デルモゾール g 軟膏。 デルモゾールG(軟膏)について

デルモゾールG軟膏の強さや効能、副作用についてご紹介!

デルモゾール g 軟膏

<監修薬剤師 藤沢 淳司> デルモゾールG軟膏は処方薬リンデロンVG軟膏のジェネリック医薬品です。 リンデロンVG軟膏は蕁麻疹や湿疹・皮膚炎などで処方される軟膏です。 リンデロンは様々な種類がありますが中でも一番効果的だと言われているリンデロンVG軟膏のジェネリック医薬品なので、皮膚科で処方されることが多いお薬です。 デルモゾールG軟膏はステロイドと抗生物質のふたつの有効成分が含まれています。 ステロイド軟膏はその強さで5段階に分類され、デルモゾールG軟膏は 中間のStrongに入ります。 また抗生物質によりゲンタマイシン感性菌に作用するため、ステロイドで炎症を抑えて抗生物質で微生物を殺し増殖を抑え、様々な皮膚症状に効果を発揮します。 デルモゾールG軟膏の効能や使用できる部位・副作用について解説します。 スポンサーリンク 気になる所から確認してみよう• デルモゾールG軟膏の効能 デルモゾールG軟膏の有効成分は ベタメタゾン吉草酸エステルと ゲンタマイシン硫酸塩のふたつです。 ベタメタゾン吉草酸エステルの持つ 血管収縮作用・抗炎症作用とゲンタマイシン硫酸塩の 抗菌作用によって 皮膚の炎症と感染症などを幅広く改善します。 皮膚炎 あせも・虫刺されなどによるかき壊しに良く効きます。 とびひ(伝染性膿痂疹)にも効果的に作用します。 とびひは黄色ブドウ球菌が原因のことが多く、かゆい水ぶくれをかきむしることで全身に広がります。 特にアトピー性皮膚炎のように皮膚のバリア機能が低下していると起こりやすく、ジュクジュクして治りにくい症状があります。 壮年期に多い 脂漏性皮膚炎や主婦に多い 進行性指掌角皮症(手荒れ)にも効果があります。 乾癬 乾癬は 皮膚が赤く盛り上がり、厚く銀白色の鱗片(フケのようなかさぶた)が付着してボロボロとはがれて落ちるのが主症状で、皮膚以外には爪の一部が変形したりする疾患で伝染性はありません。 鱗片を無理にはがしたりかいたりすると出血したりジュクジュクした傷になったりします。 このような場合にデルモゾールG軟膏が使用されます。 掌蹠膿疱症 手のひら・足の裏に膿を持った膿疱(水ぶくれ)ができるものです。 良くなったり悪くなったりを繰り返す時期が長く、悪い時には手先の作業ができないほどたくさんの膿疱ができます。 慢性疾患で膿疱には菌はありませんが、 水ぶくれがつぶれ始めると次々と滲出物が出るためその時期にデルモゾールG軟膏が使われます。 外傷・二次感染 やけどや外傷・手術創の二次感染などにも抗炎症・抗菌効果が有効です。 デルモゾールG軟膏は虫刺されのかゆみのような軽い皮膚症状から手術創やかなり手ごわい乾癬や掌蹠膿疱症まで、効能の幅がとても広い軟膏なのです。 その他、先発薬や似たような効能のある薬についてはこちらを見て参考にして下さい。 【関連記事】 スポンサーリンク デルモゾールG軟膏は陰部や顔は使用できる? 虫刺されは衣服で覆われていない部分に発生しますが、かゆみや皮膚炎・肌荒れは 全身どこにでもできるものです。 顔やデリケートゾーンと言われる陰部にもかゆみや皮膚炎ができることがあります。 何とか炎症を止めたい!という時にそれらの部位に使用できるかどうか、気になりませんか? デルモゾールG軟膏の作用の強さ ステロイド軟膏は作用の強度により5段階に分類され、デルモゾールG軟膏は上からも下からも ちょうど中間の3群に入ります。 作用は強すぎず弱すぎず、効果を保ちながら副作用も比較的少ないという治療に使い勝手の良い強度です。 薄く・短期間が基本 皮膚炎の部位に塗布するときは 「薄くやさしく」塗り広げるのが基本です。 あまり強く塗りこんでしまうと炎症を起こしている患部が壊れてしまいます。 鎮痒作用が高く応用範囲が広いからと言って、必要以上に多用したり長期的に連用することは避けましょう。 患部のみに薄く短期間の使用にとどめることが大切です。 顔への使用は? 顔や首にも皮膚炎は起こりますし、かゆみや赤みは止めたいものです。 デルモゾールG軟膏は使用はできますが注意が必要です。 顔や首の皮膚は薄いため、体などほかの部分よりもステロイドの吸収率が上がります。 そのためあまりない副作用でも起こりやすい環境になるので できる限り短期間で、患部のみにピンポイントで使用するようにしましょう。 陰部への使用は? デリケートゾーンの皮膚炎は深刻な問題ですね。 