妻 しか 女性 を 知り ませ ん ダ ヴィンチ ニュース。 ピラミッド パルテノン神殿 ダ・ヴィンチのミステリー 黄金比のルーツはどこに

[タレント 西川きよしさん]前立腺がん(2)「まだまだ大黒柱」手術即断 : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

妻 しか 女性 を 知り ませ ん ダ ヴィンチ ニュース

ダ・ヴィンチ・コードに否定的なネタばれを含みます。 本や映画に期待されている方はご注意ください 最近話題になっている リンク先はナショナルジオグラフィックチャンネル がありました。 著者のダン・ブラウンや神父様など様々な人とのインタビューを織り交ぜながら、検証しています。 上のページから引用すると「ダ・ヴィンチ・コード」では イエスキリストの妻として子供を産んだ存在にもかかわらず、娼婦として描かれ続けてきたマグダラのマリアに関する秘密を、ミステリアスな物語とともに暴いていく。 おまけに小説では、イエスの血脈を受け継いだ子孫が現在も存在しているという驚きの結末を迎える。 結論から言うと、構成がうまい!というか頑張っています。 でも、よく考えると、ダン・ブラウンがちょっとかわいそうです。 特に、マグダラのマリアが船で南フランスに逃れた際にダン・ブラウンはイエスの子どもをつれていたと言うのですが、現地調査で言い伝えではエジプト人の色黒の召使である、と言うところなどは、インタビューはカットしてあげれば、、と思いました。 全体の構成として、正統的なの解釈のあとに「しかし、ダン・ブラウンは、、、」のように「しかし、、、」と無理につないでいるのが気になります。 まあ、逆にすると当たり前の結論になってしまいますから、、、 さて、推理の基本は巨万の富を得た• テンプル騎士団• 2元論のカタリ派• ソニエール神父 がすべて上に挙げた秘密を知ったからだとしています。 テンプル騎士団は利息を得て良い権利を得たことから巨万の富をえたようです。 彼らは修道士でありながら騎士となり、エルサレムを守ったとされています。 その際に聖杯を得たという言い伝えがあり、その聖杯が何であるかで諸説あるようです。 フランス王フィリップ4世が、彼らへの借金をごまかすために彼らを異端として捕らえた際に、拷問を与えて無理やりさせた供述が、キリストの血を入れた聖杯、キリストを刺した矢先、洗礼者ヨハネの頭、を崇拝したと言ったことから、何が本当かよくわからないようです。 この聖杯 SAN GREAL を一文字ずらすとキリストの血 SANG REAL になることからイエスの子孫の秘密という説が考えられたそうです。 グノーシス主義の考え方である2元論のカタリ派はマグダラのマリアを崇拝していたとされていますが、グノーシス主義では現世を悪だとしているので、子どもを生む女性は悪のはずで、矛盾しているようです。 ソニエール神父は、急に裕福になり教会に変な装飾を施して、信徒に追い出されかけるもののローマの力で追い出されなかったようで、それがなぜかはよくわからないそうです。 これらの話をつなぐのはヘンリー・リンカーンの「聖なる血と聖杯」をはじめとする小説です。 著者のリンカーンは信じてるかと聞かれて「仮説です」と答えています。 この仮説では、マグダラのマリアによって南仏へ聖杯をもたらした。 マグダラのマリアと血縁関係があるとされるメロヴィング朝には海の生き物がはらませたという言い伝えがあり、海の生き物は初期のキリスト教のシンボルである「魚」だというお話です。 「ドシエ・スクレ」にはシオン修道会という団体の系譜がかかれ、ダビンチも関わっていたように書かれているようです。 このほかシンクレア家が、聖杯の一族と呼ばれていて、ロスリン礼拝堂はアーサー王と聖杯伝説の場所で、テンプル騎士団が聖杯を守った。 など、など、諸説をうまく繋ぎ合わせたお話です。 シンクレア家の末裔が二人出てきて、イエスの子孫かと聞かれ、一方は「ありえない」と笑い、もう一方が「薄いですがね」と笑っていたのはご愛嬌でしょう。 このほか、グノーシス主義の文書であるナグ・ハマディ文書でイエス・キリストと マグラダマグダラのマリアの関係が色々書かれているようですが、キリスト教の勢力を取り込もうとした作文のようにしか思えないのは私だけでしょうか。 一連のインタビューの中で、神父様が仮説を否定しながらも「仮にそうだとしてもキリストの神性は変わらない」とされていたのは印象的でした。 では、なぜこんな仮説が注目されるかと言うと、キリスト教の過去の歴史と最近の動向に関係しているようです。 番組中のコメントによると、女性蔑視する派閥による差別の歴史があったようです。 その際に、崇敬の対象がマグダラのマリアから聖母マリアにかわり、マグラダのマリアに娼婦の汚名をかけられるようになったようです。 それと性の罪悪視が絡み厳格な教義になっていったようです。 現在、女性の立場の回復の流れの中で、マグダラのマリアの立場を向上する説が注目されているようです。 仮説の否定として面白かったのが、聖書によるものでした。 パウロのコリント人への手紙で、 「わたしたちには、他の使徒たちや主の兄弟たちやケファのように、信者である妻を連れて歩く権利がないのですか。 」 一コリント9・5 としているところに、キリストのことが書かれていないからだ。 という説がありました。 確かに妻を持ちたいというなら、使徒でなくキリストを引き合いに出す方が強力でしょうね。 ダン・ブラウンが「信仰の敵は無関心」と言われていました。 確かにそうだと思います。 たとえどんな形であれ、キリストの興味を持つことは良いことだと思います。 ただ、ブームに乗って、グノーシス主義の文書がキリスト教そのもの、あるいは事実であるかのように書いている記事があるのはいかがなものかと思います。 今回の騒ぎは「一杯のかけそば」をノンフィクションとして、ニュースとして扱ったり、特別番組で現地調査するようなものだと思うのは私だけでしょうか? まあ、それなりに面白かったですけど、、、 引用は日本聖書協会 新共同訳• 公式webサイトです。 みちるさんのブログです。 ayakoさんのブログです。 boo さんのブログです。 カトリックに関心をお持ちのsolaさんのブログです.• 求道中の和泉さんのブログです。 求道中のdemecyanのブログです。 exblog. ドイツにお住まいのmichaelaさんのブログです。 maria michaelaさん くえちゅん のブログが復活しました。 カトリック教会と福音的な情報への日本語ポータル 教会の写真も豊富です• さかばによる紹介ページです• 一度は行ってみたい高円寺教会のluke8488さんのブログです• 教会つながりです。 ついつい見てしまいます。 Good Newsがいっぱいあります。 販売中の聖書の一覧や、本文の検索・参照ができます。 無料通信講座はプレゼントから申し込めます。 安心してお勧めできるブログです。

