クランベリー 効能。 【楽天市場】ドライフルーツの選び方 > クランベリーの選び方 効能 効果 栄養 など:ドライフルーツナッツ専門店小島屋

メディカルベリー・クランベリーの効能

クランベリー 効能

「リラクゼンセレクト」では、世界水準の品質基準を定め、欧米医療関係者の実績・信頼の高い 西洋ハーブを中心に、ユーザー目線で高品質サプリメントだけを厳選して紹介しております。 クランベリーの効能・効果に関心を抱き、当サイトをご覧いただいている方の多くは、「膀胱炎にはクランベリーが良いという噂・説があるけど本当なの?」との疑問解消を期待されているのではないでしょうか? その回答としては「 膀胱炎でお困りの方に、クランベリーがお役に立てる可能性はとても高い」ということです。 さらに、次の3条件を満たす場合、膀胱炎の治癒や再発予防に貢献した実績は豊富であり、クランベリーがお役に立てる確率は極めて高くなります。 1つ目の条件 膀胱炎の中でも、細菌が原因となる細菌性膀胱炎でお困りの方です。 細菌性膀胱炎をそれまでに繰り返していた方も、クランベリーの継続摂取により体質改善することで、膀胱炎の辛い症状と縁を切り、その後、膀胱炎の再発も無く、膀胱炎完治を実感された方は沢山いらっしゃいます。 膀胱炎治療として抗生物質を何度も服用し、耐性菌に進化させてしまい重度の膀胱炎になってしまい困り果ててしまっていた方でも、クランベリーを摂って膀胱炎を完治された方は少なくありません。 2つ目の条件 品質&栄養価に優れた良質のクランベリーを摂ることです。 また、ジュースやサプリメントへの商品加工の製法技術の違いも、クランベリーの品質&栄養価に少なからず影響を与えます。 品質&栄養価に優れた良質のクランベリーには、尿路に付着した大腸菌等の原因菌を粘膜から剥がして尿と一緒に流す作用、原因菌が尿道から膀胱に侵入することを防ぐ作用があり、膀胱炎体質からの脱却が図れます。 3つ目の条件 個々人に相応しい適量のクランベリーを継続摂取することです。 クランベリーは、細菌を粘膜に付着させない作用により膀胱炎の治癒・再発予防に貢献するのですが、各人の免疫力の違いによって、摂るべきクランベリーの必要量が変わってきます。 免疫力が劣化している場合は、摂るべきクランベリーの必要量(=適量)は多くなります。 また、良質のクランベリーを摂る場合でも、適量を下回る場合では、膀胱炎の再発があり得るので、必要量を満たす継続摂取が重要です。 適量のクランベリー継続摂取による体質改善を通して、膀胱炎の再発予防を実感いただけることになります。 クランベリーの威力を実感いただけるタイミングとしては、次の2種類が通常です。 細菌性膀胱炎で辛い症状を抱えている状況でクランベリーを摂る場合では、早ければ、1~3日で、辛い症状や違和感が治まることを通して膀胱炎治癒を認識でき、クランベリーの威力を実感いただけることになります。 膀胱炎の症状は抗生物質の服用等の対症療法で何とか治まっている状態で、再発予防を期待してクランベリーを摂る場合では、従来であれば、膀胱炎を繰り返してしまっている日数が経過したにも関わらず、何ら違和感を持つことなく、どうやら膀胱炎の再発予防できたらしいと感じたタイミングで、クランベリーの威力を認識いただけることになります。 なお、膀胱内部の炎症である膀胱炎のみならず、腎盂腎炎、尿道炎等を含めた、尿路感染症全般の治癒・再発予防に、クランベリーが貢献した実績は豊富です。 クランベリーの最大原産国であるアメリカにおいては、クランベリー効能に関する研究、特に尿路感染症での治験が盛んに行われています。 クランベリーは、その効能や威力に関する認知度、日常生活への浸透度が極めて高い果物&ハーブ・サプリメントです。 細菌性膀胱炎でお困りの方は、下記詳細ページをご確認ください。 間質性膀胱炎や過活動膀胱と診断された方には、頻尿や痛みや違和感といった膀胱炎に似た症状があり、尿検査等で細菌は確認できなかったという共通点もありますが、膀胱炎症状以外の体調懸念や膀胱炎症状に至る経緯等が個々人で大きく異なるので、望ましき対処法も個々人で異なります。 間質性膀胱炎や過活動膀胱と診断された方の中には、尿検査等では原因菌の確認はできなかったものの、実際のところは細菌性膀胱炎の症状であった方も少なくなく、クランベリーを試して、膀胱炎症状が治まったという方が、約半数程度はいらっしゃいます。 クランベリーには、細菌の種類を問わず、原因菌を粘膜から剥がす威力がありますが、通常の細菌検査では判別できない細菌種類が存在するようです。 実態は細菌性膀胱炎であるにも関わらず細菌性膀胱炎と診断されることなく、間質性膀胱炎や過活動膀胱といった曖昧な診断をされてしまい困られている方が相当程度いらっしゃいます。 間質性膀胱炎や過活動膀胱との診断がされてお困りの方は、自律神経の乱れに起因する症状であることが多く、クランベリーとは別のお奨めハーブ・サプリメントもご案内いたしますので、お電話でのお問い合わせをお待ちしております。 