度々 の ご 連絡 失礼 いたし ます。 突然のメールの書き方!いきなりのご連絡失礼いたしますなどの例文紹介

「度々」の意味と使い方、敬語、類語・言い換え、「重ね重ね」との違い

度々 の ご 連絡 失礼 いたし ます

Dear Mr. xxxxx, My name is yyyy yyyy. The other day, I sent an email to you, but I haven't received any email from you in return. So this is my follow up mail to make sure if you have read my mail. I am sorry to bother you by sending mails a couple of times though I didn't get any reply mail. I would be very appreciative if you respond to my previous mails. Sincerely yours, yyyy yyyy 以下のような内容はご自分が返事を待っていることを述べるだけで、何ら失礼にはならないと思いましたが、あえて挿入してみました。 お返事いただいていないのに再度メールをしてすみません。 度々メールをしてしまいすみません。 挿入部分です。 I am sorry to bother you by sending mails a couple of times though I didn't get any reply mail. お返事いただいていないのに再度メールをしてすみません。 度々メールをしてしまいすみません。 英語にすると、 I am sorry for having E-mailed you again as I have not received a reply from my previous E-mail. Sorry for sending you so many E-mails. このまま英語にすると、あまりにも申し訳ない感じになって相手が返事し難いです。 内容がメールの返事の件では無く、ただ謝りたい事になってます。 お勧めは、 I wanted to check with you about my previous correspondence. I am still waiting for a reply and was wondering if everything was fine. 毎回毎回メール、メール言ってたらおかしいので、correspondence 入れました。 最後に、相手の事も考えて「返事が無いんだけど、大丈夫ですか?」みたいな事をつけました。 A ベストアンサー アメリカに35年ほど住んでいる者です。 惜しいですね. Please wait for a little while longer. と言う言い方をして、もう少しお待ちください、という表現をします. まって、という表現のほかに、時間を下さい、という言い方で、Please give us a little more time. と言う表現もします. また、必要です、という言い方を使って同じフィーリングを出す事も出来ます. Unfortunately we need a little more time. 和訳すると、必要です、ですが、中のフィーリングは、ですから、もう少しお待ちください、ということになります. 相手は待っているわけですから、ただ単に辛抱強く待っていてください、といわれただけでは、やはり満足しませんね. ですから、We will make sure to get back to you as soon as possible. とか、硬い言い方をしたければ、Please be assured we will revert you the soonest. と言う言い方もありますが、何らかの形で、必ず結果を持ってきます、と一言でも言う事で、ビジネスの姿勢と言うものが違って感じ取られます. これでいかがでしょうか。 分からない点がありましたら、また、補足質問してください。 アメリカに35年ほど住んでいる者です。 惜しいですね. Please wait for a little while longer. と言う言い方をして、もう少しお待ちください、という表現をします. まって、という表現のほかに、時間を下さい、という言い方で、Please give us a little more time. と言う表現もします. また、必要です、という言い方を使って同じフィーリングを出す事も出来ます. Unfortunately we need a little more time. 和訳すると、必要です、ですが、中のフィーリングは、ですから、もう少しお待ちください、と... A ベストアンサー アメリカに37年半住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 CCはcarbon copyの意味で使われそのイニシャルをとって「略されて」使われていたのですが、今では立派な「動詞」として使われています。 CC(シーシー)ですね。 過去形・過去分詞形はCCedとかCC'dと言うような表現も定着してきています。 I will CC you his e-mail. といったり、He CC'd me your e-mail of yesterday so I know what you are talking about. と言う漢字で使われているわけですね。 これを踏まえると、Please CC your e-mails to Taro-san next timeと言う表現が出来るわけです。 次回だけでなく次回からと言うフィーリングであればfrom next timeと言う表現に変えればいいですね。 