ふうか ローマ字。 名前の ローマ字

名前がふうかは、Huuka?HukaFuukaFukaどれが正解ですか?😓アホな質問ですみません😂

ふうか ローマ字

お名前の ローマ字 変換 はじめに 名前の 書きかた 名前の 先頭は 大文字に します。 姓と 名は「姓-名」の 順です。 姓を すべて 大文字で 書く 方法も あります。 イニシャルに する 場合は うしろに とめの印. を つけます。 特殊な 文字が つかえない 場合は に します。 【イニシャル】 Yamada Taroo 【代用表記】 くわしくは「」を お読み ください。 ローマ字の 方式 ローマ字の 方式は,特別な 事情が なければ,日本語らしい に します。 日本の 人名は 日本語だからです。 ふつう,日本語は 外国で 通じませんが,固有名詞は ローマ字に すれば 日本語の ままで 世界に 通用 します。 特別な 事情が あって 英語風に しなければ ならない 場合は に しますが,それで 国際的に なる わけでも 外国人が 正しい 発音で 読んで くれる わけでも ありません。 に すると 日本人が みても 読めない つづりに なります。 くわしくは「」「」を お読み ください。 くわしくは「」を お読み ください。 くわしくは「」を お読み ください。 そこで,この ツールは ふりがなでは なく 読みかたを 入力 する しくみに なっています。 たとえば,「太郎」だったら「たろう」「タロウ」では なく「タロー」「たろー」と 入力 します。 お名前の ローマ字 変換 この 機能は JavaScript を 有効に しないと おつかいに なれません。 ひらがなか カタカナで 読みかたを 入力 して ください。 のばす 音は「ー」を つかって 書きます。 漢字は 変換 できません。 例:「サイトー ユーコ」「ヒロオ イッセイ」「フジイ ショータロー」 通常の 語句を ローマ字に 変換 したい ときは「」を おつかい ください。 字数の 制限が ゆるめて あります。 つかいかた• テキストボックスに 読みかたを 入力 します。 ローマ字の 方式の ボタンを おして 変換 します。 読みかたは のばす 音を「ー」で 書きます。 のばす 音が ない 場合,読みかたは ふりがなと おなじです。 のばす 音が ある 場合,読みかたは ふりがなと ちがいます。 指示に したがって[やりなおす]か[そのまま]の ボタンを おして ください。 の ときは,筆記体風の 書体と 装飾的な 書体の 見本を おまけに 表示 します 筆記体風の 書体は きる印 ' が はいっている ときに 線が きれて しまいますが,本当は つづけて 書きます。 学校で 筆記体を ならう 場合は,書きかたが すこし ちがうかも しれません。。 気を つける こと• 読みかたは 基本的に 発音の とおりですが,漢字の 音読みで ふりがなが「えい」「けい」「せい」などに なる ものは 例外です。 実際の 発音は〈エー〉〈ケー〉〈セー〉などに ちかいですが「エイ」「ケイ」「セイ」などと 入力 して ください。 下に 例を しめします。 「 セーコ」に しません。 ) ス ドー(須藤) カ ノー(狩野) コーノ(河野) ゴーハラ(郷原) リョー(遼) コータ ロー(孝太郎) ソータ(颯太) ショーコ(翔子) モーリ(毛利) コージロ(神代) コーダ(国府田) ム コーダ(向田) オーノ(大野) トーヤマ(遠山) オーコーチ(大河内) セ ノオ(妹尾) ユーキ(夕貴) シュージ(修二) ユーマ(雄馬) ミ ユー(美優) パーコ(パー子) イーダ(飯田) ニーヤマ(新山) シーナ(椎名) エイタ(英太) ケイコ(恵子) レイジ(礼治) イッ セイ(一成) テッ ペイ(鉄平) ゴン ベー(権兵衛) ミ ズエ(みづゑ) ミツ オ(みつを)• まちがって ふりがなを 入力 して しまうと,正しい ローマ字に 変換 できません。 そこで,ふりがなの ように みえる 部分が ある ときは,確認の メッセージを だしています。 ふりがなの ように みえる 部分とは「ア段+あ」「イ段+い」「ウ段+う」「エ段+え」「オ段+お」「オ段+う」に なっている ところです。 例:「かあ」「きい」「くう」「けえ」「こお」「こう」。 もし ふりがなを 入力 していたら やりなおして ください。 正しく 読みかたを 入力 していたら,確認の メッセージが でても そのままで かまいません。 つぎの ような 名前は 確認の メッセージが でて しまいます。 タ カアキ(隆明) イ シイ(石井) ケ イイチ(敬一) マ ツウラ(松浦) オ クウチ(奥内) ナ ルウミ(鳴海) コ レエダ(是枝) ヒ ロオ(広尾) セ ノオ(妹尾) イ ノウエ(井上) シ ロウチ(城内) イ ソウラ(磯浦)• ふつう,読みかたの「ー」は ふたつの 漢字を またぎません。 