電話でのお問合せはこちらへ (無料通話:0120-33-9799 受付:平日・土日・祝日 10時-20時) 男性にとっての代表的な排尿トラブルである前立腺炎に対しても、その治癒・再発予防にクランベリーがお役に立てる可能性は高いです。 前立腺炎も、広義において尿路感染症という捉え方ができるように、腎盂腎炎、膀胱炎、尿道炎と同じく、クランベリーの威力により粘膜に付着している原因菌が剥がされ、排尿と一緒に流れ出て、短期間であっさりと前立腺炎の症状が治まる方もいらっしゃいます。 一方で、前立腺肥大の症状も併せ持ち、前立腺肥大が起因となる前立腺炎の症状の場合、排尿で原因菌がすっきりとは流れ出にくいという特徴があり、難治性の前立腺炎であることが多いようです。 この場合は、クランベリーがお役に立てる場合でも、前立腺炎の症状緩和を実感できるまでの必要期間は長くなります。 中には、クランベリーを摂り始めて最初の2ヶ月間では症状緩和を実感できなかった方で、3ヶ月目で症状の治まりを認識でき、4~5ヶ月目でようやく、前立腺炎の治癒・再発予防に確信が持てたという方もいらっしゃいます。 クランベリーがお役に立てるかどうかの見極めには、少なくとも2~3ヶ月間の継続摂取は必要と思われます。 難治性の前立腺炎の場合、慢性前立腺炎との診断の場合、細菌原因の前立腺炎であっても、下半身の血行の悪さや免疫力の劣化が、治癒を妨げている場合も少なくありません。 若しくは、細菌性の前立腺炎ではなく、自律神経バランスの乱れ、男性ホルモンの劣化が根本原因の慢性前立腺炎であることも考えられます。 前立腺炎に良いとされる薬や治療をいろいろと試したものの、体調改善の実感が得られていない方、若しくは、クランベリーの継続摂取を試みたが症状緩和とはならずお困りの方は、免疫力の向上と自律神経バランスの健全化への取り組みが、前立腺炎の根本解決に向けて、最善の対処法としてお奨めできます。 免疫力の向上と自律神経バランスの健全化の実績に優れたハーブ・サプリメントについては、お電話でのお問い合わせをお待ちしております。 電話でのお問合せはこちらへ (無料通話:0120-33-9799 受付:平日・土日・祝日 10時-20時) 風邪やインフルエンザの予防において、クランベリーの威力を実感されている方がとても多くいらっしゃいます。 元来は、膀胱炎の治癒・再発予防を期待しての利用がほとんどのクランベリーでしたが、クランベリーを飲み始めてからは、一度も風邪やインフルエンザになることなく、免疫力の向上を実感できているというフィードバックが数多く、現在では、膀胱炎のお悩みは無い方でも、風邪やインフルエンザ予防を期待して、クランベリーを継続摂取される方がかなり増えてきています。 特に、鼻づまりの持病をお持ちの方、就寝時に口呼吸をしてしまう方で、寒い冬や乾燥した時期に、扁桃腺を腫らすことから風邪やインフルエンザによる辛い炎症を繰り返して困っていた方が、クランベリーと出会ったことで、その後、風邪やインフルエンザとは無縁となることができて、喜ばれている方がとても多くいらっしゃいます。 喉の粘膜に付着している細菌やウイルスをクランベリーが剥がすことで炎症を治めてくれるのが、風邪やインフルエンザ予防にクランベリーの威力が発揮されている理由だと思われます。 アメリカで数多く実施されているクランベリーの治験でも、風邪やインフルエンザ予防のテーマはまだ多くなく、この優れた作用の詳細メカニズムは未解明という段階ではありますが、 クランベリーの威力を実感いただける利用者の確率の高さという面では特筆するレベルですので、風邪やインフルエンザ予防を期待してのクランベリー利用は、とてもお奨めいたします。 風邪やインフルエンザの予防において、クランベリーの威力を実感されている方の多くが、従来とは大きく異なる自然治癒力を実感しているというのが特徴でもあります。 喉のイガイガや扁桃腺の腫れを認識した後で、従来であれば、その段階での体調悪化への進行を防ぐことは難しかった状態において、クランベリーを(多めに)摂取することで、炎症や体調悪化への進行を食い止めることができたことに驚かれている方が少なくありません。 トローチ、風邪薬、葛根湯といった市販薬では経験できなかった炎症進行を治める手段を手に入れたことで、大事な試験や舞台や仕事にも心配なく臨めるという安心感は、なかなか得難い価値ではないでしょうか。 自分に合った良質なクランベリー商品を見極めは、そんなに簡単ではありません。 商品パッケージに記載される内容表示だけを見て、良質かどうかを判別できることは、ほぼ不可能と言えるので、自分に合ったクランベリー商品を見極めるには、その商品を試す以外に方法はありません。 いろいろな商品を試して比べて、自分に合った良質なクランベリー商品を見つけていくことをお奨めいたします。 どのような順番でクランベリー商品を試すべきかについて、重要な考慮点を、以下の(1)から(4)に列挙いたします。 (1)クランベリー商品の品質や栄養価を決める最大要素は「栽培環境」です• どこで栽培されているかによって、クランベリーが持つ栄養価が異なります。 クランベリー生育に必要な、土壌、気候、水、日照等が異なりますので、クランベリー果実に含有される栄養価は異なります。 また、肥料や農薬の使用状況等の栽培管理の違いによっても、クランベリー商品が持つパワー&栄養価は異なります。 これは、ハーブ(薬効性に優れた植物)全般に当てはまるポイントです。 (2)クランベリー商品の品質や栄養価を決める第2の要素は「鮮度を保つ製法」です• 植物は、鮮度が落ちると品質・栄養価は劣化しますので、鮮度を保つ製法を持っているかどうかで、クランベリー商品の品質・栄養価は、大きく異なります。 鮮度を保つ製法とは、クランベリーを収穫してから商品化までの時間短縮と、鮮度を保ち栄養価を残す製法技術の主に2つの要素から成り立ちます。 (3)「ホールフーズ」のクランベリー商品が望ましい• クランベリーに含まれる全ての栄養価を余すことなく摂ることができる、ホールフーズのクランベリー商品が望ましいでしょう。 現在では、フレッシュなクランベリー果実以外では、ホールフーズのクランベリー商品はサプリメントに限られます。 ドライフルーツのクランベリーは、乾燥の過程で鮮度が失われるため、栄養価が減少します。 また、乾燥過程で抜かれる水分と一緒に、水溶性の栄養価が抜け落ちる可能性があります。 クランベリージュースの製法工程においては、「搾りカス」が出るので、商品としてのクランベリージュースには、この搾りカスは含まれないのが通常です。 この搾りカスの中身であるはずの食物繊維等に、膀胱炎の治癒や再発予防に直結する栄養価が残される場合は、クランベリー100%表記のジュースであっても、クランベリージュースで得られるクランベリーのパワーは、ホールフーズのクランベリーに比べて劣ることになります。 (4)「オーガニック」のクランベリー商品が望ましい• オーガニック認定条件を満たさない加熱処理・殺菌処理等によって製造されたクランベリー商品は、クランベリー本来の栄養価が失われている可能性があります。 オーガニックのクランベリー商品を摂ることで、体内に入ることになる添加物、農薬等の化学物質の種類と総量が減ることになるため、添加物や農薬等の化学物質が主原因とされる、アレルギーや肝機能障害や精神疾患等に罹るリスクが軽減できます。 オーガニックで良質なクランベリー商品のほとんどは、クランベリーの栽培地とクランベリー商品化の製造工場が隣接していることが通常です。 例えば、クランベリー産地は北米で、クランベリー商品化を日本工場で行われている場合は、産地から工場にクランベリーを輸送する際に、何らかの添加物や熱処理等が加えられることになり、オーガニック状態の維持&オーガニックでの商品提供は難しいです。 上記(1)~(4)の観点は、クランベリー商品の望ましい選び方についての記載でありますが、ある意味、現代人の健康維持において重要な'食材の望ましい選び方'と受け取っていただいても良いと思います。 鮮度の高いオーガニック&ホールフーズ食材を摂ることは、高い栄養価を摂ることができて、不要な添加物を避けることもでき、健康維持において極めて賢明な食生活スタイルです。 一方で、高い栄養価を得るための最適な栽培環境が海外となるクランベリー等の食材の場合は、ジュースやサプリメントへの商品加工の全てを、産地に近い工場で製造完了している商品が、安全面&効能面の両方で望ましいことになります。 クランベリーにおいては、最適産地が北米であるため、北米で製造完了したクランベリー商品を選ぶことが望ましく、現段階でお奨めできるのは、'オーガニック'&'ホールフーズ'のクランベリーサプリメントになります。 (0120-33-9799)• (味覚障害、前立腺肥大)• / (血液サラサラ、血流改善)• / (完全栄養食品、ポーレン)• (ビタミンC、美肌)• (抗糖化、リラックス効果)• (骨粗しょう症対策)• (燃焼力向上)• / (リウマチ、自己免疫疾患)• / (膀胱炎、前立腺炎、腎盂腎炎、尿道炎、排尿トラブル)• (関節痛緩和)• // (神経障害、リウマチ)• (抗酸化作用、細胞活性化)• // (静脈瘤(むくみ)、静脈炎)• (プリプリ素肌、関節の健康)• (便秘、腸内毒素排出)• / (冷え性対策、体ポカポカ)• / (鬱(うつ)対策)• (体内浄化、解毒)• / (偏頭痛(片頭痛)緩和)• / (アレルギー性鼻炎 花粉症 )• // (前立腺肥大)• / (不眠症、鎮静効果)• (眼精疲労、アントシアニン)• (更年期の症状緩和)• / (栄養バランス調整、免疫強化)• (抗菌作用、抗炎症作用)• (ダイエット、食欲調整)• (精力増進、美容、疲労回復)• /// (肝機能障害、シリマリン)• (栄養バランス)• (老化防止、生活習慣病予防)• / (更年期障害、イソフラボン)• (下肢静脈瘤、浮腫(むくみ)).

