シバター 撮影場所。 【悲報】シバターさん、マンション、嫁、子供を開示されブチギレ被害届提出

シバター救いたいシリーズはどこの海の場所(背景)で動画撮影している?

シバター 撮影場所

ステイホームというキャッチコピーがやたらと耳に残った 2020年のゴールデンウィークでしたね。 例年であれば、大型連休なので里帰りや旅行にデートなどで全国の 娯楽施設が輝きを増す時期でしたが今年はそうは行きませんでした。 基本的に三密と呼ばれる密閉・密集・密接に当てはまりそうな施設どころか不要不急の外出に相応しくない 娯楽施設は思い切り世間から叩かれたように感じます。 そのあおりを受けて甚大な被害にあったYouTuberがいます。 その人はパチンコYouTuberの 桜鷹虎さんです。 桜鷹虎さんは恐らく今の「 パチンコ」というジャンルのユーチューバの中でも後発組ながら、毎日更新と視聴者のニーズに応える実践動画などで有名になった人です。 今回はそんな 桜鷹虎さんについて記事にまとめました。 ぜひ、最後まで読んでいただけたら嬉しいです。 スポンサーリンク ただ人の容姿を 形容詞で褒めるというのは表現した人の主観の部分があまりにも強すぎるので 桜鷹虎さんがめちゃイケメンかは不明です。 合コンなどでは女性が連れてくる友達は100%近く可愛い友達を連れてくるとおっしゃるようですが、それも読んだ友達の主観であり、 形容詞の怖いところです。 ですが、個人的に 桜鷹虎さんの動画を毎回視聴していて、時々パチンコの液晶がブラックアウトした時に映る撮影者である 桜鷹虎さんは輪郭としては今風のカッコいい人に見えたことはあります。 桜鷹虎の動画の特徴 個人的には 桜鷹虎さんの動画はよく見ていましたし、 高い編集技術を持っているのでけっこう臨場感のある実践動画はまさに時間泥棒と言える質の高いものでした。 使う金額や遊戯データなども見せてくれるので、自分がお店で売っているような感覚で見れるのでファンも多く、パチンコYouTuberの中では再生数から推測できる広告収入は軍を抜いています。 その叩き出す 金額はYou Tubeの月間売上は600万~700万とも言われています。 ただ、あまりにも質が高い編集と内容や毎日更新などの高いハードルを連日乗り越えていることから 桜鷹虎さんは1人だけでは無いという説も出ています。 さらには会社勤めや借金というのもリスナーに共感を持たれるための設定と言う噂も流布していますね。 桜鷹虎がシバターを訴える動画で見せる静かな怒り 頑張れ桜鷹虎! — ゼンマイ manndamuo 桜鷹虎さんは今流行の 自粛警察や自粛ヤクザという 匿名性の高い相手から批判を受けたのではありません。 バッシングの相手は同じYouTuberである シバターさんという凄まじき影響力を持つ人から執拗にバッシングを受けて悪い意味で知名度が上がってしまいました。 その被害は普段なら聞き流すという 桜鷹虎さんの忍耐がブチ切れるほどのもので、ついには 民事訴訟と 刑事告訴という訴えを決断することになり、Twitter上では桜鷹虎さんとシバターさんのファンの間で話題になっています。 ちなみに下記の記事でも詳しく 桜鷹虎さんがシバターさんを訴えるに至った経緯を説明していますので、お時間を分けていただけるようでしたら読んでいただけたら嬉しいです。 上記に貼らせていただいた動画は、 桜鷹虎さんのシンプルな主張です。 動画タイトルにもあるように黒い背景に白地のふと文字で「 シバター訴えます」という恐ろしくシンプルな動画タイトルです。 この訴えにいたるまでの過程は他の記事でも紹介させていただきましたが、上記の動画はスライド動画という文字が下から上に流れるだけの単純な構成ですし、言葉もすごく丁寧なのですが、 明らかに本気で怒っていることがわかります。 今回の訴えは個人情報の公開を示唆する動画による 身の危険を感じ、訴えるしか手段がなかったとありますが、これはあくまでも建前ようのに思えます。 桜鷹虎さんは自粛を半ば強要されている状況でも、リスクを顧みずに休業要請を受けているパチンコ店に行き実践するほどタフな人です。 訴える動機としての本命は2つめの理由です。 誹謗中傷やデマの拡散による業務妨害行動への本気の怒りだと思います。 今回はあまりにも シバターさんによる一方的な挑発行為や業務妨害は度が過ぎていたと思いますが、 桜鷹虎さんも自粛をせずに休業要請を受けているパチンコ屋さんに動画を撮りに行くという負い目があります。 そこで、 桜鷹虎さんは今回の訴訟はお 金ではなくて自己防衛という主張をしています。 桜鷹虎さんの雇った弁護士との話しでは、今回の件は 仮に勝訴した場合は数千万円の損害賠償金になるそうです。 しかし、話しはここで終わりではありません。 仮にシバターさんを相手に勝訴して多額の損害賠償金を受け取ることになったら、その金額を 寄付するとありました。 この損害賠償金を寄付するという善行はやらない偽善よりもやり偽善として僕は応援したくなりましたし、 桜鷹虎さんとシバターさんの対立は桜鷹虎さんに追い風が吹くと思います。 これは 桜鷹虎さん ご自身の利益を捨ててでもシバターさんを潰すという本気の姿勢のように思えました。 今後の進捗も動きがあり次第動画で知らせてくれるとのことなので、今後も桜鷹虎さんとシバターさんの動きに注視していきたいと思います。 今回の記事も読んでくださってありがとうございました。

次の

へずまりゅう氏がシバター 氏の妻・子供に凸 監禁罪が成立か?

