千葉 お出かけ 自然。 千葉市の公園・自然 ベスト10

流山

千葉 お出かけ 自然

関東の千葉県松戸市に日本最大級のドッグランがあります! 約10,000㎡もの敷地に5つのドッグランがある、新京成ドッグラン松戸で、小型犬から大型犬まで伸び伸びと走り回って元気に遊び回りませんか? 天気の良い土日には沢山の愛犬ちゃんたちで賑わう新京成ドッグラン松戸です。 新京成ドッグラン松戸に遊びに行こう 東京から約1時間半。 思い立ったその日にお出かけできる近さの新京成ドッグラン松戸です。 広々としたドッグランは、5つもあるので愛犬の性格に合わせて遊べるのも嬉しいポイントです。 ドッグラン 小型犬専用ドッグラン 小型犬専用のドッグランです。 大型犬専用のエリアに比べると、ドッグランの面積が小さく見えますが、実際は1,000㎡を越える広々とした大型のドッグランです。 中型犬専用ドッグラン 中型犬専用ドッグランって珍しいと思った方が多いのではないでしょうか? 中型犬は、場所によって大型犬と同じエリアになってしまったり小型犬と同じエリアだったり…どちらにも入りにくいなぁ。 と思ったことがある人もいると思います。 しかし、この新京成ドッグラン松戸では、中型犬専用ドッグランがあるため、1,000㎡を越える広々とした空間で元気に走り回ることができます! 大型犬専用ドッグラン 1番広い大型犬専用のドッグランです。 大型犬のドッグランの広さはなんと2,500㎡! 大型犬が全速力で走り回ったとしても、大型犬が何十頭集まったとしてもなんの心配もいりません。 日陰になっているため、陽射しが強い日や夏場の暑い時期は大人気の自然ドッグランです。 初心者エリアドッグラン 初心者エリアのドッグランは、ドッグランデビューしたての子や沢山のわんこに囲まれて怯えてしまう子向けです。 ドッグランデビューしてすぐに他の犬に吠えられてしまったり、追いかけられてしまうなど、怖い想いをしてしまうとドッグランが嫌いになってしまうことがあります。 初心者エリアで、家族や他のおとなしめの犬と一緒に遊ぶことでドッグランは楽しい場所と思う事ができます。 足洗い場 1日ドッグランで遊び回って、足が汚れてしまった時も安心です。 シャワー付きの足洗い場があります。 お弁当やちょっとしたお惣菜を持参して、飲食エリアで食べる人も多いようです。 再入場することもできますので、お昼を買いに行ったり食べに行ったりすることもできます。 まとめ 「【千葉県のおすすめお出かけスポット】日本最大級の10,000㎡のドッグランで遊ぼう」はいかがでしたか? 都内からも僅か1時間半で行けてしまう愛犬が大喜びすること間違いなしの新京成ドッグラン松戸に週末は愛犬と遊びにいってみませんか。 新京成ドッグラン松戸アクセス 住所 〒270-2222 千葉県松戸市高塚新田18-5 電話番号 047-312-8808 営業時間 9:00~17:00(水曜日は13:00~17:00) 利用料金 平日¥800 土日祝¥1,000(2頭目半額) 公式サイト.