これで、~さんにも送ってください、と言う表現になりますが、「今度(次回と言う意味ですが)メールを送るときに同時に~さんにも贈ってください」と言う意味合いと、更に、CCにTaro-sanのメルアドを「入れる」ことで(これをCCと言うわけです)、「同時にコピーをTaro-sanに送ったということを私が分かるようにしてください」と言う意味合いも含まれていることも知っておいてください。 受け取ったメールにCCとしてTaro-sanのメルアドが無ければコピーを送ったとわからないと困る、とか、送ったとわかれば仕事もしやすい、と言うような理由でCCしてください、と言うお願いをするわけですから。 これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 アメリカに37年半住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。 CCはcarbon copyの意味で使われそのイニシャルをとって「略されて」使われていたのですが、今では立派な「動詞」として使われています。 CC(シーシー)ですね。 過去形・過去分詞形はCCedとかCC'dと言うような表現も定着してきています。 I will CC you his e-mail. といったり、He CC'd me your e-mail of yesterday so I know what you are talking about. と言う漢字で使われているわけですね。 これを踏まえると、Please CC your... A ベストアンサー これは通信文でよく使われる表現です。 昔はemailの変わりにletterでしたが・・・ 日本語では一般名詞が人称名詞と同様に主語になるケースは犬、猫など限られた動物だけですが、欧米語では、抽象名詞でも自然現象(風、雨など)でも主語になります。 参考;How do you find yourself this morning? A ベストアンサー アメリカに住んで40年目になりました。 私なりに書いてみますね。 この表現、非常に「外国人」を感じさせます。 なぜ相手に「親切さ」を要求するのか、と言うフィーリングがしてしまいます。 どうせkindlyを使うなら、親切さを自然に求めているWould you kindly, Will you kindlyと言う風にもって行きたいところですが、やはりkindlyを求めるのには気分が良くないし、そういわれたからといって、丁寧さを出そうとしているのは分かるけど(日本語の表現方法文化を知っているからでしょう)、そこまで使う必要なまったくないと感じます。 つまり、文化的な表現だなと感じると言うことなのですね。 >ビジネス上不自然な表現ではないでしょうか? 改めて考えると不自然と感じない事もないですが、普通の場合この表現を使ったメールなどを日本から英語をメールを受け取ると、そのまま受け取っています。 しかし自分でアメリカでは使おうとは思いません。 I would appreciate it if you would kindly などの表現を私な必要に応じて使います。 ビジネスで使う英語はビジネスで使う表現が元になっているわけですね。 日本でも同じですね。 ビジネスで頑張っている・頑張ってきた人のビジネスを思わせる表現をうまく使っていますね。 一・二年で習得できるようなものではないですし、英語にはまったく問題がないアメリカ人ですらセミナーを受けるくらいですし、表現方法と言うか,適切な英語表現力を高めるための努力を毎日しているのです。 英語の先生がビジネス経験なしで、ビジネス感覚なしで、表現できるものではないのですね。 ビジネスで使われている英語表現は実際に使われている表現をどれだけ見てきて、どれだけ使うかと言うことになるわけですが、日本でのビジネス英語の表現に慣れてくると「日本での英語のビジネス表現」をこちらでも普通に使われていると言う錯覚が作られていると言うことなのではないでしょうか。 Podcastでもこの点ではいろいろ見つけることが出来ると思います。 そして、英語圏からのメールなどでどのような表現を使っているのかを良く見てください。 日本の英語ビジネス表現に慣れている人からであれば結構「日本ではこの英語表現がうけている」と思って使っている人も出てくるとは思いますが、そうでないビジネスマンがどのような表現をして「頼む」のかを身につけてくださいね。 参考になりましたでしょうか。 分かりにくいところがありましたらどんどん突っ込んでまた書いてください。 アメリカに住んで40年目になりました。 私なりに書いてみますね。 この表現、非常に「外国人」を感じさせます。 なぜ相手に「親切さ」を要求するのか、と言うフィーリングがしてしまいます。 どうせkindlyを使うなら、親切さを自然に求めているWould you kindly, Will you kindlyと言う風にもって行きたいところですが、やはりkindlyを求めるのには気分が良くないし、そういわれたからといって、丁寧さを出そうとしているのは分かるけど(日本語の表現方法文化を知っているからでしょう)、そこまで使う... A ベストアンサー アメリカに35年ほど住んでいる者です。 まず、これに対してのみ決まった言い方というものはありません。 御社のだしたいイメージによって変わってきます。 全く言わないで、そのまま、本題に入ることも、失礼とは見ません。 それが、メールのスタイルと見ているからですね。 つまり、Attn: Sales department customer service dept ここでは手紙のようにDear Sirs,とか書くことは殆んどありません。 もし、名前を知っているのであれば、 Attn: Mr. Jack Johnson We need to ,,,,,,, としてかまいません。 日本の感覚から言うとなんてぶっきらぼう、というかもしれませんが、問題はありません。 ただ、気をつけなくてはならないことは、スパムメールは犯罪とみなされますので、面識の全くない相手にメールを送る時には、念のために下の文をつけて置いてくださいね。 