画像 の キュー アール コード 読み取り。 (Galaxy) QRコードを読み取る方法を教えてください。

QRコードって何?いまさら聞けないことから最新事情まで

画像 の キュー アール コード 読み取り

フリーソフトでQRコードが読み書き自在! 右の画像のような図形を駅のポスターや雑誌、Webサイト上などで見かけることはありませんか? この図形、「QRコード」といって、いわばバーコードが進化したもの。 この図形のなかに様々な情報を記録することができます。 携帯電話にも、このQRコード読み取り機能を搭載したものが多く市場に出回っており、長いURLやメールアドレスを入力することなくQRコードを読み取るだけでWebやメール送信が可能になることからその利便性に注目が集まっています。 近ごろでは個人ブログをQRコードでアップしたり、mixiなどSNSサイトの自己紹介欄にメッセージを格納したQRコード画像を掲載するなど、商業やビジネスだけでなく個人のプライベートやエンターテインメントの領域にも応用されてきました。 自分のPCでQRコードを読み書きできる機能は、搭載しておいて損はないといえるでしょう。 QRコードの基礎知識~サイトの本文や自己紹介にも応用可能~ QRコードは横だけでなく縦にも情報が格納できるなど、バーコードに比べて省スペースで多くの情報を格納できる QRコードは、バーコードなどと同じ2次元コードの一種です。 「リーダにとって読み取り易いコード」を主眼にデンソーウェーブ社が開発し、1994年に発表しました。 2004年にJIS(日本工業規格)により標準化され、市場にも急速な普及が進んでいます。 QRコードは、バーコードに比べて小さいスペースで格納できる情報量が多いことや、日本語のかな・漢字文章にも対応可能なこと、汚れや破損があっても誤り訂正機能により復元して読み取りが可能であるなどの点で優れているとされます。 携帯電話でQRコードの読み取り機能を搭載した機種が増えてきたこともあり、ビジネスの現場では駅のポスターや雑誌の連絡先にQRコードが使われるのが一般的でした。 そのQRコードを携帯電話で読み取ると、面倒なURLやメールアドレスの手入力作業を省略して、Webサイトにアクセスしたりメールを送信できるというわけです。 雑誌のアンケートページに掲載されたQRコード。 携帯電話でこのコードを読み取ることにより、Web上のアンケート回答サイトにアクセスすることができる ところが最近になって、このQRコードで個人ブログを更新したり、などSNS ソーシャルネットワーキングサイト)の自己紹介欄にオリジナルのQRコードを掲載するなど、プライベートな楽しみ方のバリエーションが目立つようになってきています。 今後もいろいろな応用が見込める、注目すべき技術といえそうです。 本文がすべてQRコードで書かれた『世界一読み難いBlog』こと QRコード読み取りソフト「Q太郎」 「Q太郎」は、Web上のQRコードを読み取り、内容を解析して表示するフリーソフトです。 前のページで例に挙げた「」の本文QRコードを「Q太郎」で解析して表示したのが下の図です。 コードを解析するための操作が面倒といえばそれまでですが、直接ストレートに文字で書かれたブログを読むよりも、ヒミツを解く面白さが味わえるともいえるでしょう。 QRコードBlog本文を「Q太郎」で解析した結果。 本文が明らかになった QRコード読み取りソフト「Q太郎」のダウンロードとインストール QRコードのある位置まで画像を移動させるには手カーソルを、QRコード部分を範囲指定するには十字カーソルを選択する 「Q太郎」ツールバー部分にある「手カーソル」と「十字カーソル」を使ってQRコード部分を選択します。 「手カーソル」を選択した状態では、「Q太郎」ウィンドウ内ではマウスポインタが手の形になります。 ここで左クリックしたままマウスを動かすと、手があたかも画像を握って動かしているかのように画像が移動します。 こうしてQRコード全体がウィンドウ内に表示されるようにしてください。 次に「十字カーソル」を選び、今度はQRコードに相当する部分を点線の四角で囲みます。 選択し終えると自動的にQRコードの解析がはじまり、解析結果が別ウィンドウで表示されます。 十字カーソルでQRコード部分のみを範囲選択しよう 読み取った結果は、自動的に別ウィンドウが起動して表示される 試しに、に表示されているQRコードを読み取ってみてください。 なんと表示されましたか?正解は、 「フリーウェア・シェアウェアのサイトへようこそ!」 でした。 これで読み取りの仕方はバッチリですね。 いろいろな応用が利くQRコード。 PCでコードを読む機会は滅多にないのが実情ですが、万が一のときのためにこうしたソフトを備えておけば楽しみが広がりますよね。 【関連記事】• 【関連サイト】•

次の

インスタグラムのQRコードの作り方!ネームタグとの違いも紹介!

