ぐらんぶる キャスト。 『ぐらんぶる』の実写化映画は期待値がヤバいと話題に!酒と男の全裸が中心の漫画にキャスト俳優や内容が注目される

映画ぐらんぶる面白い?つまらない?前評判と感想!注目のキャストは?原作ファンの意見も!

ぐらんぶる キャスト

人気漫画「ぐらんぶる」実写化、キャストの発表はなされずも背中姿のヒント画像 人気漫画「ぐらんぶる」が実写映画になることが決まりました。 「good! アフタヌーン」で2014年から連載が続いている人気漫画で、2018年にはテレビアニメにもなっています。 大学のダイビングサークルを描いた漫画であり、人気のイケメン若手俳優が起用されると思われますが、まだキャストの発表はされていません。 しかし、作中で登場するダイビングショップ「Grand Blue」の前で、背中を向けた男性が2人、上半身裸で写っている画像が確認できます。 パンツ一丁が主人公の「北原伊織」、オタクTシャツを腰に巻いているのが、伊織の同級生「今村耕平」と思われますが、果たして誰が演じることになるのでしょうか。 ネット上では、さん・犬飼貴丈さん・竜星涼さんといった俳優がキャスト候補として予想されています。 原作で美女揃いの女性陣では、乃木坂46の齋藤飛鳥さんや与田祐希さんといった方が噂されていて、こちらを注目しているファンも少なくありません。 「ぐらんぶる」は酒・全裸の描写が中心の漫画、俳優が誰か・内容は原作通りかと期待値大 漫画「ぐらんぶる」の実写化がかなり期待されているのは、この漫画が「酒」と「裸」描写が多い、かなり「おバカ」な作品であるためです。 主人公は大学のダイビングサークルに無理やり入会させられてしまうのですが、このサークルは飲み会がかなりきつく、飲み会をしては男性陣が全裸になるのが恒例になっています。 ダイビング自体はきちんとやるサークルですから、ダイビングの魅力・海の美しさといった描写もあるのですが、原作では飲み会を中心にしたギャグ・おバカシーンの割合が相当高いです。 大学のキャンパス内をパンツ一枚で歩くようなシーンもあるのですが、これを人気イケメン俳優が体当たりで演じてくれるのかどうか、非常に注目ですね。 漫画原作者の井上堅二さんも、「実写化してイケメンの股間を見るんだ!」「出演する『被害者』の皆様に」といったコメントを寄せています。 実写版映画『ぐらんぶる』も、原作通り、ダイビング描写だけでなく、過激な飲みや、全裸になってのバカ騒ぎがたくさん見られるでしょうか。 監督を務めるのは、英勉監督です。 『ヒロイン失格』・『あさひなぐ』・『3D彼女』など、漫画の実写化映画もかなり多く手掛けてきた監督です。 2019年には、さん主演・テレビドラマで人気を博した『映画 賭ケグルイ』も公開されました。 早くもキャスト予想白熱、内容も気になる実写版『ぐらんぶる』、続報に期待 まだキャストの発表がされていない『ぐらんぶる』、なんといっても「はっちゃけた」映画なので、イケメン俳優の誰が演じても話題になることは間違いありません。 R-18指定にならないかと冗談交じりで心配されるほど、「裸」が多い原作なので、キャストには出演に際し、相当な覚悟が要求されそうですね。 それだけに、有名・人気俳優がまさかのキャスティングということになれば、話題性も抜群です。

次の

ぐらんぶる|デジタル映画鑑賞券【ムビチケ】

ぐらんぶる キャスト

人気漫画「ぐらんぶる」実写化、キャストの発表はなされずも背中姿のヒント画像 人気漫画「ぐらんぶる」が実写映画になることが決まりました。 「good! アフタヌーン」で2014年から連載が続いている人気漫画で、2018年にはテレビアニメにもなっています。 大学のダイビングサークルを描いた漫画であり、人気のイケメン若手俳優が起用されると思われますが、まだキャストの発表はされていません。 しかし、作中で登場するダイビングショップ「Grand Blue」の前で、背中を向けた男性が2人、上半身裸で写っている画像が確認できます。 パンツ一丁が主人公の「北原伊織」、オタクTシャツを腰に巻いているのが、伊織の同級生「今村耕平」と思われますが、果たして誰が演じることになるのでしょうか。 ネット上では、さん・犬飼貴丈さん・竜星涼さんといった俳優がキャスト候補として予想されています。 原作で美女揃いの女性陣では、乃木坂46の齋藤飛鳥さんや与田祐希さんといった方が噂されていて、こちらを注目しているファンも少なくありません。 「ぐらんぶる」は酒・全裸の描写が中心の漫画、俳優が誰か・内容は原作通りかと期待値大 漫画「ぐらんぶる」の実写化がかなり期待されているのは、この漫画が「酒」と「裸」描写が多い、かなり「おバカ」な作品であるためです。 主人公は大学のダイビングサークルに無理やり入会させられてしまうのですが、このサークルは飲み会がかなりきつく、飲み会をしては男性陣が全裸になるのが恒例になっています。 ダイビング自体はきちんとやるサークルですから、ダイビングの魅力・海の美しさといった描写もあるのですが、原作では飲み会を中心にしたギャグ・おバカシーンの割合が相当高いです。 大学のキャンパス内をパンツ一枚で歩くようなシーンもあるのですが、これを人気イケメン俳優が体当たりで演じてくれるのかどうか、非常に注目ですね。 漫画原作者の井上堅二さんも、「実写化してイケメンの股間を見るんだ!」「出演する『被害者』の皆様に」といったコメントを寄せています。 実写版映画『ぐらんぶる』も、原作通り、ダイビング描写だけでなく、過激な飲みや、全裸になってのバカ騒ぎがたくさん見られるでしょうか。 監督を務めるのは、英勉監督です。 『ヒロイン失格』・『あさひなぐ』・『3D彼女』など、漫画の実写化映画もかなり多く手掛けてきた監督です。 2019年には、さん主演・テレビドラマで人気を博した『映画 賭ケグルイ』も公開されました。 早くもキャスト予想白熱、内容も気になる実写版『ぐらんぶる』、続報に期待 まだキャストの発表がされていない『ぐらんぶる』、なんといっても「はっちゃけた」映画なので、イケメン俳優の誰が演じても話題になることは間違いありません。 R-18指定にならないかと冗談交じりで心配されるほど、「裸」が多い原作なので、キャストには出演に際し、相当な覚悟が要求されそうですね。 それだけに、有名・人気俳優がまさかのキャスティングということになれば、話題性も抜群です。