次の

クランベリーの栄養に注目!健康への効果効能がすごい!

クランベリー 効能

クランベリーとは? 北米産まれのクランベリーの名前の由来は 木につぼみがついている風景が鶴に似ていたことからクラン(鶴)ベリーになったなどユーモアあふれる果実です。 クランベリー自体は 酸味が強いためそのままで食べることはあまりありません。 クランベリーは昔から抗酸化作用が強いと注目され、 万能薬として活躍してきました。 風邪をひいても、お腹を下しても、熱を出しても、ケガをしても、全て クランベリーを薬として使ってきた時代が100年以上もあるというのですから凄いですよね。 ドライクランベリーの効果とは? クランベリーの抗酸化力は現代でも注目され続けており、クランベリーを食べることで色んな効果をもたらせてくれます。 むくみの改善効果 まずクランベリーの代表成分である プロアントシアニジンは抗酸化力が強いとして有名なビタミンCよりも約20倍も高い効果を持っています。 この抗酸化力で体すべての健康を守ってくれているといっても過言ではありません。 立ち仕事をしている方や女性に多い むくみも、肝臓の働きを促進させることで解消してくれます。 膀胱炎の改善効果 また 膀胱炎や尿路感染症などの感染症にも効果的。 海外の有名な大学で実験が行われ、膀胱炎や尿路感染症を患っている患者に クランベリーエキスを投与した結果、抗生物質と同じくらいの効果が確認されたと発表されました。 また尿路カテーテルを使用する際も検証したところ、 感染症にかかる確率が大幅に下がるとの結果がでました。 医療の現場で実際に結果が出ているのでかなり信憑性のある効果ですね。 虫歯や歯周病の予防効果 更に口内の菌にも力を発揮するので、 虫歯や歯周病の予防にも効果があり、コレステロール値を改善してくれるところから 生活習慣病の予防にもなるといわれています。 これだけ色んな病気を予防してくれるのですから、クランベリーが万能薬といわれる所以も納得ですね。 美容効果 健康面でこれだけの効果を持っていながら実は美容にも良いということで、今海外女性の間でブームになっています。 クランベリーには美容の応援団としてしられる ビタミンA・C・E(エース)も豊富に含まれていますから、シミやニキビなどの肌トラブルを予防してくれるのはもちろん、 美白・美肌に導いてくれる効果もありますので、日本でも注目があつまっています。 眼精疲労の改善効果 ほかにもクランベリーをはじめとするベリー系に多く含まれる アントシアニンという成分が眼精疲労などに効果があるといわれています。 今でも民間療法として食べている方も多いのですが、戦争中も夜目がきくからと、戦闘機にのっていた兵士たちが愛用していたという話もあるほど。 ドライクランベリーの効果的な食べ方 ドライクランベリーを いつ食べるのが効果的かというとズバリ朝です。 ドライクランベリー自体が1粒ずつ食べるようなドライフルーツではないので外で食べにくいのもありますし、 一番の特徴でもある抗酸化力は朝たべることで1日菌などの外敵から守ってくれるという意見もあります。 1つ気をつけてほしいのは食べ過ぎない事。 ドライフルーツは生の果物よりもカロリーが高く、 食べ過ぎると肥満を促進したり健康を阻害する可能性もあります。 特にクランベリーは元々酸味が強くそのままで食べることの少ない果実ですので、ドライクランベリーにする際に砂糖などの甘味料を使うことが多く、他のドライフルーツよりもカロリーが高くなりがち。 いくら体に良いものでも食べ過ぎると毒になってしまいますので、 1日の摂取量をまもって食べるように心がけましょう。 ダイエットにはカカオとドライクランベリー カカオをつかった食品と一緒に食べるとうれしい効果があります。 カカオをつかった食品というと一般的なのはチョコレートです。 できればダークチョコレートなどカカオがより多く含まれているものが良いです。 カカオにはカカオマスポリフェノールという成分が含まれています。 この成分は 脂肪燃焼の効果がありますので、高カロリーなドライクランベリーと一緒に摂取するのがオススメ。 実はクランベリーには 育毛を促進する力があるともいわれていて、特にビタミンAとCの効果により頭皮トラブルやフケなども抑制してくれます。 逆にリンゴにはポリフェノールが含まれており、 抜け毛を予防してくれる効果があります。 特に注目されているのはリンゴの皮なので無農薬のリンゴを皮ごと食べるのがベストです。

