日本 歯科 大学 東京 短期 大学。 関東の歯科衛生士を目指せる大学・短期大学(短大)一覧【スタディサプリ 進路】

歯科医師を目指せる大学・短期大学(短大)一覧(21校)【スタディサプリ 進路】

日本 歯科 大学 東京 短期 大学

概観 [ ] 大学全体 [ ]• 日本歯科大学東京短期大学は、が設置しているのの一つで、 内の日本歯科大学本部と同じキャンパスにある。 2学科と専攻科4専攻からなる。 建学の精神(校訓・理念・学是) [ ]• 日本歯科大学東京短期大学における教育理念は「心・技・体が調和した人間性豊かな歯科医療スペシャリストの育成」となっている。 教育および研究 [ ]• 日本歯科大学東京短期大学は日本歯科大学に併設されている関係上、歯科医療技術者の養成に力をいれている。 学風および特色 [ ]• 日本歯科大学東京短期大学は、全国の短大でも少数の歯科技工士を養成する学科があるのが特色である。 また、日本歯科大学生命歯学部との連携も強い。 沿革 [ ]• 私立共立歯科医学校創立• 私立日本歯科医学校と改称。 同年私立日本歯科医学専門学校に昇格• 財団法人日本歯科医学専門学校となる• 日本歯科大学(旧制)に昇格、大学予科を開設• 学校法人日本歯科大学となる• 日本歯科大学(新制)となる• 日本歯科大学付属歯科専門学校開校• 日本歯科大学東京短期大学開学(歯科衛生学科と歯科技工学科)• 専攻科総合技工学専攻開設• 専攻科歯科衛生学専攻開設• 専攻科歯科技工学専攻開設• 専攻科口腔リハビリテーション学専攻開設 基礎データ [ ] 所在地 [ ]• 東京都千代田区富士見2-3-16 交通アクセス [ ]• 象徴 [ ]• カレッジマークは日本歯科大学のものと同じものとなっている。 教育および研究 [ ] 組織 [ ] 学科 [ ]• 歯科衛生学科:は昼間部3年制。 歯科技工学科:修業年限は昼間部2年制。 専攻科 [ ]• 総合技工学専攻:修業年限は2年• 歯科衛生学専攻:修業年限は1年• 歯科技工学専攻:修業年限は2年• 口腔リハビリテーション学専攻:修業年限は1年 別科 [ ]• なし 取得資格について [ ] 以下の受験資格が得られるようになっている。 :歯科衛生学科• :歯科技工学科 その他• 「」の資格が、歯科衛生学科にて取得できるようになっている。 学生生活 [ ] 部活動・クラブ活動・サークル活動 [ ]• 日本歯科大学東京短期大学のクラブ活動一覧(一部)• 体育系:・・・・・・・・ほか• 文化系:・・・ほか 学園祭 [ ]• 日本歯科大学東京短期大学の学園祭は、キャンパスの所在地から「富士見祭」と呼ばれている。 大学関係者と組織 [ ] 大学関係者一覧 [ ]• :初代学長• :現学長 施設 [ ] キャンパス [ ]• 図書館:蔵書数は約120,000冊となっている。 歯科大学と共同使用。 実習室• 学生ホール キャンパス外 [ ]• 袖ヶ浦セミナーハウス• 軽井沢ロッジ 対外関係 [ ] 姉妹校 [ ]• 卒業後の進路について [ ] 就職について [ ]• 歯科技工学科:専門職として歯科診療所、歯科技工所、歯科関連企業など活躍の場は幅広い。 歯科衛生学科:歯科診療所、病院、保健所・保健センター、老人福祉施設、、教育機関などに就職している。 編入学・進学実績 [ ]• 歯科技工学科では、日本歯科大学東京短期大学専攻科への進学者がみられる。 関連項目 [ ]• 公式サイト [ ]• 参考文献 [ ]• 『』()• 『』()• 『』()• 『日本歯科大学東京短期大学』:入学案内 脚注 [ ].

