ファイナンシャルプランナー三級 よく分かる。 【今こそお金に関する専門家】ファイナンシャル・プランニング技能士の勉強時間と方法

FP3級の難易度は高い!落ちたら痛い目にあう理由【まじめな勉強が必要】

ファイナンシャルプランナー三級 よく分かる

ファイナンシャルプランとは、人生計画やライフプランに基づいた、資金計画のシミュレーションです。 年金や給与などの収入、老後の生活費用、子供の教育費用、住宅費用などの項目について、生涯にわたる収支を予測できます。 ライフプランを検討する上で、持ち家を購入する場合の住宅費用は特に判断が難しい項目です。 建築家や設計事務所に依頼する注文住宅、ハウスメーカー、中古住宅などさまざまな選択肢があり、同じ金額でも実現する品質が大きく異なるため、適切な土地と建物への資金配分などの相談は、一般的なファイナンシャルプランナー(FP)では難しくなっています。 この記事ではこの記事ではファイナンシャルプランナー(FP)と一級建築士を保有する「お金と住宅のプロ」が、 ファイナンシャルプランで試算される項目の具体的な内容と、一般的なFPでは判断が難しい住宅費用について、適切なコストバランスを算出して精度の高いファイナンシャルプランを作成するポイントを解説しています。 この記事はこのような方におすすめです この記事ではライフプランを踏まえたファイナンシャルプランの相談方法や、ファイナンシャルプランで試算される各項目を実際の資料から解説しています。 特に、以下のような方に役立つ内容やメリットがまとまっています。 ファイナンシャルプラン作成のための相談方法や具体的な進め方が知りたい• ライフプランを踏まえたファイナンシャルプランの作成によってわかることやメリットが知りたい• 教育費用や住宅費用、老後の生活費など、将来的に発生する大きな支出がどれくらいになるのか把握したい• 賃貸に住み続けるのと持ち家を購入するのではどれくらい住宅費用が違うのかシミュレーションしてみたい• 家賃や住宅ローンの返済など、住宅費用が家計にどれくらい影響するのか知りたい• 銀行やハウスメーカーにもファイナンシャルプランナー(FP)がいるが、それぞれのメリットや選び方を知りたい ライフプランを踏まえたファイナンシャルプランの作成によって、 将来的な資金計画や備えが必要となる項目が明確になるため、特に住宅費用など大きな支出に対して安心して判断できるというメリットがあります。 ファイナンシャルプランの概要とメリット ファイナンシャルプランとは、子供の人数や、親との同居、持ち家の購入などのライフプランを下敷きに、給与や年金といった収入、老後の生活費や子供の教育費、住宅費などの支出についてキャッシュフローを試算したものです。 給与や年金などの収入、家賃や住宅ローン返済など住まいにかかる費用、子供が独り立ちするまでの教育費用、老後の生活費用といったさまざまな項目について、現在から将来にかけて毎年の収支がわかります。 ファイナンシャルプランは、 ライフプランの資金計画の見通しが立つ、無理のない住宅ローンの借入額がわかるなど、今後の大きな支出について長期的な視点から判断できることが大きなメリットです。 また、世帯主や配偶者が亡くなった場合の収支などもシミュレーションされるため、万が一の場合の備え方も分かります。 ファイナンシャルプランで重要となる、人生における3大支出とは ライフプランを検討する上で特に大きな支出となる 住宅費用・教育費用・老後の生活費用は「3大支出」と呼ばれています。 ファイナンシャルプランでは、主にこの3つの項目を軸にライフプランの収支を試算して、資金計画の安定性を判断します。 住宅費用 住宅費用とは、賃貸住宅の家賃や老人ホームの利用料、持ち家の購入費用や住宅ローンの返済、持ち家のメンテンス費用、火災保険料や地震保険料などが該当します。 3大支出のうち、住宅費用は特に扱いが難しい項目と言えます。 住宅を購入する場合、ハウスメーカーや工務店、設計事務所などさまざまな選択肢があり、人によって費用が大きく異なるためです。 また、住宅費用を同じだけかけたとしても耐震性や断熱性などの住宅性能や品質が異なるため、資産としての価値も千差万別です。 そのため、一般的なファイナンシャルプランナー(FP)は、返済しやすい住宅ローンの借り入れ額などは相談できますが、希望する住まいのグレードや住宅性能を実現するために、どれくらいの費用を見込めばよいのかは判断できないことがほとんどです。 ライフプランと資金計画から最適な住まい方を判断するには、住宅と資金計画の両方に詳しいファイナンシャルプランナー(FP)に相談し、住まいの計画とファイナンシャルプランを一体的に検討することが有効です。 ライフプランから最適な住まい方を判断する具体的な方法については、この記事のの項目で解説しています。 