デルモゾールG軟膏を使用することはできますが、 顔の皮膚よりもさらに薄いため吸収率が格段に高くなります。 腕や足の40倍以上の吸収率になるため細心の注意を払って使用することになります。 顔と同様に薄く狭く、かつ短期間の使用にとどめましょう。 ヘルペスには使える? ヘルペスは初期の症状がとびひと一見すると似ているところがあるので思わずデルモゾールG軟膏を塗りたいところですが NGです。 デルモゾールG軟膏は抗菌薬で ヘルペスの治療には抗ウイルス薬を使用します。 また、 ステロイドが入っているものは免疫力が下がるため悪化する傾向があるとも言われています。 スポンサーリンク デルモゾールG軟膏の副作用 デルモゾールG軟膏は鎮痛・収れん・消炎剤に分類される外用薬なので、患部の皮膚を清潔にしてから塗布しましょう。 また、湿疹性外耳道炎・真菌・ウイルス皮膚感染症や潰瘍には使用できません。 比較的副作用の少ないジェネリック医薬品ですが用法容量を守らなければ例外ではありません。 おもに副作用は長期連用と広範囲の大量塗布で起こると言われています。 どのような症状があるのかを見ていきましょう。 先発薬の副作用についてはこちらを参考にして下さい。 【関連記事】 重大な副作用 瞼や目の周辺への大量・長期・広範囲の使用では 眼圧亢進や 緑内障を起こすことがあります。 やけどへの使用などで軟膏を塗ってラップで密封するという意見もありますが、このデルモゾールG軟膏では密封してはいけません。 皮膚萎縮 長期間使用していると 皮膚が委縮することがあります。 皮膚の厚みを作っている繊維が減少するために起きることですが、かなり長期間使用しないと皮膚委縮は起こりません。 痛みやかゆみなどの自覚症状がないため気づきにくい症状ですが、 皮膚に細かいしわができたり血管が透けて見える・触ると薄く感じられるなどがあります。 これも徐々に回復するものです。 免疫低下 ステロイドは免疫力を低下させる機能を持つため、 長期連用で細菌や真菌に弱くなることがあります。 吹き出物がでやすくなる他にも水虫や爪白癬が現れることもありますし、女性ではカンジダ症も多いと言われています。 ただ、ステロイドを中止することでそれらの症状は治まります。 皮膚線条 皮膚の深い場所に形成されている「真皮」が断裂するために 皮膚割れが発生することがあります。 皮膚組織が断裂するためにひび割れのように赤紫色の線ができます。 伸縮しやすい 腹部や 太ももなどに発生します。 この皮膚線条は治療が難しい副作用になります。 毛細血管拡張 おもに顔にデルモゾールG軟膏を塗っている場合に見られる症状です。 ステロイドの効果で委縮した毛細血管が弱り、そこが拡張することで血管が蛇行して透けて見えるようになります。 顔以外には頭皮や陰部のように吸収率が高い部位に現れます。 多毛症 ステロイドには男性ホルモンに類似する作用があり、 長期間使用することでホルモンバランスが崩れることがあります。 患部に産毛が増えたり体毛が濃くなることがありますが、頻度も低く使用を中止すると元に戻ります。 男性ホルモンの分泌が少ない女性や子供に多い症状です。 酒さ様(しゅさよう)皮膚炎 酒さ様皮膚炎とは 顔に赤みが出て熱を持ちニキビ様の膿疱ができることです。 一時的にほてりや腫れ・潮紅が強く出現して悪化することがありますが、10日程度で徐々に収まります。 ステロイドを中止すると改善しますが急にやめてしまうと悪化することもあるため、強いステロイド剤や広範囲に使用している時には定期的な診察が必要になります。 色素異常 強力なステロイドを長期間使用すると患部が色素脱失することがあります。 紫斑のようなものが現れることもありますが、ステロイドの作用によって毛細血管が弱くなり内出血が起こりやすくなるためです。 これらも使用を中止することで改善します。 内出血に関してくわしくはこちらを見て参考にして下さい。 【関連記事】 その他の症状 デルモゾールG軟膏を塗布して直射日光に当たると過敏反応や患部の皮膚の赤みやかゆみがひどくなる場合があります。 衣服から出る範囲に使用する際には できるだけ直射日光を避ける工夫が必要です。 当記事は医師、薬剤師などの専門家の監修を受けておりますが本サイトで提供する情報、文章等に関しては、主観的評価や時間経過による変化が含まれています。 そのため閲覧や情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとしその完全性、正確性、安全性等についていかなる保証も行いません。 スポンサーリンク.