次の

日本歯科大学新潟短期大学

日本 歯科 大学 東京 短期 大学

本学の教育に対する考え方 本学は、歯科衛生士養成のため昭和58年4月に日本歯科大学附属新潟専門学校として、日本歯科大学新潟生命歯学部のキャンパス内に設立され、昭和62年4月に短期大学に昇格しました。 修業3年間の教育内容は、短大生としての一般教養はもちろんのこと、豊富な教授陣の指導のもとに充実した内容の専門科目が組み込まれています。 高学年次における臨床実習は近代的設備の完備した新潟病院内で、優秀な新潟生命歯学部の専任歯科医師、歯科衛生士の指導のもとで、高度の知識に基づく、密度の濃い確かな技能と習慣・態度の情意の習得ができます。 学校法人日本歯科大学の創立以来の建学の精神『自主独立、自助努力』を受けて、日本歯科大学新潟短期大学では、次のようなテーマを軸に歯科衛生士の養成を展開しています。 建学の精神 学校法人日本歯科大学の建学の精神「自主独立」 アドミッションポリシー• 歯科衛生士になりたいと希望し、本学で学びたいという強い意欲をもつ人• 積極的に自ら学ぼうとする人• 思いやりと協調性をもって行動できる人• 自分の行動に責任がもてる人• 笑顔であいさつできる人 教育理念 本学学則には、その目的を「学校教育法の精神に基づき、歯科衛生に関する専門の知識と技術を教授研究し、高度な歯科衛生士の育成をはかることを目的とする」と規定しています。 この目的を体して、医学の一領域・人体の健康を担当する医療人として、知識と技術と倫理観、すなわち学・術・道を兼ね備えた歯科衛生士を養成します。 教育目標• 人との関わりを通じて、相手を尊重した対応ができる。 社会人として自らの健康を守り、調和のとれた豊かな人間性を養う。 医療チームの一員として周囲と協調すると共に、リーダーシップをもって地域社会に貢献できる能力を養う。 社会のニーズに対応し、歯科衛生士としての使命感に基づいて自己研鑽できる能力を養う。 ディプロマポリシー• 地域社会の保健・医療・福祉に貢献できる能力を持つ。 豊かな人間性を持ち、相手を尊重した対応ができる。 歯科衛生士としての自覚と倫理観に基づいて自己研鑽ができる。 国家試験に合格する知識と安全に配慮した的確な技術を有する。 学長からのご挨拶 『一歩前を目指して』 日本歯科大学新潟短期大学 学長 五十嵐 文雄 日本歯科大学新潟短期大学は世界最大規模の日本歯科大学を母体とし、 1983年に附属新潟専門学校として開校、その4年後に短期大学に昇格しました。 今年3月には34回目の卒業式を終え、総数1,810名の歯科衛生士を輩出しています。 本短期大学は新潟生命歯学部のキャンパス内にありますので、専任の教職員に加えて生命歯学部からの協力もあり、図書館や体育館なども利用でき、学習支援体制、福利厚生施設ともに充実しています。 このような環境の中、従来の歯科衛生士3大業務である「歯科診療補助」「歯科予防処置」「歯科保健指導」に加え、超高齢社会を迎えて一層重要性が増している「口腔ケア」に対しても適切に対応できる知識と技術を持ち合わせた、『一歩前を行く歯科衛生士』の育成を目指しています。 やり甲斐と将来性のある職業です。 諸君の挑戦を待っています。

次の

入試案内

日本 歯科 大学 東京 短期 大学

未来へ羽ばたく歯科衛生士の皆様に 日本最古の歯科大学である学校法人東京歯科大学は、1948年の歯科衛生士法制定を受け、翌1949年東京歯科大学歯科衛生士学校を創立し、歯科衛生士教育を開始いたしました。 今日に継続している歯科衛生士の養成機関としては最古でもあり、これまで2千人以上の歯科衛生士を養成して参りました。 2017年4月に東京歯科大学短期大学歯科衛生学科が開学し、東京歯科大学の主たる教育の場である水道橋キャンパスと同一のキャンパスに設置されました。 東京歯科大学の高い教育・研究の機能と水道橋病院、市川総合病院における最新の臨床現場での経験により、高度な歯科衛生士教育が展開されております。 う蝕と歯周疾患を中心とした歯科保健医療から、超高齢社会となった現在、医療・介護の現場からの様々な要望に応ずることの出来る歯科保健医療が求められてきております。 歯科衛生士業務も医療から保険・福祉の現場へと多岐にわたり、本同窓会の会員である歯科衛生士が多方面で活躍するようになってきております。 一方で、医療の現場で医科疾患患者に対応した歯科保健医療を提供し、医師、看護師などの多くの医科専門職種と多職種と連携を取りながら歯科保健医療を実践できる歯科衛生士が求められ、その育成が急がれております。 2500名を超える会員数である本同窓会は、次世代を担う歯科衛生士の育成への協力はもとより、歯科衛生士の卒後教育の充実が急務であり、使命であることは言うまでもございません。 また、復職への支援も今後充実させていくことは、重要であると認識いたしております。 東京歯科大学短期大学同窓会では、会員相互の親睦並びに資質の向上を図るとともに母校の発展に寄与し、研修会の開催、歯科衛生の実践普及と向上、歯科衛生教育と歯科衛生士業務の実態に対する調査研究などの事業も行って参ります。 将来の歯科衛生士の形を見据え、広い領域に対応出来る歯科衛生士のあり方を考えるとともに、新しい時代に巣立っていく歯科衛生士の皆様にもエールを送りたいと考えております。

次の