ギター 安い 店。 ギターを買うなら「黒澤」「イケベ」「島村」「石橋」どのお店がいいの?

ギターはネット通販でOK?それともお店で買うべき?

ギター 安い 店

Amazon. jpの「ギターストア」について Amazon. jpの では定番の 、 の他に ご自宅での練習でも音が気にならない など幅広くラインアップ。 これから始めたいという初心者からプロミュージシャンまであらゆるニーズにお応えします。 「ギターを弾いてみたい!」 では初心者向けのリーズナブルな 、 もご用意しております。 本体はもちろん、 や など演奏に必要なものは全て入っています。 こだわる方には、練習やライブでの演奏等ご用途に合わせた多種多様な や、 定番の人気機種から話題の新機種、さらには個性的な物まで様々な種類の もご覧いただけます。 楽器店ではなかなか見ることの出来ないこだわり抜かれた逸品も。 さらに や 、 の交換パーツから、ギター内部の や などのちょっとマニアックなパーツ商品まで豊富に取り揃えています。 また練習や演奏に欠かせない 、 、 はもちろん、 や などの消耗品。 弾き心地や愛用のギターの状態に関わる 、 や、 などの や調整に必要な などの。 や専用のケースは、 、 、 などご自分の楽器に合わせて持ち運びや保管に適したものをお選びいただけます。 内には人気楽器店によるセレクトの や、 など、みなさまの楽器選びのお力になれるような もご用意しております。 大切な楽器と音楽の時間をより良いものにする為に、ぜひ一度Amazon. jpの をご利用ください。

次の

ギターはネット通販でOK?それともお店で買うべき?

ギター 安い 店

>どうして、値段が高いと良い楽器になるのでしょうか? ギターという楽器を、飾り物ではなく、道具として考えた場合、20万円くらいまでは、高ければ高い方が良い道具と言えます。 安物は、東南アジアの工場で、流れ作業で適当に組み立てていきます。 材木もパーツも高価なものは使いませんから、合板であったりしますし、パーツも工業製品としてのバラツキが非常に大きく、使い物になる割合は極めて低いのが現実です。 高価なものになると、材木も価格なりに上質なものを使いますし、パーツもそれに合わせて高級品になります。 エレキギターの場合、まともなピックアップを2つ乗せただけで3万円しますし、糸巻きも単体で1万円くらいします。 製作は専門の職人が1本1本組み立てていきます。 ネックやボディの仕上げ、フレット両端の仕上げは、国産手工品を見れば、一目瞭然です。 雑音対策や試奏チェックもしっかりされているので、とても使いやすいです。 要は価格差は、材木、パーツの価格差と、職人の人件費、工賃の差だと考えてもらって間違いありません。 それのボーダーが現在の日本円では20万円あたりにくるわけです。 ですから、国産メーカーと呼ばれるブランド品でも、店頭価格が15万~20万円以下の商品は、海外製であったり、部品を海外で作って国内で組み立てだけしたものがほとんどです。 本当に国内で製作されたギターはエレキでもアコギでも20万円以上すると思って下さい。 ザッとですが、こういう話なのです。 で、30万円を超えてくると、パーツや仕上げの違いよりも、材木の木目の稀少価値や、貝細工等による装飾品代が価格差となって現れてきます。 ですから30万円以上の高級機は価格の差よりも腕の差が物を言う世界になるのです。 経済的な事情は誰しもありますが、安物買いの銭失いになってはいけません。 ギターは趣味の道具です。 無くたって死にはしません。 しかし趣味の道具だからこそ、ひとそれぞれ好みがあり、使い方も千差万別です。 しかし、安物-ここでは概ね5万円以下のギターとしましょう-では、それぞれのプレイヤーの趣味を満足させる楽器はありません、というか楽器としての機能を満足しないものがほとんどです。 部品も安物ですから故障しやすいし細かな調整もうまくできません。 ギターはプレイヤーがそれぞれの好みに合わせて調整しながら使うものですから、安物ではそれも叶いません。 1さんご回答の通り、お茶の水駅から靖国通りの間は、日本一ギター屋の多い町として有名です。 ここでいろいろな店に行って気に入ったものを実際に見て弾いてみて、気に入ったものを買えばよいと思いますが、初心者が中古品を買うのはお勧めしません。 中古品のコンディションはさまざまで、これから使うプレイヤーにとって致命的な欠陥があるかどうかは初心者には見抜けません。 安い中古品ならなおさらのこと、半年もしないうちに使い物にならずゴミ箱行きになること請け合いです。 楽器を目利きできない初心者こそ良い楽器で練習すべきであり、また良い楽器ほど上達も早いし、上達の具合が自分でも分かります。 また将来買い替えるサイクルも少なくて済みますし、結果的には経済的です。 安物ばかり使っていると耳も成長せず、結局良い楽器と悪い楽器の区別もできなくなり、最終的には「楽器なんて安くても高くても関係ない、要は腕だ」なんて勘違いをおこしてしまいます。 価格に関係なく腕だけで勝負できるのはだいたい30万円以上の高級品の世界の話です。 