ライン ポイント を コイン に 変える に は。 LINE(ライン)ポイントの貯め方使い方!支払いに使える

LINEポイントとコインの違い・貯め方は?交換はできない?

ライン ポイント を コイン に 変える に は

スタンプショップのデメリット• LINEポイントから自動変換したコインより、チャージしたLINEコインのほうが優先して消費される• スタンプの価格すべてをまかなえる分のポイントに達していない場合、使うのが難しい スタンプの購入方法として一番身近なのが、LINEアプリ内からアクセスできる「スタンプショップ」です。 通常は、事前にクレジットカード決済やキャリア決済で購入した「コイン」を使ってスタンプを購入する流れです。 コインがなくてもLINEポイントがあればスタンプは購入できる LINEポイントでスタンプを購入する際も、コインでスタンプを買うのと同じ要領で買いたいスタンプを選び、[購入する]ボタンを押せばOK。 LINEポイントを保有している場合は「2ポイント=1コイン」の比率でLINEポイントがLINEコインに自動的に変換・合算され、スタンプを購入できる仕様になっています。 通常、LINEコインは「2. 4円=1コイン」としてチャージしますが、LINEポイントからコインへの変換レートは「2ポイント=1コイン」。 つまり、50コインをチャージする場合は通常120円必要ですが、LINEポイントだと50コイン分を100ポイント(1ポイント=1円相当なので実質100円分)でまかなえるため、20円分お得です。 左:LINEポイントが優先利用される場合 右:購入済のコインが優先利用される場合 ただし、LINEポイントから自動変換されたコインよりも、チャージしたLINEコインのほうが優先して消費される点に注意が必要。 LINEポイントを使ってスタンプを購入する場合には、コインのチャージ額が0、もしくはスタンプの値段に対してコインが不足している状態でスタンプを買う必要があります。 スタンプショップではLINEポイントの足りない分だけをコインでチャージして購入する、といったこともできません。 というのも、コインの最低チャージ額が50コイン(120円)に設定されているため、新たにチャージするとポイントよりもコインが優先されて消費されてしまうのです。 LINEのスタンプショップでスタンプを購入する 実際の手順については、以下の記事を参照してください。 LINEストアを使うデメリット• スタンプ価格をすべてまかなえる分のポイントが貯まっているなら、LINEストアよりスタンプショップのほうがお得(前述) 「」でも、LINEポイントを利用した有料スタンプの購入が可能です。 LINEストアは、SafariやGoogle Chromeなどのブラウザからアクセスし、LINEアカウントでログインして利用します。 左:すべてのLINEポイントを使う 右:指定した数だけ使うことも可能 買いたいスタンプを選んだら[購入する]ボタンを押し、決済方法の選択画面で[利用ポイントを入力]の項目をタップしてすべての保有ポイントを使うか、指定したポイント数を使うか選択しましょう。 LINEストアにはLINEポイントをはじめ、LINE Pay残高、各種電子マネー、プリペイドカードなど支払い方法が豊富に用意されています。 もちろん、LINEストアで購入したスタンプはLINEアプリ内で利用できます。 LINEストアの決済方法一覧 電子マネー モバイル楽天Edy WebMoney JCB PREMO モバイルSuica NET CASH Bitcash キャリア決済 ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い ドコモ払い auかんたん決済 クレジットカード VISA Master JCB AMEX ダイナースクラブ LINEサービス LINE Pay残高 LINEポイント LINEプリペイドカード LINEギフトコード LINEストアでポイント利用する一番のメリットは、使うLINEポイント数の指定ができる点でしょう。 たとえば、保有しているポイント数がスタンプの値段に満たない数でも、差額分をLINE Payなど他の方法で支払うことが可能です。 前述したスタンプショップのように、条件によってポイントが消費されないという事態にはなりません。 ただ、コインとの交換レートの関係で120円のスタンプを実質100ポイントでまかなえるスタンプショップと異なり、LINEストアで購入するにはきっちり120ポイントが必要。 この点では、スタンプショップに比べてLINEストアのほうがお得感が薄いといえます。 LINEストアでスタンプを購入する 実際の手順については、以下の記事を参照してください。 appllio. com LINEポイントでスタンプが買えない場合の原因と対処法 ここからは、LINEポイントを保有しているのにスタンプを購入できない、ポイントが消費されない、といったときに考えられる原因と対処法を紹介します。 前述した内容の繰り返しになっている部分も多いですが、目を通しておくと安心でしょう。 すでにスタンプ価格分のコインを有している(LINEポイントが優先利用されない) これは、LINEアプリ内からアクセスする「スタンプショップ」で購入するときに起こりがちなトラブルです。 スタンプショップでは、LINEポイントから自動変換されたコインよりも チャージしたLINEコインのほうが優先して消費されます。 LINEの「ウォレット」タブの上部を確認し、上の画像のようにコインがスタンプの購入に必要な分すでにチャージされている場合は、LINEポイントを保有していてもスタンプの購入に使われません。 スタンプショップでLINEポイントを使うにあたっては、上の画像のようにコインが0の状態かつスタンプ購入に必要な分のポイント数(最低100ポイント)が貯まっていなければなりません。 もしくは、スタンプの購入に満たないコイン数がある状態で、それを補える数のLINEポイントを持っている必要があります。 半端な数のLINEポイントを保有している場合は、スタンプショップではなく、1ポイントからスタンプの購入に充てることができるLINEストアを利用しましょう。 LINEストアの専用通貨「LINEクレジット」はLINEポイントでチャージできない(2019年12月31日以降) LINEクレジットのチャージ方法一覧にLINEポイントがない スタンプショップにLINEコインという専用通貨があるように、LINEストアにも1LINEクレジット=1円相当の「LINEクレジット」という専用通貨が用意されています。 ただ現状、LINEポイントはLINEクレジットにチャージできません。 しかし 2019年12月31日以降、LINEポイントはLINE Pay残高へ交換できなくなるので、LINEポイントをLINE Pay残高に変換してLINEクレジットにチャージするワザも使えなくなるのです。 LINEストアでLINEポイントを使う場合は、直接ポイントで支払うほかないというわけです。

