あつ森 観測所。 キャンプ X どうぶつの森 がトレンドに! Funnitter(ファニッター)

【衝撃】地球の生物のほとんどは未知の「地底世界」に住んでいると判明! 最大230億トン、独自の生態系に科学者戦慄(2019年1月24日)|BIGLOBEニュース

あつ森 観測所

気象官署が1箇所()、航空気象観測所が1箇所(神戸空港)あります。 日本海から瀬戸内海まで続いている県です。 さらに淡路島などの瀬戸内海の島を抱えています。 訪問は、2013年です。 《地域気象観測所・地域雨量観測所》 香住(かすみ) [北部 但馬北部] 美方郡香美町香住区森 (みかたぐん かみちょう かすみく もり) 観測要素:降水量,風向・風速,気温,日照時間,積雪深 県北部の日本海に面した町です。 観測所も海に近い地区にありますが、海までは少し距離があります。 周辺は農地で見通しが良くなっていますが、東側に建物が建っています。 温泉(おんせん) [北部 但馬北部] 美方郡新温泉町桐岡 (みかたぐん しんおんせんちょう きりおか) 観測要素:降水量 県の一番北西側の町で、旧・温泉町(おんせんちょう)だった地区になります。 町の名前の元にもなった湯村の温泉街から、さらに山間の方へ入って行ったところです。 観測所の周りは すっかり草木に覆われてしまっていました。 兎和野高原(うわのこうげん) [北部 但馬北部] 美方郡香美町村岡区宿 (みかたぐん かみちょう むらおかく やど) 観測要素:降水量,風向・風速,気温,日照時間,積雪深 県北部の高原地帯で、海抜540mの地点です。 2005年に旧・村岡町(むらおかちょう)の町中から移転してきましたが、2007年までは観測所名が「村岡」でした(見に行った時はフェンスの表示が「村岡地域気象観測所」のままでした)。 大屋(おおや) [北部 但馬南部] 養父市大屋町山路 (やぶし おおやちょう やまじ) 観測要素:降水量 県北部の市で、その中の どちらかと言うと西部の地区になります。 町の中心部と言って良いところで、周辺は建物が建ち並んでいます。 建物の屋上に雨量計が確認できました。 八鹿(ようか) [北部 但馬南部] 養父市八鹿町高柳 (やぶし ようかちょう たかやなぎ) 観測要素:降水量 こちらは市の北東側の地区です。 中心部からは離れた所で、周辺に住宅などは見当たりません。 2005年に現在の場所に移転して来たようです。 フェンスの中は人工芝が敷かれています。 和田山(わだやま) [北部 但馬南部] 朝来市和田山町枚田 (あさごし わだやまちょう ひらた) 観測要素:降水量,風向・風速,気温,日照時間,積雪深 県北東部の市で、京都府との府県境にも近いところです。 旧・朝来郡和田山町(あさごぐん わだやまちょう)の市街地からは外れた場所に観測所があります。 周辺は農地なのですが、最近になって商業施設が造られたりしているようです。 露場は人工芝が敷かれています。 生野(いくの) [北部 但馬南部] 朝来市生野町口銀谷 (あさごし いくのちょう くちがなや) 観測要素:降水量,風向・風速,気温,日照時間 こちらは市の一番南側の地区になります。 旧・朝来郡生野町(あさごぐん いくのちょう)の中心市街地に観測所が設置されています。 すぐ西側にコンクリート造の建物があり、東側には樹木が生えています。 柏原(かいばら) [南部 北播丹波] 丹波市柏原町柏原 (たんばし かいばらちょう かいばら) 観測要素:降水量,風向・風速,気温,日照時間 県東部の市です。 旧・氷上郡柏原町(ひかみぐん かいばらちょう)の中心市街地に近い所に観測所があります。 周辺は、東側が農地で開けていますが、南北に建物が見られます。 2013年に写真の場所へ移設されてきました。 