20万円以下の実用機・普及価格帯においては、ギターは高ければ高いほど良い楽器なのです。 店頭に並んでいる10000円~15000円程度の初心者用セットだけは絶対に避けて通って下さい。 お茶の水を1日と言わず、何日も散策して、あなたに合った1本に出会えることを楽しみにしています。 A ベストアンサー エレアコの範囲が明確でないのでわかりませんが、 アンプで増幅するのを前提に作られている場合は ハウリング対策などがとられている ボディー構造だったりします。 生音の鳴りがや その周波数帯が調整されています。 アンプで増幅しない前提なら、そういう鳴りの構造です。 1,4さんが 言われているように 「違う音」なのです。 実際に 楽器屋や友達のを弾き較べて 音の違いがわかりませんか? 違いがわからなければ 「どうせ アンプにつなげられるエレアコ」でしょう。 でも エレキ用のアンプと エレアコ用のアンプも 全然音違いますよ。 (って言っちゃうと アンプも ギターも 全部 違う音がするんですが・・。 マッチレスの音って言っても 同じ型で ロットによって 音が違うし・・。 ) A ベストアンサー 私はギタリストではなく、アコースティックギターの音を相手にPAをしたり録音をしたり(プロではないですアマチュアです)という方の立場ですが… YAMAHAのアコギは、そういう音響素材的に扱う立場の人間から見れば(聞けば?)、おしなべて本当に『無難な音』がします。 もちろん、高級ラインナップでも普及品の安物でも同じ音がするという意味ではありませんよ。 やっぱり価格帯なりラインナップなりの音の良し悪しはあります。 でも、どのモデルでも何かしら「YAMAHAで~す」というエッセンスがある音がするというのは、私と同業の大抵の人間が、ほぼ同意見ですね。 また、これは一つの極論としてですが、「上手い人は当然良い音がするが、下手な人でもそれなりの音がする」という面もありますね。 これは、ギターテクニックとしての側面ではなく、マイクを通せばそういう音になる…という、私らエンジニア側の感覚論なんですが、マーチンやギブソンなどは、いくら高級モデルでも下手な演奏だと「これがマーチンやギブソンとは思えない」くらいひどい音になる事もザラですが、YAMAHAは下手な人でも『何とか崩れきらずに踏みとどまった音』に収まってくれますね。 ただ、そういう特性が、初心者ギタリストの成長を阻害するモノかどうかは、私にはわかりませんけど。 また、これはいつも私が「YAMAHAというメーカーは恐ろしいなぁ…」と感心している事なんですが、同系列の全く同じモデルのギターが何台か有ったら、どのギターもほとんど同じ音がします。 少なくともマイク通すと、一台一台の音の差が非常に小さい。 こういうことは、他のメーカーではまずお目にかかった事がありません。 あと、これは知り合いのギタリストの受け売りですが、彼曰く 「YAMAHAのギターは、当たり外れがまず無いし、だいたいは良い音するんだけど、何か『音でこういう主張をしたいっ』と思って弾いた時に、楽器に後ろ髪引かれるような感じがして、今ひとつハジケられない」 なんてことを言っていました。 なので、ギタリストの立場では、そういう「優等生的で音の主張が少ない」なんていう意味で『YAMAHAは個性が無い』という意味での『特徴がない』という評価は有り得るかなぁと、私の立場でも思えない事はないですね。 YAIRIを持ってるギタリストは、知り合いにあまり居ないので詳しくないですが、Takamineなんかは、当たり外れという意味ではないですけど、私にとっては結構1台1台の音の個体差は大きい感じがしますね。 まぁ、Takamineはエレアコを扱う場合の方が多いので、余計そう感じるだけかもしれませんが… ただ、こと他の楽器とのアンサンブルに限っては、下手なマーチンやギブソン弾きだと、PA屋がいくらがんばっても音がメチャクチャになる事が(アマチュアだと)非常に多いので、アンサンブル用ギターとしては、私の中ではYAMAHAが世界のナンバー1です。 私はギタリストではなく、アコースティックギターの音を相手にPAをしたり録音をしたり(プロではないですアマチュアです)という方の立場ですが… YAMAHAのアコギは、そういう音響素材的に扱う立場の人間から見れば(聞けば?)、おしなべて本当に『無難な音』がします。 もちろん、高級ラインナップでも普... A ベストアンサー アコースティックギターの種類ですが、エレキギターとは違ってギターそのものだけで演奏に十分な音量を出すことができるギターの総称が、アコースティックギターになります。 アコースティックギターに含まれるギターの中に、ナイロン弦 ガット弦 を使うギター クラシックギター・フラメンコギターなど と、金属弦を使うギター フォークギターなど とがあります。 アコースティックギターとフォークギターの違いとなると、ちょっと表現が曖昧ですね。 もしアコースティックギターと言うのがクラシックギターを意識したものであれば、フォークギターなどとクラシックギターとを分ける一番の特徴は、上記の通り弦の材質になります。 