ポケモンソードシールド カビゴン 育成論。 【ソードシールド】カビゴンの育成論!超耐久超火力を秘めた物理アタッカー【ポケモン剣盾】

【ポケモン育成論まとめ】カビゴンの調整と対策『ソード・シールド/剣盾』

ポケモンソードシールド カビゴン 育成論

どうも、しんま13です。 エルフーンといえば、やどみがの害悪コンボで暴れまわるスタイルが有名ですね。 ですが今回紹介するエルフーンの型はやどみが型ではなく、後続の積みアタッカーを通すための完全補助型。 実際にランクバトルで使ってみて鬼のように強かったので今回紹介させていただきます。 エルフーンの基本スペック【種族値やとくせいなど】 まずはエルフーンの基本スペックを見ていきましょう。 エルフーンの種族値 HP 60 攻撃 67 防御 85 特攻 77 特防 75 素早さ 116 ・タイプ くさ・フェアリー ・とくせい いたずらごころ・すりぬけ ・ゆめとくせい ようりょくそ 合計種族値は480のエルフーン。 エルフーン最大の評価点がとくせい「 いたずらごころ」。 効果は変化技を使う場合必ず先制できるというものです。 このとくせいにより確実に1ターンの行動保証がされており、覚える変化技も豊富なため使い方次第では悪魔的な強さを誇ります。 このとくせいこそがエルフーンが害悪と呼ばれるゆえんですね。 冒頭でも紹介した通り、みがわりからのやどりぎのたねを使っていき、物理アタッカーにはコットンガードで積んでいくというのがエルフーンの主流スタイル。 一回コットンガードを積むと防御が3段階上がるので、みがわりも中々破れません。 そしてみがわりを連発すれば相手の大マックスを完全に防ぎ切ることができるのが強すぎます。 全て変化技です。 やることはシンプルで先発で出し、すりかえで相手にこうこうのしっぽを押し付け(持つと必ず後攻になるという効果)余裕があればひかりの壁を張りおきみやげで退場。 余裕がなければそのままおきみやげで退場。 そして後続の積みアタッカーを召喚し、ひたすら積みまくって勝利を狙うという立ち回りです。 いたずらごころで必ずこちらが先制できるのですりかえは相手があくタイプではない限り100%決まります。 別におきみやげが決まらなくても相手にこうこうのしっぽを押し付けた時点で、良い仕事をしたといっていいでしょう。 非常にシンプルな戦い方ですが、ほとんどの人がエルフーンのこの型を知らないので、ハマると鬼のように強いです。 ちなみに自分は後続の積みアタッカーにのろいでがん積みするカビゴンを使っています。 参考記事: なぜカビゴンにしてるのかというと、このカビゴンは耐久に全振りしているので、エルフーンが仕事をした後非常に積みやすいからです。 エルフーンが強く出れる相手 相手があくタイプではない限りこちらの仕事はだいたい実行できるので、あくタイプ以外には強く出れます。 (いたずらごころはあくタイプが相手だと変化技の効果がなくなってしまう) エルフーンが勝てない相手【逃げた方がいい相手】 あくタイプに対してはマジで何もできないです。 (特性いたずらごころはあくタイプに対しては変化技が全て失敗してしまうため) なので、バンギラス、サザンドラ、オーロンゲが相手のパーティーにいる場合選出しない方がいいです。 それと、ロトムも若干きつい。 というのもロトムは高確率でとつげきチョッキを持っており、そうなるとすりかえでこっちにとつげきチョッキが渡ってしまい出せる技がなくなってしまいます。 (とつげきチョッキは特防が1. 5倍になる代わりに変化技を出せなくなる) まあすりかえで相手にこうこうのしっぽを渡した時点で仕事をしたといってもいいので、ロトムが出てきても強気に選出してもいいですが、自分はあまりやりたくないです。 また、実際にバトルしてわかったのは、ドヒドイデ、ヌオー、トリトドンがいると全てが終わります。 というのもこの三体は能力変化をリセットする技を覚えるので、せっかくエルフーンからのろいガン積みカビゴンにつなげたところで、くろいきりでのろいの積みがリセットしジ・エンドになります。 なので、選出ぼ段階でこの3体がいるときはエルフーンを外し、プランBのパーティーで戦うようにしています。 積みアタッカーを誰にするのか問題 このエルフーンの型はアタッカーに繋げるための役割しか兼ね備えていないので、必然的に積みアタッカーを誰にするのかは最重要課題となってきます。 自分の考え方としては、後続の繋げるアタッカーは耐久力がある、もしくは耐久力を上げられる技を持っている奴にするべきです。 というのもエルフーンで相手の行動を大きく制限できるとはいえ、相手は眠っているわけでもないので普通に攻撃してくるし、交代されることもあるので、(というか高確率で交代してくる)相手の攻撃を受けきれるだけの耐久がないと結構きついのです。 そこで候補に上がってくるのが、 ・ のろいガン積みカビゴン ・ めいそうとけるマホイップ の2体です。 カビゴンは攻撃種族値が110あり、マホイップも特攻の種族値が110と、お互いもともと攻撃性能が高いのでちょっと積むだけで鬼のような強さを誇ります。 ちなみに努力値は全て耐久に振った方がいいです。 実際自分が使っているのろいガン積みカビゴンもHPと防御に全ぶっぱ。 まずは積まないと始まらないので、積むだけの耐久はないときついですからね。 実際にこのエルフーンをランクバトルで使ってみた感想 結論から言うと、 鬼強い!です。 エルフーンのすりかえおきみやげが炸裂してカビゴンのろいガン積みルートが出来上がると、カビゴンが鬼のように強くなり、相手は高確率で降参してきます。 もちろん相手のパーティーにオーロンゲや他のあくタイプがいるときはエルフーンは選出せずプランBパーティーで戦うのですが、逆に言えばエルフーンを出せる状況であればマジで強いのです。 出す相手を間違えなければ高確率で勝利確定。 なので、積みアタッカーを輝かせたい場合は、一度このエルフーンを使ってみてください。 以上、【ポケモン剣盾】害悪?究極の補助型エルフーンの育成論【ソードシールド】... でした。 youkenwoiouka.