「ー」に するのか しないのか まよったら,漢字と 漢字の あいだに「・」を いれて かんがえて ください。 まよう 部分が「・」を またいでいたら「ー」に しません。 たとえば,野上(のうえ)さんは「の・うえ」なので「ノウエ」で,納江(のうえ)さんは「のう・え」なので「ノーエ」です。 尾岡(おおか)さんは「お・おか」なので「オオカ」で,大賀(おおか)さんは「おお・か」なので「オーカ」です。 ノウエ(野上) ノーエ(納江) オオカ(尾岡) オーカ(大賀)• 読みかたの 入力が よく わからない 人は ふりがなを ローマ字に 変換 する「」を つかってみて ください。 入力の まちがいが おこりにくく してあります。 入力が まちがっていないか,たしかめて ください。 対応 していない は 変換に 失敗 します 外国人の 名前に つかわれる ような 特殊な 音を ローマ字の 世界では「」と よんでいます。 公式の ルールが ないので,この サイトが 勝手に きめた つづりも あります。。 「姓」と「名」の あいだに かならず 空白を いれて ください。 空白を いれないと,正しく 変換 できない ことが あります たとえば,「具志堅用高(グシケン ヨーコー)」が おかしく なります。 「千昌夫(セン マサオ)」も の ときに おかしく なります。。 と の ほかは ボタンを 10回しか おせません。 この サイトは を すすめているので,ちょっと いじわるを しています。 ボタンが おせなく なったら,おまじないの kurekuretakora を 入力 して ください。 を すすめる 理由は「」「」で 説明 しています。 おぎない• パスポートむけは すべて 大文字に しています。 そのほかは 先頭 だけ 大文字に しています。 ながすぎる つづりが あるときは に 気を つける よう うながす メッセージを だしています。 会社や お店の 名前を ローマ字に する 場合は「」も お読み ください。 ローマ字の あらましは「」と「」で やさしく 説明 しています。 ローマ字の 書きかたは「」「」「」「」などで くわしく 説明 しています。 のばす 音を「ー」で 書く ことに ついては「」も お読み ください。 ふりがなを ローマ字に 変換 すると うたっている ツールは たくさん あります。 しかし,正しい ローマ字では なくや を 出力 する もの ばかりです。 しかも,を 出力 する ものは ときどき 変換に 失敗 します。 気を つけて ください を 出力 する ものに つぎの 名前を 入力 してみれば,いくつかで おかしく なる はずです: MATSUURA(松浦), INOUE(井上), KINOUCHI(木ノ内), KOUME(小梅), SHINOURA(篠浦), HIROO(広尾), TOYOOKA(豊岡)。 を 出力 する ものには transliterator と 書いてある ことも ありますが,正しい ローマ字を 出力 する ツールだと 勘ちがい している 人も おおいと おもわれます。 くわしくは「」を お読み ください。 不完全な ツールが おおいのは ツールを つくる 人の 技術力が おとっているからでは ありません。 学校が ローマ字を きちんと おしえていないからで,100パーセント 教育の 問題です。。 各方式の 説明 訓令式 「国語」で ならう 日本語らしい 書きかたです。 特別な 事情が なければ を つかうのが 日本語の きまりです。 ここでは 仕様が 拡張 してあり,〈ティ〉〈ファ〉〈チェ〉などの に 対応 しています。 ヘボン式 「国語」で ならう 英語風の 書きかたです。 英語風に 書かなければ ならない 特別な 事情が あれば を つかっても かまいません。 「英語式」 「英語」で ならう 英語の 書きかたです。 一般には この 書きかたが と よばれています。 judo(柔道)の ように,日本語から 英語に なった ことばは この つづりに なります。 英語に なっていない ことばをで 書いても 意味が ありません。 訓令式(パスポート) この サイトが すすめている パスポートの 名前の 書きかたで,拡張 した の 変形です。 と よんでいます。 に 対応 しています。 ヘボン式(パスポート) パスポートの 名前の 書きかたで,と ほぼ おなじ ものです。 「外務省ヘボン式」とも よばれています。 この サイトはと よんでいます。 一部の に 対応 しています。 なぜ ふりがなでは ダメなのか? 完全に 自動で ふりがなを ローマ字に 変換 する ことは できません。 