高良健吾 幼少期。 高良健吾!プロフィール!蛇にピアス!時計じかけのオレンジ!彼女は野崎萌香?

高良健吾!プロフィール!蛇にピアス!時計じかけのオレンジ!彼女は野崎萌香?

高良健吾 幼少期

2015年のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」では夫婦役を演じ、2019年には映画「カツベン!」でも共演したことでも知られている。 2020年6月18日発売の『FRIDAY』誌で、互いの自宅を行き来し、仲むつまじくコンビニで買い物する写真が掲載されるなど交際が報じられた。 双方の事務所とも「プライベートは本人に任せております」と回答しており、交際を否定しなかった。 好きなタイプ 高良健吾は好きなタイプについて、「優しく思いやりのある人」と話した。 また、容姿的にも内面的にも、綺麗な人より可愛い人が好みとも話している。 中学生時代から憧れていた女優として「宮崎あおい」と答えていることから、可愛い系が好きということが伺える。 しかし、昔、高良健吾は二次元の世界が好きだった時代もあり、その時の好きなタイプはアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』に登場する「綾波レイ」だったと語った。 性格 高良健吾は小学生まで内気な性格で、自分から前に出るタイプではなかったと話している。 しかし、中学生になってからは、内気な部分が徐々になくなってきたという。 また、天然な所もあり、今まで共演してきた女優たちからは、色んな天然エピソードを暴露されている。 女優の井上真央は、高良健吾におんぶされるシーンがあり、撮影後「重かっただでしょう」と高良に聞くと「30㎏以上は基本重いから大丈夫」と答え、「意外と女心が分かってない」と感じたと話している。 また、女優の吉高由里子は、撮影の合間に一緒に話をしていると、話の終盤で高良に「何の話しをていたっけ?」と言われ、吉高は唖然としショックだったと話している。 高良健吾は、天然というよりマイペースな性格でもある。 しかし、元々優しい性格で何事にも真面目である事もあり、周りからの印象は良い。 趣味 高良健吾の趣味は、映画鑑賞、旅行、ダイビングなどである。 高校生の頃から映画は大好きと話しており、旅行へは、仕事柄休みが少ない中でも必ず休みを取り、行くようにしているという。 旅行は、国内だけでなく海外へ行く事も多く、友人と一緒に行く事もあるが、一人で行くのも好きである。 また、初めてダイビングした時の快感にハマり、旅行に行く時は、ダイビングできる場所があるかどうか調べて行く程のダイビング好きだという。 特技 スポーツ好きな高良健吾の特技は、サッカーやアイススケートである。 学生時代はサッカー部に入部しており、ゴールキーパーを務めていた。 その他、スポーツ以外にも歌う事が得意である。 その歌声の評価は高く、2009年公開の映画『フィッシュストーリー』ではパンクのボーカル役を演じ、その歌声は長年やっていたかのようだと絶賛された。 プライベートでもカラオケに行くことが多く、十八番はアジアンカンフージェネレーション(アジカン)の歌だという。 デビュー前の経歴 九州熊本出身の高良健吾は転勤族だった為、引っ越しが多く、幼少期は友人もあまり出来ず、内気な子だったという。 しかし、中学時代は内気な性格も改善され、多くの女子生徒からモテていた。 そんなモテぶりは高校生になっても続き、高良健吾と写真を撮りたい女子の長蛇の列ができていたという。 高校時代はサッカー部に入部しており、地元の情報誌でアルバイトをしていた。 部活引退後に映画をよく見ていたことから俳優の仕事に興味を持ち始めたという。 それをきっかけに俳優の仕事に興味があることをアルバイト先である情報誌の編集長に相談し、現在の事務所を紹介してもうらう事となった。 その後、大学へは進学せず、高校卒業と同時に上京し、俳優として今に至っている。 出身・家族・学歴.