次の

カビゴンの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ポケモンソードシールド カビゴン 育成論

高い特防と「とつげきチョッキ」によって特殊アタッカー対して非常に強く、真っ向から勝負をすることもできます。 対フェアリー。 ダイマックス時は防御を上げられる点も優秀。 対ゴーストタイプの技。 能力上昇を無視できるため、防御が上がっている相手にも使いやすい。 倒すのが難しいポケモンを無理やり突破する最終手段。 有利な相手には、ノーマル技やサブウェポンで攻めていくこともできます。 「まもる」は、カビゴンの高い耐久力と合わせることで、相手のダイマックスターンを消費させる他、相手の出方や道具の確認にも有効です。 対ゴーストタイプの技。 能力上昇を無視できるため、防御が上がっている相手にも使いやすい。 倒すのが難しいポケモンを無理やり突破する最終手段。 ノーマル技が半減される、鋼や岩を相手する場合の選択肢。 ゴーストへ使える技が減るため注意。 弱点をついて倒しやすい「ナットレイ」などのポケモンに効果的。 「あくび」による対面操作後に、交代先の飛行タイプなどに有効。 キョダイマックスカビゴンの育成論 基本型 性格 わんぱく 努力値 HP244 攻撃12 防御252 実数値 HP266-攻撃132-防御128-特防130-素早さ50 特性 持ち物 技構成 ・(ダイスチル) ・(キョダイサイセイ) ・(ダイウォール) ・(ダイウォール) 「キョダイマックスカビゴン」は、キョダイマックス技「キョダイサイセイ」により、 きのみを最大3回まで回収することができます。 ダイマックス中に回復しつつ攻撃できる数少ないポケモンなので非常に強力です。 対ゴーストタイプの技。 能力上昇を無視できるため、防御が上がっている相手にも使いやすい。 倒すのが難しいポケモンを無理やり突破する最終手段。 フィラのみリサイクル型 性格 わんぱく 努力値 HP252 防御252 素早さ4 実数値 HP267-攻撃130-防御128-特防130-素早さ51 特性 持ち物 技構成 ・(ダイウォール) ・(ダイウォール) ・(キョダイサイセイ) ・(ダイバーン) 回復量が多い 「フィラのみ」などの混乱実を、「リサイクル」で何度も使いまわしながら戦う、持久戦を基本とした型です。 専用技の「キョダイサイセイ」によって、攻撃しつつ回復するといった立ち回りができます。 ただし、「キョダイサイセイ」は確立で木の実を回収する効果であるため、余裕のある場合は「リサイクル」でHPを回復しましょう。 ノーマル技が半減される鋼や岩を相手する場合の選択肢。 ゴーストへ使える技が減るため注意。 対ゴーストタイプの技。 能力上昇を無視できるため、防御が上がっている相手にも使いやすい。 ドヒドイデやバンギラスに弱点を突ける技。 ダイマックス時は特防上昇が可能。 攻撃上昇の補助技。 HPを半分にする代わりに攻撃を最大まで上昇させる。 使用するときはHPの努力値を228にすると、使用後すぐにきのみが使える。 残りの努力値は攻撃へ。 倒すのが難しいポケモンを無理やり突破する最終手段。 カゴのみねむる型 性格 わんぱく 努力値 HP252 防御252 特防4 実数値 HP267-攻撃130-防御128-特防131-素早さ50 特性 持ち物 技構成 ・(ダイウォール) ・(ダイウォール) ・(キョダイサイセイ) ・(ダイバーン) 「のろい」で攻撃と防御を上げたあとに、回復手段として「ねむる」を採用しています。 「ねむる」使用後は、「カゴのみ」で即座に目を覚まし、HPを全回復して戦うことが可能です。 火傷などの状態異常にも強い点が、「ねむる」採用のメリットでもあります。 火傷の影響を受けない点が優秀。 ノーマル技が半減される鋼や岩を相手する場合の選択肢。 ゴーストへ使える技が減るため注意。 対ゴーストタイプの技。 能力上昇を無視できるため、防御が上がっている相手にも使いやすい。 ドヒドイデやバンギラスに弱点を突ける技。 ダイマックス時は特防上昇が可能。 倒すのが難しいポケモンを無理やり突破する最終手段。 カビゴンの役割と立ち回り 高耐久の物理アタッカー 「カビゴン」は高いHPと特防を持つ、高耐久の物理アタッカーです。 高い耐久を生かした受けポケモンとして戦うことも、攻撃を耐えつつ攻撃を上げて物理アタッカーとして戦うこともできるポケモンとなっています。 「フィラのみ」を始めとした、HPを回復できる木の実を持たせると、HPを回復しつつ攻撃できるので、非常に継戦力の高いポケモンです。 「トリックルーム」下のエースとして優秀 「カビゴン」は、素早さの種族値が低いので、「トリックルーム」下で多くのポケモンに先制して行動できます。 「ミミッキュ」で「トリックルーム」を使用した後に、カビゴンが先手で「のろい」を使い、防御と攻撃を上げる立ち回りが強力です。 カビゴンと相性の良いポケモン カビゴンが苦手な格闘技に強いポケモン 「カビゴン」が、格闘技に強いタイプのポケモンと相性が良いです。 格闘が無効に出来るゴーストタイプや、半減に出来る毒やフェアリータイプなどと組み合わせると、安全に交代する動きが出来るようになります。 そのため、その技を覚えられるポケモンでカビゴンが活躍できる場を作り出し、相手のポケモンをカビゴンで倒し切るという戦い方をすることができます。 弱点は格闘のみのため、弱点をつきにくいものの、弱点でなくても大ダメージを与えることは可能です。 鎧の孤島攻略ガイド 注目記事• データベース• お役立ち• 人気記事• ポケモン図鑑 分類別• 世代別ポケモン一覧• ワイルドエリア 攻略情報• ストーリー攻略 攻略チャート• トレーナーバトル• お役立ち• 育成論• 新着育成論• 人気の育成論• パーティ レンタルパーティ• パーティの対策• 掲示板• お役立ち 初心者におすすめ• やり方・方法まとめ• 新要素 鎧の孤島からの新要素• 剣盾からの新要素• English Walkthrough Wiki 英語版)•