これで、スパムメールではないと言う事を表していますので。 そして、返事が来て、メールのやり取りが始まれば、これはもう書く必要はありません。 会社内の誰がメールしても、又、相手の誰でもメールを送っても。 If you no longer wish to receive these transmissions, press reply and type "REMOVE" in the subject line. If you have somehow gotten on this list in error, or for any other reason would like to be removed, please reply with "remove" in the subject line of your message. This message is being sent to you in compliance with the current Federal legislation for commercial e-mail H. 4176 - SECTION 101Paragraph e 1 A AND Bill s. 1618 TITLE III passed by the 105th U. Congress コピーすればいいだけです。 最後にメールは英語ではmailではなくe-mailですので、メールで返答してもらいたければ、Please e-mail us. 郵便でカタログなどを送ってもらいたいのであれば、 Please mail your catalogs (もしくはsend your catalogs via a mail to the below address. (住所を書いてください) 分からない点がありましたら、又補足質問をしてください。 アメリカに35年ほど住んでいる者です。 まず、これに対してのみ決まった言い方というものはありません。 御社のだしたいイメージによって変わってきます。 全く言わないで、そのまま、本題に入ることも、失礼とは見ません。 それが、メールのスタイルと見ているからですね。 つまり、Attn: Sales department customer service dept ここでは手紙のようにDear Sirs,とか書くことは殆んどありません。 もし、名前を知っているのであれば、 Attn: Mr. Jack Johnson We need to ,,,,,,, として... Q 仕事で、日本語の技術文を英訳することがよくあります。 その際、「なお、~である」という文の「なお」をどう英訳するかで少し悩んでいます。 例えば、ある冷却装置のことについてひとしきり説明した後、注釈として、「なお、冷却装置は扇風機でもよい」と言いたいとします。 この「なお」は読者への注意喚起だと思って「Note that ~」とよく訳しています。 that以降が短ければこれでいいのですが、that以降にwhen文を挿入したりしてthat以降が複雑になる場合には、「Note that」では文を作りにくいです。 そこで、文頭に1フレーズ置くことにより「なお」と言える表現がないものかと探しております。 1フレーズというのは、例えば、副詞一語、あるいは慣用的な表現のことです(「まず」を「To begin with 」というように)。 どなたかご教示下さい。 なお、「なお」の訳として「also」を使う例文も見かけますが、「also」は単に情報を追加する場合に使うような感じがしますので、注意喚起の場合には違和感があると思います。 「also」は日本語でいう「また」に相当するような感じがします。 仕事で、日本語の技術文を英訳することがよくあります。 その際、「なお、~である」という文の「なお」をどう英訳するかで少し悩んでいます。 例えば、ある冷却装置のことについてひとしきり説明した後、注釈として、「なお、冷却装置は扇風機でもよい」と言いたいとします。 この「なお」は読者への注意喚起だと思って「Note that ~」とよく訳しています。 that以降が短ければこれでいいのですが、that以降にwhen文を挿入したりしてthat以降が複雑になる場合には、「Note that」では文を作りにくいです。 とも言えると思います。 二つの言語、特に日本語と英語程違いが多い言語間の翻訳では、直訳が良い訳というわけではありません。 英語、特に技術関係、医療関係は簡潔さが好まれます。 それでなくても専門的な用語が多く使われるので、文としてはあまり込み入ったものは歓迎されません。 法律関係は別ですが。 例えば上記に挙げた英文ですが、この前に勿論Note that or, please note , in addition, furthermore を入れる事は可能ですし、「なお」という言葉にこだわるなら入れたいという気持ちになるかもしれませんが、これは本文中ならまだしも、注釈の場合は必要ありません。 訳注では短文、またはフレーズだけの場合がほとんどです。 これは日本人としてのこだわりかもしれませんが、英語圏の者にとってはあまり意味がありません。 単語の訳にこだわる事も大切ですが、文、段落としてのbig picture が最後にものを言う、という例として、ニクソンが来日した時の通訳をした人の逸話があります。 元大統領が、carrying coals to Newcastle という表現を使った時に、その日本語訳を聞いた日本人在席者がどっと笑ったので、スピーチ後ニクソンが翻訳者に何と言ったのか訊いたところ、「灘に酒を盛って行く様なもの(つまりは意味が無い、無駄な事)」と訳したとの事でした。 とも言えると思います。 二つの言語、特に日本語と英語程違いが多い言語間の翻訳では、直訳が良い訳というわけではありません。 英語、特に技術関係、医療関係は簡潔さが好まれます。 それでなくても専門的な用語が多...

