横浜 ソープ アロー。 横浜ソープランド「横浜アロー|arrow」【女の子詳細】

福原の高級ソープ『アロー』で本田ショコラにNN体験談|評判・口コミ・総額料金まとめ

横浜 ソープ アロー

引き込まれてしまう柔らかな笑顔、見つめ合う瞬間の少し照れた表情と癒される話し方、明るい雰囲気も伝わりとても心地よく感じます。 愛嬌があり聞き上手の彼女。 心配りや気遣いが行き届き、優しい空気感を創り出しながらそっと癒してくれるのも彼女の魅力の一つです。 艶やかな色気と官能的な表情、張りのあるEカップバスト。 ベッドの上では敏感な反応が興奮度は増してしまいます。 彼女特有の優しさにつつまれた空間は恋人感覚で新鮮な楽しい時間となる事お間違いないでしょう。 また柔らかくて形のイイCカップの美乳は 十分すぎるほどの存在感があり 無意識のうちに視線が向いてしまいます。 お肌全身もスベスベモチモチのお肌でたまりません。 女性らしくしなやかな肉感ライン、胸やヒップはキュッと上向き、 バランスの取れたプロポーション、思わず目を奪われてしまう絶妙なヒップラインは、 五感を刺激して、見ているだけでハートが疼いてしまいます。 控えめな性格で時おり見せる大人びた表情と笑った時の少女のような笑顔、 そして上品で礼儀正しい佇まい 貴方の五感が冴え渡り興奮のるつぼと化すこと間違いありません。 心地よくて柔らかい、ゆったりとくつろげるまろやかな空気に包まれて素敵なお時間をお過ごし下さい。 会話していても笑顔が絶えないくらい 元気でかわいくて、さらに美人さん! さりげないあどけなさが 更にキュートさを引き立てています。 もちろんスタイルに関しても申し分なし!! ちゃんと綺麗に女性のラインがくびれていて 抜群のプロポーションです! ムードある佇まいの中に はにかんだ笑顔の綺麗な彼女と お遊びできるなんて羨ましいの極みです! 社長様対しても気持ちよくなってもらいたい!! 性欲とご奉仕精神は素晴らしいものです。。。

次の

横浜ソープブログ:ARROW(アロー)

横浜 ソープ アロー

ここでうがいをしておいた。 綺麗よりも可愛い感じがするので、 20代前半というのも詐称ではないと思う。 見た目よりも若く見える女の子かもしれない。 ボディ まさにダイナマイトボディ ポチャ系でもあるんだけど、おっぱいが大きいので 腰がくびれて見えるのがすごい。 抱き心地がいいので、ずっと抱いていたいなと思った。 トーク トークは普通だけど、こっちの話に耳を傾けてくれる。 こっちが無口だと、おそらく女の子のほうから いろいろ話してくれるんだと思う。 そのあたりの呼吸がすごくいいというか 心配りのできる女の子だと思う。 これって若いのにすごいことだよ。 キス ベロベロチューも何の問題もなくOKだった。 抱きながらチューしても問題ないし、 とにかく、抱き心地が良くてこっちまで気持ちよくなる 感じがすごくいい。 脱衣 時間がないので自分で脱ごうとしたら 手伝ってくれた。 これがまた脱がし慣れてるから、 自分で脱ぐよりも早かったかも。 女の子の乳首が見えたり、 パンティの向こうから毛が透けて見えたりするのが ものすごくセクシーだったよ。 即尺 なし。 これは普通にあるのか、女の子の裁量なのかが知りたい。 まあ、高級店じゃなければないよね。 即即なんかも普通じゃないはずだしね。 プレイ内容 最初の話し合いがないので、マットベッドといくのかな・・ そんな感じでマットプレイから始まった。 まあこういうのも流れなんだろうね。 結果としてマットで時間切れになったので、ベッドはなかった。 というかショートタイムじゃこんなもんだろうね。 シャワー 綺麗に隅々まで洗ってくれるのが嬉しい。 おちんちんの皮も剥いてくれて、そこも綺麗にしてくれた。 ここで、まさかのフェラチオありなのが嬉しい。 カリの部分をしっかりと舌先で舐めてくれるので あまりの気持ちの良さにここで逝きそうになった・・ というか、女の子も逝かせる気がなかったみたいだから、 ここで漏らしてしまったら恥ずかしかったね。 それでもガマン汁が出てたみたいで、それを舐めてくれる 女の子が愛おしかったよ。 マット マットプレイは普通。 というかこれがメインなんだけど、普通にこなしてくれた 印象が強い。 気持ちは良かったんだけどね。 というか一つ一つのサービスのクオリティが高いから、 マットが普通に見えるというアンバランス。 それでもきっちりと挿入してくれて 気持ち良く発射できたよ。 お風呂 混浴:あり 潜望鏡:あり ここでのフェラチオあり。 気持ち良く萎えたおちんちんを舐めてくれて フル勃起できたけど、さすがに発射までは至らず。 2回戦(ベッド) なし お別れ 時間がすぐに経った感じ。 名残惜しくチューしてバイバイした。