教育費用 ファイナンシャルプランでは、子供の教育プランにそって教育費用についての支出の推移や累計といった項目が算出されます。 子供の教育プランとして、幼稚園あるいは保育園、小学校、中学校、高校、大学といった各段階ついて、公立か私立かなどの条件が試算に反映できます。 子供が1人で、幼稚園~高校までが公立、大学が私立文系(自宅通学)の場合、教育費用の概算は1000万円程度となります。 教育費用の変動は主に子供の人数や、公立か私立かの選択に左右されます。 変動要因があまり多くないため、比較的資金計画が立てやすい支出と言えます。 老後の生活費用 老後の生活費用は主に年金収入や、資産の運用、貯蓄などの取り崩しによってまかなわれます。 総務省統計局による2017年の「家計調査報告」によると、夫が65歳以上・妻が60歳以上の高齢夫婦無職世帯における、年金などの毎月の平均収入は平均で月209,198円となっています。 2017年「家計報告書」より引用。 高齢夫婦無職世帯の家計収支のグラフ 一方、毎月の平均支出は、食費や光熱費などの生活費用と税や社会保険料の合計で263,717円となっており、毎月平均で54,519円の不足分が発生しています。 この不足分に対して、貯蓄などの取り崩しを充てている世帯が多いとされています。 ファイナンシャルプランでは老後の収支を詳細に試算するので、老後の資金計画が妥当かどうかを判断できます。 ファイナンシャルプランでわかることを実際の資料から解説 ファイナンシャルプランでは、給与や年金など生涯で得られる収入、住宅・教育・老後に関連する収支、万が一世帯主か配偶者が死亡した場合のシミュレーションなど、さまざまな項目のキャッシュフローがグラフや表で見える化されます。 次の項からは、以下のような30代の共働き夫婦を想定したシミュレーションを例に、ファイナンシャルプランの具体的な内容を解説しています。 世帯主(夫) 配偶者(妻) 子供(第一子) 年齢 31歳 33歳 0歳 働く期間 現在~65歳 現在~65歳 - 働き方 会社員 会社員 - 年収 438万円 284万円 - 給与や年金など生涯で得られる収入 ファイナンシャルプランでは、給与や年金、資産運用による定期収入など生涯で得られる収入が試算されます。 定年退職の時期や給与の上昇率なども反映されるため、長期的な収入の推移や全容が具体的にわかるというメリットがあります。 年収の推移が試算され、長期的な収入の全容がわかる 年金収入の項目でも、金額の推移がまとまったグラフや受給金額の一覧表が作成され、収入の全体像が確認できます。 夫婦の年金収入について、金額の推移や詳細な内訳が把握できる 子供の進学プランにそった教育費用 教育費用の項目は、子供の人数と教育プランを元にシミュレーションされます。 以下のような教育プランを例として解説します。 幼稚園・保育園 小学校 中学校 高校 大学 第一子 公立幼稚園 公立 公立 公立 私立文系 自宅通学 以下は、実際にファイナンシャルプランで作成される資料です。 年ごとの支出と累計、金額の内訳が示されており、支出のピークが来る時期や、いつ頃にどれくらいの備えが必要なのかが判断できます。 教育費用がピークとなる時期や累計、詳細な金額などから、備えるべき時期や金額がわかる 住宅ローンの返済など住まいにかかる費用 賃貸の場合は家賃や更新料、持ち家の場合は住宅ローンの返済、火災保険料、修理などのメンテナンス費用などがかかります。 また、賃貸から持ち家に移る場合、初期費用がかかるため支出が大きくなりがちです。 以下は、持ち家を購入した場合の、住まいにかかる費用をシミュレーションしたグラフと表です。 住宅ローンの返済プランや住まいのメンテナンス費用などが確認できるファイナンシャルプランでは、 住宅ローンの完済時期や、住宅費用の総額がわかるため、資金計画の安定性を判断できます。 将来の収入と支出の推移 ファイナンシャルプランでは世帯としての毎年の収入の総額と、住宅費用・教育費用・老後費用などをまとめた支出の総額が掴める資料も作成されるため、資金計画を総合的に判断できます。 下の2つのグラフは、世帯の収入と支出の総合的な内訳を示しています。 世帯年収の安定性や、老後の収入源、住宅費用や教育費用などが大きくなる時期などがわかり、資金計画の安定性が具体的に判断できます。 総合的な収入と支出の推移や内訳がまとめられており、備えるべき時期や金額が確認できる さらに、これらを合算した年間収支と資産残高についても確認できます。 以下の赤い折れ線グラフは毎年の総収入から総支出を引いた年間収支です。 0を下回った場合、支出の方が多くなっていることを示しています。 また、黄色い面で示されているのは、現金などの金融資産残高です。 