次の

lineポイントからコインに交換できない?!問題の解決

ライン ポイント を コイン に 変える に は

LINEアプリには、お小遣いサイトのように、友だち追加や動画などの視聴で、簡単にポイントを貯めて、換金することができるLINEポイントというものがあります。 貯めたポイントは1ポイント1円として使用・交換 換金 することができ、LINEでスタンプや着せ替えなどを購入する際に、LINEポイントを利用して安く購入できます。 LINEアプリにはLINEポイントの他に、現金をチャージして購入できるLINEコインがあります。 LINEコインはLINEスタンプや着せ替えを購入するときに必要な、LINE上での通貨と言えるでしょう。 ですがLINE上以外での使い道はないです。 ここでは、 LINEポイントとLINEコインがそれぞれどういったものなのか紹介していきます。 LINEモバイルではLINE payカードをクレジットカード同様に扱っています。 なので、クレジットカードを持っていなくても、LINE payカードがあれば、LINEモバイルの契約が可能になります。 ただし、LINEモバイル解約時にスマホ本体代を分割支払いにした場合、LINE payカードを使うことができないので注意が必要です。 LINE payカードは銀行口座を登録して、オートチャージ設定をすることができます。 オートチャージ設定とは、「残高が〇円以下になったら登録している銀行口座から〇円チャージする」といった設定ができるのです。 この設定をしていれば、残高が0になってしまうこともなく、普段の買い物でスムーズに支払いをすることができます。 以前からLINEアプリでLINEポイントを活用していた方でしたら、ポイント交換機能が終了した時の「コイン交換機能終了のお知らせ」を知っているのではないでしょうか。 「コイン交換機能終了のお知らせ」ってなに?という方もいると思うのでこの終了のお知らせが何なのか、何が終了してしまったのか簡単に説明していきます。 LINEアプリでは、2017年6月6日以降、「コイン交換機能終了のお知らせ」の表示と共に、LINEポイントをLINEコインへの交換機能が終了となり、交換できないようになりました。 LINEポイントには「使う」「貯める」というタブがあり、以前は「使う」からLINEスタンプや着せ替え購入時に使用する、LINEコインに交換して購入できたのですが、その交換機能が終了となり使えなくなりました。 LINEポイントとLINEコインの自動交換はLINEアプリのバージョンアップに伴って追加された機能となっています。 なので、今使用しているLINEアプリのバージョンが古い場合、手動での交換機能が終了しており、自動交換が対応しておらず交換できないということになります。 LINEアプリを最新版にバージョンアップすることで、自動交換機能に切り替わるので、ポイントを交換できないといった問題を解決できるケースもあります。 他にも、根本的な解決方法ではないのですが、LINEポイントをLINEストアで使用する方法があります。 LINEポイントをLINE payに交換することで、間接的にLINEストアでLINEポイントを使うことができるのです。