他にも、ギターの作りが異なりますので、見た目で見分けることも難しくはないでしょう。 なお、一般的な通称として、金属弦を使うアコースティックギターのことを、フォークギターないしアコースティックギターと称することも多いようです 逆にクラシックギターは、特にクラシックギターと称されることの方が多くあると思います。 何をポイントにして買えばいいのかについては、自分の気に入った特徴を持つものを選ぶのが良いと思います。 ただ、何もわからないうちからネット通販で買うのは、ちょっと不利が大きいようにも感じます。 買い急がずに、ギターのことについて少し知識を付けてから、具体的な購入計画を立てる方が良いと思いますよ。 楽器店が身近にあるのであれば、そこに出向いて店員と相談したり、色々な現物を眺めてきたりするのが良いと思います。 それが難しい場合は、ギターの教則本やギター雑誌などに目を通して、そこから色々と情報を仕入れてみるのが良いでしょう。 それさえおぼつかないのであれば、ネット上で色々な情報を探してみるのも良いかもしれません。 とにかく、知識を付けてから購入の計画を立てることを強くお勧めします。 なお、個人的な意見を付け加えるなら、初めの一本は楽器店で購入した方が何かと便利だと思いますよ。 普通の店であれば購入時の相談にも乗ってくれますし、購入後もアフターケアなどで相談できる相手がある方が、安心して取り組めるでしょう。 また、ギターには弦などの消耗品などもありますから、安心して入れる楽器店があった方が、不便を囲わずにすむと思います。 あと、ギターは自分で調律をしないといけない楽器ですので、その基準を取れるアクセサリは必須です。 チューナーや音叉、ピッチパイプなどが、調弦する時に基準を取るためのアクセサリになりますが、できればチューナーを購入するのが良いと思います。 そのあたりの費用も、予算に織り込んでおくと良いでしょう。 とりあえず、参考まで。 アコースティックギターの種類ですが、エレキギターとは違ってギターそのものだけで演奏に十分な音量を出すことができるギターの総称が、アコースティックギターになります。 アコースティックギターに含まれるギターの中に、ナイロン弦 ガット弦 を使うギター クラシックギター・フラメンコギターなど と、金属弦を使うギター フォークギターなど とがあります。 アコースティックギターとフォークギターの違いとなると、ちょっと表現が曖昧ですね。 もしアコースティックギターと言うのがクラシックギターを意... A ベストアンサー アンプシミュレータというのは、本来はMTRなどでギターの音録りをするときに利用することを想定して開発された機材と聞きます。 ですので、その想定に従えば、MTRなどにライン入力で直接ギターの音を流し込む時などに利用するのが主な使い方ともいえます。 エレキギターの場合、ギターらしい音を得る上では、ギターアンプ やキャビネット が持つ特性がそれなりに大きなウェイトを占めます。 ただ、アンプから音を出してそれをマイクで拾い、MTRに送るとなると、それなりの防音設備が必要だったり、いろいろと制約がかかる面も出てきます。 そうしたところから、ギターを直接ラインに入力して、なおかつアンプを介さずにギターらしい音を得るための機材として、アンプシミュレータという機材が出てきました。 アンプシミュレータを利用すると、ラインに入力する際にギターアンプをつないで音を出してマイクで拾うというプロセスを省略して、より手軽にアンプを通したギターらしい音を作り出し、ラインで録ることができることになります。 また、アンプシミュレータには、有名どころのギターアンプの特性をシミュレートしたモデリングアンプとしての機能もあり、アンプシミュレータ一台でいろいろなタイプのアンプの音を利用できるということにもなります。 他にも、キャビネットのタイプを選択できたり、マイキング スピーカーに対してどうマイクを設置するのか の違いをシミュレートする機能などを搭載しているものもありますね。 ただ、作られる音については、シミュレータ的な匂いは抜けきらないかも知れません。 アンプシミュレータについては、そうした録音の時に便利な機材として開発された物と見るのが妥当かと思います。 ただ、アンプシミュレータをプリアンプとしてギターアンプの前段につないで使うこともあり、ステージ用の機材として利用されることも多くなってきているといえます。 また、マルチエフェクターの中にアンプシミュレータ機能が組み入れられたり、逆にアンプシミュレータの側にモジュレーション系や空間系のエフェクトが追加されたりと、最近ではマルチエフェクターとアンプシミュレータの区別自体に曖昧な領域もできつつあるようです。 参考になれば。 アンプシミュレータというのは、本来はMTRなどでギターの音録りをするときに利用することを想定して開発された機材と聞きます。 ですので、その想定に従えば、MTRなどにライン入力で直接ギターの音を流し込む時などに利用するのが主な使い方ともいえます。 エレキギターの場合、ギターらしい音を得る上では、ギターアンプ やキャビネット が持つ特性がそれなりに大きなウェイトを占めます。 