シバター 撮影場所

誹謗中傷、差別、ヘイトスピーチなどの人権侵害を、YouTubeから追放する活動をしている者です。 現在、動画の更新を休止中なのでこの掲示板にスレッドを投稿しました。 数日前、名前を公開しないことを条件に、とある写真を頂きました。 その人に話を聞いてみると、シバターは配信中にうっかり個人情報を出してしまったらしいです。 それをすかさず撮影した写真を頂きました。 これがその写真です。 郵便番号 231-0836 住所 神奈川県横浜市中区根岸町2丁目80-2 電話番号 08032750453 と書いてあるのが分かります。 住所をgoogleストリートビューで調べてみると、シバターの動画と一致する箇所が多々あり、 シバターが2年前にアップロードした自宅公開の動画でシバターが1階は貸していると発言していますが この住所の家も1階が薬局・病院になっているのでシバターの発言と一致します。 ここにシバターが潜んでいるのは間違いないでしょう。 シバターの自宅の1階にある薬局と病院も、シバターの資金源となっている可能性は高く、 シバターによる人権侵害・ヘイトスピーチを助長している事は言うまでもありません。 薬局と病院の名前も調べたところ、分かりましたので名前と電話番号を公開します。 コメントのチェックは随時行ってるので気になったことやシバターについて 報告したい事があれば私に連絡をお願いします。 シバター信者によるコメントは即削除・ブロックします。

次の

シバターさん、古くからの知人「かずきむぎちゃ」さんのフェニックス長田への凸動画を批判→かずきむぎちゃさんも反論動画で持論を展開

シバター 撮影場所

シャムが行ったのコメント欄で早速コンタクトを試みる。 その際「本物やで。 シャムさんのファンやで」と書き込んだところ、疑心暗鬼のシャムに「めっちゃ嘘やんけ」と有名投稿者の騙りだと断定されBANされてしまうというハプニングもあったが、本物であることを証明してシャムとコラボ動画の撮影を約束。 でシャムは「シバターさんがこっちまで来てくれるって言ってた」と発言しているので、貝塚へ行くことはシバターの方から申し出たようだ。 前述のように破壊動画や炎上狙いの動画で有名なYouTuberであること、PeerCast配信者に纏わる黒い噂があることなどから「やめたほうがいい」と視聴者に忠告されていたようだが、シャムは「自分もシバターさんでググったけど、実は良い人みたい、良い人なんじゃないかっていうーのはあったね」と発言していた(一応シバターに対し警戒心を抱いていたとも取れる)。 12月9日には動画の内容についても決定していたのか、コラボ撮影に向けてシャムが100円ショップへ買い出しに行き、コップ・スプーン・皿などを購入。 コラボ動画撮影 帰宅後にて、「シバターさんに悪いことしちゃったかな・・・オリジナルメニューでお腹いっぱいだった笑シバターさん、ごめんなさい!」「今日はいい日だった。 ありがとう、シバターさん・・・」「お酒に付き合えなくて、ごめんなさい・・・」と、謝罪と感謝の言葉を述べいてる。 この時シャムを釣っていたネカマの三香(MK)との会話では、「シバターさん、めちゃいい人だった笑」「あっ、そういえば、シバターさん。 オリジナルメニューのために買ったお金、払ってくれたよ。 めっちゃいい人笑ほんま、シバターさんとの出会いに感謝!ありがとう!」「シバターさんとコラボしたことによって、俺の株は上がるよ笑」などと言っており、この時点ではシバターからバカにされていることに気づいておらず、対等な立場でコラボを行ったのだと思いこんでいる。 コラボ動画公開 26日にはYouTubeに『【ハッセ・syamu】ネットいじめをしてる奴はクズ!』を投稿。 トークイベントへの出演要請のためシャム宅を訪問し、ドア越しに会話したが断られてしまったと語る。 その理由としてシャムは「ありとあらゆる嫌がらせを受けている」「彼、完全に心が壊れてました」とし、その内容についてはユーザーチャンネルの動画へ「気になる人は有料会員になって聞いてください」と誘導。 動画の後半ではハセカラ民・らをまとめて「ネットいじめ」だと長々批判。 案の定シバターは嘘をついていたということが明らかになる。 シバターに関して嫌がらせの話は嘘、自分を利用して金を稼ぐのはやめて欲しい、トークイベントには参加しないと発言する。 シャムは17時に放送から抜ける予定だったが、10分ほど前に騒動を聞きつけたシバターが放送に乱入。 するとシャムは何も言わずにフェードアウトしてしまい、シバターはマイク音量をでかくして反論を封じるという作戦? で黒騎士を一方的に口撃し始める(その際ついでに黒騎士の「シャムファン」というキャラにボロが出る)。 最終的にはシャムの方を「勃起土竜」などと罵倒しまくり、開き直ってシャム擁護は単に自分の評価を上げるため、金儲けのためだったということを認めて去る。 シャム反撃.

次の