デート dv と は。 デートDVとは?恋人から受ける5つの暴力

大阪府/知ってますか?デートDV

デート dv と は

デートDVは、カップル間で起こる暴力のことです。 「愛しているなら、相手が自分の思いどおりになるのが当然」と考え、コントロールしようとする態度や行動のことをいいます。 殴る、蹴るだけが暴力ではありません。 暴力の種類はさまざまです。 どの暴力もこころとからだを傷つけます。 恋愛中のあなた、そして、これから恋愛をするかもしれないあなた・・・デートDVは誰にでも起こりえる身近な問題で、「自分のことかも…」と気づくことがとても重要です。 交際相手からの被害経験 さまざまな暴力 どんな理由があっても、暴力を受けていい人なんていないのです。 また被害者は女性に限りません。 こころへの暴力• 脅す、大声でどなる• 無視する• 行動を監視・制限する• 交友関係を監視・制限する• スマホをチェックする など からだへの暴力• 殴る・たたく・蹴る• 腕をつかむ• 髪を引っ張る• 縛るなどして自由をうばう• ものを投げつける など 性的な暴力• 相手が嫌がるのに体をさわる、キスをする• 性的な行為を強要する• 下着姿や裸の画像・動画を撮る、 送信する など 経済的な暴力• デート代をすべて払わせる• 借りたお金を返さない など デートDVはどうして起こるのでしょう? 暴力を軽く考えていませんか? 「恋人だから、何か理由があったら暴力をふるっても(ふるわれても)仕方がない」 ・・・あなたはどう思いますか。 暴力は決して許される行為ではなく、ふるう方が悪いのです。 「女らしさ」「男らしさ」を期待していませんか? 「女の子はおとなしい方がかわいい」「男なんだからリードしてほしい」 ・・・固定的な観念にとらわれ、社会的な役割や態度、行動を決めつけていたら、対等な関係が築けません。 「束縛」が愛だと思っていませんか? 好きだからといって束縛する・・・嫌われたくないから我慢する・・・。 それが愛情だと思い込んでいませんか。 最近はインターネットの影響により、メールやSNSで、一緒にいない間も相手を束縛することができるようになっています。 お互いに相手の時間や意思を尊重し合うことが大切です。 デートDVのサイクル• イライラ期 【加害者】 ささいなことでイライラし、威圧的になる 【被害者】 相手の顔色をうかがう、ビクビクしておびえる• バクハツ期 【加害者】 怒りをコントロールできなくなり、DVが激しくなる 【被害者】 何がなんだかわからなくなる、絶望感・無力感に陥る• ラブラブ期 【加害者】 「もう暴力をふるわない」と謝り、別人のように優しくなる 【被害者】 「やっぱり愛されている」「もう一度信じよう」「自分がいなくては」 このサイクルを繰り返すと感覚が麻痺し、暴力がエスカレートしていきます。 DVは犯罪にも 交際相手との間で起こる行為は、刑法で罰せられることがあります。 殴る、蹴る、凶器を振り回す・・・ 暴行罪• 怪我を負わせる、PTSDなど精神的障害を負わせる・・・ 傷害罪• 危害を加えてやるなどと脅す・・・ 脅迫罪• 部屋に閉じ込め帰さない・・・ 監禁罪• 無理やりの性交渉またはその未遂・・・ 強制性交等罪または強制わいせつ罪• また、つきまとい等は、「 ストーカー規制法(ストーカー行為等の規制等に関する法律)」という法律で罰せられることもあります。 さらに、SNS等の普及により、「 リベンジポルノ防止法(私事性的画像記録の提供等による被害の防止に関する法律)」が施行されました。 軽い気持ちでの撮影や送信が、取り返しのつかない事態を招くことがあります。 親しい間柄でも一線を引くことが大事です。 「両者が同意しないと別れられない」と思っている人が多いですが、相手の同意は必ずしも必要ありません。 「こわい」と感じたら逃げること。 特に人気のない場所で、二人きりで別れ話をすることはとても危険です。 カフェやレストランなど、人のいる場所で話しましょう。 あなたの人生はあなたのもの。 そして、あなたの幸せを願い見守ってくれている人がいることを忘れないでください。 相談窓口へ デートDVは、「一人で」「自分たちだけで」解決することがとても難しい問題です。 もし自分がデートDVの被害にあったら、反対に大切な人を傷つけて悩んでいたら、なるべく早く、信頼できる人に相談するか、裏面の相談窓口に電話してください。 匿名でもかけられます。 プライバシーは必ず守られます。

