ハンター ハンター ゲーム。 ハンターハンター幻のグリードアイランド このゲームを遊ぶ前に知ってほしい3つの基本ルール

【ハンターハンター】HUNTER×HUNTERのソーシャルゲームの「HUNTER×HUNTERバトルコレクション」がリリース決定

ハンター ハンター ゲーム

ご注意下さい。 何卒ご協力お願いいたします。 代表者: 仲佐 義規 販売価格: 対象となるデジタルコンテンツ(以下「コンテンツ」)ごとに表示される価格。 代金のお支払い時期及びお支払い方法: 1 お支払い時期:コンテンツ提供の前 2 お支払い方法:モバコインによるお支払いとなります。 提供時期: コンテンツは、お支払い手続完了後、直ちに提供いたします。 返品について: コンテンツの返品及び交換はできないものとします。 利用条件(必読): コンテンツを利用するにあたってのになります。 サービス提供者へお問い合わせ 以下のフォームからサービス提供者へ問い合わせることができます。 このゲームについてのお問い合わせは、必ず下記HUNTERxHUNTER AC運営事務局(サービス提供者)への[お問い合わせはこちら]から行ってください。 お問い合わせの返信は、サービス提供者より行います。 お問い合わせの受付、回答は全てメールとさせていただきます。 お問い合わせへの回答は、登録メールアドレスに返信します。 ドメイン指定をしている場合は、返信ができないため、[mbga. jp]のドメインが受信できるよう設定してください。 ご連絡に対する回答はサービス提供者の責任において行われます。

次の

ハンターハンター幻のグリードアイランド このゲームを遊ぶ前に知ってほしい3つの基本ルール

ハンター ハンター ゲーム

この項目では、モンスターハンターシリーズ全般について説明しています。 各ゲームの詳細については「」、「」、「」、「」をご覧ください。 略称は「 モンハン」、「 MH」。 4人で協力し巨大なモンスターを狩るというゲーム性はアクションゲームの中でも「ハンティングアクション」「狩りゲー」と言われるゲームジャンルを作り、『』『』などのフォロワーを生み出した。 ゲーム内容 [ ] プレイヤーは「」となり、村や街で依頼を受け、特定のモンスターの討伐・捕獲・撃退やアイテムの運搬・採取などの様々な「クエスト」に挑む。 ゲームクリアとなる具体的な最終目的は用意されておらず、クエストの成功報酬や狩猟したモンスターから素材を得て自分の装備を強化していき、より手強いモンスターと戦うことが主な目的となる。 成長要素としての「レベル」などは存在せず、キャラクターの動作そのものは、プレイヤー自身の技術によって向上させるしかない。 また「職業」のような区別も設定されておらず、所持品の中から自由に持ち替えられる武器によって操作方法や攻略方法が大きく変化することで、様々な遊び方を選択できる。 武具の性能に関しては、プレイヤーからの要望やゲームバランスをもとに、シリーズやバージョンごとの修正が行われている。 巨大な生物を狩るという考えに基づいた描写と、オンラインによる共闘などの要素を絡め、登場するモンスターの生態紹介CG映像の収録などで独自の世界を作り上げている。 作品を題材とした小説、フィギュア、ドラマCD、なども展開されている。 詳細はを参照。 また、頻繁な追加クエストの配信を始め、ゲーム雑誌や漫画雑誌とのコラボレーションも恒例で行われている。 主に、雑誌名を冠したイベントクエストが配信され、報酬で得られるゲーム内アイテムにより特別装備を作成できる形式になっている。 元々はを発祥としたゲームシリーズであり、クエストやモンスターを始め、オフラインでは入手不可能なアイテムなどの差違が存在する。 『モンスターハンター ポータブル』シリーズや『3G』では、携帯ゲーム機対応ということもあり、オフラインプレイを前提とした環境やシステムが整備されたほか、のちにネットワーク対応(無料)となっている。 2017年現在では、シリーズ本流の用として発売される『』、携帯ゲーム機用として発売される『クロス』シリーズ、オンライン要素に特化されたと据置型ゲームハードで展開される『フロンティア』、子供向けのRPG作品『ストーリーズ』、アイルーなどのキャラクターを使用したスピンオフタイトルなどゲームハードや内容の方向性が異なる複数の作品が展開されている。 作品中には流血表現などがあるため、シリーズを通してのレーティング区分15歳以上指定で、パッケージにもマークと注意書きが表示されている。 ただし、スピンオフ作品のうち『』シリーズおよび『』は例外で、流血表現がないためCEROレーティングA(全年齢対象)になっている。 第1作のエンディングテーマ曲『英雄の証』(作曲:)は、モンスターハンターシリーズ全体のテーマ曲ともなっており、多くのシリーズ作品において楽曲の全部、あるいは一部がCMやプロモーションムービー、ゲームのオープニング映像などに使用されている。 評価・売上 [ ] 『ポータブル』シリーズ および『3』、『3G』 は日本における売り上げが100万本を超え、特に『ポータブル 3rd』は日本国内のみで約447万本、『ポータブル 2nd G』は世界累計では約487万本を売り上げており、〜の日本ゲーム市場においてトップクラスのゲームタイトルとなっている。 一方で、世界市場では苦戦しており、日本におけるPSP用ソフト初のとなった『ポータブル 2nd』の日本版を除いた売り上げは約58万本、長らく国内PSPの最高売上ソフトであった『ポータブル 2nd G』も約75万本であり 、『2』、『ポータブル 3rd』など、日本国外で未発売となった作品もある。 『ポータブル 2nd』以降は日本での売上・評価を押し出したり、『3』をの発売元であるが全面的なバックアップを行っていたが、日本市場ほどの成果が出ていない状態が続いていた。 とはいえ、時代が進むにつれ海外での売り上げは徐々に上昇しており、『3』では日本国外では90万本を売り上げ、『4 ULTIMATE』(海外版『4G』)は世界市場で初の100万本以上を売り上げている。 評価自体も芳しくない場合が多く、世界各国での大手レビューサイトにおける平均点も中堅以下の作品が多い(たとえばPS2の第1作目(日本における『モンスターハンターG』)は、多くで酷評に近い数値であり 、『ポータブル』シリーズのメタスコアは『ポータブル』は71点で『ポータブル 2nd』は72点である。 ただし『ポータブル 2nd G』以降は改善傾向が見られる )。 2018年に発売された『モンスターハンター:ワールド』は従来の評価を覆し、メタスコア90点と、シリーズの中で最高の評価を得た。 2020年に出荷本数も1570万本(版含む)とシリーズの最高記録を更新した。 2020年3月31日時点での全世界でのシリーズ累計販売本数は6,300万本に達する。 シリーズ [ ] メインシリーズ 詳細は「」を参照 モンスターハンター(、) MHシリーズの第一作目。 無印とも呼ばれている。 訓練所、双剣、G級クエストなどが追加されたほか、今作で初めて亜種モンスターが登場した。 モンスターハンター2(PS2、) フィールドを一新し、モンスター、武器、サブターゲットなどが追加され、スキルポイントの概念も新たに導入された。 古龍が初登場したのは今作からである。 『MH2』から生まれた多くのシステムなどは後に『MHF』や『MHP2』に受け継がれた。 モンスターハンター3(Wii、2009年) スラッシュアックス、水中フィールド、新モンスターなどの新要素が多数追加されたほか、モンスターがモンスターを襲うなどの生態表現の上昇といった大胆な変更も行い、『新たなMHの原点』を目指した意欲作。 前作まで存在した双剣、狩猟笛、ガンランス、弓が廃止された。 、) 『MH3』のアップグレード版。 MH3で一時廃止した武器が復活し、G級クエストなどを追加。 『MHP3』の要素も多く追加された。 モンスターハンター4(3DS、) フィールドを一新し、新モンスターが多数登場。 シリーズ初の高低差を生かしたハンティングができるようになり、従来のモンスターも高低差や地形を利用した新アクションを行う。 操虫棍、チャージアックス、探索クエストが追加。 携帯機のモンハンでは初となるネットワーク通信にも対応。 モンスターハンター4G(3DS、) 『MH4』のアップグレード版。 村上位クエスト、G級クエスト、G級探索、MH2で登場した拠点「ドンドルマ」が追加。 モンスターハンタークロス(3DS、) 新たに『狩猟スタイル』と『狩技』が追加された。 『4』で一部しか登場しなかった『3』『3G』の大型モンスターを含め、過去作品に登場したモンスターも多数復活している。 また、オトモアイルーを操作できる「ニャンターモード」も登場する。 メインモンスター2体と狩猟スタイルや狩技が追加。 (、) グラフィック、ゲームシステムを一新した次世代型のモンハン。 エリアマップはシームレスになり、フィールド内の自然をギミックとして利用できたり、モンスター同士の縄張り争いが発生したりと新要素が多数盛り込まれている。 マルチプレイでは途中参加も可能になった。 (PlayStation 4、) 『MHW』の拡張コンテンツ。 新たなフィールドとモンスター、武器アクションの追加などが行われた。 モンスターハンター ポータブルシリーズ 詳細は「」を参照 モンスターハンター ポータブル(、2005年) 『MHG』をベースに、通信機能、ココット農場、アイルーキッチン、新規武器が追加された。 モンスターハンターポータブル 2nd(PSP、) 『MH2』をベースとした、『MHP』の続編。 モンスター、武器などが追加された。 新フィールド、G級クエスト、オトモアイルーなどが追加された。 、2011年) 『MH3』をベースとした新フィールド、新モンスターのほか、オトモ武具、攻撃力ブーストなどが追加された。 新フィールド、新モンスターなどが追加された。 モンスターハンター メゼポルタ開拓記(Windows・、2014年開始、2017年3月30日サービス終了) 『MHF-G』の姉妹ゲーム。 モンスター迎撃。 スピンオフ作品 詳細は「」を参照 モンスターハンター i (、2006年) モンスターハンター モバイル (携帯電話(・のみ)、2009年) モンスターハンター モバイル 農場(携帯電話(docomoのみ)、2010年) モンハン日記 モバイルアイルー村(携帯電話 (モバゲータウン(現・))、2010年) モンハンぽかぽかザザミたたき! 「モンスターハンター3(トライ)G HD Ver. 「モンスターハンターポータブル 3rd HD Ver. におけるの項目も参照。 モンスター [ ] モンスターには独自の習性や繁殖方法など、生物としての特徴が設定されており、小型肉食竜から中型の草食竜、大きなイノシシ、巨大な昆虫など、呼び名はモンスターであっても、作品世界に生息する多様な"動物"の一種として描写される。 その中で特異な能力を持ち、生態系の上位に立つのがとも呼ばれるで、火を吐く、ガスを噴出するといった特殊能力を持つ。 しかし、それぞれの特徴はやはり生態に基づく物で、あくまでも、生態系の中にあるの一として存在している。 MH2からは、多くの謎に包まれた「」が登場した。 巨大な体躯で砦さえ破壊する者や風のをまとってを弾き返す者、の原理で周囲一帯を爆破する者など、前述の飛竜種すら超越した"天災"と表現されるほどの能力を有している。 これらモンスターを討伐、または捕獲することが多くのクエストの目標であり、この世界のハンターの生業である。 初期は討伐目的の「討伐クエスト」と捕獲目的の「捕獲クエスト」に分類されていたが、MH2以降は討伐と捕獲をまとめて「狩猟クエスト」と呼ぶようになった(ただし、捕獲のみが目的の捕獲クエストは現在も存在している)。 詳細は「」を参照 ハンターの武装 [ ] 店で購入する他、クエスト中に入手した各種材料を利用して生産・強化したり、既存の物を改造してより強力な物を入手できる。 中にはオンラインモードやコラボ限定クエストでしか入手できない貴重な素材を必要とする物もある。 基本的に狩猟したモンスターの外皮や爪、牙、骨や臓器などを利用したものが多く、装備の外観にもそれらが活かされている。 モンスターの素材や鉱石の持つ、発火や放電といった特性を利用することで、炎を発する剣や電気を帯びた槍などの超自然的な能力を持った武器も製作されるが、これらは素材の特性を活かす研究と設計の産物であり、一定の技術を持つ者ならば作成可能な工業製品のように扱われている。 武器については、カテゴリーによって操作方法が全く異なるため、多人数プレイにおいては武器の特性の違いによる役割分担も行われる。 詳細は「」を参照 ハンターの防具 [ ] 武器同様、狩猟場所などで得たや骨などのアイテム、モンスターから剥ぎ取った素材から作られ、各種の武器同様に、元となった素材や設計思想によって防具の外見も変化に富む。 火属性に弱いモンスターの素材からは、火属性に弱い防具ができたり、毒を持つモンスターの素材からは、毒を無効化する防具が作り出されるなど、素材となるアイテムやモンスターの性質を反映した能力や属性への耐久性を持つ物が多くなっている。 特定のモンスターの名を冠する防具を所有することは、そのモンスターを打ち倒したという証明であり、強いモンスターから作られた防具は希少性や性能が高い傾向にある。 防具には、それぞれにポイントと呼ばれる特殊な補助効果を発生させるための累積値が設定されており、装備する防具によってその合計が一定値を超えたスキルのみが発動する。 プレイヤーは自分のプレイスタイルに合ったスキルを、ゲーム進行の補助とすることができる。 また、スキルポイントを追加できるアクセサリーを装着するためのスロットを持つ防具も存在する。 中には、能力が向上するがスタミナの減りが増大するなど、プレイヤーに不利なスキルが同時発生してしまう防具も存在し、一定のリスクを伴う場合もある。 素材の特徴を活かした外見を持つ防具の他にや、、など、中世から現代に実在するような衣服に近い外見を持つ物や、モンスターを模したかぶり物も存在し、武器以上にプレイヤーの外見を変化させる効果が高い。 またキャラクターの性別の違いによって同じ防具でも外見が大幅に違っており、男性装備は重装甲の鎧のようなものが多く、女性装備はのような形状のもの、水着のように太腿や腕の露出度が非常に高い物もある(このような違いは、メルホアシリーズやマギュルシリーズの防具がそれにあたる)。 また、各性別専用の防具も存在する(男:オウビートシリーズ=女:パピメルシリーズなどがそれにあたる)。 身を守るという観点から見れば防御力が高い物ほど強力だが、防御力は高くないが外見が特徴的であったり、スキルポイントやそれを増設するスロット数が多かったり、属性耐性が高く設定された防具も存在する。 『MHP』までは武器のように製作後の強化ができなかったが、『MH2』からは素材と費用を渡せば強化ができるようになった。 『MHP2』では「鎧玉」という特殊な鉱石を使用して防具を強化する。 