次の

源氏の体験談

横浜 ソープ アロー

この設定ができる理由はソープ不人気地である横浜の中でもうまく知名度を活かしたサービスを展開できているためでした。 これはで合格し働いている女性から聞いた話ですが、横浜のソープランドはそもそもあまり盛んではなく、全国的に見るとマイナーな地域です。 平日だと閑古鳥が鳴いているのは当たり前で一人も客が来ない日も普通にあるそうです。 ちなみに、この女性は御琴のソープランドでも働いていたことがあるそうですが、こちらも負けず劣らず閑古鳥が鳴いているそうです。 地方の風俗店は経営がなかなかに厳しいようです。 特に、神奈川県にはソープランドが人気の川崎地区があり、客足はそちらに向かいがちです。 川崎には同じ価格帯で超絶美人が出てくる、などがあり、平日でも多くの客でごった返しています。 客が多いと、働く女性も川崎に行ってしまうので、ますます横浜は過疎ってくると… こういった構図になっているようです。 そんな中でも VIP特別室は安定した人気を誇っています。 昔から続く知名度とレベルの高い女性を揃えた体勢は他店に大きく差をつけています。 土日の客数はかなり良く、私が訪れた際には満席でした。 平日はさすがに客足は減りますが、それでも他店に比べるとは遥かに流行っています。 このように、 横浜のソープランド=VIP特別室、と言って良いほどの地位を確立しています。 VIP特別室のレベル 女性のレベル VIP特別室の ルックスレベルは普通です。 お店のホームページ上では全く顔が確認できませんが、実際にお店で遊ぶと、プレイ後に女性の全身が撮影されたアルバムを見せてもらえます。 アルバムだけ見るとレベルはやや高めでした。 ただ、スタイルについては偽りはあまりなく、接客レベルは高いです。 接客レベルが高い理由は女性の年齢層がやや高い点も関係していると思います。 20代前半のギャル系の女性はほぼおらず、ある程度人生経験のある気遣いができる淑女系の女性が多いです。 サービスに関しては全国区でも戦えるレベルではないかな。 と感じました。 総合的な満足度は良いと思います。 よく例えているやパパ活ではあまり出てこなさそうなタイプが多いですね。 に例えると、感覚的には、、、などに出てきそうな女性が目立ち、やに出てくるような素朴やイケイケ系は少ないです。 店のもてなし度合い VIP特別室の男性店員の 接客対応は良いです。 これが「さすが横浜一のお店」と感じた点でもありますが、電話対応~来店時の応対も含めて、なかなかに優れています。 電話対応は謙った超絶丁寧な対応ではありませんが、落ち着いていて心地良い感じ。 びっくりしたのはお店についた時の対応で、店員さんが起立して所定の位置に立ち、通った声で、 「いらっしゃいませ」 と、迎えてくれ、 チーフと思われる人が案内状況を伝えると、一同が、 「はいっ!」 と声を出し再び手をそろえて起立します。 まるで軍隊のようなキビキビとした動きで、ここまできっちりとしているお店はそうそう無いです。 で連携が取れた動きに感動したことがありますが、それを超える勢いですね。 ダラ~っとやっているお店も多い中、この徹底振りは感動物です。 日本で最も有名なのやでもここまでは出来ていません。 VIP特別室の中出し嬢(2018年10月時点) VIP特別室は 完全ゴム着用店ですので、NSはできません。 2chやしたらば掲示板を見ると一部の女性は自主的に生ハメをやっているのではないか、というコメントもありましたが、それは本当に特異なケースでしょう。 横浜全体として衛生面はかなり厳しいので、期待はせずお店が定めたルール通りに遊ぶ方が懸命です。 