白身 魚 フライ アレンジ。 業務スーパーの白身フライの値段やカロリー【お手軽調理法・アレンジ】

白身魚のレシピ50選!ひと手間で《和洋中》本格料理を堪能できる♪

白身 魚 フライ アレンジ

加熱してお召し上がりください。 商品説明 肉厚でジューシーな味わい 通常冷凍品は2回冷凍を行うのですが、この商品は1回のみ。 その為、冷凍障害を防ぎジューシーでさくさくな出来上がりになっています。 【ロシア産のタラを使用】 身が締まり、ほどよい歯ごたえのプリッとした食感が特徴。 また、脂ののりが大変良く、身厚でジューシーです。 ・冷凍によるダメージが少ない。 ・コマ切れ等を使用せず、三枚卸した身のみを使用。 ・高品質のタラを使用。 【大手コンビニ、弁当メーカーの厳しい品質管理条件をクリアした 徹底した品質管理】 ・トレーサビリティの徹底、HAXXP14001、ISO90001取得 ・徹底した冷却環境 【こまめな材料運搬カットで広がる汎用性】 ・そのままバンズにはさんでフィッシュバーガーに。 ・カットしてフィッシュドッグに。 ・ななめにカットして、サンドイッチの具材に。 内容の変更が無い場合は、お取替えのご対応は出来かねます。 ご了承下さい。 8:00までのご注文で 翌日お届け 一部商品・一部地域を除く• オンラインショップ限定 送料1,100円〜 クール料金無料• オンラインショップ限定 11,000円以上の配送で 送料無料 お届け先1件につき• 5,500円 税込 以上のご購入で 代引手数料 無料 スイートキッチンは、製菓製パン・カフェ喫茶店のショップを全力で応援します 7 つの応援宣言• きっとご希望の 商品が見つかる! 豊富な品揃え• 利益に直結! いつでもお買い得価格で ご提供!• もうメニューで悩まない! 「プロ用レシピ」も 多数公開• 総合商社で培った 全国の繁盛店の 情報・ノウハウを ご提供• 11,000円(税込)以上で 送料無料• 最短で翌日 にお届けできます (対象商品のみ)• より良い製品・サービス・ 情報をお届けする事に 努力し続けます Information 配送先:北海道・沖縄以外 常温商品・冷蔵商品合わせてお買い上げ商品合計が11,000円(税込)以上で常温・冷蔵商品については送料無料となります。 冷凍商品についても同様に冷凍商品のお買い上げ金額合計が11,000円(税込)以上で送料無料となります。 配送先:北海道・沖縄 商品代合計金額11,000円(税込)以上でも北海道・沖縄へのお届けは常温発送の場合 2,200円(税込)、冷蔵及び冷凍発送の場合は2,750円(税込)頂戴致します。 北海道 常温・冷蔵・冷凍:3,366円 税込 東北 青森・秋田・岩手・山形・宮城・福島 常温・冷蔵・冷凍:1,980円 税込 関東・甲信越 群馬・栃木・山梨・茨城・千葉・埼玉・神奈川・東京・新潟・長野 常温・冷蔵・冷凍:1,375円 税込 北陸・中部 富士・石川・福井・静岡・愛知・三重・岐阜 常温・冷蔵・冷凍:1,320円 税込 関西・中国・四国 大阪・京都・奈良・滋賀・兵庫・和歌山・島根・鳥取・山口・広島・岡山・愛媛・香川・高知・徳島 常温・冷蔵・冷凍:1,210円 税込 九州 福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島 常温・冷蔵・冷凍:1,100円 税込 沖縄 常温・冷蔵・冷凍:3,366円 税込.

