事業 持続 化 給付 金。 決定!持続化給付金、個人事業主フリーランスの雑所得・給与所得も対象に!

コロナ・持続化給付金、電通が巨額税金“中抜き”疑惑…パソナと“トンネル法人”設立

事業 持続 化 給付 金

「持続化給付金」は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、2020年1月~12月までの各月の売上が前年(2019年度)同月と比べて50%以上減少した場合に、個人事業主に最大100万円、中小企業に最大200万円まで補償してくれる制度です。 もちろん、融資(借入)ではありませんので、助成金や補助金と同様に返済義務はありません。 また、雇用調整助成金など他の助成金と比べても、制度の内容がシンプルで比較的ハードルも低いので、チェックする価値はあると思います。 そこで今回は「持続化給付金」について 「条件」「給付額の確認方法」「申請方法」などをまとめましたので、売上が減少している個人事業主や中小企業の経営者の方は、是非参考にしてみてください。 ) 「持続化給付金」をもらうための条件 「持続化給付金」は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、2020年1月~2020年12月のいずれかの月の 売上が前年同月比50%以上減少した中小企業や個人事業主(フリーランス含む)に対して支給される給付金です。 いくらもらえるの? 持続化給付金の支給額は、 法人と 個人で次のように設定されています。 <法人の場合> 資本金10億円未満の中堅・中小企業に 最大200万円(会社以外の医療法人、農業法人、NPO法人、社会福祉法人も対象です。 また、資金の使途も問われませんので、 給付金の使い道が自由という点もポイントです。 <2020年5月23日追記> 2020年1月1日~3月31日までに開業・創業した中小企業・個人事業主も対象になることが決まりました!申請受付は6月中旬から開始される予定です。 上の表では、2月の売上が前年同月比50%以上減少しているため、給付対象になります。 個人事業主の方の場合は、事業収入で判定します。 ) ただし、個人事業主・フリーランスの方で 「白色申告」している場合は、2020年1月~2020年12月の各月の売上ではなく、2019年度の売上の平均額と比較して判定します。 詳しくは、こちらの記事を参考にしてみてください。 ちなみに、2020年4月1日までに法人を設立していれば給付金の上限は200万円まで。 2020年4月2日以降に法人成りした場合は、上限100万円までとなりますので、注意してください。 スポンサーリンク 給付金額の確認方法 「持続化給付金」の給付額は、次の計算式で求めることができます。 一方、個人事業主・フリーランスの方の場合は、原則2019年分(2019年1月1日~2019年12月31日)の事業収入(確定申告書B「収入金額等」の「事業」欄の金額)となります。 2019年から事業を始めたばかりで、まだ確定申告をしていないという場合は、こちらの記事を参考にしてみてください。 つまり、全額支給されるということですね。 例えば、計算した給付額が875,000円だった場合、当初の計算式(10万円未満切り捨て)だと給付額は80万円ですが、今後は1円単位で支給されることになるため、875,000円全額支給されることになります。 (すでに給付金を受け取っている方も対象です。 追加分についての申請は不要です。 ) 先ほどの図のように1月の売上は前年同月比で50%以上減少していなくても、その月以外に50%以上減少している月があれば、給付対象となりますので、是非チェックしてみてください。 売上が50%以上減少している月が複数ある場合は? 事業主側で 50%以上減少した月を選択することができますので、より減少幅の大きい月を選べば、給付金も多くもらえることになります。 (上限額まで) いつから受付開始? 持続化給付金の申請は、本日 令和2年5月1日からスタートしています! また、申請期間は 令和2年5月1日から令和3年1月15日(金)24時までです。 いつもらえるの? 申請から支給までは、 2週間前後です。 電子申請ができない人向けに、5月12日(木)より申請をサポートする完全予約制の窓口が開設しています。 「持続化給付金ホームページ」の申請ボタンを押して、メールアドレスなどを入力し、仮登録をする。 仮登録のときに入力したメールアドレスに届いた内容を確認し、本登録をする。 基本情報、売上、口座情報、通帳の写しをアップロード。 必要書類はこのあと解説します。 かなりシンプルなので、オンライン申請が苦手な人でも大丈夫だと思います。 提出書類(用意するもの) 下記に「法人の場合」と「個人事業主の場合」を別々にまとめました。 法人の場合• 法人名義の通帳の写し(給付金の振込先口座番号を確認するため) 通帳の「表面」と「通帳を開いた1・2ページ目」の両方の写しが必要です。 ただし、紙媒体の通帳がない場合は、電子通帳(口座名義・口座番号)のスクリーンショットを添付すればokということです。 税務署の収受日付印が押印されていない場合は、こちらの記事を参考にしてみてください。 2020年分の対象とする月(売上が50%以上減少している月)の売上台帳等 フォーマットの指定はありませんので、経理ソフト等から抽出したデータ、エクセルデータ、手書きの売上帳などでもokということです。 ただし、データや書類には2020年〇月=対象月を明確に記載するようにしてください。 <参考例(こちらの形式で申請した分は、実際に審査を通過して入金されています。 通帳の写し(給付金の振込先口座番号を確認するため) 銀行名・支店番号・支店名・口座種別・口座番号・口座名義人が確認できるものが必要です。 通帳の場合は「表面」と「通帳を開いた1・2ページ目」の両方の写しを添付しますが、ネットバンク等で紙媒体の通帳がない場合は、画面のキャプチャを添付すればokということです。 顔写真付きの本人確認書類の写し 運転免許証の場合は両面(返納している場合は、運転経歴証明書でも可。 ) 個人番号カードの場合は表面のみ 顔写真付きの本人確認書類がない場合は、次のセットでも申請が可能です。 (オンライン申請の場合の対応ファイルはPDF・PNG・JPGです。 ) 持続化給付金はこちら 「」から申請することができます。