次の

モナリザ、ヴィーナス…AIが想像した世界的名画7作のモデルはどんな人?(ライフハッカー[日本版])

妻 しか 女性 を 知り ませ ん ダ ヴィンチ ニュース

数世紀前の地図は趣深いものがある。 そうした地図にはしばしば神話上の怪物や伝説の土地などが記載され、遠近感や縮尺が違っていたり、実際の地形とはかけ離れている場合もある。 実用性よりも美観を考慮していたのかもしれない。 当時の人々にとって、今日の地図の完成度は、魔法の道具を使ったかのように思えるだろう。 だが、かの天才レオナルド・ダ・ヴィンチは、そうした未来の技術の方向性を予見していた。 そして500年以上も前なのに、まるで上空から見たような正確な地図を描き上げていたのだ。 当時、航空写真や衛星写真など目にすることもなかったはずだ。 なのに、ダ・ヴィンチは同時代の地図の問題点を見抜き、それを見事に修正している。 彼が1502年に作成したイタリアの都市、イーモラの地図は、グーグルマップでも利用したかのような、とても正確な地図なのである。 How Leonardo da Vinci made a "satellite" map in 1502 ・イーモラの正確な地図を作るよう命じられたダヴィンチ イタリア・ルネサンス期の政治家、のお抱え軍事技師だったダ・ヴィンチは、の都市構造をきちんと把握できる正確な地図作りを命じられた。 ・幾何学とコンパスで正確な地図を描き上げたダ・ヴィンチ 果たして、完成した地図は素晴らしいものだった。 彼には神のごとき卓絶した洞察力と想像力が備わっており、それを狂いなく再現する並外れた描写力があったと驚愕するかもしれない。 その時代において、本当に上空から街を見下ろして描いたかのような正確さだ。 ダヴィンチが描いたイーモラの地図 グーグルマップの航空写真 だが、ダ・ヴィンチが利用したのは幾何学とコンパスであった。 2000年以上前、古代ギリシャの学者エラトステネスが地球の大きさを計測するのに使ったものとまったく同じ手段と道具である。 ダ・ヴィンチは、特殊な羅針盤のような機能を持つ装置を利用したと考えられている。 それは当時ブッソラ(bussola)と呼ばれていたという。 それは常に北を指す印がある円盤状の器具で、ダ・ヴィンチはその印からの角度を目安に地図を作ったようだ。 実際の地図にもその痕跡がうかがえる。 街角を曲がるたびにその角度を記録し、その区間の距離を計測するという骨の折れる作業を繰り返しながら、正確な地図作りに必要となるデータを収集。 それに基づいて地図を描き上げたのである。 彼が使った手法はいずれも、当時の測量技師、建築家、都市計画家、地図製作者が普通に利用できたものばかりだ。 ・芸術家ならでは美意識も ダ・ヴィンチは数学を大いに信頼していたが、一方で当代最高の地図製作者のように、地図を美しく仕上げたいとも思っていた。 彼の地図には、不正確な部分もある。 だがそれが計算ミスによるものなのか、あるいは美的理由ゆえのことなのか、はっきりと断定することは難しい。 ダ・ヴィンチの時代から数百年が経った今、彼が望んだような世界へとたどり着いたのかどうかはわからない。 しかし、今彼がここに生きていたとしたら、当時と同じように、数百年後の技術について想像を巡らしていたことだろう。