0を下回ると貯蓄が底をついてしまった状態を示します。 年間収支の推移と金融資産の残高が示され、長期的なキャッシュフローが把握できる ファイナンシャルプランでは、 収支や貯蓄が安定する時期や、注意が必要な時期があらかじめ予測することができるため、大きな支出や資金計画に対する判断を安心して行えるようになります。 万が一、配偶者が死亡した場合のキャッシュフロー ファイナンシャルプランでは、夫婦のどちらかが万が一死亡した場合の収支についても試算されます。 下のグラフは、世帯主が亡くなった場合の試算です。 世帯の収入総額や、遺族年金などの金額、家計の支出などが確認できます。 また、収支がマイナスになってしまう期間の有無や、貯金の取り崩しなどでどの程度まかなえるのか、といったことも把握できます。 世帯主や配偶者に万が一があった場合の年間収支と資産残高もシミュレーションされる 住宅費用が正確に分かる建築士資格保有のFPに相談すれば、住まいの最適解が見つかります ファイナンシャルプランで試算される項目の中でも、人によって変動が大きい住宅費用については、住宅とお金に詳しい専門家に相談することで、大きなメリットが得られます。 一般的なファイナンシャルプランナー(FP)は、無理なく返済できるローンの借入額は分かりますが、住宅と土地の資金配分や、コストに対して実現できる住まいのグレードや住宅性能についての判断はできない場合がほとんどです。 また、ハウスメーカーに所属しているファイナンシャルプランナー(FP)の場合、自社の製品以外を紹介できないため、第三者としての客観的な意見を聞くことが難しくなっています。 一方、長沼アーキテクツは、ファイナンシャルプランナー(FP)でもある建築士です。 ファイナンシャルプランの作成はもちろん、希望する住まいのグレードや住宅性能の実現に必要なコスト、土地と住宅への適切な資金配分などが判断できるため、ライフプランと資金の両面から最適な住まい方をご相談いただけます。 長沼アーキテクツ 一般的なFP ハウスメーカーのFP ・土地と住宅への資金配分や、住宅性能や住まいのグレードにかかるコストなどが判断できる ・住宅にかかる総合的なコストから、適切な住宅ローン借入額など資金計画を判断できる ・長期優良住宅の取得や、住宅ローン減税の活用についても相談できる ・適切な住宅ローンの借入額などは判断できる ・土地と住宅への資金配分や、住宅性能、住まいのグレードなどによるコストは判断できない ・適切な住宅ローンの借入額などは判断できる ・自社製品しか紹介できないため、客観的な情報が得られにくい 長沼アーキテクツは、 土地に費用をかけすぎて耐震性や断熱性などの住宅性能に十分費用が回せなかった、希望の住宅グレードや住宅性能を実現したら予算オーバーした、といった事態を防ぎながら、相談者のニーズやライフプランをしっかりと反映した家づくりに実績があります。 また、住宅費用をより最適化する方法である、長期優良住宅の取得や住宅ローン減税の活用についても相談可能です。 長期優良住宅の取得や住宅ローン減税の活用を組み合わせ、税控除のメリットを最大化することで、品質の高い住宅をよりお得に建てることができます。 長沼アーキテクツは、耐震性能が高めやすく長期優良住宅の取得がしやすい住宅工法である「SE構法」にも対応可能です。 SE構法による注文住宅のメリットについて、詳しくは 「」で解説しています。 長沼アーキテクツでは、ファイナンシャルプラン作成と資金計画の相談をお受けしています。 詳しい内容やメリットについては、 「」をご参照ください。 長沼アーキテクツの「ファイナンシャルプラン作成コース」なら、ライフプランから適切な住宅のコストを判断できます 長沼アーキテクツの 「」は、お金と住まいの計画を一体的に相談できるサービスです。 ライフプランやお金の計画、住宅への希望などをヒアリングし、住まいにかかる費用や土地と住宅への資金配分などを明確にした上で、長期的な資金計画の妥当性をファイナンシャルプランで確認いただけます。 子供の教育プランや年金など、将来のキャッシュフローを確認する「お金デザインシート」と、部屋数や内装などのイメージ、家族構成、所有している家具など住宅設計への詳細な要望や前提条件を確認する「建築デザインシート」というツールを用い、資金計画や希望する住宅についてヒアリングを行います。 適切な住まいの規模やグレード、耐震性や断熱性などの住宅性能、床暖房や照明といった住宅設備などにかかるコストを詳細に確認できるため、 必要となる土地面積や立地・住まいのグレードとコスト・長期的な資金計画の妥当性がが明確になり、住まいについての判断を安心して行えることが大きなメリットです。 