次の

デートDVの定義とは?種類・診断チェックリスト!心理・別れ方・予防

デート dv と は

デートDVは、カップル間で起こる暴力のことです。 「愛しているなら、相手が自分の思いどおりになるのが当然」と考え、コントロールしようとする態度や行動のことをいいます。 殴る、蹴るだけが暴力ではありません。 暴力の種類はさまざまです。 どの暴力もこころとからだを傷つけます。 恋愛中のあなた、そして、これから恋愛をするかもしれないあなた・・・デートDVは誰にでも起こりえる身近な問題で、「自分のことかも…」と気づくことがとても重要です。 交際相手からの被害経験 さまざまな暴力 どんな理由があっても、暴力を受けていい人なんていないのです。 また被害者は女性に限りません。 こころへの暴力• 脅す、大声でどなる• 無視する• 行動を監視・制限する• 交友関係を監視・制限する• スマホをチェックする など からだへの暴力• 殴る・たたく・蹴る• 腕をつかむ• 髪を引っ張る• 縛るなどして自由をうばう• ものを投げつける など 性的な暴力• 相手が嫌がるのに体をさわる、キスをする• 性的な行為を強要する• 下着姿や裸の画像・動画を撮る、 送信する など 経済的な暴力• デート代をすべて払わせる• 借りたお金を返さない など デートDVはどうして起こるのでしょう? 暴力を軽く考えていませんか? 「恋人だから、何か理由があったら暴力をふるっても(ふるわれても)仕方がない」 ・・・あなたはどう思いますか。 暴力は決して許される行為ではなく、ふるう方が悪いのです。 「女らしさ」「男らしさ」を期待していませんか? 「女の子はおとなしい方がかわいい」「男なんだからリードしてほしい」 ・・・固定的な観念にとらわれ、社会的な役割や態度、行動を決めつけていたら、対等な関係が築けません。 「束縛」が愛だと思っていませんか? 好きだからといって束縛する・・・嫌われたくないから我慢する・・・。 それが愛情だと思い込んでいませんか。 最近はインターネットの影響により、メールやSNSで、一緒にいない間も相手を束縛することができるようになっています。 お互いに相手の時間や意思を尊重し合うことが大切です。 デートDVのサイクル• イライラ期 【加害者】 ささいなことでイライラし、威圧的になる 【被害者】 相手の顔色をうかがう、ビクビクしておびえる• バクハツ期 【加害者】 怒りをコントロールできなくなり、DVが激しくなる 【被害者】 何がなんだかわからなくなる、絶望感・無力感に陥る• ラブラブ期 【加害者】 「もう暴力をふるわない」と謝り、別人のように優しくなる 【被害者】 「やっぱり愛されている」「もう一度信じよう」「自分がいなくては」 このサイクルを繰り返すと感覚が麻痺し、暴力がエスカレートしていきます。 DVは犯罪にも 交際相手との間で起こる行為は、刑法で罰せられることがあります。 殴る、蹴る、凶器を振り回す・・・ 暴行罪• 怪我を負わせる、PTSDなど精神的障害を負わせる・・・ 傷害罪• 危害を加えてやるなどと脅す・・・ 脅迫罪• 部屋に閉じ込め帰さない・・・ 監禁罪• 無理やりの性交渉またはその未遂・・・ 強制性交等罪または強制わいせつ罪• また、つきまとい等は、「 ストーカー規制法(ストーカー行為等の規制等に関する法律)」という法律で罰せられることもあります。 さらに、SNS等の普及により、「 リベンジポルノ防止法(私事性的画像記録の提供等による被害の防止に関する法律)」が施行されました。 軽い気持ちでの撮影や送信が、取り返しのつかない事態を招くことがあります。 親しい間柄でも一線を引くことが大事です。 「両者が同意しないと別れられない」と思っている人が多いですが、相手の同意は必ずしも必要ありません。 「こわい」と感じたら逃げること。 特に人気のない場所で、二人きりで別れ話をすることはとても危険です。 カフェやレストランなど、人のいる場所で話しましょう。 あなたの人生はあなたのもの。 そして、あなたの幸せを願い見守ってくれている人がいることを忘れないでください。 相談窓口へ デートDVは、「一人で」「自分たちだけで」解決することがとても難しい問題です。 もし自分がデートDVの被害にあったら、反対に大切な人を傷つけて悩んでいたら、なるべく早く、信頼できる人に相談するか、裏面の相談窓口に電話してください。 匿名でもかけられます。 プライバシーは必ず守られます。

