歯磨き めんどくさい。 歯磨きめんどくさい人に朗報!10秒で終わる楽しい歯磨きがあった

インビザラインめんどくさい5つの理由とやってよかった7つのこと

歯磨き めんどくさい

歯磨きをサボってしまうこと、ありませんか? 大声では言えないものの、何分間も歯を磨くのが面倒でつい適当に磨いて終わらせてしまう人は多いはず。 それで虫歯になったり口臭に悩まされるのは嫌ですが、飲みすぎてうっかり忘れることもありますよね。 そんな現代人の悩みを解決してくれそうなのが、Kickstarterで話題沸騰中の歯磨きツール「Amabrush」です。 10秒で歯がキレイになる未来の歯ブラシ「Amabrush」 ブラシのついたマウスピースのようなデザインをしている「Amabrush」。 なんと口に加えてスイッチを入れるだけで10秒で全自動で全ての歯をキレイに磨いてくれる、夢のようなテクノロジーなのです。 キャンペーン開始と同時に、「私たちの生活に大きな影響を与える可能性がある」と海外メディアに大きく取り上げられるほどの人気ぶり。 開発資金もすぐに達成、現時点で目標金額650万円を遥かに越える4400万円ほどを集めています。 歯磨きは時間をかけるものだと教えられてきた私たちにとって、10秒で歯磨き完了するのはなかなか受け入れがたいものです。 しかし、すべての歯を同時に磨くデザインであれば、ひとつひとつを10秒かけて磨くのと同じこと。 むしろ普段1本に10秒もかけて磨いているかな、と不安になってきます。 抗菌性の素材で作られたブラシ部分は、歯の表面からすき間まで逃さずに磨けるようにデザインされているとのこと。 歯茎へのダメージがないソフトな仕上がりになっているそうです。 大人の男女2000人の異なる顎の形を分析した結果、性別の違いによる顎の形の違いフレキシブルな素材を使うことで対応できることを証明できたそうです。 マウスピースの先にはおしゃぶりのようなバッテリー兼歯磨き粉ポッドを装着します。 この部分は取り外しが可能なので、ひとつのポッドを複数のマウスピースで共有することもできます。 ポッドはワイヤレスの充電が可能。 ケーブルがないのはありがたいですね。 マウスピースは3~6か月ごとに交換が必要とのこと。 マウスピースは800円で販売予定。 歯磨き粉部分のカプセルは1か月分の歯磨き粉が入っており、ひとつ400円ほどで購入できるそうです。 手に障害があり通常の歯ブラシではうまく磨けない人にとっても朗報ですね。 「これはめちゃくちゃワクワクする!」「素晴らしい!」とのコメントが集まるんsks、「歯垢染色剤などを使ってどれくらいキレイに磨けるのかビデオで公開してほしい」「ちゃんとした研究施設による証拠を提出してほしい」という声も集まっています。 そんな声に対しても、「Amabrush」のクリエーターたちは「歯垢染め出しによる歯ブラシ効果の証明はぜひアップデートでお伝えしたいと思っています! 臨床試験を独立機関と行っているところで、これは発表まで時間がかかりそうです」とちゃんと対応。 プロダクトの可能性と短所について、予約購入者たちと一緒に取り組んでいくクラウドファンディングならではのやりとりが行われています。 科学的に実証された、未来の歯磨きツールが誕生するかもしれませんね。 充電器、ひとつのマウスピース、ポッド部分と歯磨き粉カプセルが含まれた「Amabrush」のベーシックセットは1万円ほどで予約可能(日本への発送料は2600円)となっています。 発送は今年の12月を予定しているようです。 ブラシがグルグルと回転する未来の歯ブラシ「Giggo」 未来の歯ブラシと話題になっているのは「Amabrush」だけではありません。 Indiegogoで「これを2か月使ってきたけど、すごく気に入ってます。 もし子どもの時にこれがあれば歯医者に払ったお金がかなり節約できたはず。 自分の子どものためにふたつ追加で購入します」と大絶賛の声が集まっているのが「Giggo」。 先端のブラシ部分が、グルグルと文字通り回転する歯ブラシなのです。 円盤状のブラシが歯と平行に回転するものはたくさん市場に出ていますが、こんな風に縦に回転するものは新しいですよね。 歯医者さんに「歯の根本から先に向かってかきあげるように磨いてください」と言われても、通常の歯ブラシでその動きをするのはちょっとハードルが高め。 しかし、これならまさに磨き残し無しが実現できそうです。 「2か月使ってきたけど歯がこんなにキレイに感じられたのは初めてだ。 このプロダクトは最高だ」とユーザーのコメントから興奮が伝わってきます。 今ならIndiegogoでひとつ9000円で購入可能です(海外発送料別)。 プロダクトの紹介動画では歯医者さんも登場しています。 常々「歯磨きがめんどくさい」と思っている人はぜひ、「Giggo」と「Amabrush」を購入してみてはいかがでしょうか?.