次の

簡単・シンプル!事業者向け「持続化給付金」給付要件・申請方法まるわかり(平田麻莉)

事業 持続 化 給付 金

個人事業主フリーランスで白色申告している人の給付金の計算方法 まず、持続化給付金の給付額を調べるときには、下の図のように前年の同月(2019年の各月の売上と2020年1月~12月までの売上)と比較して、売上が50%以上減少している月を探しますが、 白色申告している方の場合は、2019年の各月の売上ではなく 2019年の総売上から月の平均売上を出して、その平均売上と2020年の売上を比較します。 例えば、下の図のように2019年の総売上が480万円だった場合。 この40万円を2020年の各月の売上と比較すると、4月が50%以上減少しているため、給付の対象になります。 このように白色申告の場合は、青色申告のように確定申告書に月別の売上が記載されていないため、 昨年の売上を12ヶ月で割って月の売上を固定してから比較していきます。 つまり、全額支給されるということですね。 例えば、計算した給付額が875,000円だった場合、当初の計算式(10万円未満切り捨て)だと給付額は80万円ですが、今後は1円単位で支給されることになるため、875,000円全額支給されることになります。 (すでに給付金を受け取っている方も対象です。 また、追加分についての申請は不要です。 ) 税務署の収受日付印が押印されていない場合は、こちらの記事を参考にしてみてください。 2020年度の対象とする月(売上が50%以上減少している月)の売上台帳等 フォーマットの指定はありませんので、経理ソフト等から抽出したデータ、エクセルデータ、手書きの売上帳などでもokということです。 ただし、データや書類には、対象月(売上が減少した月)のものとわかるように「2020年〇月」と記載するのを忘れないようにしてください。 <参考例(こちらの形式で申請した分は、実際に審査を通過して入金されています。 通帳の写し(給付金の振込先口座番号を確認するため) 銀行名・支店番号・支店名・口座種別・口座番号・口座名義人が確認できるものが必要です。 通帳の場合は「表面」と「通帳を開いた1・2ページ目」の両方の写しを添付しますが、ネットバンク等で紙媒体の通帳がない場合は、電子通帳等の画面を保存して添付すればokということです。 顔写真付きの本人確認書類の写し 運転免許証の場合は両面 表裏をそれぞれ添付しますので、ファイルは表と裏の2部用意してください。 (返納している場合は、運転経歴証明書でも可。 ) 個人番号カードの場合は表面のみ 顔写真付きの本人確認書類がない場合は、次のセットでも申請が可能です。 (対応ファイル形式はPDF・PNG・JPGです。 ) 以上となりますが、持続化給付金は他の給付金・助成金よりも給付要件が緩く制度の内容もシンプルなので、今年に入って売上が減少してしまったという方は、本日の記事を参考に申請を検討してみてください。 持続化給付金の申請は2020年5月1日からスタートしています!申請方法については、こちらの記事で解説していますので、よろしければ参考にしてみてください。