次の

考えてみようデートDV~ずっと「シアワセ」でいるために~/京都府ホームページ

デート dv と は

この記事には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 がまったく示されていないか不十分です。 内容に関するが必要です。 ( 2020年5月)• が含まれているおそれがあります。 ( 2020年5月)• からの説明がされていないおそれがあります。 ( 2020年5月) ドメスティックバイオレンス 分類および外部参照情報 種類• 恋愛的な出来事• 気持ちと感情• ()(• 日本 [ ] において、DVを防止するための法律としては、(配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律)が存在する。 場合によってはによって対応することもある。 また、恋人などにおける行動の規制にはが存在する。 なお、未婚の間で起こる暴力やハラスメント行為を デートDV(参照)と呼ぶ。 DV防止法が2013年に改正され、同居中又は同居していた恋人、つまりデートDV被害者の一部も、同法に規定されている「保護命令」の対象となった。 現在、はDV被害者に対して、「相談してみることで、ひとりでは気づかなかった解決方法が見つかるかもしれません。 ひとりで悩まず、ご相談ください(ポスターより引用)」と呼びかけ、DV相談ナビ(全国共通電話番号:0570-0-552100、最寄りの相談機関の窓口へ電話が転送され、受付時間内であれば直接相談することができ、受付時間外であれば受付時間の紹介が行われる)の利用を勧めている。 また、日本のDV防止法は法律婚夫婦だけでなく、夫婦やした元夫婦も対象にしているが、事実婚に該当しない恋人は対象となっておらず不備を指摘する声も多い。 歴史 [ ] たとえ配偶者間であっても、外傷を負わせるほどの暴行(軽く蹴る、叩く、殴るフリ等も暴力)やを患うほどの精神的苦痛(ストレスになることを継続的に行う)を加えた場合はやの対象となり、無理矢理性行為を強要すれば、に該当しうる(1986年12月17日)。 古くからの家族観や、司法機関の介入により関係が破綻することへの危惧、犯罪性の認識の欠如などのため、「近親者からの暴力」について刑事介入がなされることは従来まれであった。 また、離別しようとしても強引に連れ戻されるなどしてしまうことが多い、女性が被害者となった場合は女性側の生活力が乏しいことが多い、近親者による暴力そのものが持つ依存的構造(など)などのため、被害者が泣き寝入りする結果となってしまう傾向があった。 徐々にDVをと認める裁判例が出始め、などによる被害者保護活動も活発化してきている。 日本でもDVの防止と被害者の保護を図るため、10月よりが施行され、2004年、2007年及び2013年に改正されている。 DVはもともと夫婦間における男性から女性への暴力を指して作られた概念であるが、後に概念が拡張され、女性から男性への暴力もDVと認識されるようになった。 分類 [ ] DVでいうには以下の種類がある。 種類 例• 遊興費を著しく制限したり与えなかったりする。 生活費を著しく制限したり与えなかったりする。 無計画な買い物や借金を繰り返す。 家の金を持ち出す。 仕事を制限する。 電話や手紙の相手や頻度を制限する。 近親者を実家や友人から隔離する。 外出を制限する。 衛生を省みない(掃除や洗濯を怠る)。 粗末な食事や不健康な食事を頻繁に出す。 食事を制限したり与えない。 必要な冷暖房や衣服を差し控える。 必要な医療を差し控える。 物理的な暴力行為をする。 終始行動を監視する。 電話や電子メールなどの通信履歴をチェックする。 精神的に負担となる行為を意図的に繰り返し行う。 無能、役立たずと蔑む。 他人の前で欠点をあげつらう。 無視する()。 出て行けと脅す。 インターネット上に名誉を汚す書き込みや画像の掲載をする。 子供や身内やペットを殺すなどと脅したり自殺をほのめかりたりする。 恫喝したり日常的に罵る。 他の種類の虐待を臭わせてコントロールする。 過度に嫉妬する。 性的必要を顧みない(性交を差し控える)あるいは逆に性交を強要する。 恥辱的あるいは不道徳な行為を強要する。 性器や性的能力について侮辱する。 をさせない(中絶賛成派の場合)。 実態 [ ] 日本においては、『ストーカー事案及び配偶者からの暴力事案等への対応状況について』 ()と『配偶者からの暴力に関するデータ』 ()によれば、相談件数は左の表のとおり。 