次の

べっぴんさん キャスト一覧&相関図

高良健吾 幼少期

べっぴんさんのキャスト 坂東すみれ(ばんどう すみれ)・・・芳根京子 幼少期・・・渡邉このみ 坂東家の次女で本作品のヒロイン。 子供の頃に母・はなに教わった縫い物が得意。 芯の強い性格で、決めたことは何がなんでもやり遂げる行動力を持っている。 想像力豊かで頭の中でイメージを膨らませる事が多い反面、集中しすぎて周りが見えなくなる事もしばしば。 既婚だが夫は戦地へ行っており、夫不在の中で子供を出産した。 地元・神戸の生家は空襲により失ってしまい、いまだ帰還しない夫を待ちわびながら子供を育てている。 終戦後は得意の洋裁の腕を活かし、3人の親友と共に子供服づくりを始める。 坂東すみれの実在モデルは、子供服ブランド「ファミリア」の創業者である坂野惇子 旧姓・佐々木。 【代表作】• 時をかける少女(2010年)• ヒカリ、その先へ(2010年)• カルテット(2011年)• 明日の光をつかめ 2011年 小野明美(おの あけみ)・・・谷村美月 幼少期・・・坪内花菜 坂東家女中・マツの娘。 父は幼いころに亡くなり、母と貧しい生活を余儀なくされてきた。 貧乏生活の反動もあり、金持ちに対して憎しみを抱いている。 一方、母親想いの優しい面も持ち、楽をさせたいとの思いから働きながら看護師の資格を取ったり英語を学んだりもしている。 その甲斐あってベビーナースとして外国人村で子育ての指導を行っていたが、戦争で職を失ってしまう。 戦後は看護師として働いている時にすみれと知り合い、当初はお嬢様のすみれを突き放すが、次第に協力していく。 小野明美の実在モデルは、ファミリアでベビーコンサルタントを務めた大ヶ瀬久子。 【代表作】• カナリア(2005年• ユビサキから世界を(2006年• 神様のパズル(2008年• 東京無印女子物語(2012年• たぶらかし-代行女優業・マキ-(2012年 多田良子(ただ りょうこ)・・・百田夏菜子 すみれの女学校時代の同級生。 後にすみれに誘われ会社の創設メンバーとなる。 明るくお調子者なムードメーカー。 少女漫画の影響からか恋愛に興味大で、ませた一面もある。 すみれ同様手先が器用で、女学校時代はともに『手芸倶楽部』のメンバーとして活動する。 洋服や小物作りが得意。 卒業後はお見合い結婚し子供を出産した。 多田良子の実在モデルは、ファミリア創業メンバーの一人である田村枝津子 旧姓・榎並。 ファミリアの手芸部門を担当した。 【代表作】• セーラー服通り(1986年)• おかみさんドスコイ!! (2002年)• てるてる家族(2003年)• ミナミの帝王シリーズ 麻田茂男(あさだ しげお)・・・市村正親 神戸の靴店「あさや」の店主の靴職人。 人当たりが良く真面目な性格で、腕も良いので顧客からの信頼を得ている。 職人肌で商品に妥協はなく、幼いすみれが物づくりへの興味を持つきっかけとなった。 すみれの師匠的な存在。 戦後はすみれたちに「あさや」の一角を貸し、商売に協力する。 また、すみれが商売を始めるきっかけを作った人物でもある。 モデルは「モトヤ靴店」の店主・元田蓮。 すみれのモデル坂野惇子が趣味の裁縫で作った写真入れを見て、そういう手作り品を売ってはどうかと提案した。 【代表作】• ひらり 1992年• 白い巨塔 2003年• 風林火山 2007年• だんだん 2008年 坂東さくら ばんどう さくら ・・・井頭 愛海 すみれの娘。 おとなしくまじめだったが、高校生になりすみれとすれ違うようになっていく。 