マンチカン。 ペットショップCoo&RIKU

足長マンチカンがかわいい!短足さんとの違いとその魅力をご紹介

マンチカン

キャットファーム大谷の特徴 ミヌエット、マンチカンやスコティッシュフォールドなどの猫を販売する、猫ブリーダー専門店のキャットファーム大谷。 当店では猫ブリーダーによるマンチカンを始めとする子猫の直接販売をしています。 猫ブリーダー専門店ならではの直売価格にてお求めいただけます。 また当店で主に扱っているマンチカンは他の猫とは異なり、前後の脚が他種と比べ短く、尾はまっすぐ。 顔はくさび型でくるみ型の眼をしているのが特徴です。 他店ではなかなかお目にかかれないマンチカンを是非ご覧ください。 ご注文は直接店頭販売もしておりますが、猫ブリーダー直売のため、赤ちゃんを見てのご予約となりますので、サイトで成長を見ながらご検討ください。 サイトを見て、もし気に入った猫が見つかったら、お気軽に当店までご連絡ください。 当店から詳しい情報をお送りし、お問い合わせ頂いた内容やご要望への返答をいたします。 最終確認を経てご注文頂いた場合の子猫のお引渡しは、ご来店だけでなく、ペット便でご自宅までスタッフ派遣でお届けする事も可能です。 どなたでもブリーダーに育てられたマンチカンを家族として迎える事が出来ます。 当店のマンチカンは、猫ブリーダー直販ですので、ペットショップの様にマージンが上乗せされる事もなく安価に抑えられているという点もご利用者の方にとってメリットが大きいのです。 しかもどの子もワクチン接種済で、猫ブリーダーに育てられているからこそ提供出来る1年間無料の生命保証も付いています。 その中でも価格に差が現れるのは、マンチカンの人気の理由である短足が顕著であるか否かという点が大きく左右してきます。 気に入った子が入れば、お気軽に当店までご連絡ください。 短足が大人気のマンチカンを ブリーダー直販で安心購入• ブリーダー直接販売の 健康なマンチカンを購入出来る店• ブリーダーが子猫販売する 1年無料生命保証付のお店 Information インフォメーション.

次の

マンチカン

マンチカン

歴史 [ ] マンチカンという猫種の歴史は他猫種に比すれば浅いものの、としての「短足猫」の存在は古くから確認されてきた。 の記録としては、のある獣医による極めて的なの発見()、のにおける発見()、のにおける発見()、そしてこの品種の直接の起源にあたる、における米国での報告などが挙げられる。 本格的な繁殖が始まったのは、に米国ルイジアナ州で突然変異の短足猫が発見されてからである。 の下で暮らしていたところを保護されるに至ったその猫は、様々な対象とされ、上の検査結果、健康体であることが確かめられた。 以降、通常の脚を有する個体との交配を試みたところ、同様の短い脚を持つ子猫が誕生したのである。 やがて主導による突然変異体を用いたの計画が始まり、これが論争を巻き起こした。 交配を積極的に肯定する陣営と、遺伝的なであるからして公認は避けるべきとする陣営との衝突であった。 1980年代からの地にて繁殖が続けられた末に、、 ()(TICA)から新種として認定された。 特色 [ ] は、「普通の猫と根本的に異なった構造を持つ猫であることは否定できない」とする。 その名の由来は「短縮」を意味するの同一語句にあり 、最も顕著な特色は短い四肢である。 この目立って短いマンチカンの脚は、に的に現出したによって生まれたものである。 脚の短さが日常生活に支障を及ぼすことはない。 普通の猫のように跳躍することができ、木に登ることもできる。 ただ、後ろ脚の短さから跳躍力は制限される。 同様の短脚を持つという犬種はのに問題を抱えているが、マンチカンにおける同様の問題の存在を示唆する証拠は挙がっていない。 初期の頃には研究方面からのの構造的な欠陥を指摘する声もあり、1995年の初公認まで10年以上の時間を要した一因でもあったが、最終的には否定された。 交配の歴史において、ありとあらゆる猫種を相手にしてきたため、頭の形から被毛の色まであらゆる種類のものが存在している。 と交配させたブリーダーもいれば、やとの掛け合わせを行っているブリーダーもおり 、更にはのような縮れ毛や、のような屈曲した耳を持つマンチカンの作出の事例も報告されている。 体長より少しばかり短い、動作豊かな尻尾を持つ。 片足をもう一方の足と同じ直線上に置きつつ、尻尾を直立させたうえで腰を振りながら歩くという、におけるの「キャットウォーク」を想起させるような風変わりな歩き方をする。 雑種認定 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2010年6月) マンチカンの繁殖が日本でも見られるようになったが、TICAは他の純血種との交配を認めていない。 TICAはマンチカン同士、もしくは雑種との交配を公認している。 これはを広げるためと規定されており、純血種との交配を認めていないのは、雑種に比べ純血種に多い遺伝病の因子の危険を回避し、他の猫種の骨格に関しての遺伝因子と交雑する目的がある。 こういった経緯からTICAは、自らの主催するキャットショー (猫展覧会)において、マンチカンの出場条件に「耳が立っていること」という条項を設けている。 これは折れ耳を特色とするおよびという純血種との交配をそもそも認めていないからである。 日本の一部のペットショップやブリーダーにはスコティッシュフォールドとマンチカンを交配させてスコマンチや耳折れマンチカンなどという名前で販売しているが、そのような品種をTICAは公認しておらず、そういった血統書があったとしても、マンチカンを認定しているTICAが公認していない以上、実質的には意味のない血統書である。 ギャラリー [ ]• は列挙するだけでなく、などを用いてしてください。 記事のにご協力をお願いいたします。 ( 2013年6月)• 『新猫種大図鑑』、2006年。 /山崎哲『世界のネコたち』、2000年。 写真:山崎哲 監修:『日本と世界の猫のカタログ '95』、1994年。 写真:山崎哲 監修:小島正記『日本と世界の猫のカタログ '96』、1995年。 写真:山崎哲 監修:小島正記『日本と世界の猫のカタログ 2002』、2001年。 『猫のすべてがわかる本』、1998年。 キャッツワールド編集部『ベスト猫カタログ』、2009年。 関連項目 [ ]• - 幼児向け番組「」内で放送している。 マンチカンの女の子であるミーニャがメインキャラとして登場。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