次の

簡単・シンプル!事業者向け「持続化給付金」給付要件・申請方法まるわかり(平田麻莉)

事業 持続 化 給付 金

不動産収入や雑収入は対象外です。 個人事業主やフリーランスの方の中には、所得を事業所得ではなく雑所得として申告されている方もいらっしゃると思いますが、今回の持続化給付金では対象者からバッサリ切り捨てられました。 支給対象となるのは、次のような場合が該当します。 事業者が任意に選択できますので、最も売上が小さい月を採用するのが得です。 ただし、限度額が定められています。 使い道は問わず、何に使っても構いません。 個人事業主とフリーランス 白色申告している個人の場合、月ごとに2019年の売上と比較するのではなく、2019年の年間事業収入を12(か月)で割った平均月売上と比較します。 白色申告している個人が持続化給付金を申請する際、令和元年度確定申告書第一表の控えが必要となります。 確定申告書第一表の控えには収受印が押されている必要があります。 収受印が押されていない場合、無効となります。 青色申告会を通して確定申告した場合、青色申告会の収受印が押されます。 この収受印が持続化給付金の申請において有効かどうかは不明です。 詳細は青色申告会に相談してみてください。 法人 2020年開業の場合は対象外 今年開業された方は昨年と比較できません。 何らかの救済策があるのではないかと噂されていましたが、持続化給付金の対象者から明確に除外されました。 開業届 開業特例や事業継承特例を使う場合には、収受印がある開業届の控えが必要となります。 これらの特例を使わない場合は、開業届を出していなくても持続化給付金を申請できます。 6月から対象範囲が拡大 2020年5月から始まった持続化給付金は、次の方は対象外でした。 今年3月までに創業した中小企業• 所得を「雑所得」として申告したフリーランス これらの方も持続化給付金の対象とする方針が、2020年5月22日に発表されました。 これまでフリーランスは所得を「雑所得」として申告した場合にのみ、持続化給付金の給付対象となっていました。 今回、給与所得や雑所得を「主たる収入」としていることを条件に、持続化給付金の対象となります。 また、創業間もない企業は前年と収入を比べられないため、持続化給付金の給付対象外となっていました。 今回、新型コロナウィルス感染症の影響で売り上げが大幅に落ち込んできることが確認できれば、給付対象となります。 申請 持続化給付金の申請方法は、次の手順で行います。 持続化給付金ホームページにアクセス(令和2年度補正予算が成立した翌日に開設予定)• 申請ボタンを押して、メールアドレスなどを入力(仮登録)• 入力したメールアドレスにメールが届いていることを確認して、本登録へ• IDとパスワードを入力するとマイページが作成される• 基本情報を入力(法人・個人の基本情報と連絡先)• 売上額を入力(入力すると申請金額自動計算される)• 口座情報を入力して通帳の写しをアップロード• 必要書類を添付 持続化給付金を申請するときに、以下の情報の入力が必要になります。 2019年度の確定申告書類の控え• 売上減少となった月の売上台帳の写し• 身分証明書の写し(個人事業者の場合のみ) 持続化給付金を申請する際に、収受印が押された確定申告書の控えが必要になります。 確定申告書類を郵送して収受印を受けていない場合、その確定申告書の控えでは申請できません。 収受印を押されていない場合、税務署に個人情報開示請求をすることで申告書を入手することができます。 公式 e-Taxで確定申告した場合、受付日付と受付番号が入った確定申告書の控えが使えます。 売上台帳 売上台帳の写しは様式を問いません。 Excelなどでも構いません。 いつまで? 2020年5月1日に持続化給付金ホームページが開設され、申請の受付が開始されました。 申請期限は2021年1月15日までとなります。 通常2週間程度で、給付通知書が発送され、登録した口座に振り込まれます。 出典:.

次の