好奇心から親たちの知らない世界へ足を踏み入れる。 村田健太郎 むらた けんたろう ・・・古川雄輝 君枝の息子。 成績優秀でしっかりした性格。 さくらと同い年。 状況に流されやすいさくらを心配している。 小澤龍一 おざわ りゅういち ・・・森永悠希 良子の息子。 明るいお調子者で、学年はさくらより1つ上。 ファッションに興味がある。 さくらたちをジャズ喫茶に誘う。 大村すず おおむら すず ・・・江波杏子 さくらたちが通うようになるジャズ喫茶「ヨーソロー」のママ。 面倒見がよく、客からの信頼も厚い。 河合二郎 かわい じろう ・・・林遣都 働きながらプロを目指すミュージシャン。 ジャズ喫茶でドラムをたたいている。 山本五月 やまもと さつき ・・・久保田紗友 「ヨーソロー」で働く女性。 さくらの1つ上だが学校には行かず、家出をして彼氏と同せいしている。 西城一朗 さいじょう いちろう ・・・永瀬匡 キアリスの新人社員。 上昇志向が強く積極的な性格で、紀夫と一緒に外回りをする。 中西直政 なかにし なおまさ ・・・森優作 キアリスの新入社員。 純朴でおっとりした性格のため目立たないが、次第に力を発揮するように。 べっぴんさん 相関図 クリックで拡大します 注目のキャスト。 気になるモデルとの年齢差 まだまだキャストは少ししか発表されていませんが、注目キャストはやはりヒロインの芳根京子さんでしょう。 現在まだ19歳。 若いです! デビューが2013年なのでまだまだ新人女優と言っても過言ではないキャリアなのですが、朝ドラヒロインの座を早くも射止めてしまうとは…。 2016年最も期待できる女優の一人と言われているのも納得です。 ただ気になるのは、やはりその年齢。 べっぴんさんの主人公・坂東すみれのモデルである坂野惇子さんが、物語のメインとなる子供服の店 モトヤベビーショップ後にファミリアに改称 を開店したのは1948年です。 坂野惇子さんは1918年生まれなので、当時30歳だったわけです。 19歳の若手女優さんが30歳の役を演じるのは多少違和感がありますよね。 もちろん朝ドラですから、主人公の年齢はストーリーが進むにつれて上がっていくわけでして、どこかで必ずズレは生じるのですが、ストーリーのメインとなる時期の年齢がキャストの年齢とずれまくっているのは少々不安材料であります。 まぁそれでもオーディションを通ったわけなので、逆に期待しても良いのかなとも思います。 どんな演技を見せてくれるのか楽しみですね! 相手役、夫のキャストがついに決定! もう一人の注目キャストはすみれの夫の紀夫のキャスト・永山絢斗さんです。 物語序盤は出征中という事もあり登場しないかも知れませんね。 しかし、史実では坂野惇子さんが起こした会社「ファミリア」の社長に就任され皇室御用達ブランドにまで成長させた人物ですし、べっぴんさんの中でも中盤以降のメインキャストの一人であることは間違いありません。 実在モデルの坂野通夫さんは1916年生まれで坂野惇子さんの2歳年上。 20代後半くらいのイケメン俳優がキャスティングされるのでは?と予想していましたが、予想通りの結果となりました。 僕の中で永山絢斗さんは、失礼ながら「ブレイクしそうでしない俳優」というイメージがあるのですが、べっぴんさんを機にディーンフジオカさんばりのブレイクをしそうな気がします。 他にもネプチューンの名倉さんやももクロの百田さんなど、異色キャストにも注目ですね! ベテラン実力派キャストたちとの化学反応に期待します!! 以上、べっぴんさんのキャスト紹介でした!•

