節穴 の 目 ボクシング。 ボクシングは目が悪くても出来るの?視力回復はオルソケラトロジーが有効!

新競技カメラボクシングが誰でもできてめちゃめちゃ面白いwww

節穴 の 目 ボクシング

視力が悪くてもボクシングはできる? 視力が悪くてもボクシングをすることができるのか、ということについてですが、 結論を先に述べさせていただくとボクシングをすることは可能です。 ボクシングジムには、誰でも最初は「練習生」という形で入門することになります。 まずは「練習生」として入門し、そこから本格的な 「プロボクサー」を目指す人もいれば、 「アマチュア」の試合に出場する人もいますし、ずっと 「練習生」のまま通い続ける人もいます。 ボクシングジムのトレーニングには、縄跳び、シャドーボクシング、ミット打ち、サンドバック打ち、パンチングボール、マスボクシング、スパーリングなど、いろいろなトレーニング方法があります。 縄跳びやシャドーボクシングといった、スパーリング以外のトレーニングは、多少視力が悪くても問題なくこなすことが可能です。 しかし、しばらくボクシングジムに通っていると、自分の力を試したくなり 「スパーリング」がやりたくなってきます。 スパーリングは、グローブをつけて相手と殴り合いますので、怖いと思う反面、誰でもトレーニングを積み重ねた自分の力を試したくなってくるもんです。 では、スパーリングは視力が悪いとできないかというと、そういうわけではなく、 多少視力が悪くてもスパーリングをすることは可能です。 実際私も視力は悪かったですが、普通にスパーリングをこなしていました。 しかし、スパーリングを行ううえで、視力の悪い人は良い人と比べると、圧倒的に不利であることは間違いありません。 視力が0.3~0.5程度あれば問題ありませんが、視力が0.1以下の場合では、やはりパンチの反応が遅れてしまいます。 私の周りで、こんなことを言っていた人がいました。 「視力が良すぎると、顔がはっきり見えてしまい相手の顔面を殴りづらくなってしまう。 だから多少視力が悪い方が、気にすることなく殴れる。 だから目が悪い方が有利である」 考え方は人それぞれです。 しかし、このような精神論はひとまず置いておいて、 スパーリングや試合において視力が良い方が有利であることは間違いありません。 視力が悪くてもプロボクサーになれる? 昔は、視力が0.5以下はプロボクサーになれない、という規定があったようですが、最近ではある程度融通がきくようになっています。 今は、0.1~0.2程度の視力であれば、問題なくプロボクサーになることが可能です。 しかし0.01など、近視がひどい場合に関しては、プロテストは通過できるかもしれませんが、プロボクサーとしてリングに上がることはやめた方がいいんじゃないかと思います。 0.01といった視力では、近距離といえども相手のパンチはほとんど見えません。 視力が悪くてプロになりたいという方は、予めジムの会長に相談した方がいいかと思います。 近視以外の他の目の病気を持っている人(例えば網膜剥離など)は、プロボクサーになれない可能性が高いので、こちらに関してもジム側に相談するようにしてください。 私が知るところで、元ジュニアバンタム級王者である川島郭志は視力がとても悪い世界王者でした。 川島郭志が最後に試合をしたときの裸眼の視力は0.05しかなく、試合前の予備検診においては「コンタクトレンズ」をつけて受診していたようです。 そんな悪い視力でも、川島のディフェンス技術は「アンタッチャブル(触らせない)」と言われるほど、高い技術を身につけており、世界からも評価されていました。 こんな話を聞くと、視力は関係ないように思われがちですが、長年の経験の積み重ねから得た防御技術であり、 視力が悪ければ不利であることに変わりはありません。 おすすめのサプリメント 私は飲み続けて半年以上になる 「目」におすすめの「サプリメント」があります。 「アサイベリープラチナアイ」というサプリメントになりますが、目の疲れや目の病気の予防としておすすめのサプリメントです。 アサイベリーに含まれるポリフェノールの量は、なんとブルーベリーの18倍も含まれているスーパーフルーツです。 アサイベリープラチナアイを毎日飲んだからといって急に目が良くなったり、目の病気が治ったり、ということはないと思いますが、予防としては非常におすすめです。 私は今はもうボクシングをしていませんが、ボクシングをしていた当時から飲んでおけばよかったなと思っています。 今は仕事でもプライベートでもパソコンをよく使用して、目を酷使するため、今このサプリメントが非常に役に立っています。 ボクシングに限らず目は大切にしなければいけませんよね。 目が悪くなったり病気になったりする前に、しっかりと対策をしておきましょう。 「アサイベリープラチナアイ」について詳しくは、.