次の

作品情報

ぐらんぶる キャスト

史上最も服を着ていない主人公・北原伊織を演じるのは、竜星涼。 2016・2017年にはパリコレにも出演した経験を持つ竜星が、本作では惜しげもなく肉体を披露しています。 最初に青春ダイビング映画のオファーを受けた際の、キラキラした大学生活のイメージとはだいぶかけ離れていたものの、かけがえのない裸の先輩と裸の相棒に出会うことがでたと言う竜星。 「キラキラな青春ダイビング映画『ぐらんぶる』是非劇場でお確かめ下さい。 何度もいいます。 キラキラな青春映画です」とのコメントを信じて、劇場でその輝きを確かめましょう。 伊織と共にダイビングサークルに参加することとなる、無駄にイケメンなアニメオタク・今村耕平を犬飼貴丈 いぬかい あつひろ が演じます。 そんなブレイクの兆しを見せる犬飼が何故か本作に裸一貫で挑みます。 漫画やアニメが好きでそれらを原作とした作品に携わりたいと思っていたと言う犬飼は、ほぼ裸だったものの今回の出演を嬉しく思っているそうです。 そんな出演を喜ぶ犬飼が「明るく楽しい現場、好きなことをさせてくれる監督、スタッフの方々、面白い共演者。 沢山の素敵な出会い、撮影期間が夏だったということもあり、かけがえのない夏の思い出ができました。 ほぼ裸でしたが」と語る本作。 王道 ? 青春映画に期待が高まります。 伊織の従姉妹でダイビング仲間のクーデレ美少女・古手川千紗を演じるのは、乃木坂46の与田祐希。 2018 年にはドラマ『モブサイコ 100』で女優デビューを果たし、2020年3月には2nd写真集を発売するなど、多方面で活躍する与田がまさかの出演となりました。 裸だらけの男たちの中に飛び込むこととなる与田を心配している人もいるかもしれません。 しかし本人は「ファンの皆様には多大なる心配をおかけしていると思いますが、私が演じる千紗は、とてもたくましい女の子なので、ヤバい男たちには負けません。 なので、安心して劇場にお越しください」とコメント。 千紗は男たちを足蹴にするキャラクター。 安心して与田の勇姿を目に焼き付けましょう。 梓と同じ女子大に通う、1年生の吉原愛菜。 大学デビューを狙って化粧を濃くするあまり驚愕のケバさとなってしまい、通称「ケバ子」と呼ばれています。 そんな彼女を演じるのが石川恋です。 『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』の表紙モデルで一躍ブレイクした石川は、今ではモデルだけでなく女優業にも力を入れています。 「みんな撮影とダイビングに励む日々を送るうちに、気付けば本当にサークルのような雰囲気が出来上がっていき、今となってはぐらんぶる一色に染まった夏を恋しいと感じてしまっています。 なんだかんだ、しっかり青春できたみたいです」と石川がコメントしているような、青春感あふれる出来栄えに期待です。 英はその後、『高校デビュー』 2011年 、『貞子3D』 2012年 など、幅広いエンタメ作品を手掛け、校デビュー』『貞子3D』など幅広いエンタメ作品を手掛け、2015 年の『ヒロイン失格』は興行収入 24 憶円越えを記録。 その年の実写邦画ランキング TOP5に入り、昨今の若者向け映画ブームの火付け役となり、青春コメディ映画の新たな時代を切り開いてきました。 そんな英監督は撮影が終わった今、「「男子ってバカねっ」って映画を作ろうと思ったんですが、「男子ってバカ!ほんとバカ!クズ!」って映画になっちゃいました。 『ダイビングに賭ける青春と恋と友情。 さあ、最高の海の世界へ』という宣伝が展開されると思いますが、違いますから。 詐欺ですから。 ぼくがホントの「全〇監督」かもです。 」と茶目っ気たっぷりに語っています。 本作のエグゼクティブ・プロデューサーは、矢口史靖監督の『ウォーターボーイズ』 2001年 をはじめとする青春コメディを数多く手掛け、2018年には『BLEACH 死神代行篇』で強力プロデューサーを務めた関口大輔。 関口は「昨今似たようなテーマの邦画が多いのは、「お客さんの好きなタイプの映画」に傾向があり、そのベストな期待に制作が行われているからでしょう」とし、そのうえで「そんな時代に作られるこの映画『ぐらんぶる』ですが、判別不能になってしまうと思います。 」とコメントしています。 しかしだからこそ「私はこの圧倒的な既視感のなさに心底惚れ込み、リサーチ全盛の時代の今だからこそ、数字では測り切れないこの作品を映画化したいと思いました。 」と意気込みを語りました。 「この素晴らしい原作を、妥協せず、実写作品にするベストな監督とキャスト」を選ぶことに注力した関口は、監督は英しか思い浮かばなかった、とも語っています。

次の