迅速 な ご 対応 ありがとう ござい ます。 お早いお返事ありがとうの使い方は?対応へのお礼の敬語・丁寧語表現は?

「迅速な対応」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例

迅速 な ご 対応 ありがとう ござい ます

>上記の文は正しいでしょうか? 間違いではありません。 「迅速」は、非常に速いということです。 これに「とても」のような言葉をつけて、迅速よりさらに速いということを表現することは可能です。 下の有名作家の随筆にも「きわめて迅速に」という表現があります。 ですから間違いではありません。 しかし、「とても」という小学生でも使う平易な言葉と、「迅速」という難しい言葉は合いにくいですね。 迅速を使うのであれば、次のような文がよろしいかと。 「極めて迅速なご対応、誠にありがとうございます。 」 寺田寅彦 「芝刈り」 ・・・無数の葉の一つ一つがきわめて迅速に相次いで切断されるために生ずる特殊な音はいろいろの事を思い出させた。 ・・・ A. 2 です。 滑稽な文、ダサイ文というのは、浅薄な知識をひけらかしたくて、関係のないことをあれこれ書いて無用の長文にしてしまうことですね。 ほんとうに滑稽です。 ま、服装で言うと、歩くとお互いに触れ合って、ジャラジャラと音がするほど、ありったけの装飾品を身につけるようなもんです。 また、上はモーニングコートで、下はジーンズに下駄というような服装も滑稽ですね。 「とても迅速」の「とても」は小学生でも使う平易な和語です。 服装で言えば普段着です。 一方「迅速」は、普段の会話ではあまり出てこないやや難しい言葉です。 服装で言えばよそゆきです。 質問の語句がビジネスの礼状に使われるのでであるとしたら、ちょっと気をつける必要があるでしょう。 下のURLはビジネスレターの例ですが、このような形式ばったものでなくても、ビジネスの場合は、一定の節度や分別が要求されます。 くだけ過ぎにならないように注意しましょう。 迅速の 迅 は飛ぶという意味とジンという声符のつくりに道とか進むとかいう意味をあらわす? で出来た字です。 意味は「はやい」動きが速く激しい。 速はやはり「はやい」という意味。 これは漢語によくある「同じか近い意味の字を重ねて意味をはっきりさせる」語です。 漢字は同じ読みの音がたくさんあるために意味を間違いにくいようにできたやりかたです。 というわけで「とても迅速」は別に不都合や慣例を外れた場合の違和感はないと私は考えます。 今回の場合は違うと思いますが、「馬から落ちて落馬」式の重複はダサい場合もありますけど、あったとしても害が無い場合がほとんどとも思います。 現にこの漢語の同じ意味の字を2ヶ重ねるの自体が「馬から落ちて落馬」式の重複、とまでは行かなくても同義並列なのです。 「重複」もそうですね。 要するに重複によるダサさ、非エレガントさよりも確実、誤解・紛れの排除の方向にたいして言葉は寛容だと思って良いのではないでしょうか。 そのあたり数学とは違います。 ではどういう重複がダサいのかというと、… 、よくわからないので考えておきます。 その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、 どう書くのが正しいのかわからず質問します。 先程も言いましたが、 「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。 ~~して欲しい。 ~~見積もりを取って欲しい。 などです。 検索エンジンで調べてみましたが、出てきませんでした。 ビジネスマナーの本に例文として出ているかもしれませんが、 もしかしたら出ていないかもしれません・・・。 と思い、教えて欲しいです。 宜しくお願いします。 その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、 どう書くのが正しいのかわからず質問します。 先程も言いましたが、 「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。 ~~して欲しい。 ~~見積もりを取って欲しい。 などです。 A ベストアンサー 外注に対してですよね? それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。 しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。 また、「見積もりを取ってください。 」は文法的におかしいですね。 貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。 という意味になりますね。 貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。 見積もり依頼書 下記条件で見積もりをお願いします。 ~~の見積もりを取って欲しい。 ~~して欲しい。 外注に対してですよね? それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。 しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。 また、「見積もりを取ってください。 」は文法的におかしいですね。 貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。 という意味になりますね。 貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。 そう言われると、B社... A ベストアンサー 『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』 送る行為は、相手にも関わる事なので、 「送付いたします」と、致しますと言っていても、 「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。 「ご」は相手に対する「謙譲語」です。 「ご送付します。 」か「ご送付致します。 」が正しいです。 