ワンダー ウーマン。 映画『ワンダーウーマン』のあらすじ・キャスト・ネタバレ【DCコミックス】

映画『ワンダーウーマン 1984』の予告編が解禁、“あの人”と再会&新たな敵と対峙

ワンダー ウーマン

レビュー「S. Figuarts ワンダーウーマン(WW84)」 2020. 28 女性監督作品、女性が主役のアクション映画として史上最大のヒットを記録した『ワンダーウーマン』の続編として、期待が高まる続編『ワンダーウーマン1984』。 前作から3年ぶりとなる最新作では、舞台を第一次大戦から、現代に近い過去であり、米ソ冷戦下である1984年に移した、ワンダーウーマンの新たな戦いが描かれます。 アメコミ史上、最も歴史のある女性ヒーローにして、アメコミ映画の女性ヒーローの代表的な存在ともなったワンダーウーマンが、S. Figuartsで発売決定! その魅力を紹介していきましょう!• ワンダーウーマンは、2016年公開の『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』のクライマックスでの主役2人に引けを取らない活躍で映画に初登場。 翌年の2017年8月には、単独主役映画にしてその誕生譚が描かれた『ワンダーウーマン』で、本格的な活躍を披露。 アメコミ女性ヒーローの代表的な存在感を示しました。 その数ヶ月である2017年11月には、DCヒーローが集結する『ジャスティス・リーグ』に三度登場。 劇中では、バットマンと共にチームを引っ張り、ヒーローチームにおける主戦力を担うという重要なポジションで再び大活躍を見せてくれました。 そして、満を持した4作目の登場作品となる『ワンダーウーマン1984』が近日公開となります。 Figuartsでは、最新作のワンダーウーマンの姿を劇中に忠実にアクションフィギュア化しています。 今作のワンダーウーマンのコスチュームは、『ジャスティス・リーグ』版から変更となった頭部は新たなデザインとなったプリンセスティアラを再現しています。 また、『ジャスティス・リーグ』版では、武器を吊していた革製のストラップを身に着けていましたが、それが無くなり、よりコスチュームの全体像が見えやすいスタイルに変化。 真実の投げ縄を引っかけるフックもアーマーと一体となった新たな形状を再現しています。 もちろん、アーマーの各部に刻まれた歴戦の傷や質感を感じさせるディテールは健在です。 塗装も衣装部分はほとんど金属感を感じさせるメタリック調ながらも、派手になりすぎないような絶妙な色合いを再現。 防具として弾丸を弾き返す強度を持つブレスレットは、存在感が光るメッキ調のような色合いとなっています。 頭部造形はさらにクオリティがアップ! ワンダーウーマン=ダイアナを演じるガル・ガドットの気品を感じさせる美しさと精悍さを併せ持つ表情を忠実に立体化。 活動的な印象を持たせる褐色に近い肌の色と、実写系の立体化にはお馴染みとなった「魂のデジタル彩色」によって、劇中イメージそのままのワンダーウーマンとなっています。 表情はまっすぐ正面を見据えるタイプと、ポージングを演出しやすい睨みを効かせたタイプの2種類が付属します。 ワンダーウーマンの魅力と言えば、やはりアクションの数々。 ここでは、別売りの魂EFFECTシリーズを使用して演出した特徴的なポージングを紹介していきましょう。 ワンダーウーマンのアクションの源となるのは、「疾走」。 高い身体能力を感じさせる、戦いの場を素早く駆け抜ける姿は、それだけでもバッチリと決まります。 魂EFFECTのWAVEやWINDを配置して演出することで、風を切って走るインパクトをフィギュアでも表現できます。 ジャンプと共に、ワンダーウーマンの代表アクションとなるのは「跳躍」。 超人的なパワーでジャンプする彼女は、滞空時間が長く優雅な雰囲気を見せることもあれば、力強い着地も見せてくれます。 魂EFFECTのIMPACTを使用すれば、強く地面を踏みしめて高々とジャンプする瞬間、そして、高い跳躍から一気に着地した迫力などを表現することができます。 また、WINDを使用すれば、ジャンプ後に降下を始めた華麗な姿も演出することができます。 ワンダーウーマンの印象深いアクション要素として欠かせないのは「ブレスレットを使った防御」。 飛んでくる銃弾を腕のブレスレットを使って弾き返すアクションは、ワンダーウーマンの身体能力と動体視力の高さを知ることもできて、カッコイイ! 魂EFECTのBURNINGと組み合わせれば、激戦の中での防御シーンを再現することが可能です。 ブレスレットをクロスさせることで発生する衝撃波は、彼女の必殺技のひとつ。 魂EFECTのWAVEやEXPLOSIONを使用して衝撃波の広がりを表現すると迫力もアップ! 今回の付属アイテムで最大の目玉となるのは、「真実の投げ縄」。 新たな造形により、躍動感の増した投げ縄は、さまざまな腕の角度やポージングと組み合わせて楽しむことができます。 予告編では雷鳴に投げ縄を引っかけながら移動するシーンが印象的なので、ジャンプしながら投げ縄を持たせ、魂EFECTのTHUNDERを配置すればシーンのイメージに近いディスプレイが可能です。 しゃがみながら、振り向きながら、ワンダーウーマンお得意のスライディングしながらなど、ちょっとポーズを変えると印象がガラリと変わります。 ワンダーウーマンはシンプルなデザインだからこそ、シンプルながらも多彩なアクションが映える女性ヒーローです。 ぜひ、そのアクション性を楽しんでみてください。 Entertainment Inc. Entertainment Inc. Entertainment Inc. Entertainment Inc. ・画像はイメージです。 ・店頭販売商品の価格は、消費税を含んだメーカー希望小売価格表示です。 ・魂ウェブ商店の商品価格は、消費税を含んだ販売価格表示です。 ・当サイトでは過去発売の商品について、現在店頭等で購入するとした場合の新税率(10%)で表示しております。 発売当時の価格(旧税率)と異なる場合がございますので予めご了承ください。 ・商品の画像・イラストは実際の商品と一部異なる場合がございますのでご了承ください。 ・発売から時間の経過している商品は生産・販売が終了している場合がございますのでご了承ください。 ・商品名・発売日・価格などこのホームページの情報は変更になる場合がございますのでご了承ください。 ・このホームページに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします。 Unauthorized use or reproduction of materials contained in this page is strictly prohibited.