住宅のプロとしての経験や豊富な相談実績から、相談した段階では明確になっていない要望なども汲み取って反映しますので、住宅に対するイメージがはっきりしていない場合でも安心してご相談いただけます。 また、 相談後にお客様のご希望があれば設計依頼をお受けしますが、こちらから無理な営業などは行いません。 設計依頼が前提でなくても「ファイナンシャルプラン作成コース」はお申し込みいただけます。 「」はファイナンシャルプランの作成・資金計画の相談・住宅プランの相談が含まれます。 相談費用は通常33,000円ですが、相談後にサービス向上のための簡単なアンケートにご回答いただける場合、限定価格7,800円でお申し込みいただけます。 FP保有の建築士ならライフプランを踏まえた資金計画と、具体的な住宅のプランニングが一体的に相談可能です ファイナンシャルプランナー(FP)資格を保有する建築士の 長沼アーキテクツであれば、ライフプランを踏まえた資金計画や住まいの相談ができ、長期的なキャッシュフローから適切な住宅購入のコストを判断できます。 ファイナンシャルプランは、ライフプランをベースに生涯の収入と支出のシミュレーションする。 住宅購入など大きな支出の前に作成することで、長期的な資金計画の安定性が確認できるというメリットがある• ファイナンシャルプランでは、給与や年金などの収入、子供の教育費用、老後の生活費用、住宅ローンや持ち家の維持費といった住宅費用などの各項目について、生涯の収支がわかる• 住宅にかかるコストが正確にわかるFPに相談できれば、適切な土地と住宅への資金配分などが判断できるため、ライフプランと資金計画の両面から住まいの最適解を見つけられる• 「ファイナンシャルプラン作成コース」は、住まいの相談・お金の相談・ファイナンシャルプラン作成によって、ライフプランと資金計画から住宅のコストが判断できる 長沼アーキテクツは東京都新宿区(最寄り駅:都営新宿線 曙橋駅)の設計事務所です。 から、ご来社あるいはオンラインでのご相談をお申し込みいただけます。 ファイナンシャルプランナー(FP)の立場からライフプランや資金計画の不安を解消し、建築家の立場から家づくりにおけるあらゆる課題を解決します。 住まいとお金の相談が一体的にできる「ファイナンシャルプラン作成コース」は、業界でも類例のない長沼アーキテクツ独自のサービスとなっております。 お金デザインやファイナンシャルプラン作成に関する事例・リンク 長沼アーキテクツがFP保有の建築家として行う支援をまとめたページです。 住宅ローンなどの資金計画やライフプランの作成支援など、お金と住宅に関連するサービスを詳しく解説しています。 ファイナンシャルプラン作成など、長沼アーキテクツの「お金デザイン」サービスについて概要ををまとめています。 「お金と住宅のプロ」である長沼アーキテクツならではのサービスやメリットを解説しています。 注文住宅の費用対効果を高めるために、FP資格を持つ建築家である長沼アーキテクツを活用するメリットをまとめています。

次の

FP3級おすすめテキストまとめ

ファイナンシャルプランナー三級 よく分かる

1.ファイナンシャルプランナーってどんな資格? ファイナンシャルプランナーとは、節約から税金、投資、住宅ローン、 不動産、教育、老後、相続まで、ありとあらゆるお金のエキスパートのことです。 「ファイナンシャルプランナー」という資格名は聞いたことがあっても、「何かお金の勉強をするらしい……。 」というイメージで止まっている人も多いのではないでしょうか。 「お金」といっても、世の中で出回っているお金にはさまざまな形があります。 私たちのお財布の中にあるお金から銀行の預金、株式などの投資に回されるお金、国や地方公共団体が徴収する税金、企業が融資を受ける借入金など……。 ファイナンシャルプランナーは、これらの幅広いお金のうち、以下の6つの分野を扱います。 節約から税金、投資、住宅ローン、不動産、教育、老後、相続まで、ありとあらゆるお金のエキスパートなのです。 ライフプランニングと資金計画 2. 金融資産運用 3. タックスプランニング 4. リスク管理 5. 不動産 6. 相続・事業承継• ファイナンシャルプランナー(FP)になるには、必ずしも資格を持っていなくていけないというわけではありません。 しかし実際には、金融まわりの専門的な知識が求められることから、ファイナンシャルプランナーの資格を取得してから活動することが一般的です。 ファイナンシャルプランナー(FP)の資格と一口で言っても、資格には2つの種類があります。 ひとつは国家資格である「FP技能士」、もうひとつは民間資格である「AFP,CFP」です。 「FP技能士」には3段階のレベルがあり、易しい順に3級、2級、1級に分かれています。 