エクセル 漢字 カタカナ 変換。 NEC LAVIE公式サイト > サービス&サポート > Q&A > Q&A番号 014905

入力モードが勝手に「カタカナ」になる…

エクセル 漢字 カタカナ 変換

「Excelの便利機能活用術」 名前や住所にふりがな・カタカナを容易に表示させる ITライター 立山秀利 氏名や社名、住所などを含む一覧表をExcelで作成する際、それらのデータにふりがなを付けたいケースは多々ある。 Excelには、ふりがなの自動付加をはじめとする各種機能が用意されている。 今回はその基本的な使い方を紹介する。 そのため、ふりがなを後からわざわざ別途入力する必要はない。 ふりがなは標準では非表示になっている。 すると、同じセル内にて漢字の上にカタカナで表示される。 例えば「智子」という名前で、正しい読みは「さとこ」だが、「ともこ」と入力して変換してしまったケースだ。 そのような場合、ふりがなだけを後から修正することができる。 (画像をクリックすると拡大表示します) ふりがな上でカーソルが点滅して編集可能な状態になるので、目的のふりがなに修正し、[Enter]キーを押して確定する。 なお、修正時にひらがなで入力しても、確定すればカタカナに自動で変換される。 (画像をクリックすると拡大表示します) 文字の種類やサイズなども変更可能 標準でふりがなはひらがなで表示されるが、全角カタカナまたは半角カタカナに変更もできる。 「ふりがなの設定」ダイアログボックスが開くので、[ふりがな]タブの「種類」から、目的の文字の種類を選べばよい。 (画像をクリックすると拡大表示します) 例えば、[ひらがな]に変更すると、このようにふりがながひらがなで表示される。 (画像をクリックすると拡大表示します) 同ダイアログボックスの[ふりがな]タブでは、配置も設定可能。 さらに[フォント]タブでは、文字の種類やサイズ、色など、さまざまな設定が変更可能だ。 ふりがなだけを別のセルに表示 また、ふりがなを別のセルに表示したいケースは多いだろう。 その場合、ふりがなをわざわざ入力し直さなくとも、PHONETIC関数を使えば表示できる。 (画像をクリックすると拡大表示します) このようにExcelのふりがな機能を有効活用すれば、ふりがなが必要な表の作成・管理を効率化できるだろう。 その他の【Excel】を見る•

次の

漢字に変換したいのに、候補の1番目がひらがなになってしまって困った

エクセル 漢字 カタカナ 変換

お仕事PCに1607を適用後、漢字変換が思いどおりにいかず、かなり困っていました。 変換候補の1番目がひらがなになるのです。 「漢字」としたいのに、変換しようとすると「かんじ」が1番目になります。 通常、直近で変換したものは、次回変換時に候補の1番目に上がってくるはずです。 そう思い込んで入力していると、ひらがな状態のまま。。 もどって、消して、打ち直し。。 うっかり、変換できていない単語を含んだままの文書をレビューに回しちゃいました。 危うく、宛名を変換できていないメールを送りそうにもなりました。 業務影響ありありですよ。 ずっとモヤモヤしていたので、頭をリフレッシュしてMS IMEの設定を見直しました。 これで治ったと思うので、備忘録として書いておきます。 もくじ• 変更したところ 「候補一覧に追加で表示する文字種」のチェックをすべてオフにしました。 ここでは、「ひらがな」、「全角カタカナ」、「半角カタカナ」、「ローマ字」が選択できます。 今回は、「ひらがな」と「全角カタカナ」にチャックが入っていたので、両方とも外しました。 設定手順 「Microsoft IMEの設定」(IMEアイコンを右クリックしてプロパティ、等)で「詳細設定」ボタンを押下。 「Microsoft IMEの詳細設定」で「変換」タブを選択。 「候補一覧に追加で表示する文字種」のチェック状態を変更して、「OK」ボタンを押下。 変換候補の状況 ひらがなもカタカナも出てきます。 いたって普通です。 順位は、かなり適切と思われます。 「かんじ」を変換すると6番目が「かんじ」でした。 残された課題 プライベートのデスクトップ2号機は、1607から1511に戻したら、変換の区切りがおかしくなりました。。 こちらは未だ解決できていないので、次のチャレンジ対象です。

次の

漢字に変換したいのに、候補の1番目がひらがなになってしまって困った

エクセル 漢字 カタカナ 変換

PHONETIC関数の使い方 今回は、下の表に「ふりがな」の列を作ってみたいと思います。 では、列の挿入からいきましょう。 挿入したい場所の 後ろの列番号で右クリック。 出てきたメニューの [挿入]をクリックすると、 新しい列が挿入されます。 項目名に「ふりがな」と入力しておきたいですね。 さて、ふりがなを付ける関数は「PHONETIC」関数という名前です。 PHONETIC関数(フォネティック)・・・文字列から「ふりがな」を抽出する関数 PHONETIC(参照)• 参照・・・「ふりがな」を表示したいセルを指定 単純なのでとても扱いやすい関数です。 下が、関数入力中の画面。 引数も、ふりがなを付けたいセルを選択するだけなので簡単です。 関数をオートフィル機能を使用してコピーすると下のようにふりがなが振れます。 では、ここで大事なポイント PHONETIC関数で表示されたふりがなは、参照セルの入力時の文字情報が表示される このPHONETIC関数で表示される振り仮名は、入力した時のひらがな情報が表示されます。 なので、「谷田」さんという方がいた場合、「ヤダ」と表示されるか「タニタ」と表示されるかは、入力した時の文字によって変わります。 ふりがなの修正に関して 先ほど書いたように、PHONETIC関数で表示されたふりがなを修正するには、 参照している元データのふりがなを修正する必要があります。 一覧から、 [ふりがなの編集]を選択。 すると、下の画像のようにふりがなが表示されるので入力し直します。 「ネコタ」を「ネコダ」にしてみました。 ちゃんとPHONETIC関数を入れたセルに反映されていますね。 修正する時は、 関数を入力したセルではなく、参照したセルを修正するのが大きなポイントです。 その場合も、修正するのは 元の漢字データを修正することになります。 まず、修正したいセル全体を選択しておきます。 出てきたダイアログボックスの[種類]で [ひらがな]を選んで[OK] 元のデータの設定を変更すれば、関数の結果に自動的に反映されます。 関数を使用しても、ふりがなが表示されない場合 PHONETIC関数を使用したのに、ふりがなが表示されない場合があります。 例えば下の画像の「ふりがな」欄にPHONETIC関数で「名前」のセルを参照にしても・・・ 下の画像のように、振り仮名ではなく、コピーされたようにそのまま表示されてしまう・・・。 理由は、 元の参照データにふりがなが存在していないからです。 先ほどの表のデータですが、ふりがなを表示すると、 本来ふりがなが表示される場所が空欄になっています。 下の画像はふりがなが存在している通常のデータです。 データに存在するふりがな情報を使用するのがPHONETIC関数なので、そのふりがなが存在しなければちゃんと機能が働かないのですね。 ふりがなが存在しない理由としては、• 外部から入手したデータ• 他のソフトウェアからのインポート(取り入れた)データ• テキスト形式など、1度エクセル以外の形式に変更したことがあるデータ このようなデータの場合はふりがな情報が存在しないのでPHONETIC関数が使用できません。 まとめ ふりがなを必要とする機会が無い方にとっては、一生使用しない可能性がある関数かもしれません。 しかし、名簿を扱うような仕事をしている人にとってはとても便利な関数です。 こんな関数があるんだなーと頭の隅にいれておくと、いつか役に立つかもしれませんよ。

次の