ただ、アンプから音を出してそれをマイクで拾い、MTRに送るとなると、それなりの防音設備が必要だったり、いろいろと制... A ベストアンサー 3で回答した者です。 返信読みました。 ギター経験者から見られて「恥ずかしくないギター」ということですが、5万円以上であれば、十分に「恥ずかしくないギター」と言えると思いますよ。 極端に安い、photogenicやLegend等と言ったブランドでは、安物と見られてブランド名が気にかかることもあるかもしれませんが、5万以上のものであれば、そんなに後ろ指をさされるようなこともないでしょう。 ただ、むしろブランドロゴを見て、そのギターの価値を安易に断定することの方を、軽率と言うべきかも知れません。 ブランドはあくまでもブランドで、楽器の価値のすべてではありませんし、人が大切に使っているものに、ブランドがアレだからなどと安易にケチをつける方が、よほど恥ずかしいと私は思います。 楽器そのものを見て、自分が大事に使いたいと思えるのであれば、それを胸を張って使えばよいと思いますよ。 そんなにブランドにこだわらず、自分が欲しい物を選ぶことをお勧めします。 初心者セットについてですが、揃えておけばとりあえずは困らないものを一括して安く揃えられるという意味では、便利なセットだと思います。 それを選ぶことも、選択肢としては良いのではないでしょうか。 ただ、音の質についてこだわりを持つのであれば、アンプやシールド、弦のメーカー・種類などは、音質面で影響を持つ要素ですので、それらは個々に自分で選択して揃える必要性を感じることもあるかもしれません。 その場合は、セット物はやや不自由と言えるでしょう。 私見ですが、セット内容については、初心者向けと言いながら、必ずしも「初心者に良いもの」をセットにした訳ではなく、価格の安いものを詰め合わせただけのものもあったりしますので、含まれるものの質の良し悪しを問うのであれば、それぞれのセット内容をよく見渡してみる方が良いように思います。 参考になれば… 3で回答した者です。 返信読みました。 ギター経験者から見られて「恥ずかしくないギター」ということですが、5万円以上であれば、十分に「恥ずかしくないギター」と言えると思いますよ。 極端に安い、photogenicやLegend等と言ったブランドでは、安物と見られてブランド名が気にかかることもあるかもしれませんが、5万以上のものであれば、そんなに後ろ指をさされるようなこともないでしょう。 ただ、むしろブランドロゴを見て、そのギターの価値を安易に断定することの方を、軽率と言うべきかも知れません... A ベストアンサー ・新品か中古かについて これから初めてギターを買うのであれば、新品を強くお勧めします。 中古品に手を出すとしたら、ギターにある程度慣れてからの方が無難です。 中古品は、物によって状態がまちまちで、一つ一つについてそのものの状態を確認する必要があります。 そのため、ギターを手にとって状態を確認できる程度にギターに慣れていることが望ましいでしょう。 少なくとも、その中古品の価格がその物に対して妥当かどうかを自分で判断できるくらいの目が求められます。 モノをチェックできる自信がない時には、手を出さないのが無難です。 ですので、これから初めてギターを手にするのであれば、ギターの状態を確認しなければならない中古品は酷だと思います。 中古品は新品と比べて安くなる傾向はありますが、安くなるには安くなるだけの理由があります。 安さの分不具合を抱えている可能性もありますし、また新品では付くメーカー保証が付かない可能性が高いことなども、不利な点といえます。 ギターの状態を判断する自信はないが、敢えて中古品を買うというのであれば、状態が判然としない物にそれだけ出費することのリスクを併せて考慮し、そのリスクを飲み込めるときに限るのが良いでしょう。 中古品に関しては、自己責任の世界です。 新品であれば、購入後1年間はメーカー保証が付く分、安心感があるでしょう 通販でも楽器店店頭で買っても新品なら保証はつきます。 また、ギターの状態と価格のバランスなども見極めやすく、リスクも少ないといえます。 初めてのギターであれば、新品を購入することをお勧めします。 ・購入先について 初めてのギターの購入先については、楽器店の店頭に足を運んでの購入をお勧めします。 通販で示されている情報だけでは確認できない点がたくさんありますし、直にモノを確認した方が確実です。 ギターの大きさや色味などは案外画像のイメージとは違うものですし、重量や重量バランス、ネックの握り心地、弦の張りの硬さなどは、直に触れてみないことにはわかりません。 それらを確認する意味で、楽器店に出向いて購入することを強くお勧めします。 また、楽器店に出向いた場合、購入に際して店員さんにアドバイスを求められるという利点もあります。 店員さんにいろいろと相談してみるのも良いでしょう。 他にも、仮にギターに不具合が出た場合に、アフターケアを受けるのが楽な可能性が高いという利点もあります。 