FP技能士の資格試験は日本FP(ファイナンシャル・プランナーズ)協会と金融財政事情研究会(きんざい)の2団体が実施しています。 一度合格した資格に有効期限はなく、更新の必要はありません。 「AFP、CFP」には2段階のレベルがあり、AFPの方が取得難易度は易しくなっています。 AFP、CFPの資格試験は日本FP協会が実施しています。 難易度は、AFPが2級FP技能士と、CFPが1級FP技能士とほぼ同等の水準です。 FP技能士とは違い、AFP、CFPには資格の有効期限があります。 資格の認定後に定められる継続教育期間中(おおよそ2年間)に、AFPは15単位以上、CFPは30単位以上を取得することで資格を更新できます。 3.資格はどう役に立つの? 自分の生活にもキャリアにも役立ちます。 生涯にわたって考えたいお金の疑問を解決! 「結婚したら、保険に入った方がいいの?」 「マイホームを買うにはどの住宅ローンを選べばいいの?」 「子どもが生まれたら、教育費はいくらかかるの?」 「貯蓄や投資はどのようにすればいいの?」 「年金だけで老後の暮らしは大丈夫?」 など、 日々の生活から将来まで、生涯にわたって考えたいお金の疑問を解決することができます。 キャリアに役立てたい人 ファイナンシャルプランナーの知識は、ビジネスシーンでも大いに活用することができます。 特に、銀行や保険、証券などの金融業界、住宅メーカーや物件仲介業などの不動産業界では、業務上でFPの知識が役立つこともしばしば。 すでにこれらの業界で働いている方は仕事上の強みになりますし、社内登用でのアピール材料にすることもできます。 また、これらの業界への就職・転職を希望している方なら、FP資格を持っていれば、即戦力として採用の可能性も広がります。 さらには、知識を活かして独立開業の道、という選択肢もあります。 4.FPで学ぶお金の分野を詳しく! FP資格で扱うお金の分野は6つに分けられます。 知識は常にアップデートしていくことが大切です。 FP資格で扱うお金は6つの分野に分けられます。 年金関係など専門家ニーズの高い「1. ライフプランニング」、税金に関する知識の「2. タックスプランニング」は私たちにも比較的身近な分野です。 財蓄、債券、株式、投資信託など、選択肢が多い「3. 金融資産運用」分野の関連資格としては証券外務員などが上がられます。 素人には判断の難しい不動産取引での法律、税金についての扱う「4. 不動産」分野。 関連資格としては宅地建物取引士などが挙げられます。 また、「5. 相続・事業承継」は非課税枠などの仕組みを知ることで相続税の事前対策にもつながります。 その他、今入るべき保険などの不安を解消する「6. リスク管理」の6つです。 これらの分野は、世界情勢や市場の状況、法改正などに伴って常に変化しています。 ですから、FPとしての知識もアップデートしていくことが大切です。 日本FP協会や各教育機関では、継続研修やセミナーを随時実施しています。 定期的にブラッシュアップをすることで、より生きた知識として活用することができるでしょう。 まとめ こちらでは、ファイナンシャルプランナー資格についてとその魅力についてご説明しました。 仕事からプライベートまで幅広く役立に立ち、取得すれば活躍の場が広がりそうですね。 ファイナンシャルプランナーの合格を目指すのにおすすめなのがです。

次の

FP3級取得後、FPに家計診断を頼んだらどうなったか?、FPに家計診断を頼んだらどうなったか?意外な結末へ。

ファイナンシャルプランナー三級 よく分かる

2級ぐらいならサラリーマン一般や個人事業主ぐらいの対応レベルを想定していますが、1級の想定している範囲は会社のオーナー社長や不動産資産家などの富裕層への相談が背景にあります。 そのため、法人経理や税金の特例活用など、新しい内容が出てきます。 基本的な考え方は2級で学んでいるので、内容が難しいというよりも内容を掘り下げている・ボリュームが多いという感じになってくるでしょう。 しかも全分野を1日でやりますから、試験本番までに相当な勉強量が必要になります。 また、実技も金財の場合は実際に相談に答えるロールプレイングですので、窓口対応に慣れていないなら練習が必要です。 (FP協会の実技は筆記試験です。 CFPは科目合格が認められているので、働きながらこつこつやっていくのであればそっちの方がむしろ有力です。 試験対策はどちらの方法を採るにしても、過去問演習が重要な要素になります。 問題がパターン化されていることが多いので、前提知識と共に解き方にも慣れて短時間で解くという方針が必要になります。 A ベストアンサー FP1級受験者です。 (現在結果待ちです) 難易度だけで見れば、おそらく日商簿記1級の方が若干難しいと思います。 