冷凍いちじく レシピ。 【楽天市場】和歌山県産 冷凍いちじく(無添加)1kg【冷凍便 送料無料】冷凍 無花果(イチジク)いちじくスムージー、いちじくジャムにもおススメ!半解凍でそのままお召し上がり頂けます:母の日お中元内祝ギフトふみこ農園

いちじくジャムの作り方(レシピ)

冷凍いちじく レシピ

皮ごと簡単!いちじくジャムの作り方レシピ 材料(ジャム瓶3つ分)• イチヂク800g• レモン汁大さじ1. 5 作り方 1)洗って、ヘタを切り落とす 皮は丸ごと使います。 2)皮ごとカットして鍋に入れる サイズはお好みですが、1. 5cm角くらいがおすすめです。 3)砂糖をまぶして10~30分おく 浸透圧で水分が出てきて、焦げずに煮詰めやすいです。 4)レモン汁を加えて中火~弱火で煮る アクがたくさん出てくるので、すくい取ります。 はじめは中火で、水分が減ってきたら弱火にして、たまにかき混ぜてください。 アクをすくったり、混ぜたりするのに、こちらの「無印良品のシリコン調理スプーン」が、とっても便利でオススメです。 5)瓶を煮沸消毒する 我が家では、パスタ鍋を活用して、煮沸後は網ごとすくい上げています。 熱いうちに逆さにして水気を切り、水滴を蒸発させてください。 6)瓶に詰める 煮詰まるのに小1時間かかります。 好みのトロミになったら、煮沸消毒した瓶に入れます。 粗熱が取れるまではキッチンペーパーをかけておき、冷めたら蓋をして冷蔵庫で保存します。 冷蔵庫で3ヶ月ほど保存できます。 いちじくのプチプチ感が際立ちます。 いちじくの上品な香りが楽しめます。 その他、あっさりめのパウンドケーキ、シフォンケーキに添えても、美しいですね。 子どもと作れる簡単ジャム 6歳と10歳の娘たちと作った、5年目のいちじくジャム。 どれも簡単な作業ばかりなので、ほとんど子どもたちに任せられました。 いちじくを洗う• いちじくを切る• 砂糖、レモン汁を計る• 混ぜる 私の仕事は、見守ることと、味見をやめさせることくらいでした。 秋の歓びを五感で味わえる幸せ。 ジャムづくりって、 「切って、煮るだけ」 と手軽なのに、ゆったり流れる時間を味わえるのところが、すごく好きです。 まだジャムづくりしたことない方も、ぜひお気軽に試してみてくださいね。 きっとハマることと思います。 出来上がった可愛いジャムたちは、今月から始まる、のお客様たちにデザートとしてお出しする予定です。 (蛇足)いちじく好きの告白 東京から転勤で金沢に来てから、手軽にいちじくが手に入るようになり、ジャムを作らずに秋を迎えられなくなりました。 イチジクは、生のままでも魅惑の味で• イチジクロール• イチジクケーキ• イチジクパフェ 見つけたら、絶対に注文してしまうほど。 「ドライいちじく」にも目がありません。 もはや、愛しています。 笑 皆さんもぜひ今だけの秋の味、堪能してくださいね。 すまーときっちんのLINEでは、暮らしに役立つ情報をお届けしています。

