看護 師 ゆり。 ナスコミとは

現役看護師ゆりの勤務先病院や彼氏とは?本名や年齢,出身等のプロフィール!

看護 師 ゆり

現役看護師ゆりとは何者? 本名や年齢,出身や身長等のプロフィール! youtube. そんなゆりさんなのですが2019年2月から動画投稿を開始しており、なんと2019年4月現在 約31,000人以上のチャンネル登録者数がいる人気急上昇中のyoutuberでもあるんですね!! 余談はそれくらいにして、ゆりさんの動画は 『守秘義務を遵守した上で、弁護士の指導の下で制作』されています! つまり、ゆりさんは貴重な休みを使って有益な情報を無償で配信しているということなんですね!! もしかしたら収入以外の部分でなにかしらの恩恵は受けているかもしれませんが、ほぼ ボランティアのyoutuberといってもいいのではないでしょうか!? ですので僕はゆりさんを心から尊敬しています!! 出身:熊本 住所:熊本県 高校:女子校 身長: 不明 体重: 不明 趣味:韓国 東方神起にハマったのがきっかけ 現役で働いているからなのか基本的な個人情報は公開していませんでしたね! しかし、 「お酒を最後に飲んだのが5年前くらいの20歳の時」という発言から、もしかすると 年齢は25歳くらいではないのかなと判断しました! てっきりちょっとかじったレベルかと思ったら、かなりガッツリと学ばれているようでびっくりしましたw ちなみにゆりさんがyoutuberになった理由ですが、ゆりさんが追いつきたいと思った人がyoutuberを目指しはじめた結果 「ゆりちゃんもやってみれば? 」と言われたことがきっかけだそうです! ちなみに現役看護師であるyoutuberはいないことはないですが、 その数はかなり少ない のは事実です! ですのでそんななか顔を出して動画投稿を開始するというのはかなり勇気がある行動だとは思いますが、よっぽどゆりさんにyoutuberデビューを勧めた人に追いつきたいという思いが強かったのでしょう!! しかしながらゆりさんのチャンネルが急成長をしているを考えると、もしかするとこのゆりさんのライバル的な方のチャンネルをもう超えてしまった可能性は十分ありそうに思えますがねw スポンサーリンク 現役看護師ゆりの勤務先病院や経歴とは? youtube. 結論から先に言いますと、それは わかりませんでした! 動画やツイッター、インスタ等からも勤務先のヒントになるような情報すら特にはなかったのが現状ですね。。。 しかも、後ほど詳しく説明しますがゆりさん自身何回か勤務先の病院を変えているので、特定は大きなヒントがなければ困難でしょうw しいて言うなれば、ゆりさんが最初に就職した病院は 5年一貫看護学校出身の方でも就職できる病院ということくらいでしょうか! ではゆりさんの 経歴についてわかる範囲でお伝えすると、社会人1年目は 大きな病院の整形外科病棟 手術前後の看護ケアに携わる病棟 で勤務するが 1年未満で退職をしてしまいます! そこで一旦は看護の世界から身を引いてしまいますが、再度別の病院で 地域包括病棟 リハビリ中心の看護 という1年目の時とは対照的な病棟で勤務を開始しました! しかし結果的に実際に病院勤務を続けてみて 看護師自体が向いてないと思うようになったらしく、そこの病院も退職したみたいですね! html と言いますのも、ゆりさんが 病院を辞めるに至った理由は、 業務に慣れなかったことと 人間関係が大きかったそうなのです! これについてざっくり説明すると、業務の方は 三交代制の勤務に身体がついていかなかったことや、人間関係に関しては 先輩との関係や 監視されていることに対しての精神的な負担が大きかったみたいでしたね。。。 これに関して看護師として病院勤務していた僕から言わせれば、まさに共感しかしませんでした! 僕が就職先を探す際は肉体的な負担の多い三交代制の病院を避けていましたし、職場の先輩からイジメを受けるなんてことは普通にあったからですw もちろん僕に悪い部分がないとはいいませんが、さすがにショックでしたよw しかし監視に関しては、程度によると思いますがどの会社でもあることのように思います! 確かに気分はよくないことではあるでしょうがね。。。 看護師に支えられて救われた方々をこれまで何人と見てきましたし、誇り高い仕事であるのは間違いありません! youtube. 今でも 男性と話すと緊張すると言うゆりさんですが、よく 「モテない」ということを公言していますよね! しかし、けっこう美人であるのも事実ですので、実際にゆりさんの気になる恋愛事情についてリサーチしてみました! 結果から申し上げますと、 恋愛経験が浅くかわいい見た目の割にはそこまでモテてはいなかったということがわかりましたね! そういう結論に至った理由としては、看護師として働いていたときに男性が勃起した姿を初めて見たという発言をしていたのが一番大きな理由ですね! つまり少なくとも看護学生時代では彼氏はいたかもしれませんが、そこまで深い関係にはなっていなかったということが考えられます! ゆりさん自身が恋愛に興味がない訳ではないので、もしかしたらこれまであまりいい男性とは知り合ってこなかったのかもしれませんね! 動画内では直接的に「こうされたい」という発言はしていないのですが、ゆりさんは 紳士的な男性や「好き」ってことをストレートに伝えるような男性を魅力的に感じるように思えました! 追記 2019年5月に投稿された動画の情報から、なんと過去 男性が苦手だったことや学生時代 太っていたことが明らかになったのですが、今現在でも モテない期間が続いているというのです! つまりそれって 彼氏がまだできたことがないってことですよね・・・? しかし動画を見る限りでは少なくとも今は痩せててかわいいと思える容姿だと思いますし、コメントにもかわいいという書き込みが少なくありません! 最後までご覧いただき本当にありがとうございました!! 関連記事情報として元モデルの美女youtuber かねこあやさんの記事と、現役キャバ嬢youtuberである 椿そらさんと 愛沢えみりさんの記事をご紹介させていただきます! 【関連記事】 【関連記事】 【関連記事】.