次の

ビジネス単語|「度々」「すみません」の意味と使い方・類語・敬語

度々 の ご 連絡 失礼 いたし ます

日常会話でよく見かける「度々すみません」という言葉。 ビジネスシーンでは頻繁に使われていますが、正しく意味を理解し、適切な使い方ができている人はあまり多くないでしょう。 言葉の意味を理解しないまま使い方を間違ってしまうと、ビジネスシーンでは相手に悪い印象を与えることになります。 「度々すみません」とは、同じ相手に重ねて何度も同じ手間を取らせてしまったときに使う謝罪の言葉です。 「度々すみません」とは少々砕けた表現で、自分とほぼ同じ立ち位置である知人など、主に一般人向けに使われます。 それに対し、職場の上司や目上の人に対しては、敬語表現として「度々申し訳ございません」といった少し固い言い回しに変換されるのが普通です。 以下では日常生活でよく使われる「度々すみません」の言葉の意味と正しい使い方、敬語表現やビジネスシーンにおいての使い方を詳しくご紹介します。 「度々すみません」の使い方と例文 冒頭にも述べたように「度々すみません」という言葉は、生活のあらゆる場面で使われます。 しかし多くのシーンで使われるメジャーな言葉だけあって、いざ使うとなると「この使い方はあっているのか?」と不安感じてしまうことが少なくないのではないでしょうか。 ここでは、どんな場所でも臨機応変に活用できるよう、あらゆる面で応用できる例文をいくつかご紹介します。 電話での「度々すみません」 電話での使い方は口頭とほとんど変わりなく使うことができます。 クッション言葉として使うことができますので、あまり難しく感じる必要はありません。 ちなみに、目上の方に対して使うのであれば、上記した通り「度々申し訳ありませんが~」といった表現に変えるだけで使うことができます。 【例文】 ・度々すみませんが、資料を添付しましたのでご確認お願いいたします。 「度々すみません」は初対面の人には使わない 前項でお伝えした通り、度々すみませんという言葉はビジネスシーンでも多用されることが多々あります。 口頭で伝える場合は、そのまま謝罪する言葉として使うことが適しています。 しかし、ビジネスメールや電話でも、口頭と同じような使い方をするのが正しいとは限りません。 口頭では誤解なく伝わっても、ビジネスメールや電話では使い方によっては無礼にあたり、相手に悪い印象を与えかねません。 ここでは、ビジネスメールや電話にて「度々すみません」の言葉の使い方についてご紹介します。 ビジネスメールで「度々すみません」と伝える場合 ビジネスメールの場合は、口頭と使い方はほぼ同じで特別大きな違いはありません。 普段の会話と同じ使い方をしても、相手に不愉快な気持ちを与えることは稀でしょう。 ビジネスメールで使う場合は、何度も同じやり取りが続いてしまったり、同じ案件について何度も確認メールを送ってしまったときに使用するのが一般的です。 使い方は、メール文の冒頭にワンクッション置くように入れると相手にうまく伝わります。 電話で「度々すみません」と伝える場合 口頭やビジネスメールと同じく、電話でも言葉の使い方に大きな違いはありません。 ただ、電話の場合は、少々変わった使い方をするケースもあるので注意が必要です。 口頭やメールと同様、同じ相手と似たやり取りが何度も続いた際に、ワンクッション置くつもりで「度々すみませんが~」と伝えると、丁寧かつ自然な雰囲気で会話を進めることができます。 丁寧に謝罪したい場合は向いていない 何度も迷惑をかけたことに対して詫びる言葉ですが、丁寧に謝罪したい場合は、この言葉はあまり適切ではありません。 目上の方や上司に対して使うには少し誠実さに欠けますし、丁寧に謝罪をするならば別の言葉に置き換える必要があるでしょう。 