思いますが、その中でも自分のツアーに一番魅力を感じていただけたのかと思うと嬉しいです。 今の目標は、日帰りツアーのプロになること。 地元愛媛はもちろんですが、担当範囲は全て知り尽くし、最終的には日本全国を知り尽くしたいと思っています。 物怖じすることなく他者とコミュニケーションを図れ、多くのことに興味を持つことができる。 仕事は、いろんなことにぶつかるが、どんな出会いも受け止めて吸収し学んでいくことが大切です。 自分の好きなところで感動を共有できることが何よりも醍醐味でしょう。 そのため、さまざまなことに興味を持ち、幅広い知識の中からツアーを作成できるアイデアや能力が必要です。

次の