次の

【炎上】看護師Youtuberゆりさんの動画スポンサーになった理由│街コンCEOのレポ・ブログ

看護 師 ゆり

看護師国家試験の受験資格を得るためには、文部科学大臣指定の学校もしくは厚生労働大臣指定の看護師養成所を卒業する必要があります。 学校は、4年制大学、3年制の短大・専門学校があり、学ぶ期間だけでなく、授業内容や取得できる受験資格など、さまざまな面で違いがあります。 4年制大学は「看護師になるための授業」以外にも一般教養科目が充実しており、幅広い教養を身につけることができます。 また、看護師と同時に、「保健師」と「助産師」の国家試験受験資格を得ることができるのもメリットです。 一方、3年制の専門学校は「看護師になるための勉強」に特化しており、実技や実習が充実している傾向があります。 4年制大学よりも1年早く卒業できるので、「早く現場に出たい」という人にはおすすめです。 3年制の短大は「一般教養も学べる+早く現場に出られる」という両方のメリットがありますが、学校の数は縮小傾向にあると言われています。 また、所定の単位を修得すれば、養護教諭の免許状(4年制大学の場合は1種、短大・専門学校の場合は2種)を取得することができる学校もあります。 いずれも「学校卒業後、看護師としてどのように活躍していきたいか」をイメージしたうえで、その夢と「この学校で身につけられるスキル」が一致するかどうかを見きわめることが大切です。 患者さんへ適切なケアを行うための看護知識や技術をもっていることに加え、ハードな業務をこなすだけの体力と精神力が問われる仕事です。 「患者さんの役に立ちたい」という気持ちや、命を預かるという意味での責任感はもちろん必要ですが、それだけでは長くは続かないのが現実。 非常にストレスを溜め込みやすい仕事になるため、「感情に流されず、客観的に物事を受け止めることができる」「オン(仕事)とオフ(プライベート)をうまく切り替えられる」などの自己コントロール力が、仕事を長く続けるうえで何より大事になります。 また、医師、看護師、その他医療スタッフ、患者さんのご家族などさまざまな立場の人たちと協力しながら業務を進めることになるので、コミュニケーション力や協調性も欠かせません。 さらに、医療・看護は日進月歩の世界になるため、特に病院などの臨床現場で働く看護師においては、「知識と技術のアップデート」も常に求められます。 「療養上の世話」とは患者の観察やケア、生活指導などが含まれ、看護師が自ら計画を立て、主体的に行える仕事です。 「診療の補助」は、医師による医療行為の補助を指し、診察や検査、治療がスムーズに進むようサポートする仕事です。 医師の指示の下、採血や注射、各種処置、医療機器の管理などの医療行為を行う場合もあります。 なお、24時間看護を行う病院では夜勤も発生し、多くは2交代制もしくは3交代制のシフト制勤務。 不規則な生活スタイルとなることが多く、命を預かる仕事でもあることから、看護師は「ハードな仕事」だというイメージが世間に浸透しています。 とはいえ、働く場所や診療科によってもハードさは異なりますし、夜勤のないクリニックや診療所勤務、決まった仕事内容・時間帯で働く派遣やパート勤務など、働き方のバリエーションも多いのが看護師の特徴です。