なぜ ふりがなでは ダメなのか,不思議に おもう 人が いる ようですが,その 理由は かんたんです。 ローマ字は 日本語の 読みかた(音声)を ABCで 書く ものですが,ふりがなは 読みかたを 正確に 書きあらわしていないため,ふりがなから 読みかたが わからない ことが あり,読みかたが わからないと ローマ字の つづりが きまらないからです。 たとえば,浩二さんと 陽子さんの ふりがなは「こうじ」「ようこ」ですが,これは 読みかたを 正確に 書きあらわしていません。 実際の 読みかたは〈コウジ〉〈ヨウコ〉では なく〈コージ〉〈ヨーコ〉です。 けれども,それは できません。 「こう」「よう」の 読みかたは〈コー〉〈ヨー〉かも しれないし,〈コウ〉〈ヨウ〉かも しれないし,どちらか わからないからです。 「講師」「幼稚」「子牛」「夜討ち」の ふりがなを かんがえて ください。 ふりがなから 読みかたが わからないというのは こういう 意味です。 けれども,どちらの タイプも まちがった 結果を 出力 する ことが あります。 河野(こうの)さんと 横内(よこうち)さんで かんがえてみると,Aタイプでも Bタイプでも どちらか 一方が おかしく なって しまうのが わかるでしょう。 完全に 自動で ふりがなを ローマ字に 変換 できない 理屈は ふりがなと ローマ字の 関係から かんがえると わかりやすいかも しれません。 ふりがなと ローマ字に 直接の 関係は ありませんが,おなじ 音声を もとに した 文字列ですから,つながりは あります。 もし ふりがなを 音声に もどす ことが できれば,その 音声を ローマ字に 変換 して ふりがなを ローマ字に 変換 できる はずです。 たとえば,ふりがなが「たろう」だったら,これを 音声に もどせば いい わけです。 ところが,「たろう」の 音声は〈タロウ〉と〈タロー〉の 2種類が かんがえられます。 日本人だったら 常識で〈タロー〉だと わかりますが,単純な 機械には それが できません。 そのため,かんたんな ツールでは ふりがなを ローマ字に 変換 できません 読みかたかを データベースに しておけば 機械でも ふりがなを 音声に もどせそうに おもえますが,両方の 可能性が ある 場合は どちらか 判断 できないので,やはり ダメです。 たとえば,ふりがなが「おおか」の 場合,その 読みかたは〈オーカ〉(大賀)と〈オオカ〉(尾岡)の どちらとも かんがえられます。 ふりがなが「こうみ」の 場合,その 読みかたは〈コーミ〉(香美)と〈コウミ〉(小海)の どちらとも かんがえられます。 なぜ こんな ことに なって しまうのかと いうと,それは 現在 つかわれている ふりがなの 書きかたに 重大な 欠点が あるからです。 くわしくは「」を お読み ください。。 恥を かかない ために 日本人の 名前は 世界の 非常識 日本語を ローマ字で 書く ときは 日本語らしい を つかう ことに なっています。 それが 日本語の ルールです。 しかし,実際には 英語風の を つかう 人が ほとんどです。 日本人の 名前は 日本語なのに,それを わざわざ 英語風に ねじまげて 書く 人が おおいのは,いくつもの おもいちがいが 原因です。 「」も お読み ください ローマ字の 書きかたはという ルールで きまっていて,日本語を ローマ字で 書く ときは を つかう ことに なっています。 は 特別な 事情が ある ときに かぎって もちいる ことが ゆるされています。 ただし,現在 よく つかわれている は 学校の「英語」で ならう 書きかたで,これはに しめされている 書きかたとは ちがいます。 ひろい 意味の の 一種と かんがえる ことは できますが,この サイトは この 書きかたを と 区別 してと よんでいます。。 外国人は 自分の 名前を 自分の 言語らしく 書きます。 フランス人の 名前は フランス語らしい つづり,ドイツ人の 名前は ドイツ語らしい つづりです。 英文の 中に 自分の 名前を 書く ときも,そのままの つづりを つかいます。 中国人は ピンインで 書きますが,この 中国語版の ローマ字も 中国語らしい つづりです。 これが 世界の 常識です。 日本人の 名前が 日本語らしい つづりで なかったら,それは 世界の 非常識です。 ローマ字 書いても 恥 かくな! 国際感覚が まずしく ローマ字の 知識も とぼしい ことから,おおくの 日本人は おかしな ことを しています。 このままでは 国際社会の 恥さらしです 日本で よく つかわれている ローマ字が 英語に にているのを 不思議に おもっている 外国人は すくなく ありませんが,それが 日本人の 非常識だと はっきり 気づいている 人は あまり いないでしょう。 