次の

NPO法人 千葉自然学校

千葉 お出かけ 自然

【千葉】2018夏の観光スポットおすすめ49選!定番から穴場まで 2018. 12 暑さ和らぐ涼感スポットから、のんびり過ごせる観光地まで、千葉の夏のお出かけスポットをご紹介。 ディズニー映画の世界を実際に体験できるように立体化されたパークでは、ゲストはアトラクションやエンターテイメントなどの体験を通して、ディズニーマジックによる非日常的な世界をお楽しみいただけます。 C Disney \口コミ ピックアップ/ 混雑するのは当たり前なのはそれだけ魅力があるから。 何度行ってもワクワクする園内の景観や飽きない乗り物、イベント、ショーは凄く楽しいものばかりですね。 彼女の誕生日には毎年ディズニーに行ってます。 子供から年配の方まで、1日中笑顔でいれる空間だと思います。 ゲストは、想像力をかきたてるこの7つのテーマポートで、これまでに見たこともないアトラクション、華麗なライブエンターテイメント、そして、素敵な食事やショッピングを通して、胸おどるアドベンチャーやロマンティックな物語を体験します。 C Disney \口コミ ピックアップ/ 誰と行くかによってどう周るか変化するディズニーリゾート、今回はアトラクション(乗り物)は避けたいという60代の母と行きましたが、ぼーっと座ってるだけで満足する場所がシーには多いことに気付かされました。 ワイワイ騒ぎながらはしゃぐのも楽しいですし、ゆっくり街並みを歩いてても新しい発見がたくさんあり本当に素敵な場所です。 もう何度も行ってますが、建物の中からまるで誰かがそこに生活しているような音が聞こえてきたり、わざと歴史を感じさせるような細工がしてあったりと毎回新しい発見をする場所です。 いろいろな人といろいろな周り方をしてみてください! カメラ片手に1日周ってみるのも良いかなと考えています。 四季折々に花が咲き、動物たちとふれあうことができるエンターテイメント・ファームです。 おいしい空気を胸いっぱいに吸い込んで心も体もリフレッシュできます。 \口コミ ピックアップ/ 山の上にあるので、防寒に一枚服があるといいと思います。 時間時間でイベントがあるので、事前に計画を練っていかれることをお勧めします。 園内は広く、簡単に言うと山の上と下で分かれています。 上と下は距離が結構あるので、イベント目当てで回るときは上のイベントで回り、昼食後下のイベントで回る、といったプランをお勧めします。 東京湾を360度一望でき、ここから見える景色はまさに絶景。 一般公募された名称の中から「海上に浮かぶ光」というテーマから「海ほたる」と名付けられ、技術資料館「うみめがね」やアミューズメントコーナー、物産コーナーなど魅力的な施設が集まっていることから、交通手段として利用するだけでなく、ここに来る目的で訪れる観光客も。 また、定期的にイベントも開催しているので、何度も訪れたくなる魅力的なスポットとして親しまれています。 \口コミ ピックアップ/ 東京湾アクアラインの中間にある人工島のパーキングエリア。 展望デッキから眺めると東京湾の真ん中ということを実感できます。 グルメも豊富に揃っていて、グルメスポットとしても楽しめるところでした。 東京湾からの潮風が吹き抜ける湾岸幕張新都心にあり、その広さと設備は日本でも屈指の充実度。 野球のみならず、音楽イベント等のコンサートも行っていて、また夏場には、豪快な花火大会があり、県内外からの来場者を魅了している。 整然とした新都心にある大リーグ級の球場。 \口コミ ピックアップ/ 始めて行きました。 球場の外にたくさんの屋台があり、どれを食べようかと悩みました。 机と椅子もたくさん並べてくれているので、野球を見る前から飲んでいる人が結構います。 ロッテのチアガールも踊っていたりしてお祭り騒ぎがすごくいいです。 球場のなかも、風が強いと思っていたら、全然なく、落ち着いて観戦できます。 椅子も座りご心地がいいです。 千葉県袖ヶ浦市に位置する自然がいっぱいの東京ドイツ村。 のんびり過ごせる広大な芝生広場を中心に様々な遊具が整備されたわんぱく広場、小動物と触れ合えるこども動物園、ペダルボート、観覧車など10種類以上のアトラクションが楽しめる。 また、フラワーガーデンや園内3ヶ所の遊歩道で自然を余すところ無く満喫できる。 慌ただしい日常を抜け出してゆったりとした時間が過ごせる東京ドイツ村に行ってみよう。 \口コミ ピックアップ/ 広々としていて、小さい子供連れには非常に楽しい場所です。 遊具も充実していて公園のように遊べますし、噴水が出ている場所や、ミニ動物園でやぎと触れ合ったり、子供は常に楽しそうでした。 4メートルの「鋸山」。 浜金谷の海岸から屹立するようにそびえる山で、山頂からは、富士山や伊豆天城山、大島などが一望でき、そのなかでも近隣の安房三名山「富山」「御殿山」「伊予ヶ岳」を臨む景色はまさに絶景の一言。 気軽に山頂からの景色を見ることが出来るよう、山頂までは41人乗りの大型鋸山ロープウェーで行くことができるので、夕日鑑賞や初日の出鑑賞としても人気です。 また、浮世絵師・歌川広重の連作『不二三十六景』で「安房鋸山」が描かれており、美術という観点からみても一度は訪れたい観光スポットです。 \口コミ ピックアップ/ 千葉県の房総半島南西部にある「鋸山(のこぎりやま)」は、ハイキングにちょうどいい標高約330mの山。 山麓から山頂まで地道に歩くのはもちろんのこと、ロープウェーが利用できるので頑張りすぎなくていいのもうれしいところです。 天気のいい週末に気軽に行けます。 8haの広大な総合公園で、遠く太東岬から九十九里一帯を一望できる景勝地でもあります。 公園の一部が九十九里自然公園に指定され、良好な自然が残されているため、四季を通じて草花や樹木、野鳥や昆虫など多くの種類の植物や生き物が見られます。 また、広々とした芝生公園をはじめ、フィールドアスレチックやサイクリングコースなどが整備され、多くの利用者で賑わっています。 \口コミ ピックアップ/ テニスコートや散策できる小径、宿泊施設にバーベキューまで出来る公園です。 お弁当持って公園も良いのですが、近くにあるホキ美術館もオススメです。 世界でも珍しい写実的な絵画を集めた美術館です。 自然光が入るように設計された建物も素敵です。 広々とした草地や、牛の放牧場、広大なひまわり畑など、自然を思い切り楽しめる施設です。 開設は、昭和62年(1987年)7月です。 場内は、牧場・オートキャンプ場に分かれています。 牧場では、乳搾り教室やアヒルのレースといったふれあい体験、さつまいもや落花生などの味覚狩り、バター作りなどの体験教室、釣り堀、アスレチックなどの遊戯施設、小動物コーナーなどがあります。 「ひまわり迷路」や「夜桜ライトアップ」など、季節折々の様々なイベントを開催しています。 \口コミ ピックアップ/ とてもかわいらしい動物たちがたくさんと触れ合えることができます。 小さな子供はもちろんですが大人も童心に帰れます。 長さ約3km、面積約83ヘクタールの広さを持ち、東京湾に面しています。 埋め立てにより姿を消してしまった海岸線を取り戻すことをテーマに整備され、園内の「いなげの浜」は日本初の人工海浜です。 園内には他にも陽メディアフラワーミュージアム、プール、運動施設、ヨットハーバーなどがあり、四季を通じて楽しむことも! また、過去には2002年FIFAワールドカップ日本韓国大会のアイルランド代表チームのキャンプ地にも選ばれたことでも有名です。 昔 40年ほど前 は人工海浜「いなげの浜」としてスタートし、その後海浜プールや植物園、民間航空機記念館、ヨットハーバーなどが作られ整備された公園です。 今でも時々ぼーっとしに足を運びます。 スポーツするもよし、鑑賞するもよし、お好きな方法で楽しめると思います。 また展示棟には室内花壇・展示室・講習室があり、各種教室や講習会も開催され,1年中花を楽しめる。 約2haの敷地に展示棟・温室棟・休憩棟と外部空間の前庭・中庭・後庭で構成。 \口コミ ピックアップ/ 稲毛海浜公園とセットで遊びに行っています。 温室もあり、いつ遊びに行ってもたくさんの花が迎えてくれます。 庭園に咲くお花も定期的に植え替えられているのか、いつ行っても彩豊かなお花が目を楽しませてくれます。 海浜公園で遊んで、ここでゆっくりと過ごすと一日あっと言う間に過ぎます。 明治2年点燈の野島埼灯台がたつ。 岬は岩礁で磯釣りの好漁場。 \口コミ ピックアップ/ 近くの駐車場(無料)に停めて遊歩道を歩いて2、3分で灯台が見えてきます。 「房総半島最南端の地」と白亜の灯台をセットで記念撮影できる場所があります。 岩場を登ると、岬の先端の岩場に白いベンチと「絶景 朝日と夕日が見える岬」「南房総白浜サンライズポイント」と書かれてるのがありました。 360度見渡せて絶景スポットです。 (行った時期:2014年8月15日).