例えば「度々すみません」の「すみません」を「申し訳ありません」、「申し訳ございません」といった言葉に変えることで、真摯に謝罪している気持ちが相手に伝わります。 繰り返しになりますが、誠意を持って相手に謝罪する場合は「度々申し訳ございません」といった丁寧語を併せて覚えておくと、いざというときに失礼な対応をしなくてすむでしょう。 度々すみませんとは、同じ人に重ねて迷惑をかけている場合に用いる言葉の表現です。 漢字を見ても「度々」と書かれるため、比較的わかりやすい言葉の成り立ちをしていますね。 私たちをとりまく環境では、同じ相手に立て続きに迷惑をかけてしまうことが多々あります。 この言葉は、人に何度も心理的負担を与えてしまった場合に、相手を思いやる気持ちをこめて社会の様々な場面で使われます。 目上の人には敬語表現にする 「度々すみません」という言葉を目上の人に使う場合は、敬語表現に変える必要があります。 ビジネスシーンでは、目上である取引先や上司に対して誠心誠意を持って謝罪することも少なくありません。 いざというときに困らないためにも、今から言葉の意味を正しく理解し、適切な敬語表現ができるよう訓練しておきましょう。 「度々申し訳ございません」と丁寧語に変える 度々すみませんを丁寧な敬語表現に変えるには「すみません」の部分を「申し訳ございません」置き変える必要があります。 ビジネスシーンでもよく使われるフレーズですが、この「すみません」という言葉は丁寧な表現ではありません。 特に目上の人に誠心誠意を持って謝罪する場合は、相手の気持ちに十分配慮しながら言葉を選んでいく必要があります。 意外にも言葉の選択を間違えやすいのが謝罪をするときです。 間違った敬語表現をすることで、余計火に油を注ぐような事態を招くことも予想されます。 特に自分たちがマイナスの状況に陥っているときは、適切な意思表示ができるよう気持ちを引き締めていきましょう。 謝罪には類語を使うこともできる 社会経験が浅く、敬語表現を使い慣れていないうちは、目上の人に対しても「度々すみません」と言ってしまいがちです。 うっかり言葉の選択を謝ると、相手に悪い印象を与えてしまい謝罪の意味も薄くなってしまいます。 失礼な言動をしてしまわないか、言葉の使い方に自信がない場合は、類義語を使った表現に置き変えるとよいでしょう。 間違った言葉で事態を重くするのであれば、使いやすい類語を使った方が無難です。 謝罪の類義語の例として、「重ね重ね申し訳ありません(ございません)」という表現が挙げられます。 こちらの表現もビジネスシーンではよく使われる言葉ですし、目上の人に対しても失礼になりません。 「度々申し訳ございません」という表現が使いづらい場合はこちらを使うのも良いでしょう。 多用できる言葉であるが、相手によって微妙な表現の変化を。 今回は「度々すみません」という言葉の意味と使い方についてご紹介しました。 このフレーズは様々なシーンで使われる表現ですが、多用できる言葉だからこそ、使うシーンや相手によって適切な表現を選ぶ必要があります。 些細な言葉の違いでも、適切な使い分けができるかで、相手に与える印象が大きく違ってきます。 社会で大切な人たちと良好なコミュニケーションをとっていくためにも、普段から言葉の使いわけは細かく行っていきましょう。 あなたの年収、適切ですか? 「こんなに働いているのに、なんでこんなにお金がないんだろう。。。 」 そんなことを考えてしまう方もいらっしゃると思います。 実はその悩み、転職すれば解決できる可能性があります。 転職エージェントを使うと、専属のアドバイザーが年収の交渉もしてくれるので、あなたのスキルにあった年収を手に入れることができるかもしれません。 転職エージェントの比較記事もあるので、合わせて読んで見てください。

次の

急かしてすみませんの敬語は?英語のビジネスメールは?

