気が気でない 例文。 気が気でないの意味!言葉の成り立ちや例文で使い方を紹介!

「気が気でない」とは?意味や使い方を例文を含めてご紹介

気が気でない 例文

「気の置けない」の意味と使い方 「気の置けない仲間」とは「気を使わない友人」 自分が気を使わず、遠慮しない様子は「気の置けない」という言葉で表すことができます。 「気の置けない仲間」とは「気を使わなくて済む気心の知れた友人」のことです。 「気の置けない」は人以外にも「気の置けない会話をする仲」「気の置けない雑談ができる相手」などと使うこともでき、いずれにしても「気遣いが不要」「遠慮が要らない」という意味です。 「置けない」の語源は「使わない」 「気の置けない」の「置けない」という部分が「気の置けない」の理解を難しくしますが、この場合の「置けない」は「使わない」という意味を持っています。 「気を置く」とは「気を使う」の慣用句です。 そのため「気を使わない様子」は「気の置けない」という言葉で表します。 「置く」を「置かない」ではなく「置けない」とするのは「気を置きたくても(使いたくても)、それができないほどのざぅくばらんな様子」を表すためです。 「気が置けない」とも言う 「気の置けない友達」「気の置けない会話」などに使われる「気の置けない」は一般的に広く使われている言葉です。 「気の置けない」という言葉は、人によって「気が置けない」と言われることもあります。 「気の置けない」「気が置けない」はどちらも意味は同じで、どちらも間違いではありません。 「気の置けない友達」は誤用に注意 「気の置けない友達」という言葉を耳にしたときに「仲が良くない友達」と理解する人は大変多いようです。 しかしこの場合の「置けない」は「気を使わない」なので、意味は真逆の「仲が良い友達」ということになります。 「~ない」という打ち消しの言葉が入っていることで、なんとなく否定的なイメージを持ちやすくはなりますが「仲が良い」は「気の置けない」ですので、誤用に注意しましょう。 「気の置けない」の類語 慣用句なら「肩のこらない」 「気の置けない」という言葉は、その意味から「気を使わない」「遠慮の要らない」「気遣いが不要な」など、他の言葉に言い換えやすい意味を持っています。 この「気の置けない」を慣用句で言い換えるのであれば「肩のこらない」などが良いでしょう。 「肩のこらない」というのは「緊張しない」という意味です。 「気のおけない」と同様に人との関係や、その場の状況や雰囲気を表すときに使います。 「緊張すると肩がこる」という一般的な様子から「肩のこらない友人」「肩のこらない会話」などと使って、その人との関係ややその場の雰囲気がいかに気楽なものであるかがわかる言葉です。 ビジネスで使うなら「懇意・昵懇」 「気の置けない」「肩のこらない」という慣用句は、会話の中で比較的フランクに使われます。 これらの言葉をビジネスの場面で使うこともできますが、その場合の多くは目上の方が部下に対して用いることが多いでしょう。 「気の置けない同僚はいるの?」「肩のこらない会合にしたいと思ってる」などです。 しかし自分が目上の方へ、第三者との気の置けない関係を伝える場合にはもう少しビジネス感のある言葉が良いかもしれません。 たとえば「懇意(こんい)」「昵懇(じっこん)」などです。 ただし「懇意」「昵懇」は人との関係にしか使うことができません。 「気の置けない会話」「気の置けない付き合い」などのように、状況を表す場合には使えないので注意しましょう。 「気の置けない」の反対語 「気の置ける」は気を使うこと 「気の置けない」という言葉の反対の意味と言えば「気を使う」「遠慮する」という意味です。 その様子は「気の置ける」という言葉で表すことができます。 しかし自分が「気の置ける」という言葉を「気を使う」という意味で使っても、相手が「気の置けない」「気の置ける」という言葉を正しく理解していなければ通じません。 相手の言葉に対する認識を判断できない場合は「気を使う」「遠慮する」「気兼ねする」など一般的な言葉を使った方が間違いがないでしょう。 「気の置けない」の例文 「気の置けない」を人に使う• 「彼と私は学生時代からの付き合いで、気の置けない仲だ」• 「課長と部長は同じ趣味を持っていることもあって、お互いに気の置けない友人なんだそうだ」• 「気の置けない友人がひとりでもいればと思うことがあるよ」• 「彼女には気の置けない友達がいないらしい」 「気の置けない」を会話や雑談に使う• 「同期と一緒に昼休みは、気の置けない雑談に花が咲くもんだ」• 「気の置けない会話ができるようになればいいのに」• 「今日の会議は気の置けない雑談が多くて楽しかったな」• 「家族と気の置けない時間を過ごしてリフレッシュした」 まとめ 「気の置けない」という言葉は意味を勘違いしやすく、自信を持って使えないという人も多いようです。 しかし一度「気の置けない」の意味がわかってしまえば「とても仲良し」「何でも話せる」などといくつもの言葉を重ねなくても、一言で相手との関係を的確に表すことができます。 この機会に自分にとっての「気の置けない」を探してみるのも良いですね。