なお、吉原には鬼のようにNS店がありますし、川崎のクラブハウスシェルなども出来るので、そちらの方が良いでしょう。 VIP特別室の予約方法・行き方 VIP特別室の予約方法 VIP特別室は会員特典のようなものは無く、だれでも5日前の朝10:40から電話で予約が取れます。 CityheavenのWEB予約などには対応しておらず電話のみです(横浜のソープランドの多くは基本電話のみです。 の多くはWEB対応しているのに、この差は何でしょうか?)。 2日以上前に予約した場合は前日の営業時間内に前日確認の電話、当時は2時間前に確認の電話が必要になります。 VIP特別室への行き方 VIP特別室は関内駅から徒歩10分程度の位置にあります。 地上は自動車の横断が激しく信号で待たされるので、地下道(マリナード地下街)を抜けていくと比較的行きやすいです。 以下はマリナードから出た位置です。 そこから道路沿いに進みます。 まっすぐ進んでいき… 途中はローカルのお店が立ち並んでいます。 以下の道を左に折れます。 そして、モータープール手前で右折 マンションが見えてきますので、そちらを左折 途中で先にエフワンクラブが見えますが、その隣にVIP特別室が建っています。 がっしりとしたコンクリートで出来た立派な建物です。 お店に着いてからの対応 お店の入口を入ると数ステップの程の階段があり、そこを上がり奥のほうにある待合スペースへと案内されます。 待合スペースには5~6席ほどのソファーが置かれており、そちらに腰掛けて支払いを前払いで済ませます。 なお、領収証はもらえるので、必要であればお願いしましょう。 なお、予約せずフリーで着た場合は空きがある女性の中から選ぶことになります。 関内近辺はお店も多いので、フリーで着ても時間が潰しやすいのが便利です。 VIP特別室体験談:スタイル・肌・トーク抜群のGカップ京都女子に抜いてもらい大満足 今回は2日前予約で入ったランキング嬢とのプレイ体験談です。 今回は写メ日記で自撮りの写真(顔は分かりませんでしたが)が載っており、日記の内容も丁寧に書かれている女性を指名して遊びに行ってみました。 スタイルもGカップということで巨乳好きの私としては申し分ありませんでした。 待合室で待っていると、名前を呼ばれそのまま階段の下へと案内されます。 「ごゆっくりお楽しみ下さいませ」 と言われ階段を少し上がると、そこにはOLっぽい制服に身を包んだ女性が正座して待っていました。 女性「ようこそいらっしゃいませ、今日はよろしくお願い致します。 」 現れたのは細くスタイルが良く背はやや高めのセミロングヘアーの女性 ルックスは文学系の女性といった感じで、年齢は30手前くらいだと思われました。 事前の写真では全くルックスが分からず先入観は無かったため、初見だけの印象で言うと、まあ普通だと思います。 ギャル系が好きな人には合わないかなぁと思います。 プレイ後に見せてもらった写真では、目がクリっとしたロリ系の女性の風貌で映っていましたが、それと比較するとちょっとタイプが違うかなぁと思いました。 笑うと目が細くなり全然印象が違います。 本人曰く「笑うと目が無くなる」そうです。 話を聞いてみると京都の出身のようでした。 物腰が柔らかく優しく気配りができ、はんなりとしたトークで返しも上手だったので、高級店でもてなしを受けている感じは物凄くありました。 生粋のハマっ娘と遊んでみたかったき気もしますが、思わぬところで出会った京都女子と意気投合し、そのまま一緒に階段を上がっていきます。 店内は落ち着いた内装ではあるのですが、階段の部分から光が差し込んでおり、ナイトバーなどのような印象を受けました。 