次の

クランベリーの効果効能とは|膀胱炎に対する効果も検証しました

クランベリー 効能

クランベリーの果実は1cm程度の大きさで、熟するとのように赤くなりますが、果実自体の酸味や渋みが大変強く、生食には適していません。 現在、アメリカにおいて品種改良が加えられ広く栽培されており、シロップ漬けにして食したり、他の果汁に混合してジュースにしたり、料理用のソースやお菓子として利用されています。 クランベリーの原産地である北米では、コンコードグレープと並んで北米三大フルーツのひとつともいわれているほど有名な果実です。 クランベリーの品種は、主に4系統に分けられ、ツルコケモモ 蔓苔桃 、ヒメツルコケモモ 姫蔓苔桃 、オオミノツルコケモモ 大実蔓苔桃 、アクシバ 灰汁柴、青木柴 などが存在します。 アメリカ先住民の部族によって異なりますが、当時クランベリーはイビミ、サッサマネシ、アトカなどの名前で呼ばれていたといわれています。 古くはアメリカ先住民が食料や染料などにもクランベリーを役立てており、特に医薬品として重宝されていました。 当時の医薬品としてのクランベリーの用途は、泌尿器疾患や傷の治療、血液の解毒、胃や肝臓の不調、熱、下痢など、多岐に渡っていましたが、特に100年に渡って航海中のビタミンC不足による壊血病予防に利用されてきました。 19世紀頃、クランベリーの本格的な栽培が始まり、様々な加工や製品の開発が知られるようになりました。 20世紀末になると、クランベリーの特性に対する研究が進められ、クランベリーの抗菌作用による尿路感染症、歯周病への効果が明らかになってきました。 プロアントシアニジンはクランベリー以外の果物にも含まれていますが、クランベリーに含まれているプロアントシアニジンはその働きが特に強力で、英語のスペルを省略してPACSとも呼ばれています。 クランベリーは非常に高いプロアントシアニジン含有量を誇り、クランベリー100gに対して418. 8mgものプロアントシアニジンが含まれています。 また、クランベリーにはポリフェノールの一種であるアントシアニンの他、キナ酸や、類も含まれており、他の果実に比べて、多種の健康成分を含有しているといわれています。 腎臓は、体内の不要な分などを尿として排泄させる臓器です。 プロアントシアニジンは、抗炎症作用と抗酸化作用を持つため、細菌感染や酸化による腎臓のダメージを防ぐという報告があります。 このため、プロアントシアニジンは腎臓の機能を維持し、利尿作用を高めて、むくみの原因となる体内の余分な水分や老廃物の蓄積を防ぎます。 つまり、むくみの解消につながるのです。 また、プロアントシアニジンが持つ抗酸化作用によって、むくみの原因となる血液の滞りを改善する働きも知られています。 さらにそれが血管内壁に付着して、血流の妨げになります。 クランベリーが含んでいるプロアントシアニジンは、抗酸化作用によって悪玉 LDL コレステロールの生成を抑制することができるため、血流を促進し、余分な水分や老廃物を体内から排出する効果が期待できます。 <豆知識>むくみが女性に起こりやすい理由 むくみは、男性にも起こり得る症状ですが、一般的には女性に起こりやすいことで知られています。 朝起きた時に何となく頬や顎がふっくらして見えたり、靴下の跡が取れにくかったり、夕方になると朝履けていたブーツに足が入らなかったりなど、特にむくみは足に出やすいといわれています。 