次の

【ソードシールド】カビゴンの育成論!超耐久超火力を秘めた物理アタッカー【ポケモン剣盾】

ポケモンソードシールド カビゴン 育成論

カビゴン 種族値 HP 160 攻撃 110 防御 65 特攻 65 特防 110 素早 30 ノーマル 合計種族値 540 特性 めんえき どく状態にならない あついしぼう 「ほのお」「こおり」タイプの技で受けるダメージを0. 5倍にする 隠れ特性 くいしんぼう HPがかなり減ってから使う「きのみ」を、もっと早くに使う カビゴンの特徴 カビゴンの長所 HPが飛び抜けて高い カビゴンのH種族値 160は、ほかのポケモンに比べてとてつもなく高い種族値です。 HPのステータスだけで十分耐久力のあるポケモンと言えます。 D種族値110も高いので、Cが中途半端な特殊アタッカーでは太刀打ちできません。 また耐久があるうえにノーマルタイプを持つカビゴンは、シングルバトル環境で活躍しているゴーストタイプ ドラパルト、ミミッキュなど の技に対して無効を取れることも優秀な点です。 攻撃ステータスも高水準 A種族値 110は、 ルカリオや ジャラランガなどと同じ種族値です。 すべての努力値を耐久力に振っても十分に火力を確保でき、「はらだいこ」で爆発的な火力を得ることも可能です。 技「キョダイサイセイ」が使える カビゴンがキョダイマックスすると、ノーマルタイプ技が「キョダイサイセイ」に変化します。 「キョダイサイセイ」は威力130で、食べたきのみを再生することができます。 そのため、使用した「オボンのみ」や「フィラのみ」を再生し、もう一度利用することができ強力です。 カビゴンの短所 防御が低い HPと特防の種族値は高いですが、防御の種族値が 65と少ない配分となってます。 カビゴンはかくとうタイプに弱点を取られてしまいます。 かくとうタイプは物理攻撃を繰り出すことが多いため、防御の種族値が低いカビゴンに取って天敵といえます。 素早さが極端に低い 耐久力に種族値を多く配分されているため、素早さが犠牲となり極端に低いステータスとなってます。 カビゴンの育成論一覧 のろい型.

次の