ビタミン a 過剰 摂取。 ビタミンの過剰摂取、摂り過ぎに要注意! [栄養管理] All About

ビタミンB6過剰症と過剰摂取による症状と健康影響

ビタミン a 過剰 摂取

ビタミン・ミネラルの欠乏症と過剰症一覧 名称 欠乏症 過剰症 ・目の角膜や粘膜がダメージを受ける。 ・夜盲症や成長障害。 ・皮膚や粘膜の角質化。 ・免疫力が低下して感染症にかかりやすくなる。 ・ビタミンAは脂溶性のため、摂り過ぎると体内に蓄積される。 ・レチノールを過剰摂取すると下痢、頭痛、嘔吐、疲労感、肝機能障害の原因となる。 ・妊娠期のレチノールの過剰摂取は、胎児への悪影響(奇形)が報告されている。 ・神経や脳への影響(食欲不振、肩こり、めまい、動悸、下肢のしびれ、イライラ) ・疲れやすくなる。 夏場バテ。 ・慢性的に不足すると脚気(かっけ)やウェルニッケ脳症の原因となる。 コルサコフ症候群も。 過剰症は報告されていない。 ・成長障害。 ・口角炎、舌炎、咽喉炎、皮膚炎。 ・肌荒れ、脂漏性皮膚炎、にきび。 ・脱毛症。 ・目の充血、眼球炎。 過剰症は報告されていない。 ・口角炎、舌炎。 ・湿疹、ニキビ、脂漏性皮膚炎。 ・貧血。 ・聴覚過敏。 ・脳波異常。 ・免疫力の低下。 ・感覚神経障害。 ・末梢感覚神経障害。 ・精巣萎縮。 ・精子数の減少。 ・骨の疼痛。 ・悪性貧血。 ・神経障害。 ・慢性疲労、イライラ、無気力。 ・うつ病、記憶障害。 ・動悸息切れ。 ・メチルマロン酸尿症、ホモシステイン尿症。 過剰症は報告されていない。 ・免疫力の低下。 ・巨赤芽球(きょせきがきゅう)性貧血。 ・神経障害。 ・腸機能障害。 ・動脈硬化のリスク。 ・発熱、皮膚炎、じんま疹、かゆみ。 ・呼吸障害。 ・亜鉛の吸収が悪くなる。 ・手や足のしびれ。 ・成長障害、副腎傷害。 過剰症は報告されていない。 ・白髪、脱毛。 ・湿疹などの皮膚症状。 ・食欲不振、吐き気、疲労感。 ・筋肉痛。 ・うつ症状。 過剰症は報告されていない。 ・食職不振、疲れやすい。 ・皮膚炎、口内炎、嘔吐、下痢。 ・成長障害。 ・肝機能障害。 ・ニコチン酸の欠乏からペラグラ(皮膚炎・下痢・精神神経障害)を発症。 ・皮膚が赤くなったり、むずがゆくなる。 ・消化不良、消化器系の障害。 ・肝臓の障害。 ・食欲不振、脱力、体重減少。 ・貧血、歯肉炎、壊血病(かいけつびょう)。 ・出血しやすくなる。 ・免疫力が落ちる。 過剰症は報告されていない。 ・骨が弱くなる。 ・カルシウムや骨代謝異常を引き起こす。 ・子供ではくる病、大人では骨軟化症が起こる。 ・高齢者では骨粗しょう症の原因となる。 ・嘔吐、食欲不振、体重減少。 ・高カルシウム血症、尿路結石。 ・血清中のカルシウムとリン酸濃度が高くなり、腎臓や肝臓に障害を起こす。 ・血管壁に余分なカルシウムが沈着し動脈硬化を引き起こすことも。 ・神経障害。 ・動脈硬化症のリスクが増す。 ・未熟児の溶血性貧血。 過剰症は報告されていない。 しかし、サプリメントとして過剰摂取すると、骨粗しょう症や死亡率が高まるとの報告もある。 ・新生児、乳児の腸内出血(新生児メレナ)。 ・新生児頭蓋内出血症。 ・血液凝固能の低下。 ・慢性的なビタミンK不足は、骨折や骨粗しょう症を引き起こす。 