弱保ドラパルト。 【剣盾シーズン8】弱保ジバコイル入りスタンダード【レンタルチーム】

霊統一マスターボール級達成構築【奇襲空軍ドラライド】:Gakuのブロマガ

弱保ドラパルト

ダイジェットによる素早さ上昇とじゃくてんほけんの発動で全抜きも狙える。 フェアリー対策or鋼対策 素早さを上げる飛行技は確定として、残りの選択技はフェアリー対策の鋼技か鋼対策の炎技の選択。 物理型なので「はがねのつばさ」の方が威力は出るが、構築に鋼タイプへの打点が足りない場合は「だいもんじ」も選択肢になる。 鋼技なら対ミミッキュが微有利に! 「はがねのつばさ」を採用する最大のメリットは、ダイスチルで防御を上げられる点。 これによりミミッキュ等の物理アタッカーに撃ち勝てる可能性が高くなる。 弱保ダイジェット型の対策 オススメの対策ポケモン ポケモン 対策 ・ダイホロウ半減で受けが成立しやすい ・「あくび」で流せる ・一致「イカサマ」で大打点 ・特性「ミラーアーマー」でダイホロウの防御ダウン無効 ・じゃくてんほけんを発動させない ・炎技に注意 ・特性「はとむね」でダイホロウの防御ダウン無効 ・ダイホロウ半減 ・一致「イカサマ」で大打点 耐性持ちの高耐久で返り討ち じゃくてんほけん型は殴り合いには強いので、高耐久の受けポケモンで回復技を駆使して凌ごう。 じゃくてんほけんを発動させなければ火力が上がることはないため、防御ダウンに耐性を持つ上記のポケモンであれば突破されにくい。 先制技やトリルで切り返す ダイジェットの存在からドラパルトを上から倒すのは困難だが、「かげうち」や「ふいうち」等の有効な先制技で対処も可能。 「トリックルーム」による切り返しも有効だ。 努力値・対策方法・役割・技構成などは、ユウキのめざめるパワー 氷 のものを引用しています。 引用元: ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の

霊統一マスターボール級達成構築【奇襲空軍ドラライド】:Gakuのブロマガ

弱保ドラパルト

本日からポケモン剣盾の育成論や構築記事を上げていくのでよろしくお願いします。 今回紹介するポケモンは「意地っ張り鉢巻ドラパルト」です。 ドラパルトは合計種族値600、いわゆる600族と呼ばれるポケモンの1匹で、現在のランクマッチ環境ではミミッキュに次ぐか同程度の圧倒的使用率を誇っています。 このドラパルトを使用したパーティで マスターボール級21位まで順位を伸ばすことができたので、ある程度信用できる型なのかなと思っています。 技構成に関しては、火力の出せる技としてドラゴンアロー、後述する意地っ張り鉢巻の強みを活かすためふいうち、ナットレイなどの鋼に対してダイマックスを切って打つ技として大文字までは確定でいいでしょう。 ラスト1枠はミミッキュやオーロンゲなどフェアリーに強く出るなら鋼の翼、シンプルに火力を求めるならゴーストダイブがおススメです。 ダイホロウのBダウンが強力 意地鉢ドラパルトの強み ・B4振りドラパルトに対して不意打ちで乱1 68. 現在のランクマッチではスカーフドラパルトが流行しており、ドラパルト同士の対面になった際には基本的にドラゴンアローで突っ込んできます。 もし倒せなかったとしても後続の先制技圏内に入っていますし、他の型のドラパルトがダイマックスを切ってきたとしても大きく削ることができ、良い展開を作ることができます。 例えば、上記のドラパルト不意打ちに加えて、意地A252オーロンゲに黒い眼鏡などの火力アップアイテムを持たせた不意打ちで叩くことで、ダイマックスを切ったドラパルトを確定で倒すことが可能です。 最速を取らないデメリット 準速ドラパルトの素早さ実数値は194で、これは 最速125族と同値です。 これに該当するポケモンは、 マニューラ、コオリッポ ナイスフェイス 、サンダース、ガラルヒヒダルマ ダルマモード 、カマスジョーの5体です。 ダルマモードのヒヒダルマはほぼ使われないので、実質4体と言っても過言ではありません。 また、スカーフ持ちやダイジェットといった素早さ1段階上昇についても考慮する必要があり、これに関しては最速66族と同値です。 こちらに関しては数は多いものの、最速で使われているのをよく見かけるのはウオノラゴン、パッチラゴンの2体ぐらいでしょうか。 ただし、この2体に関しては超火力を押し付けてくる要注意ポケモンなので、別途処理ルートを用意しておく必要があります。

次の

【剣盾シーズン8】弱保ジバコイル入りスタンダード【レンタルチーム】

弱保ドラパルト

ダイジェットによる素早さ上昇とじゃくてんほけんの発動で全抜きも狙える。 フェアリー対策or鋼対策 素早さを上げる飛行技は確定として、残りの選択技はフェアリー対策の鋼技か鋼対策の炎技の選択。 物理型なので「はがねのつばさ」の方が威力は出るが、構築に鋼タイプへの打点が足りない場合は「だいもんじ」も選択肢になる。 鋼技なら対ミミッキュが微有利に! 「はがねのつばさ」を採用する最大のメリットは、ダイスチルで防御を上げられる点。 これによりミミッキュ等の物理アタッカーに撃ち勝てる可能性が高くなる。 弱保ダイジェット型の対策 オススメの対策ポケモン ポケモン 対策 ・ダイホロウ半減で受けが成立しやすい ・「あくび」で流せる ・一致「イカサマ」で大打点 ・特性「ミラーアーマー」でダイホロウの防御ダウン無効 ・じゃくてんほけんを発動させない ・炎技に注意 ・特性「はとむね」でダイホロウの防御ダウン無効 ・ダイホロウ半減 ・一致「イカサマ」で大打点 耐性持ちの高耐久で返り討ち じゃくてんほけん型は殴り合いには強いので、高耐久の受けポケモンで回復技を駆使して凌ごう。 じゃくてんほけんを発動させなければ火力が上がることはないため、防御ダウンに耐性を持つ上記のポケモンであれば突破されにくい。 先制技やトリルで切り返す ダイジェットの存在からドラパルトを上から倒すのは困難だが、「かげうち」や「ふいうち」等の有効な先制技で対処も可能。 「トリックルーム」による切り返しも有効だ。 努力値・対策方法・役割・技構成などは、ユウキのめざめるパワー 氷 のものを引用しています。 引用元: ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の