小豆 の 育て 方。 土用小豆の育て方

【小豆(アズキ)の育て方】栽培のポイントや種まきの方法は?

小豆 の 育て 方

Sponsored Link あずきの育て方について調べてみました。 あずきって、あんまり素人が栽培するイメージがなかったのですが、 育成の難易度としてはそこまで高くないようです。 以下、詳細を記載します。 小豆(あずき)の育て方・栽培法 小豆は一般家庭でも栽培が可能な植物で、鉢植えでの栽培も可能です。 育て方の難易度としても特に難しいということもなく、水やりや肥料やりに手間がかかることもありません。 ただ、 地域や気候によって適した種の種類が歩いていど決まっていて、それによって 種植え時期や収穫時期が異なってきます。 そのあたりが栽培法として特徴的とえいば特徴的です。 種を購入する 前述でも触れたように、小豆の種は地域や気候によって使用するべき種が異なります。 大きく大別すると ・夏アズキ型 ・秋アズキ型 ・中間型 の三種で、種をまく時期、開花時期、収穫時期がそれぞれ違います。 また同じ夏アズキ型でも地域によって、栽培の時期が異なりますのでそこも注意です。 mame. html 販売されている種のほとんどが、 夏アズキ型だと思います。 しかし、関西など温暖な地域では秋アズキが販売されていることが多く、 例えば、夏アズキ型が適している土地で、秋アズキ型の種をまいてしまうと実がしっかりつかないなどの 弊害もでてきます。 なので、自分の土地でまくべき種がどの品種なのか、種まきの時期はいつなのかということを押さえておくほうが、確実に育てるには有効です。 このあたりに関しては、以下のサイトが参考になります 栽培場所(土)を作る 庭の土で育てるにしても鉢植え・プランターで育てるにしても、 土をよくかき混ぜて(耕して) 空気を含ませることが大事です。 空気を含ませることで、根が張りやすくなるからです。 植物であっても人間同様に空気が必要です。 土をよくかき混ぜたら、肥料も追加してさらに土を混ぜましょう。 与える肥料の量は、一般的な野菜の 2割程度でいいとされています。 あまり肥料を必要としないのも小豆の育て方の特徴です。 種の植え方 土を耕して、肥料を混ぜ込んだら、次は種まきです。 庭で栽培するなど、広範囲に種をまくのであれば10センチから20センチの間隔をあけて種をまきます。 (プランターや鉢植えであれば中央部分にまきます) 3センチから4センチ(ひとさし指の半分程度が目安)の深さに2・3粒です。 肥料・水やり あずきの栽培法・育て方で特徴的なのは、肥料やり水やりがあまり必要ないことです。 肥料やり 肥料は用土を作る際に土に混ぜたのが全てで、それ以外に肥料は 追加(追肥)しないのが基本。 ただ、害虫対策はしたほうがいいように思います。 収穫時に育ったさやの中身を確認したら、白い幼虫にやられていたという話はよく耳にします。 (害虫駆除の農薬を購入する場合は、適用OKの作物に小豆が含まれているかを必ず確認しましょう) 水やり 水やりは種をまいた直後にします。 与える水の量はあくまでも 少量に留めます。 小豆は湿気を極端に嫌う植物です。 日照りが続き、土が乾ききっている場合以外は水やりは控えたほうがいいでしょう。 収穫時期 品種と種まき時期によりますが、 収穫時期はだいたい 10月あたりになります 芽がでてから2ヶ月前後で黄色い花が咲きます。 開花後1ヶ月弱くらいでさやが緑色から茶色に変化。 さやが硬く乾燥した状態になれば収穫OKのサインです。 注意点として、同じ、株(木)になったさやはいっせい同時に完熟するわけではありません。 ここで全てが完熟してからまとめて収穫しようと考える人もいますが、なるべくなら完熟したものからその都度摘み取っていったほういいです。

次の

枝豆の育て方

小豆 の 育て 方

」といった説明が必ず書いてあります。 収穫時期に梅雨や秋の長雨の時期が当たるように逆算して、種まきの時期を決めると良いでしょう。 枝豆の栽培に準備するもの 農家の方は、田んぼの畦などで枝豆を育てています。 枝豆は、水もちの良い粘土質の土なら、やせ地でも育つ野菜です。 逆に、葉を育てる栄養素であるチッ素分が多すぎるとうまくできません。 また、カリ分をよく好み、「灰がなければ豆蒔くな」と言われるほどです。 地植えにする場合は、元肥は使用せず、草木灰もしくはくん炭を土に混ぜ込んでおきます。 コンテナで栽培する場合は、肥料分の高い新品の培養土でなくても構いません。 使い古しの培養土から古い根などを取り除き、一度、日光に当てたものなどに、草木灰やくん炭を良く混ぜておけば大丈夫です。 枝豆の植え付け方 枝豆は、種から育てます。 地植えにする場合は、畝の幅を60cmくらいにとり、1ヵ所に3~4粒を15cm間隔くらいで蒔いていきます。 コンテナの場合は、幅60cmのものであれば、左右の2ヵ所にそれぞれ3~4粒蒔きます。 直径25cmくらいの円形のコンテナであれば、真中に1ヵ所、3~4粒蒔きます。 発芽するとき、豆自体が土の上に出てきて、そこから双葉になるので、鳥に食べられてしまうことがよくあります。 播種後は寒冷紗などをかぶせて管理し、本葉が2~3枚出てきたら外すようにすると、鳥の被害を防ぐことができます。 枝豆の栽培中の手入れ 地植えの場合、本葉が出てきたら間引いて、1~2本立ちにしていきます。 その後は、基本的に放任で大丈夫です。 コツは、風通しを良くしておくことと、倒れないようにすること。 少量で大事に育てる家庭菜園なら、1本ずつ支柱をして、丁寧に育てた方が、収量を確保することができます。 実の7割くらいがぷっくりと膨らんで来たら収穫期 プランターの場合は、本葉が出てきて、混みあいすぎていなければそのままで、混みあっている場合は、1~2本間引きます。 その後は、地植えと同様、放任でOKですが、実入りの時期に雨が足りないと実が膨らみませんので、さやがつきだして、晴天が続くようであれば、水やりを多めにしましょう。 豆の7割くらいが膨らんできたら収穫期です。 地植えの場合は、地際から刈り取って根を残しておきます。 マメ科の植物の根には、「チッ素固定」といって、根の周りに土の中のチッ素分を集める働きがあるので、根を残しておけば、その土のチッ素分が増え、次の野菜への肥料分を自然に補給することができるのです。 大豆にする栽培方法.