相談件数の推移 年 警察 配偶者 暴力相談 支援センター 2002年 14,140 35,943 2003年 12,568 43,225 2004年 14,410 43,225 2005年 16,888 49,329 2006年 18,236 58,528 2007年 20,992 62,078 2008年 25,210 68,196 2009年 28,158 72,792 2010年 33,852 77,334 2011年 34,329 82,099 2012年 43,950 89,490 2013年 49,533 99,961 2014年 59,072 102,963 2015年 63,141 111,172 2016年 69,908 106,367 2017年 72,455 106,110 2018年 77,482 114,481 2019年 82,207 --- 2019年の内訳については警察庁の統計より• 「被害者と加害者の関係」については、「婚姻関係」が75. 「相談者の性別」については、「女性」が78. ただしこの統計は相談件数を集計したものであり、同一人物による複数回の相談や、事実関係の検証がされていない事例も含んでいる。 また、男性が被害者である場合の相談を受け付けていない とする指摘もある。 による被害者の保護命令の発令は、の2,528件を境に減少し、2018年は1,700件である。 しかし保護命令については、報復を恐れて申請しない被害者も多いと言われている。 に夫等の暴力で一時保護されている者はで3,000人であり、の4,681人を境に減少傾向にある。 に行われた『男女間における暴力に関する調査』(内閣府男女共同参画局)では• 全体の26. 女性の31. 男性の19. 被害内容については、• 身体的暴行 女性19. 心理的攻撃 女性16. 経済的圧迫 女性10. 性的強要 女性9. 更に、被害相談をした割合が、全体で47. そして2019年版より、被害を警察に申告した割合は約11. 被害者数に地域差がありなどDVが多い地域もある。 デートDV [ ] 恋人同士の間で起きる暴力を広くデートDVと定義する。 以下のような調査が行われている。 法人などがに実施した広域調査では、交際経験がある女性の44. 5%、男性の27. 4%にデートDVの経験があった。 10代に限ると女性43. 8%、男性26. 7%が経験しており、若い女性の約半数が何らかの形でデートDVの被害にあっている。 なお、本調査では、暴力の具体例を行動の制限、精神的暴力、経済的暴力、身体的暴力、性的暴力の5種類に分類している。 調査対象は1都10県に住む中高大学生の男女2122人である。 若い世代のみを対象としたデートDVの全国的な被害実態調査は初めてである。 の社会福祉協議会や生野区役所の調査に参加する高校生が、に内の、に通う約1000人を対象に、デートDVの種類を金銭要求、性的強要、チェック、暴力、暴言の5種類に分け、経験の有無を聞いたところ、経験者の割合は性的強要以外は全て男子が女子を上回り 、暴力と金銭要求は女子の2倍超だった。 性的強要のみ女子が男子を上回った。 上記の調査結果について、の竹内和雄は見栄を張って嫌と言えない男子生徒の悩みがあるのかもしれないと分析している。 実際、叩かれて嫌だが男として我慢せざるを得ないと答えた者がいる。 また、調査に参加した高校生は、女子生徒は男子生徒より独占欲が強いと指摘した。 DV被害者の個人情報の漏洩 [ ] DV被害者の住所などの情報を、秘匿しておくべき機関(役所、警察、郵便局、勤務先など)が、故意であれ過失であれ、DV加害者に伝えてしまい、加害者が再び被害者の元に押し掛けたり、被害者が加害者の親族や職場の同僚などから嫌がらせを受けたりする場合がある。 また、これが元で訴訟に発展するケースもある。 アメリカ合衆国 [ ] では後半からやいくつかの致死事件により、近親者からの暴力が耳目を集め、DVの概念がつくられた。 米国の家庭では暴力が深刻である。 米国では15秒に1人、年間200万人以上の女性がDVの深刻な被害を受けており、DVにより亡くなる女性が1日に11人である。 アメリカでは男性に対するDVの深刻性が十分に認知されており、でジョージ・ギリランドが開設したものを発端として、私営の男性専用のが多数存在する。 ヨーロッパ各国 [ ] ヨーロッパのDVは深刻で、16歳から44歳までのヨーロッパ人女性の身体障害や死亡の原因として、病気や事故を抜いてトップである(『アンリオン報告書』フランス保健省 2001年2月)。 こういった事態を受け対策が進められている。 では、約1万人のDV被害者のうち、4分の1が男性(2017年の統計)。 男性被害者向けシェルターもあり、子供連れで避難してくる入所者もいる。 