「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。 」が 正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が 丁寧です。 「お送り致します。 」でもOKです。 ・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。 例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。 連絡するのは 自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、 謙譲の接頭語「ご」を付けます。 相手に頼む場合は「お送りください。 」です。 civillink. 4です。 「思う」「考える」という表現は政治家の選挙演説でも頻繁に使われますが、 自信が無いようには感じませんよね。 主張が一言だけで終わらないのは演説もビジネス文書も同じこと、 意志や主張の強さは文脈の前後で調整していけば良いと思います。 ケースバイケースですが、 自分が「こうだ!」と思っても相手はそう思わない場合もあるので 文をマイルドにしてくれるこういた柔らかい表現、私は重宝していますよ。 A ベストアンサー こんにちは。 8/20の英語のご質問以来ですね。 ご質問: <「急かしてすまない」を敬語にするとどうなるでしょうか?> 「お急ぎ立てして申し訳ありません」 などもあります。 1.「すまない」はさらに丁寧な言い方だと 「申し訳ございません」 なども可能です。 2.「急がして」「急がせて」は、相手にある動作を「させる」という強制的な使役のニュアンスがあります。 3.この「使役」のニュアンスを、「立てる」がカバーすることがあります。 例: 「ご用立てして申し訳ありません」 =(常体)「用事を言い付けてすまない」 「お呼び立てして申し訳ありません」 =(常体)「呼びつけてすまない」 4.これらの「立てる」には、「物事や動作がはっきり表われるようにさせる」という、話し手の使役の意志が込められています。 従って「急ぎ立てる」=「話し手が相手を急がせる」という意味で使われています。 5.「お急ぎ立てして」「ご用立て」「お呼び立てして」の「お」「ご」などは、その動作を受ける相手に対する謙譲の接頭語となります。 以上ご参考までに。 こんにちは。 8/20の英語のご質問以来ですね。 ご質問: <「急かしてすまない」を敬語にするとどうなるでしょうか?> 「お急ぎ立てして申し訳ありません」 などもあります。 1.「すまない」はさらに丁寧な言い方だと 「申し訳ございません」 なども可能です。 2.「急がして」「急がせて」は、相手にある動作を「させる」という強制的な使役のニュアンスがあります。 3.この「使役」のニュアンスを、「立てる」がカバーすることがあります。 例: 「ご用立てして申し訳ありません」... Q 細かいことなのですが、最近TVのCMで 「ご利用は計画的に」 というフレーズを耳にします。 これが 「ご利用はご計画的に」 となると、「ご利用」と「ご計画」と二重の敬語になり おかしいから後の「ご計画」は「ご」を無くしても 問題はないと思うのですが、それでは 「ご連絡をお待ちしております」 と言う場合「ご連絡」と「お待ち」というふたつの 丁寧語が重なりますが正しい敬語としては差し支え 無いのでしょうか? 個人的な意見ですが、異なる敬語の音「ご」と「お」 なので音だけとってみると耳に触ることもなくて 良いと思うのですが、正しい言葉を使いたいと思います のでご意見をお聞かせください。 A ベストアンサー 簡単です。 ご利用、ご連絡、ご到着、ご出発..... これらは顧客など上に位置する者の行動に対して謙譲した言い方。 一方、計画的、積極的...... これらは単なる形容詞。 したがって「お」や「ご」をつける必要はありません。 「ご注文はお早めに.... 」、こうした言い方も実によく耳にしますが、これはもともと「ご注文をなさいます際はなるべく早めにお願い致します」を縮めたものですから、本来は「ご連絡は早めに..... 」で十分だったはずの言い方。 それがいつしか「お早め」といった言い方として慣用されたもの。 これ、「ご連絡は お早めにお願い致します」と口にしてみるとどこかおかしいはずです。 よく似た例では「生ものですから早めにお召し上がり下さい」という言い方もよく聞きますが、こちらはちゃんと「早め」のほうが多いものです。 Q おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 また、国語のカテゴリで質問しているのに恐縮ですが、文法的に間違っていたとしても一般的に違和感のない表現であれば構いません。 みなさんが普段使ってらっしゃる丁寧な表現をぜひ知りたいです。 よろしくお願いいたします。 この言葉の言い換えや言葉尻を変えるだけで言いやすくなる…なども教えていただけると助かります。 おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 A ベストアンサー はじめまして。 「教えていただけますか?」 が一番です。 女性的な上品さを持ち、かつ簡潔で、ひらひらした装飾部分がなく、理知的なイメージを与えます。 やや、丁寧なヴァリエーションは 「教えていただけますでしょうか?」 があります。 ここまでが限度ですね。 それ以上の敬語(丁寧語)の装飾を施しますと、妙に軽薄なオーラが漂います。 ちなみに「ご教示」という言葉は、漢語ですので、男性的な堅さを醸し出します。 女性にはエレガントではありません。 また、「~ませんか」「~ないでしょうか」という否定語との複合語は、相手に「~してくれないということはありませんよね」という二重否定の婉曲表現になっていますから、遠まわしで、素直な感じがしません。 ここは素直に「~くれますか」といった肯定形が、率直でストレートに伝わります。 要は好き好きですので、ご参考になさって下さい。

次の

「早速のご対応」は敬語?意味とメールでの使い方、読み方、英語表現を解説!