『MHF』では「S」・「U」・「F」・「L」・「R」・「LX」・「RX」・「SP」・「FX」・「FZ」・「FY」・「HC」の他に「魁」や「覇」などで表示され、「剛種防具」や「秘伝防具」などの特殊な防具が存在、『MHP2G』では「Z」・「X」という系統が現れ、さらに防具種類の幅が広がっている。 「MHW」からは、防具のデザインが統一され、剣士とガンナーでの防具の外見の差異が無くなった。 その他 [ ] 説明書やゲーム内で直接説明されるものの他に、企画出版物であるハンター大全などの書籍での記述や、各アイテム毎に設けられている解説に記述された要素もある。 関連項目も参照。 古代文明 ゲームの舞台は、高度な科学技術を持った古代文明が滅びた後の時代とされている。 古代文明が滅びた具体的な説明は無く、古代文明の存在自体が作中では殆ど語られない。 ただし、『MHF』では2014年のG6アップデート以降、古代人が高度な文明のもとに建造した何百階以上に及ぶ超巨大建造物『天廊』 が登場しており、その調査を舞台とする大規模なゲーム内イベントなど「古代文明」という概念が大きくクローズアップされている。 遺跡などから発掘された物を解析し再現した武器も存在するが、ゲームの舞台となっている時代の方が技術的に劣っているため、機能を再現することが難しい。 鉱脈などから採掘された古代の装備の残骸は、様々な研磨剤を使用して修復、再利用されている。 現代 ハンター(プレイヤー)が活躍する時代。 ハンターは辺境と呼ばれる地域で村や街を拠点に活動し、人々から仕事の依頼を村長やギルドの窓口を介して受けている。 王や王国騎士などが仕事を依頼してくることや、シュレイド地方と呼ばれる地域が東西に分割されており、王都ヴェルド、共和国首都リーヴェルという記述があることから、王政国家と共和制国家の存在も判る。 また、依頼には戦争の妨げになるものの駆除などもあり、戦争・政略の概念も存在している。 辺境と都市部の人的交流は乏しく、都市部に住む人の中にはモンスターの姿を見るどころか、存在を実感することさえなく一生を終える者も多く、ゲームの舞台である辺境よりも、モンスターに対抗する技術や自然環境に対する理解は未発達になっている。 そのため時折出現する大型モンスターへの対処が間に合わず、シュレイド城のようにモンスターに完全に占拠され、根城とされてしまう場合もある。 ハンターズギルド 多くのハンターが集う街などの拠点では、ハンターズギルドと呼ばれる組織がハンターの活動を統括しており、その影響力は辺境の村にも及ぶ。 主な業務は依頼者とハンターを仲介しての依頼の斡旋で、プレイヤーはギルドの受付から各種の依頼を受けてクエストに臨む。 依頼の斡旋以外にも、モンスター取り引き価格の設定や、新人ハンターの命を守るためのランク制の狩猟制限などのルール造り、街を襲う古龍に対する迎撃作戦の実施など、ハンターの活動に関わるほぼすべてを取り仕切るほか、ギルドナイト(ギルドナイツ)と呼ばれる専属ハンターによる、未登録ハンターに対する取締りもギルドが行う。 これらの活動は脅威であると同時に人々に恩恵をもたらす存在であるモンスターの生態系を、著しく破壊しないようにする管理の目的もある。 また役職によって正式装備が定められており、プレイヤーの作成可能な装備品にもギルドナイトシリーズ、ガーディアンシリーズ、ヒーラーシリーズといった、正式品を模した物が存在する。 狩猟地内におけるハンターの安全確認や違法行為防止のため、による監視も行っており 、気球に向かって手を振ると1回だけ大型モンスターの所在位置を教えてくれる。 『MHF』ではアイルーが運転する「気球船」が登場し、形式でハンターに数箇所のクエストを提供する「パローネ・キャラバン」などのギルドも存在する。 古生物書士隊(王立書士隊) 西シュレイド王国において「王国の頭脳」と称される王立学術院の研究員である王国書士官と、情報収集役のハンターによって構成される研究機関。 ハンターズギルドの助力なども受けながら、モンスターの生態や自然環境、人類文化まで、モンスターハンター世界のありとあらゆる分野の情報に対して収集と研究、記録を行っており、ハンターという職業そのものも、辺境における特殊な存在として、アイテムや装備などが研究対象になっている。 中には自身がハンターとなり、狩猟を通じてモンスターの生態を探っている書士官もいる。 「ハンター大全」をはじめとするモンスターハンター関連の企画出版物は、この書士隊の手によって編纂され、モンスターハンターの世界で出版された図鑑や辞典のような書物という設定になっている。 火薬の利用 作中においては、火薬草、ニトロダケと呼ばれる発火作用や熱を含んだ素材を調合することで比較的容易に入手でき、これらをタルに詰めた爆弾は狩りにおいて一般的な道具となっている。 に近い構造を持つも存在するが、と火薬を併用する武器であり、威力の面で特別に秀でているわけではない。 攻撃に火薬の熱と爆発力を付加する機械式の近接武器はMHの時代から幾つか試作されていたが、これらの強化版はMHGの時代にで正式に採用され、その中の一つは『MH2』の時代にガンランスという新しい武器カテゴリに発展している。 ギルドはこれら式武器を積極的に採用しており、プレイヤーも機械式武器の強化を進めると「正式採用」と名のつく高級品を入手できる。 ガンランスは『MH』から在る同名の試作品を発展させた物で、火薬を使った「砲撃」ができる新兵器である。 また、『MH2』では弦の力を使用しない式のボウガンが作られるなど、火薬の利用技術は次第に向上している。 古代文明でも火薬は使われており、のような外見のボウガンが発掘されることがある。 亜人類 プレイヤーの分身であり現実におけるに相当する人類の他に、竜人族と呼ばれる亜人類が存在する。 体格は様々で、若者はほとんどが人類とほぼ同じ背丈・体格だが、老人は人類の腰ほどまでの小柄な体躯をしている。 ただし全てがそうという訳ではなく、(老竜人ほどではないが)年若く小柄な竜人族も存在している。 竜人族は単一の種ではなく複数の種の総称である。 また、1000年に1度、特別大きな竜人族が生まれるとされ、普通の人間の3倍以上の身長を持つドンドルマの大長老がその特別な竜人であると言われている。 またポッケ村にも過去に村長の祖先が使っていたという剣が残されているがハンターの使う大剣と比べても数倍以上の大きさである。 外見上では、尖った耳や顔つき、爪先立ちの脚の構造などが人類と異なる。 また一部の竜人種族では手の指が4本しかないものもいる。 繁殖力は高くないが非常に長命で、人類と関わる竜人の多くが、高度な技術を習得していたり、自然や科学の豊富な知識を蓄えている。 そのため、ギルドや村のような共同体の長や重役を竜人が担っている場合もある。 特に周囲から一目置かれる高齢の竜人は「山菜ジジイ」や「鉄ジジ」のように、その特徴に「ジジイ」や「ジジ」をつけた呼び名で人々から親しまれる。 『MHF』では長年培った知識で人類では扱うことのできない一部の古龍種の素材を加工できる竜人の職人もおり、「伝説の職人」と呼ばれている。 『MH2』のジャンボ村で造船所を取り仕切っている親方は、指がヒレ状になっているなど明らかに人類とも竜人とも違う身体的特徴を持ちながら、公式な設定でも種族が不明とされる別種の亜人類となっている。 また『MH3』『MH3G』のモガの村には海の民と呼ばれる亜人類が生活しており、一見人間とよく似た姿をしているが人間とは別の種であると語られ、爪が鋭く指の間に水掻きがあり、皮膚の色にも濃淡があるなどの特徴がある。 これらの特徴は前述のジャンボ村の親方とも共通しており、親方自身が「泳ぎの得意な種族」であると言っている。 『MH4』のナグリ村には土竜族という竜人族や海の民ととも異なる種族が住んでいる。 身長は人間や歳若い竜人よりは小柄だが年老いた竜人よりは高い程度でがっしりとした体型をしているのが特徴で、男性は牙のように見える立派な髭を蓄えている。 寿命は竜人族ほど長くはないと言われている。 地中での生活を好み、採掘される鉱物から武具や建造物を制作して暮らしている。 また、ゲーム中に雑魚モンスターとしても登場するやなどのは普段は独自の文化・言語の社会で生活しているものの、人類や竜人と同等の知能を持ち言語を覚えれば会話をすることも可能(ただし独特の口癖が付く)で、一部は人類社会に進出・共存している。 という概念は存在しないが、自然には無い方法でアイテムを合成する錬金術があり、調合方法を記した書物も存在する。 メディアミックス [ ] この節のが望まれています。 ゲームドラマ [ ] 公式サイトで掲載されているハンター日誌をベースに、で連載されていたドラマ。 一部の人物は小説板『MH』にも登場する。 登場人物 [ ] モン - 一人前のハンターを目指す、元気で明るい少女。 口調は関西弁。 『MHP2ndG』の村長上位クエストにて、彼女が依頼しているクエストが存在する。 祖父のタツジーは伝説のガンナーと呼ばれていたが、『G』第1話で指摘されるまで全く気づいていなかった。 初期の使用武器はハンターナイフやポイズンタバルジンなどの片手剣。 『ハンター日誌』では、一時的にDDの斬破刀も使用している。 『ハンター日誌G』第4話より、双剣使いのエンタロウにあこがれて双剣オーダーレイピアを使い始め、封龍剣【超絶一門】も扱った。 防具はチェーンシリーズからハンターSシリーズ、フルフルSシリーズと換えており、ではオリジナルのアイルーシリーズを身につけた姿で立体玩具化された。 モンが初めて出会ったハンターであり、師匠と慕われている豪快な中年男。 DDは「ダイナマイト・ダンディー」の略。 斬破刀が『MH2』より太刀に移行したため、大剣から太刀使いのハンターとなった。 ギルドナイトに所属していた過去を持つが、狩りのことしか頭になく、『ハンター日誌2』では装備の支払いを忘れてモンが借金の肩代わりをするハメになる。 普段の防具はレウスアームにレイアグリーヴで頭と胴には防具をつけず、腰はボーンフォールドというスタイルで、「異様な風貌」と表現されている。 後にレウスSシリーズ、クシャナシリーズと装備を換えた。 レウスSとクシャナは、本来モンに買い与えるつもりだったが、試着時に「狩魂が燃えた」と気に入ってしまい、そのまま自分のものにした。 ただし、この二つの防具は男性用に作られた形なので、モンが装備することはできない。 『ハンター日誌』 デイビー 声 - モンと共に行動するハンマー使いのハンター。 こんがり肉を愛し、戦闘中に肉を焼いてしまうほどマイペース。 公式サイトのハンター日誌では序盤からモンと行動を共にしているが、ハンター日誌Gでは最終話に少しだけ登場。 防具はハイメタシリーズを身につけていたが、リオレウス討伐の際にゲリョスシリーズに換えている。 ロッキー 声 - モンと共に行動するランス使いのハンター。 普段は気取っているが、頭に血が上りやすく、興奮すると雄叫びを上げながら突進し続ける癖がある。 デイビーと同じく、公式サイトでは初期から登場し、ハンター日誌Gの最終話でも少しだけ登場した。 防具はランゴシリーズだったが、リオレウス討伐の際にはタロスシリーズとなっている。 ラミア 声 - ボウガン使いのハンター。 沈着冷静で口は悪いが仲間想い。 以前、イャンクックに仲間を殺されたことがあり、その仇討ちとしてモンたちのイャンクック討伐に同行した。 その後、一度はパーティーを離れるが、リオレウス討伐の際に装備を刷新して合流している。 防具はガノスシリーズからガレオスシリーズとなり、武器もライトボウガンからヘビィボウガンとなっている。 『ハンター日誌G』 新しくできた仲間と共に、ハンター生活を楽しみながらもラオシャンロンと戦うことになる。 小説版『MH』とキャラクターでのクロスオーバーがある。 ビクトリア・アルフレッド 声 - 全登場人物の中で唯一、フルネームがわかっている、ランス使いのハンター。 今は没落したが育ちのいいお嬢様で、わがままを言って皆を困らせることもある。 家を壊滅に追い込んだラオシャンロンを憎んでいる。 使用武器はナイトスクイードから正式採用機械槍に、防具はレイアシリーズからリオハートシリーズへと変更している。 アレックス 声 - ビクトリアお付き大剣使いのハンター。 礼儀正しく、わがまま放題のビクトリアのサポートに回っている。 使用武器は大剣クロームレイザー。 防具はスティールシリーズからディアブロシリーズへと変更した。 エンタロウ 声 - ゆうきりん小説版より出演の双剣使いハンター。 常に空腹。 最終回のラオシャンロン決着戦で超絶一門を使用した。 その後モンは『2』最終話で同じものを持つことになる。 使用武器は双剣サイクロンと封龍剣【超絶一門】。 防具は忍・天シリーズ。 リチャード 声 - ディアブロス討伐で知り合ったヘビィボウガン使いのハンター。 かつては実力者集団「黒い翼」のメンバーだったが、仲間を見捨てた彼らの行動に嫌気がさして脱退している。 使用武器はヘビィボウガンのアルバレストとハニーコーマー。 防具はバトルSシリーズ。 ナレーション、タツジー 声 - 『ハンター日誌2 Dos 』 ドンドルマを舞台に、DDがレウスS装備を手に入れる際に作った借金、12万ゼニーの完済を目指して借金取りのランディとギンジの3人で奮闘する話。 ランディ 声 - モンの借金返済のために協力する借金取りでランスとガンランス使いのハンター。 硬派な男でシフォンのラブコールを本気で嫌がっている。 人の名前の後に「 - はん」をつけて呼ぶため、モンのことは「モンハン」と呼んでいる。 使用武器は竜騎槍ゲイボルグとガンランスのブラックキャノン。 防具はコンガシリーズからバトルSシリーズへと変更した。 ギンジ 声 - モンの借金返済のために協力する借金取りでライトボウガン使いのハンター。 ランディを兄貴と慕う。 使用武器はライトボウガンのメイルシュトロームで、防具はコンガシリーズからクロオビシリーズへと変更した。 シフォン 声 - 楽譜を求めて旅する狩猟笛使いのハンター。 ランディが好きでキレると怖い。 使用武器は狩猟笛のウォーコンガ。 防具はヒーラーUシリーズ。 伝説のお笑いハンター 声 - 柳原哲也、平井善之() 使用武器は柳原が双剣のファンキーボンボン、平井がハンマーのロブスタンプ。 防具はアメザリシリーズ。 ハリー 声 - 塔周辺で古龍の研究とトレジャーハンティングに精を出す太刀使いのハンター。 封龍剣を探しているらしい。 使用武器は太刀の龍刀【紅蓮】。 防具はレザーライトSシリーズ。 ナレーション、古龍観測所の老人、伝説の職人 声 - 小説 [ ] ライトノベル [ ] での、、、の一連のノベライズは、を主にモデルに、作者の違う作品でも同一の世界観のもとに書かれて、年代や場所こそ違いがあるものの、新しい作者が過去の別の作者のシリーズの作品からオリジナルキャラクターや地名、出来事を登場させていて共有されている。 から発売された。 著者は。 ファミ通文庫から発売された。 著者は。 ファミ通文庫から発売された。 著者は氷上慧一。 ファミ通文庫から発売された。 著者は氷上慧一。 ファミ通文庫から発売された。 著者は氷上慧一。 ファミ通文庫から発売された。 著者は氷上慧一。 