アキラ「へ~、何だか洒落てますねぇ」 女性「けっこう内装こだわってるんですよ~」 部屋はさらに綺麗で洒落ており「VIP」の雰囲気が伝わってきました。 女性「今日はお越しいただきありがとうございます、よろしくお願いしまします^^」 と、ベッドに腰かけた私の前に座り改めてご挨拶 そして、ギュっと体を抱き寄せ熱い抱擁をしてくれました。 お店のホームページではウエスト58でしたが、思ったよりも細身に感じました(風俗のウエスト58はサバをかなり読んでいることが多いです)。 恐らく、勤務しだした頃より痩せはったんじゃないでしょうか。 しかし、スレンダーな体に反してバストは豊満で形も良く、服の上越しでもその魅力が伝わってきました。 そのまま、ゆっくりと舌を伸ばし口の中に優しく入れてくれました。 甘い時間に思わず脳がとろけそうになりながら、こちらも相手の舌を求め二人で静かな時間を過ごしました。 そして、長いキスが終わるとゆっくりと服を脱がされ丁寧に畳まれ、タオルに包まれていきます。 最後はタオルを腰にかけられて、下からゆっくりと下着を脱がされ、その状態で再び唇が近づいてきて濃厚なキス… 普通はここで直ぐに即尺が始まるのですが、この女性はイチャイチャな時間を大事にしてくれました。 そうこうされているうちに、下の息子もしっかりと反応しタオルを下から押し上げて見事なテントを作り上げていました。 綺麗な肢体を眺めているとこちらも攻めたくなってきたので攻守を交代 まずは気になって仕方がなかったGカップのバストをゆっくりと弄っていきます。 バスト、というか肌全体がとても木目細やかでアラサーとは思えないほど綺麗でした。 指を肌の上に乗せると、スッーっと滑っていきそうな見事な肌、下手すれば10代の女性とも戦えるほどです。 そして、そんな初心な肌に反して感度はかなり良く、軽く胸をまさぐっただけで、体をビクっと反応させて可愛らしく喘ぎます。 京都の女性とあまりエッチしたことないですけど、こんなに愛らしいものなのだろうか? そして、Gカップの胸をまさぐりながら、下にターゲットを移すと、ソコは既にしっかりと濡れていました。 そして、その濡れ方がすごい、というよりは久しぶりに見た濡れ方でした。 水気があまり多すぎずしっとりとしているのですが、ぬめりが物凄くあり「トロトロ」という言葉が本当に良く似合う。 指を入れると纏わりついてきて、ものすごくエッチ… もうこれは挿れたくて仕方ない!! アキラ「…可愛すぎ、もう我慢できなくなってきました」 女性「はい、じゃあ…」 と、脇からゴムを取り出し装着され、そのままゆっくりとひとつになりました。 …ああ、やばい気持ちよすぎる… これ、生だったら相当にヤバイだろうなぁ… この世界にコンドームというものが存在したことをここまで惜しんだ日はありません。 締まりも良く全身に電気のような快感が走り、体位を色々と変えながら女性の綺麗な肌を貪りまくりました。 騎乗位になるとGカップの旨はブルンブルンと揺れ、バックで後ろから胸を掴みながら置くまで押し込んでいくと、横浜一のスケベな愛液が息子をしっかりと包み飲み込んできます。 アキラ「ああ…、もうイキそう」 女性「はい、イってください~」 お互い荒い息をしながらラストスパートし、最後は正常位でゴムの中にドクドクっと欲望を注ぎだしました。 女性「ふぁぁ…、気持ちよかったですぅ」 アキラ「はい、私も…、おお!?」 気がつくとゴムが外され、イったばかりの息子に優しくお掃除フェラ 続いて、汗ばんだ体を優しくタオルで拭いてくれ、プレイが終わって自分が疲れているはずにも関わらず、気配りがものすごく効いています。 当サイトのコンテンツ• 274• 2 管理人:アキラについて.

次の