過剰症は報告されていないが、妊娠中の大量摂取や抗凝固薬を服用している人は摂取を避ける。 名称 欠乏症 過剰症 ・くる病、骨軟化症、低カルシウム血症。 ・骨粗しょう症。 ・イライラ。 ・泌尿器系結石。 ・高カルシウム血症。 ・マグネシウム、鉄などの他のミネラルの吸収を妨げる。 ・血圧の低下。 ・循環血液量の低下。 ・むくみ。 ・高血圧、動脈硬化。 ・胃がん、鼻咽喉がん。 ・カリウムが不足し、ナトリウムが増えすぎると水分が血管内に入り、高血圧やむくみの原因となる。 ・暑い時期に大量に汗をかくと、カリウムが汗とともに排泄されてしまうので低カリウム状態になり、いわゆる夏バテの症状が現れる。 ・筋肉へのエネルギー補給が不足することで、筋力が低下し不整脈になりやすくなる。 過剰摂取しても尿で排泄されるので問題ない。 ただ、腎臓機能が低下している場合は、高カリウム血症を引き起こす恐れがある。 ・骨粗しょう症。 ・こむら返り、筋肉収縮異常、テタニー(筋肉の痙攣) ・高血圧、不整脈、虚血性心疾患。 ・糖尿病。 ・神経疾患、精神疾患、イライラ。 ・軟便、下痢。 ・筋力や血圧の低下。 ・腎機能低下時の高マグネシウム血症。 ・骨や歯が弱くなる。 ・筋力の低下、食欲不振、倦怠感。 ・腎機能の低下。 ・骨粗しょう症。 ・副甲状腺機能の亢進。 ・腎機能低下時の高リン血症。 ・貧血による運動機能、免疫力の低下、うつ症状。 ・息切れ、めまい、慢性疲労。 ・体温保持機能の低下。 ・胃腸障害、鉄沈着症。 ・体重1キロあたり30mgで急性中毒を起こす。 ・貧血。 ・心血管系異常。 ・関節リウマチ、骨粗しょう症。 ・高コレステロール血症。 ・赤血球寿命の短縮。 ・鉄欠乏を伴う心肥大。 ・銅中毒。 ・ウイルソン病 ・慢性的には、散発性の発熱、嘔吐、黄疸。 ・急性症的には、低血圧、溶血性貧血、吐き気、嘔吐、下痢(血便)、尿毒症。 ・味覚障害。 ・免疫機能の低下。 ・亜鉛欠乏性貧血。 ・成長障害、食欲不振。 ・男性の場合、精子数が減少するなどの性機能障害。 ・女性の場合、生理不順。 ・銅欠乏症。 ・神経症状。 ・免疫障害。 ・骨の発育不良。 ・皮膚炎。 ・脂質代謝異常。 ・血糖値の上昇。 ・精力の減退。 ・中枢神経系障害、脳障害、精神病。 ・パーキンソン病様症状。 ・血中コレステロールの上昇。 ・生殖系や免疫系の機能不全。 ・甲状腺腫、甲状腺の機能低下。 ・神経障害。 ・発育障害。 ・神経筋肉障害。 ・体重減少や筋力の低下。 ・甲状腺腫、甲状腺機能不全、甲状腺中毒症。 ・体重減少、インスリン感受性の低下、糖尿病。 ・窒素代謝異常。 ・末梢神経障害。 ・角膜障害。 ・嘔吐、頭痛、不眠、腹痛、下痢。 ・腎尿細管障害、肝障害、造血障害、中枢神経障。 ・動脈硬化、心筋障害、筋力低下。 ・発ガンのリスクが高まる可能性。 ・中国東北部の風土病 克山病 ・カシン・ベック症。 ・慢性的に過剰摂取すると、疲労感、爪の変形、脱毛、胃腸障害、下痢、末梢神経障害などを引き起こす。 ・急性的には、重症の胃腸障害、神経障害、心筋梗塞、呼吸困難、腎不全などを引き起こす。 ・貧血。 ・頻脈、多呼吸。 ・夜盲症。 ・急性障害として、下痢を伴う胃腸障害、昏睡、心不全。