通販の場合、ギターに問題を感じたとして保証のサービスを受ける場合に、こちらで梱包して発送する必要があることがほとんどでしょう。 楽器店に出向いて買えば、その店に持ち込むだけでサービスを受けることができる分、だいぶ楽です。 これらの理由から、初めてのギターを買うとすれば、楽器店に足を運んで買うことを強くお勧めします。 なお、購入する楽器店については、楽器店の雰囲気や店員さんの対応などを見て、ご自身がこの店なら良いと思える店を選ぶのが良いと思います。 楽器を購入した場合、それに関連する消耗品などを調達する必要があったりと、楽器店との付き合いが始まるということにもなります。 足を運びやすい楽器店を見つけるつもりで、いくつかの楽器店を回ってみて、付き合いやすい店を見つけるのが良いでしょう。 参考になれば。 長々と乱文失礼しました。 ・新品か中古かについて これから初めてギターを買うのであれば、新品を強くお勧めします。 中古品に手を出すとしたら、ギターにある程度慣れてからの方が無難です。 中古品は、物によって状態がまちまちで、一つ一つについてそのものの状態を確認する必要があります。 そのため、ギターを手にとって状態を確認できる程度にギターに慣れていることが望ましいでしょう。 少なくとも、その中古品の価格がその物に対して妥当かどうかを自分で判断できるくらいの目が求められます。 モノをチェックできる自信がない時に... Q エピフォンのカジノと聞いてまず思い浮かぶミュージシャンはビートルズでしょうけど、彼らがカジノを愛用している理由は何なのでしょうか? そもそもカジノはギブソンのES-330の単なる ? 廉価盤だと私は認識しているのですが、それを世界の頂点に立つミュージシャンがチョイスする理由が分かりません。 ES-330とピックアップも基本構造も同じなので音も大差ないように思えますし、デザインだけで選ぶとも考えにくいです。 (私もカジノのデザインのほうが好きではありますが) ポールがメンバーに広めたらしいので、ポールが愛用しはじめた理由だけでも結構です。 抽象的ではなく明確な回答(文、記述の引用など)をしていただけるとありがたいです。 以上よろしくお願いします。 A ベストアンサー カジノを使い出したのは、メンバで唯一ギターを『色々とっかえひっかえ』研究していたジョージが、『このギターなかなかいいよ』と言ったのがキッカケ、という話が伝わっています。 元々ポールとジョンは、同業者?の友人の評判や『たまたま見つけて弾いてみたら結構良かった』という程度のキッカケで楽器を選ぶ傾向があり、自ら色々な楽器を試したり改造したりする事にはあまり興味が無かったといわれています。 (ビートルズのもう一つの『トレードマーク』であるリッケンバッカーも、『元はポールにリッケンを勧めたらジョンも使い出した』とザ・フーのピート・タウンシェンド本人が言っています。 ) カジノは、ジョージに言われて弾いてみたら結構よかった、それでたまたまよいカジノを手に入れたので、ES-330を敢えて試す必要が無かった、という事ではないでしょうか。 (ギブソンやフェンダーといえども、今日では考えられないほど製品のバラつきがひどかった様です。 ジミ・ヘンドリクスはフェンダー社と契約していて左利き用ストラトを作ってもらえる立場にいながら、『大量に作られている量産モノから選んだ方が、アタリのギターに出会う確率が高い』という理由で右利き用を使っていたぐらいです。 ) 『これはいい!』というギターに出会ったら、そのギターは唯一無二といってよく、ギブソンかエピフォンか、などという差はどうでもよかったのでしょう。 それにも一つ。 これは完全な想像ですが・・・。 ジャズギター界の巨匠、ジャンゴ・ラインハルトは、アメリカ公演の時に愛器・セルマーをやめて、(ギブソンでなく)エピフォンを試したぐらいです。 (結果的にエピフォンは、ジャンゴにとっては『不合格』だった様ですが。 ) ビートルズがデビューした頃は当然エピフォンはギブソンに吸収されていましたが、ビートルズの連中の年齢を考えると、エピフォンというブランドは相当高級なイメージがあったのではないか?と思われます。 その辺りも、『カジノでオッケー』と考えた理由の一つではないか?と。 尚、最後に余談ですが・・・カジノとES-330は御指摘通りセンタブロックがありません。 ギターの分類上はセミアコではなくフルアコのウルトラシンライン(極薄のフルアコ)になります。 この薄いフルアコ、ギブソンやエピフォンだけでしか作ってなかったという事ではありませんが結構特殊な種類のギターです。 当然このボディ構造でなければ得られないトーンがあり、別に『涙の乗車券』のイントロを弾く為でなくても結構人気があります。 今やほぼ完全にギブソンのエントリーモデルに成り下がったエピフォンに於いても、カジノだけはなかなか廃止出来ないでしょう。 カジノを使い出したのは、メンバで唯一ギターを『色々とっかえひっかえ』研究していたジョージが、『このギターなかなかいいよ』と言ったのがキッカケ、という話が伝わっています。 元々ポールとジョンは、同業者?