FPはどちらかというと広く浅くという感じですので、ある程度内容に慣れてくると簡単に感じる部分が出てきたりすることや分野ごとの足きりがないのと、FP1級を取るためのルートは複数設定されていますので、自分にあったルートを選べます。 ただ、FP1級の場合は何らかの形で受験資格が存在します。 受験するためにはこれを満たしているでしょうか?多くの人は2級あるいは3級から始めますが、2級にも受験資格がありますので、これを満たさないことには受験出来ません。 ここが誰でも受けられる日商簿記との大きな違いです。 FPの場合は、取ってから次にどうするというのとは逆に、仕事で取る場合はもともと何かコアになる資格を持っていて、その仕事の幅を広げるためにFPの資格を取るというケースの方が圧倒的に多いです。 そのコアになる資格は、税理士・社会保険労務士・証券外務員・行政書士・宅建主任者・司法書士・土地家屋調査士・保険代理店資格・キャリアコンサルタントなど非常に多岐にわたります。 FP1級受験者です。 (現在結果待ちです) 難易度だけで見れば、おそらく日商簿記1級の方が若干難しいと思います。 FPはどちらかというと広く浅くという感じですので、ある程度内容に慣れてくると簡単に感じる部分が出てきたりすることや分野ごとの足きりがないのと、FP1級を取るためのルートは複数設定されていますので、自分にあったルートを選べます。 ただ、FP1級の場合は何らかの形で受験資格が存在します。 受験するためにはこれを満たしているでしょうか?多くの人は2級あるいは3級から始めますが、2級にも... A ベストアンサー 資格の色んな意味での「即効性」を求めるなら「FP1級」でしょう か。 基本的に、宅建より難易度も高いという評価です。 ですが、本当 に役立つかは、職種により違います。 融資担当なら宅建の方が、担保 に絡む不動産や法的知識は必須なため重要ですし、渉外・得意先係な ら、税務やライフプラン二ングを絡めた営業活動にはFP1級の方が 重要である事が多いでしょう。 (まあ、1級だと、資産家や企業が主 な営業先な場合も多いので、当然に不動産や法的知識も必要ですが) ちなみに、私も銀行員で数年前まで、渉外係(個人顧客)をしていま したが、かなり相続の事を尋ねられることが多かったですね。 やっぱ り、ある程度の年配の方だと、大いに関心があるようです。 FPでも 相続の基礎は学びますので、税務と組み合わせて、一般論的な流れを 説明できれば(ちなみに、個別的な事は、税理士等の専門職でなけれ ば判断できません。 ご存じだと思いますが)信頼を得やすくなります よ。 その後、「日本FP協会」「金融財政事情研究会」の2団体だけとなり、厚生労働省が『技能士』資格の1つに認めたことで、実施団体が2団体のまま引き継がれる。 [この文章を書いている時点では、日本FP協会は1級と2級のみ実施] 1級の試験を受験する際に、CFP登録者(常に)又はCFP全科目合格者(全科目合格から一定期限内に)は「学科試験」が免除される。 AFP 日本FP協会が独自に認定している民間資格の名称。 同協会が認定するプログラム修了者にして、FP2級試験に合格した者が、同協会に登録する事で名乗る事ができる。 AFPの登録をしなくても2級に合格した事実は消滅し無いので、『2級FP技能士』は名乗れる。 AFP登録をした者は、2年間毎にAFP登録資格の更新手続きを要求され、その際に協会の定める単位を15単位取得しておく必要がある。 CFP 日本に於いては日本FP協会が認定している国際資格の名称。 元々はアメリカ発祥の資格であり、アメリカの他にもカナダ・フランス・イギリスなどにも存在する。 受験資格はAFP登録をしていること。 試験は6つのカテゴリーに分かれており、科目合格もある[科目合格したという実績は無期限で認められる] 登録する為には6つのカテゴリー全てに合格した上に、合格した年を含む前後一定の期間内に実務経験3年(相談・執筆・講演など)を有するか、実務経験に代わる講習を受けて3年分に換算される単位を取得している事を要する。 AFPのときとは異なり、CFPに合格しても『1級FP技能士』は名乗れない CFP登録をした者は、2年間毎にCFP登録資格の更新手続きを要求され、その際に協会の定める単位を30単位取得しておく必要がある。 kinzai. jafp. shtml 因みに私はAFP登録者であり、『技能士』の制度発足時には特例講習を受けて2級合格者の認定を受けております。 2年間で「15単位」(AFP)「30単位」(CFP)取得は困難・面倒と心配している方も居ますが、協会の冊子に2ヶ月毎に『誌上テスト』(1回10問で、たしか受験料が1回800円)が載っており、このテストに合格すると1回毎に3単位取得できます。 