迅速 な ご 対応 ありがとう ござい ます

「迅速な対応」という言葉はビジネスシーンで多く使われますので一度は耳にしたことはありますが、実際にどんな場面で使用し、どんな相手に使うのか分からないまま使用していることもあります。 「迅速」という漢字がどんな意味か、どんな相手に使うかというのはビジネスで必須となるマナーになりますのできちんと把握をしておいてください。 「迅速なご対応をしていただき、誠にありがとういました」という表現は、相手先や取引先の素早い対応にたいして、感謝の気持ちをあらわす表現になります。 ビジネスシーンでは、このような言葉のかけ方がとても大切になります。 この声かけひとつで相手の対応も変わってくるので感謝の気持ちを伝えるためにも活用してください。 メールでの使い方 「迅速な対応をしていただき」は感謝を表す言葉なので、ビジネスメールで相手に送る場合でも「迅速なご対応をしていただき、誠にありがとういました」で十分に伝わります。 もう少し格式高く使用したいときは「平素より迅速なる対応をしていただき、厚く御礼申し上げます」という使い方もあります。 「言い方」や「書き方」も大事です。 しかし言葉をいかに丁寧にするかではなく、「感謝の気持ち」や「まごころ」を伝えるということが大切になります。 「いつも迅速なる対応をしていただき、大変助かっております。 」「迅速なる対応をしていただき、まことにありがたく感謝いたしております。 」など感謝が伝わる自分なりの文章をアレンジしてください。 オークションやフリマサイトでの使い方 ネットオークションなどの個人間取引において、相手が素早い対応をしてくれるととても安心感があり信用できます。 その取引相手の素早い対応へ感謝を表す表現で「迅速な対応、ありがとうございました」という表現がよく使われます。 最近は個人間取引の利用者が増加していますが、その中で「迅速」という言葉にはじめて出会う人もいます。 相手の見えない個人間での取引は、目や声で伝えられない分文章での伝え方がとても大切になります。 たとえ一回のみのやり取りだとしても素早く対応してくれた事への感謝の気持ち、安心感をきちんと伝えてあげると自分も信用される取引相手になっていきます。 個人間取引相手の素早い対応へ感謝する表現に「迅速な対応をしていただき、ありがとうございました。 とても安心できる出品者様(落札者様)でした」というものがあります。 感謝の気持ちは取引をとてもスムーズに進めることができるのでぜひ活用してください。 Web電話帳を導入しませんか? 「迅速な対応をしていただき、ありがとうございました。 」という敬語表現を使うことで取引先と円滑な関係を作ることができます。 このような言葉のかけ方ひとつで、相手の印象や対応も変わってきます。 取引先の素早い対応にたいして、丁寧な敬語で感謝の意思を伝えることがビジネスを円滑に進めていくための重要なポイントです。 「適切な対応をしていただき、感謝しております」「迅速な対応に感謝いたします」という表現もこちら側のリクエストやクレームなどに対し適切に対応してくれた感謝の意味があります。 「迅速な対応」というのは「相手の行ってくれた仕事に対して素早くお礼の気持ちを伝えたいとき」などに用いるので覚えておいてください。 他にもビジネスシーンや普段使える例文・英語での例文などもご紹介いたしますのでご活用ください。 「ありがとうございます」を使用した例文 「迅速な対応」の例文として一番多く使用される「ありがとうございます」に焦点をあてて例文をご紹介いたします。 「ありがとうございます」はとてもストレートな感謝の表現なのでどんなシーンでも使えるので、しっかり覚えて活用してください 「迅速なご対応をありがとうございます。 」は大丈夫ですが「迅速なご対応をしていただきをありがとうございます。 」という表現は使用できません。 「~いただき」を使いたい場合は「ご対応」を「対応」に変えて「迅速な対応をしていただきありがとうございます。 」となりますので注意してください。 「~いただき」を使用しない場合は「 迅速な対応、ありがとうございました。 」でも「迅速なご対応、ありがとうございました。 」でも大丈夫ですが、「 ご迅速なご対応、ありがとうございました。 」という「迅速」と「対応」の両方に「ご~」をつけてしまうは敬語表現として間違いなので気をつけてください。 「ありがとうございます」以外を使用した例文 「ありがとうございます」とよく似た表現で使われる言葉の例文もご紹介します。 「ありがとう」以外の表現を使って相手に感謝を伝えたい場合には、ストレートに「感謝します」「感謝しております」の言葉を使でもいいです。 