次の

白身魚のレシピ50選!ひと手間で《和洋中》本格料理を堪能できる♪

白身 魚 フライ アレンジ

冷凍白身フライの特徴 白身フライとは、白身魚をフライにした料理またはフライにする直前の食材のことをいいます。 原料となっている主な魚はホキ・メルルーサ・タラなどですが、海苔弁当などのおかずのひとつとして採用されている紡錘形のものは、あえて特定の魚種の名前を冠していないことが多く、こういった白身フライには、骨抜きがされている、大きさのロットが揃っているなどの特徴があります。 アメリカでは古くから、タラなどの白身魚のフィレを長方形に加工したフィッシュフィンガーが流通しており、第二次世界大戦後にはヨーロッパ各国でも同様の製品が流通するようになりました。 また、同様の素材を使用したフィレオフィッシュの具材としての製品も出回っています。 白身フライは冷凍食品としても流通していますが、加工に人件費がかかるため、中国やベトナムなど低コストでできる海外での製造が中心となっています。 そのため、素材も現地のものが使われ、スーパーなどで販売されている惣菜用の白身フライは、海外で製造されたものが日本へ冷凍輸入されるケースが増えています。 冷凍白身フライは、油で揚げたり電子レンジで加熱調理したりしてそのまま食べるほか、フィッシュバーガーや甘酢あんかけ、卵とじ丼などにアレンジして楽しめます。 トマトを飾るだけで、見た目がグンと華やかになります。 寿司飯の白身フライ丼 冷凍の白身フライでささっと調理できる簡単お昼ご飯。 胡麻の量は好みで加減してくださいね。 いろいろアレンジしてみてください。 冷凍白身フライの栄養成分表 出典:日本食品標準成分表2015年版(七訂)に準拠しています。 表の見方や注意事項は、のページを参照してください。 冷凍白身フライ(フライ用)の食品成分 部分をクリックすると開閉します。 5g たんぱく質 11. 6g アミノ酸組成によるたんぱく質 — 脂質 2. 7g トリアシルグリセロール当量 — 飽和脂肪酸 — 一価不飽和脂肪酸 — 多価不飽和脂肪酸 — コレステロール — 炭水化物 19. 3g 利用可能炭水化物(単糖当量) — 水溶性食物繊維 — 不溶性食物繊維 — < 食物繊維総量 > — 灰分 1. 9g ナトリウム 340mg カリウム 240mg カルシウム 47mg マグネシウム — リン 100mg 鉄 0. 10mg ビタミンB2 0. 10mg ナイアシン ビタミンB3 1. 7g たんぱく質 9. 7g アミノ酸組成によるたんぱく質 — 脂質 21. 8g トリアシルグリセロール当量 — 飽和脂肪酸 — 一価不飽和脂肪酸 — 多価不飽和脂肪酸 — コレステロール — 炭水化物 16. 2g 利用可能炭水化物(単糖当量) — 水溶性食物繊維 — 不溶性食物繊維 — < 食物繊維総量 > — 灰分 1. 9g ナトリウム 340mg カリウム 240mg カルシウム 47mg マグネシウム — リン 100mg 鉄 0. 10mg ビタミンB2 0. 10mg ナイアシン ビタミンB3 1.

次の

白身魚のフライのカロリー・糖質は?タルタルソースをヘルシーに!