の小説版。 ファミ通文庫から発売された。 著者は。 ファミ通文庫から発売された。 著者は柄本和昭。 ファミ通文庫から発売された。 著者は氷上慧一。 ファミ通文庫から発売された。 著者は with 氷上慧一。 ファミ通文庫から発売された。 著者は。 ファミ通文庫から発売された。 著者は、、、氷上慧一。 ファミ通文庫から発売された。 著者は西野吾郎。 ファミ通文庫編集部の編集企画としてから単行本が発売された。 著者は氷上慧一。 詳細は「」を参照 モンスターハンター フロンティアG 1 紅き猟団、棘茶竜の谷へ から発売された。 著者は嬉野秋彦。 『モンスターハンター フロンティアG』が題材。 児童書 [ ] から発売された。 著者は。 『モンハン日記 ぽかぽかアイルー村』が題材。 モンスターハンタークロス ニャンターライフ 角川つばさ文庫から発売された。 著者は相坂ゆうひ。 『モンスターハンタークロス』が題材のアイルー主体のスピンオフ。 角川つばさ文庫から発売された。 著者は。 『モンスターハンター ストーリーズ』(ゲーム版)が題材。 から発売された。 著者は。 『モンスターハンター ストーリーズ RIDE ON』(テレビアニメ)が題材。 角川つばさ文庫から発売された。 著者は相坂ゆうひ。 『モンスターハンター:ワールド』が題材。 トレーディングカードゲーム [ ] モンスターハンター・トレーディングカードゲーム [ ] 2007年4月6日から発売されている。 カプコンより発売。 スターターデッキ タイトル セット内容 第1弾 スターター 大剣 カード41枚、コイン1個、マップ1枚、カード立て1個、ポイントゲージ1個 スターター ランス スターター ハンマー スターター 片手剣 第2弾 スターター 灼ける螺旋 ライトボウガン スターター 凍てる走羽 弓 ブースターパック タイトル 商品構成 第1弾 タイトルなし 1パック:カード8枚 1ボックス:20パック入り 第2弾 魂を宿す唄 第3弾 生命に捧ぐ唄 モンスターハンター ハンティングカード [ ] 2008年10月25日から発売されている。 カプコンより発売。 ブースターパック タイトル パッケージキャラ 商品構成 備考 第1弾 樹海の影 ナルガクルガ 1パック:カード10枚入り 1ボックス:15パック入り ボックス購入特典のプロモーションカード「ガオレンズトゥーカ」は、ブースターボックスの商品の中に封入。 第2弾 強者の絆 ティガレックス ボックス購入特典のプロモーションカード「フローズンインパクト」は、ブースターボックスの商品の中に封入。 第5弾 海洋の王者 ラギアクルス ボックス購入特典のプロモーションカードは、ブースターボックスの商品の中に封入。 第6弾 凍土の騎士 ベリオロス ボックス購入特典のプロモーションカードは、ブースターボックスの商品の中に封入。 第7弾 獄炎の戈 アグナコトル ボックス購入特典のプロモーションカードは、ブースターボックスの商品の中に封入。 第8弾 暴れ狂う牙 イビルジョー ボックス購入特典のプロモーションカードは、ブースターボックスの商品の中に封入。 2nd コンセプトデッキ テオ・テスカトル テオ・テスカトル スペシャルカードセット タイトル パッケージキャラ セット内容 備考 1st 発売記念スペシャルカードセット ラギアクルス・リオレウス・ヘイルカイザー ホログラム加工カード3枚セット(ラギアクルス・リオレウス・ヘイルカイザー) - モンスターハンター ストーリーズ カードゲーム [ ] 2016年10月8日から発売されている。 より発売。 詳細は「」を参照 漫画 [ ] これらの他に、アンソロジーが複数出版されている。 『』にて連載されていた。 著者は。 『』にて連載されていた。 作画は。 『』の漫画版で、ケータイサイト『モンハン部』にて連載された。 著者は。 モンスターハンターポータブル3rd コロコロ狩猟団 挑めイビルジョー 『』に掲載の読み切り。 著者は。 未単行本化。 モンスターハンター 閃光の狩人 『』を基にした漫画化作品が『』にて連載された。 著者は。 スピンオフアニメを基にした漫画版が『』にて連載された。 著者は。 ファミ通. com内ブログサイト『モンでき。 』で連載されたプレイ日記。 著者は。 カプコン総合情報誌『カプ本』にて連載された。 著者は布施龍太。 モンハン絵日記 モンスターハンター公式ファンクラブ『モンハン部』で連載された。 4コマ漫画。 著者は。 未単行本化。 モンスター4コマShow モンスターハンター公式ファンクラブ『モンハン部』で連載された。 4コマ漫画。 著者は。 未単行本化。 モンスターハンター ハンティングカード Webコミックver. モンスターハンター ハンティングカードの公式サイト上で連載された。 著者は。 未単行本化。 ミニ・モンハン 輝竜司モンスターハンター作品集 『モンスターハンター』のアンソロジーなどに掲載された単一作者のまとめの単行本。 著者は。 モンハン絵日記しっぽハンターズ!! 関直人モンスターハンター作品集 『モンスターハンター』のアンソロジーなどに掲載された単一作者のまとめの単行本。 著者は関直人。 『ファミ通MHX応援チャンネル 狩りぷれっくす』にて連載された。 著者は津々巳あや、、あざらすぃゆずこ、。 絵本 [ ] モンスターハンター絵物語 オトモのハッピーバースデイ カプコンオフィシャルブックスより発売された。 文章は、絵は。 モンスターハンター絵物語 vol. 2 オトモとプーギーの大冒険 カプコンオフィシャルブックスより発売された。 文章は早川美奈穂、絵は。 モンスターハンター絵物語 vol. 3 めざせ! アイルー音楽隊 カプコンオフィシャルブックスより発売された。 文章は早川美奈穂、絵は布施龍太。 モンハン日記 ぎりぎりアイルー村G 2011年7月から2011年9月まで放送されたテレビアニメ。 上記作品の続編。 詳細は「」を参照 アーケードゲーム [ ] モンスターハンター メダルハンティング 2011年秋稼働開始。 メダルプッシャーゲーム。 時折、全員参加型の「緊急集団クエスト」が発生する。 モンスターハンター メダルハンティング コンパクト 2014年春稼働開始。 上記「メダルハンティング」の筐体を小型化し、新要素も取り入れたたメダルプッシャーゲーム。 モンハン日記 すごろくアイルー村 2011年秋稼働開始。 双六を題材としたメダルゲーム。 モンハン日記 プリプリプーギーレース 2013年夏稼働開始。 アイルーがに乗って繰り広げるレースゲーム。 プーギーを模したコントローラーを使用。 モンスターハンター スピリッツ 2015年6月25日稼働開始。。 ジャンルはタッグハンティングアクション。 との共同開発。 パチスロ機 [ ] パチスロ モンスターハンター 2012年3月にから発売されたパチスロ機。 パチスロ モンスターハンター 月下雷鳴 2014年3月にから発売されたパチスロ機。 パチスロ モンスターハンター 狂竜戦線 2016年12月にエンターライズから発売されたパチスロ機。 パチンコ機 [ ] ぱちんこCRモンスターハンター 2014年2月にから発売されたパチンコ機。 ぱちんこCRモンスターハンター4 2016年11月にサミーから発売されたパチンコ機。 なお、サミーはの親会社である。 ラジオ [ ] モンハンラジオ 2009年7月31日から11月6日まで(全8回)、モンスターハンター 公式ポータルサイトで配信されていた。 隔週金曜日配信。 パーソナリティは(カプコン)、アシスタントMCは。 モンハンラジオ 2nd 2010年7月1日から2011年6月16日まで(全20回)、モンスターハンター 公式ポータルサイト、、で配信されていた。 隔週木曜日配信。 パーソナリティは小嶋慎太郎、アシスタントMCは。 モンハンラジオ モンハン部放送局 2011年6月29日から2012年4月5日まで(全20回)、モンスターハンター 公式ポータルサイト、ポッドキャスト、音泉で配信されていた。 隔週木曜日配信。 パーソナリティは小嶋慎太郎、日笠陽子。 モンハンラジオ カプコン放送局 2012年5月17日から10月4日まで(全11回)、モンスターハンター 公式ポータルサイト、ポッドキャスト、音泉で配信されていた。 隔週木曜日配信。 パーソナリティは日笠陽子、。 モンハンラジオ モンハン部放送局 2nd 2012年11月1日から2015年10月8日まで(全74回)、モンスターハンター 公式ポータルサイト、ポッドキャスト、音泉で配信されていた。 隔週木曜日配信。 パーソナリティは日笠陽子、モテヤマ編集長(カプコン)、番組マネージャーに、、、。 モンハンラジオ 良三の部屋 2012年11月15日より、モンスターハンター 公式ポータルサイト、ポッドキャスト、音泉にて配信中。 隔週木曜日配信。 パーソナリティは、アシスタントは。 モンハンラジオ モンスターハンタークロスステーション 2015年10月22日から2016年4月21日まで(全13回)、モンスターハンター 公式ポータルサイト、ポッドキャスト、音泉で配信されていた。 隔週木曜日配信。 パーソナリティは小嶋慎太郎、、。 番組マネージャーに佳村はるか、高宗歩未、三田寺理紗、岡田紗佳。 モンハンラジオ モンハン部放送局 3rd 2016年5月19日から2017年2月2日まで、音泉、ポッドキャストで隔週木曜日に配信された。 全19回。 モンスターハンター 公式ポータルサイトでは2016年5月24日から2017年2月7日まで隔週火曜日に配信された。 パーソナリティは、モテヤマ編集長。 番組マネージャーに佳村はるか、高宗歩未、三田寺理紗、岡田紗佳。 モンハンラジオ モンスターハンターダブルクロスステーション 2017年2月16日から2017年8月17日まで(全14回)、音泉 、ポッドキャストで隔週木曜日に配信された。 モンスターハンター 公式ポータルサイトでは2017年2月21日から8月22日まで隔週火曜日に配信された。 パーソナリティは、小嶋慎太郎。 参加者はとある村から狩猟依頼クエストを受注したハンターとなって、1時間以内にフィールドをくまなく探索しつつ様々な謎を駆使して標的であるリオレウスを仕留め、狩猟場から脱出することがクリア条件。 来場者限定でなおかつ本体とニンテンドー3DSソフト『』を持参した来場者に限り、オトモアイルー「スクニャップ」を、カプコン公式ポータルであるマイカプコン会員で公式ファンクラブであるモンハン部に登録しログイン後の画面を提示した来場者に限りオリジナルステッカーがプレゼントされる。 関連作品 [ ]• - リオレウスが「ボスキャラクター」と「アシストフィギュア」として登場している。 TEPPEN - カプコンの各キャラクターが異世界で戦うという設定のソーシャルゲーム。 主要登場人物(ヒーロー)として 、ネルギガンテ が登場。 その他のゲーム中のカードとして、、など多数。 脚注 [ ] []• 2016年10月28日閲覧。 なお、が2014年12月より配信した『』のゲームコラボCMにも使用された。 を除く。 から日本における販売本数(廉価版含まず)を引いた値。 『ポータブル』『ポータブル 2nd』のメタスコアと『ポータブル 2nd G』はを、『3』は などを参照。 株式会社カプコン. 2020年6月12日閲覧。 カプコン. 2020年6月12日閲覧。 2016年5月26日. 2016年5月31日閲覧。 プロデューサーの田中剛は非公式設定と断った上で「高度に発展した現代人類が巨大隕石によって滅亡した後、遥か未来の地球の氷河期後をイメージして」と語っている [ ]。 『MH2』のオープニングで竜人族が気球内のラボで監視・連絡をしている。 『MHP3』ではアマツマガツチが度々気球や飛行船を堕とすため、エリア内に気球は飛んでいない。 MH3『ハンター大全3』創世インタビュー• 女性は存在するが、姿は未登場のため特徴不明。 後に、リパッケージ版が発売。 4Gamer. net 2011年1月28日. 2011年5月21日閲覧。 CAPCOM. 2014年5月25日閲覧。 2014年5月25日閲覧。 佳村と高宗は第20回から、三田寺は第48回から、岡田は第47回から。 第9回から。 第8回までのアシスタントは。 2015年10月15日閲覧。 ファミ通. com. 2016年5月26日閲覧。 moca. 2017年2月24日閲覧。 TEPPEN -Official Site-. 2019年12月7日閲覧。 TEPPEN -Official Site-. 2019年12月7日閲覧。 TEPPEN -Official Site-. 2019年12月7日閲覧。 関連項目 [ ]• - デザイン、イラストを担当。 外部リンク [ ]•

次の

モンスターハンターシリーズ

ハンター ハンター ゲーム

概要 [ ] 主人公の少年・ がまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンター(詳細は)となり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた。 収集癖のある冨樫が、収集の面白さを題材として「ハンター」を題名に含んだ作品を構想。 せっかくなら様々なハンターを描きたいと構想を広げた。 『』()誌上において(平成10年)14号から連載を開始し、『』に続く2番目の長期連載中作品となっている。 単行本は(JC)より36巻まで発刊。 累計発行部数は33巻の時点で7000万部 を、2019年の時点で7200万部を突破している。 本作は少年漫画の中ではな描写が非常に多く、残酷で容赦のない展開が描かれている。 作者曰く「主人公を殺すつもりで描いている」とのこと。 特に編ではこれまで以上に過激な描写が描かれた。 他にも世界観やキャラクターが詳細に作りこまれており、少年漫画としては設定が非常に複雑で、文字による説明も多い。 特に、最新章たる暗黒大陸編はこれまで以上に内容が難解になっている。 暗黒大陸編とされるが、まだ暗黒大陸に着いておらず、道中の船内で大国の王位を巡る政争が行われているところである。 中には作中になくファンブックにのみ書かれている設定や、作中描写と食い違う箇所も存在する(おもに能力の系統に関する情報などに多くみられる)。 休載 [ ] 休載期間が非常に長く、以降は毎年10回以上休載している。 このため連載が再開されるときはネットニュースに掲載されるなど、話題となることが多い。 また本誌掲載時にに近いラフ画で、背景もほぼ描かれていない状態で掲載されることが頻繁に発生した。 最長の休載は16号から26号までの2年2か月(ただし、クラピカ追憶編の読み切りが12月3日に発売された週刊少年ジャンプ1号と12月10日発売の2号に掲載されている)。 単行本の刊行では33巻は前巻から3年5か月の開きがある。 このため、2014年以降は単行本1冊分(およそ10話)を掲載後、休載するというスタイルをとっている。 2018年は、1月29日発売の9号から4月2日発売の18号まで連載された。 