次の

【いちじくの食べ方完全ガイド】皮のむき方や保存法まで徹底解説

冷凍いちじく レシピ

もくじ• html 冷凍保存の方法 いちじくを冷凍する際は、以下のような手順で基本的には行います。 いちじくを水洗いし、キッチンペーパーなどでしっかり水気を切る• フリーザーバックに入れて冷凍する 傷や痛みは取り除く いちじくを洗ってから全体、特に お尻の部分をよく見て、カビや傷みがないかよく確認して下さい。 お尻の部分はカビや傷みが生じやすい上に、見落としやすいです。 急速冷凍する 常温では、いちじくは傷みやすく乾燥にも弱いです。 いちじくの鮮度を保つには、なるべく急速に冷凍する必要があります。 冷凍を速くするには、以下の点に気を付けて下さい。 平らにして保存 フリーザーバックに入れる際、 平らにしていちじく同士がくっつかないように冷凍保存して下さい。 そうすると、隙間から冷気が通りやすくなり、急速な冷凍が可能になります。 また、解凍の際に取り出しやすくもなります。 金属バットに乗せる いちじくを入れたフリーザーバックを、そのまま 金属バットに乗せて冷凍庫に入れて下さい。 金属は伝導率が高いので、冷気が速く伝わり、いちじくが冷えやすくなります。 いちじくを包む いちじくを1つずつ包むと、冷気がそのまま止まるので、速く冷凍する事ができます。 新聞紙やキッチンペーパーなど、包む物は何でも構いませんが、急速冷凍に拘るなら、伝導率の高い アルミホイルで包むのがおすすめ。 yahoo. html 1ヶ月は保存可能 冷凍したいちじくは、最低でも 1ヶ月の保存が可能となります。 保存環境が整っていれば、更に長い 2ヶ月~3ヶ月は保存できます。 しかし、冷凍している間も鮮度低下は進んでいるので、なるべく速めに食べ切って下さい。 いちじくの変化に注意 いちじくに次のような変化が見られた場合、食べる時に注意して下さい。 果肉が柔らかい• 霜が濃く着いている 果肉が柔らかくなっているのは、熟れ過ぎていて、いつ腐ってもおかしくない状態です。 また、霜が濃いのはいちじくから染み出た水分が凍っている状態を示しています。 要するに、腐る一歩手前なのですぐに食べ切って下さい。 この場合、食感と風味がかなり落ちている可能性があるので、ジャムのように、加熱処理して食べるのをおすすめします。 変色している• カビが生えている• 甘みに混じって苦味や酸味を強く感じる この3つの変化が見られる場合は、品質劣化が進んでいるので、食べるのは止めて下さい。 特に、カビが生えていたり味の変化が見られる場合はかなり危険です。 html 生で冷凍しても大丈夫 いちじくは 生で冷凍しても大丈夫です。 野菜や果物を生で冷凍すると食味や風味が落ちたりするイメージがあるかもしれません。 しかし、水分や果糖、食物繊維を程好く含んでいて味が濃いめのいちじくは、冷凍しても 味はあまり変わりません。 使う予定がない場合は、安心して生で冷凍して下さい。 加工後の冷凍も大丈夫 コンポートやジャム、ペーストなどのように加熱したいちじくも冷凍して大丈夫です。 冷凍する場合も、フリーザーバックに入れて、空気をしっかり抜いてから冷凍して下さい。 加工したいちじくを冷凍保存すると、最低でも 1ヶ月~2ヶ月は保存が可能になります。 president. しかし実際のところ、 剥いても剥かなくても構いません。 皮を剥くか否かはその時の気分や好み、状況によってお任せします。 迷ったら皮を剥かずに冷凍 好みと状況に応じてと言われても迷う! そんな時は、 皮を剥かないまま冷凍して下さい。 皮ごと冷凍すると、以下のような利点があります。 栄養素の損失が防げる いちじくには酵素やビタミン、ミネラルが多く含まれていて、それらは皮の周辺に密集しています。 