行者 ニンニク 食べ 方。 行者にんにくの見分け方!イヌサフランと間違えて食べて死亡するぞ!

行者にんにくの栄養成分と効果・効能

行者 ニンニク 食べ 方

概要 [ ] 長さ20 - 30 cm 、幅3 - 10 cmの葉 で強いニンニク臭を放ち 、地下には外周が網状繊維からなるを持つ。 葉は根生、扁平で下部は狭いさやとなる。 全体的に緑色で、茎の部分は赤い。 初夏、花茎の頂端に、白色または淡紫色の小花を多数つける。 種子のほかにもでも増殖する。 生育速度が遅く播種から収穫までの生育期間が5年から7年と非常に長いことから、希少な山菜とされ、市場流通量は少なく高値で取引される傾向にある。 分布域 [ ] ギョウジャニンニク( A. subsp. platyphyllum、日本産の亜種)は、日本の本州中部以北、、、やなどにも見られる。 日本では北海道から にかけて分布。 の最西端のに原産するほか列島の別の島にも移植されたと考えられていて 、分布図にはかろうじても含まれる。 ヨーロッパが原産の victorialis亜種は、地方・系・系などの山地に広く分布し、さらにはロシア西部から、、、にも生息地が広がっている。 名称 [ ] ギョウジャニンニクという名前の由来は、山にこもるのが食べたことからとも 、逆にこれを食べると滋養がつきすぎて修行にならないため、食べることを禁じられた からとも言われている。 キトビロ、ヤマビル(山蒜)またはヤマニンニクなどの別名がある。 キトビロ(もしくはキトビル、キトピロ)がさらになまって、ヒトビロ、ヒトビルというような発音になることもある。 また、では、この植物を俗に「 アイヌネギ」と呼ぶことがある。 における呼び名はキト kito 、またはプクサ pukusa である。 「キトピロ」をアイヌ語として紹介している文献・サイトもあるが、信頼できる文献で、キトピロを正式なアイヌ語として紹介している文献はない。 (たとえば『分類アイヌ語辞典植物編』などを参照。 )知里真志保はkitoの語源が「祈祷蒜」としているが、kitoを含むアイヌ語地名が各地に見られ、pukusaを使用する地域でもkitoが出現する地名が見られることから、kitoの方がより古い語彙であると考えられる。 よってキトビロのキトは日本語起源というよりも、アイヌ語起源である可能性が高い。 ビロは、の「ひる(蒜=ネギ・ニラ類を指す古語)」がなまったものと思われる。 古く「」と呼ばれた、とも伝えられているが、この言葉は一般的にはを指すと解釈される。 ギョウジャニンニクは本州では山深くにしか育たないため、往時の日本人にとっては認知度の低い食材であったと推測できる。 ヨーロッパ種の名称については参照。 食利用 [ ] ぎょうじゃにんにく 葉 生 100 gあたりの栄養価 142 kJ 34 kcal• 山菜としての利用 [ ] おおよそ、5月上旬から中旬頃のとして知られる。 北海道でよく採れ、俗に「アイヌネギ」と呼んで、親しまれる。 葉茎を主に食用として用いる。 、、、などに用いる。 また、醤油漬けにして保存したり、、、、、などの具としても使える。 肉との相性が良く、に使われたり、ギョウジャニンニク入りのも販売されている。 茎の太さが1 cm程度でまだ葉の開かない状態のものが、味、香り共に濃く珍重される。 特に軟白栽培した物が人気がある。 冷凍保存も可能で、生のまま、あるいは、軽く茹でてから保存する。 冷凍保存することにより、通年食べることが可能である。 よりもを豊富に含んでおり、や活性を持続させる効果があり、凝集阻害活性のある類も含むため、血圧の安定、視力の衰えを抑制する効果がある。 成分を利用した健康食品も販売されている。 ニンニクの成分に近いためか、食べたときの風味もニンニクに近く独特の臭いを持ち、極めて強い口臭を生じることがある。 この匂いの発生は人間にかぎらず、が中に食べることによって牛乳がにんにく臭くなる問題が発生することがある。 は春先に大量に採集し、乾燥保存して一年間の食材として利用していた。 オハウ(汁物)の具としたり、ラタㇱケㇷ゚(和え物)に調理して食べる。 