その後休載となり、9月22日発売の43号から再開した。 11月26日発売の52号まで連載された後休載となり、2020年現在まで休載が続いている。 ゴンはこの時、死んだと思われていた父親 ジンが生きており、優秀なハンターとして活躍していることを知る。 それをきっかけにハンターという職業に憧れを抱いたゴンは、ハンター試験の受験を希望。 ジンを快く思っていない里親 ミトの出した条件をクリアし、ハンター試験会場へと向かうべく故郷を旅立った。 001 - No. 037(単行本1巻 - 5巻) ゴンは道中、同じくハンターを志す クラピカ、 レオリオと行動を共にし、試験開始直後に出会った同い年の少年 キルアとも親しくなる。 4人はしだいに信頼関係を築き、協力しながら試験合格を目指す。 最終的にゴン、クラピカ、レオリオの3人は試験に合格するが、キルアは最終試験のルールに自ら違反し不合格となる。 また、ゴンは試験の最中に出会った殺人狂の奇術師・ ヒソカとの因縁を残すこととなった。 ゾルディック家編 [ ]• 038 - No. 043(単行本5巻) 暗殺を家業とする ゾルディック家の一員として、生まれた時から暗殺者として育てられ、今まで一人も友達がいなかったキルアは、ハンター試験中に出会ったゴンと友達になりたいと願うようになっていた。 しかし、キルアを連れ戻そうとするゾルディック家の長男 イルミはその思いと願いを根本から否定し、ハンター試験から降りるよう強要する。 イルミに逆らって戦っても絶対に勝てないことを理解しているキルアはそれに従わざるを得ず、自ら合格を辞退する形で ククルーマウンテンのゾルディック邸へと戻った。 ハンターとなったゴン、クラピカ、レオリオはキルアを連れ戻すためにククルーマウンテンに向かう。 ゾルディック家の敷地に入るための 試しの門(黄泉への扉)から屋敷までの幾つかの難関を辛うじて突破した3人は、遂にキルアと再会する。 天空闘技場編 [ ]• 044 - No. 063(単行本5巻 - 7巻) ヨークシンシティでの再会を約束し、クラピカ、レオリオと別れたゴンとキルアは修行と小遣い稼ぎを兼ねて格闘施設・ 天空闘技場に挑戦。 そこで少年闘士・ ズシと彼の師匠・ ウイングに出会う。 ズシと対戦したキルアは彼の異常なまでの打たれ強さに疑問を持ち、それが兄・ イルミの強さと関係があるのではないかと考え、ゴンと共に闘技場の最上階を目指す。 2人は順調に勝ち上がり200階に到達するが、再びゴンの前に現れた ヒソカにより登録を阻まれる。 ゴンの必死の懇願を受け、またこのまま200階クラスの闘士と戦えば命に関わると判断したウイングはついに2人に対し、これまで秘していた の教えを授ける。 新たな目標となったヒソカとの再戦に備え、闘士達からの「洗礼」を凌ぎながら念の修行に励むゴン達。 一方で、念の習得はハンター試験合格者に対し秘密裏に課された「裏ハンター試験」でもあった。 くじら島への里帰り [ ]• 064 - No. 070(単行本8巻) ゴンはキルアと共に故郷くじら島に戻り、束の間の休息を過ごす。 ゴンの成長を見てハンターとなった彼に一定の理解を示したミトは、ゴンにジンが残していった箱を託した。 そしてゴンとキルアは、ジンを探す手がかりと思われるハンター専用のゲームソフト「 グリードアイランド」(G. I)の存在を知る。 ヨークシン編(幻影旅団編) [ ]• 071 - No. 119(単行本8巻 - 13巻) キルアの兄ミルキからの情報で「G. I」がオークションに出品されることを知ったゴンとキルアは ヨークシンへ向かう。 約束の9月、レオリオと再会した2人は、破格の高額が予想されるG. Iを落札するため、様々な方法で資金稼ぎを試みる。 一方クラピカは一族特有の「緋の眼」目当てに盗賊集団「 幻影旅団」に虐殺されたクルタ族への復讐を遂げ、奪われた眼を回収するため特殊な念能力を身につける。 そして、マフィア「ノストラードファミリー」の用心棒となり、オークションに参加するノストラードの娘ネオンを護衛してヨークシンを訪れる。 彼女は絶対に当たる占い師であり、人体収集家でもあった。 また、幻影旅団の一員に加わっていたヒソカは、自らの目的達成のためクラピカに情報を流す。 時を同じくして幻影旅団の団長・ クロロは全旅団員を召集し、オークションの全商品収奪を計画する。 だが、ネオンの占いにより主催者側は商品の保管場所を変えていた。 旅団はその罠に嵌まり、刺客を返り討ちにするもののクラピカの攻撃で団員の一人を失う。 クロロは仲間への鎮魂と計画実行、そしてネオンの能力を奪うため自ら会場に潜入する。 マフィアを背後で操る「十老頭」は旅団員に高額の懸賞金をかけ、キルアの父シルバと祖父ゼノを旅団抹殺のため雇い入れていた。 二人はクロロと壮絶な死闘を繰り広げる。 クロロは死亡し会場への襲撃を企てた旅団員も全滅した…という誤報に踊らされたマフィアが警戒を解く中、旅団は誰にも気付かれぬ内に商品を手に入れる。 ゴン、キルア、レオリオは懸賞金目当てで旅団員の行方を追うが、ゴンとキルアが捕まってしまう。 旅団にかけられた懸賞金も、旅団員が流星街の出身であることが判明すると取り消されてしまう。 隙をついて逃亡したゴンとキルアは旅団が血眼になってクラピカを探していることをクラピカに伝える。 合流したゴンたち4人はクラピカの仕事仲間・センリツを仲間に加え、旅団のアジトを探る。 一方、クロロはネオンから奪った能力で旅団に迫る不吉な運命を予知していた。 そのことで旅団内部に内輪揉めが起きる。 ヒソカは自分に与えられた予知を能力で偽装し、旅団を街に足止めする。 だが、ゴンとキルアは仇を目の前にして冷静さを欠いたクラピカを庇い再び旅団に捕まる。 残る3人は奇襲をかけ、クロロの捕縛に成功していた。 クラピカは旅団に人質交換を要求する。 グリードアイランド(G. I)編 [ ]• 120 - No. 185(単行本13巻 - 18巻) クラピカ達の尽力によって無事解放されたゴンとキルアだったが、旅団にかけられた懸賞金を入手出来なくなった以上、G. Iの落札は最早不可能だった。 2人は「G. Iを落札した人物にプレーヤーとして雇ってもらう」という方針に切り替え、オークションに出品された全てのG. Iを競り落とした大富豪・ バッテラが開催したプレイヤー選考会に参加する。 無事合格したゴンとキルアはプレイ資格を獲得し、G. I世界へ突入する。 そこはカードを巡り駆け引きやバトルがくり返される過酷な世界だった。 初心者丸出しの二人は魔法カードの罠にかかり、折角入手したカードも巻き上げられるなど散々な目に遭う。 また、2人は知らぬうちにプロハンターの ビスケット(ビスケ)に目をつけられていた。 ビスケは個人的な興味から2人の仲をかき乱そうと企んでいたが、優れた素質を持ちながらそれを生かせていない2人を歯がゆく思い、無理やり2人を弟子にする。 ビスケの過酷な訓練で以前とは比べ物にならない力を身に着けた2人。 キルアは一時ゲームを離れハンター試験を圧倒的な実力でクリアし、晴れてライセンスを取得する。 一方、旅団員たちもまたG. Iに潜入していた。 クロロの占いにより除念師がグリードアイランド内にいると知った彼らは、ゲーム内でクロロに掛けられたクラピカの念を取り除く「除念師」を探していた。 キルアはG. I参加者の中にクロロの名を発見する。 その正体は彼の名を騙って参加したヒソカだった。 ヒソカはクラピカの念により旅団員と接触できないクロロからの依頼で、旅団員と接触する機を伺っていた。 本格的に攻略を進めることになったゴンたちは、G. Iがハンターの念能力訓練を目的として、ジンと仲間のハンターたちが作ったものだと知る。 ゴンは様々な協力者を得ながら、ゲームマスターのレイザー、大量殺人鬼「 爆弾魔」(ボマー)を倒し、ついにG. Iをクリアする。 キメラ=アント編 [ ]• 186 - No. 318(単行本18巻 - 30巻) G. Iをクリアしたゴンとキルアはビスケと別れ、クリア賞品として得たゲーム内の呪文カードを使用してジンに会おうとするも、それを読んでいたジンの策によってジンではなくカイトのもとへ飛ばされてしまう。 カイト、ゴン、キルアは蟻たちを順調に駆逐していく。 だが蟻たちも念能力に目覚め始める。 女王はいずれ生まれる王のため3人の護衛軍を産む。 その一人 ネフェルピトー(ピトー)によってカイトの片腕が奪われ、ゴンとキルアはカイトを見捨てる形での脱出を余儀なくされる。 事態の深刻さに、ハンター協会のネテロ会長自らが、 ノヴ、 モラウを連れ参戦する。 カイトの生存を信じて救出を焦るゴンとキルアは二人の弟子 ナックル、 シュートとの勝負に勝つことが出来たら同行を許されることに。 だが、ナックルの実力は圧倒的だった。 ノヴの弟子 パームとビスケの指導で、ゴンとキルアは再修業を行うも、修行を通じてキルアが「実力上位の相手から逃げる」性質を持っていることをビスケに見抜かれ、「このままではいずれゴンを見殺しにすることになる」と忠告される。 結局二人はナックルたちに勝てず、ゴンはナックルの念能力で念能力を一時的に封印される。 キルアは無防備になったゴンの護衛を終えたら姿を消すことを心に決めていた。 残された蟻たちも、王に従う者、独立する者、女王を慕う者など、バラバラに散る。 女王派の蟻たちは女王延命のため降伏する。 ナックルたちはカイトを保護するが、カイトは無惨なゾンビ人形にされてしまっていた。 ゴンの心に憤りとピトーへの憎しみが芽生える。 キルアは兄に刺されていた念の針を抜き取り、縛りを解き覚醒する。 王は東ゴルトー国民の中から「良質な食糧」を選び出す「選別」の作業を開始。 それまでの退屈しのぎとして様々な分野に秀でた者たちを集めて勝負し、勝てたら殺すというゲームに興じていた。 そんなとき、盤上競技「軍儀」の達人で盲目の少女 コムギと出会う。 王はコムギとの勝負に勝つことが出来ず、彼女との対局にそれまでにない感情を覚える。 パームは偵察のために先行して王宮内に潜入する。 宮殿突入作戦は、「選別の日」にモラウ隊とネテロが二面から奇襲をかけること。 キメラアント討伐隊は宮殿への侵入に成功し、護衛軍及び王との闘いが始まった。 キルアは、蟻に改造洗脳されたパームと交戦、パームは正気を取り戻す。 ゴンはカイトを治すためピトーと会うが、カイトはもうすでに死んでいて治療はできないと知る。 怒りのゴンは、全てを代償に自分に念をかけ、最盛期の極限まで肉体を成長させ、ピトーを葬り去る。 一方ネテロは王と対峙し、戦闘を申し込む。 王はコムギとの対局を経て、無意識のうちに人間として生きるのか蟻として生きるのかで揺れていた。 ネテロは使命感から王との決闘を望み、自分に勝てば王の名前を教えることを条件に決闘を実現させた。 王は、未だ知らぬ自分の名に「自己」を見出そうとしていた。 ネテロの能力を以てしても王にはダメージが通らず、奥の手にも耐えきられ、ネテロは重傷と消耗により力尽きる。 ネテロは最後の手段として、小型「貧者の薔薇(ミニチュアローズ)」で自爆する。 それでも王は即死を免れていた。 死に瀕していたが、シャウアプフとモントゥトゥユピーの働きによって復活をとげる。 プフとユピーは、討伐隊残党と戦おうとするも、薔薇の毒に蝕まれ死亡する。 メルエムも死を悟り、最期の時をコムギと過ごすことを望み戦いをやめた。 メルエムとコムギは軍儀を打ちながら、薔薇の毒によってこの世を去った。 会長選挙・アルカ編 [ ]• 319 - No. 生き残った蟻たちは人類との共存を模索するため散っていく。 だが、戦いの代償は大きくネテロ会長は戦死し、ピトーとの戦いで限界を超えた力を引き出すため自らにかけた「制約」と「誓約」によりゴンは瀕死の状態に陥っていた。 ネテロはあらかじめ、ハンター協会の次期会長を「選挙」で決めるようにとの遺言を残していた。 投票方法の取り決めのため、会長直属ハンター「 十二支ん」のメンバーが集められる。 虎視眈々と次期会長の座を狙う パリストン副会長とそれを阻止しようとする チードルたち。 ネテロの遺言を聞いたジンはあらかじめ選挙の方法について策を練っていた。 会長の椅子を巡る駆け引きが始まり、投票のためハンターたちが一堂に会する。 ヒソカは新たな獲物を物色するため投票会場に現れるが、そこでイルミと再会する。 選挙はなかなか決着がつかず、ハンターたちと十二支んの質疑応答の席で、息子であるゴンの見舞いにも行かないジンに対し、レオリオは激怒して念能力で一撃喰らわせる。 その出来事が、いい加減な態度を取り続けるジンに反感を抱くハンターたちの共感を得てしまい、レオリオ本人の意志をよそに一躍会長候補に祭り上げられる。 一方、ゴンを除念師の力など通常の方法では助けられないと確信したキルアはゾルディック家に里帰りする。 キルアは、幽閉されている妹(弟)の アルカの持つ力だけがゴンを救えると考えた。 他の兄弟と違い、暗殺者として訓練も受けていないただの子供に過ぎないアルカだが、過去に凶悪な「おねがい」の力で67人もの人間を殺していた。 アルカには ナニカと呼ばれる正体不明の存在が憑いており、シルバは我が子でありながら異なる世界から来た「モノ」として扱っていた。 父の許しを得てアルカと再会したキルアはアルカを連れてゾルディック家を出る。 だが、キルアへの倒錯した愛情からアルカを危険視するイルミはヒソカの協力を得てアルカ抹殺を目論む。 ゴトーらゾルディック家のたちがキルアとアルカの監視と警護に就く中、イルミとヒソカによる襲撃が始まり、アルカを連れたキルアは決死行を余儀なくされる。 キルアはアルカを守るため、イルミと対峙することになった。 会長選挙は意外な幕切れとなる。 ゴンの回復をも利用したパリストンが選挙戦を制したがその直後に会長を辞任、チードルが第14代ハンター協会会長となった。 ナニカの力で奇跡の復活を遂げたゴンは「赤毛の少女」として再誕したカイトの元に謝罪に向かう。 その後、ジンと話す約束をしていたゴンは「世界樹」のてっぺんで待つジンと話すため、世界旅行に行くキルア、アルカと別れる。 ようやく念願が叶いジンと会うことが出来たゴンは父からハンターになった経緯や目指すものを聞かされる。 暗黒大陸・王位継承編 [ ]• 340 - (単行本32巻 - ) カキン帝国の ホイコーロ国王が、世界の外側「 暗黒大陸」への進出を突如宣言した。 外の世界への進出は人類最大のタブーとされており、近代5大陸の代表 V5は外世界不可侵を保つための同盟である。 外の世界には危険に相応のリターンが存在するため、V5の本音としては新興のカキン国に先取りされる事をなんとしても防がねばという思惑がある。 ビヨンドは自らハンター達に身柄を拘束されるも揺るがない。 ハンター協会のチードル会長は、V5からの依頼とネテロの遺言に従い、ビヨンドの監視と暗黒大陸攻略を決定、協会の総力を挙げてリスクの克服とリターン獲得に挑む。 レオリオとクラピカは十二支んに加入した。 チードルはハンター試験で暗黒大陸攻略のための人員を補充する。 ビヨンド不在の探検隊は、十二支んを脱退したパリストンが中心となり暗黒大陸攻略計画を進めていた。 