次の

ワンダーウーマン1984のネタバレあらすじ!スティーブの生き返り理由やチーターの女優は?

ワンダー ウーマン

— 2019年12月月1日午前5時09分PST ワンダーウーマンことプリンセス・ダイアナは、3000年間女性のみが暮らすアマゾン族が住むパラダイス島で王女として育ち、長らくは「粘土から生まれた」という設定でした。 しかし・・・実はダイアナは、母ヒッポリタと神ゼウスの間に生まれた子で、ゼウスの妻である女神ヘラの怒りを避けるために偽りの出生譚が語られたということが、後に明らかにされました。 ワンダーウーマンは粘土からの誕生ではなく、 神ゼウスの子だったのです! 彼女はとにかく強い、強すぎる! 飛んでくる銃弾を弾き飛ばし、戦車を軽く持ち上げ、あらゆる武術を身に着けた不死身のウーマン! アメリカのエンターテイメント誌「Entertainment Weekly」の特集「最強スーパーヒーロー50選」では、アイアンマンやスパイダーマンなど並み居る男性スーパーヒーローを抑え、ワンダーウーマンがダントツの一位を獲得するほどの人気を誇っています。 まさに彼女は史上最強の、ワンダー(驚異)なウーマンなんです! ざっくりあらすじ — 2019年12月月10日午前9時25分PST 前作『ワンダーウーマン』の1917年という時代設定から60年以上の時代が経過した本作は、前作からの続編というよりも新章ともいえる単独ストーリーになるようです。 本作の舞台は1984年・・・欲望が溢れる資本主義のアメリカ。 ダイアナは、最愛の恋人スティーブを失い・・・一人孤独と向き合っていた そんなある日、悲しみに暮れるダイアナの前に死んだはずのスティーブが現れる!? 再会を喜ぶダイアナ・・・でもそれが、世界の破滅の始まりとなる・・・。 予告編冒頭には・・・1984年・欲望の時代へようこそ!と大きく表示されます。 そこから、新たな敵である謎の実業家マックス・ロードが現れる! 「誰よりも幸せになりたいか? 私が叶えてみせよう」と、大衆を扇動する男の正体は? そして、ダイアナを待ち受ける最大の敵・チーターとは!? 予告編のラストでは、額のティアラを外しトレードマークの赤青コスチュームではなく、全く新しい 「黄金聖闘士」?みたいなゴールドスーツに身を包んだワンダーウーマンの姿もあり、大きな期待が膨らむ予告編となっています。 ところが、ダイアナの前に死んだはずの恋人・スティーブが現れる!? 前作で平和のために命を落としたはずのスティーブ・トレバー大尉が、何故70年近く経った劇中でも、当時と同じ姿のままなのか? なぜ、スティーブは復活したのか? 飛行機が爆発した際に、脱出したのでしょうか? 爆発する前に脱出したとしても、あれから70年近く経過しているのに歳をとっていないようにも見えます? なぜ年老いていないのか?? まだ、本作のあらすじの詳細は明らかになっていませんが・・・マーベルのキャラクターでは死んだはずのキャラクターがよく復活してますネ・・・このパターン?? 監督のパティ・ジェンキンスは、一連の謎について「言えません」と述べています。 主演ガル・ガドットと監督パティ・ジェンキンスが続投 — 2019年12月月10日午前9時20分PST 本作ではトレバー大尉、ヒッポリタ、アンティオペは前作から同じ俳優が続投します。 今回新たな顔ぶれとして注目したいのは、チーターを演じるクリスティン・ウィグです。 クリスティン・ウィグは、アメリカの女優でコメディエンヌとしても活躍しています クリスティンは、2005年から7年間出演した「サタデー・ナイト・ライブ」でブレイクし、それ以降はテレビ番組や映画で活躍するようになりました。 現在は40代ですが美人で綺麗!実にチャーミングで、大人な雰囲気がとてもいいです! クリスティン演じるチーターは、ワンダーウーマンの最も強大な宿敵であり、作品初期から多数の「ワンダーウーマン」作品に登場する スーパーヴィランです。 チーターに変身したバーバラ・ミネルヴァは、元は熱心なイギリス人考古学者でした。 アフリカの秘境を探検していたとき、チーターの神を呼び出す儀式に遭遇し、人間離れしたパワーと不死身の身体を手に入れようと生け贄の為に仲間だった博士を殺害、 その血を飲んで「チーター」に変身を遂げます。 チーターに変身した彼女は、スーパーヒューマンレベルの能力を発揮することができ、するどいツメやキバで戦い、目的の為なら手段を厭わない凶暴性をもっています。 悪役チーターが、どんなコスチュームで登場するのか楽しみですネ! Sponsored Links まとめ.