でも(ワイルドガーリック又はベアラウフ・熊ネギ)と呼ばれる野生種の植物を食べる習慣があり、形や香りがよく似ていることから、これらをギョウジャニンニクとして紹介する場合がある。 しかし、ラムソンの学名は Allium ursinum で、ギョウジャニンニクと同じくネギ属の植物だが別種である。 ギョウジャニンニクの醤油漬け では葉をに漬けてを包んで食べる。 類似毒草の注意 [ ] 類、、などの毒草と間違えやすい。 特にとの区別に注意する必要がある。 特有の臭いの有無で判別可能である。 栽培 [ ] 園芸栽培 [ ] 頃から北海道や日本海側の雪の多い地域で園芸栽培されている。 増殖方法には播種、株分け、不定芽の利用がある。 生育のサイクルが極めて長く、種をまいてから収穫まで8〜10年、株分けを用いても5〜6年を要する。 北海道では露地軟白栽培法が行われている。 ギョウジャニンニク栽培圃場に発生する病害 も報告されている。 品種改良 [ ] 藤重宣昭助(当時)らのグループにより、ギョウジャニンニクとを交配した「行者菜(ぎょうじゃな)」が開発された。 外観はニラに近いが、ギョウジャニンニクから受け継いだ形質として、茎が太いのが特徴で、ニラ同様1年で収穫が可能。 からで販売が開始されている。 まじない的な利用 [ ] アイヌの民間信仰では、その独特の臭気は魔物を祓う力があるとされ(などの)伝染病が流行した際は、村の入り口に掲げ、病魔の退散を願った。 西洋のがを忌み嫌う逸話と相通じるものがある。 昔のヨーロッパでも、本種は欧州の山岳地帯の人々によって薬用やの物具(護符)として栽培されていた。 そもそもドイツ語で一名 Siegwurz つまり「勝利の山野草」と呼ばれていて、護符として身につければ不浄な精霊の攻撃から身を守るとされており、例えばボヘミア地帯などでも信心されていた。 学名の A. victorialis は、この「勝利の山野草」という俗名にちなんだものである。 参考画像 [ ]• 米倉浩司・梶田忠 2003-. 2012年7月9日閲覧。 米倉浩司・梶田忠 2003-. 2012年7月9日閲覧。 Taxonomy for Plants. National Germplasm Resources Laboratory, : , , National Genetic Resources Program. Month day, year閲覧。 2012年7月9日閲覧。 世界百科事典 Sekai hyakka jiten. 6 による「ギョウジャニンニク」の項• Thompson, Harold Stuart 1912 preview. 280. 西村弘行 and ハニイ,ウィジャヤ and 渡部賢二 and 水谷純也 1988. 北海道大学農学部牧場研究報告 北海道大学農学部附属牧場 13: 139-147. 長野市. 2014年6月23日閲覧。 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波事務所• 2014年6月23日閲覧。 佐々木利和『』 google 吉川弘文館、2001年、225頁。 "酒を得る前の樺太アイヌはお祈りのときに、ギョウジャニンニク(プクサ).. を用いたという。 これは強烈な臭気を発するので、その臭気を嫌う伝染病などは近づかないので、流行り病があると村の入り口や家の軒に下げておくことがある。 Rabinowitch, Haim D. ; Currah, Lesley 2002 preview. CABI. Curtis's botanical magazine 30: 1222-. 1809. 参考文献 [ ]• - 「健康食品」の安全性・有効性情報()• 関連書籍 [ ]• 井芹靖彦『ギョウジャニンニク-軟白栽培の実際、栄養価値と売り方』〈新特産シリーズ〉、2001年。。 関連項目 [ ]• (行者) 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 北海道大学農学部邦文紀要 1993 18巻2号•