それなら いまの ままで いいじゃ ないかと おもうかも しれませんが,それは のびすぎた 鼻毛を そのままに しておく ような ものです。。 小学校で ならった 日本語の ルールを わすれて,よりによって 自分の 名前を まちがった つづりで 書いていたら 外国人に わらわれて しまいます。 その上,名前は 政治的な ものですから,自分の 名前を 外国語風に 書いている 心が うたがわれます。 まちがった メッセージを おくって しまう おそれが あるという ことです だれでも 自分の 名前くらい 正しく 書きたいと おもっている はずです。 ほかの 人が 自分の 名前の つづりを まちがって 書いたら いい 気は しないでしょう。 それなのに 自分で ローマ字を まちがえていたら いけません。 漢字の トメ・ハネに うるさい 人が 漢字を まちがえていたら 一番 はずかしいでしょう。 それと おなじ ことに なっていないか,よく かんがえてみる べきです。 また,名前を みた だけで その 人の ルーツや 宗教まで わかる ことが あります。 名前の つづりを かえるのは,よほど おおきな(たとえば 政治的な)理由が あるからに ちがいないと かんがえるのが ふつうです。 移民が 名前の つづりを むりやり かえさせられたとか,みずから すすんで かえたとか,そんな 話は よく あります。 日本人の 名前は どれも これも わざと 英語風に 変形 して 書いてあると 気づいた 外国人は どう おもうでしょうか。 日本は アメリカの 属国だから 英語風の 書きかたを おしつけられているのだろうと かんがえて,日本人に 同情 するかも しれません。 あるいは,幼稚な「英語かぶれ」か さもしい 奴隷根性,いじけた 植民地根性から そう しているのかも しれないと うたがって,嫌悪感を いだくかも しれません。 いずれに しても,日本や 日本人が 尊敬 される ことは ないでしょう。。 そう ならない ために,名前は で 書く ように して ください。 日本人の 名前は 日本語らしく 日本語は 日本の 文化です。 日本人の 名前を 日本語らしく 書く かんがえは 日本の 文化を 大切に する 心からも 自然に でてくるでしょう。 これは つまらない「日本自慢」では ありません ここでは 説明を わかりやすく する ために 話を 単純化 していますが,実際は 日本人と いっても いろいろな 人が いて,その アイデンティティーも さまざまです。 場合に よっては「日本語」を「アイヌ語」「琉球語」などに おきかえて かんがえて ください。 日本人は 日本語,中国人は 中国語という 具合に 国と 言語を 組に して かんがえるのは まちがいです。 世界を みわたせば わかる ように,国と 言語は 対応 しないのが ふつうです。 この サイトの ほかの ところでも 説明を わかりやすく する ために,フランス人は フランス語,ドイツ人は ドイツ語といった 単純化を しています。 けれども,本当は そうでは ないので 気を つけて ください。。 多様性を おもんじる 現代社会では,他人の 文化を 尊重 しなければ なりませんが,まず その 前に 自分の 文化を 大切に しなければ なりません。 自分の ものを 大切に できない ような 人が 他人の ものを 尊重 できる はずが ないからです。 自分の おもちゃを 大事に しない こどもは 友達の おもちゃも 乱暴に あつかって こわして しまいます。 それと おなじです。 国際化の 時代だから こそ 日本人の 名前は 日本語らしく 書かなければ ならないという わけです。 そして,日本人が そう すれば,かならず 世界が それを 尊重 して くれます ここで いっているのは 正式な 名前を 書く ときの 話です。 留学 した 日本人が 日常生活(おもに 会話)で つかう 名前などは また 別の 話です。 外国人が 発音 しにくいとか,変な ことばを おもいおこさせるとか,何かの 理由で そのままの 名前を つかいにくいという 人は,ニックネームを つかうと いいでしょう。 この ニックネームは 日本風で なくても かまいません。。

次の

お名前の ローマ字 変換

ふうか ローマ字