次の

現役看護師ゆりの勤務先病院や彼氏とは?本名や年齢,出身等のプロフィール!

看護 師 ゆり

部署紹介 当院の各部署について紹介しています。 Nurse section's introduction• 10階ゆり病棟(内科・糖尿病代謝内科) 当病棟は、内科と糖尿病代謝内科病棟の混合病棟で、一般内科・腎疾患・血液疾患・糖尿病などの疾患を持つ患者さんを看護しています。 患者さんの年齢層は10代から100代までと幅広く細やかな看護援助をおこなっています。 医師・看護師・リハビリスタッフ・栄養士・薬剤師・退院支援専任看護師などが連携をしながら退院に向けて連携を図っています。 思いやりと優しい心で信頼される看護を実践していきます。 9階しょうぶ病棟(地域包括ケア病棟・眼科) 地域包括ケア病棟とは、手術や検査・治療が一段落し、すぐに在宅や施設へ退院するのに不安がある患者さんに対して療養を継続しながら退院までの準備を整えるための病棟です。 また、平成29年4月からは眼科も加わり、わかりやすい説明に心がけ、短期間での入院生活を不安なく過ごしていただけるよう努めています。 患者さん・御家族の方の思いを尊重し、安全で安心な看護を提供していきます。 9階ゆり病棟(脳神経外科・耳鼻咽喉科・歯科口腔外科) 9階ゆり病棟は、脳神経外科・耳鼻咽喉科・歯科口腔外科混合の活気あふれる病棟です。 また、病棟からは、四季おりおりの霊峰鳥海山や市街が一望できます。 私たちは、一人ひとりの患者様に質の高い急性期医療を提供すると共に、不安を抱える患者様・ご家族の皆様には思いやりと優しい心で接し、わかりやすい説明と要望に沿った看護ができるよう努めております。 フレッシュからベテランまでスタッフも充実しており、患者様にとって安全で安心できる療養環境の提供を目標に、それぞれが日々学び自己啓発に努め知識と技術を磨いて笑顔で頑張っております。 8階しょうぶ病棟(外科・消化器内科) 8階しょうぶ病棟は、外科と消化器内科の混合病棟です。 がんと診断され、検査から手術・化学療法・放射線療法などの治療を行う患者様がいらっしゃいます。 入院を繰り返し、また急な入院となる患者様も多いです。 そのため、日々病室移動があり患者様にご協力いただいております。 (患者様に感謝) 患者様やご家族が満足して治療を受けられることを目指し、医師・看護師だけでなく薬剤師や栄養士など医療スタッフ一同日々奮闘しております。 8階ゆり病棟(泌尿器科・循環器内科・心臓血管外科) 8階ゆり病棟は、泌尿器科・循環器内科・心臓血管外科の混合病棟です。 腎不全・心不全の患者さんを始め、各科の検査・外科的手術・血管内治療・化学療法・透析患者さんのケアを行っています。 救急場面での迅速な判断を求められる状況や退院支援に向けた日常生活支援のための指導や看護など、幅広い分野で頑張っています。 患者さんが不安なく入院生活が送られるよう、「患者さんのこころに寄り添う看護」を目標として日々奮闘しています。 7階しょうぶ病棟(地域包括ケア病棟) 地域包括ケア病棟として、3年が経過しようとしています。 各科の患者様の退院支援に奮闘する毎日です。 私たち、看護師23名は、退院支援専従看護師とともに、ケースワーカーや緩和ケアチーム、NSTなど多職種と連携をとりながら、患者様の人生に向き合い、思いやりをもち、入院生活と退院調整を支援しています。 様々な科の患者様の状態観察や退院指導、他職種とのカンファレンスを行い安心して帰れる退院調整を目指して実践しています。 