次の

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう

高良健吾 幼少期

ソフトテニス部だった中学生時代 子供の頃の写真を見ても分かる通り、イケメンすぎてどこへ行っても目立っていたんでしょうね。 モテモテの武勇伝が多い高良健吾さんですが、 1つ目のエピソードは中学生の頃のことです。 中学2年生に上がる直前に、 高良くんが福岡から熊本市内の賃貸マンションに引っ越してきました。 彼は春休みの時点ですでにソフトテニス部へ入部してきたのですが、 「 すごくイケメンの転校生がやってきた!」とたちまち話題になっていました。 お母さんも鈴木杏樹似のものすごい美人で、気立てのいい人。 PTAの役員も「私がやります」と言って、快く引き受けてくださいました。 息子が転校先の学校になじめるように、お母さんも頑張っていたのだと思います。 べっぴんさん潔といつ恋で…より まだ中学2年生になる前の、春休み中のあいだにイケメンだと注目されていたなんて、さすがです。 新学期が始まってからどんな事になっていたのだろうかと考えると、ヤバそうですね。 【合わせて読みたい】 2. 体育祭でツーショット写真を撮りたい女子生徒が行列を作ってしまう! そんな高良健吾さんは、やっぱり 学校ではアイドル的な存在感を放っていたようです。 それがわかるエピソードが、 体育祭でツーショットを撮りたい女子が行列を作るというモテモテエピソードです。 転校してすぐに女子から告白される! 極めつけの3つ目のエピソードがスゴイですね! なんと、 転校初日にさっそく女子から告白されてしまうという事件があったらしいのですが。。 「 転校初日に告白されたけど(僕のことを)何一つ知らないのにどうして?と思う」「(男ばかりで楽しく遊んできたので)今一つ女の人に何を喋っていいかわからない」というようなことを語っていました。 引用:高良健吾ってどんな性格?兄弟もイケメン?家族構成は?より 以前トーク番組でこんなことをコメントされていましたが、普通の人はそんなコトないですからね…(笑) それでも、調子に乗って交際に発展しないところが、高良健吾さんの性格が硬派でシャイなコトを物語っているエピソードでもあります。 中学校の目の前には文房具屋さん 高良健吾さんは、昔から礼儀正しくて人懐っこい性格だったようです。 当時からすごくハンサムで、「あんたはジャニーズ系の顔だからジャニーズに行け」と言っていたくらいです。 それなのに、 性格も人懐っこくてね。 校舎の2階からよく手を振ってくれていました。 卒業式の日にも「 長い間お世話になりました」と挨拶に来てくれて……。 そんなことをしてくれたのは、 高良くんが最初で最後でした。 べっぴんさん潔といつ恋で…より なんでも、 中学校のすぐ目の前にある文房具屋さんの店主さんとのエピソードにこんなものが。 中学生の頃によく利用していたんでしょうけど、卒業式の日に「 お世話になりました」って律儀に挨拶に行く青年なんて、めったにいないだろうと思います。 さすがは、硬派で礼儀正しい男。 問題児だらけのクラスでも明るく夢に向かっていく件 高校生の頃から俳優への夢が芽生えていた どうやら、高校のクラスメイトに問題児が多かったらしく、高良健吾さんも危うく非行に走りそうになるのかと思えば、しっかり夢だった俳優の道へと進んだというのです。 当時のクラスは問題児だらけで、吹き溜まりのような状態(笑)。 実際話してみると純粋でストレートな奴ばかり。 本当に楽しいクラスでした。 そのなかで、 高良は8人の友だちを見つけたんです。 すると、だんだんと明るくなってね。 そこから 俳優デビューも決まり、みるみるうちに生き生きとするようになっていきました。 べっぴんさん潔といつ恋で…より 高校の恩師・日吉伸孝先生のコメントがこちらですが、 高良健吾さんは友人が8人もいたんですね! やはり人懐こくて皆から好かれる性格だったということでしょうか。 思春期の高校時代って、どうしてもちょっと暗い時期や反抗してしまうことも多いと思いますが、そこに染まらずに楽しい学生生活を送っていたんだということですね! 【合わせて読みたい】 3. 男気がありすぎて友人の代わりに殴られてしまう件 高校時代の高良健吾 最後は、めちゃくちゃ 正義感が強いコトがわかるエピソードです。 あるときクラスの生徒が「 高良にいじめられた」と言ってきたんです。 そこで高良に聞いたら「 ……そのとおりです」と。 私はいじめが許せないので、2発ビンタをくらわせました。 でも後で分かったのですが、 本当に悪いのは『いじめられた』と言ってきた生徒でした。 悪さしたことを高良に注意されたらしく、その逆恨みで私に嘘の報告をしてきていたんです。 ただ 高良は「本当のことを言えば、あいつの悪事がクラス中に知れ渡ってしまう」と思い、自ら殴られ役を買って出ていた。 そういうことができる、優しい奴なんですよ。 べっぴんさん潔といつ恋で…より こんな男気あふれるエピソードもあって、なんていい人なんだろうかとビックリしました(汗) もちろんそのあと、先生は高良さんに謝ったそうですが、それで怒ることもなく笑顔で神対応だったということですから、ポテンシャルが高すぎてヤバいですね。 「ジャスティス」です。

次の