「 迅速な対応に感謝します。 」「迅速な対応に感謝しております。 」という直接的な感謝の言葉を伝えても相手は喜びます。 それ以外に「助かりました。 」「とても助かりました。 」という表現も、相手に自分が困っていた時にとても助けになったことへの感謝が直接が伝わる表現になります。 「迅速な対応をしていただき、とても助かりました。 」感謝と合わせて「迅速な対応をしていただき、とても助かりました。 感謝します。 」としてもいいです。 言葉にはあまりこだわらず、自分が感謝した気持ちを相手に伝えることがとても大切なので難しく考えずに感謝を表す言葉をたくさん相手に伝えるように心がけてください。 ビジネス英語での例文 「迅速な対応」の英語表現は多くありますが、代表的なものをご紹介します 「わたしたちはあなたの迅速な対応に感謝します。 」というのは「We would appreciate your prompt response. 」になります。 「わたしはあなたの迅速な対応に感謝します。 」 は「I am grateful for your speedy handling. 」や「I am grateful for your prompt response. 」他にも「I appreciate your swift reply. 」も使われます。 少し丁寧な言い回しをするなら「わたしはあなたの迅速な対応に心から感謝します。 」を意味する「I sincerely appreciate your swift action. 」や「あなたの迅速な対応に、心から感謝しています。 」の「I sincerely appreciate your swift action. 」などを活用してください。 ビジネス英語のメールでの例文 ビジネス英語でのメールにも相手への感謝の気持ちを伝えると相手に好印象を与えることができます。 一言添えるだけで違いますので活用してください。 メールで書く場合の「迅速なご対応に感謝しております。 」というのは「Thank you for your quick response. 」が一般的です。 もう少し丁寧な表現で「迅速なご対応に感謝いたしております。 」は「Thank you very much for your quick response. 」や「I am very grateful with you quick response. 」などが使われます。 もっと相手に直接的な感謝の気持ちを伝えたい時は「あなたが迅速に対応してくれたことに、心から感謝しています。 」という意味にあたる「I'm sincerely grateful for your swift actions. 」という表現を使うと相手にちゃんと伝わり、喜ばれます。 「迅速な対応」をもう少し丁寧な表現をしたい場合には、「ご迅速」や「ご対応」を使います。 ただし「ご迅速」と「ご対応」を一緒に使うことはできないので使用するさいには注意してください。 一般的には「ご対応」と表記するのが一般的なケースですが、実際にしようしてみると「迅速なご対応ありがとうございます」と少し堅苦しくなります。 そこまでへりくだる必要はないので、「迅速な対応をしていただき」の方が伝わりやすいです。 「~いただき」だけでも十分な丁寧語になりますし、回りくどい丁寧語は返って失礼に当たるので、言葉の言い回しより感謝の気持ちを伝えることを一番に考えてあまり堅苦しくない文章で相手に伝えましょう。 基本の「迅速に対応していただき、ありがとうございます。 」や「迅速なご対応、ありがとうございました。 」が一番無難な敬語・丁寧語の表現になります。 「迅速な対応」の尊敬語表現 尊敬語というの敬語の一分類のことです。 名前のとおり相手に対しての尊敬を表す言葉になりますので、自分が相手にたいして尊敬の意思伝えたいときに使用してください。 この場合の例文として「迅速な対応」という言葉に、尊敬語を合わせた使用方法をご紹介します。 「迅速な対応をしていただき、ありがとうございます。 」「迅速な対応をしていただき、感謝しています。 」「迅速な対応をお願いいたします。 」など相手を敬うことが尊敬語の基本となりますので、お礼の意や感謝の気持ちを合わせて使用してください。 「迅速な対応」という言葉に尊敬語を合わせて使うことで、相手が受ける印象もよくなります。 相手に感謝して丁寧に接するということだけではなく、人としての基本的なマナーがきちんと身につきますので自分の品位もあがります。 