次の

レイ・マンシーニ

節穴 の 目 ボクシング

ボクシングを始めてから数か月、基礎が出来てきて実践形式のスパーリング、マスボクシングをさせてもらえるレベルに到達した人によくやりがちなパンチが怖くて目をつぶってしまう人向けの記事です。 「パンチがくると反射的にめをつぶってします」 「パンチのラッシュがくると目をつぶってしまい何もできなくなる」 「トレーナーに絶対目をつぶらないように注意されても、つい目をつぶってしまうから どうしたらいいだろう・・・」 このような僕初めてのスパーリングなどで怖くてか、無意識にか目をつぶってしまい悩んでいました。 しかしコツをつかめるように練習すれば目をつぶらなくすることは可能です。 この記事の内容を理解して、方法を実践すれば必ず克服できます。 さあでは始めましょう。 僕の経歴を簡単に紹介します。 運動おんちでスポーツ嫌いでしたが、格闘技のテレビ観戦が好きすぎて、ボクシングを始めました。 しかし、スポーツ経験もないからか一般の人よりも覚えも悪く、フィットネス感覚で汗を流していました。 30歳も越えたくらいから、トレーナーにプロテストを受けてみないかというお誘いを受けて 本気で目指す。 3回目でようやく合格! 今は一般会員さんの指導、ミット、マス、ライトスパーの相手をして会員さんのストレス発散の対象として喜んでいます。 パンチが当たらなくて逆にストレス溜まるかも 笑 という経歴です。 パンチをもらう恐怖に対して目をつぶってしまうのか? ボクシングを始めて、マスボクシング(寸止め)やスパーリング(実践形式)をおこなっていると、相手のパンチに対してどうしても目をつぶってしまうことがあると思います。 自分はビビリや根性なしなど自己嫌悪に感じるかもしれませんが、その気持ちは全て捨ててもらって下さい。 その必要はありません。 なぜなら、人間科学のような堅い話に聞こえるかもですが、 人間の本能の危険回避行動のためだからです。 パンチの恐怖の克服、目をつぶらないようにするコツとは? 人間の本能の危険回避行動だとしても、どうしてもつぶってしまうクセが抜けない場合はどうすればよいのかとの対策をお教えしたいと思います。 パンチへの慣れ 普段の生活でパンチをもらうことは、不良とかストリートファイトの経験豊富な人以外の一般の人はまずないと思います。 ということは、パンチは痛いし怖いことが当たり前です。 しかし、ボクシングでスパーリングなどの実践形式の数をこなすことにより慣れます。 相手がプロボクサーなど、自分より格段にレベルが高い人とスパーリングしても、パンチ自体は怖くても目をつぶらなくなります。 常にパンチを見るようにして目をつぶらないように意識してトレーニング 僕もボクシングでスパーリングをやらせてもらっているときには目をつぶっていました。 しかし、トレーナーから何度も注意されて、実践で目をつぶっているときは、意識して怖くても開けるようにトレーニングしました。 徐々にですが、意識してスパーリングをしていると目をつぶらなくなった自分に気づくはずです。 目をつぶることは、ノーガードよりも危険 ボクシングで、相手のパンチをクリーンヒットされたときはダメージが大きいですが、 目をつぶって、相手のパンチを気づかずもらうと ダメージが数倍になり非常に危険だということを理解することも重要だと思います。 ボクシングで効くパンチというのは、死角からもらったりして、見えないから大ダメージをもらうことです。 ダウンを奪うほどのダメージがあるパンチは死角からのパンチです。 そのため、常に相手のパンチをもらうときでも見る必要があります。 見ることにより体が防御し、目をつぶっていないときよりもダメージを比較すると大幅に軽減することになります。 パンチをもらっても本能的にダメージを極力減らしているのですね。 それを理解することにより、目をつぶらなくなりました。 ただ漠然と 「目をつぶるな!」と指導を受けるより 「目をつぶると、相手のパンチも避けられないし、ダメージも倍増して危険すぎる!」 と意識を変えてトレーニングすると上達のスピードが格段に変わります。 相手のパンチを見るときにはアゴを引いて 相手のパンチに対して目をつぶらなくなっても、アゴを上げて相手のパンチを受けてしますと 危険です。 これも基礎ですが、アゴを引くことです。 アゴを上げると、目を狙われたときに危険です。 網膜剥離や眼底骨折などのリスクも減らすことができます。 アゴを狙われたときは、簡単に脳が揺れてダメージも大きくなります。 最悪パンチを避けきれないときでも、おでこで受けるようにすることですね。 アゴを引く、引かないだけでダメージが倍増の危険が ということも理解しましょう。 そして実践経験を積んで、上達すれば防御技術が上がり相手のパンチをもらっているように見 えても寸前でかわしたり、当たっても芯をずらしたりとダメージをもらいにくすることも可能です。 ボクシング上達プログラムで最速で強くなる ボクシングを最速で学び強くなるためには、以下の教材をお勧めします。 無駄なく、効率よくボクシングが強くなるメソッドが詰まってます。 関連記事:.