次の

歯磨きの時間や回数・正しい磨き方を知ってる?食後30分後説はウソ!?

歯磨き めんどくさい

毎日行う歯磨きは、ルーティーンな作業でちょっと億劫。 その上歯ブラシや歯磨き粉は生活感たっぷりで、できればバスルームは人に見せたくない……。 ホワイトミント、ジャスミンミント、ジンジャーミント、シナモンミントなどフレーバーが豊富で、自分好みのフレーバーを7種類から選べます。 media-amazon. しっかりした固さがあるので、歯ブラシから垂れることありません。 泡立ちも豊かで、細かい泡が隅々まで行き届き、歯をリフレッシュしてくれます。 フレーバーにもよりますが、筆者が使用しているジンジャーはちょっと辛め。 子ども向きではないかもしれませんが、歯磨きを終えた後はほのかに甘く、ピリピリ後を引く辛さではありません。 どのようなバスルーム向き? マービスのもうひとつの特徴が、歯磨き粉に見えないスタイリッシュなパッケージ。 ベースのシルバーにシックな文字が描かれたパッケージは、モノトーンベースなどのモダンなバスルームにも合います。 蓋が平べったく自立できるようになっているので、置き場に困らないところも高評価です。 原料にこだわり、使われているものはすべてオーガニック。 天然由来成分100%で、子どもからお年寄りまで安心して使える商品を展開しています。 そんなドクターブロナーの「オールワントゥースペースト」は、見た目も成分も申し分ない高品質。 使い心地は… 「マービス」よりもペーストはゆるめ。 簡単に押し出すことができます。 一方で、オーガニック商品だからなのか泡立ちは少なめ。 フレーバーはミントですが辛くはなく、長時間歯を磨けます。 また、口をすすいだ後は口の中にミントの香りが広がってスッキリ。 口内環境を整えてくれるココナッツオイル入りで、歯だけでなく体のことも考えられているとのこと。 どのようなバスルーム向き? アメリカ発のブランドなだけあり、ポップで明るい色調のラベル。 ですので、ポップなバスルーム向き。 天然由来成分100%で、小さな子どもから大人まで安心して使用できるので、家族で1本あればみんなでシェアできます。 洗面所に歯磨き粉が何本も散らかることなくスッキリしますよ。 気分があがる歯磨き粉ですっきりと! 生活感がでやすいバスルームでも、インテリアにはこだわりたい。 毎日のめんどくさいルーティーンも、お気に入りのアイテムがあれば楽しみな時間に変わるかも。 ちょっとした違いかもしれませんが、そんなところから1日のスタートが気持ちよくなるかもしれませんね。 media-amazon. 歯磨き粉ディスペンサーも付属するスマートな歯ブラシホルダー - ROOMIE(ルーミー).