身構えずに自分の感じている感謝の気持ちを相手に丁寧に伝えられる言葉だということを心にとめて使用してください。 「迅速」と同じ意味合いのある「素早い」や「早速」、「敏速」など物事の進みぐあいが非常に速いときに使用する類似した言葉はたくさんあります。 これらの言葉を使用しなくてもコミュニケーションに支障がでることはありませんが、さまざまな言葉に使い方を覚えておくほうが言葉のマンネリ化をさけることができます。 言葉を使い分けるというのは難しいイメージがありますが、「迅速」という言葉を少し変えるだけで雰囲気の違う文章を作ることができます。 同じ言葉でも理解をすればその状況に応じて使うことが簡単になりますし、敬語表現が気軽に使えるようになると自分の自信もにつながります。 感謝の意味のある言葉というのは自分や相手の気持ちを明るく前向きにしてくれますので感謝の気持ちを伝える言葉を知ることはとても大切です。 ここではさまざまな言い換え表現をご紹介しますので、ぜひご活用ください。 素早い対応 「迅速」と同じ意味の言葉であまり堅苦しくなく使用できるのが「素早い」という言葉です。 同じような意味の言葉なので、「 素早い対応をしていただき、ありがとうございました。 」「 素早いご対応に感謝してます。 」のように少し気分を変えて使用したいときに使いやすい言葉になります。 表現的にはビジネスシーンでも大丈夫なのですが、言葉のもつ印象は少しラフな感じもしますので、会社で使用する場合にはの取引先やお世話になっている上司に使うより、もう少し気軽な対応ができる場面で使用することをおすすめします。 それぞれの言葉には使い方や使うのに適した人がいますので、きちんと意味や用途を知った上で使用してください。 早速のご対応 「早速」は文字どおり「早く(速く 」対応してくれたという意味がありますし、「応じてすぐに」という意味もあるので、何かをやろうとしてからすぐにやり始める時や、何か要望がありその内容にすぐに応じないといけない時など「行うことが決まってからすぐに対応すること」を「早速」という言葉で表現します。 早速の敬語的な表現の「迅速」を例にした使い方としては、「早速のご対応をありがとうございます。 」「早速の対応をしていただきありがとうございます。 」「お早い対応に感謝しております。 」「早速のご対応に感謝しております。 」「早急なご対応、ありがとうございました。 」などをがありますので活用してください。 「早速」は「起こし言葉」なので文頭につけることができますし、目上の方や初対面の方に使うこともできます。 主な使用方法も「早速のご入金ありがとうございます」と使われますのでそれぞれのシーンに合わせて使用してください。 早々なご対応 「早々」は「そうそう」や「はやばや」と読みます。 どちらも一般的には目下の人や友人、知人、同じ立場にある人などに使いますが、お世話になった目上の方や取引先に使う場合は失礼にあたるとされます。 「迅速な」と同じように「早々なご対応を」と同じ文で用いられるため間違えやすいので注意してください。 目上の人や顧客に対しては「早々なご対応」の言葉は使用してはいけませんし、ヤフオクなどの取引相手に対してもあまり使わない方が良いでしょう。 相手にたいして「早々にとりかかってください」という敬語表現で表せますが、自分が命令している事に対して早急に行ってくれるようにお願いしていることになるのでこれは命令口調になります。 使い方で敬語表現も変わりますが、早々に関しては目上の人に使用しないよう注意してください。 早急なご対応 「早急」とは非常に急ぐことやその様子を意味するので、主に緊急時に相手に依頼するときの敬語表現で使われています。 「迅速」も急ぐと言った意味ですが、こちらはお礼の意味で使われますので「早急」とは少し違う意味になります。 「迅速」は対応をした後に使う言葉ですが、「早急」は問題が起きてこれから対応をするときに使います。 「早急なご対応」は、仕事をする上で対等な間柄の時に使用します。 緊急時に相手にお願いするときにも使用しますが、この言葉だけでは相手に対しての命令になってしまうので、ビジネス敬語としては「申し訳ありませんが早急なご対応をお願いいたします。 」など相手に対してお願いの気持ちを現す敬語を使うことをおすすめします。 「早急に対応していただけたので助かりました。 いつもありがとうございます」と最後に感謝を伝えてもよいです。 それぞれの状況に応じて違いをよく理解しながら言葉を使い分けて使用してください。 敏速な対応 社会人になると人間関係や人との接し方、話し方がとても変わります。 