皮を剥くと、それらも当然損失するので、いちじくの栄養価は皮ごと冷凍した時より低下します。 鮮度低下を遅くできる 皮を剥くと、それだけ外気に触れる時間が長くなるので、どうしても鮮度の低下を速めてしまいます。 また、いちじく特有の香りも少し飛んでしまい、解凍した時には香りが薄くなっている可能性もあります。 常温や冷蔵での保存と同じように、実が皮に守られている分、鮮度の低下を遅らせます。 皮が剥きやすくなる 常温や冷蔵では、いちじくの水分が邪魔して滑ったりして皮が剥きにくいと思います。 しかし、皮ごと冷凍すると、水分も凍った状態なので、滑らずスルスルと皮を剥けます。 いちじくの皮が剥きに苦手意識があるなら、おすすめの方法です。 html 入れても大丈夫! もちろん、まとめて1つの密封パックに入れて構いません。 但し、以下の点に気を付けて下さい。 予め冷凍する 密封パックに入れる前に、金属バットなどに乗せて、冷気が入らないようラップをかけて、いちじくを冷凍して下さい。 いちじくが凍って硬くなったところで、密封パックにまとめて入れます。 こうする事で、実が潰れずに形を保てます。 膨らみを残して空気を抜く 密封パック内に空気が多く残ると、いちじくが酸化したり冷凍焼けの原因になったりと、鮮度低下が速くなります。 また、封が開いていたりすると、そこから冷気が入って乾燥の原因にもなります。 しかし、いちじくは柔らかいので、しっかり空気を抜くと実が潰れて形が崩れてしまいます。 表面に凹凸がなく、膨らみが残る程度に密封パックの空気を抜いて下さい。 いちじくの実は柔らかいので、少しの力でも潰れてしまい、負担がかかり鮮度低下も招きます。 いちじくの実を潰さないように形を保つ。 まとめて密封パックに入れる際はその部分に気を配って下さい。 asahibeer. psp. html? 湯煎から氷水に移す事で、皮と実の間に隙間ができて剥きやすくなります。 google. ameblo. html? 解凍する際は、 冷蔵庫に入れて40分を目安に自然解凍します。 完全に解凍すると、水分が溶けてべちゃっとするので、そのまま食べる場合は半解凍にして下さい。 もし急ぎの場合は、水を張った容器にいちじくの入った密封パックを入れて解凍する方法もあります。 電子レンジで解凍しない 電子レンジのように、急激に熱を加えて解凍すると、 抜ける水分が多くなり、食味や食感が悪くなります。 c-mam. 5 作り方• 解凍したいちじくを好みの形に切る• 鍋に材料を全て入れてかき混ぜながら加熱する アクが出てきたら、その都度取り除いて下さい。 20分位煮ます。 好みのとろみになるまで煮詰める 気持ち緩めのとろみで大丈夫です。 煮沸消毒した瓶に詰めて完成 いちじくには、ペクチンが多く含まれているので、ジャムにするには最適な果物です。 ペクチンが多いので砂糖も少なくでき、甘さ控えめのジャムになります。 パンやヨーグルトなどに合います。 google. ameblo. html? 外も中も完全に凍ってなくて溶けかけで、シャーベットのようなシャリッとした食感です。 アイスクリーム以上の美味しさだとか。 全ての材料をミキサーに入れて撹拌する• グラスに注いで完成 冷たくて飲みやすい上に簡単なので、ちょっと何かお腹に入れたい時におすすめです。 野菜、果物、ヨーグルトや牛乳などの乳製品を混ぜて、マイいちじくスムージーを作ってみて下さい! ゼラチンを使う際は加熱処理をする いちじくの用途として、ゼリーにするという方も居ると思います。 その際は、寒天で固めるか、加熱してからゼラチンで固めて下さい。 いちじくに含まれるフィシンという酵素には、たんぱく質を分解する性質があり、ゼラチンを分解して、固まりにくくなります。 フィシンは熱に弱く、加熱すれば働きが失われるので、ゼラチンを使いたい場合は必ず加熱処理をして下さい。