佐用(さよう) [南部 播磨北西部] 佐用郡佐用町円應寺 (さようぐん さようちょう えんのうじ) 観測要素:降水量 県西部の町で、岡山県との県境に接しています。 北側に農地を控える場所に雨量計があります。 地名の読み方は、元々は「さよ」と伸ばさないものだったそうですが(鉄道の駅名は、こちら)、今は「さよう」が正式な町の読み方になっています。 一宮(いちのみや) [南部 播磨北西部] 宍粟市一宮町東市場 (しそうし いちのみやちょう ひがしいちば) 観測要素:降水量,風向・風速,気温,日照時間 県西部の市で、岡山県と鳥取県の両方と境を接しています。 旧・宍粟郡一宮町(しそうぐん いちのみやちょう)の中心部に近い地区です。 町の中から少し高台へ登って行った所に観測所があります。 南方向の見晴らしが良くなっています。 福崎(ふくさき) [南部 播磨北西部] 神崎郡福崎町福崎新 (かんざきぐん ふくさきちょう ふくさきしん) 観測要素:降水量,風向・風速,気温,日照時間 県中部の南側に位置する町です。 中心市街地の小さな川の畔に観測所があります。 風向風速計は建物の屋上(写真右端)、温度計と雨量計は地表の露場(写真左端)に設置されています。 すぐ北側を高速道路の高架橋が通ります。 西脇(にしわき) [南部 北播丹波] 西脇市上比延町 (にしわきし かみひえちょう) 観測要素:降水量,風向・風速,気温,日照時間 県南東部の内陸の市です。 市街地から外れたところで、北緯35度・東経135度の地点の近くに観測所があります。 露場は背の低い樹で囲ってあります。 東側に建物や小高い山(古墳)があります。 後川(しつかわ) [南部 北播丹波] 篠山市後川上 (ささやまし しつかわかみ) 観測要素:降水量 県東部の市で、京都府・大阪府との境に接しています。 篠山城のある市街地の地区から山一つ越えた山間の町に観測所があります。 雨量計の周囲にロープが張られていました。 上郡(かみごおり) [南部 播磨南西部] 赤穂郡上郡町與井 (あこうぐん かみごおりちょう よい) 観測要素:降水量,風向・風速,気温,日照時間 県南西部の町です。 町役場や鉄道の駅を抱える所からは少し外れた、農地の広がる地区に観測所があります。 露場の周りに樹が生えており、あまり良い角度で写真が撮れませんでした。 三田(さんだ) [南部 阪神] 三田市下深田 (さんだし しもふかた) 観測要素:降水量,風向・風速,気温,日照時間 県南東部の市です。 市街地の外れと言った所に観測所が設けられています。 塔の上に風向風速計と日照計が設置され、写真奥に見える地表の露場に温度計と雨量計があります。 三木(みき) [南部 播磨南東部] 三木市志染町広野 (みきし しじみちょう ひろの) 観測要素:降水量,風向・風速,気温,日照時間 三田市とともに神戸市の北側に位置している市です。 市の一番南側の地区になります。 この辺りから海沿いにかけての地域には沢山ため池が造られていて、この観測所のすぐ南西側にも池があります。 露場は草地になっています。 西宮(にしのみや) [南部 阪神] 西宮市奥畑 (にしのみやし おくはた) 観測要素:降水量 県南東部の市です。 住宅街の中に観測所があることは確認できました。 おなじみのデータ変換装置収容箱が、道端に見えたのです。 しかし、雨量計本体の姿は見ることが出来ませんでした。 ここまで近付いた努力の証として、銘板の写真を載せます。 家島(いえしま) [南部 播磨南西部] 姫路市家島町真浦 (ひめじし いえしまちょう まうら) 観測要素:降水量,風向・風速,気温,日照時間 姫路市の瀬戸内海に浮かぶ家島の観測所です。 高台の地区にあり、南北両方向に海が良く見えます(海抜88mとのことです)。 