次の

そら豆の栽培方法…手入れや育て方コツ・ソラマメ収穫時期 [家庭菜園] All About

小豆 の 育て 方

鳥取地方も朝晩は気温が10度以下に成って野山も段々と紅葉に染って、秋真っ盛りのこの頃です。 我が家の菜園も秋の収穫と冬春物の準備で未だ々忙しいこの頃です。 *7月9日、 ー今年は気温が高めなので昨年より約5日程少し早めに種蒔をしました。 *小豆種の種蒔き量はー約1、500粒(550g)。 *畝幅は約40cm、1畝(約20m)に約55箇所に小豆3粒づつを幅約35cm間隔で9本の畝に種蒔きです。 *昨年は小豆の収量が余り良く無かったので、今年は栽培量を約30%(畝を3本増やし)増しました。 2)待望の小豆の発芽が始まりました。 *7月20日ー、 種蒔き後約10日程で好天に恵まれて順調に発芽しました。 *今年の発芽状態は非常良くて鳥害や害虫にも遭わず略100%程の良い発芽に成りました。 3)小豆の新株の間引きと雑草取り。 *7月下旬~8月中旬頃ー *例年どうり に一箇所に種を3粒毎に種蒔きしましたので、出揃った新芽を2本立てへ間引き作業です。 *この間引き作業は1株毎に莢付きを良く、風通しを良くして害虫の発生を防止するには、豆類の無農薬栽培では非常に大切な作業です。 *小豆畝の土寄せ作業と雑草取りは、普通の小豆栽培農家では余り遣りませんが、我がやの畑では此れからの小豆の葉身の倒立防止と風通しの為に収穫までには2,3回の作業をします。 4)待望の花芽が出始めました。 *9月10日ー種蒔き後約2ヶ月で待望の花芽が出始めました。 *この時期は雨量の多い天候が花芽の着荷には非常に大切で必要です、その水分の過多小が花芽の付き具合と、その後の莢付きや実付きの状態に影響し此れにより小豆の出来が決まります。 5)小豆の莢に実が付き始めました。 *10月2日ー種蒔き後の約3ヶ月経ち段々と可愛いい実が付いてきました。 *この時期の実が付く頃が小豆栽培で一番に収穫の楽しみを実感する嬉しい時ですネ。 6)小豆の莢が段々と乾燥してきました。 *10月中旬頃 ー連日の好天で日増しに小豆の莢の乾燥が始り、小豆畑全体が色付き始めていよいよ収穫の時期が近付いて来ました。 *全体の6~70%程の葉が枯れ始めて、莢の3~40%程が乾燥したら収穫の開始です。 7)今年の小豆の収穫が始まりました。 *10月25日頃 ー種蒔き後の約3ヶ月半程経ち、いよいよ待望の小豆の収穫開始と成りました。 *我が家の小豆の収穫方法は、実の乾燥の進行に合わせて、約1週間置きに少しずつ、3,4回に分けて(実の落下の防止と害虫の被害の拡大を少しでも少なくする為に)収穫して行きます。 *今年の小豆の実の付く具合は、初夏の雨不足や猛暑の影響等で全体に株と莢の育ちが小振りと成りました。 8)今年の小豆の収穫が終りました。 *11月上旬。 4回目の収穫で完了です。 *今年の小豆の総収量は約8.8 kg(選別前で)程で昨年より約20%程増量ですが、昨年に比べて高温での害虫が多く影響等で虫食い不良豆が多い有る様で良品収量は減る予想です。 広大な小豆畑に、雑草が生やさない為の管理が大変だったでしよう。 小豆の色艶が良くて美味しそうですね。 小豆の画像を見ていると、私は善哉餅を頭に浮かんできます。 久米さんは、どのようにして食されるのですか。 *安さんさん お早う御座います、早速有難う御座います。 このブログへの訪問者では小豆栽培に関してアクセスが割と多いので、皆さんに出来るだけ栽培の参考にと詳しく書いています。 又小豆と大豆は以外に栽培する人が少ないので(農家でも)年末用に御裾分けすると大変喜ばれますので、増やしてます。 小豆は我が家では、正月のゼンザイ雑煮、彼岸の赤飯、栗おこわ、オヤツの具、アンパンの餡等の使用して例年不足気味ですネ・・ 久米仙人 投稿: 2012年11月17日 土 07時28分.

次の