次の

「節穴(ふしあな)」 の由来と語源

節穴 の 目 ボクシング

経歴・人物 [ ] 元日本王者で元東洋太平洋王者のの次男で、本名は寺地拳四朗という。 名前の由来は漫画『』の主人公・ケンシロウから採られたものである が、拳四朗本人は北斗の拳を1度も読んだことがない。 試合勝利後はダブルピースをする。 従兄弟に選手のがいる スポーツ推薦で高校に進学するため、最初は嫌々で中学校3年でボクシングを始める 、父親の永によると「無理やりやらせた面もある」とのこと。 時代には、(インターハイ)やに出場経験がある。 2009年の高校3年次には地元奈良でのインターハイではモスキート級で2学年下の()の前に3Rレフェリーストップコンテストで敗れた。 高校卒業後、人間健康学部に進学。 関西大学時代にはボクシング部に所属し、関西学生リーグ戦を始めとするアマチュアの大会に出場。 大学4年次の2013年()では成年男子ライトフライ級に於いて優勝を、全日本選手権では準優勝を果たした。 しかし、高校で一度、大学でも一度、の入学試験を受け、ボクシングに対する執着はなかった。 なお関西大学ボクシング部時代の同期にがいる。 2014年、大学を卒業と同時にプロ入りを決意し、父が経営するB. Bボクシングジムからプロデビューするべく3月17日にB級プロテストを受験し、無事合格した。 リングネームを下の名前のみを取って『拳四朗』とし 、同年8月3日、(中央区)にて()とプロデビュー6回戦を行い、判定勝ちを収めた。 同年10月19日にはでファウワナイ・ウォースラポー()と50. 0kg8回戦を行って2R1分1秒TKO勝ちを収め 、同月28日には日本6位にランクインした。 同年11月4日にはOPBF東洋太平洋ミニマム級12位にランクインした。 2015年2月26日に日本ミニマム級4位にランクインされ 、同年3月26日にはで長嶺克則(マナベ)と8回戦を行い、長嶺との無敗対決を制しデビュー戦からの連勝を3に伸ばし 、同年7月7日にはOPBF東洋太平洋6位にランクインした。 同年8月10日には後楽園ホールで大前貴史(中日)とライトフライ級8回戦を行って4R59秒TKO勝ちを収め 、同月26日には日本ライトフライ級1位にランクインし 、同年10月12日に後楽園ホールで()と世界ライトフライ級決定戦を行い、10回判定勝ちを収め王座獲得に成功した。 同年12月27日には(京都府)で日本ライトフライ級王者の(SFマキ)と対戦し、10回3-0(98-93が2者、97-93)の判定勝ちを収めプロ6戦目にして日本王座獲得に成功した。 2016年1月14日に世界ライトフライ級15位にランクインし 、同月22日にで上述の堀川戦が年間最高試合に選出され 、同年3月2日にはに拳四朗後援会が発足 、同年4月14日に後楽園ホールで角谷淳志()と対戦し、初回2分53秒TKO勝ちを収め日本王座の初防衛に成功 、同年8月7日にはで自身の持つ日本ライトフライ級王座と空位のOPBF東洋太平洋ライトフライ級王座を懸け日本ライトフライ級5位の()と対戦し 、3-0の判定勝ちを収め日本王座の2度目の防衛並びにOPBF王座の獲得に成功した。 親子2代で日本王座とOPBF王座の2冠を果たしたのは国内初の快挙である。 そして同年暮れの12月8日には後楽園ホールでレスター・アブタン(フィリピン)を相手にOPBF王座の初防衛戦を行い、3回1分57秒TKO勝ちを収めOPBF王座の初防衛に成功した。 に入り、一度は4月2日に()と日本王座の3度目の防衛戦を行う予定だったが、3月21日にに対して日本ライトフライ級王座を返上したため試合は中止となった。 2017年10月22日、で元WBC世界ライトフライ級王者でWBC世界ライトフライ級1位の(メキシコ)と対戦し、12回2-0(115-113、116-112、114-114)の判定勝ちを収め、初防衛に成功した。 2017年12月30日、で行われた「FUJI BOXING 2017」でWBC世界ライトフライ級11位でフェデカリブライトフライ級王者のヒルベルト・ペドロサ()と対戦し、4回1分12秒TKO勝ちを収め、2度目の防衛に成功した。 1月12日、WBCの2018年1月度の月間優秀選手賞に選出された。 