次の

映画『ワンダーウーマン』のあらすじ・キャスト・ネタバレ【DCコミックス】

ワンダー ウーマン

原作映画『 』(2017)の続編 『 』の米国公開日が 2020年10月2日に延期となった。 米ワーナー・ブラザースが発表した。 『ワンダーウーマン』の米国公開日が変更されるのは、今回で通算4度目となる。 当初は2019年12月13日に公開予定だったが、ワーナーは同年11月1日への繰り上げを発表。 しかし『ジョーカー』(2019)との公開時期が近すぎたことを懸念してか、その後、2020年6月5日への大幅延期が決定している。 ところが新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、米国公開日は8月14日へと延期に。 今回の再延期は、クリストファー・ノーラン最新作『TENET テネット』の米国公開日が7月31日にことで、公開スケジュールが過密になったためとみられている。 このたびの延期発表にあたり、主演のガル・ガドットはSNSを通じてコメントを発表している。 The new release date for WW84 is 10. ついに来ます、とっても楽しみです! この時をともに過ごしている、すべてのファンのみなさんに心から感謝します! みなさんがいなければ乗り越えられなかったでしょう。 『ワンダーウーマン 1984』をご覧いただくのがとても楽しみです。 お待ちいただく価値のある作品ですよ。 」 なお、ワーナーが本作の公開日を2020年10月2日に繰り下げたことで、米ユニバーサル・ピクチャーズは、同日公開予定だった トム・ハンクス主演のSF映画『Bios(原題)』を2021年4月16日に延期。 ワーナーは『マトリックス4』『ゴジラ VS コング』(ともに原題)の米公開延期も決定したほか、アン・ハサウェイ主演『魔女がいっぱい(邦題未定、原題:The Witches)』の米国公開を無期延期した(当初は2020年10月9日予定)。 実写版『トムとジェリー』も2020年12月23日から2021年5月21日に繰り下げとなっている。 『ワンダーウーマン 1984』には、主人公ダイアナ・プリンス/ワンダーウーマン役のガル・ガドット、スティーブ・トレバー役のクリス・パイン、アンティオペ役のロビン・ライト、女王ヒッポリタ役のコニー・ニールセンが前作から続投。 新キャストとして『ゴーストバスターズ』(2016)のクリステン・ウィグ、『キングスマン:ゴールデン・サークル』(2017)のペドロ・パスカルが出演する。 脚本・監督にはパティ・ジェンキンスが続投、共同脚本は元DCコミックスの重鎮ジェフ・ジョンズ、マーベル映画『シャン・チー&ザ・レジェンド・オブ・ザ・テン・リングス(原題)』のデイヴ・キャラハム。

次の