公園のように整備された広場の隅に設置されています。 日照計が隣の防災行政無線のスピーカーの柱に取り付けられています(写真右側)。 明石(あかし) [南部 播磨南東部] 明石市二見町南二見 (あかしし ふたみちょう みなみふたみ) 観測要素:降水量,風向・風速,気温,日照時間 子午線の街、明石市の観測所は、播磨灘の埋め立て地(人工島)に設置されています。 写真手前の緑地が露場になっていて、温度計と雨量計があります。 風向風速計と日照計は建物の屋上です。 郡家(ぐんげ) [南部 淡路島] 淡路市多賀 (あわじし たが) 観測要素:降水量,風向・風速,気温,日照時間 淡路島の北西側の海岸地区です。 古くは郡家村・郡家町だった地区ですが、現在の住所表記では郡家の隣になっています。 郡家川の畔に観測所があります。 周辺は、かなり建物が立て込んでいます。 南淡(なんだん) [南部 淡路島] 南あわじ市阿万塩屋町 (みなみあわじし あましおやまち) 観測要素:降水量,風向・風速,気温,日照時間 淡路島の一番南の市で、旧・三原郡南淡町(みはらぐん なんだんちょう)だった地区になります。 海岸までは1kmあまりの場所で、周辺は農地などが広がっています。 露場は背の低い樹に三方を囲まれた感じになっています。 《特別地域気象観測所》 豊岡(とよおか) [北部 但馬北部] 豊岡市桜町 (とよおかし さくらまち) 市の中心市街地に観測所があります。 周辺は住宅街になっており、すぐ南側にも建物が建っています。 敷地の北側はフェンスに囲まれた空き地のように見えますが、そのうち何かが建ちそうに思われます。 姫路(ひめじ) [南部 播磨南西部] 姫路市神子岡前 (ひめじし みこおかまえ) 姫路の街中の、小さな山の上に観測所があります(海抜38mだそうです)。 姫路城からも、それほど離れていない場所です。 コンクリート柱の上に、風向風速計と追尾式日照計が取り付けられています。 露場はあまり良く見えませんでしたが、一応、測器は確認できました。 洲本(すもと) [南部 淡路島] 洲本市小路谷 (すもとし おろだに) 洲本の市街地を見下ろす、洲本城の一角に観測所があります(海抜109m)。 門の所に「洲本測候所」の表札が残されていました。 周りはかなり樹が茂っています。 一応、写真の中央辺りに露場が見え、右の方に測風塔が見えているのですが、上手く全体を収める撮影が出来ませんでした。 リンク• このページは、個人の趣味により書かれています。 公的機関とは一切関係ありません。 アメダスに関する詳しい情報はをご覧ください。 写真が小さい・地図が無い・緯度経度が無い・設置場所の説明が大まかすぎる、など、多分に不親切なページですが、意図的に そうしています。 特に設置場所については、個別のご質問にもお答えできません。 もし、記載内容や写真から推測できたとしても、場所を提供している関係者の方に直接お問い合わせすることはおやめください。 も併せてお読みください。 アメダスの観測機器は、気象に関する情報を実地に収集する大切な装置です。 悪戯などは絶対にしないでください(法律にも禁止規定があります)。 第三十七条 何人も、正当な理由がないのに、気象庁若しくは第六条第一項若しくは第二項の規定により技術上の基準に従つてしなければならない気象の観測を行う者が屋外に設置する気象測器又は気象、地象(地震にあつては、地震動に限る。 )、津波、高潮、波浪若しくは洪水についての警報の標識を壊し、移し、その他これらの気象測器又は標識の効用を害する行為をしてはならない。 第四十四条 第三十七条の規定に違反した者は、三年以下の懲役若しくは百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。