の友人の評判や『たまたま見つけて弾いてみたら結構良かった』という程度のキッカケで楽器を選ぶ傾向があり、自ら色々な楽器を試したり改造したりする事にはあまり興味が無かったといわれています。 (ビートルズのもう一つの『トレードマーク』であるリッケンバッカーも、『元はポールにリッ... A ベストアンサー アコースティックギターという名称は基本的に、電気的に音を増幅する機構を使用しないで音を出すギターの総称になります。 この中には、フォークギターも含まれますし、フォークギター以外にはクラシックギターやフラメンコギターなどのガットギターなども含んでしまいます。 ですので、アコースティックギターとフォークギターの間に違いがあるかどうかは、ちょっと比較する次元が違ってしまいます。 フォークギターと呼ばれるギターは、金属の弦を張っているアコースティックギターです。 基本的に、金属質の固めの音になることが多いと思います。 取り回しについては、スケール長も長めで、その分音域が広いものが多いでしょう。 ネックの幅もガットギターと比べると少し狭いと思います。 ガットギターは、ナイロンの弦を張ってあるアコースティックギターです。 音はフォークギターと比べるとマイルドな音になることが多いと思います。 取り回しについてですが、スケール長はフォークギターよりも短いことが多いので、その分音域は狭いものが多いでしょう。 ネックはフラットで、弦間隔もネック幅も広めのものが主だと思います。 仮にこの両者を比較しているとしたら、どちらが目的にかなうものなのかを見極めるのが良いでしょう。 音的な特徴や、演奏性、音量などを試奏などで体験してみて、自分のやってみたい音楽で使っているものに近いものを選ぶのが良いと思います。 蛇足ですが、エレキギターの一種で、構造的にアコースティックギターと同じようなボディが中空のものに、コイルのピックアップを載せたものを、フルアコースティック もしくはフルホロウ などということもあります。 こちらもアコースティックという言葉がつきますが、もしこちらのものとフォークギターとを比べているとしたら、音的にも取り回し的にも、まったく性格の異なるものになるでしょう。 また、アコースティックギターとして使えるギターの中には、アンプに対して出力できるような電気的機構を付け加えたエレクトリック・アコースティックギター エレアコ というものもあります。 先の説明を覆してしまうようなものになりますが、このエレアコについてはアコースティックギターの音をアンプで大きくするものと捉えるのが良いと思います。 こちらは、基本的にエレキギターとは異質の音になるでしょう。 いずれにせよ、楽器店に出向いて、それぞれのギターの音を聞き比べ、自分の好みや目的に合うものを選ぶのが良いと思います。 もし試奏することがためらわれるのであれば、店員さんに音出しをお願いすれば、代わりに音を出して聞かせてくれると思いますので、お願いしてみるのも手だと思います。 ただ、その場合でも、音は出さないまでも、抱えてみてボディのサイズを確かめたり、ネックの握り心地を確かめてみるのがよりよいでしょう 参考になれば。 乱文失礼しました。 アコースティックギターという名称は基本的に、電気的に音を増幅する機構を使用しないで音を出すギターの総称になります。 この中には、フォークギターも含まれますし、フォークギター以外にはクラシックギターやフラメンコギターなどのガットギターなども含んでしまいます。 ですので、アコースティックギターとフォークギターの間に違いがあるかどうかは、ちょっと比較する次元が違ってしまいます。 フォークギターと呼ばれるギターは、金属の弦を張っているアコースティックギターです。 基本的に、金属質... Q レッド・ツェッペリンが大好きです。 ツェッペリンを聞いて、その後洋楽を聴くようになったのですが、まだメンバーの名前も顔も知らない聞き始めのころ、「この人はギターが下手なのではないか」とふと思いました。 その後、ジミーペイジはギターが下手だという評判をあちこちで聞くようになり、自分の感想は的外れでないらしいとわかったのですが、彼はどれくらい下手なのか、そんなに下手なのになぜセッションギタリストとして重宝されていたのか、そうしたことが疑問に思えてきました。 私はギターどころかどんな楽器も弾けない上に音痴です。 なのでそんな人にもわかるように教えてくださるとうれしいです。 念のため。 レッドツェッペリンは大好きですし、ジミーペイジも大好きです。 Heart Breakerで、ペイジのソロをはらはらしながら聞くのも好きです。 A ベストアンサー こんばんは。 書かせて下さい。 大のZepファンです。 当然個々のメンバーひとりひとりのファンですし、 様々な思い入れもあります。 ジミー・ペイジに対してもそうです。 「ペイジは下手なのではないか・・?」 