衆議院 選挙 2019 候補 者。 今回の都知事選挙は来たるべき衆議院選挙等の前哨戦になるか、ならないか

2020年東京都知事選挙(7/5)候補者のwebリストまとめ

衆議院 選挙 2019 候補 者

衆議院愛媛4区選出で、自民党・現職の山本公一衆議院議員が次期衆院選に出馬しない意向を表明しました。 これを受け、自民党県連は、11月に候補者選考委員会を立ち上げ、山本氏の後継候補者について対応を協議してきました。 そして、12月6日に開かれた選考委員会で、選考方法について、全会一致で、公募方式を採用することを決めました。 公募期間は、12月6日から18日まで。 応募資格については、自薦・他薦を問わず、自薦の場合は、愛媛4区内の県連所属党員50名以上の推薦人が。 他薦の場合は、愛媛4区内の地域支部の推薦が必要でした。 また、選考方法については、愛媛 4 区内の市長、町長や県議会議員、それに山本氏本人の意向などを踏まえ、公正厳正に審査を行い総合的に判断するとしています。 桜内氏は、過去の衆院選において、2009年8月には【無所属】、2012年12月には【日本維新の会】、2014年12月には【次世代の党】、2017年10月には【希望の党】の候補者として、自民党公認の山本氏と4度にわたり激戦を繰り広げてきました。 そんな桜内氏ですが、「今回の公募は生まれ故郷で政治活動をはじめて12年間、自民党公認を得るため待ち望んでいたことで県連に深く感謝したい。 公募の結果は分からないが地元出身者として一歩も引くつもりはなく立場はどうであれ選挙で勝ちきって自民党入党を目指す」などと、意気込みを語っています。 長谷川氏は、岐阜県出身の51歳で、1991年に自治省(現・総務省)に入り、2008年に愛媛県の総務部長、2012年に副知事に就任し、2015年に総務省に復帰して、現在は、地域政策課長を務めています。 2018年の西日本豪雨では、宇和島市で活動する政府現地被災者生活支援チームの一員として現地入りし、復旧・復興に尽力しています。 こうした実績などを踏まえ、愛媛4区内の全ての市と町の首長は、長谷川氏に対し、出馬要請する方針を固めているほか、4区内の選挙区選出の全ての県議会議員が長谷川氏支援を表明しています。 自民党本部・二階幹事長の後ろ盾を受け、悲願の自民党公認獲得を目指す桜内氏か。 それとも愛媛4区の自民党全支部と首長、県議らが推す長谷川氏か。 一体どちらが候補者に選ばれるのか? 選考委員会の判断に注目が集まります。