マンチカンはきつい性格の猫?オス・メスの違いやしつけのポイント!

マンチカン

マンチカンの一番の特徴は何といっても短い足です。 短い足で走る姿はとても愛らしく、世界中に熱烈なファンがいることも良く知られています。 ボディタイプ ボディタイプとしては セミコピーで• 筋肉質• 骨格がしっかりしている• 四肢・胴が長め• 丸くて大きな目• 丸い頭 といった特徴を持っています。 抱っこをすると想像以上にずっしりと重く、 しっかりした体つきであるのがよく分かります。 足の長さ 短い足が特徴のマンチカンですが、足の長さにも種類があります。 長い順に• スタンダード• スーパーショート• ラグハガー という3種類に分かれます。 10cmほどの足の長さを持つスタンダードタイプのマンチカンもたくさんいます。 毛の色 マンチカンの毛の色には 多くのバリエーションがあります。 毛の色はクリームやブラウンなどの単色から、2色・3色と混ざったもの、縞模様など多種多様です。 体長・体重 体長は約60cmで、 体重は2kg~4kgほどです。 オスの方が少し大きめです。 マンチカンには大きく分けて4つのタイプがあります。 どの種も短い足を持つことは共通していますが、それぞれに特徴があります。 ここでは4つのタイプの性格や特徴の違いを紹介します。 純血種 純血種はアメリカで発見された足の短い猫をルーツに持つ種です。 さまざまな種と交配してできた種なので、毛の色などはバリエーションに富んでいます。 かわいらしい短いしっぽが特徴で、 明るく 好奇心旺盛な性格です。 メヌエット メヌエットはペルシャとマンチカンを交配させできた短い足と豪華な被毛が特徴の種です。 ミヌエットと呼ばれることもあります。 警戒心が少なく 人になつきやすい性格です。 キンカロー キンカローはアメリカンカールとマンチカンを交配させてできた種です。 目が丸く、巻いた耳が特徴的です。 明るく社交的な性格です。 スクークム スクークムはラパームとマンチカンを交配させてできた種です。 カーリーヘアが特徴です。 抜け毛は少ないのでお手入れはしやすいです。 活動的で 愛情深い性格です。 マンチカンの性格は明るく穏やかで人懐っこい一方で臆病な一面も持ち合わせています。 人間でも男女で性格の違いがあるように、マンチカンのオスとメスにも性格の違いがあるようです。 どのような違いがあるのか紹介します。 オスの性格 マンチカンのオスの性格の特徴は、甘えん坊であることです。 甘え上手で猫なで声ですり寄ってくる様子がとても可愛いらしいです。 信頼関係ができると飼い主に懐きやすいので初心者さんがマンチカンを飼うならオスがおすすめです。 好奇心も旺盛で冒険心も強いため、思わぬ怪我をしてしまうのはオスが多いので注意しましょう。 メスの性格 マンチカンのメスはオスに比べるとクールできつい印象があるようです。 メスは出産や子育てをするので自立心があり警戒心も強いようです。 子育て中に協調性を発揮してお互いに協力しあうこともあります。 知的でクールなメスのマンチカンにはオスにはない魅力があり、飼い主にとってはかけがえのない存在であることは変わりません。 マンチカンをお迎えするにはいくつか準備があります。 必要なものを紹介します。 キャットフード• 食器(食事用・飲み水用)• ケージ• トイレ(シートタイプ・砂タイプなど)• 爪とぎ器• キャリーケース また、大切なマンチカンを病気から守るために 予防接種も受けておきましょう。 