己こそがいずれはと考えていた、同じく十二支んを脱退したジンは、ほとんど殴り込み同然で探検隊に加入したが、探検隊のメンバーが自分と同じように夢を追う者達であった事実を理解し、改めて自分を仲間に加えて欲しいと申し出る。 カキンのツェリードニヒ第四王子が「緋の眼」を所有している事を知ったクラピカは、接触のためにワブル王子と契約し渡航船中での警護に就く。 しかしその船旅は、次期王の座をかけた全14王子達によるサバイバルであった。 クラピカは念能力が介在する戦いであることを船内アナウンスで護衛ハンター達に周知させたことで、他勢力から注目を集めることになる。 一方、クラピカの鎖を除念したクロロは天空闘技場でヒソカと対決、仲間から借りた念能力と闘技場の群衆を利用して、ヒソカ抹殺を成し遂げる。 次にクロロはカキンの国宝を狙うと決め、幻影旅団に渡航船へと招集をかける。 しかしヒソカは蘇生の賭けに成功し、次の標的を旅団全員と宣言する。 旅団員は2人がヒソカに殺され、あと10人。 渡航船BWは、8月8日に出航した。 乗員数は20万人である。 クラピカ追憶編 [ ]• 000 (単行本0巻) 本編の前日譚。 親友パイロの不自由な目を治す医者を探すため、外の世界へ行きたいと願うクラピカに、クルタ族の長老から出された条件は3つの試験に合格することだった。 登場人物 [ ] 詳細は「」、「」、「」、および「」を参照 ここでは主要人物のみ紹介する。 本作の主人公。 自身の夢と父親探しのために第287期ハンター試験を受験し、合格してハンターとなる。 強化系能力者。 ゴンの親友。 有名な暗殺一家であるの出身で、ハンター試験でゴンと知り合う。 殺し屋をやめ、翌年の試験に合格してハンターとなる。 この年はキルアが全員を気絶させた為キルア1人のみの合格者となった。 変化系能力者。 変化オーラは電気を帯びる。 ハンター試験でゴン達と知り合った。 感情が高ぶると眼が緋色に変わる「クルタ族」の生き残り。 民族を滅ぼしたへの復讐のためハンターとなる。 具現化系能力者。 右手の5指の具現化鎖に、能力がある。 ハンター試験でゴン達と知り合った青年。 医師を目指し、そのためにプロハンターの優遇資格を欲してハンターとなる。 放出系能力者。 遠隔攻撃ができる。 医療を視野に入れた念技術。 戦闘狂の奇術師。 ハンター試験でゴンの将来性に着目する。 強者と戦うことが生きがい。 気まぐれに人を殺傷する危険人物。 変化系能力者。 騙しに長ける。 用語 [ ] ハンター [ ] 怪物・財宝・賞金首・美食・遺跡・幻獣など、稀少な事物を追求することに生涯をかける人々の総称。 ハンター自体は自称であるが、プロハンターの資格を有さない者はアマチュアとみさなれる。 プロのハンターの資格を得るには、数百万分の一の難関と言われるハンター試験を突破しなければならない。 しかし、この試験に合格してもさらに念能力を試す裏試験があり、これも突破しなければ一人前のハンターとはされない。 ハンター試験に合格したプロハンターは全員がハンター協会の会員となる。 現在の会員数は660名ほど。 一口にハンターと言っても、世界の財宝発掘を専門とする財宝ハンターやブラックリストに載っている犯罪者を捕らえることを専門とする賞金首ハンターといったように専門分野の違いによって様々に分かれている。 ただし、これはハンターになった後本人がどういう仕事を重点的に行うかによる俗称であり、ハンター資格に種類があるわけではない。 この世界においてハンター協会は国境を超えて信頼性を持ち、そこに属するプロハンターはライセンスの持つ特権もあって莫大な富と名声を得られる。 この世界での長者番付上位10名のうち6名がプロハンターであるなど「世界一儲かる」「世界一気高い」仕事であるとされる。 ハンター協会により「ハンター十ヶ条」が定められており、プロハンターの選出方法、プロとなったものの行動指針、ハンター協会の会長や参謀の選出方法など協会の運営方法などが規定されている。 ハンター試験に合格すれば誰でもプロハンターになれる。 そしてハンターはハンターをむやみに狩れないことになっている。 そのため、危険人物が試験を通過してしまうと手を出しづらくなっているという難点を内包している(例:シャルナーク、ヒソカ、イルミ、パリストンなど)。 ハンター試験とライセンス [ ] ハンター試験 年に一度行われる、ハンター協会主催のハンターライセンス授与試験。 12月31日で申込みが締め切られ、1月7日から試験が行われる。 試験の数・期間は内容によって異なり、試験数は平均して5,6程度、期間は1週間で終わることもあれば1ヶ月かかることもある。 試験には毎年数百万人の参加者が集まるが、数万分の1、数十万分の1と言われる倍率を誇り、試験会場に辿り着ける者さえごく一握りである上、試験自体も死傷者が頻発するほど過酷を極めるため、合格者が一人も出なかった年もある。 試験官は毎年変わり、プロハンターが無償で務めている。 第287期試験 一次試験は無限マラソン。 二次試験会場までたどり着くことができれば合格となる。 二次試験は美食ハンターによる課題。 前半はブハラによる豚の丸焼き。 後半はメンチによる寿司。 試験官が「おいしい」といえば合格となる。 後半は想定外のトラブルにより、クモワシのゆで卵に変更された。 三次試験は「トリックタワー」。 刑務所を兼ねたダンジョンを制限時間内にクリアすること。 ルートによって内容が異なる。 捕まっている犯罪者たちが、受験生を足止めした時間に応じて刑期を短くする条件で雇われており(1時間につき1年)、邪魔をしてくる。 四次試験は無人島でのサバイバル。 受験生同士が、ナンバープレートを奪い合う。 ターゲットはくじびきで決まり、シャッフルされてお互いには伏せられる。 自分のナンバープレートは3点、ターゲットの番号は3点、その他の番号は1点。 試験開始から一週間後(168時間後)から1時間の間に6点のプレートを持ってスタート地点に戻ってくれば合格となる。 五次試験は、受験生同士の試合。 勝てば即合格・負けた者が次の試合に進む。 いわば「逆トーナメント」で、最後まで負けた一人だけが不合格となる。 勝利条件は相手の「まいった」の宣言。 反則はないが相手を殺したら即失格で、他の全員が合格して試験が終了する。 第288期試験 一次試験は受験生同士のバトルロイヤル。 2時間の間に他の受験生のプレート5枚を試験官の元に持って行けば合格となる。 二次試験以降も予定されていたが、キルアが他の受験生全員をノックアウトしたことにより、会長判断により、一次試験のみでキルア一人が合格として試験終了となる。 第289期試験 V5からの依頼のハントを成し遂げるべく、暗黒大陸攻略に特化した選抜試験として行われた。 信頼できる人物だけを仲間に加えるために、クラピカが念能力でチェックをかけて、引っかかった者は不合格にしている。 他に「準協会員」という枠を設けてカキンの軍人およそ100人を加えて、BW号船内で連携をとっている。 裏試験 正規のハンター試験に合格した人間に、念能力の習得をさせるための秘密裏で行われている試験。 プロハンターが師匠として指導する。 ハンター十カ条にある「最低限の武芸の会得」とは念を意味する。 ハンターライセンス ハンター試験に合格したものに与えられる、プロハンターの証。 一見地味なカード状をしているが、ありとあらゆる偽造防止加工が施されている。 プロハンターの信用を保証し、所持者には「一生不自由しない」と言われるほどに破格の特典がある。 各種交通機関・公共機関のほとんどを無料で利用できたり、一般人立ち入り禁止区域の8割以上に立ち入りを許されるようになる。 それゆえ悪用目的でライセンス獲得を目指す者もいる。 本人以外にはカードの使用は不可能であり、例えカードを不正な手段で入手してもこれらの権限は一切与えられない。 それでも入手しようとする好事家が多数いるため、売るだけで7代は遊んで暮らせるほどの資産価値があり、借金の担保にすれば億単位の金が無利子の即金で融資される。 その高価値のため、ハンター協会の調べによると、新人プロハンターの5人に1人が何らかの理由で合格1年以内にライセンスカードを紛失しているという。 紛失しても資格が取り消されることはないが、再発行も再受験も認められない。 また仲間内では「ライセンス紛失などプロ失格」とされる。 階級 [ ] アマチュアハンター ライセンスを持たない、自称ハンター。 実力の高低に関わらずライセンス非所持者は全てアマチュアと呼ばれるため、単なる詐称から念能力者まで実力は様々。 ライセンスがなければハンターの仕事ができないわけではないので、必要が無いからと資格を取得しない者もいる。 ライセンス非所持というだけで信用のランクが1つ落ちはするが、高度な任務ほどライセンスの有無だけで判断しなくなるため、結果的に正規ハンターよりも信用を得ているアマチュアも存在する。 ライセンス取得者 「ハンター試験を合格しハンターライセンスを持っている」「念を未習得(裏試験未クリア)」の者。 ライセンスの各種特権を利用できるが、念を体得していないのでハンターとしての実力は半人前以下としか見られず、高度任務は面接ではじかれる。 プロハンター ハンター試験を突破し、かつ裏試験にも合格した人。 ハンターとしての実力は、念を体得して初めて一人前と言われる。 例:ゴン、キルア、クラピカ。 一ツ星(シングル)ハンター プロハンターの中でも、ある1つの分野で大きな成功を残したハンターに贈られる称号。 ハンターライセンスに星マークが1つ刻まれる。 例:メンチ(美食シングル)、ツェズゲラ(マネーシングル)、モラウ(海シングル)。 二ツ星(ダブル)ハンター 「自分が一ツ星を持つ」「弟子が一ツ星ハンターになる」ことが条件。 ハンターライセンスに星マークが2つ刻まれる。 例:ジン、ビスケ、ミザイストム。 三ツ星(トリプル)ハンター 「複数の」分野で大業績を達成していることが条件。 世界に10人といないと言われる。 例:パリストン、ボドバイ、チードル。 関連用語 [ ] 協専ハンター ハンター協会が政府や企業から依頼された仕事を専門に請け負うプロハンター。 協会の斡旋専門を略し「協専」のハンターと呼ばれる。 仕事の成否に関わらずリスクや難易度に応じた報酬が与えられるため、これを本業としているハンターも多い。 ハンター協会員600名のうち200名ほどと推測され、構成は副会長パリストン派閥と重複する。 独立とプロ意識の高いモラウなどからすれば中途半端な連中だという。 さらにモラウはキメラ=アントの討伐に当たって、副会長派がネテロ会長を不利にすべく、あえて討伐任務に最適ではないハンターを送り出し、討伐を失敗させていると推測している。 ビヨンドの暗黒大陸討伐隊には協専ハンターが何人もいる。 これは協専を隠れ蓑にして、暗黒大陸攻略を視野に入れた特殊技能人材を潜ませているのだという。 彼らをジンは高く評価している。 ハンター十二支ん 「」も参照 ネテロ会長がハンターとしての実力を認めた12人。 全員が星持ちハンターで、有事の際の協会運営とネテロの暇つぶし相手が主な役割。 をモチーフにしており、それぞれにコードネームが与えられている。 多くがネテロに心酔しており、モチーフに合わせて改名したりキャラ変するなどの努力をしている(パリストンとジンは例外)。 パリストンはハンター協会副会長を兼任しているが、ネテロの生前に自分の派閥(副会長派)を形成して会長派と対立しており、メンバー全員と敵対関係にある。 念能力 [ ] 作中に登場する特殊能力。 自らの肉体の 精孔(しょうこう)という部分からあふれ出る、 とよばれる生命エネルギーを操る能力のこと。 念を使う者を「 念能力者」と呼ぶ。 念能力によって自身や他者に様々な影響を与える事ができる。 一般人の間では念能力の存在自体が知られていないことも多く、無意識に念を習得した者が、霊能力者・超能力者と呼ばれたり、芸術などの専門分野で業績を上げていることもあるという。 作中では戦闘に使用する能力が代表的だが、必ずしも戦いのための能力に限らない。 ハンターは仕事柄、未知の領域に踏み込むことが多く、念が使えないと(念を扱うほどの実力がないと)一人前のハンターとして認めてもらえないばかりか、命を危険に晒しかねない。 誰でも身につけることができるが、公的には隠された技能であり、習熟度も才能による差が大きい。 ウイング師範代の言によると、ズシの才能は10万人に1人、ゴンとキルアは1000万人に1人だという。 念能力による影響は、本人が解除すれば消える。 消耗やダメージで能力を維持できなくなっても消える。 もちろん能力者本人が死ねば消える。 ただし能力者本人が死んだ場合の解除については、能力者が強い未練や恨みなどの感情を抱いていた場合、能力だけが残って作動し続けるケースがある(作中では『死後強まる念』と呼称されることが多い)。 能力によっては解除条件を設定しておらず、能力者自身にも解除できないとしている能力もあるが、その場合でも本人が意識を失う等の要因により解除される事はあるし、本人が戦意を喪失した結果能力が解除される事もある(ウェルフィンなど)。 他人がかけた念を、能力者が設定した解除条件に従わずに強制的に取り除くことができる者もいるが、きわめて稀少(後述の除念師)。 『死後強まる念』に対しても除念できる能力者に至っては世界に10人もいないとされる。 修得には時間がかかる。 未習得の人間が念使いのオーラ攻撃を受けると念に目覚めることがあるが、それはもし生き残ればということであり、仮に覚醒しても身体を壊され後遺症を負っていることも珍しくない。 まともな指導者ならばやらないが、悪の念能力者が一般人を蹂躙するような例はしばしばある。 邪な念により、より邪悪な念が生まれるという。 キメラアントにも念の素質がある。 それどころか、身体強度が人間とは比較にならないほど高く、修得も速い。 ただし、個性が強すぎることと、技能的に洗練されていないことが欠点。 カキン帝国のベンジャミン王子私設兵隊長も、自分達の念のノウハウはハンターに及ばないと認める。 オーラは数量化され、強者ほど多くのオーラ量を湛える。 1オーラ=臨戦態勢で何もしていない1秒間での消費量。 個人の最大容量をMOP(マックス)、顕在オーラ量をAOP、潜在オーラ量をPOP(ポテンシャル)と呼称し、実際に念を用いる際にはオーラを配分して使用する。 参考までに、ゴンは推定21500=プロハンターの中堅クラス、モラウは約7万、モントゥトゥユピーは推定70万以上。 四大行 [ ] 念の基本となる修行のこと。 纏(テン) オーラが拡散しないように体の周囲にとどめる技術。 纏を行うと体が頑丈になり、常人より若さを保つことができる。 絶(ゼツ) 全身の精孔を閉じ、自分の体から発散されるオーラを絶つ技術。 気配を絶ったり、疲労回復を行うときに用いられる。 練(レン) 体内でオーラを練り精孔を一気に開き、通常以上にオーラを生み出す技術。 なお、ハンター同士ので「修行の成果を見せる」ことを「練を見せる」と呼ぶ(その際求められるのは「練」そのものではなく、「発」を含めた実力の程のこと指す)。 発(ハツ) 自分のオーラを自在に操る技術。 念能力の集大成。 いわゆるといわれるもの。 後述の個別能力とも重複する。 