これって大昔から言われてましたし、「ハート・ブレイカー」のソロになると みんな大笑いしたり、ほくそ笑んだりするのは古今東西、老若男女、いつの時代でも「お約束」、 としてありながらも公の場で語るのは、「禁じ手」として暗黙の了解があったりなかったりで、 色々と複雑怪奇、奇妙奇天烈な事柄なのでありますよ(笑) さぁ「禁じ手」を破ってこの問題にメスを入れてみましょう!!! まずペイジがセッション・ギタリストとしてその名を轟かせていたのが ヤードバーズ加入以前の話ですから、65年以前の話ですね。 クラプトンが抜けたヤードバーズに ジェフ・ベックの推薦でベック共々ペイジは加入しました。 ベックがサイド・ギタリストとしてペイジを推薦したわけです「みんなジミーの事知ってるだろ?あいつ俺の後輩なんだ。 入れようぜ!。 」 ってな感じです。 ポイントがここにあります。 スタジオ・ミュージシャンで、すでにプロデューサーの経験もある ペイジは先輩ベックにサイド・ギタリストに打ってつけと目されたのです。 同世代の有名な「ソロ・ギタリスト」として名が上げられるのが、ベック、クラプトン、ジミヘン、リッチー・ブラックモア、サンタナなど超ギタリスト達がいっぱいおります。 でもこの人達は「ソロ」ギタリストとしての印象が非常に強いです。 インプロヴィゼイション、アドリヴ・タイプのギタリストですね。 ペイジのギターはこういうギタリスト達とは異なります。 彼のギターは、楽曲やバンド・アンサンブルの中で本領を発揮する、言わば「アレンジ・メイク・ギター」 の巧者だと言えるのです。 バッキングやリフ、サウンド・メイク、Zepが今でも偉大なのは、ペイジの巧みなアレンジ力と 他の3人の力、至福の化学反応の結晶だからだと断言できます。 60年代初期のセッション・ギタリストは、過激なギター・ソロも速弾きもそんなに求められません。 要は楽曲にマッチしたバッキングであればいいのです。 ペイジの才能はそのニーズに答え、数をこなす事により鍛えられ、磨かれ、名声を得るに至ったわけです。 ベックは後輩ペイジの才能を認めつつ、自分のギターをより際立たすためには、ペイジの バッキングやアレンジに長けたギターが必要だとわかっており、あえて「サイド・ギター」で ヤードバーズに加入させたのです。 速弾きみたいな運指がらみ、テクニックがらみの事を言うとペイジのギターの腕前には???が ついてしまう・・かもしれません。 しかしペイジには楽曲クリエイターとしての才能が他のギタリストより群を抜いて秀でている・・ これは揺るぎ難い事実です。 リッチー・ブラックモア先生が 「ペイジは本当にクレイバー(利口)なギタリストだ。 みんな(ペイジのギターの腕前について) 色々言ってるけど、昔から本当に上手いギタリストだ」 と事あるごとに誉めております。 私はうんうんとうなずいてしまいますね、この言葉には・・。 長くてごめんなさい、書き足りないくらいだけどこの辺にしときますね。 参考になれば幸いです。 こんばんは。 書かせて下さい。 大のZepファンです。 当然個々のメンバーひとりひとりのファンですし、 様々な思い入れもあります。 ジミー・ペイジに対してもそうです。 「ペイジは下手なのではないか・・?」 これって大昔から言われてましたし、「ハート・ブレイカー」のソロになると みんな大笑いしたり、ほくそ笑んだりするのは古今東西、老若男女、いつの時代でも「お約束」、 としてありながらも公の場で語るのは、「禁じ手」として暗黙の了解があったりなかったりで、 色々と複雑怪奇、奇妙奇天烈...

次の

イシバシ楽器店: アコギ・エレアコ

ギター 安い 店

ネットショッピングサイトを選ぶポイント まず、この記事はギター専門店で買わずにネットで買え、という趣旨で書いているわけではありません。 実際にギター専門店に行かないと得られない情報もありますし、特に楽器を購入するときはネットではなく店で試奏すべきです。 私が考える「どこで買うべきか?」を考えるポイントは以下です。 実績がある いくら安いといっても怪しいサイトでの購入はリスクが伴います。 それなりに名が知られていて実績があるサイトを選ぶべきかと思います。 このような話もありますので・・・・ 送料が安い 弦はそれほど高価なものではないので送料が高いと高くつきます。 それぞれのサイトでいくら以上買うと送料が無料になるというルールもあり、 自分の買い方 まとめ買いするか等 に合わせて送料を判断したほうが良いです。 他のギター用品も一緒に買える 弦が一番購入する可能性が高いといっても、他にもギター用品は必要になります。 そんな時、弦と一緒に他の用品も買えると便利です。 送料を安くする意味はギター用品以外も売っているといいかもしれません。 すぐに発送してくれる 必要になってから手元に来るまでの時間が長いと不便です。 とはいっても、 最近は名の知れたところであればどこもその日か次の日には発送してくれるという印象があります。 弦の種類が豊富 たまに弦の種類を変えるのはギター弾きの楽しみの一つかと思います。 ひいきにしている店にいろいろな弦があれば楽しみが広がります。 クラシックギター弦の通販サイトまとめ 1つ1つの店の詳細を書いていくと読むのが面倒なので、まずはざっくり特徴をまとめた表を作ってみました。 特に、ネット通販で重要な送料および支払方法について重点的に書いています。 