次の

れいわ新選組 衆議院選挙 立候補予定者一覧

衆議院 選挙 2019 候補 者

2019年7月4日公示、21日投開票が有力視されている第25回参議院議員通常選挙の立候補者が大方出揃ってきた。 各党候補予定者を一覧にまとめた。 ブロック別 立候補予定者と選挙区情勢まとめ 北海道選挙区【定数3】• 岩本剛人(自民・新)• 高橋はるみ(自民・新)• 勝部賢志(立憲・新)• 原谷那美(国民・新)• 畠山和也(共産・新)• 森山佳則(幸福・新) 青森選挙区【定数1】• 滝沢求(自民・現)• 小田切達(立憲・新) 岩手選挙区【定数1】• 平野達男(自民・現)• 愛知治郎(自民・現)• 石垣のりこ(立憲・新) 秋田選挙区【定数1】• 中泉松司(自民・現)• 寺田静(無・新) 山形選挙区【定数1】• 大沼瑞穂(自民・現)• 森雅子(自民・現)• 上月良祐(自民・現)• 小沼巧(立憲・新)• 大内くみ子(共産・新)• 海野徹(維新・新) 栃木選挙区【定数1】• 高橋克法(自民・現)• 加藤千穂(立憲・新) 群馬選挙区【定数1】• 清水真人(自民・新)• 斎藤 敦子(立憲・新) 埼玉選挙区【定数4】• 古川俊治(自民・現)• 矢倉克夫(公明・現)• 宍戸千絵(国民・新)• 熊谷裕人(立憲・新)• 伊藤岳(共産・新)• 小島一郎(幸福・新)• 沢田良(維新・新)• 佐藤恵理子(NHK・新) 千葉選挙区【定数3】• 石井準一(自民・現)• 豊田俊郎(自民・現)• 長浜博行(立憲・現)• 浅野ふみ子(共産・新) 神奈川選挙区【定数4】• 島村大(自民・現)• 佐々木さやか(公明・現)• 乃木涼介(国民・新)• 牧山弘恵(立憲・現)• 浅賀由香(共産・新)• いき愛子(幸福・新)• 松沢成文(維新・現)• 圷孝行(諸・新) 山梨選挙区【定数1】• 森屋宏(自民・現)• 武見敬三(自民・現)• 丸川珠代(自民・現)• 山口那津男(公明・現)• 水野素子(国民・新)• 塩村文夏(立憲・新)• 山岸一生(立憲・新)• 吉良佳子(共産・現)• 朝倉れい子(社民・新)• 七海ひろこ(幸福・新)• 音喜多駿(維新・新)• 山本太郎(れいわ・現) 新潟選挙区【定数1】• 塚田一郎(自民・現)• 堂故茂(自民・現)• 西尾政英(国民・新) 石川選挙区【定数1】• 山田修路(自民・現)• 田辺徹(国民・新) 福井選挙区【定数1】• 滝波宏文(自民・現)• 山田かずお(共産・新) 長野選挙区【定数1】• 小松裕(自民・新)• 羽田雄一郎(国民・現)• 斎藤好明(諸・新) 岐阜選挙区【定数1】• 大野泰正(自民・現)• 梅村慎一(立憲・新) 静岡選挙区【定数2】• 牧野京夫(自民・現)• 榛葉賀津也(国民・現)• 徳川家広(立憲・新)• 鈴木千佳(共産・新) 愛知選挙区【定数4】• 酒井庸行(自民・現)• 安江伸夫(公明・新)• 大塚耕平(国民・現)• 田島麻衣子(立憲・新)• 須山初美(共産・新)• 岬麻紀(維新・新)• 古川均(諸・新) 三重選挙区【定数1】• 吉川有美(自民・現)• 二之湯武史(自民・現)• 西田昌司(自民・現)• 増原裕子(立憲・新)• 倉林明子(共産・現) 大阪選挙区【定数4】• 太田房江(自民・現)• 杉久武(公明・現)• にしゃんた(国民・新)• 亀石倫子(立憲・新)• 辰巳孝太郎(共産・現)• 数森けいご(幸福・新)• 東徹(維新・現)• 梅村 みずほ(維新・新)• 佐々木一郎(諸・新) 兵庫選挙区【定数1】• 加田裕之(自民・新)• 高橋光男(公明・新)• 安田真理(立憲・新)• 金田峰生(共産・新)• 清水貴之(維新・現) 奈良選挙区【定数1】• 堀井巖 (自民・現)• 田中たかこ(幸福・新) 和歌山選挙区【定数1】• 世耕弘成(自民・現)• 舞立昇治(自民・現)• 中林よし子(共産・新) 岡山選挙区【定数1】• 石井正弘(自民・現)• 原田謙介(立憲・新) 広島選挙区【定数2】• 溝手顕正(自民・現)• 河井案里(自民・新)• 高見篤己(共産・新)• 泉安政(諸・新) 山口選挙区【定数1】• 林芳正(自民・現)• 大内一也(国民・新)• 河井美和子(幸福・新) 徳島・高知選挙区【定数1】• 高野光二郎(自民・現)• 松本けんじ(共産・新) 香川選挙区【定数1】• 三宅伸吾(自民・現)• らくさぶろう(自民・新)• ながえ孝子(無・新) 福岡選挙区【定数3】• 松山政司(自民・現)• 下野六太(公明・新)• 春田久美子(国民・新)• 野田国義(立憲・現)• かわの祥子(共産・新)• 江夏正敏(幸福・新) 佐賀選挙区【定数1】• 山下雄平(自民・現)• 犬塚直史(国民・新) 長崎選挙区【定数1】• 古賀友一郎(自民・現)• 白川鮎美(国民・新) 熊本選挙区【定数1】• 馬場成志(自民・現)• あべ 広美(無・新) 大分選挙区【定数1】• 礒崎陽輔(自民・現)• 長峯誠(自民・現)• 園生裕造(立憲・新)• こうの一郎(幸福・新) 鹿児島選挙区【定数1】• 尾辻秀久(自民・現)• 合原千尋(無・新) 沖縄選挙区【定数1】• 安里繁信(自民・新)• タカラ鉄美(無・新) ngtcsfksmgsk.

次の

美男美女が集結!? 「NHKから国民を守る党」の衆議院選挙立候補予定者29名まとめ

衆議院 選挙 2019 候補 者

自民党は14. 6%(82人中12人) 公明党に続く2番目の低さ。 自民党の女性国会議員は衆院で7%、参院で15%となっており、3月のイベントには稲田朋美・筆頭副幹事長がと語っていたが……。 公明党は8. 3%(24人中2人) 主要8党の中で最低。 政権を担う両党はいずれも男女半々には遠く及ばなかった。 立憲民主党は45. 国民民主党は35. 共産党は55%(40人中22人) 8党中もっとも多い、20人を超えた候補者を擁立した。 日本維新の会は31. 8%(22人中7人) では、浦野靖人・政調副会長が「選挙のたびに候補者で見ると、女性の割合は自民党よりも多い。 ところが選挙を終えると逆転してしまう。 選挙という洗礼で女性が生き残れない」と語っていた。 社民党は71. 4%(7人中5人) 母数が少ないこともあり、主な政党・政治団体の中で唯一7割を超えた。 れいわは20%(10人中2人) れいわから立候補する安冨歩・東大東洋文化研究所教授は女性装だが、「戸籍上は男性」という事務局担当者の説明により、男性として計算した。 法律には、「 男女の候補者の数ができるかぎり均等となる」ことを目指しており、各政党には男女の候補者数について目標を定めるなどの努力義務がある。 参院選に向けて、立憲民主党など多くの政党は候補者の女性比率について独自の目標を掲げていたが、自民党ははっきりとした数字は公表していなかった。 三浦まり・上智大教授(政治学)は 「政党の取り組みの格差がはっきりとあらわれた」と指摘。 「数値目標を掲げた政党はそれを守ろうとしている。 数値目標の効果がでている。 他の政党もそれにつづくべきだ」と語った。 【UPDATE】 三浦まり・上智大教授(政治学)のコメントを追記しました。 38%」と記載していました。 その後、などにより、正確には「24人中2人」の「8. 3%」と判明したため、訂正いたします。

次の