度々 の ご 連絡 失礼 いたし ます

「度々」の意味と読み方 「度々」の読み方は「たびたび」が基本で、稀に「どど」「よりより」とも 「度々」の基本的な読み方は「 たびたび」です。 「たびたび」の他にも「 とど」や「 よりより」と読まれることもあります。 「 度々〈とど〉」は、「たびたび・しばしば」という意味合いで使用される言葉 「 度々〈よりより〉」は、「時々・おりおり」という副詞として使用される言葉です。 「度々」の意味は「何度同じことが繰返される様子」で、具体的な頻度の定義はなし 「度々」は、「 同じことが何度も繰り返される様子」を言い表した言葉です。 主に、相手に対して何度も同じことを繰り返してしまったということに対して申し訳ないという気持ちや、感謝の気持を伝える場面で使用され、 繰り返される頻度について具体的な定義はありません。 日常生活はもちろんのこと、ビジネスシーンなど幅広い場で使用される言葉です。 「度々」は、「度度」と表現されることもありますが、一般的には「度々」が使用されています。 「度々」の使い方と例文 「度々すいません」は「何度も繰り返し申し訳ありません」 「度々すいません」は、「 何度も繰り返し申し訳ありません」という意味で、同じ人に対して何度も迷惑をかけることを予め伝えたり、相手にお詫びをする場面でし使用されます。 例えば、「確認をしてほしい」いうお願いを一度したにもかかわらず、まだ確認をしてもらえていないという場合に、「度々すいませんが書類の確認をお願いいたします」というように使用すると、「繰り返し確認することをお願いして申し訳ないのですが」というニュアンスで謝罪の意味を込めたうえでお願いをすることができます。 つまり、「大変恐縮なのですが〜」といった クッション言葉と同じ使われ方をするということがわかります。 「すいません」は少々くだけた表現であるため、とくに目上の人に対して使用する場合など敬意を示すべき相手に対して使用する場合は、「度々申し訳ありません」というようにより丁寧な表現をするほうが適しています。 例文 「度々すいません。 もう1枚確認していただきたい資料があるのですがよろしいでしょうか」 「度々すいませんが、もう一度連絡をいただくようお願いしてもらえますか?」 「度々すいません、予算案に関する資料をもう一度見せていただけますか?」 「度々すいませんが、やはりハンドルの調子が悪いのでもう一度見てもらいたいのですが」 「度々お手数をおかけして」は「度々手間をかけさせてしまい」 「度々お手数をおけして」は「度々手間をかけさせてしまい〜…」というニアンスで使用されます。 「手数」は、「 ある物事を達成するために必要な労力、動作、手段の数」を意味します。 「ある物事」とは自分以外の第三者のために行う物事を指し、「かける」は「時間・費用・労力などをそのために使うこと」を意味していて、「〜を強いる」というニュアンスになります。 つまり、「度々お手数をおかけして」は、 相手に何度も時間や費用・労力といった手間をかけさせてしまうことにたいするお詫びの気持ちを伝える表現です。 例文 「度々お手数をおかけしてしまいますが、新しい決定事項については郵送していただけますか?」 「度々お手数をおかけしてしまいますが、今一度お間違えがないか、ご確認いただいてよろしいでしょうか」 「度々お手数をおかけして申し訳ありません、もう一度ご希望の日程をお伝えいただけるとありがたいです。 」 「度々恐れ入ります」は「何度も迷惑をかけ申し訳ありません」 「度々恐れ入ります」は、「 何度も迷惑をかけてしまい申し訳ない」という気持ちを言い表した表現です。 「恐れ入る」には「自分の悪かったことについて申し訳なく思う」「相手の厚意にたいして恐縮する」という意味があります。 