次の

モナリザ、ヴィーナス…AIが想像した世界的名画7作のモデルはどんな人?(ライフハッカー[日本版])

妻 しか 女性 を 知り ませ ん ダ ヴィンチ ニュース

ヒツコスさんがニュース様で 連載を始められます! ご紹介するにあたって、 私がヒツコスさんの文章に夢中になった過程をお話しさせてください。 私は元々美容が好きだったのですが、 肌なこともあり、 いつしか美容に限界を感じてしまいました。 キレイになりたいはずの美容で が悪化する。 私は美容が大好きで信じていた分、美容不信になりました。 そして大好きな美容ができない自分も少し嫌いになりました。 本当は好きなのに、好きなことを存分にできないって、思ってる以上に苦しかったりします。 美容にお金も手間もかけなくなってしばらくしてから 棺にコスメさんを知りました。 光の速さで夢中になりました。 すっかりやさぐれていた私ですが 棺にコスメさんはとにかく情報量が桁外れ。 膨大な試行錯誤の末の 私では到底たどり着けなかった答え。 しかも全部に実利と再現性がある。 おためごかし一切なしの硬派な情報に心躍り 難しいはずの情報も、次々自分に取り入れることができました。 自分てまだまだ美容に対する余力あったんだなあと驚いたものです。 ヒツコスさんの凄さは、その情報の信頼性の高さだけにとどまりません。 情報量が極めて高いのに、それが全然苦でなく読める 工夫を凝らした文章。 情報だけではなく その楽しさにこそ夢中になってしまうのです。 何回読んでも笑ってしまうし、 何度見ても表現が鮮やかなのです。 客観性のメス ああだ言いたいこうだ言わせて 硬さはに気をつけなさい、それはいつか詰まりになるから などなど痺れる表現がたくさん! 情報の確かさと、楽しさのふたつの柱によって、 私は美容の楽しさを思い出すことができました。 それをニュースさんでも読めるなんて 楽しみすぎます! ヒツコスさんは、インナーケアも、メイクアップも、ボディケアも (メンタルも) 全方位アンテナをはりめぐらされていて それでいてどれも深いんです! 現代をサバイブする女性なら 絶対楽しくて、絶対行動にまでいきついてしまうと思います! なので、美容からちょっと離れてる方にも 読んでほしいなーって思います…! 美容不信だった私ですが、今やケアどころか、 たるみケア・メイクにまで開眼しています! 美容好きの方には 今さら私なんかがオススメしなくても既知のことばかりだと思いますので 美容そこまで…の方に向けて書かせて頂きました。 そして、うれしいことに、イラストを担当させて頂くことになりました…! ひとりのヒツコスさんが大好きな者として 精一杯、ヒツコスさんの文章の良さをお伝えできたらと思っております…! ヒツコスさんの連載で、みんなで楽しみながらキレイをアップさせましょう~~!! miniroom.

次の