上司やさざまざな年齢、役職の方と仕事する機会が増えてきますので、それぞれの立場に適した話し方があります。 いざというときにきちんとしたビジネス敬語が使えるかで評価や信頼につながることがあるくらい言葉というのは大切になります。 打ち合わせなどで素晴らしいプレゼンテーションをしていても、伝えたい言葉の使い方や敬語が間違っていたら、一気に評価も信頼も薄れてきてしまいます。 「言葉は人をあらわす」ものなので、ちゃんとした敬語。 ビジネスでよく使用される敬語はしっかり覚えておくと今後の社会人生活においてとても強い武器になりますのでぜひ身につけてください。 ビジネスシーンでの使い方 「迅速」は相手に対する感謝の意味がありますので、職場の士気を高めたい時にも使えます。 大きな仕事の前に上司から部下に「迅速に処理していこう」と声をかけることで全体が前向きな気持ちになり士気が高まります。 部下が処理をしてくれた仕事に対しても「迅速に処理してくれてありがとう」と一言伝えると、相手は報われた気持ちになります。 「敬語」の中にあるのは常に相手に対する「敬う」という気持ちです。 丁寧な言葉を使用してもそこに気持ちが無ければ伝わらないですし、言葉自体が軽くなるので間違った敬語を使用してしまうこともあります。 「感謝します」や「勉強になります」などビジネスにおいては感謝の気持ちをどんどん言葉にのせることを心がけてください。 「迅速な対応をしていただき、ありがとうございました」は会社内の上司だけではなく、取引先やクレームなどどんな場面にも対応できる万能なフレーズなので大いに活用してください。 クレーム対応時の使いかた 仕事をしているうえで対応が難しいのがクレーム処理になります。 小さなクレームから会社全体にかかわるクレームとさまざまなクレームやリクエストがありますが、どの場合においてクレーム対応やクレーム後のお礼は素早く的確に返すことが大切です。 何か問題があったときには「直ちに対応いたします」という言葉を添えて処理をしてください。 取引先に対して敬語を使うことは、相手との円滑な人間関係を維持するうえでとても大切なポイントです。 取引先などにクレームやリクエストをする場合にも「ご確認いただければと存じます」や「お取り計らいのほどお願い申し上げます」と丁寧にお願いするといいです。 クレーム処理をしていただいた後のお礼も素早く的確に伝えてください。 「適切な対応をしていただき、感謝しております」は相手への感謝の気持ちをあらわす敬語表現なので相手の素早い処理にたいし、いち早くお礼の気持ちを伝えたいときに使用してください。 「迅速な対応」は「じんそくなたいおう」と読みます。 「迅速」には「迅」と「速」という、どちらも「物事の進み具合や行動が非常に速い」という意味を持つ漢字が使用されています。 「迅」と「速」の二つが重なることで速さの程度が上がり、「とても速い」という意味を持つようになります。 「迅速」とは物理的な物事や作業などのスピードが速いという言葉なので、「 迅速な対処」 「迅速に行動する」「迅速な報道」「迅速に処理する」など物事の処理などが素早く行われたときに使用してください。 「迅速」という言葉や少し硬いイメージがありますが相手に対しての感謝の意味があるのできちんと使用してください。 「迅速果敢」という四字熟語も「直面した物事に素早く決定を下し、躊躇せず即座に実行できる決断力があること」をあらわす言葉なのでビジネスシーンや小説などでよく使われます。 「迅速」とはポジティブな言葉なのでどんどん活用してください。 自分の品位と教養をあげる 最近はラインやツイッターなど感情や思い付いたことをありのままに表現できるツールが多くなっています。 そのため普段の言葉遣いも正しい敬語や日本語が使われていない、分からないという事態になっています。 言葉というのはその人自身の品格をあらわしますので、正しい敬語を知っているというだけであなたの品位と教養があがります。 敬語は「心のキャッチボール」なので相手に対する敬う気持ちがあり、そこから言葉がでてきます。 言葉に心がこもっていないと不思議と相手に伝わらないし、その言葉自体も間違っていることがあります。 ビジネス敬語でもある「迅速な対応」というのは迅速に対応をしてくれた相手に対する「感謝」なので気持ちがとても大切なです。 「迅速な対応」を含めたフレーズを覚えることでビジネス以外の人間関係も円滑に進めることができるようになりますので、社会人としてだけではなく一人の人間として活用していくことをおすすめします。

次の

「迅速な対応」とは?意味や使い方を英語表現を含めてご紹介

