高速 道路 渋滞 予測 地図。 リアルタイム交通情報

高速道路の渋滞予測について

高速 道路 渋滞 予測 地図

SA・PA• 交通情報• 料金・道路案内• 料金のご案内• 料金割引のご案内• 本四道路のご案内• ETC情報• ETCの利用方法• ETCサービス各種• 安全にご利用いただくために• 観光・イベント• SA・PA• ピックアップ• 閉じる• 舞子トンネル出口付近の渋滞は、垂水JCTからE93 第二神明道路方面へ向かう車両が左側車線へ集中することで発生します。 京都・大阪方面には垂水JCTからE93 第二神明道路経由のルートだけではなく、E2 山陽道を経由するルートもあります。 行き先によっては料金がお安くなる場合がありますので、交通状況に応じて、経路選択のご参考としてください。 ただし、大阪までご利用されない場合は料金が異なります。 詳しくはホームページ等でご確認ください。 目的地により料金が異なりますので、詳しくはホームページ等でご確認ください。 本州四国連絡高速道路株式会社からのお願い ~淡路SAは上下線を自由に行き来できます~ E28 神戸淡路鳴門自動車道 淡路SAは年末年始期間中、駐車場が大変混雑します。 淡路SAは 下り線と上り線を通行料金のお支払いなくお車で自由に行き来できますので、反対側のSAをあわせてご利用ください。 年末年始期間中、駐車場整理員を配置します。 SAを皆様が快適にご利用いただけるよう、ご協力をお願いいたします。 ETCをご利用の場合は、 ETCカードを挿入したまま、チェックゲートを通行してください。 ETCをご利用でない場合は、通行券確認機がございますので、確認機に通行券を挿入し機械の確認を受けた後、チェックゲートを通行してください。

次の

年末年始期間の本四高速道路の渋滞予測と回避のポイントについて

高速 道路 渋滞 予測 地図

「Yahoo! カーナビ」が「GW渋滞予測2019」を公開 ヤフージャパンが提供するスマホで使える本格派カーナビアプリ、「Yahoo! カーナビ(ヤフーカーナビ)」にて、「GW渋滞予測2019」が公開されました。 この機能は、渋滞の起きやすい高速道路9路線の対象区間で「渋滞予測」が確認できるというもの。 「GW渋滞予測2019」の使い方 左下の「道路交通情報」をタップし、「道路交通情報」を開きます。 「Yahoo! 道路交通情報」の画面に切り替わったら、右上の矢印をタップして「道路交通情報」の画面を縮小します。 「予測」をタップし高速路線9路線の一覧を表示し、希望の路線から「上り」か「下り」を選択します。 確認したい日付をタップすると、選択した日の「渋滞予測」が確認できます。 渋滞のピークやその区間の所要時間の目安がわかります。 渋滞予測の表示路線は、緑色の路線名(区間)をタップし、表示したい路線名(区間)を選択。 「完了」をタップすれば切り替え可能です。 Yahoo! カーナビ広報画像 なお、混雑状況については上図のように色によって所要時間を表示しています。 渋滞のピーク日はいつ? 東名高速道路 月日 渋滞の先頭位置 渋滞発生時間帯 ピーク時刻 ピーク時渋滞長 渋滞発生区間 連日 大和トンネル 6時~12時 — 20km — 月日 渋滞の先頭位置 渋滞発生時間帯 ピーク時刻 ピーク時渋滞長 渋滞発生区間 5月5日 大和トンネル 13時~翌1時 16時~20時 30km 大井松田IC~横浜町田IC 下り方面は25km以上の大きな渋滞は起こりづらいとの予測。 ですが連日午前6時頃からお昼ごろにかけて大和トンネル付近で15~20km程度の渋滞が起こるとされています。 上り方面は5月3日の夕方から5日の午後にかけてUターンラッシュが発生。 特に5日の13時~翌1時は大和トンネル付近では最大で30kmを超える渋滞が起こると予想されています。 大井松田インターチェンジから横浜町田インターチェンジ区間を走行する場合の渋滞のピークは16時~20時。 渋滞がない場合の3倍(約1時間20分)の所要時間が見込まれています。 新東名高速道路 月日 渋滞の先頭位置 渋滞発生時間帯 ピーク時刻 ピーク時渋滞長 渋滞発生区間 5月2日~5日 新清水JCT 夕方 — 15km — 月日 渋滞の先頭位置 渋滞発生時間帯 ピーク時刻 ピーク時渋滞長 渋滞発生区間 5月3日~5日 小河内トンネル 午前中 — — — 5月2日~5日にかけて、夕方頃に下り線新清水ジャンクション付近で最大15kmほどの渋滞が発生。 上り線については5月3日~5日の午前中にかけて、小河内トンネル付近で渋滞が発生すると予測されています。 中央自動車道 月日 渋滞の先頭位置 渋滞発生時間帯 ピーク時刻 ピーク時渋滞長 渋滞発生区間 4月27日、28日 相模湖IC 5時~17時 6時 40km 高井戸IC~相模湖IC 5月4日、5日 土岐JCT 15時~21時 17時 30km 中津川IC~土岐JCT 月日 渋滞の先頭位置 渋滞発生時間帯 ピーク時刻 ピーク時渋滞長 渋滞発生区間 5月4日、5日 小仏トンネル 10時~翌1時 16時 30km 大月IC~八王子JCT 下り方面は4月27日、28日に相模湖インターチェンジ付近を先頭に最大40kmの渋滞が発生すると予想されています。 高井戸インターチェンジ~相模湖インターチェンジ間を走行する場合、渋滞のピークは6~11時。 渋滞がない場合に比べて約3倍の所要時間(2時間)が見込まれています。 5月4日、5日は両日ともに土岐ジャンクション付近を先頭に中津川インターチェンジまで30kmほどの渋滞発生が予想されています。 上り方面のピークは5月4日と5日。 両日ともに小仏トンネル付近を先頭に最大30kmの渋滞が予想されています。 大月インターチェンジから八王子ジャンクションを走行する場合の渋滞のピークは16時~19時。 渋滞がない場合の4倍(約2時間)の所要時間が見込まれています。 大月インターチェンジを10時以前、もしくは翌1時以降に通過する場合の所要時間は30分程度と予想されているため、その時間帯の利用が推奨されています。 東北自動車道 月日 渋滞の先頭位置 渋滞発生時間帯 ピーク時刻 ピーク時渋滞長 渋滞発生区間 5月3日 羽生PA 6時~14時 8時 40km 川口JCT~館林IC 月日 渋滞の先頭位置 渋滞発生時間帯 ピーク時刻 ピーク時渋滞長 渋滞発生区間 4月29日、5月4日、5日 加須IC 14時~23時 17時 40km 栃木都賀IC~加須IC 下り方面のピークは5月3日。 羽生PA付近を先頭に最大40kmの渋滞が予想されています。 川口ジャンクションから館林インターチェンジ区間を走行する場合の渋滞のピークは8時~10時。 渋滞がない場合の約3倍(約1時間30分)の所要時間が見込まれています。 川口ジャンクションを6時以前、もしくは14時以降に通過すれば所要時間は30分程度になるとされています。 上り方面は加須インターチェンジ付近を先頭とする渋滞が予想されており、4月29日は15時~21時にかけて最大30km。 5月4日は15時~23時にかけて最大30km。 5月5日は14時~23時にかけて最大40kmの渋滞となる見込みです。 関越自動車道 月日 渋滞の先頭位置 渋滞発生時間帯 ピーク時刻 ピーク時渋滞長 渋滞発生区間 5月3日 東松山IC 5時~13時 7時 35km 大泉JCT~嵐山小川IC 月日 渋滞の先頭位置 渋滞発生時間帯 ピーク時刻 ピーク時渋滞長 渋滞発生区間 4月29日、5月4日、5日 高坂SA 11時~翌0時 17時 30km 本庄児玉IC~鶴ヶ島IC 下り方面のピークは5月3日。 東松山インターチェンジ付近を先頭に最大35kmの渋滞が予想されています。 大泉ジャンクションから嵐山小川インターチェンジ区間を走行する場合の渋滞のピークは5時~13時。 渋滞がない場合の約3倍(1時間10分)の所要時間が見込まれています。 上り方面は高坂SA付近を先頭に渋滞が予想されており、4月29日は14時~21時にかけて最大30km。 5月4日は14時~23時にかけて最大35kmの渋滞。 5月5日は11時~翌0時にかけて最大30kmの渋滞が予想されています。 名神高速道路 月日 渋滞の先頭位置 渋滞発生時間帯 ピーク時刻 ピーク時渋滞長 渋滞発生区間 5月3日 大津IC 5時~16時 9時 30km 茨木IC~大津IC 名神高速道路は5月3日に上り方面での渋滞が予想されています。 大津インターチェンジ付近を先頭に5時~16時の間に最大30kmの渋滞が発生するとの見込み。 ピーク自国は9時とされています。 茨木インターチェンジから大津インターチェンジを走行する場合、渋滞がない場合の5倍(2時間)の所要時間が見込まれています。 (MOBY編集部:上田貴大).