白身 魚 フライ アレンジ

淡白なうまみを味わう白身魚 皮の色はさまざまですが、身の白い魚の総称「白身魚」。 磯魚や底魚に多く、青魚や赤身の魚に比べて種類も豊富で高級魚もたくさんあります。 一般に味は淡白で脂肪が少なく、消化、吸収がよいとされています。 バラエティ豊かな調理法 身近な白身魚の代表・たらやさわらなどは、身がとてもやわらかいので、さばくのが難しく、通常は切り身で市販されています。 香りや味にくせがないものが多く、調理法もバラエティ豊か。 調味料の使い方によって、和・洋風、中華風、エスニック風の味わいが楽しめます。 和風料理では塩焼きや酒蒸しなど、洋風料理ではローストやムニエル、ブイヤベースなど。 白身魚をうまく使うと料理のレパートリーもぐーんと広がります。 白身魚の調理法例 鯛 刺し身、塩焼き、酒蒸し、ちり鍋、煮つけ、他 たら ちり鍋、揚げ煮、焼きもの、ソテー、他 かれい 刺し身、煮付け、唐揚げ、揚げ煮、他 ひらめ 刺し身、蒸しもの、椀だね、他 舌びらめ ムニエル、ワイン蒸し、フライ、他 すずき 刺し身、塩焼き、蒸しもの、ロースト、他 さわら 西京焼き、照り焼き、塩焼き、ソテー、ムニエル、他 きす 天ぷら、寿司だね、椀だね、他 かさご 煮つけ、ロースト、ブイヤベース、他 ビギナーでも気軽にトライできる白身魚料理 鍋物や塩焼きなどでおなじみのたらは、イタリアンやフレンチでも活躍する白身魚。 例えば「たらのトマトソース煮込み」は家庭でも手軽にでき、パンにもご飯にもよく合います。 切り身のたらに塩・コショウして小麦粉をまぶし、ニンニクとオリーブ油でしっかりとソテーした後、トマトの水煮で5分ほど煮込みます(オリーブやケイパーなどを好みでプラスして)。 イタリアンパセリや季節の葉野菜(小松菜、ほうれん草、菜の花などのソテー)を添えると、赤と緑の色合いがきれいな一品になります。 塩加減がポイント! たんぱくな白身魚は「塩加減」が大事です。 塩をふることで、魚の水気が抜けてうまみが増し、身がしまります。 塩の量や加減は調理法次第です。 バター焼きや揚げものなどは、塩がそのまま味につながるので、少なめを心がけましょう。 鍋ものや汁ものに用いる場合は、汁に塩が出るので、少し多めにふりましょう。 ビールに合うレシピといえば、やっぱり白身魚のフライです。 白身魚のホイル焼きやバターソテーする時に、日本酒やみりんの代わりにビールを使っても、柔らかくふっくら仕上がります。 白身魚をバターでソテーするときに片栗粉をつけてから焼きます。 小麦粉より美味しくいただけます。 白身魚は、その淡白な味を楽しむのが定番ですが、ちょっと油を足して調理すると食べ応えがでます。 マヨネーズで焼き付けて溶けるチーズをのせる、小麦粉でソテーしてホワイトソースをかける、などで子供や男性も満足のメニューになります。 白身魚のお刺身用のサクを、日本酒で少しぬらした昆布ではさんで2-3時間冷蔵庫で寝かしてから削ぎ切りにすると「昆布〆」になります。 日本酒に合います!• 白身の魚はどんな料理にも合いますが、新鮮なほどおいしさが違うのがフライです。 刺身用の新鮮なものをつかいフライにしてみると、びっくりするくらいにおいしいですよ。 英国風フライのフィッシュ&チップスがいいんじゃないですか。 魚はてんぷら風のフライにして、フライドポテトを付け合せて塩、コショウ、酢をかければビールにサイコーです。 まずは、鯛の刺身を用意して、そのまま食べます。 その後は、出汁を鍋で沸騰させ、残りの刺身をしゃぶしゃぶにして食べます。 ポン酢に大根おろしで食べるとあっという間に大量に食べられますので、刺身は多めに用意した方がいいですね。 あぶらののった金目鯛は、必ずさっと湯通ししてから煮つけます。 煮つけの際、甘露飴を1粒入れるといいテリに仕上がります。 たら、鯛、すずき等白身の魚は、皮目を多めの油で焼くか素揚げしてから鍋にすると出汁にコクが出ておいしいです。 白身魚の皮の部分を香ばしく焼き上げ、後はレモンをさらっとまわし、醤油とバターをつければ、これぞ最高のおつまみです。 子供たちもおいしいと言ってくれ、我が家の大人気メニューです。 たらやすずきなど、身が柔らかく水分が多い魚は味噌漬けにします。 身が引き締まり、焼いても蒸しても身が崩れません。 おかずや酒の肴にもってこいです。 味噌は白味噌を使い、好みで酒粕や砂糖を加えてみてはいかがでしょう。 魚は薄いガーゼで包むと身に味噌が付かず、焼いた時の焦げ付きを防げます。 白身魚をグリルで美味しく焼くには、魚にサラダ油を塗っておくといいです。 塩が油の部分につくので、グリルで焼く際、表面に塩がしっかりと残ってくれる効果があるそうです。 白身魚のすりごま焼き…【材料】白身魚(切り身)、ごま(好きなだけ)、塩(適量)、砂糖(適量)、みりん(ほんの少し)、油(大さじ1)【作り方】1. ごまを好きな量とりすりつぶす。 ごまをすりつぶしたら塩、砂糖を適量入れ混ぜる。 (塩味が好きな人は塩多め、ちょっと甘めが好きな人は砂糖多めで自分の好きな味で調節)3. 2が湿る程度にみりんを入れ混ぜる。 3を白身魚に塗る。 フライパンに油をひき、4を入れ蓋をして弱火で蒸し焼く。 焦げ目がついたらひっくり返し中までしっかり火を通して出来上がり。

次の