次の

自然や歴史ある地をレンタサイクルで巡る!千葉県佐倉市の魅力的なスポット8選

千葉 お出かけ 自然

東部近隣公園 やまびこ公園 ってどんなところ? 東部近隣公園 通称:やまびこ公園 は、 小型複合遊具や アスレチック遊具がある自然豊かな公園です。 遊びまわれる芝生広場もあり、近隣住民に愛される公園です。 流山市の端っこの方にありますので、駅からのアクセスは非常に悪いのが難点です。 最寄り駅は千葉県柏市にあるJR常磐線「南柏駅」になりますが、それでも徒歩 20~25分くらいかかってしまいます。 しかしながら、狭いながらも駐車場がありますので、朝早めに家を出て東部近隣公園の駐車場に車を停めて遊びに来ても良いでしょう。 東部近隣公園 やまびこ公園 にある遊具とアスレチック遊具を調査 ネット上で色々探してみても情報の少ない東部近隣公園 やまびこ公園。 園内にある遊具とアスレチック遊具を調査してきました。 駐車場から近い順番に紹介していきます。 まずはじめに見えてきたのが、おなじみの ターザンロープです。 ロープには、おしりを乗せる親切な設計などは一切ありません。 なので、ある程度年齢以上の子供しか遊べないかもしれません。 ターザンロープの横には、公園のレギュラー遊具である ブランコがありました。 これもちょっと古臭いけど…メンテナンスは大丈夫なのかなあ。 そしてなぜか奥の方にも木製のブランコがありました。 なぜダブっているんだろう。 ブランコの近くには 「あみだの山」と呼ばれる ピラミッド型の木製アスレチック遊具がありました。 一見簡単そうに見えますが、木と木の感覚が広いので、これも小学生くらいでないとできないかもしれません。 運動神経ゼロの私は途中であきらめました。 「丸太平均台4連」という比較的簡単なアスレチック遊具を発見。 難易度は高くありませんが、未就園児の子は補助ありの方がいいかもしれません。 3歳の息子は、補助なしでは難しそうでした。 ちなみに木製の平均台はもう1つありました。 一番子供受けしそうな 「冒険トリデ」。 黄色い滑り台やボルダリングして登って滑り台を駆け降りる事ができる複合遊具がありました。 思ったより高さがあるので、小さな子供は遊べないかなと思いましたが、回り込んで見てみると… 高さの低い滑り台もありました。 これであれば、歩くのがしっかりとしてきた 2歳前後から遊べるでしょう。 網を登って青いすべり台へと行けます。 小さな子供でも問題なくいけそう。 遊具名は写真を撮り忘れてしまったので失念してしまいましたが、丸太を足場にしてロープを歩いていくアスレチック遊具もあります。 これは、小学生でないと無理。 3歳の子が挑戦していましたが全然出来ませんでした。 1歳の子はロープを揺らして遊ぶ始末。 本来の遊び方はできませんでしたが、結局きょうだいでロープを揺らしてゲラゲラと笑っていたので親としては結果オーライです。 「混成ブランコ」という縄を登ってゆらゆらとするのを楽しむ遊具も。 今まで様々なアスレチック遊具を見てきましたが、これははじめて見ました。 これも小学生くらいにならないとできないかも。 遊具の奥には 芝生広場があり、私達が遊びに行った日は高齢者の方がゲートボールをしていました。 あまり知られていない公園の割には、遊具が充実しているのではないでしょうか。 しかもそこまで混雑していないという点が魅力的です。

次の