迅速 な ご 対応 ありがとう ござい ます

「早速のご対応」のメールでの使い方と例文 「早速のご対応ありがとうございます」の形で使うのが基本 「早速」は、「 早速のご対応ありがとうございます」という形で使用することが基本です。 「 素早く対応してくれてありがとう」という意味で、自分が依頼したことに対して、相手がすぐに対応してくれたということに対してお礼を伝える言い回しが「早速のご対応ありがとうございます」です。 「早速ご対応いただき、誠にありがとうございます」だとより丁寧 「早速のご対応ありがとうございます」は、「早速ご対応いただき、誠にありがとうございます」だとより丁寧な言い回しになります。 「〜いただき」は、 「〜してもらう」の謙譲語です。 謙譲語とは、相手に敬意をしめすために自分側の事をへりくだった言い方をする表現のことをいいますので、「ご対応いただき、誠にありがとうございます」は相手に敬意を示した丁寧であるということがわかります。 「早速のご対応を頂き」とも書かれることがありますが、 「いただく」を漢字で書く場合は「食べる・飲む」の謙譲語にたいしての場合となるため誤りです。 「物をもらう」「確認をしてもらう」などの動作に対する場合は、「いただく」とひらがなで書くことが基本となりますので、間違えることのないように使い分けましょう。 「ありがとうございます」を「感謝いたします」「お礼申し上げます」とするとより堅い印象に 「ありがとうございます」を、 ・感謝いたします ・お礼申し上げます などの表現に置き換えるとよいフォーマルな響きになります。 しかし、「ありがとうございます」も正式な敬語ですので、「ありがとうございます」のままビジネスメールで使用しても全く問題ありません。 「お忙しい中」「ご多忙の折」などと文頭に入れるとなおよし 「早速のご対応ありがとうございます」は、 「お忙しい中」「ご多忙の折」など文頭に入れるとなお印象が良いです。 「お忙しい中」「ご多忙の折」などは、「 お忙しいにも関わらず対応をしていただきありがとうございます」といういった意味で、忙しい中自分のために時間を費やしてくれたことに対しての感謝を表すことができます。 「お忙しい中」「ご多忙の折」などは単に社交辞令であるため、本来の意味と違い 相手が暇そうな場合でも使える言葉です。 この人は今、暇そうだから「お忙しいところ~」は使えない。 あの人は今は忙しそうだから「お忙しいところ~」を絶対に使うべき。 とか、そういった使い分けは必要ありません。 相手が誰であろうと「お忙しいところ~」は使うことができます。 「早速のご返信」もよく使う 「早速のご返事」もよく使う言い回しです。 自分が送信したメールや手紙に対してすぐに返事をくれたことにたいするお礼の言葉です。 「ご返信」は、「返信」という言葉に尊敬を表す接頭語の「ご」がついている言葉なので、目上の人に対して使用することができる言葉です。 社内の上司に連絡をとり、すぐに返信をもらったという場面にも使用することができます。 自分が目上に対応するときは「早速ご対応いたします」 自分が目上の人に対応するときは「早速ご対応いたします」という言い回しを使用します。 この場合の 「対応」についている「ご」は、「ご〜いたします」で謙譲語で、自分の「対応する」という行為をへりくだった表現をすることで相手に敬意をしめす言い回しとなります。 目上の人に何か依頼をされたというような場面で「すぐに対応します」という誠意をしめすことができる言葉です。 「早速ご対応いたします」と答えた場合にはすぐに対応し、時間をあけることがないようにしましょう。 「早速のご対応」の使用上の注意点 「早速の対応」は目上の人には使えない 目上の人に対して「早速の対応ありがとうございます」と言うのは失礼にあたります。 「早速の対応」は敬語ではないからです。 「対応」に尊敬を表す接頭語の「ご」を付けて、「早速のご対応」とするのがビジネスメールではマナーです。 「早速のご対応いただき」は誤った日本語 「早速のご対応いただき」は文法的に間違った日本語です。 正しくは「 早速のご対応をいただき」または「 早速ご対応いただき」になります。 「早速[の]ご対応」というふうに[の]を入れる場合は、「ご対応」が名詞扱いになります。 そのため、助詞「を」を使う必要があります。 または、「ご対応いただく」で一つの動詞として扱うことも可能です。 (二重敬語だと主張する人もいますが、慣習的に広く使用されている表現で、正しい敬語として現在では認められています) 「早速のご対応ありがとうございます」は上から目線になる可能性あり 「早速のご対応ありがとうございます」は場合によっては、上から目線になってしまう可能性があるので注意が必要です。 