その後、「日本FP協会」「金融財政事情研究会」の2団体だけとなり、厚生労働省が『技能士』資格の1つに認めたことで、実施団体が2団体のまま引き継がれる。 この『技能士』に移行するに際し、後述しますがCFPは国際資格であることから、「日本FP... Q 今年の1月に3級に合格し、5月に2級を受験しましたが、学科があと2問、実技があと1問でした。 先日行われた試験も、自分なりに答えを合わせてみた結果、実技は受かりそうですが、また学科が2問たりませんでした。 検定試験というものにこれほど苦労したことがないので、自分の頭脳の衰えを感じつつも、何がなんでも1月に合格したいです。 ネットで調べると何冊にも手を出さずに、1冊を隅から隅までやってほうが良いとなっていたので、やったのですが、ダメでした。 なんでも良いので、合格された方のアドバイスをいただけないでしょうか? A ベストアンサー 私も9月9日に2級を受けております。 自己採点では学科8割、実技(個人資産運用)7割(配点は独自の見解にて採点)を取れました。 去年の9月に3級を合格してから自分は独学ですが、きんざい問題集を学科、実技ともに購入をして1回解きながら参考書を1冊とことんと見ながら理解をして、2回目は見ずに解きました。 きんざいの問題集は難しいので出題頻度が高いものを中心に解くようにしました。 そのあとに1問1問解説がある問題集をやると意外に簡単に解けました。 自分には3人子供がいるので夜と朝の30分~1時間を目安に週5日は最低でもやると決めておりました。 ちょうど9月からの対応の問題集がありますから一度購入してみてはいかがでしょうか? 自分も39歳になり覚えるのが大変でしたが毎日やると自然と試験にも対応できてよいですよ。 あとは決まりきった計算問題ですから得意な分野も作ったほうが良いと思います。 それでは1月頑張ってください。 応援しております。 私も9月9日に2級を受けております。 自己採点では学科8割、実技(個人資産運用)7割(配点は独自の見解にて採点)を取れました。 去年の9月に3級を合格してから自分は独学ですが、きんざい問題集を学科、実技ともに購入をして1回解きながら参考書を1冊とことんと見ながら理解をして、2回目は見ずに解きました。 きんざいの問題集は難しいので出題頻度が高いものを中心に解くようにしました。 そのあとに1問1問解説がある問題集をやると意外に簡単に解けました。 自分には3人子供がいるので夜と朝の3... Q 今、どんな資格を勉強すればいいのか迷っているのですが、 社会保険労務士という資格に興味が湧きました。 でも実はAFP(ファイナンシャルプランナー)という資格にも興味があるのです。 できれば努力して、2つとも勉強したいなと思っているわけなんですが、 友人に話してみると、資格にも相性があると教えてもらいました。 この社会保険労務士と、AFPは相性がいいのでしょうか? 2つの資格の中身を見る限り、なかなかいい組み合わせのような気もするのですが、 なにぶん私は素人なので、どなたか詳しい方がおいでになりましたらアドバイスをお 願いします。 他にも、ビジネス関連の資格で、 この資格とこの資格の組み合わせは強力!などの意見もお願いします。 A ベストアンサー 確かに、社会保険労務士とAFPは愛称がいいです。 ファイナンシャルプランナーには下記の業界団体のホームページ上の名簿を見れば分かるように、社会保険労務士を持っている方は多いです。 しかし、これは既に取得した資格で得た経験の結果として複数資格を得ることができたに過ぎないもののはずです。 cat200xさんが関心もたれている社会保険労務士もAFPも二足のわらじをはいたような勉強方法ではうからないと思います。 試験はかなり難しいですよ・・。 まずは、勉強しようとする資格を一つにねらいを定め、資格取得してから考えても、遅くないと思います。 それはそれとして、その他にも複数資格をとっている業界とかはありますけど・・・。 例えば司法書士と土地家屋調査士とか。 これも試験は難しいです。 calley. >1、1級FPを取得への方法を教えてください。 FP2級を取得した後でないと資格がないのか、また、どのような条件が必要なのかわかりません。 まずは・・・ FP技能検定試験の実施機関が、金融財政事情研究会(きんざい)、日本FP協会のふたつだということはご存知でしょうか・・・? 受検資格については、各実施機関のサイトに掲載されておりますので、ご確認ください。 kinzai. jafp. htm >2、1級FPを取得するための教育機関はありますか。 2級FPの教育機関は分かるのですが。 2級FP試験と違い、「1級FPの合格」は、「1級FPの実技試験の合格」と同じ意味です。 つまり、1級FPの実技試験の合格=1級FP合格ですので、当然、1級FP実技試験の受検資格を満たさなければなりません。 