次の

lineポイントからコインに交換できない?!問題の解決

ライン ポイント を コイン に 変える に は

ラインポイントの基礎的な部分を説明していくよ LINEポイントとは? LINEポイント」とはLINEの提供するサービスを利用して貯めることができるポイントです。 LINEポイントの価値 1ポイント1円として利用することができます。 LINEポイントをLINE Payに変えて、現金で出金することも可能です。 LINEポイントの有効期限 LINEポイントの 有効期限は180日です。 約半年間ですね。 短いように感じますが、最後にポイントを獲得した日から180日間となるため、 LINEポイントを獲得し続けていれば有効期限については気にしなくても問題ないでしょう。 LINEポイントとLINEコインの違い LINEコインはLINEのスタンプショップや着せ替えショップで利用できる独自のコインです。 LINEのアプリ上でLINEコインを購入することが可能です。 LINEコイン 現金 LINEポイント 50コイン 120円 100ポイント 100コイン 240円 200ポイント 150コイン 360円 300ポイント 200コイン 480円 400ポイント 500コイン 960円 1000ポイント 800コイン 1400円 1600ポイント 1600コイン 2800円 3200ポイント 3300コイン 5700円 6600ポイント LINEポイントをLINEコインとして交換し、利用することも可能です。 その場合換金率は2:1となります。 少量のコインならLINEポイントで交換する方がお得ですが、 500コイン以上を購入するならLINEポイントより現金の方がお得ですね。 LINEコインの使い道はかなり限られていますが、LINEポイントの貯め方や使い道は豊富となっています。 ここからはLINEポイントの貯め方と使い道について見ていきましょう。 LINEポイントの貯め方(もらう方法) ラインポイントの使い道はいろいろあるよ。 出口戦略を考えるのは重要だね。 LINE Payであれば、LINEの提供するさまざまなサービス(LINEマンガやLINEデリマなど)で利用できます。 LINE経済圏で生活している方はLINEポイントを貯めて有効活用すべきでしょう。 LINE Payを現金として出金することも可能なので、LINEポイントは現金化できるとも言えます。 LINEポイントはLINEコインへ2:1の割合で自動交換され、購入をすることができます。 LINEモバイルの携帯料金にLINEポイントを充当できる 月額基本料1パーセントのLINEポイントが貯まる。 貯まったLINEポイントを、LINEモバイルの毎月の支払いに充当することができます。 LINEオリジナル人気キャラクターのぬいぐるみをLINEポイントでGET LINEフレンズ公式オンラインショップで、LINEの人気キャラクターのぬいぐるみをLINEポイントを利用して購入することができます。 LINEデリマで料理を注文 料理の宅配サービス「LINEデリマ」もLINEポイントを利用できます。 1ポイント1円として利用が可能です。 キャンペーンをバンバンやっているので利用すれば、さらにLINEポイントががっつりもらえます。 スタバのドリンクチケットを友達にプレゼントできる ドリンクチケットをLINEポイント500ポイントで交換することができます。 このドリンクチケットでスタバの飲み物が、1杯500円まで無料になります。 500円を超える部分は、現金で支払いになります。 このドリンクチケットは、ライン上で友人にプレゼントすることができます。 同僚や友人の誕生日などにあげると喜んでもらえそうですよね。 もちろん自分用としても購入可能です。 LINEポイントをその他のポイントにも交換することもできます(2019年12月に一部終了) 交換先 交換比率 終了時期 dポイント 1対0. 909(交換率90. 909(交換率90. しかし、2019年12月25日に上記ポイントへの交換利用が終了となります。 注意LINEポイントは2019年12月25日よりメトロポイントに交換できなくなります。 LINEポイントは東京メトロのメトロポイントに1:0. 要するに、LINEポイントはメトロポイントを経由してANAマイルに1対0. そのため、旅行好きな方はLINEポイントをメトロポイントに交換しANAマイルに変えてみましょう。 「旅行もそんなに行かないし、マイルも貯めていない!」という方ならLINE PayにLINEポイントを移行すべし 旅行に行かなくて、マイルも貯めていないという方は、 LINE Payに変えることをおすすめします。 なら日常的な支払いに活用できますし、LINE Pay払いをすることで、さらに LINEポイントを貯めることができます。 LINE Payは利用額が増えればポイントアッププログラム「マイカラー」のカラーランクをあげることにつながります。 LINE Payを利用して稼いだLINEポイントは、再びLINE Payに変えて支払いに活用しましょう。 まとめ:LINEポイントとは?特徴・貯め方・使い方・交換先.

次の