個人的な意見なのですが、名前は固有名詞でその人本人をさすものですので、 全然関係ない他人が決めるのがおかしいように思えます。 日本人の名前でも読み方が沢山あり、間違えて読む場合も多々ありますが、 教えてやれば済むことです。 間違えて読まれるからといって別の漢字に する事は通常ないと思います。 また、よく学校で姓名の表記を名姓とすることも変ですよね。 外国から先生が来て、その外国の先生を紹介する時、日本風に 姓名の順で紹介しないと思います。 その外国の先生の母国の表記順で 紹介するはずです。 外国のニュースでも、名前と苗字の順所や 読みはその人の母国にあわせて使われてる事が多いと思います。 過去に韓国の人の名前を日本語読みして裁判になり、その人の 母国の読みに従うとの判決もあったような気がします。 ですから、貴方が貴方の名前を一番率直に示していると思う表記を するのが良いような気がします。 カナダの先生が理解があるようでしたらその方から英語の先生に 言ってもらうと一番良いのですが、それも言いにくいですね・・・ 外国の人が英語であなたの名前を呼ぶと、先生の言うとおり「ゆか」になってしまうと思います。 「-」と音を伸ばすという概念が無いんではないかと思います。 だから、彼ら(英語を使う外国の人)にとっては、「YUKA」が正解です。 「YUUKA」と書くと、まずは「書き間違えたな」と思われてしまうのがおちだと思います。 だから、その英語を使う以上、英語を実際に使う人にとって正しい書き方「YUKA」が正しくて、彼らが間違っていると思うような書き方「YUUKA」は間違いになってしまうのじゃないかと思います。 日本で英語のテストの答えを書く分には、どちらでもいい気がしますけどね。 ところで、「YUHKA」という書き方もあって、これだと「ゆか」よりは「ゆーか」に近い発音になります(「ゆふか」じゃありません)。 どうしても「ゆか」が気になるのだったら、これを試してみてはどうですか? 私も外国のメル友にうちのフェレットの「ミュウ」を紹介するときに「Myuu」と書きました。 この方が絶対に「ミュ」ではなくて「ミュウ」とか「ミュー」とか呼んでくれると思ったからです。 慣習で例えば「しゅうじ」という名前の人は「Shuji」と書くのが当たり前になっていますが、この場合は最初のuという母音にアクセントが付くので自然と「しゅーじ」という発音に近くなるので問題ないですが、例えば「信用」などは普通のローマ字で書くと「Shinyo」となってしまい、ネイティブの人が読むと「しにょう」となってしまいます。 こういう場合には「Shin-yo」と書くなりして、なるべく日本語をきちんと発音してもらいましょう。 こちらだってなるべくネイティブの発音に近くなるように英語を勉強しているのですから。 学校の英語の先生だってネイティブとタメにしゃべれる人はまれなんですから。 学校以外だったら「YUUKA」をどんどん使って構わないと思います。 別に元文部省が決めた以外にルールなんてないんですから。 ローマ字表記の名前は日本語の分からない人に読んで貰うため、あるいは海外で生活するための便法です。 従って戸籍には記載されていません。 だからどんな書き方をしようと本人の自由です。 ただし、あなたの心配はあたっていません。 英語の勉強が進めば分かってくることですが、英語と日本語は発音やアクセントの種類が違うので、神経質にこだわっても意味がありません。 *外国人が知らない単語(名前、地名など)を読む場合、後ろから二番目の母音にアクセントを置きます。 従って、Yuka の発音はyuukaとなります。 ゆかと発音する人は例外でしょう。 海外ではYokaと呼ぶ人がいました。 彼らにはYokoは男の名前に見えるからです。 (ラテン系の言葉では女性名はMariaのように語尾がAで終わるのが原則のため。 それ以来、自分の書いた絵にはYoca Kの代わりにC とサインしています。 (公式書類にはYoko YUUKAでいいと思います。 まず、テストで人の名前にバツにするというのは先生のお言葉とはいえ、乱暴ですね。 両親からつけてもらった大切な名前なのに。 まず、日本人の名前を日本語以外で表記するという、無理をしているのですから、この方法については、100%明確なルールができていないということをご理解ください。 ですから、これでなければならないということはないはずなのです。 例えば、パスポートをお持ちですか? これは外務省が、日本国民の身分を証明する正式な文書です。 このなかで、姓名は英文字(英語ではないと思います)で記載されています。 これは、旅券法施行規則によって、氏名はヘボン式ローマ字によって旅券面に表記するということになっています。 この書き方では、例えば優子さんはYUKO、由子(ゆこ)さんもYUKOです。 ゆうかさんが自分の名前の書き方を自分で決めるのはとても大切なことだと思います。 先生がアメリカ人が読むと同じだとおっしゃっているそうですが、説得力に欠けているとおもいますよ。 YUKAを ユーカと読む人は、YUUKAが別の音を持つことに 気が付くかも知れません。 YUKAはユカ、YUUKAはユウカだとアメリカ人に教えてやればいいんですよ。 もっとも、英語を話すのが皆アメリカ人、また、その逆もというわけではありませんけど。 