次の

【子どもの歯磨き】歯磨き嫌いな子どもを克服させるたった3つの秘技

歯磨き めんどくさい

歯磨きをサボってしまうこと、ありませんか? 大声では言えないものの、何分間も歯を磨くのが面倒でつい適当に磨いて終わらせてしまう人は多いはず。 それで虫歯になったり口臭に悩まされるのは嫌ですが、飲みすぎてうっかり忘れることもありますよね。 そんな現代人の悩みを解決してくれそうなのが、Kickstarterで話題沸騰中の歯磨きツール「Amabrush」です。 10秒で歯がキレイになる未来の歯ブラシ「Amabrush」 ブラシのついたマウスピースのようなデザインをしている「Amabrush」。 なんと口に加えてスイッチを入れるだけで10秒で全自動で全ての歯をキレイに磨いてくれる、夢のようなテクノロジーなのです。 キャンペーン開始と同時に、「私たちの生活に大きな影響を与える可能性がある」と海外メディアに大きく取り上げられるほどの人気ぶり。 開発資金もすぐに達成、現時点で目標金額650万円を遥かに越える4400万円ほどを集めています。 歯磨きは時間をかけるものだと教えられてきた私たちにとって、10秒で歯磨き完了するのはなかなか受け入れがたいものです。 しかし、すべての歯を同時に磨くデザインであれば、ひとつひとつを10秒かけて磨くのと同じこと。 むしろ普段1本に10秒もかけて磨いているかな、と不安になってきます。 抗菌性の素材で作られたブラシ部分は、歯の表面からすき間まで逃さずに磨けるようにデザインされているとのこと。 歯茎へのダメージがないソフトな仕上がりになっているそうです。 大人の男女2000人の異なる顎の形を分析した結果、性別の違いによる顎の形の違いフレキシブルな素材を使うことで対応できることを証明できたそうです。 マウスピースの先にはおしゃぶりのようなバッテリー兼歯磨き粉ポッドを装着します。 この部分は取り外しが可能なので、ひとつのポッドを複数のマウスピースで共有することもできます。 ポッドはワイヤレスの充電が可能。 ケーブルがないのはありがたいですね。 マウスピースは3~6か月ごとに交換が必要とのこと。 マウスピースは800円で販売予定。 歯磨き粉部分のカプセルは1か月分の歯磨き粉が入っており、ひとつ400円ほどで購入できるそうです。 手に障害があり通常の歯ブラシではうまく磨けない人にとっても朗報ですね。 「これはめちゃくちゃワクワクする!」「素晴らしい!」とのコメントが集まるんsks、「歯垢染色剤などを使ってどれくらいキレイに磨けるのかビデオで公開してほしい」「ちゃんとした研究施設による証拠を提出してほしい」という声も集まっています。 そんな声に対しても、「Amabrush」のクリエーターたちは「歯垢染め出しによる歯ブラシ効果の証明はぜひアップデートでお伝えしたいと思っています! 臨床試験を独立機関と行っているところで、これは発表まで時間がかかりそうです」とちゃんと対応。 プロダクトの可能性と短所について、予約購入者たちと一緒に取り組んでいくクラウドファンディングならではのやりとりが行われています。 科学的に実証された、未来の歯磨きツールが誕生するかもしれませんね。 充電器、ひとつのマウスピース、ポッド部分と歯磨き粉カプセルが含まれた「Amabrush」のベーシックセットは1万円ほどで予約可能(日本への発送料は2600円)となっています。 発送は今年の12月を予定しているようです。 ブラシがグルグルと回転する未来の歯ブラシ「Giggo」 未来の歯ブラシと話題になっているのは「Amabrush」だけではありません。 Indiegogoで「これを2か月使ってきたけど、すごく気に入ってます。 もし子どもの時にこれがあれば歯医者に払ったお金がかなり節約できたはず。 自分の子どものためにふたつ追加で購入します」と大絶賛の声が集まっているのが「Giggo」。 先端のブラシ部分が、グルグルと文字通り回転する歯ブラシなのです。 円盤状のブラシが歯と平行に回転するものはたくさん市場に出ていますが、こんな風に縦に回転するものは新しいですよね。 歯医者さんに「歯の根本から先に向かってかきあげるように磨いてください」と言われても、通常の歯ブラシでその動きをするのはちょっとハードルが高め。 しかし、これならまさに磨き残し無しが実現できそうです。 「2か月使ってきたけど歯がこんなにキレイに感じられたのは初めてだ。 このプロダクトは最高だ」とユーザーのコメントから興奮が伝わってきます。 今ならIndiegogoでひとつ9000円で購入可能です(海外発送料別)。 プロダクトの紹介動画では歯医者さんも登場しています。 常々「歯磨きがめんどくさい」と思っている人はぜひ、「Giggo」と「Amabrush」を購入してみてはいかがでしょうか?.

次の