2018年、3度目の防衛戦としてガニガン・ロペス(前王者・WBC世界ライトフライ級1位)との再戦が決定、試合日は一度は4月15日の(神奈川県横浜市) での開催に設定されたものの、その後の調整で5月25日の東京・ での開催が正式に決定した。 2018年5月25日、大田区総合体育館にて、元WBC世界ライトフライ級王者でWBC世界ライトフライ級1位のガニガン・ロペスと対戦し、2回1分58秒KO勝ちを収め3度目の防衛に成功した。 2018年10月7日、横浜アリーナにて元世界ライトフライ級王者のと4度目の防衛戦を行い、7RTKO勝ちを収めた。 2019年7月12日、第1競技場でWBCライトフライ級1位のジョナサン・タコニング(フィリピン)と6度目の防衛戦を行い、3ラウンドの途中で偶然のバッティングによりタコニングが負傷したことで減点を取られたが、4Rに右ストレートでタコニングをマットに沈め、4回1分0秒TKO勝ちで6度目の王座防衛に成功した。 2019年12月23日、横浜アリーナで世界ライトフライ級王者の()と王座統一戦を行う予定であったが、アルバラードが体調不良になり中止となった。 代わりとして、元世界ライトフライ級暫定王者でWBC世界同級14位の(フィリピン)を相手に防衛戦を行うことを発表した。 また、リングネームを本名の『寺地拳四朗』に変更することも発表された。 2019年12月23日、横浜アリーナでペタルコリンと対戦。 3回に右ボディフックなどで一気に3度のダウン、4回に左ボディフックを決めて4度目のダウンを奪ったところでレフェリーが試合を止め、4回1分8秒TKO勝ちを収め、7度目の王座防衛に成功した。 獲得タイトル [ ]• 世界ライトフライ級王座(防衛7) 戦績 [ ]• アマチュア - 74戦58勝(20KO)16敗• プロ - 17戦17勝(10KO)無敗 戦 日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考 1 2014年8月4日 勝利 6R 判定3-0 ヘリ・アモル プロデビュー戦 2 2014年10月19日 勝利 2R 1:01 TKO ファウワナイ・ウォースラポー 3 2015年3月26日 勝利 7R 1:40 KO 長嶺克則() 4 2015年8月10日 勝利 4R 0:59 KO 大前貴史(中日) 5 2015年10月12日 勝利 3R 0:46 KO ロリー・スマルポン 世界決定戦 6 2015年12月27日 勝利 10R 判定3-0 SFマキ 日本ライトフライ級タイトルマッチ 7 2016年4月14日 勝利 1R 2:53 TKO () 日本王座防衛1 8 2016年8月7日 勝利 12R 判定3-0 大内淳雅() 東洋太平洋ライトフライ級王座決定戦、日本王座防衛2 9 2016年12月8日 勝利 3R 1:57 TKO レスター・アブタン OPBF防衛1 10 2017年5月20日 勝利 12R 判定2-0 世界ライトフライ級タイトルマッチ 11 2017年10月22日 勝利 12R 判定2-0 WBC防衛1 12 2017年12月30日 勝利 4R 1:12 TKO ヒルベルト・ペドロサ WBC防衛2 13 2018年5月25日 勝利 2R 1:58 KO ガニガン・ロペス WBC防衛3 14 2018年10月7日 勝利 7R TKO WBC防衛4 15 2018年12月30日 勝利 12R 判定3-0 サウル・フアレス WBC防衛5 16 2019年7月12日 勝利 4R 1:00 TKO ジョナサン・タコニング WBC防衛6 17 2019年12月23日 勝利 4R 1:08 TKO WBC防衛7 受賞 [ ]• 2019年プロボクシング部門 優秀選手賞 テレビ出演 [ ]• (2018年3月5日 - 18日、)• (2020年2月7日、) 脚注 [ ] 注釈 [ ]• Boxing News(ボクシングニュース)2019年11月11日• スポーツ報知. 報知新聞社. 2016年6月12日. 2017年4月3日閲覧。 スポーツナビ 2018年3月8日. 2017年12月12日閲覧。 デイリースポーツ. 2018年5月26日. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. 