もし、先生が納得してくれなければ、YUKAと書いて丸をもらっておけばどうですか。 現実的にあまりもめるのも避けたいですね。 あなたの名前はゆうかさんです。 それはあなたも、(先生も含めて)周りの人もわかっているんですから。 あまり、よいアドバイスではないですが、表記の方法は、いろいろHPで探せます。 私もこれから調べてみようと思います。 参考URL: こんにちは。 なかなか難しい問題ですね。 英語で名前を書くということは、英語のルールで名前を書くということです。 英語のルールでは、先生の言う通り、YUKA も YUUKA も同じ発音になると思います。 「ゆか」と「ゆうか」は別のものだ、と思うでしょうが、それは日本語で考えているからですね。 英語のルールで考えると、たとえば「陽子さん」も「横さん」も"YOKO"になるわけです。 もうひとつ、昔ローマ字というのを習ったと思います。 ローマ字は、日本語をアルファベットで表すものです。 こっちは、英語ではなくて日本語(を、アルファベットで書いたもの)ですから、日本語のルールで書きます。 「ゆか」は"YUKA"、「ゆうか」は"YUUKA"になるでしょう。 だから「英語」のテストを受けるなら、「ゆうか」は"YUKA"と書く方がいいんじゃないでしょうか。 ローマ字ではないですから。 テストとは、一般的にどうなのかを聞かれるものでしょうしね。 #ただしinorganicchemistさんも言われてるように、自分の名前ですから、テスト以外ではあなたの好きなように書いてかまわないと思いますよ。 先日、私も同じような問題に出会いました。 パスポートを申請する際のローマ字表記です。 パスポートセンターではローマ字表記が一通りに決まらない 名前に対して、「通例」を教えてくれます。 その英語の先生がいわれるのはきっとその「通例」の ことだと思います。 ただし、自分の名前のことですから、他人にそこまで いわれることはないと思います。 」という質問に 対して、YUUKAと答えることは自由だと思います。 未確認ですが、日本の戸籍で「鈴木」と書いて、「たなか」とふりがなを ふっても問題なかったと思うのですが・・・・ A ベストアンサー もともとは「すみません」ですが、「すいません」と発音しやすく変えたものもたくさん使います。 話す時はどちらでもいいですよ。 ただ、私個人の語感で言うと、公式的な場では「すみません」の方がいいような気もします。 「すいません」はちょっとくだけた感じかな。 でも、これはあくまで私個人の語感。 人によって、あるいは地方によっても感じ方は違うだろうと思います。 書くときはもちろん「すみません」にしましょう。 これも、話す時にはどちらでもいいです。 「しじつ」「せんたっき」と書いてはいけませんが。 Q 本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。 お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。 50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。 ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端? な数の場合、さっぱりわからないのです。 暗算とまではいかなくても計算機 ケータイにもその機能はありますし があればいいので、どういう計算式でその%オフされた数字を出すのか教えて下さい。 05」で出ますよね。 なぜ、1. 05をかけるのかわからないのです。 本当にお恥ずかしいのですが、どうか教えてください。 まったくわからないので、出来る限り丁寧で細かい説明をして頂けると本当に助かります。 よろしくお願いいたします。 本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。 お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。 50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。 ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端? な数の場合、さっぱりわからないのです。 A ベストアンサー 丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。 数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。 1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね? これは以下計算をしていることになります。 