サイトをご覧になればわかるとは思いますが、1級FP実技試験の受検資格の主なものとしてはふたつあります。 ただし、 1 の1級学科を受検するためには、2級に合格していたとしても、実務経験が必要になります。 よって、実務経験がないまま1級に合格するためには、 2 のルートを選択しなければなりません。 ところで、No. 1の方が、 「1級の教育機関は2級を実施している所ではほとんど実施していると思います」 と回答なさっていますが、これは違います。 1級の受検対策の講座等を実施している機関はほとんどありません。 私が知る限りでは、 1級学科に関していえば、きんざいの通信講座くらいしかないと思います。 ただし、 2 のルートで必要になる「CFP試験」の受験対策の講座等を実施している機関はけっこうあります。 また、FP協会の1級実技の受検対策講座をLECが実施していたと思いますが、受講するほどの必要性は無いと思います。 なぜなら、この時点でCFPに合格するくらいの実力がついているわけですから、過去問等を解けるようになっていれば、独習で十分合格できるからです。 3、一般論でよいのですが、FP専門の事務所に入る場合、年齢の制限はありますか。 年齢にかかわらず、FP専門の事務所(独立系FP会社)の求人自体がほとんど無いと思います。 ただし、「FP専門」ということにこだわらなければ、「FP資格を条件」「未経験者可」としている求人はありますので、取得することが全く無意味だということはないと思います。 はじめまして。 >1、1級FPを取得への方法を教えてください。 FP2級を取得した後でないと資格がないのか、また、どのような条件が必要なのかわかりません。 まずは・・・ FP技能検定試験の実施機関が、金融財政事情研究会(きんざい)、日本FP協会のふたつだということはご存知でしょうか・・・? 受検資格については、各実施機関のサイトに掲載されておりますので、ご確認ください。 kinzai. jafp. htm... A ベストアンサー 先ずは学科試験合格オメデトウ御座います。 さて、2級しか持っていない者が書くのもなんですが・・・日本FP協会が行なう1級実技試験は「筆記」形式なので、難易度等を無視すれば2級実技の時と同じです。 jafp. shtml 基本的には学科試験のために購入されたかもしれない1級用(又はCFP用)テキストが参考書になると考えます。 jafp. shtml 或いは、このような講座や書籍が御座います。 fpk. shop-pro. tfp. lec-jp. jsp? さて、2級しか持っていない者が書くのもなんですが・・・日本FP協会が行なう1級実技試験は「筆記」形式なので、難易度等を無視すれば2級実技の時と同じです。 jafp. shtml 基本的には学科試験のために購入されたかもしれない1級用(又はCFP用)テキストが参考書になると考えます。 日本FP協会HPを見ると、過去問が模範回答付きで3回分掲載されておりますので、それを印刷為されて、自力で解いた上で、解答解説も作... Q 今日 FP協会の一級実技試験を受けてきましたが 過去数年間に比べ難易度が急に上がったような気がします。 普通の問題でも引っ掛け問題や難問があったほか 論述問題(金融ADR制度)なんか私をを含め受験生のほとんどが予測もしていなかったでしょう。 多少は書けましたが その問題の配点の1/3も取れなかったでしょう。 多分不合格 トホホ おそらく 合格率は 過去3年の95%以上を大きく下回り 20年試験の75%も下回るでしょう。 どうしてなんでしょうか・・・ 今年の受験生は損したような気がします。 過去の例だと論述問題は2年続けて同じ問題が出ますから 来年の受験生は楽勝でしょう。 どうしてこんなに難易度を上げたのか 不思議です。 A ベストアンサー たしかに これまでは金融商品取引法の適合性の原則とか、個人情報保護法関連などは 2年ないし4年も連続して全く同じ問題が出されているよな 今年が問題を変える節目の年として 諦めるしかないよ。 たしかに金融ADR制度なんか これまで普通の一級、2級の学科試験には一回も出ていないようだから いくら勉強を重ねていても ビックリするよな まあ、不合格者の来年の受験料稼ぎ(2万円)とかのゲスのカングリもしたくなるだろうが そういうこと無いだろうよ アテにならない慰めを言えば 配点は非公表だから その正答率を見て その問題の配点を下げる操作をするかもしれないなぁ。 ということは有り得ないだろうなあ まあ、来年に向けて頑張るか きんざいでも受けて見たら でも口頭試験は嫌だよなぁ(特に受験者が年配で 試験官が若造だと 偉そうに質問されるのも嫌だろうし) 答えにならなくてスマン.

次の