2017年4月3日. 2017年4月3日閲覧。 ボクシングニュース「Box-on! ボクシングビート. 2009年8月3日. 2017年4月3日閲覧。 奈良新聞. 奈良新聞社. 2013年10月9日. 2017年4月3日閲覧。 Boxing News(ボクシングニュース). ボクシングビート. 2014年3月17日. 2017年4月3日閲覧。 デイリースポーツ. 神戸新聞社. 2015年10月15日. 2017年4月3日閲覧。 Boxing News(ボクシングニュース). ボクシングビート. 2014年8月4日. 2017年4月3日閲覧。 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年10月19日• 日本ボクシングコミッション JBC 2014年10月28日• Boxing News(ボクシングニュース) 2014年10月28日• OPBF公式サイト 2014年11月4日• Boxing News(ボクシングニュース) 2014年11月4日• 日本ボクシングコミッション JBC 2015年2月26日• Boxing News(ボクシングニュース) 2015年3月26日• OPBF公式サイト 2015年7月7日• Boxing News(ボクシングニュース) 2015年7月7日• Boxing News(ボクシングニュース) 2015年8月10日• 日本ボクシングコミッション JBC 2015年8月26日• サンケイスポーツ. 産業経済新聞社. 2015年10月13日. 2017年4月3日閲覧。 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年12月27日• WBO公式サイト 2016年1月14日• Boxing News(ボクシングニュース) 2016年1月23日• Boxing News(ボクシングニュース) 2016年1月22日• Boxing News(ボクシングニュース) 2016年3月3日• Boxing News(ボクシングニュース) 2016年4月14日• ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. 2016年8月7日. 2017年4月3日閲覧。 スポーツ報知. 報知新聞社. 2016年12月8日. 2017年4月3日閲覧。 Boxing News(ボクシングニュース). ボクシングビート. 2017年3月22日. 2017年4月3日閲覧。 Fightnews. com 2017年5月20日• Boxing News(ボクシングニュース) 2017年5月20日• Fightnews. com 2017年10月22日• Boxing News(ボクシングニュース) 2017年10月22日• Boxing News(ボクシングニュース) 2017年12月30日• Fightnews. com 2017年12月31日• WBC公式サイト 2018年1月12日• Boxing News(ボクシングニュース) 2018年1月15日• 日刊スポーツ 2018年3月8日• Boxing News(ボクシングニュース) 2018年5月25日• 日刊スポーツ 2018年10月7日• Boxing News(ボクシングニュース) 2018年12月30日• デイリースポーツ. 神戸新聞社: p. 2019年7月12日. 2019年7月12日閲覧。 Boxing News(ボクシングニュース)2019年11月22日• Boxing news(ボクシングニュース)2019年12月23日• 日刊スポーツ 2020年2月7日 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• KenshiroooooKen -• ken4rot -• - (英語) 前王者 第39代日本王者 2015年12月27日 - 2017年3月21日(返上) 空位 次タイトル獲得者 空位 前タイトル保持者 第35代東洋太平洋王者 2016年8月7日 - 2017年5月20日(返上) 空位 次タイトル獲得者 前王者 世界王者 2017年5月20日 - 現在 次王者.

次の