次の

気の置けない|意味・使い方・英語表現などを解説

気が気でない 例文

「鼻白む」はあまり聞きなれない言葉ですよね。 「鼻白む」という言葉は、日常会話には、ほとんど登場しないでしょう。 ただ、本に書かれている文章には良く使われています。 読書が趣味だという方は「鼻白む」という言葉を見慣れている方もいらっしゃることでしょう。 きっとあなたも、本で「鼻白む」がでてきたので、この記事を読んでくださっているのではないでしょうか。 本に書かれている「鼻白む」について調べていらっしゃる方は「鼻白む」の読み方も気になりますよね。 さらに「鼻白む」の使い方や類語、例文、さらには語源も気になるところです。 そこで今回は 「鼻白む」の読み方や意味、そして使い方や例文、さらに語源や類語について調査致しました。 スポンサーリンク 「鼻白む」の読み方や意味は? さて 「鼻白む」の読み方や意味についてお伝えします。 まず「鼻白む」の読み方についてご紹介しますね。 「鼻白む」はそのまま訓読みをして良く 「鼻白む」は 「はなじろむ」と読みます。 音読みをして「ビハクむ」と読まれたり、訓読みをされても「はなじらむ」と読まないように注意です。 次に 「鼻白む」の意味についてお話します。 「鼻白む」とは、当然気おくれするような事がおきたり、興ざめをしたことを表情に表すという意味です。 つまり「鼻白む」は 「ドン引きしたという気持ちを顔にだす」「萎えたという気持ちを表情に表す」といった意味です。 ところで「白む」と書いて「しらむ」と読む言葉があります。 そして「白む」にも 「しらける」「勢いがくじける」といった意味がありますのでよけいに「はなじらむ」と読んでしまいそうですね。 「鼻白む」の使い方や例文は? 次に 「鼻白む」の使い方や例文についてお伝えします。 まず最初に「鼻白む」の使い方についてお話します。 「鼻白む」は、横槍を入れられて話の腰を折られたなどで興ざめした時や、何かに呆れた時、そして勢いをそがれた時に使います。 スポンサーリンク ただ「鼻白む」という言葉は普段の会話ではほとんど使われないでしょう。 「鼻白む」の使いどころはお堅い文章を書く時と覚えておいてください。 真面目な文章で「ちょっとそれナエるわぁ」や「ドン引きなんですけど」といった言葉使いはしませんよね。 そこで「鼻白んだ」と書きかえると良いでしょう。 では「鼻白む」を使った例文を5つ紹介します。 自分でもつじつまが合わない話をしていることに気がつき、私は「鼻白ん」だ。 勇気をだして発案したが、すぐに完全否定されたので私は「鼻白ん」だ。 あまりにもふてぶてし過ぎる彼の態度に、その場にいるみんなが「鼻白ん」でいる。 彼女の発言は、母を「鼻白ま」せるほどの迫力があった。 彼の痛烈な言葉を受け、さすがの私も「鼻白ん」だ。 「鼻白む」の例文をご紹介しましたがどうでしたか? もし、「鼻白む」という言葉を使う機会があったら参考にしてみてくださいね。 「鼻白む」の語源や類語も教えて? では 「鼻白む」の語源や類語についてお伝えします。 まずは「鼻白む」の語源についてお話しましょう。 実は「鼻白む」の語源は、正確には分かりません。 ただ一説には、突然きまりの悪い事がおきた時にする表情は小鼻に力が入って鼻が白っぽくなるから、と言われています。 確かに突然のことに苦笑いをするしかないと、鼻のあたりに力が入りますね。 さて「鼻白む」の類語を5つ紹介します。 萎える• しらける• 冷める• まとめ 「鼻白む」の読み方や意味、そして使い方や例文、さらに語源や類語についてお伝えしましたがいかがでしたか? 最後におさらいをすると「鼻白む」の読み方は【はなじろむ】ということでした。 パッと見ると「はなじらむ」と読んでしまいそうですが、そのまま訓読みで読んでいいということです。 こういう部分が日本語の難しい部分というか漢字の奥深いところだと思いますよね。 この記事で「鼻白む」について詳しくなっていただけたことでしょう。 ただ、日常会話ではあまり使われない言葉ですが、読書中に「鼻白む」という言葉があらわれた時に是非、この記事を活かしてくださいね。

次の

「芳しくない」の意味や読み方は?使い方や類語・例文が気になる!