女性被害者は肉体的な暴力を受けることが多いのに対して、男性被害者は心理的暴力に晒されることが多い傾向がある。 被害を知人らに相談しても、愛されているということだとか、自己防衛すべきだとか言われて真剣に取り合ってもらえず、を喪失している被害者が目立つ。 自分を支配しようとする妻やパートナーへの反感などから暴力を振るうこともあり、男性被害者の4分の3はDV加害者でもある。 ロシア [ ] のDVは深刻である。 の報告では年間3万4千人以上の女性がDV被害に遭う。 によると、ロシアでは一時間に一人の女性が不自然な死に方をする。 2009年にDV被害にあった子供は10万8千人であり、2,000人が死亡した。 虐待から逃れては約10万人である。 イスラム圏 [ ] 保守的を奉ずる社会においても、他の伝統的・保守的社会同様、DVは男性の権利として一定程度認められてきた。 聖典『』第4章34節には「はもともと男と(女)の間には優劣をおつけになったのだし、また(生活に必要な)金は男が出すのだから、この点で男の方が女の上に立つべきもの。 だから貞淑な女は(男にたいして)ひたすら従順に、またアッラーが大切に守って下さる(夫婦間の)秘めごとを他人に知られぬようそっと守ることが肝要。 反抗的になりそうな心配のある女はよく諭し、(それでも駄目なら)寝床に追いやって(懲らしめ)、それも効かない場合は打擲(ちょうちゃく)を加えるもよい。 だが、それで言うこときくなら、それ以上のことをしようとしてはならぬ。 アッラーはいと高く、いとも偉大におわします。 」という文言があるためである。 のがこれを理由にイスラーム教徒の夫が妻に暴力を振るったという訴えに対し無罪を言い渡し、問題になったこともある。 当該事件は再審理された。 韓国 [ ] のと韓国保健社会研究院の調査では、全国9847世帯中、過去一年間に身体的暴力を受けたことがある者は11. また、暴言・脅迫・器物破壊は33. また、夫婦間の性的虐待の発生率は、2004年は7. 2010年1月22日のの報道に拠れば、「韓国人と入籍し、韓国に入国する外国人妻が近年10万人を超えている」が、その半数近くがDV被害に遭っているという。 外国人妻の約半数が「夫に殴られたことがある」と答えているという。 韓国人の夫や夫の家族が、外国人妻に対して、「を学ばせない」「暴力を振るう」などのケースが後を絶たない。 中国 [ ] では、2005年時点では約3割の家庭で夫婦間暴力が起こっているという。 そのうち、約7割は夫から妻に対するもので、残り3割は妻から夫に対して行われている。 要因としては、部ではが指摘されている。 また家庭内暴力は、女性がする最大の原因となっている。 DVの原因・傾向・社会的要因 [ ] DV研究者であるレノア・E・ウォーカー博士 Lenore E. Walker, Ed. は、加害者の男性における傾向を以下のように捉えている(レノア・E・ウォーカー『バタードウーマン——虐待される妻たち』(1980年5月)) 性的役割を当然と考えている 相手が女性または男性というだけで、自分が優位にあるという錯覚を起こしている。 こういった性別による偏見をジェンダーバイアスと呼ぶ。 病的なほど嫉妬深い セックスを強要する 性行為によって自分の支配関係を確立しようとする。 性的暴力である。 自分の行動を他のもののせいにする 自分の暴力行為を、パートナーの言い方が悪かった、変によけたので当たり所が悪くなった、などの正当化を行なう。 二重人格状態を呈する 家庭外では良い人だ、良く気が付くと高く評価され、家庭内の暴力など想像できない人物像(ここでいう二重人格は、いわゆるとは異なる)。 、という偏見を「性的役割」(または「ジェンダー・バイアス」)と呼称されるが、日本の東京都の調査 では、性的役割分業観に肯定的な人ほど異性への性的暴力や精神的暴力に対しても寛容であるという傾向を見出している。 (WHO)の調査 でも性的役割観とDV被害の相関が指摘されている。 また、同調査では、加害者は被害者に対するコントロール傾向が強いことが指摘されている。 また、加害者には[発達障害、およびその合併症・二次障害、たとえば自己愛性パーソナリティ障害など]がみられる場合がある。 そのため、加害者は何らかの精神疾患にあるとして、治療やカウンセリングの対象として捉えるアプローチも試みられている。 また、DVの社会的背景として、、あるいはそれに準じる意識が挙げられる。 ShackelfordとGoetzは、パートナー間でのや性的強制について、男性の「寝取られ対策」として行われる戦略であるというを立てて調査をした。 