コロナ ウイルス 終息 いつ。 世界保険期間(WHO)専門アドバイザーが新型コロナウイルス終息時期を発表!?

新型コロナウイルスの終息時期はいつ?【専門家の予想まとめ】

コロナ ウイルス 終息 いつ

石井貴士さん、 投資家なので、医学の知識ではなく、 歴史や統計的な数字から今回のウイルス感染の終息を、 スペイン風邪と同じ感染拡大の形態を取る、としたスタンスで予測してます。 第一波が、武漢の感染、第二波が世界的なパンデミックで、それが終息したころ第三波が来ると予測しています。 時間的な経過は、 第二波が3月~9月で終息してすぐ 第三波が来て9月~翌年3月までで終息、というものです。 1928年(スペイン風邪の年)と今の人口や交通機関など人の移動スピードや範囲も相当違うので、微妙ですが、この動画、経済の変化についても語っていて、こちらは説得力あるし面白いですね。 「 大暴落時の地獄待ち」は凄い! このコロナ騒動で経済もピンチですが、石井さんのように、このような ピンチをチャンスだと見る、したたかな投資家もいます。 2、ビル・ゲイツの終息予測 ビル・ゲイツの名は誰でも知っていると思いますが、今のビル・ゲイツは奥さんと 医療財団を立ち上げ、 感染症の防止にも力を注いでいます。 ですから医学について、素人ではありません。 そのビル・ゲイツがTVニュースのインタビューに答えて「 6月頃に元通りになる(最低限の日常)」と楽観的な予測をしていますが、これはちょっと楽観的過ぎかもしれません。 元々経営者で発言に影響力のある人ですから、その辺を考慮して、 盛ってのポジティブ発言かも・・。 根本的に 感染を根絶するには、ワクチンが必要でその開発や普及で 18か月を要するだろうとの予測です。 こちらは真実味があります。 3、SARSの感染歴から予測 同じコロナウイルスの2003年に流行した「 SARS」の感染の経過から、今回の新型コロナウイルスの終息を予測するという情報が多いですね。 全く同じ性質ではないでしょうが、理にかなっているように思います。 SARSは感染拡大から 半年で終息しています。 そこから算出すると 夏ごろまでには終息(8月~9月)といったところでしょうか。 4.気温上昇による変化 気温や湿度の上昇が感染を抑制する、という見方もあります。 インフルエンザウイルスは、気温が上がれば感染が抑制されるというのは事実です。 SARSにしてもその傾向があったとの見方があるようです。 以上のようなことから、今回の新型コロナウイルスも 夏には終息に向かうという見解もあります。 しかし 「新型」でありデータはないので根拠のない予測の域は出ない予測です。 5、一般人の終息予想( niftyニュース、アンケート) 全く専門家でも何でもない普通の市民のアンケートですが、一番多いのが、「 来年1月以降」ですね。 「 終息することはない」と悲観的な人も1割います。 それはいくら何でもないと思いますが・・。 しかし、一般市民が「これは長期戦になるぞ」と覚悟してるいる人が多いってことですが、それは悪いことではないですね。

次の

コロナ収束時期はいつ?終息した国やその後の生き方はどうなるのか。今後の見通しなど

コロナ ウイルス 終息 いつ

国内最初の報道は2019年12月31日13時41分。 「新型コロナウイルス」に関する報道を振り返る 今、新型コロナウィルスの感染が世界中に広がり、さまざまな情報が錯綜している状況だ。 そこで今回は改めて発生当時の情報やデータについて振り返りたい。 今回紹介する調査はトドオナダが自社開発モニタリングクラウドサービス「Qlipper」を使用したコロナウイルスに関する調査し、2月25日に発表した結果となる。 WHOに関する記事は1月8日から目立ち始め、1月23日からより活発化。 1月30日まで武漢の話題が多く、以降は中国の他の地域の話題に広がっている。 クルーズ船は1月21日より記事が出現する。 当初は中国当局が発行する「健康カード」をクルーズ船に適用するというものだ。 マスクについては、1月15日から中国国内のマスク不足が報じられ、その後日本からの支援物資に対する感謝の記事へ変遷した。 1月31日から日本国内のマスク不足が目立つようになり、その後転売に関する記事が増えている。 リモートワークについては、1月26日IT企業の在宅勤務報道を皮切りに増加。 それまでは小泉環境省の育休に伴うリモートワーク対応など、コロナウイルス以外の話題が多かった。 武漢について コロナウイルスは武漢で原因不明の肺炎として発表されていたことから、報道初期は武漢市の話題が多かったが、同市の閉鎖と並行して感染者の状況が周辺地域に拡大していくにつれ、1月30日を境に他の地域の話題が多くなっている。 とはいえ、注目を集める地域であることから、現在も一定数の記事数が毎日掲載されている。 WHOについて 1月8日に新型ウイルスとWHOが認定してから発表や報告のたびに記事数が出現している。 特に、緊急事態宣言を見送った内容が大きな注目を集めたことから、1月23日、1月24日の記事量が多くなっている。 クルーズ船について 主要な話題の一つになっているクルーズ船についての報道だが、1月21日に初めてコロナウイルスに関連した記事が出現した。 当初は福岡や沖縄に寄港するクルーズ船への対応についての話題だったが、香港の感染者が横浜と香港を移動するクルーズ船に乗っていたことから大きな注目が集まりる。 2月3日、感染者が乗っていたクルーズ船が乗客を横浜で下船させられなかったことから、話題が大きく広がる。 以降、支援物資の話題や政府の対応など、毎日記事数は増え続け、コロナウイルス報道の主要な話題となっている。 アメリカ、中国以外での海外の反応について 1月15日、アメリカ国務省がコロナウイルスを巡り米国民へ注意を呼びかけたのが始まりで、その後トランプ大統領の発言など受けて徐々に記事数が増えている。 2月2週めまでの記事では、コロナウイルスの影響がアメリカの経済や貿易、外貨におよぶという記事が多かったが、2月3週から、アメリカで猛威を振るっているインフルエンザがコロナウイルスだったのではないかという記事が増えている。 その他海外では、渡航禁止やクルーズ船受け入れといった話題が多くを占めている。 リモートワーク 在宅勤務について 感染を防ぐ目的で企業のリモートワーク導入や出社停止が広まっているが、こうした話題はコロナウイルス報道が増え始めた1月上旬にはなかった。 その当時にいくつか出ていた在宅勤務に関連する報道は、小泉環境相やオリンピックにまつわるものだった。 しかし、1月26日にIT企業GMOが2週間の在宅勤務とすることを報道することを皮切りに、感染回避のための企業対応が記事として増えている。 以降、工場の稼働停止など、国内外問わず企業の動向が多く記事になっている。 調査概要 期間:2019年12月~2月22日 媒体:国内主要サイト(弊社基準) 構成/ino.