看護補助者は、身の回りの援助や清潔ケア、環境の整備の実施、時には、認知症の患者様の徘徊に、そっとつきそい見守り、看護師と連携をとりながら、優しい関わりを行っています。 地域包括ケア病棟は、看護師としてエキスパートであることが求められます。 これからもそれに、近づくように日々、学習を行い、患者様の退院後の生活をイメージしながら、看護ケアを行っていきます。 「ここの、病棟にきてよかった。 」と、思ってもらえるよう、今後も、元気にがんばります。 7階ゆり病棟(整形外科・リハビリテーション科) 幅広い年齢の患者さんが入院しております。 現在、入院から手術までの期間が短くなり、早い時は入院後2日目で手術を行うことがあります。 突然の入院、手術に対する不安を抱えて療養する患者さん及び御家族の方々へ、丁寧でわかりやすい説明を行うことを心がけています。 また、退院に向けて医師、看護師の他にリハビリスタッフや義肢・装具士、退院支援専任スタッフと連携を図りながら、笑顔で退院できるように支援しております。 5階しょうぶ病棟(産婦人科・小児科) 4月より産婦人科・小児科の混合病棟として新生5階しょうぶ病棟がスタートしました。 今まで以上に産科・小児科の連絡が密になり適切な医療提供に繋がっています。 産科は子育ての第1歩を自信を持ち踏みだすことができるように。 小児科は廊下や処置室に飾り付けを行い、優しい明るい雰囲気を大切にしています。 また、婦人科は患者様の思いに寄り添った看護に努めています。 新生児から老年期までのあらゆる年齢の患者様が安心で満足していただけるようにスッタフ一同「笑顔」をモットーに頑張っています。 ・患者さんの不安軽減に務めます。 ・守秘義務の遵守に務めます。 ・良質で安全な医療材料を、安定的に提供します。 以上の方針で、24時間365日、いつでも迅速に手術の受け入れが出来るように整備しています。 また、手術の前や後には患者さんのベッドサイドへ訪問し、不安や疑問や要望などを伺い、希望に沿える看護を目指し、努力しています。 スタッフ一人一人が専門性と幅広い知識、高度な身体ケア技術が必要な部署です。 その中で「患者さんの側に寄りそった看護をしよう -フィジカルアセスメント- 」をテーマに、患者さんの側で必要な看護を検討し、集中ケア認定看護師、医師と共に患者さんのより良い入院生活のために努めています。 透析センター 主に慢性腎不全の方を対象とし腹膜透析・血液透析の導入と維持治療を行っております。 仕事を持たれている方のために月・水・金は夜間透析を行っております。 また、当院での治療や検査で入院される方やこの地を訪れる方の依頼透析にも対応しております。 看護スタッフと臨床工学技士で協力し合い、安心・安全な透析、状態を把握し個々に合った透析プランの提供、患者・家族に寄り添う指導を行う為に学習と研究を続けております。 外来棟 外来棟看護部は、6ブロック 18診療科 担当の診療部門と救急室、化学療法室、内視鏡室、放射線治療・検査を担当する部門から成り、各部門に配属された看護師が「患者さん一人ひとりを尊重して」を意識し日々奮闘しています。 外来は最初に患者さんを受け入れる場所、病院の医療や看護の質を印象付ける重要な部署であり、接遇を重要視した対応を心掛けています。 また患者さんの状態を瞬時に観察・察知しニーズに応じられるよう日々自己研鑚しています。 そして小児から成人・老年期までの予防から治療まで、幅広く患者さんの健康管理を行いながら、受診された患者さんに「組合病院に来てよかった!! 」と思っていただけるような看護をめざしております。

次の