特徴的なところは赤字にしています。 楽譜は無いが、一般的な楽器グッズ チューナーとか はある。 400円 or 440円 北海道、九州、沖縄、離島 2,000円以上の購入、あるいはPrime会員 コンビニ、ATM、銀行振込 ネットバンキング 、代引き、クレジットカード 楽譜もあり、楽器用品も意外とそろっている 店による 店による 店による いろいろな店があって目移りするが、メジャーな弦は手に入る。 とんでもなく安い店はない印象。 一般ネットショッピングサイト サウンドハウス SOUND HOUSE 楽器用品を専門に扱うネットショッピングサイトです。 あまり知られていませんが実店舗もあります。 ここは 送料も弦の値段も安いのが特徴です。 送料は最近改定されて1000円以上買えば無料になりました。 クラシックギター弦であれば1セット買えば無料になります。 弦は種類は豊富とは言えませんが、直輸入を行っているらしく他に比べて安いものが多いです。 直輸入といっても元々弦は日本語のパッケージになっているわけでもなく、電圧が違うわけでもなく、保証もそもそもないので問題ありません。 例えば、とかは結構安いです。 も安いと思います。 デメリットとしては クラシックギター専門店ではないので弦も用品も種類が多いわけではないところです。 また、弦に関する情報も多くないので買うものが決まっている人にお勧めといえるかもしれません。 ただ、安いものは安いのですし発送や問い合わせのレスポンスも速いので、私は弦を買うときの第1候補にしています。 Amazon. jp 天下のAmazonです。 ここは価格がしょっちゅう変わるので常に安いわけではありませんが、 たまにとんでもなく安い時があります。 最近はプロアルテのカーボンやニュークリスタルカンティーガが安かったです。 また、Prime会員であれば常に送料は無料ですし、そうでなくても他に合わせて買えるものが多く使いやすいです。 発送の速さもさすがメジャーどころだけあって十分です。 また、意外と知られていないかもですが、 楽譜が豊富です。 国内出版は大体手に入りますし、海外の輸入楽譜もちらほらあります。 複数冊買うとポイントが多く還元されることもありお買い得です。 私は安くなってないかな?と価格をチェックするようにしています。 楽天市場とYahoo! ショッピング とは日本のショッピングサイトのメジャーどころかと思います。 ここは様々な店が出店しているので、メジャーどころの弦は大体手に入ります。 しかしながら、店ごとに送料や支払い条件が違ったり、値段もまちまちなので、私はめんどくさくてあまり使っていません。 クラシックギター専門店の通販サイト 現代ギター 雑誌 現代ギターを出版しているです。 弦の種類は豊富ですし、楽譜やグッズも色々あります。 しかしながら、セール時以外は弦の割引率が他よりも悪かったり、送料無料になる条件が10,000円以上の購入でそれ以外は送料が高かったりします。 私はセールの時に他の物を一緒に買うときに利用するようにしています。 アウラ クラシックギター専門店 アウラです。 ここは何といっても 弦の種類が日本で一番といっていいくらい豊富です。 弦だけでなく楽譜やグッズの種類も非常に豊富です。 しかも割引率も良いうえに、弦のレポートもあったりして、ギター専門店が近くにない人にも新しい弦が試しやすい内容となっています。 送料が無料になる条件は高いですが、荷物の量に合わせて送料が変わるのでそれほど負担に感じません。 また、毎月セール品があったりします。 私は常にここのサイトをチェックして新しい弦の情報がないか確認しています。 media calm こちらもクラシックギター専門店です。 弦の種類はあまりありませんが、割引率もよく、送料も悪くありません。 支払方法が「後払い」という点が良心的であるように感じます。 このご時世踏み倒されたこととか無いんだろうかと心配になります。 ミューズ音楽館 名古屋のクラシックギター専門店です。 ここは 他のクラシックギター専門店よりも敷居が低く 5,400円で送料無料になります。 追記: 2019年10月1日に改悪され、7,500円以上で送料無料になりました。 弦の種類はそこそこですが、たまに独自のグッズを扱っていたりして面白いです。 それほど多くの弦を一度の買うわけではないけど独自のグッズがほしいときに利用しています。 海外のサイト Strings by mail 日本にも発送してくれるアメリカの楽器用品サイトです。 とにかく弦の種類が豊富で、日本では見られないようなものが多数あります。 グッズも見たことがないものが多いです。 値引き率はアメリカ製の弦は安いです。 たとえば、オーガスチン、プロアルテ ダダリオ 、アクイーラといったところは日本と比べるとえらく安いですが、フランス製のサバレスやドイツ製のハナバッハ、スペイン製のロイヤルクラシックスといった弦はそうでもないです。 送料はさすがに日本に送るとそこそこかかります。 保証がない方法だと安いですが、本当に保証がないので。。。 使い方を記事にしましたので興味があればご覧ください:.

次の