次の

コロナ収束時期はいつ?終息した国やその後の生き方はどうなるのか。今後の見通しなど

コロナ ウイルス 終息 いつ

2 ハーバード大学のリプシッチ教授のグループは、COVID-19の研究でも世界をリードするセンターの一つで、その後も様々な発信をしていくことになる。 そして、もうひとつ世界的なセンターは、イギリスのインペリアル・カレッジ・ロンドンのファーガソン教授のグループだ。 イギリス政府にとっての「専門家会議」の中枢を担い、こちらでも初期から力強く情報発信を続けている。 専用の情報サイトに矢継ぎ早にレポートが発表されていくのは、実に心強いものだ。 おまけに要旨については日本語を含む各国語訳まで準備されており、このグループの使命感、責任感の強さを感じさせられる。 「だから、やっぱり、希望としてはワクチンか治療薬なんですが、それが使えるまでには最短でも1年か2年はかかるだろうと思われるので、それまでなんとかもたせなきゃいけないって話なんですね。 それによると、対人接触を減らしたり、対人距離を開けるぐらいの緩和策だと、確実に感染爆発を起こす局面が出てきて、医療的対処水準を超えるオーバーシュートが起こってしまうんです。 それを防ぐためにはどうしてもロックダウンに近いいくつかの行動抑制手段を組み合わせて、1~3 カ月の抑え込みを行えば、ある程度、新規感染者数を抑え込めて、でもそれをやめてしばらくたつとまた感染者数が増え始めるので、またロックダウンに近いことをやってというのを繰り返すと、医療崩壊を起こさずに1年か2年耐えられるというシミュレーション結果なんですよね」 どうだろうか。 ものすごく気が長い話で、ため息が出る。 日本では欧米の「ロックダウン」よりもかなり穏やかな準ロックダウンとでも言うべき状況にあるけれど、それでもこれを何度もやれというのはかなりしんどい。 なおファーガソン教授らのモデルで興味深いのは、学校閉鎖の効果の見積もりだ。 「インフルエンザのモデルをベースにしているので、ちょっと学校における子どもと子どもの感染を過大に見積もっている可能性があるんですが、それでも、学校閉鎖だけだと総感染者数は2パーセントしか減らないんです。 学校に行かなくても、外に出て感染してきた大人が子どもに感染させうるし、子どもがコミュニティのなかで感染するリスクも上がるので、学校閉鎖だけだと効果が薄いということです。 これは、3月に学校を全国で一斉休校にしたのを、僕が愚策だと評した理由の一つです。 それによれば、ICU病床の逼迫具合をトリガーにして『社会的距離戦略(論文中では学校や職場を閉じ、集会を禁止するなどの準ロックダウン的状況を想定)』の開始と解除を繰り返し、2022年までかけて集団免疫を獲得できることになっている。 本当に気が長い対処の日々が待っていそうな予感が、ひしひしとする。 現状の医療体制ABと、救急用の病床数を倍にした場合CDを比較したハーバード大の研究。 左の図中、1万人当たりの感染者数が黒線で、1万人当たりの重篤患者数が赤線(単位はそれぞれ左右の軸の通り)。 実線は医療崩壊が起こる重篤患者数。 学校や職場を封鎖し、集会のサイズを制限する社会的距離戦略を実施あるいは解除するタイミングを破線で示したレベルとすると、その実施期間は薄紫色の部分になる。 右の緑色の線は各ケースにおける集団免疫割合。 このグレーの線は集団免疫を達成する目安。 なお、冬の基本再生産数R0を2. 2、季節性がある場合、夏のR0を1. 3(4割減)とし、社会的距離戦略は再生産数を6割下げるとした。 現状の延長であるABについては、2022年でも累積有病割合は3割程度で、さらに社会的距離戦略が続くと予想。 CDのケースでも、2022年上旬まで社会的距離戦略が続くと予想している。

次の