画像 の キュー アール コード 読み取り

標準のカメラアプリだけで読み取れる 四角の中に白黒のドットが描かれた「 QRコード」を、さまざまな場所で見かけるようになりました。 最近ではキャッシュレス決済にも使われるようになり、すっかり日常に浸透した感があります。 QRコードには多様な用途がありますが、中でもポピュラーなのが「 チラシやポスター、新聞・書籍などからWebページにアクセスする」仕掛けです。 しかし、iPhoneやAndroidスマートフォンのマニュアルはとても簡素で、QRコードを読み取る方法も載っていません。 「いったいどうやって読み取るの?」という人のために、ここでは標準アプリだけでできる、もっとも手軽な方法を紹介します。 iPhoneでQRコードを読み取る 1カメラを起動する iPhone 11(iOS 13)を例に解説します。 ホーム画面から[カメラ]アプリを起動しましょう。 2QRコードを読み取る iPhoneの背面にあるカメラをQRコードに近づけます。 QRコードを認識すると枠が表示されますが、さらに近づく必要がある場合、画面上に[近づいてください。 ]と表示されます。 3読み取ったURLにアクセスする 十分に近づくと、QRコードの読み取りが完了します。 「"dekiru. net"をSafariで開く」といった通知が表示されるので、タップしましょう。 4Webページが表示された Safari(Webブラウザー)に切り替わり、Webページが表示されました。 iPhoneのコントロールセンターには、「 QRコードリーダー」という機能も用意されています。 その名の通り、QRコードを読み取るための専用機能で、前述の方法よりもすばやくWebページにアクセスできます。 複数のQRコードを連続して読み取りたいときに便利です。 また、この機能での読み取り時には、iPhoneのフラッシュライトを点灯させるボタンが表示されます。 暗いところでQRコードを読み取るときにも役立つでしょう。 ホーム画面の右上端から下にスワイプして、コントロールセンターを表示します(iPhone 8以前の機種では下端から上にスワイプ)。 続いて、標準では左下にあるQRコードのアイコンをタップします。 QRコードリーダーが起動しました。 一見、通常のカメラと変わりませんが、中央に大きな枠が表示されるところが異なっています。 QRコードを読み取ると、すぐにSafariでWebページを表示します。 暗くて認識しにくい場合は、フラッシュライトを点灯しましょう。 AndroidでQRコードを読み取る 1カメラを起動する Google Pixel 3a(Android 10)を例に解説します。 ホーム画面から[カメラ]アプリを起動しましょう。 2[その他]を表示する [その他]をタップします。 [その他]がない場合は、[カメラ]のあたりを左にスワイプしてスクロールしてください。 3Googleレンズに切り替える [レンズ]をタップします。 このあと、Googleレンズの説明が表示された場合は[OK]をタップします。 4QRコードを読み取る スマートフォンの背面にあるカメラをQRコードに近づけます。 QRコードを認識すると、読み取ったURLが表示されます。 ここで撮影(検索)ボタンをタップしましょう。 5読み取ったURLにアクセスする QRコードから取得したURLが表示されるので、[ウェブサイト]をタップします。 なお、QRコードの上に表示されたURLを直接タップしてもOKです。 6Webページが表示された Chrome(Webブラウザー)に切り替わり、Webページが表示されました。