次の

いちじくの冷凍の保存方法!期間や皮は剥くか・生のままか、解凍方法も

冷凍いちじく レシピ

もくじ• html 冷凍保存の方法 いちじくを冷凍する際は、以下のような手順で基本的には行います。 いちじくを水洗いし、キッチンペーパーなどでしっかり水気を切る• フリーザーバックに入れて冷凍する 傷や痛みは取り除く いちじくを洗ってから全体、特に お尻の部分をよく見て、カビや傷みがないかよく確認して下さい。 お尻の部分はカビや傷みが生じやすい上に、見落としやすいです。 急速冷凍する 常温では、いちじくは傷みやすく乾燥にも弱いです。 いちじくの鮮度を保つには、なるべく急速に冷凍する必要があります。 冷凍を速くするには、以下の点に気を付けて下さい。 平らにして保存 フリーザーバックに入れる際、 平らにしていちじく同士がくっつかないように冷凍保存して下さい。 そうすると、隙間から冷気が通りやすくなり、急速な冷凍が可能になります。 また、解凍の際に取り出しやすくもなります。 金属バットに乗せる いちじくを入れたフリーザーバックを、そのまま 金属バットに乗せて冷凍庫に入れて下さい。 金属は伝導率が高いので、冷気が速く伝わり、いちじくが冷えやすくなります。 いちじくを包む いちじくを1つずつ包むと、冷気がそのまま止まるので、速く冷凍する事ができます。 新聞紙やキッチンペーパーなど、包む物は何でも構いませんが、急速冷凍に拘るなら、伝導率の高い アルミホイルで包むのがおすすめ。 yahoo. html 1ヶ月は保存可能 冷凍したいちじくは、最低でも 1ヶ月の保存が可能となります。 保存環境が整っていれば、更に長い 2ヶ月~3ヶ月は保存できます。 しかし、冷凍している間も鮮度低下は進んでいるので、なるべく速めに食べ切って下さい。 いちじくの変化に注意 いちじくに次のような変化が見られた場合、食べる時に注意して下さい。 果肉が柔らかい• 霜が濃く着いている 果肉が柔らかくなっているのは、熟れ過ぎていて、いつ腐ってもおかしくない状態です。 また、霜が濃いのはいちじくから染み出た水分が凍っている状態を示しています。 要するに、腐る一歩手前なのですぐに食べ切って下さい。 この場合、食感と風味がかなり落ちている可能性があるので、ジャムのように、加熱処理して食べるのをおすすめします。 変色している• カビが生えている• 甘みに混じって苦味や酸味を強く感じる この3つの変化が見られる場合は、品質劣化が進んでいるので、食べるのは止めて下さい。 特に、カビが生えていたり味の変化が見られる場合はかなり危険です。 html 生で冷凍しても大丈夫 いちじくは 生で冷凍しても大丈夫です。 野菜や果物を生で冷凍すると食味や風味が落ちたりするイメージがあるかもしれません。 しかし、水分や果糖、食物繊維を程好く含んでいて味が濃いめのいちじくは、冷凍しても 味はあまり変わりません。 使う予定がない場合は、安心して生で冷凍して下さい。 加工後の冷凍も大丈夫 コンポートやジャム、ペーストなどのように加熱したいちじくも冷凍して大丈夫です。 冷凍する場合も、フリーザーバックに入れて、空気をしっかり抜いてから冷凍して下さい。 加工したいちじくを冷凍保存すると、最低でも 1ヶ月~2ヶ月は保存が可能になります。 president. しかし実際のところ、 剥いても剥かなくても構いません。 皮を剥くか否かはその時の気分や好み、状況によってお任せします。 迷ったら皮を剥かずに冷凍 好みと状況に応じてと言われても迷う! そんな時は、 皮を剥かないまま冷凍して下さい。 皮ごと冷凍すると、以下のような利点があります。 栄養素の損失が防げる いちじくには酵素やビタミン、ミネラルが多く含まれていて、それらは皮の周辺に密集しています。 