次の

【2019年GW渋滞予測】令和元年10連休の高速道路渋滞ピークをまとめ

高速 道路 渋滞 予測 地図

今日は、「お盆期間における高速道路の渋滞予測」についてお伝えします。 この時期、ふるさとや行楽地へのお出かけを考えている方も 多いのではないでしょうか。 そこで気になるのが「高速道路の渋滞」ですよね。 この番組でもたびたびご紹介していますが、 今回はどのような予測になっているのでしょうか。 ネクスコ西日本中国支社の「渋滞予測士」藤木昂さんにお聞きします。 今年のお盆はどのような予測になっているのでしょうか。 中国地方の高速道路では、 下り向き九州方面は、8月10日(土)~11日(日)、 上り向き大阪方面は8月14日(水)~15日(木)に渋滞回数が多くなると 予測しています。 また、今年のお盆期間は交通集中による5km以上の渋滞が, 計45回発生すると予測しており、前年のお盆期間に発生した渋滞回数より 若干多くなると見込んでいます。 お盆前半は下り九州方面、後半は上り大阪方面で、 特に多くの渋滞が発生する予測なのですね。 この渋滞予測、詳しく知るにはどうすればいいでしょうか。 渋滞予測の詳しい内容は、ネクスコ西日本のホームページで確認できます。 また主なサービスエリア・パーキングエリアでは 「渋滞予測ガイド」という冊子を 配布しています。 高速道路のどこで渋滞が発生する予測をしているか、地図でチェックできます。 渋滞になるべく巻き込まれないために心がけたいこと、 この時期に高速道路を利用される方へお知らせしたいことをお願いします。 発表している渋滞予測をもとに、「渋滞を避ける時間でのご利用」を ご検討いただきたいと思っています。 また、道路交通情報サイト では、渋滞や事故などの 高速道路のリアルタイムな交通状況が確認できます。 お出かけ当日に実際走行するルートを決める際は、 こういった情報も参考にしてください。 最後に、交通量が増える時期ですので、高速道路ご利用の際はいつも以上に 安全運転を心がけるとともに、休憩はこまめに・早めにとるようにしてください。

次の