相手に対して何度も繰り返し迷惑をかけることを申し訳なく感じ、恐縮している気持ちを「度々恐れ入ります」というような言い回しで依頼やお願いごとをする場面などで使用することができます。 「度々のご連絡失礼いたします/申し訳ございません」は「何度も連絡をしてしまい申し訳ありません」 「 失礼いたします」は、自分が何かをする場合に相手に断りを入れる意味で使用される言葉で、「失礼する」の謙譲語である「いたす」に丁寧語の「ます」をつけた表現です。 「 申し訳ございません」は、「相手にすまない気持ちで、弁解や言い訳のしようがない」「大変すまない」という意味で、相手に対して詫びる際に用いる表現になります。 「度々ありがとうございます」は「何度も繰り返しありがとうございます」 「度々ありがとうございます」は、「何度もありがとうございます」 重ね重ね相手にお気遣いいただいた場合のお礼の気持ちを伝える言葉です。 「度々ありがとうございます」は、「 何度もありがとうございます」という意味合いで、 重ね重ね相手にお気遣いいただいた場合のお礼の気持ちを伝える言葉です。 「度々……〜ありがとうございます」というような使い方をすることが多く、さらに丁寧な表現をする場合は「度々……〜いただきお礼申し上げます」といった表現を使用しましょう。 「度々の質問」は、 相手に何度も繰り返し質問をする場面で使用される言葉です。 同じ質問ではなくとも、同じ人に対して何度も何度も質問をすることは、相手にとって負担をかけてしまうことですし、うっとおしいと思われてしま可能性もあります。 例えば、新しい仕事を任されたばかりでわからないことがあるけれど、何度も先輩に質問するのは申し訳ないという場面で、「度々の質問で申し訳ないのですが・・・」というように使用することができます。 「度々の質問」は「何度も繰り返し質問をすること」 「度々」の類語 「度重なる」は、「 たびかさなる」と読みます。 「度重なる」の意味は「 何度も同じようなことが続いて起こる」です。 例文 ・度重なる失言が原因で、彼に対しての批判の意見が増えた。 ・度重なる失態をどうぞお許しください。 度重なる 「しばしば」は、 ある程度の期間をおいて、同じ行動や状態が何度も繰り返される様子を表現した言葉です。 「しばしば」は「度々」と同じように頻度にこれといった定義はありませんが、毎回ではなく時としてというような頻度で繰り返され事に対して使用します。 例文 ・彼は歌唱力があり、しばしばミュージカルに出演することもあった。 ・主人は基本的に定時で帰宅することができる職業ですが、しばしば帰りが遅くなることがある。 しばしば 「幾度となく」は、「 いくどとなく」と読みます。 「幾度」とは、「どのくらいの回数・何度・いくたび」という意味でのある言葉で、「幾度となく」で「何度も」という意味の表現になります、 例文 ・彼を説得するための話し合いが幾度となく繰り返されていた。 ・彼女は幾度となく私を助けてくれた大切な友人です。 「度々」の使用上の注意点 当たり前だが一回目では使えない 「度々」は、年度も繰り返される様子を言い表した言葉であるため、当たり前ではありますが 一回目で使えません。 例えば、初対面の人に対して「度々ありがとうございます」「度々失礼します」というような表現を突然使用すると「前に何かあったのだろうか・・・?」と思わせてしまうのです。 むやみやたらに使用できる言葉ではなので注意しましょう。 重ね言葉なので結婚式・葬儀などでは使えない 「度々」は、同じ意味の言葉を重ねた「重ね言葉」という言われる表現です。 「重ね言葉」は、 同じ言葉を重ねるといったことから「再婚」や「悲しい出来事の再来」を連想させてしまうため結婚式や葬儀で使用することは避けられています。 うっかり使用してしまうと、非常識だと思われかねませんので頭に入れておきましょう。

次の