念を教えてはならない相手には、精神論の建前のネン=「 燃」心を燃やす意志の強さとして説明し、念スキルのことは隠す。 テン=「 点」で精神を集中して目標を定め、ゼツ=「 舌」でその目標を口頭または頭の中で言葉にし、レン=「 錬」でその意志を高め、ハツ=「 発」で実際の行動に移すと説明される。 これはこれで念技術を支える心構えとして重要であり、ゴンは念禁止の療養中に「燃」の修行を行うことで、後の念を強化している。 念の応用技 [ ] 応用技は四大行と比べ疲労が激しい。 周(シュウ) 纏の応用技。 自分の体ではなく物にオーラを纏わせる技術。 刃物の切れ味を強化するなど、対象物の持つ能力を強化する。 しばしば硬と併用される。 武器の強化・放出・操作に直結する。 隠(イン) 絶の応用技。 自分のオーラを見えにくくする技術。 基本的に凝を用いれば見破る事ができるが、力量差によっては全力を用いた凝でも部分的にしか見破れない場合、全く見えない場合もある。 凝(ギョウ) 練の応用技。 オーラを体の一部に集め、増幅する技術。 限られたオーラをどう配分するかなので、集中させた箇所は攻防力が上がり、反面オーラが薄くなった箇所の攻防力は下がる。 打撃の威力を増したり、急所に溜めて致命傷を逃れたりと様々な局面で使われる技術だが、通常ただ「凝」という場合は、目に集めてオーラを見ることを意味する。 熟練者は「隠」で隠されたオーラをも見ることができる。 副読本『ハンターズ・ガイド』の解説によると、「凝」は目に集中させ視力を強化することだけを意味し、身体能力向上のために他の部位に集中させることはすべて「硬」と呼ぶ、という記述があるが、作中では例えばゲンスルーが手や足にオーラを集中させることも「凝」と呼んでいること、「硬」はあくまで「絶」をも併用した技術であることを踏まえ、本項では目以外に集中させることも「凝」と分類する。 堅(ケン) 纏・練の応用技。 練で増幅したオーラを維持する技術。 全身に平均的に平常時以上のオーラを纏っている状態のこと。 戦闘時は主に堅を維持したまま闘うことになる。 堅が解けると(解くと)防御力が著しく落ちるため、相手との実力差が大きいと一瞬で敗北という状況にもなりうる。 維持できるオーラ量が基礎的な戦闘力を大きく左右する。 修行して持続時間を10分間伸ばすだけでも1か月かかると言われている。 円(エン) 纏・練の応用技。 体の周囲を覆っているオーラを自分を中心に半径2m以上広げ、1分以上維持する技術。 肌ではなくオーラで触れることによる感知技。 その広さは個々人によって異なり、達人になると50m以上に達する。 通常は本人を中心とした円形にオーラが広がる。 薄く広げているだけなので、真の臨戦態勢時は円を解いて己のもとにオーラを圧縮させる。 得意不得意が顕著な技術であり、念使いの中でも一部の者しか使用した描写がない。 例えば、念の才能そのものは1000万人に1人と呼ばれるほどのキルアはこれが極端に苦手であり、やろうとしても身体から50cm程度までしか広げられない(なので円ができていると言わない)。 逆にネフェルピトーは異常に長けており、アメーバ状に任意の形で円を伸ばす事ができ、2km以上先の標的すら補足可能な範囲を誇る上、円の内部に穴をあけるなどの応用さえ可能。 硬(コウ) 纏・絶・練・発・凝を複合した応用技。 凝と同じく特定の部位をオーラを集中させる事で強化する技術だが、凝との違いは絶を併用する事で集中させる部位以外の「余分なオーラの漏れ」を締める事で、集中量を飛躍的に増大させる事である。 デメリット部分も凝に比べて極端化され、集中部位以外は「絶」状態であるため、いくばくかの攻防力が残る凝と違い、完全なゼロの生身になる。 熟練者は更なる応用技として「周」とも併用し、刀の切っ先に全オーラを集中させる等の芸当も可能。 ゴンの強化系の発・ジャジャン拳の基礎。 ゴンはウィングの「(教えたことの)全てを同時に見せなさい」というアドバイスを元に自らこの応用技にたどり着いたため、特に思い入れが強い様子。 流(リュウ) 応用技である凝を、さらに応用する高等技術。 凝の「オーラを移動させて集中する」行為を素早く行う、集中する量を意識的にコントロールする技術。 凝そのものはある程度オーラのコントロールに慣れれば大半の者ができる技術だが、未熟な使い手だと「体術でフェイントをかけても本命の方にオーラが集中しているのでフェイントの意味を成さない」「素早い打撃の応酬にオーラの集中が間に合わずオーラが集中できる前に攻撃を当ててしまう、相手の攻撃を食らうまでにオーラの集中が間に合わない」などと言った弱点が存在する。 オーラの移動を素早くする事で、フェイントをかける時点では実際にオーラの集中は行わず本命の打撃が当たる直前に瞬間的にオーラを集中させる、相手の打撃を察知してから当たるまでにとっさにオーラを集中させるといった芸当を可能にする。 また、毎回何も考えずに全力でオーラを集中していると、「硬」ほどではないにせよ非集中部位の攻防力が下がりすぎてしまう。 そうする必要がある場面はともかく、少し集中させる程度の攻防力で事足りる場面でそうする事はデメリットしかないため、状況をよく見極めて必要な分だけ集中させる技術も必要になってくる。 また、複数個所に別々に振り分けて同時に凝を行う事も含まれる。 これらの、凝を「素早く行う」「オーラを必要最低限の量に抑える」「複数個所で同時に行う」などの技術を総称して「流」と呼ぶ。 ハイレベルな念使いは流によるオーラの攻防力移動に長ける。 系統 [ ] 六性図。 近い系統は習得しやすく、遠い系統は習得しにくい。 念能力は、オーラの使われ方によって6つの系統に分類される。 この適性は生まれつき決まっており変えることができず、その系統の能力を最も高いレベルまで身に着けることができる。 これらは6角形の図で表されるような相関関係を持っており、それぞれ相性の良い系統・悪い系統が存在する。 自身が属する系統と相性の良い系統は(天性の系統には及ばないまでも)高いレベルで身に着けることが可能であり扱う際の威力・精度共に高いが、そうでない系統は本来の系統から遠い能力ほど不得手になる。 特質系だけは、特質系能力者でなければ全く使うことができない。 念能力の中には複数の系統の能力を必要とする能力が存在するが、相性の悪い系統を組み合わせた能力は習得が困難であり、高いレベルまで完成させられないなどのデメリットが存在する。 そのため能力を身に着けるならば自身の系統にマッチしたものが良いとされる。 ただし実際にどんな能力を身に着けるかは本人の性格や嗜好に強く左右されるため、例えば「天性の系統は放出系なのに、物を具現化する事に強い興味を持っていたため最も相性の悪い具現化系メインの能力が出来上がってしまう」と言ったケースもある。 心源流では、グラスに水を入れてその上に葉っぱを浮かべ、両手をグラスの脇にかざし「発(練)」を行いグラス内で起きた変化によって念能力者自身の系統を判断する「 水見式」(みずみしき)と呼ばれる方法が伝わっている。 これはあくまでヒソカの独断と偏見によるもの。 系統は生まれつき決まっているものなので、因果が逆である。 強化系 モノの持つ働きや力を高める能力。 主に自分の身体や武器を強化する能力者が多い。 自分自身を強化すると、攻撃力だけでなく防御力や治癒能力も高まるため、戦闘面では最も安定して強い系統とも言われている。 水見式ではグラス内の水の量が変化する。 ゴン、ウイング、パーム、ラモットなどは水の量が増え、実力が上がると増量度が増す。 放出系 通常は自分の体から離れた時点で消えてしまうオーラを、体から離した状態で維持する技術に長ける。 念弾を発射して攻撃する、瞬間移動、他人に念をかける、オーラで兵隊を作る(複合技)などの使い方がある。 オーラは放出しただけ自分の体から減少するが、能力によっては放出したオーラを回収して自分の体に戻すことも可能である。 水見式ではグラス内の水の色が変化する。 変化系 自分のオーラの性質や形状を変える能力。 オーラゆえの流動性を活かした能力も多い。 オーラを別の何かに変えるには、それに対する強いイメージが不可欠である。 攻撃用の変化オーラは、自分用の防御策を別に必要とする。 例えばオーラに爆発性を与えるゲンスルーは、自身の手の中で爆発を起こす「一握りの火薬」を使用する際は、爆発の威力よりも多い量の「凝」によって自身を防御している。 オーラを電気に変えるキルアは特に防御策は用意していないが、生まれたころから日常的に電撃の拷問訓練を行っていたという体質によるキルアだけの特例。 水見式ではグラス内の水の味が変化する。 キルアは水が甘くなり、実力が上がるとより甘度が上がる。 操作系 物質や生物を操る能力。 オーラ自体に動きを与えたり、他の何かにオーラを流し込みその動きを操る能力もある。 道具などを操作する能力である場合、道具に対する愛着や使い込みが能力の精度に影響することが多く、愛用品を失うと能力が発揮できなくなるリスクがある。 放出系と相性が良いため遠隔操作に向く。 具現化系と相性が悪いため、応用技はメインサブの系統キャパ配分が難。 操作の特徴によっていくつかのタイプに分類される。 念獣などを操作する場合は、自動操作(オート)と遠隔操作(リモート)に大別される。 他人を操作する場合は、強制型、半強制型、要請型、誘導型などがある。 記憶干渉も操作の一環。 既に操作済だと、別人が操作念を上書きすることはできない。 能力次第では敵を無力化・戦力吸収するため脅威度が大きい。 水見式では水面に浮かぶ葉っぱが動く。 具現化系 オーラを物質化する能力。 変化形と隣り合う。 オーラを「物質化するほどに凝縮する」ために相当に強いイメージが必要である。 具現化物は非念使いにも視認や接触ができ、念使いにも通常の物質との外見での判別はできない。 自身のオーラで作り出す物質であるため、能力者がオーラを出さない限りこの世に存在せず、非戦闘時は手ぶらを装うことができる、出し入れ自由のため持ち運びを難としないことは利点となる。 応用例として、特殊装備・変身・念獣・空間具現化などがある。 具現化系能力者は、具現化アイテムに特殊な能力を付加する者が多い(隠で見えなくすることもできる)。 だがこれは具現化に加えて、サブ能力に別系統が必要というわけで、必然的にバランスが悪くなり、戦闘には向かない。 単純に高レベルな具現化・物体化がよいというわけではなく、実用を超えすぎた過剰性能はメモリの無駄遣いと酷評され得る。 「なんでも」は具現化できない・本当に具現化まで必要か・具現化できても弱いなど、課題は多い。 型にハマりさえすれば強く、ハマらなかったりネタバレすると脆い。 非具現化系能力者のサブ具現化は便利だが、逆に一番の才能が具現化だと活かし方が難しい。 水見式ではグラス内の水の中に、不純物が生成される。 特質系 他の5系統に分類できない特殊な能力。 特質系の者以外は、どんなに修行しても習得できず、他人には真似できない稀少能力。 血統や特殊な生い立ちによって発現する。 他の系統に属する者でも後天的に特質系に目覚める可能性がある。 その性質上、相関の分類自体が意味を成さないケースが殆どだが、操作系と具現化系の能力者が後天的に特質系に目覚める可能性が高いとされているため、六性図では操作系と具現化系の間に位置される。 水見式では上記以外の変化が起きる。 は葉が枯れる・は水が異臭を放って泡立つと同時に葉が溶ける・は水の色が変わり、それと同時に葉が回る。 制約と誓約 [ ] 念能力を使用する際にあらかじめ制約(ルール)を決め、遵守するその制約が厳しいほど、使う技は爆発的な威力を発揮する。 厳しい制約はイコール破ったときのリスクの厳しさであり、誓約を破ればその反動で能力やその者の命すら失う危険性がある。 また、能力が強力であれば反動を抜きにしても消耗の激しさに使用者が気絶するなどデメリットが有り安定とは正反対のものとなる。 顕著な例として、の「絶対時間(エンペラータイム)」という能力がある。 また、厳しい制約に加え、自身にリスクが伴う事を覚悟し実行する事が念能力の向上に繋がることがあり、の「俺の両手は機関銃(ダブルマシンガン)」のように、指先からオーラの塊(念弾)を連射する能力を、自分の指の先端を切断するという覚悟を持ち実行したことで、さらに飛躍的に威力を上昇させた(イメージ強化の意味合いもある)。 ゴンは「(念能力を含む)全てを失ってもいい」と覚悟し、自身の命を圧縮することにより、のちに来るであろう全盛期の肉体まで成長させ、念能力を爆発的に上昇させたなどの例もある。 ハイリスクハイリターンであり、強力な能力ほど発動条件や踏まなければならない手順が複雑になる傾向がある(逆説的に手順が複雑な程強力な能力になる)。 ルールを破ったときのリスクが少ない場合、その分条件が格段に厳しい場合が多い。 キメラ=アント編では、使い勝手を悪くすることで能力を強化するという制約が多く登場。 ナックルの「天上不知唯我独損(ハコワレ)」は「相手に敢えてオーラを与える(この際ダメージは与えられない)」「与えた(貸し付けた)オーラが利息を含め、相手の残オーラ量を超える」という条件で、30日間強制的に相手を絶の状態にするという能力を実現している。 王位継承編からは、条件を付けることで、使用者本人だけに見えるようにした発・個別能力が登場。 個別能力 [ ] 能力使用者の個性が色濃く反映される特殊能力。 正しい手順で修行すれば能力を自分で決めることができる。 または新たな能力に目覚めることがある。 例えば「物を具現化する」という意識が強いとその能力が目覚める。 これは自分の系統と異なる場合でも目覚めることがあり、自分の系統と一致すればより強い能力となる。 これは気持ちで能力の強弱が決まるため、好戦的である方が強い(=戦闘向きな)能力に目覚めることが多い。 取得後も念の強弱は才能という点が上達の速さや個人の限界に大きく関係する。 個別能力が決まってしまうと、取り消しがきかない。 変な能力や制約は使いづらくし、他者からの念攻撃で修得したときは身体を欠損していたり能力が勝手に決まってしまったりする。 念獣 オーラで作られた生物。 系統、姿、能力などは様々。 相互協力型(ジョイント) 仲間の念使いとの連携を前提とした能力。 一例として、オリジナル能力者の具現化物に、仲間がオーラを貸して稼働させるというパターンがある。 このパターンの能力の場合、相性の悪い複数の系統を必要とする能力であっても、異なる系統を修めた念能力者が協力する事でハイレベルな能力を実現する事が可能。 寄生型 他者にとりついて、オーラを吸って動く。 宿主の思念の影響を大きく受け、予測不可能度が高く厄介だという。 具現化系に多く、カキン国王族の守護霊獣は、古代王の念が血縁者に寄生させたもの。 除念と除念師 [ ] 原則、念能力はかけた本人、もしくは解除条件を満たすことでしか解除することは出来ないが、「除念」と呼ばれる能力によりそれを強制的に解除することが可能である。 ただし他者の念を代わりに「背負う」事になるため、除念の際は対価となるリスクが伴う(念獣に付き纏われる、体の一部が肥大化する等)。 除念が可能なものは「除念師」と呼ばれ、念能力者の中でも極めて稀。 