皮を剥くと、それらも当然損失するので、いちじくの栄養価は皮ごと冷凍した時より低下します。 鮮度低下を遅くできる 皮を剥くと、それだけ外気に触れる時間が長くなるので、どうしても鮮度の低下を速めてしまいます。 また、いちじく特有の香りも少し飛んでしまい、解凍した時には香りが薄くなっている可能性もあります。 常温や冷蔵での保存と同じように、実が皮に守られている分、鮮度の低下を遅らせます。 皮が剥きやすくなる 常温や冷蔵では、いちじくの水分が邪魔して滑ったりして皮が剥きにくいと思います。 しかし、皮ごと冷凍すると、水分も凍った状態なので、滑らずスルスルと皮を剥けます。 いちじくの皮が剥きに苦手意識があるなら、おすすめの方法です。 html 入れても大丈夫! もちろん、まとめて1つの密封パックに入れて構いません。 但し、以下の点に気を付けて下さい。 予め冷凍する 密封パックに入れる前に、金属バットなどに乗せて、冷気が入らないようラップをかけて、いちじくを冷凍して下さい。 いちじくが凍って硬くなったところで、密封パックにまとめて入れます。 こうする事で、実が潰れずに形を保てます。 膨らみを残して空気を抜く 密封パック内に空気が多く残ると、いちじくが酸化したり冷凍焼けの原因になったりと、鮮度低下が速くなります。 また、封が開いていたりすると、そこから冷気が入って乾燥の原因にもなります。 しかし、いちじくは柔らかいので、しっかり空気を抜くと実が潰れて形が崩れてしまいます。 表面に凹凸がなく、膨らみが残る程度に密封パックの空気を抜いて下さい。 いちじくの実は柔らかいので、少しの力でも潰れてしまい、負担がかかり鮮度低下も招きます。 いちじくの実を潰さないように形を保つ。 まとめて密封パックに入れる際はその部分に気を配って下さい。 asahibeer. psp. html? 湯煎から氷水に移す事で、皮と実の間に隙間ができて剥きやすくなります。 google. ameblo. html? 解凍する際は、 冷蔵庫に入れて40分を目安に自然解凍します。 完全に解凍すると、水分が溶けてべちゃっとするので、そのまま食べる場合は半解凍にして下さい。 もし急ぎの場合は、水を張った容器にいちじくの入った密封パックを入れて解凍する方法もあります。 電子レンジで解凍しない 電子レンジのように、急激に熱を加えて解凍すると、 抜ける水分が多くなり、食味や食感が悪くなります。 c-mam. 5 作り方• 解凍したいちじくを好みの形に切る• 鍋に材料を全て入れてかき混ぜながら加熱する アクが出てきたら、その都度取り除いて下さい。 20分位煮ます。 好みのとろみになるまで煮詰める 気持ち緩めのとろみで大丈夫です。 煮沸消毒した瓶に詰めて完成 いちじくには、ペクチンが多く含まれているので、ジャムにするには最適な果物です。 ペクチンが多いので砂糖も少なくでき、甘さ控えめのジャムになります。 パンやヨーグルトなどに合います。 google. ameblo. html? 外も中も完全に凍ってなくて溶けかけで、シャーベットのようなシャリッとした食感です。 アイスクリーム以上の美味しさだとか。 全ての材料をミキサーに入れて撹拌する• グラスに注いで完成 冷たくて飲みやすい上に簡単なので、ちょっと何かお腹に入れたい時におすすめです。 野菜、果物、ヨーグルトや牛乳などの乳製品を混ぜて、マイいちじくスムージーを作ってみて下さい! ゼラチンを使う際は加熱処理をする いちじくの用途として、ゼリーにするという方も居ると思います。 その際は、寒天で固めるか、加熱してからゼラチンで固めて下さい。 いちじくに含まれるフィシンという酵素には、たんぱく質を分解する性質があり、ゼラチンを分解して、固まりにくくなります。 フィシンは熱に弱く、加熱すれば働きが失われるので、ゼラチンを使いたい場合は必ず加熱処理をして下さい。

次の