次の

デルモゾール軟膏0.12%の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

デルモゾール g 軟膏

一部、経過措置品目および終了品目が含まれます。 あくまで参考までとしてください。 また、製造販売元と発売元等が異なる場合、または複数社より併売の製品については、いずれか1社のみ参考までの表示です。 9 - - ルリクールVG軟膏0. 9 - 東和 デルモゾールG軟膏 g 27. 7 - 岩城 リンデロン-VG軟膏0. 7 - シオノギ デキサンVG軟膏0. 7 - 富士製薬 ベトノバールG軟膏0. 7 - 佐藤製薬 ベタメタゾン吉草酸エステル・ゲンタマイシン硫酸塩クリーム g 27. 7 - - デルモゾールGクリーム g 27. 7 - 岩城 リンデロン-VGクリーム0. 7 - シオノギ ベトノバールGクリーム0. 7 - 佐藤製薬 デルモゾールGローション mL 27. 7 - 岩城 リンデロン-VGローション mL 27. スポンサード リンク.

次の

デルモゾール軟膏0.12%の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

デルモゾール g 軟膏

デルモゾールとは皮膚のかゆみ・炎症・はれ・赤みを抑えるステロイド外用薬で、医師の処方を受けて購入する処方薬です。 デルモゾールはリンデロンという薬の後発薬(ジェネリック医薬品)です。 デルモゾールは「デルモゾールG」と「デルモゾールDP」が販売されています。 GとDPの違いは含まれている成分です。 以下の表はデルモゾールGとDPの主成分とステロイドの強さを比較したものです。 主成分 ステロイドの強さ デルモゾールG ベタメタゾン吉草酸エステル(ステロイド) ゲンタマイシン硫酸塩(抗生物質) 強い デルモゾールDP ベタメタゾンジプロピオン酸エステル(ステロイド) とても強い デルモゾールG デルモゾールGは、細菌などの増殖を抑えるゲンタマイシン硫酸塩という抗生物質と、炎症を抑えるベタメタゾン吉草酸エステルというステロイド剤で構成されています。 ステロイドの強さは5段階中3番目に位置しています。 デルモゾールDP デルモゾールDPは、デルモゾールGと比較すると抗生物質であるゲンタマイシン硫酸塩が含まれていません。 また、ステロイド剤もベタメタゾンジプロピオン酸エステルという成分に変わっています。 ステロイドの強さは5段階中上から2番目に位置しています。 デルモゾールはG・DPともに軟膏、クリーム、ローションがあります。 効果や副作用に違いはありませんが、それぞれ特徴が異なります。 使用感は優れませんが、汗などに強く、患部に長く残ります。 刺激性が低いため、化膿している患部に使用できます 一方、ローションはべたつきも少なく使用感も良いですが、汗などに弱く、流されやすいです。 また、化膿している患部には刺激が強く使用はお勧めできません。 クリームの使用感や保湿力は、軟膏とローションの中間に位置します。 デルモゾールGとDPは成分が違うため、効能・効果も異なります。 添付文書によるデルモゾールの効能・効果は以下の通りです。 