なお、術者が何らかの執着を抱いていた場合、その念は死後極めて強力になる場合があり、これを除念出来る除念師は世界全体でも10人に満たないとされる。 ハンター協会には、除念師であることを明かしている者は1人しかいない。 怨 [ ] 『』に登場したアニメオリジナル能力。 多くの念系統を十二分に発揮できるが、念以上の制約や誓約が必要とされる。 その他用語 [ ] 電脳ページ 作中独自の電子情報網()。 利用にはハンターライセンスが使える。 どのパソコンからでもアクセスできるが、「ハンターライセンスを使ったアクセスがどこで行われたか」を調べる事は第三者にも可能であるため、ハンターは公共パソコン等でしかアクセスしないのが基本。 辞書よりも詳しい程度の情報を知りたいならば有用だが、デマや表層的な情報も多い。 「ハンター専用サイト」が存在し、高額の金銭と引き換えに貴重な情報を得ることができる。 トップハンターなら、特定情報の差し止めも可能(真のトップハンターのみ。 莫大な資金と一国の大統領クラスの権力が必要とされる)。 ホームコード 専用の固定電話。 世界中を飛び回るハンターの情報ベースとなる設備で、基本的に離れたところから携帯電話で聞く。 暗号機能もあるが、盗聴のおそれもありうるので、真に重要な情報は直接やり取りする。 電脳ページとホームコード、携帯電話はハンター「電波系三種の神器」と呼ばれる。 軍儀 東ゴルトー発祥の盤上競技。 相手の王を詰む競技で、駒を3枚まで重ねることができ、開始時の駒配置を自陣地内で自由にできる。 約15年前から世界大会が行われており、東ゴルトー代表が全体会で優勝している。 現世界王者はコムギで大会5連覇中。 東ゴルトーではプロ化されているもののプロ棋士の収入は僅かな額でしかない。 ただし世界大会で優勝した棋士には多額の報奨金が与えられる。 貧者の薔薇(ミニチュアローズ) 強力な小型爆弾。 歩兵個人が携帯できるほど小型ながら、大量破壊兵器。 低予算で驚くほどの殺傷力を持ち、技術の確立によって短期間での大量生産が可能になったことで、独裁小国家に好まれている。 小国でも製造できることと、が1輪の薔薇の姿を成していることによる「ミニチュア・ローズ」という名称。 高熱と爆風により周囲を破壊し、薔薇の「毒」を撒き散らして生物を殺す。 毒の量・死に至る時間が絶妙に計算されていることにより、被毒者自体が発生源となり、また他の者へと毒が連鎖されていく。 それにより大量の死者を生む。 250を超える国や地域で使われ512万人の命を奪っている。 テロリストが敵対国首都中心部で使ったことがあり、新しく作ることは禁止されている。 だが、既に数十万個作られており、保有国は廃棄にも使用禁止にも難色を示している。 世界設定 [ ] 民間航空機が気球や飛行船、海上交通手段が帆船であるなど、一部のオートマライゼーションはやや遅れているが、都市機能や各種自家用車、国民の情報管理が徹底しているなど、電子機器やネットワークなどは高度に発展している世界である。 核ミサイル、戦車、戦闘機、対戦車無反動砲 なども存在し、やなど掲載時期の最新機器も積極的に取り入れられている。 人間以外の知的生命体も存在しており、それらは 魔獣と呼ばれ、人間との言葉も解している。 キメラ=アントたちの生き残りが政府により新種の魔獣として公表された後、大きな混乱が起きなかったように、人間以外の知的生命体の存在もこの世界では知られている上、一部の魔獣は人間と共に生活をしている。 作中ではをモデルとしたジャポンという国家が存在しており、その国出身の(もしくはルーツを持つと思われる)キャラクターも何人か登場している。 作中ではジャポンの文化は世界にあまり浸透していないらしく、ハンター試験で課題として出されたをまともに知っていたのはジャポン出身のハンゾーだけであった(クラピカは大まかな知識はあったが寿司の具体的な外観は認識しておらず、作ったのは寿司とは言い難いものであった)。 この世界で人間が暮らしているのは、ほんの一部のエリアであり、人間が暮らしているエリアの外側に暗黒大陸と呼ばれる広大なエリアが存在している。 時系列は不明点が多い。 年に1回のハンター試験が3回実施されているので、暦で3年ということがわかる。 初年の9月がヨークシン編、2年目がキメラアント出現、最新年の8月8日にBH出航である。 また数字で明確に「グリードアイランドがオークションに出るのが作中暦の2000年1月1日」とされており、初年は1999年(出品が早まった)または2000年である。 ハンター試験編 [ ] くじら島 ゴンの出身地。 名前の通りくじらの形をしている島。 ザバン市 第287期ハンター試験会場となった港町。 最寄港にドーレ港がある。 一本杉には凶狸狐が棲む。 地下道 ザバン市の地下道で、第287期ハンター試験第1次試験会場。 最後の最後で長い階段があり、ここでは脱落者が続出した。 出るとヌメーレ湿原がある。 アニメ第1作オリジナルとして分岐点が存在し、左側はサトツが向かう(受験者がついていく)方向であるため正しいが、右側は甘い匂いで幻覚を見せて精神崩壊を起こさせる樹液が壁一面に張られている危険な道である。 ヌメーレ湿原 第287期ハンター試験第1次試験会場。 通称「詐欺師の塒(ねぐら)」。 人面猿やキリヒトノセガメ、マチボッケ、ホラガラス、ジライタケ、サイミンチョウなどの珍獣が多く生息する湿原。 とても霧が濃く、試験官から目を離したらほぼ確実に迷う上、気をつけないと珍獣の餌食となる。 劇中ではそれに紛れ、ヒソカまでもが「試験官ごっこ」と称して受験者を葬っていた。 ビスカ森林公園 第287期ハンター試験第2次試験前半会場。 世界一凶暴な豚・グレイトスタンプが生息する森林公園。 ジャポン ハンゾー、バショウの出身国である小さな島国。 「和」を重んじる。 諸文化は数少ない文献でしか紹介されていない。 スシはこの国の伝統料理。 マフタツ山 第287期ハンター試験第2次試験後半会場。 ビスカ森林公園にある山で、名前の通り真ん中で真っ二つに割れており間を河が流れている。 渓谷にクモワシが生息する。 トリックタワー 第287期ハンター試験第3次試験会場。 様々なトラップが仕掛けられている塔。 人面鳥が付近を飛行しているため外壁を降りるのは危険。 ゼビル島 第287期ハンター試験第4次試験会場。 軍艦島 アニメオリジナルでフジテレビ版のみに登場する。 第287期ハンター試験第3次試験エクストラ会場。 キメラ=アント編 [ ] NGL自治国 ミテネ連邦(西から順に、NGL自治国、ロカリオ共和国、ハス共和国、西ゴルトー共和国)を構成する4国の一つ。 連邦4国中で唯一の自治国。 機械文明を捨て自然回帰の生活とを目的としており、機械文明の産物の持込は法律で禁じられている。 銀歯や整形用シリコンなどが体内にある者は摘出しない限り入国できない。 違反者には厳罰がある。 このように厳しい自然回帰を目的とする国であるが、裏ではNGLの創設者にして影の国王ジャイロを中心に麻薬製造などの組織犯罪を行っており、その施設には機械もあれば銃器なども存在する。 このことを知るのはジャイロ以外には一部の幹部のみであり、ほとんどの国民はその事実を知らない。 影王ジャイロと蟻王メルエムの死亡に伴い廃国となり、自然保護区としてハンター協会=パリストンの管理下となる。 東ゴルトー共和国 ミテネ連邦のある島で、唯一ミテネ連邦に加盟していない国家。 ミテネ連邦最東の西ゴルトー共和国の東に位置する国。 共和制とは名ばかりで、マサドルデイーゴ総帥による独裁国家。 一部の高級官僚以外は非常に低い生活水準を強いられているが、独特の密告システムにより脱走者はほとんど居ない。 人口は500万人ほどで、食料およびキメラアントに改造するためにほぼ全員が宮殿に集められた。 既に5000人ほどは蟻へと改造され、生き残れずに犠牲になった被害者が大量に出ている。 兵力はほぼ無国籍でまちまち。 旧ドイツ陸軍のや、現代アメリカ陸軍の装甲車「」などが無造作に登場している。 蟻討伐の陰では、国際社会による政治力学が動いていた。 本気なら手段を選ばず、国民500万人を巻き添えにしようが宮殿空爆で蟻王を殺すところを、レベルを下げて、念使い数名+ミニチュアローズでの討伐作戦となっていた。 危険度Bへの対処法がこれ。 ディーゴ総帥、ビゼフ長官、蟻王メルエムの全てが消えたことで廃国となり、ミテネ連邦の他国へと分割された。 宮殿 キメラ=アント編の主な舞台であり、決戦の場。 右塔・左塔・中央塔・中庭で構成されており、右塔・左塔は2階建て、中央塔は3階建てである。 地下5km北部にはA・B・C・D・Eの5つの格納庫がトンボ状に存在し、エレベーターで上昇する際には暗証番号を必要とする(一度の入力間違いだけでも扉がロックされる)。 ビゼフとマルコス以外は昇降時には重量も厳しくチェックされ、重量が著しく異なる場合は総帥に報告がいく。 ビゼフはDの倉庫を自由に使う権利を与えられている。 王はデイーゴの殺害後、この宮殿を 肉樹園と名づけ国民の食糧化、および「選別」の拠点とした。 そのため、討伐隊は選別が行われる当日に一斉に宮殿進入を決行し、護衛隊との戦いを開始する。 その他 [ ] パドキア共和国 キルアの出身国。 ククルーマウンテン ドキア共和国デントラ地区にある山。 標高3722m。 周辺の樹海も含めて全てゾルディック家の私有地となっており、樹海の周囲は巨大な塀によって囲まれている。 天空闘技場 格闘のメッカとも呼ばれる251階、高さ991mからなる塔。 世界第4位を誇る建物。 小遣い稼ぎに多くのハンターが利用する。 フロアが上がるごとにファイトマネーも上がる。 多くの選手はフロアマスターを目指している。 フロアマスターになればバトルオリンピアへの出場権が得られ、バトルオリンピアで優勝すれば塔の最上階を自宅とすることができる。 主に199階以下と200階以上で分けられる。 199階以下は通常の格闘が行われ、上記の通り、勝つたびにファイトマネーが得られる(1階のファイトマネーは、勝っても負けても缶ジュース1本分の金額)。 また、1階と10階単位階級のフロアに分かれ100階以降のフロアでは選手に個室が用意されるようになったりと、待遇も良くなっていく。 実力次第では飛び級して階が上がる。 200階からはファイトマネーが無くなり、名誉のみの戦いになる。 90日以内の戦闘準備期間なら好きな日に戦うことができ、勝敗問わず一度戦えば再び90日間が与えられる。 10勝でフロアマスターとの挑戦権が与えられるが、4敗するか90日間を過ぎたら失格となる。 200階よりも上は念能力者のみが集う場所となっている。 ルールで決められているわけではなく、念を知らない物が参加すると念による攻撃を受け、念に覚醒するか再起不能となるという、淘汰の結果である。 係員や解説者は念の存在を一切知らず、戦いで何が起こっているのか把握できていないことも多い。 専用のテレビ放映がされている模様。 ヨークシンシティ ヨルビアン大陸の西端にある都市。 毎年9月1日~10日には大規模なオークションが開催される。 おもなモデルはで、アニメでは背景に同市の映像も用いられた。 や の風景も一部使われている。 広大だが、一部人気が少なかったり廃墟の地域も見られる。 ゴルドー砂漠 ヨークシンシティの東にある荒野。 ルクソ地方 クラピカの出身地。 クルタ族がかつて住んでいた。 流星街 なにを捨てても許される場所。 政治的空白地であり、ここには誰が何を捨てても一切の干渉がない。 通常子供が生まれると世界全域に渡るスーパーコンピュータに個人情報が登録され、この世のいかなる人物もスーパーコンピュータにアクセスすれば来歴を知ることができるが、生まれてすぐここに捨てられた子供は登録がされず、「この世に生まれた痕跡すらない人間」となる。 人口は公式的に無人とされているが約800万人。 議会制度があり長老がいる。 多人種。 住民同士の同族意識は非常に高い。 過去に「1人冤罪で殺されたので、数十倍の犠牲者を出してでも司法関係者全員に報復する」と自爆テロを敢行した事件がある。 幻影旅団はここで設立された。 基本的には廃棄物を投下する場所であるが、ゴミ捨ての名目で、マフィアがここの住人達に武器や資金の提供を行っている。 その見返りとして、「社会的に存在しない人間」というマフィアにとって貴重な人材を得ており、二者は蜜月関係にある。 幻影旅団は、流星街出身者を主なメンバーとしながらも、ヨークシンシティでマフィアンコミュニティ(マフィアの大連合)に対して牙を剥いたため、流星街の人間としてはさらに異質。 グリードアイランド ジン=フリークスとその仲間たちが念で作った念能力者専用のゲーム。 詳細は「」を参照 スワルダニシティー ハンター協会本部がある街。 新会長選挙の舞台。 蟻戦後にゴンが入院していた病院もある。 暗黒大陸 世界の外側。 人類が知る「世界」は暗黒大陸の中央にある超巨大な湖「メビウス湖」の中心部に存在している。 渡航許可庁では「新世界」と呼称している。 キメラアントは暗黒大陸からの外来種。 巨大生物が生息するほか、魔獣族もおり渡航者の案内人を務めているという。 人類が外の世界へ進出しようとする度に大きな災いがふりかかったと古代から記録があり、近代になってからも渡航の成功者は皆無で、200年以上前に近代5大陸(V5)によって不可侵条約が締結された。 各国家は非公式に人を渡航させるも全てが失敗で、149回渡航して帰還できたのはわずか5回のみ。 わずかな帰還者の獲得成果も「災厄」であった。 ハンター協会のアイザック=ネテロもお忍びで渡航したことがあるが、すぐさま引き返しており、ハンター達に渡航を厳禁とした。 逆に煽られたビヨンド=ネテロはクカンユ王国の支援のもと挑戦したが失敗し、生き残った仲間もゾバエ病に感染していた。 この件を受けてネテロはビヨンドを追放する。 およそ50年後、ビヨンドはカキン帝国の支援を受けて再挑戦を図る。 V5はハンター協会に「ビヨンドに先取りされるな」(要約)と依頼し、チードル会長は依頼を受ける。 新世界紀行 300年以上前に、無限海沿岸をたった一人で探検した人物がその記録を記した書物。 著者はドン=フリークス。 「東」「西」両編があるとされるが、確認されているのは「東」のみ。 出版当初は狂人の妄想とされ、空想小説として扱われていた。 現在も公式にはその扱いになっているが、実際は暗黒大陸の詳細な記録として認められており、幻書となっている。 書の中には水に沈めると発電する「無尽石」、「万病に効く香草」、究極の長寿食「ニトロ米」、あらゆる液体の元となり得る「三原水」、錬金植物「メタリオン」など、人間の世界には存在しない夢のようなリターンと同時に、様々な災厄が記されている。 五大災厄 暗黒大陸に出向いて帰還した生存者が、リターンの代わりに持ち帰って(案内人に持ち帰らされて)きてしまった、世界と人類を破滅に導くほど厄介な存在。 有効な対処法が存在せず、そのサンプルや被害者は極秘施設の地下深くに隔離されて厳重に管理されている。 ガス生命体アイ:「あい」と喋る、靄に手足が生えたような姿をした「欲望の共依存」。 危険ランクA。 