次の

ギョウジャニンニク

行者 ニンニク 食べ 方

ギョウジャニンニク 行者大蒜 とは? ギョウジャニンニクは北海道名産の植物の一つで、畑での生産も積極的に行われている山菜です。 「アイヌネギ」とも呼ばれるように、アイヌ民族では古くから貴重な食料・薬草・まじないなど様々な活用法にて親しまれてきました。 成長が非常に遅いため、山菜として収穫できる大きさになるまで3年~5年ほどかかると言われ、非常に貴重な山菜の一つです。 名前 ギョウジャニンニク 呼び名 ギョウジャニンニク、キトビル、キトピロ、キトビロ、アイヌネギ、行者大蒜、行者葫、キト、プクサ 学名 Allium victorialis L. subsp. 芽吹くまでに1年ほどかかるとされゆっくりと成長し、食用となる緑色の葉を複数つけます。 初夏になると先端に綺麗な花をつけます。 販売されているような大きさになるまでに5年はかかるので、非常に高値で取引がされています。 行者ニンニクとアイヌ民族の関わり アイヌ民族にとっての行者にんにくは貴重な栄養源だったこと、食べると体が温まること、保存がきく食材なことなどの観点から非常に愛されてきた食材です。 乾燥させることで1年間の保存食にしたり、風邪薬として利用されていた記録が残っています。 また、伝染病や疫病などを追い払う効果があると考えられていたとされ、大切にされてきました。 北海道民の多くが行者ニンニクが好きな理由の一つに、こういった文化的な背景もあるものと思われます。 アイヌ語ではキト、プクサ、キトピロなど複数の呼び名があるとされていますが、文献などで正式な呼び名はまだ分かっていません。 行者ニンニクの名前の由来 前述の通り、その強烈なニンニク臭が由来とされるほか、昔に山にこもって修行をしていた修行僧が食べていたこと、滋養強壮がすさまじく修行中に食べることを禁じられたからなど、諸説は色々あります。 ギョウジャニンニク 行者大蒜 の採り方 北海道では豊富に育っていて見つけるのも難しくないようですが、本州では見つけるのが難しい山菜です。 主に針葉樹林帯の湿り気のある地面に生えるとされています。 有毒のスイセンやバイケイソウ、イヌサフランなどとしていることから、採る時は注意が必要です。 行者ニンニクを採る時は、間違ってもすべて採ることは避け、中心の葉は残し周辺の葉のみを摘むようにしましょう。 ギョウジャニンニク 行者大蒜 の下処理・食べ方 行者ニンニクの下処理方法ですが、特別にアク抜きなどが必要な山菜ではありません。 葉っぱだけ摘んだ場合は洗うだけで良いですが、茎から採ったものは根本についている赤いハカマをとります。 醤油漬けにする際に、ニンニクが苦手な人もいる場合は30秒ほど下茹ですると風味が軽くなりますが、基本的には洗ったものをそのまま調理して構いません。 刻んで炒め物にしたりしても美味しいです。 ギョウジャニンニク 行者大蒜 のレシピ 行者ニンニクの定番料理といえば醤油漬けです。 醤油漬けにして冷蔵庫で保管すれば1年中独特の風味を楽しむことができます。 刻んだ行者ニンニクを醤油漬けにすれば薬味としても楽しめます。 だし醤油で漬けるとよりまろやかな味わいを楽しめます。 ジンギスカンと一緒に炒めるのも定番の調理法で、野性味溢れる味わいで美味しいです」。 以下にクックパッドで人気の行者にんにくレシピを紹介します。 ギョウジャニンニク 行者大蒜 の栽培方法 ホームセンターや園芸店では行者ニンニクの苗を購入することができ、畑やプランターで栽培することができます。 針葉樹林帯に生えることから日陰での栽培が利用ですが、そこまで暑すぎない地域であれば普通の畑でも構いません。 大きな庭があるようでしたら、木ノ下などが一番良いでしょうか。 土作りですが、肥沃な土壌を好むことから堆肥や腐葉土を織り交ぜて土を作りましょう。 畝は50~60cm幅で10~15cmくらいの高さにします。 群生する品種のため、株間は5cmくらいにしても構いません。 1日に1~2回程度水やりをすれば十分です。 冬場の水やりは控えめで大丈夫です。 種から栽培すると収穫まで4~5年かかることから、早く楽しみたい方は苗を購入することをおすすめします。 山菜を探す•