次、1000円の30%オフって場合ですが、「オフ」=値引きです。 つまり、1000円の30%分を値引きします、ということですよね。 だから、元の値段1000円から1000円の30%分である300円を引いた 残りである700円が答えです。 でもそれを計算するのは面倒なので、ちょっとテクニックがあります。 30%オフということは、元の値段の70%分を求めればよいと考えます。 つまり、1000円の70%なので700円、となります。 %で表現する場合はこれに100を掛けます。 最後、消費税。 前述のオフとは逆で、消費税5%分を上乗せする、と考えます。 これが基本ですが、先程のオフの計算のテクニックと同じ考え方が適用できます。 5%上乗せした額ってことは、元の値段の105%分を求めればよいと考えます。 おまけ。 暗算を早くするためのテクニック初級編として3つだけ書いておきます。 1.計算式に掛け算と割り算しかない場合、もしくは足し算と引き算しかない場合、 順番を無視しても答えは一緒です。 これならすぐに暗算できますね。 2.割り算の場合、前後の数字に同じ値を掛け算しても答えは一緒です。 3.掛け算の場合、前後の数字を分解して細かく掛け算しても答えは一緒です。 これなら暗算できそうですよね。 丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。 数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。 1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね? これは以下計算をしていることになります。 次、1000円の30%オフって場... A ベストアンサー 「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。 しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。 これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。 あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。 私もにた様な経験があります。 美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。 といったら「だから、木曜以降って! 聞いてました? 木曜は駄目なんですよぉ 怒。 と言われたことがあります。 しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。 「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。 goo. php3?

次の

“ふうか”のローマ字表記

ふうか ローマ字

ヘボン式ローマ字 ヘボン式ローマ字 旅券法施行規則第五条第2項「旅券の記載事項」により、基本的にパスポートの氏名は戸籍に記載されているもので、 「ヘボン式ローマ字」を使って表記することとなっています。 このページでは、ヘボン式ローマ字表と注意が必要な表記で、お名前の書きかたをご説明します。 ヘボン式ローマ字とは、1867年に出版されたヘボンの「和英語林集成」という和英語辞典で使われた綴りを元に羅馬字会、ローマ字ひろめ会が修正を加え、ローマ字ひろめ会が1908年に発表したものです。 ヘボン式以外のローマ字表記を希望する方は、をご覧ください。 戸籍に記載されている氏名以外の表記や、外国式氏名表記等を別名として併記することを希望する場合は、をご覧ください。 ヘボン式ローマ字表 下記の表を参考にしてください。 太枠内は特に誤りやすいつづりですので、ご注意ください。 外国式氏名のヘボン式ローマ字表 イェ ウィ ウェ ウォ ヴァ ヴィ ヴ ヴェ ヴォ IE UI UE UO BUA BUI BU BUE BUO クァ クィ クェ クォ グァ グィ グェ グォ ジェ KUA KUI KUE KUO GUA GUI GUE GUO JIE チェ ツァ ツィ ツェ ツォ ティ ディ デュ ドゥ CHIE TSUA TSUI TSUE TSUO TEI DEI DEYU DOU ファ フィ フェ フォ フョ FUA FUI FUE FUO FUYO 注意が必要な表記例 下記は、誤りやすいヘボン式ローマ字の表記例です。 下記以外の表記を希望される場合は、非ヘボン式ローマ字表記になります。 くわしくは、「」を参考にしてください。 下記の例にない場合など、ご不明な点がある場合は、パスポートセンターにご相談ください。 長音「お」「う」の表記について 末尾の長音の「お」は「O」で表記します。

次の