デルモゾールG 〈適応菌種〉 ゲンタマイシン感性菌 〈適応症〉 ・ 湿潤、びらん、結痂を伴うか、又は二次感染を併発 している次の疾患: 湿疹・皮膚炎群(進行性指掌角皮症、脂漏性皮膚炎を 含む)、乾癬、掌蹠膿疱症 ・ 外傷・熱傷及び手術創等の二次感染 デルモゾールG軟膏・クリーム 添付文書 デルモゾールのローションタイプは、刺激性が高いので外傷・熱傷および手術創などの二次感染への適応はありません。 デルモゾールDP 湿疹・皮膚炎群(進行性指掌角皮症、ビダール苔癬を含む)、乾癬、掌蹠膿疱症、紅皮症、薬疹・中毒疹、虫さされ、痒疹群(蕁麻疹様苔癬、ストロフルス、固定蕁麻疹を含む)、紅斑症(多形滲出性紅斑、ダリエ遠心性環状紅斑、遠心性丘疹性紅斑)、慢性円板状エリテマトー デス、扁平紅色苔癬、毛孔性紅色粃糠疹、特発性色素性紫斑(マヨッキー紫斑、シャンバーク病、紫斑性色素性苔癬様皮膚炎)、肥厚性瘢痕・ケロイド、肉芽腫症(サルコイドーシス、環状肉芽腫)、悪性リンパ腫(菌状息肉症を含む)、皮膚アミロイドージス、天疱瘡群(ヘイリーヘイリー病を含む)、類天疱瘡(ジューリング疱疹状皮膚炎を含む)、円形脱毛症 デルモゾールDP軟膏・クリーム・ローション 添付文書 デルモゾールはニキビに効果がある? デルモゾールG・DPともにニキビへの効果はありません。 むしろステロイドの副作用により免疫低下を起こし、ニキビの原因となるアクネ菌や黄色ブドウ球菌を増やしてしまう可能性があります。 にきび治療目的でのデルモゾールの使用はやめましょう。 デルモゾールは虫刺されには効果がある? 特にデルモゾールGはステロイドに抗生物質が配合されているので、虫刺されに効果があります。 かゆみ、炎症をともなう虫刺されに有効です。 デルモゾールは頭皮のかゆみ、炎症にも使える? デルモゾールは頭皮のかゆみ、炎症にも使用できます。 頭皮には軟膏やクリームが使えないので、ローションを使用します。 重大な副作用 デルモゾールG・DPともに眼圧亢進、緑内障、後囊白内障があります。 大量に長期に渡って使用することによって起こる場合があります。 その他の副作用 ステロイドによるざ瘡様発心や、免疫力低下による細菌・ウイルス感染症があります。 デルモゾールは通常1日1〜数回適量を塗ります。 症状により、使用方法が異なる場合があります。 医師の指示に従いましょう。 顔や陰部へは最低限の量を使用する 顔や首、陰部などの部位は皮膚が薄く、ステロイドの吸収率が比較的高いです。 そのため、ステロイドの強い薬を使用したり多く塗布した場合、ステロイドを多く吸収してしまい、副作用が起こる可能性が高まってしまいます。 顔や首、陰部へ使用する場合は、薬を多く塗りこまず、狭く薄く伸ばすように塗りましょう。 医師から指示された用法・用量を守る ステロイドは治療途中で使用をやめると、症状が悪化する可能性があります。 症状が良くなってきたからといって自己判断で使用を中止せず、医師から指示された用法・用量を守ることが大切です。 おわりに デルモゾールは皮膚のさまざまな症状に効果がある薬です。 医師から指示された用法・用量を守り、確実に症状を治しましょう。 出典:独立行政法人医薬品医療機器総合機構ホームページ.

次の