迅速な対応をするのが当たり前だと思っている人や企業に対して「早速のご対応ありがとうございます」と言ってしまうと、「もっと遅くやると思ってたのか?」「このスピード感で仕事するの普通だけど?」と感じる人がいるかもしれません。 (そこまで嫌味っぽく考える人は少数派だと思いますが... ) 相手側が多忙である事がお互いの共通認識で、かつ相手の返信や対応が著しく速かった場合のみに、この言い回しの使用を限定した方が無難と言えるでしょう。 「早速のご対応」の類語・言い換え 迅速なご対応 例文 「お忙しい中依頼したにも関わらず、早速のご対応ありがとうございます」 「早速のご対応、感謝申し上げます」 「早速のご対応ありがとうございます。 いただきました資料は次回の会議に資料として使用させていただきます」 「早速のご対応ありがとうありがとうございます。 再度検討させていただいたのに後で今週中にお返事いたします」 「お忙しい中早速のご返信ありがとうございます」 「ご多忙の折、早速ご対応いただきありがとうございます大変助かりました」 「お忙しいところ早速が対応いただき誠にありがとうございます」 「早速のご返信ありがとうございます」 「早速のご返信誠にありがとうございます」 「お忙しいところ早速のご返信ありがとうございます」 「迅速(じんそく)」は、「 物事の進み具合や行動などが非常に速いこと」を意味していて、「迅速なご対応」は「 非常に早い対応」というようなニュアンスで使用される言い回しです。 対応の尊敬語を使用しているため、目上の人やビジネスメールでも使用することができます。 近年では、ネットオークションなどの売買のやりとりで素早いやり取りで取引を終えられたという場面で「迅速な対応ありがとうございました」とお礼を述べることが多いです。 例文 「この度は迅速なご対応をしていただき、誠にありがとうございました」 「お忙しいところ、迅速にご対応していただき、ありがたく存じます」 「お客様からのご期待に応えられるよう、迅速なご対応をいたします」 早々のご対応 「早々(そうそう)のご対応」に使用されている「早々」は「ご対応を」修飾している副詞で、「 できるだけ早く物事を行なおうとする気持ち」を言い表す言葉です。 「早々」は「できるだけ早く」を意味しているので基本的に自分の行動、もしくは目下の人か同等に使う言葉とされていますが、 目上の相手がすでに完了した行為に対して感謝の意を述べるときは使用することができます。 例文 「突然のお願いにも関わらず、早々のご対応ありがとうございました」 「お忙しいところ早々のご対応誠に感謝申し上げます」 「この度は早々のご対応ありがとうございました。 送付していただきました資料は参考資料として使用させてもらいます」 早急のご対応 「早急」は、「 そうきゅう」と読みます。 また、「 さっきゅう」とも読むことができます。 そうきゅう」と読んでいる人のほうが割合はとてもお多いですが、本来は「さっきゅう」と読む言葉でるということも覚えておきましょう。 「早急」の意味は、「 非常に急ぐこと」で、「早急のご対応」は「 非常に早く対応をする」という意味になります。 丁寧な言い回しであるため、目上の人に素早い対応をしてもらったというお礼を伝える場面で使用することができます。 例文 「早急にご対応いただきありがとうございました。 お陰様でプレゼンは大成功をで収めることができました」 「早急にご対応いただけたお陰で、大惨事に至らず助かりましたありがとうございます」 「早急にご対応いただき誠にありがとうございました」 「早速のご対応」の英語 「早速のご対応」は「prompt response」「quick reply」 「早速のご対応」は英語で「prompt response」「quick reply」などです。 「prompt」「quick」は「迅速な、素早い」という意味の形容詞です。 「ご対応」は「response」「reply」などとします。 動名詞を使い、「handling」などとしてもよいでしょう。 「fast」は「(一定して持続的に)速い」を意味するので不適 「quick」と「fast」を混同してしまう人がいますが、ニュアンスに違いがあるので注意です。 「quick」は「瞬間的に速い」という意味であるのに対し、「fast」は「一定して持続的に速い」という意味になります。 「早速のご対応」は、一度の速い対応に対して使うので「quick」が適当となります。 例文です。

次の