調査の結果、親密な関係における性的強要は女性のと相関し、男性が行う他の配偶者防衛戦略の行使とも相関するという結果が得られ、仮説が支持された。 ただし、因果関係の特定には至らず、性的強制が浮気を生み出すのか、浮気が性的強制を生み出すのか、ということは判断できなかった。 被害者支援 [ ] この節は から説明されていない可能性があります。 での議論とへの協力をお願いします。 ( 2020年5月) 急性期の支援 急性期に大切なことは、被害者の安全と安心が保証される空間の確保である。 次に、DVは犯罪行為であり重大な人権侵害が起きていたことを伝え、そのような人権侵害から身を守ることは正しい選択であることや、被害者側は全く悪くなく自分自身を責めなくてよいということを理解できるよう支援する。 また、被害後に の症状が出やすく、そのような症状が見られた場合、しっかりとした治療を受けることが回復を早めることを伝え、本人をサポートする(「」も参照)。 対話による回復 DVでは、加害者は一方的に押しつけるを発し、被害者は自分の声を発することができなくなっており、その関係を修復する上での手法を応用できる。 ただし、暴力による家族員のダメージが大きい場合、安全な対話の場を設定することの工夫や準備が必要となる。 脚注 [ ] []• - 内閣府男女共同参画局• Report. 5-7. 2020年3月10日閲覧。. Report. 1-3. 2019年12月22日閲覧。. 『女性センター等における「男性相談のあり方」研究報告書』()2005年3月• Report. 2019年12月22日閲覧。. 内閣府男女共同参画局 2018-03 PDF. Report. 23-38. 2019年12月22日閲覧。. 例えば、殴ったり、蹴ったり、物を投げつけたり、突き飛ばしたりするなどの身体に対する暴行• 例えば、人格を否定するような暴言、交友関係や行き先、電話・メールなどを細かく監視したり、長期間無視するなどの精神的な嫌がらせ、あるいは、自分もしくは自分の家族に危害が加えられるのではないかと恐怖を感じるような脅迫• 例えば、生活費を渡さない、貯金を勝手に使われる、外で働くことを妨害されるなど• 例えば、嫌がっているのに性的な行為を強要される、見たくないポルノ映像等を見せられる、避妊に協力しないなど• 2019-12. Report. 2019年12月28日閲覧。. 日本語. 2019年11月29日. 2019年12月22日閲覧。 『』社説 2008年2月17日• DV保護命令に地域差 最多沖縄 - 2009年7月27日• 生田綾 2017年3月13日. The Huffington Post. 2018年6月23日閲覧。 2016年2月8日. 2018年2月27日閲覧。 2016年2月7日. 2018年2月27日閲覧。 『毎日新聞』2011年12月24日• 『』2011年10月6日• 『毎日新聞』2012年8月7日• 『』2012年8月28日• 『毎日新聞』2013年7月10日• 『読売新聞』2015年• スイス、DV被害の4人に1人は男性。 「男らしさ」に縛られ、孤立する被害者たち『』掲載(2019年6月17日閲覧)• 『』「孤立無援のDV被害者」2010. 2008年4月12日. の2008年4月13日時点におけるアーカイブ。 2013年8月14日閲覧。 2008年5月20日. の2014年8月10日時点におけるアーカイブ。 2013年8月14日閲覧。 Record China. 2010年1月14日. の2015年2月25日時点におけるアーカイブ。 2014年12月14日閲覧。 「自殺する女性15万人、家庭内暴力が原因」2006年11月28日付配信 ・中国情報局• 東京都生活文化局 「『女性に対する暴力』調査報告書」 1998年3月• WHO 2005• 星野仁彦『発達障害に気づかない大人たち』()。 Dobash and R. Yllo and M. Bograd, "Feminist Perspectives on Wife Abuse, Sage", 1988. 、『研究部報告』24、法務総合研究所研究部。 松島京、「親密な関係性における暴力性とジェンダー」、『立命館産業社会論集』36 4 、2001年。 ; Shackelford, Todd K. 2006. Platek, Steven M. ; Shackelford, Todd K.. eds. Cambridge: Cambridge University Press. 82—100. 97-98 遠見書房• ;317-323,2018. 関連項目 [ ]• - -• - - 外部リンク [ ]• - 内閣府 男女共同参画局.

次の