双尾の蛇ヘルベル:メビウス湖南東に潜む「殺意を伝染させる魔物」。 危険ランクA。 人飼いの獣パプ:メビウス湖北東部沿岸の山脈を縄張りとする「快楽と命の等価交換」。 被害者は頭部に管がつけられ、人だったとは思えないほど全身がしなびた姿になる。 危険ランクA。 不死の病ゾバエ病:ジン曰く最悪の病。 隔離された部屋で死ぬことも出来ず自給自足で生活できてしまう「希望を騙る底なしの絶望」。 兵器ブリオン:メビウス湖のほぼ真北の樹海を400km進んだ先にある無人都市を守る「正体不明の球体」。 その姿は人間の頭部に直径が肩幅近くある球体がくっついているというもの。 近代5大陸 ベゲロセ連合国、サヘルタ合衆国、オチマ連邦、ミンボ共和国、クカンユ王国からなる5つの国家。 通称「V5」。 かつて個別に暗黒大陸のリターン獲得に挑んで大失敗したことで、暗黒大陸不可侵条約を結び、1国だけがリターンで有利にならないように牽制し合っている。 それゆえに、6番目のカキン帝国にリターンを独占されることを危惧しており、カキンを仲間に入れて「 V6」となることで、リターンを6等分しようと方針を変更した。 カキン帝国(カキン国) アイジエン大陸(形は)の中央に位置する国。 初出はキメラアント編序盤で、カイトたちが新種調査に来ていた。 ホイコーロ王家が古代から統治してきた歴史ある大国。 ただし数十年前に、革命により帝国社会主義から議会民主主義にシフトし、国名を変えて形式上は全く新しい国となっている。 このとき各国との条約や密約の更新をうやむやにしているため、行ってはならない暗黒大陸に行くことも「行かないと約束したのは旧国で、カキンは関係ない」と開き直っている。 暗黒大陸を冒険したいビヨンドと利が一致している。 形式上暗黒大陸に進出したという偉業を成したことで名声を手にし、さらに実際の冒険をビヨンドに行わせリターンを持ち帰ってもらうことで自国を強化したいという政治的思惑がある。 国王は一貫して「新大陸に行く」と言っており、暗黒大陸と騒いでいるのは周囲、移民船が向かうのも暗黒大陸手前の無人島なので国王は嘘は言っておらず、つまり詭弁である。 V5からはやりたい放題であると苦言されている。 王子同士の殺し合いが露骨に示唆されているが、建前上は殺し合いなどしていないことになっており、単純な殺しでは罰せられてリタイヤとなってしまう。 そのため権力や謀略が絡み合うことで、虚実入り混じり複雑化した状況にある。 建前「継承戦から降りてもよい」と裏の意味(王になる意欲がない王子など死ね)が異なる。 新大陸に到着すれば領土が大幅に広がり、新王が統治者となる予定。 壺中卵の儀(こちゅうらんのぎ) カキン帝国王家に代々伝わる儀式、および初代国王がに発想を得て子孫繁栄の為に遺した能力の名前。 の顔を模した壺に王子がその血を一滴注ぎ、中央の穴に手を入れ王即位の意思を念じると、壺から妖精のような念獣が現れ、「獣」の卵をその口に押し入れる。 儀式によって、守護霊獣という念獣が生まれる。 取り憑いた者のオーラを糧とし、その者の人となりに影響を受けた形態・能力に変貌し、その者を守護する。 本人が創り出したものではない「寄生型の念能力」であるため、自身の意思で動かすことは出来ない。 念獣固有の系統・主能力と、宿主の王子の素質が別物であり、寄生型念の「どうなるか予測不可能」という性質が大きく現れている。 念獣は念獣が憑いたものを攻撃することはなく、念獣同士もお互いを攻撃しない。 念能力の有無にかかわらず、本人には自他いずれの念獣も視認できない。 ブラックホエール(B・W)1号 カキン国王が指示して建造させた、クジラを模した超巨大移民船の1号船。 収容人数20万人。 5階層エリアから構成されている。 外見は、通常サイズの豪華客船の船体(1層)が、超巨大なクジラ(2~5層)の上に乗ったデザインで、4層で海水面に接する。 新大陸への移民のために渡航を開始した。 乗客の内訳は、1層が王族と政財界の要人(クラピカ警護・ビヨンド拘束等)、2層が富裕層、3層以下が一般渡航客エリア(十二支ん業務)。 特に2階層と3階層は分厚い壁と軍の警備によって完全に区分けされている。 渡航船内の運営はミザイストムに呆れられるほどいい加減で、上下階の格差が極端にあり、一般渡航客エリアでトラブルが多発している。 船旅は暗黒大陸手前の新大陸までで、期間は8週間の予定。 民間人が暗黒大陸に行っても死ぬだけなので、暗黒大陸の実際の調査探検はビヨンドやハンターが行う予定になっている。 壺中卵の儀=王位継承戦の舞台となっている。 メディア展開 [ ] アニメ [ ] パイロット版 のイベント内で限定上映された。 OVAは非売品で、応募者全員サービスとして販売された。 ゴンがクジラ島から旅立ち、クラピカ・レオリオと出会い、船での攻防までを描く。 スタッフ• 監督 -• 演出 -• 脚本 -• アニメーションキャラクターデザイン - 、• 作画監督 - 大西雅也• 美術監督 - 高田茂祝• 美術デザイン - 池田祐二• 撮影監督 - 宮川晴年• 音響監督 - 阿部記之• 編集 - ファルコン、厨川治彦、植松淳一• プロデューサー - 萩野賢(スタジオぴえろ)、()• アニメーション制作 -• 製作 - 集英社『週刊少年ジャンプ』 キャスト• クラピカ -• レオリオ -• カイト -• ミト -• ゴンの曾祖母 -• 船長 - 日本アニメーション制作版 詳細は「」を参照 制作版からスタッフとキャストを一新し、によって制作されたアニメ第2作。 この作品からで、作品冒頭から新たに制作しており、版の続編ではない。 10月2日から9月23日までで放送 された。 2013年1月12日に初の劇場作品『』が公開。 同年4月より、「キメラアント編」に突入、同編が初めてアニメ化される事となった。 また、2014年7月から「会長選挙編」もアニメ化されることが決定した。 同年12月25日に劇場版第2作目『』が公開。 2000年4月から2005年3月まで、などで放送。 パーソナリティはゴン役のとキルア役のが務めた。 文化放送で2011年10月8日より毎週土曜25:30から放送。 またとにて、10月9日より毎週日曜配信。 なおHiBiKi Radio Stationでは9月24日より、超! パーソナリティはゴン役のとキルア役のが務める。 ゲーム [ ] 家庭用ゲーム機・携帯型ゲーム機 WS 専用ソフトは、 GBC ・ PS ・ PS2 ・ GBA 専用ソフトはコナミ(後の)、 PSP 専用ソフトはバンダイナムコゲームス(後の)から発売。 意志を継ぐ者(、バンダイ) - 2000年6月1日• ハンターの系譜(、コナミ) - 2000年6月15日• 見下ろし式の戦術シミュレーションゲームとなっており、ターンごとに移動や攻撃などのコマンドを指定する。 ただし、NPCも同時に行動するため、最短距離で移動しようとしても衝突して停止してしまうことが多い。 攻撃に移るタイミングもうまく読む必要があるほか、先頭画面ではボタンをタイミング良く押さないと攻撃が当たらない。 移動も1歩1歩が緩慢であり、テンポは総じて悪い。 このことからゲーム評論界隈から「移動ゲー」と皮肉られるなど、評価は決して芳しいとは言い切れない。 幻のグリードアイランド(、コナミ) - 2000年10月26日• 禁断の秘宝(GBC、コナミ) - 2001年4月12日• それぞれの決意(、バンダイ) - 2001年4月26日• 導かれし者(WSC、バンダイ) - 2001年8月23日• 龍脈の祭壇(、コナミ) - 2001年8月30日• 奪われたオーラストーン(PS、コナミ) - 2001年9月27日• みんな友だち大作戦!! (、コナミ) - 2003年4月24日• G・I(グリードアイランド)(WSC、バンダイ) - 2003年4月24日• ・・・はForGroove・日本テレビ・が配信。 モバイル端末ではやネイティブアプリのゲーム、きせかえテーマや、またスタンプといったアプリが配信されている。 この他、(ただしと端末)用の2013年1月11日より配信開始された多機能アプリが存在する。 トリプルスターコレクション(、ForGroove、日本テレビ、クルーズ) - 2013年7月24日• アドバンスコレクション(、ForGroove、日本テレビ、クルーズ) - 2015年11月18日• ハンター試験からの脱出(2019年3月・全国5都市) - 東京歌舞伎町にある常設アミューズメントスポット 東京ミステリーサーカスにて約4ヶ月のロングランで開催することが決定した。 前売り券は通常版のほかに付の限定版を選択することができる。 書籍 [ ] キャラクターガイド• いずれも著者は。 また劇場アニメ2作のノベライズ版がJUMP j-BOOKSより1作につき1冊、計2冊発行されている。 いずれも著者は田中創。 (著)・(原作)、〈〉• 田中創(著)・(原作)、〈ジャンプ ジェイ ブックス〉• 書誌情報 [ ] いずれもからの発行。 単行本 [ ]• 「出発の日」1998年6月9日発行(6月4日発売 )、• 「霧の中の攻防」1998年9月7日発行(9月2日発売 )、• 「決着」1998年11月9日発行(11月4日発売 )、• 「最終試験開始! 」1999年2月9日発行(2月4日発売 )、• 「ジン=フリークス」1999年5月5日発行(4月30日発売 )、• 「ヒソカの条件」1999年10月9日発行(10月4日発売 )、• 「これから」1999年12月27日発行(12月22日発売 )、• 「オークション開催!! 」2000年4月9日発行(4月4日発売 )、• 「9月1日」2000年7月9日発行(7月4日発売 )、• 「9月3日」2000年11月7日発行(11月2日発売 )、• 「9月4日」2001年3月7日発行(3月2日発売 )、• 「9月4日 その2」2001年7月9日発行(7月4日発売 )、• 「9月10日」2001年11月7日発行(11月2日発売 )、• 「島の秘密」2002年4月9日発行(4月4日発売 )、• 「躍進」2002年10月9日発行(10月4日発売 )、• 「対決」2003年2月9日発行(2月4日発売 )、• 「三つ巴の攻防」2003年6月9日発行(6月4日発売 )、• 「邂逅」2003年10月8日発行(10月3日発売 )、• 「NGL」2004年2月9日発行(2月4日発売 )、• 「弱点」2004年6月9日発行(6月4日発売 )、• 「再会」2005年2月9日発行(2月4日発売 )、• 「8- 1 」2005年7月9日発行(7月4日発売 )、• 「6- 1 」2006年3月8日発行(3月3日発売 )、• 「1- 4 」2007年10月9日発行(10月4日発売 )、• 「突入」2008年3月9日発行(3月4日発売 )、• 「再会」2008年10月8日発行(10月3日発売 )、• 「名前」2009年12月30日発行(12月25日発売 )、• 「再生」2011年7月9日発行(7月4日発売 )、• 「記憶」2011年8月9日発行(8月4日発売 )、• 「返答」2012年4月9日発行(4月4日発売 )、• 「参戦」2012年12月9日発行(12月4日発売 )、• 「完敗」2012年12月31日発行(12月28日発売 )、• 「厄災」2016年6月8日発行(6月3日発売 )、• 「死闘」2017年7月1日発行(6月26日発売 )、• 「念獣」2018年2月7日発行(2月2日発売 )、• 「均衡」2018年10月9日発行(10月4日発売 )、 集英社マンガ総集編シリーズ [ ]• 公表されている一部担当編集者のみ。 - 連載開始からハンター試験編終了まで。 𠮷田幸司• 門司健吾• 小野寺 - 2014年当時の担当。 金成圭 - 2016年当時の担当。 同年の連載中断後、『』に異動。 脚注 [ ] 注釈 [ ]• AppBank — iPhone, スマホのたのしみを見つけよう. 2019年12月10日閲覧。 週刊少年ジャンプ2017年29号• 」『 オフィシャルファンブック キャラクターズバイブル』集英社〈ジャンプコミックス〉、2012年7月9日、1、182頁。 「No. 046 ネン」『6巻』32頁• 「No. 046 ネン」『6巻』34-38頁• MANTENWEB 毎日新聞デジタル. 2014年6月15日. 2014年6月17日閲覧。 2011年8月1日閲覧。 編 『ゲームボーイクソゲー番付』マイウェイ出版発行、2017年。 p67• PR TIMESフォアキャスト・コミュニケーションズ. 2013年1月11日閲覧。 Google Play. 2013年12月26日閲覧。 2015年2月19日閲覧。 「編集部で聞いた見た先生のウワサジャンプ編集部(秘)情報局」『ジャンプ流 2016年11月17日号』第21号、集英社、 17頁。 2015年2月12日閲覧。 ORICON NEWS オリコン. 2016年11月4日. 2017年5月27日閲覧。 『BARFOUT! 』208、ブラウンズブックス、、2013年1月17日、34-36頁。 「緊急企画!! カンザイのなぜ? 相談室」『週刊少年ジャンプ 2014年32号』第47巻第29号、集英社、 398頁。 「ジャンプ春の陣、最佳境!!!! 」『週刊少年ジャンプ 2016年19号』第49巻第17号、集英社、 26頁。 マンナビ 2016年12月22日. 2017年12月6日閲覧。 集英社BOOK NAVI [ ] 以下の出典は『』(集英社)内のページ。 書誌情報の発売日の出典としている。 2011年12月3日閲覧。 2011年12月3日閲覧。 2011年12月3日閲覧。 2011年12月3日閲覧。 2014年1月8日閲覧。 2014年1月8日閲覧。 2011年12月3日閲覧。 2011年12月3日閲覧。 2011年12月3日閲覧。 2011年12月3日閲覧。 2011年12月3日閲覧。 2011年12月3日閲覧。 2011年12月3日閲覧。 2011年12月3日閲覧。 2011年12月3日閲覧。 2011年12月3日閲覧。 2011年12月3日閲覧。 2011年12月3日閲覧。 2011年12月3日閲覧。 2011年12月3日閲覧。 2011年12月3日閲覧。 2011年12月3日閲覧。 2011年12月3日閲覧。 2011年12月3日閲覧。 2011年12月3日閲覧。 2011年12月3日閲覧。 2011年12月3日閲覧。 2011年12月3日閲覧。 2011年12月3日閲覧。 2011年12月3日閲覧。 2011年12月3日閲覧。 2011年12月3日閲覧。 2011年12月3日閲覧。 2011年12月3日閲覧。 2011年12月3日閲覧。 2012年4月7日閲覧。 2012年12月4日閲覧。 2012年12月28日閲覧。 2016年6月2日閲覧。 2017年6月26日閲覧。 2018年2月2日閲覧。 2018年10月4日閲覧。 外部リンク [ ]• - 日本テレビ版アニメ公式サイト• - (2012年3月10日アーカイブ分) - 日テレオンデマンド(最新話が放送終了直後の12時から見逃し配信されている)• - バップによる日本テレビ版アニメ公式サイト• - SCRAPによる公式サイト.

次の