次の

行者にんにく(アイヌネギ)の栽培方法|育て方・時期・レシピと見分け方

行者 ニンニク 食べ 方

本来であれば、軸から伸びた葉が広がり、スズランのような形になります。 スズランの葉の形と似ていて、行者ニンニクと間違えてスズランの葉を食べ、 中毒を起こすこともあり、注意が必要です。 地際に近い部分の軸は、少し赤紫色になっていて、 葉の緑と軸の薄い緑~白っぽい色とのコントラストも美しい植物です。 行者ニンニクはとても生長が遅い植物ですが、 何年も育てていると花を咲かせるようになります。 花はニラと似たような形をしていて、 長い花茎の先端に、白い小花が球状に集まります。 花の後には種ができ、種は熟すと黒くなり、 小さな袋がはじけて外に飛び出す仕組みになっています。 芽吹く行者ニンニク ・香りと味 行者ニンニクと混同されやすいのが、葉ニンニクです。 球ニンニクの鱗片をばらして植え、 伸びてきた葉を刈り取って食用とするのが葉ニンニクです。 葉ニンニクは、どちらかというと幅の広いニラといった姿をしているため、 行者ニンニクと比べると細い葉をしています。 行者ニンニクは、さすがにニンニクと名づけられるだけあり、 味も香りもニンニクそっくりです。 状態の良いものであれば、葉ニンニクよりも香りも味も濃厚になります。 ニンニクの香りの元となるアリシンという成分が、 行者ニンニクはたくさん含まれています。 そのため、行者ニンニクはニンニクと同じか、 それ以上に濃い味と香りを楽しむことができます。 基本的には、油で炒めたり、天ぷら、軽く茹でたものを和え物にしたり、 汁の実、醤油漬けなどにして食べることができます。 生食もできますが、少し食感がごわつくことがあるので、 軽くでも火を通した方が食べやすくなります。 また、行者ニンニクは、葉があまり開いていない状態で収穫し、調理します。 若い葉の方が柔らかく食べやすいですが、 多少葉が開いたものでも、食べるのに問題はありません。 ところが、行者ニンニクは種から育てると、収穫までに5年ほどかかります。 株が充実するまでは、収穫できる量もとても少ないため、 7年や8年ほどすでに栽培してある苗を購入して育てると、 すぐに収穫して楽しむことができます。 行者ニンニクは、球ニンニクとは、栽培環境も育て方も違うので注意します。 暖地でも中間地でも寒冷地でも栽培はできますが、 中間地や暖地では夏越しに注意します。 行者ニンニクは寒さに強く、夏は少々苦手です。 半日陰で西日の当たらない、風通しの良い涼しい場所で夏を越すようにします。 この夏の間や秋口に乾燥させすぎると、 根が傷んで枯れることが多くなるので、土の乾燥には注意します。 冬は地上部が枯れることがほとんどですが、 根は生きていて、地中で冬が過ぎるのをじっと待っています。 軸の太さが鉛筆より太くなったら、収穫ができるようになります。 ただし、すべての葉を刈り取ってしまうと、株が著しく弱ってしまい、 翌年まで生き残ることができなくなります。 収穫時は、刈り取って収穫するのは全体の三分の一程度にとどめ、 あとは残して株の養生のために使います。 また、収穫する時は、地際の軸を数センチ残して刈り取ります。 少し軸を残すことで、地際きっちりまで刈り取るよりも株の回復が早くなります。 行者ニンニクの栽培は、環境に注意すればそれほど難しいものではありません。 ただし、毎年量を減らさず、株も弱らないように加減するのが難しいです。

次の