必要であれば 去勢・避妊術や 健康診断も検討しましょう。 マンチカンの購入方法は主に3種類あります。 ブリーダーから購入• ペットショップから購入• 里親制度を利用する ブリーダー ブリーダーは 専門性が高いのでマンチカンに関する豊富な知識があります。 さまざまなことを相談しながら購入することができます。 ペットショップ ペットショップは大型商業施設に入っていることもあり、 気軽に立ち寄り選ぶことができます。 販売されている種類には偏っている場合もあります。 里親制度 里親制度を利用することもできます。 動物愛護団体や保健所が里親を募集していることがあるので探してみましょう。 殺処分を減らすという 社会的な意義もあります。 とてもかわいらしいマンチカン。 家族の一員として楽しく暮らすために必要なポイントを紹介します。 マンチカンの飼い方のコツ• ブラッシング• 爪切り• シャンプー ブラッシングは短毛タイプで週に1回、長毛タイプでは週に2~3回定期的に行いましょう。 定期的にブラッシングすることで腸の中に毛が溜まってしまう毛球症になるのを防ぐことができます。 爪も定期的にカットしましょう。 室内飼いのマンチカンは道路などで爪を研がれることないのですぐに爪が伸びてしまいます。 爪が伸びていると絨毯やソファにひっかかりケガにつながります。 シャンプーはにおいが気になった時に行いましょう。 あまりシャンプーをし過ぎると敏感な皮膚が炎症を起こすこともあります。 マンチカンを飼う際の注意点 マンチカンは足が短いので高さには注意しましょう。 遊び好きのマンチカンはキャットタワーが大好きですが、高すぎるキャットタワーは転落してけがをする可能性があります。 また、足が短い体型ため体に負担がかからないよう 体重が増えすぎないように注意することも大切です。 日頃から運動をさせるように心がけましょう。 一緒に遊んであげると絆も深まり運動不足も解消され一石二鳥です。 マンチカンのしつけ方 マンチカンはとても賢い猫なので、しつけもしやすいと言われています。 ただし、臆病な性格も持っているので厳しくしつけをすると警戒心を持ってしまう可能性もあります。 うまくいった時に褒めるという方法で楽しくしつけをしましょう。 マンチカンの寿命は約10~13年と言われています。 一般的な猫の寿命約15年に比べると少し短いです。 ただし、個体差があり環境や健康管理次第では長く一緒にいることができます。 マンチカンのかかりやすい病気• 椎間板ヘルニア• 腎不全• 毛球症 もうきゅうしょう• 猫伝染性腹膜炎• 外耳炎 マンチカンのかかりやすい病気には上記のようなものがありますが、その中でも主なものの症状や治療法、一般的な治療費を紹介します。 椎間板ヘルニア 手足の短いマンチカンは体に負担がかかり椎間板ヘルニアになりやすいと言われています。 背中を撫でると痛がったり歩くときにふらつきが見られたら病院に連れて行きましょう。 治療には手術が必要な場合もあり、治療費は30万円以上になることもあります。 腎不全 高齢になると腎不全が起こりやすくなります。 水を必要以上に欲しがったり、おしっこが多量に出たりすることがあれば腎不全の可能性があります。 投薬治療や食事療法がおこなわれますが重症になると入院が必要になることもあり、治療費は10万円以上になります。

次の