気が気でない 例文

「鼻白む」はあまり聞きなれない言葉ですよね。 「鼻白む」という言葉は、日常会話には、ほとんど登場しないでしょう。 ただ、本に書かれている文章には良く使われています。 読書が趣味だという方は「鼻白む」という言葉を見慣れている方もいらっしゃることでしょう。 きっとあなたも、本で「鼻白む」がでてきたので、この記事を読んでくださっているのではないでしょうか。 本に書かれている「鼻白む」について調べていらっしゃる方は「鼻白む」の読み方も気になりますよね。 さらに「鼻白む」の使い方や類語、例文、さらには語源も気になるところです。 そこで今回は 「鼻白む」の読み方や意味、そして使い方や例文、さらに語源や類語について調査致しました。 スポンサーリンク 「鼻白む」の読み方や意味は? さて 「鼻白む」の読み方や意味についてお伝えします。 まず「鼻白む」の読み方についてご紹介しますね。 「鼻白む」はそのまま訓読みをして良く 「鼻白む」は 「はなじろむ」と読みます。 音読みをして「ビハクむ」と読まれたり、訓読みをされても「はなじらむ」と読まないように注意です。 次に 「鼻白む」の意味についてお話します。 「鼻白む」とは、当然気おくれするような事がおきたり、興ざめをしたことを表情に表すという意味です。 つまり「鼻白む」は 「ドン引きしたという気持ちを顔にだす」「萎えたという気持ちを表情に表す」といった意味です。 ところで「白む」と書いて「しらむ」と読む言葉があります。 そして「白む」にも 「しらける」「勢いがくじける」といった意味がありますのでよけいに「はなじらむ」と読んでしまいそうですね。 「鼻白む」の使い方や例文は? 次に 「鼻白む」の使い方や例文についてお伝えします。 まず最初に「鼻白む」の使い方についてお話します。 「鼻白む」は、横槍を入れられて話の腰を折られたなどで興ざめした時や、何かに呆れた時、そして勢いをそがれた時に使います。 スポンサーリンク ただ「鼻白む」という言葉は普段の会話ではほとんど使われないでしょう。 「鼻白む」の使いどころはお堅い文章を書く時と覚えておいてください。 真面目な文章で「ちょっとそれナエるわぁ」や「ドン引きなんですけど」といった言葉使いはしませんよね。 そこで「鼻白んだ」と書きかえると良いでしょう。 では「鼻白む」を使った例文を5つ紹介します。 自分でもつじつまが合わない話をしていることに気がつき、私は「鼻白ん」だ。 勇気をだして発案したが、すぐに完全否定されたので私は「鼻白ん」だ。 あまりにもふてぶてし過ぎる彼の態度に、その場にいるみんなが「鼻白ん」でいる。 彼女の発言は、母を「鼻白ま」せるほどの迫力があった。 彼の痛烈な言葉を受け、さすがの私も「鼻白ん」だ。 「鼻白む」の例文をご紹介しましたがどうでしたか? もし、「鼻白む」という言葉を使う機会があったら参考にしてみてくださいね。 「鼻白む」の語源や類語も教えて? では 「鼻白む」の語源や類語についてお伝えします。 まずは「鼻白む」の語源についてお話しましょう。 実は「鼻白む」の語源は、正確には分かりません。 ただ一説には、突然きまりの悪い事がおきた時にする表情は小鼻に力が入って鼻が白っぽくなるから、と言われています。 確かに突然のことに苦笑いをするしかないと、鼻のあたりに力が入りますね。 さて「鼻白む」の類語を5つ紹介します。 萎える• しらける• 冷める• まとめ 「鼻白む」の読み方や意味、そして使い方や例文、さらに語源や類語についてお伝えしましたがいかがでしたか? 最後におさらいをすると「鼻白む」の読み方は【はなじろむ】ということでした。 パッと見ると「はなじらむ」と読んでしまいそうですが、そのまま訓読みで読んでいいということです。 こういう部分が日本語の難しい部分というか漢字の奥深いところだと思いますよね。 この記事で「鼻白む」について詳しくなっていただけたことでしょう。 ただ、日常会話ではあまり使われない言葉ですが、読書中に「鼻白む」という言葉があらわれた時に是非、この記事を活かしてくださいね。

次の