次の

ビタミンKの過剰摂取による病気・過剰症

ビタミン a 過剰 摂取

ビタミンAの効果 ビタミンAの効果は、肌がきれいになる、眼によい、抗酸化作用があるとよくいわれます。 ただ、これはビタミンAが欠乏している場合に得られる効果であって、ビタミンAを毎日余分に摂れば効果が得られわけではないと思います。 ずっと読んでいるでは、ビタミンCとナイアシン(ビタミンB3)は、大量に摂ると特有の効果が得られると書かれています。 しかし、ビタミンAの過剰摂取については注意するように書かれていました。 ここでは、ビタミンAの作用(働き)をまず知って、ビタミンAが欠乏した場合には作用が損なわれるので、その分を摂取すると、本来の作用が行われるようになるとお考えください。 ビタミンAの作用についてに分かりやすく解説されていました。 3つあります。 核内受容体に作用しタンパク質の発現を調整する作用と、眼の機能に関わる作用、酸化ストレスに対する防御作用です。 核内受容体に作用し、タンパク質の発現を調整する作用 ビタミンAの作用で一番重要な働きだと思います。 通常、受容体は細胞表面にあるというイメージですが、実は核内にも存在しています。 ビタミンAの受容体は、ステロイドホルモンやビタミンDなどと同様に核内にあります。 ビタミンAは細胞質から核内に入り、受容体に結合して、遺伝子の発現を調整します。 こうして多くのタンパク質の合成を調整するので、ビタミンAの作用は全身に及びます。 ビタミンAの核内受容体としては、 レチノイン酸受容体(RAR)と レチノイドX受容体(RXR)が見つかっています。 これらはビタミンD、ステロイドホルモン、甲状腺ホルモンなどの受容体とよく似た構造をしていて、同じように遺伝子の発現を調整しています。 核内受容体を介したビタミンAの作用は、主に皮膚や粘膜などの 上皮組織を健康な状態に保つことです。 皮膚や粘膜などの上皮組織を健康な状態に保つとは、具体的にどのようなことでしょう。 ちょっと分かりにくいですね。 皮膚や粘膜などの上皮組織の細胞を新しく作る イラストレイテッド ハーパー・生化学 原書29版で改めて調べてみると、 細胞の増殖、発達と分化を引き起こすと書かれていました。 細胞の増殖とは 新しい細胞を作るということです。 つまり、皮膚や粘膜などの上皮組織の細胞を新しく作るという意味です。 図解入門よくわかる栄養学の基本としくみには図がありましたので、書き写しました。 これを見ていただければ分かりやすくなります。 ビタミンAが細胞核内部へ入る。 核内受容体と結合する。 ビタミンAと結合した核内受容体がDNAの調整部位に結合する。 DNAの情報がメッセンジャーRNA(mRNA)に転写される。 mRNAは核外に出てタンパク質生合成をするためにリボソームに行く。 タンパク質合成。 ビタミンAと核内受容体 皮膚や粘膜、消化器系の上皮などの上皮組織は、常に基底部で新しい細胞が作られ、表面の細胞は死んで脱落を繰り返しています。 美容の話題で「お肌のターンオーバー」とよく聞きます。 ターンオーバーは、入れ替わりという意味です。 古い皮膚が垢として落ちて、新しくなる肌の生まれ変わりを意味しています。 切ったりして傷ができて組織が再生するのとは違います。 上皮組織では常に新しい細胞が作られ続けています。 図に示した通り、ビタミンAは、この仕組みに関わっています。 また、全ての組織で常に新しい細胞が作られ続けているわけではないことも知っておいて下さい。 皮膚は常に新しく生まれ変わっていますが、ビタミンAが不足すると、新しいものが作られなくなってカサカサになってしまいます。 皮膚が弱ると、肌荒れやシワの原因になるだけでなく、細菌やウイルスが入りやすくなって 感染症が起こります。 そのため以前は、ビタミンAを多く含む肝油が、学校給食などの栄養補助に使われていました。 また、ビタミンAは成長や胎生期の臓器の 分化にも深く関わっています。 ビタミンAが欠乏すると、成長障害が起こることが知られています。 そのほか、ビタミンAは 未分化の細胞を成熟させるため、ガンの抑制作用があることも知られています。 がんは完全に分化すると増殖が止まることから、ビタミンAはある種の悪性腫瘍の治療に用いられていると書かれていました。 眼の機能に関わる作用 ビタミンAと眼の関係についてはよく知られています。 ビタミンAには、核内受容体とは全く関係のない作用もあります。 ビタミンAは、網膜の色に反応する成分である ロドプシンの原料となります。 そのため、ビタミンAが不足すると目が見えにくくなり、ときには失明してしまうこともあります。 ビタミンAの欠乏症は、とくに夜に暗いところで見えにくくなるため夜盲症(やもうしょう)と呼ばれます。 1日の摂取量 日本人の食事摂取基準(2015年版) に載せられていました。 数字を見る前に、レチノール活性当量について説明しましょう。 それらを考慮して、レチノール活性当量が決められました。 肉のレチノールと野菜のカロテンを合計したものが、摂ったビタミンAのレチノール活性当量になります。 3 プロビタミン A カロテノイドを含まない。 最も数値の小さい推定平均必要量について。 この数字は、体重1kg当たり1日のビタミンA体外排泄量9. つまり、出ていく量と同じ量を毎日摂っていればビタミンAが欠乏することはないということです。 また、耐容上限量は、 次のように、実際に障害が起きた事例の数字が元になっています。 耐用上限量は、健康障害をもたらすリスクがないとみなされる習慣的な摂取量の上限です。 これを超えないようにしてくださいという意味です。 () 不確実性因子は、最低健康障害発現量を割る(割り算です)数字なので、大きくなるほど、安全性を考慮していることになります。 ビタミンAが多い食品 表を作って驚きました。 上から肝臓(レバー)ばかり続きます。 ダントツに多いレバー なんと、鶏レバーがすべての食品の中で1位でした。 焼き鳥屋さんに行ったら必ず頼むようにします。 レバニラ炒めなんて食べなくなっていましたが、たまに食べるとよさそうですね。 ビタミンAの数字として、 レチノール活性当量を使いました。 そのため、順位も数値も下の方になります。 それらを考慮して、レチノール活性当量が決められました。 レバーが大好きな人と、サプリメントを飲んでいる方は気をつけましょう。 イラストレイテッド ハーパー・生化学 原書29版からです。 脳圧亢進による頭痛や吐き気など 中毒の症状は,中枢神経系(頭痛、嘔気、失調、食欲不振など,いずれも脳圧亢進に随伴して起こる症状),肝臓(組織変化を伴う肝腫大と高脂血症),カルシウム代謝(軟部組織の石灰化),および皮膚(乾燥、落屑、脱毛)などに及ぶ. 中枢神経の失調とは、自律神経失調症の症状が出るという意味ではないかと思います。 (正確でなくてごめんなさい) また、肝腫大は、肝臓が異常なほど大きくなってしまうこと。 軟部組織とは、骨組織を除く、腱、靭帯、筋膜、皮膚、脂肪組織などの結合組織と血管、横紋筋、平滑筋、末梢神経組織(神経節と神経線維)を総称する用語です。 () 妊婦さんは注意 妊婦さんがビタミンAを摂りすぎると、胎児の発育に影響を及ぼし、奇形を生じることがあります。 よく読まれた記事• 11,172件のビュー• 8,912件のビュー• 8,454件のビュー• 7,785件のビュー• 7,679件のビュー• 5,916件のビュー• 5,773件のビュー• 5,306件のビュー• 5,241件のビュー• 4,714件のビュー• 4,448件のビュー• 4,263件のビュー• 4,237件のビュー• 4,130件のビュー• 4,126件のビュー• 3,966件のビュー• 3,805件のビュー• 3,527件のビュー• 3,481件のビュー• 3,431件のビュー 新しい記事• 2020年6月3日• 2020年5月21日• 2020年5月19日• 2020年5月17日• 2020年2月27日• 2020年1月31日• 2019年11月8日• 2019年10月29日• 2019年9月30日• 2019年9月21日.