次の

なにわの隅で小休止:京都大学阿武山観測所 山中にひそむ近代化遺産 /大阪

あつ森 観測所

会の名称の由来となった「ガリチン地震計」について解説する「阿武山ガリチン会」の渡辺三来生さん=大阪府高槻市の京都大学防災研究所阿武山観測所で、関野正撮影 こんな山中でひっそりと地震を観測していたとは……。 高槻市奈佐原、京都大学防災研究所の阿武山(あぶやま)観測所(飯尾能久(よしひさ)所長)だ。 阿武山から南に延びる尾根の先端、通称美人山(218メートル)の山頂付近にある。 1930年に開設。 周辺は微小地震が多いことで知られ、地元から約10ヘクタールの土地を300年間の契約で借り受け建設した。 3階建ての本館・東館と2階建ての西館がある。 高さ約30メートルの塔を擁し、近代化遺産としても注目される。 映画「プリンセス トヨトミ」(2011年)のロケも行われ、女優の綾瀬はるかさんが訪れた。 館内には過去の地震計が保存・展示されている。 (ついでに言うと、ロケで訪れた綾瀬さんが休憩時に使った椅子も).

次の

坂下宇宙線観測所(名古屋大学)とは?まるで心霊スポット!「世界のなんだコレ」

あつ森 観測所

先日の話を書いた。 結局あれから、このゲームが楽しくてずっと遊んでいる。 なんだか日に日にプレイ時間が増えて、今では他のゲームには目もくれずに 『あつまれどうぶつの森』だ。 ちょっと遊ぶつもりが、ついつい何時間もプレイするような状況に陥ってたりする。 それは、なぜか。 実は、ゲームをある程度進めると、エンディングというか、スタッフロールが現れてゲームが一区切りする。 しかしこのゲーム、ここからが本番だ。 今度は「島クリエイター」と呼ばれる、地形をエディットできる機能が解放され、プレイヤーはさらに島全体のカスタマイズができるようになる。 どうやら、島の形からデザインして、より素敵な自分だけの島を作りなさいというのが、このゲームをデザインした人の考えらしい。 この手の居住空間デザインシムのようなゲームは、作り込めば作り込むほど楽しくなり、沼のようにハマったら出てこられない魅力があるわけだが、 『あつまれどうぶつの森』も、まさにその手の沼ゲーであった。 これから遊ぶ方はぜひ注意されたい。 (前向きに注意を促したい) しかし、いざ島をデザインしてみると、なかなか思うように素敵な島が作れない。 僕が造形的デザインセンスに乏しいこともあるが、それにも増して、ゲーム内の空間を彩る様々なアイテムと、それを手に入れるお金が足りないからだ。 ゲーム中でアイテムを手に入れる方法はいろいろあるが、特定のアイテムは、一度手に入れればお店で買い足すことができる。 親切設計だが、実はゲーム内通貨の「ベル」が大量に必要になる。 あわせて、自分の家を増築したり、島の環境を整備するのにもお金がかかる。 そうなってくると、なんとかゲーム内でお金を作りたいということになる。 で、このゲームの中で一番手っ取り早く大金を手に入れることができるのが野菜の「カブ」を買うことだ。 毎週日曜日の午前中に行商のイノシシから買うことのできるカブは、まるで現実世界の株式のように、日々価格が変動する。 つまり、買値より高い値段で売りさばけば、買ったカブの分だけ儲けられるということだ。 しかし、その1週間のうちに売らなければ、カブは腐って価値を失う。 結構シビアなマネーゲームなのである。 ここで困るのが、1週間のカブの値動きを見ていても、大きく値段が上がることはめったにないということだ。 むしろ損をすることがほとんどである。 それならカブなんか買わない方がいいのではないか。 実はそうではない。 自分の島で安値のカブも、フレンドの島では高騰していることがある。 ネットワークで接続したフレンドの島へ出かけて、そこで売れば儲けることが可能なのだ。 いや、値上がりの確率を見ていると、フレンドの島を併用して売り抜けることが前提ぐらいの上がり方しかしないようでもある。 しかし、フレンドがいなかったり、フレンドもあがらなかったりすることはざらである。 そうしたら今度は、SNSなどで高騰している島の持ち主を探し、その島のパスワードを教えてもらって出かけていくのだ。 こうすることで、かなりの確率で儲けを出すことができる。 ところが、そうなってくると、高騰している島の持ち主は、カブを売らせる代わりに、様々なレアアイテムやお金、特に他の島へ出かけるために使う「マイル旅行券」(ゲーム内ではお金では買えない)などを要求してくるのだ。 「島、1往復につきマイル旅行券1枚です」「99000ベル1袋置いていってください」「島に到着したら先に支払ってください」などなど、カブを高値で売る見返りを要求する文言がSNSには飛び交っている。 リアルマネーでもないし、全然問題ないやり取りではあるが、のんびりとスローライフをゲーム内で実践できるかのような『あつまれどうぶつの森』は、今や貪欲にアイテムを集めるためにレアアイテムの取り引きが盛んな、生き馬の目を抜く経済ゲームと化しているのであった。 まあ、このゲームがそれだけ楽しいということであろう。 ポジティブに考えて今日も島を充実させていこうと思う。 ちなみに、ゲーム内の島に、特定の住人を呼ぶことができる 『amiiboカード』というトレーディングカード商品が実店舗で販売されているが、こちらについてはすでに品切れで、ネットでは人気のあるキャラクターのカードが超高額でリアルマネートレードされている。 うーん、世知辛い。

次の