次の

スマホでQRコードを読み取る方法【iPhone&Android 2020年版】

画像 の キュー アール コード 読み取り

スマホにはQRコードを読み取るアプリや機能が搭載されており、端末を使ってコードを読み取ることで情報が得られます。 簡単な操作で一般的になった通信方法ですが、正直詳しくは知らないということも多いのではないでしょうか。 この記事ではQRコードの特性や導入事例について、また、最近とくに注目されているQRコード決済についてご紹介したいと思います。 QRコードとは、以前より用いられていたバーコードを拡張するために開発された2次元コードです。 1994年にデンソー(現:デンソーウェーブ)によって開発されました。 バーコードは白黒ラインの幅や並びによって数字や文字を表現していたのに対し、QRコードは平面上に縦横に配置された白黒のドットパターンを用いています。 これにより格納できるデータ量が大幅に増加し、その利便性から2000年には国際規格化され世界に広がりました。 QRコードを用いて表現できるデータは、数字、英数、8ビットバイナリデータ、漢字・かなが規格化されています。 もっとも容量の大きいバージョン40では、最大で漢字・かなで1817文字、数字のみでは7089文字を格納することが出来ます。 これにより、任意の文字列も格納が可能となったため、QRコードを読み取ることで即時に指定のサイトへ遷移させることができました。 また記録したデータを暗号化してセキュリティーを高めたSQRC、表示面積を減らすために表示方式を小型化したマイクロQRコード、QRコード自体に意匠性を付加する為、ロゴや画像を重ね合わせたロゴQや、フレームQRなどさまざまな派生規格も開発され、現在も改良が進められています。 メリット QRコードの最大のメリットは、読み取るだけで対象の補足情報や詳細な情報にアクセス出来ること。 小さなコードに情報を詰め込むことで情報を置くスペースや情報説明にかける時間や人員のコストを削減できる点にあります。 従来のバーコードでは13桁程度の数字やアルファベットを記録するのみであったため、格納出来るのは商品の管理コードのみ、その他の情報は読み取り機側で持つ必要がありました。 これに対してQRコードは大きなデータを持たせることが出来るため、対象の価格、品名、商品コード、生産日、生産場所、使用期限などのデータを独立して持たせることが可能に。 また、任意の文字列を格納できるため、顧客に見てほしいWEBサイトのアドレスへ誘導したり、データベースにアクセスさせたりするなど、ネットワークを通じた展開を行うことも出来ます。 バーコードはレーザーセンサーによる専用読み取り機が主流でしたが、QRコードはカメラ撮影データの画像処理により読み取りを行います。 携帯電話やスマートフォンのQRコード読み取りアプリや、カメラの設定を用いて誰でも読み取ることができるため、初期投資が安く抑えられる通信方法として普及しました。 カメラで撮影するだけで良いと言う簡便さを利用して、オンライン決済画面や企業のコマーシャルサイトへの誘導に用いられています。 とくに中国では屋台の商品の支払いにさえQRコードが用いられるほど深く浸透しています。 主な使用例 電子マネー決済 電子マネーの決済ツールのひとつとしてQRコードが利用されています。 使い方は主に二通りあり、商品や店舗で提示されたQRコードを読み取り、登録した口座やカードから送金する方式。 スマホのアプリ上に表示したQRコードの読み取り画面を店舗側で用意した端末に読み取らせることで、決済が完了する方式です。 国内では、LINE Pay、Origami pay、楽天ペイなどで使用が可能。 Origami Payでは、QRコード決裁が広まっている中国のAlipayとも連携しています。 ポスターやチラシからECサイトへ簡単アクセス QRコードを用いてネットワーク上の商品サイトへ誘導する試みとして、韓国では過去にバーチャルストアと言う仕組みが考え出されています。 2011年に韓国で行われた試験では、オンラインショッピングの売上が2か月間の間で130%、サイト登録者76%増加したと言うことです。 また国内でも、商品の説明サイトや検証応募等のサイトへの誘導に、商品や広告にQRコードを記載するケースが増えています。 在庫、工程、入退場管理 製造工場では、製品や在庫、部品の管理などにも広く使用されています。 どのような商品にも広く安全安心が求められている中、製造工場の工程間を流れる製品には個別のQRコードが付与されトレーサビリティーの確保に活用されました。 また、人員の勤怠管理、イベント会場での入退場にも利用され、チケットレスでスムーズな入退場を実現しダフ屋行為の追放など、電子化することで人員の削減やユーザーのストレスの軽減につなげることができます。 名刺のQRコードで会社アピール 名刺にQRコードを記載するケースも増えています。 小さな面積に情報を格納できる点を利用し、QRコードに企業サイトのアドレスを記載し、会社案内や製品紹介などの情報に簡単にアクセス出来るよう配慮されています。 SNSでの気軽な情報交換 ツイッターやLINEなどのアカウント情報の交換にもQRコードが利用されています。 アカウントやアドレスを検索する手間を無くし、画面上に自分のアカウント情報をQRコード化して表示し、相手にスマホカメラで撮影してもらうだけで、友だち追加や連絡先の交換を行うことが出来ます。 QRコードの発展はまだまだ続く QRコードは決して新しい技術ではありませんが、中国では急速にQRコード決済が普及し大きな注目を集めています。 QRコード決済を利用するためにはスマートフォンのような携帯端末があれば決済が可能なため、今後も後進国、先進国を問わず広がっていくでしょう。 また、NFC技術を使ったFeliCa決済が普及している日本でも、中国人観光客増加の影響でQRコード決済に対する対応が進められています。 近年開発が進んでいるAR(拡張現実)やMR(複合現実)といった技術との親和性も高く、今後も利用範囲の拡大が期待されます。 投稿ナビゲーション.

次の