次の

ビタミンKの過剰摂取による病気・過剰症

ビタミン a 過剰 摂取

サプリメントなどでビタミンを摂る場合、通常の食事よりも過剰摂取に気をつける必要があります 最近、サプリメントやガム、タブレットなど食事以外からビタミンを摂る方法が増えてきました。 しかし、簡単にビタミンの摂取が出来るようになったからこそ、ビタミンの過剰症などについて知っておきたいものです。 今回は、現代人のビタミンの摂りすぎと、注意点についてお話いたします。 ビタミンの種類 各論に入る前に、ビタミンの種類についてざっとおさらいしてみましょう。 ビタミンは親油性(脂溶性)ビタミンと親水性(水溶性)ビタミンの2つに別れます。 13種類のビタミンについて、多く含む食品、欠乏症、過剰症を一覧にしてみました。 ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンKは 親油性のビタミンです。 脂肪に溶け込むので、肝臓ばかりだけなくて全身の脂肪細胞に相当量を蓄える事ができます。 親油性ビタミンの中で、妊娠をしている方が注意していただきたいのはビタミンAです。 母体には影響は出ませんが、母体内の胎児の成長に影響します。 )に由来しています。 ビタミンとガン ビタミンとガンの関係について、今まで様々な実験が行われてきました。 喫煙は肺癌の危険因子です。 結局この治験は途中で中止となりました。 現在はカロテンと他のphytochemial(例:トマトのリコピン)などを複合して治験が行われています。 複合型カロテンとリコピンの組み合わせは、慢性肝炎の人では肝臓癌への進行を予防する効果があります。 ビタミン好きの方は注意!親水性ビタミンの摂り過ぎもあります 一般に親水性ビタミンは、摂り過ぎても腎臓から出てしまうので、摂り過ぎは起きないという誤解があります。 親水性ビタミンであるビタミンB6は、不足症が起きにくいビタミンです。 ところが、ビタミン好きの方の一部は、通常の一日の必要量の10倍~100倍量を摂取します。 ビタミンB6の場合は、過剰に摂取した場合は、排泄能力の限界を越えてしまい過剰症がおきます。 症状はしびれなどの知覚異常(神経症状)です。 単品のビタミン剤はやめよう ビタミンは本来、食事から摂るべきものです。 ビタミンの過剰摂取の背景には、食事に手間と暇をかける事ができない状況なのに、健康指向を目指す現代人の健康不安があります。 食生活を改善したいが、時間が足りないので、いわゆるサプリメントに頼ります。 特定のビタミンを過剰に摂ると過剰症が起きます。 もし、ビタミンを摂るならば単品のビタミン剤は避けて複合型のビタミン剤を摂るようにしましょう。

次の