むくみが女性に多い理由は、男性よりも筋肉量が少ないことに起因しています。 心臓から送り出された血液は、足に辿り着いた後は、ふくらはぎの筋肉によって心臓へと戻されます。 ふくらはぎの筋肉は、重力に逆らって足の血液を心臓に戻す、ポンプのような役割を担っているのです。 女性は男性よりも筋肉が少ないのでポンプの力が弱く、足の血液の流れも悪くなりやすいため、むくみやすいといわれています。 細菌が取りついた患部は赤く炎症を起こし、悪化すると排尿時などに激しい痛みや残尿感を覚えたり、頻尿や血尿などの症状が現れます。 クランベリーに含まれるプロアントシアニジンが持つ抗酸化力によって、大腸菌などの感染菌が尿管の上皮に付着するのを防止する作用があります。 馬尿酸によって感染菌が増殖する原因である尿のpHが、健康な尿と同じ弱酸性に保たれます。 クランベリーに含まれるプロアントシアニジンとキナ酸の相乗効果によって、尿路の健康維持に効果を発揮するのです。 尚、この効果に関しては、尿路感染症に感染した女性を被験者とした臨床試験も行われています。 クランベリージュースを飲用させたグループと、飲用させていないグループに分け、尿路感染菌の生菌数を比較したところ、クランベリージュースを飲用した被験者において尿中の尿路感染菌の減少が認められたとの結果が報告されています。 歯周病とは、歯周組織が歯垢に存在する歯周病菌に感染することで歯茎が腫れたり、出血する病気で、悪化すると歯が抜けてしまう場合もあります。 クランベリーに含まれているプロアントシアニジンの抗酸化力は、口内でも発揮されます。 口内で発生した歯周病菌や歯垢に対しても、プロアントシアニジンが作用すること増加を防ぐことができるため、クランベリーを摂ることで歯周病を予防することが可能であるといえます。 クランベリーには、ポリフェノールやビタミンCをはじめとする抗酸化作用を持った物質が豊富に含まれています。 抗酸化作用を持つ物質は、健康に対する働きかけだけではなく、美容に対しても極めて重要な働きをもちます。 過剰に発生した活性酸素は、肌の細胞にも悪影響を及ぼすため、シミやたるみなどの大きな原因となります。 クランベリーに含まれる抗酸化作用を持つ栄養素が、活性酸素を除去することで肌の細胞を健康に保ち、美肌に対して効果があると考えられています。 クランベリーに含まれるプロアントシアニジンやアントシアニンは、抗酸化作用が高く、血管内で動脈硬化などの原因となる、悪玉 LDL コレステロールの酸化を防ぐ働きがあります。 心臓病の多いアメリカでは、民間療法としてクランベリーが一般的に用いられています。 体内で過剰に発生すると、脂質やたんぱく質、DNAなどに影響し、老化の原因になるとされます。 膀胱炎と同様の症状が発生するといわれています。 【3】感染症を誘発させて酸化的な腎臓傷害を起こさせた膀胱尿管逆流 VUR のウサギにおいて、抗酸化作用が知られているクランベリー果実の予防効果を評価した研究があります。 ウサギに人工的に膀胱尿管逆流を起こさせたうえで、大腸菌に感染させ腎臓の酸化ダメージをマロンジアルデヒド濃度を測定することで調べました。 大腸菌に感染させることでウサギの腎臓のダメージは増大していましたが、クランベリーを摂取させることで酸化ダメージが抑えられました。 この研究では、クランベリーによって酸化を防止することで腎臓の炎症を抑え、腎臓のダメージを防ぐ可能性が示唆されました。

次の