皇室 暴露 ブログ。 秋篠宮家批判の皇室ブログはビジネス・お仕事でやっている(去年できたブログ)

皇室|承子女王|

皇室 暴露 ブログ

皇室に関するいろんな噂話と情報かく乱工作 先月末まで 悪徳業者と交渉していたので、敢えてブログの更新を止めていました。 2か月かかりましたが無事返金させました。 この件につきましては別の機会に公開しようと思います。 それと表ブログの更新に追われて余裕がなかったのもあり、ここは放置していました。 それぞれのブログは現時点においては別々にする方が都合が良いという事でマイペースで運営していますが、時期が来ればそのうち1つにまとめるかもしれません。 本来ならば動画も作りたいのですが、今はそこまでは手が回りません。 元々ユーチューバーをしており、チャンネル登録者数がそこそこあるので、情報拡散に使えるかなぁと考えて一応残していますが、動画の内容が・・・・なのでごっそり作りかえようかと思案中です。 皇室に関してはいろいろな方々が情報発信をしていますが、内部抗争が激しいらしく対立する様々な情報が錯綜していて真相がわかりにくい状況です。 ここでは私の憶測と妄想も含めて、様々なデータを元にその中の一部を取り上げながら、検証していこうと思います。 皇室といえば5月1日に新天皇の即位で話題になっています。 それとは別に眞子さまと小室圭氏の事とか、天皇礼賛キャンペーンとか非常にくっだらない話題を朝鮮半島系マスコミが必死に情報工作しています。 以前、たまたま見つけたある秋篠宮家の情報暴露系ブログと、嫌韓系動画の運営者が同じである事に気づきました。 どう見ても趣味とか副業ではなく本格的な「お仕事」としてやっているんだろうなとも思えるような、素人とは思えないなかなかのクオリティーなのです。 皇室に関する暴露情報はたくさんありますが、それをざっくりと分けつつ説明していきますね。 皇室、多分すべての皇族にあるであろう影武者説 世の中にはそっくりさんというのが存在するようですが、意図的にしているとか何とか。 影武者説に関しては下記のブログがかなりわかりやすいのでご覧ください。 保守系皇室ブログ・でれでれ草 影武者を用意するのはどうしてでしょうね。 暗殺を防止する為でしょうか。 それとも善人アピールの為に公務とやらをしていると疲れるから、適度に休みが欲しいという事で敢えてそうしているのでしょうか。 その影武者の人たちの人件費や衣装代なども当然国民の血税から出ていると思われますので、本当に無駄でしかないですね。 それから皇太子は影武者以外にも整形説もあります。 美智子皇后にはどす黒い伝説もありますね。 より詳しく知りたい方は下記のブログ記事を片っ端からご覧ください。 保守系皇室ブログ・でれでれ草 そして、今回取り上げる 眞子さまの影武者の事は下記のブログ記事をご参照ください。 保守系皇室ブログ・でれでれ草 眞子さまにも 影武者がいるのは間違いないと私も思います。 明らかに別人だと思われている人が時々入れ替わっているなという事を感じますので。 影武者だろうと思われる人も朝鮮顔なのでぱっと見わかりにくいですが、よく見ればいろいろと粗が出てくるなーと感じます。 結婚問題で小室圭氏との事が何かと話題になっていて、ブログや動画などでたくさんの情報が流れています。 例えば 恋愛結婚がどうのこうのとありますが本当でしょうか。 ただの演出の一つに過ぎないのではないでしょうか。 結婚がなかなか思うように進まない、眞子さまが可哀想だとか 清楚だとか、 皇室に対するありもしない国民の関心とやらを 演出しようと必死なだけではないのかと思ってしまいます。 そもそも国民の関心は結婚できるかできないかという事ではなく、 国民の血税が無駄に使われているのが嫌なだけでしょう。 さらに眞子さまが結婚に伴って受け取るといわれている『一時金』、一億円以上の支度金なるものの行方が気になって仕方がないだけだと思います。 小室圭氏親子が晒し者となってかなりバッシングされていますね。 どれを見ても 悪いのは小室圭氏親子 眞子さまは世間知らずのお嬢様で小室圭氏親子に騙されている 被害者 という構図になっています。 本当でしょうか。 普通の神経を持ち合わせている人間ならば、ここまでバッシングされたら精神を病むと思うのです。 いくら反日朝鮮半島系の人だからといってもそこまでは強くないかと思います。 圭氏の母親の佳代さんの人格攻撃がされていますが、それ自体が演出でしかないように見えます。 そのような演出に加担する時点で何らかの利益は得ていると思いますし、まともな思考をもつ人間ならこのような非常識な言動はしません。 詐欺師が被害者を装う事で自分の身を守るのは、常套手段の一つでもありますね。 もしかしたら、小室圭 氏と眞子さまの結婚騒動は、秋篠宮家が小室圭氏親子と予め契約した上で、 悪事を 隠蔽する為の 自作自演工作なのではないかと私は考えています。 秋篠宮家の情報暴露 スキャンダル をしているブログと動画 16年前位に話題になった未解決の プチエンジェル事件というのがありました。 若い世代だと知らない人も多いかもしれませんが、かなりインパクトのある事件でしたのでそれなりの世代の人なら大抵は知っていると思います。 下記のウィキペディアやサイト記事をご参照ください。 どこまで本当の情報が出ているのは知りませんが、女子高生数人を雇って小学生の女の子に猥褻な行為や売春をさせていたという酷い話です。 犯人は一人だという設定になっていますが、それはカモフラージュに過ぎず本当は組織的な犯行だったのではないかという説が濃厚なようです。 犯人が自殺した事やいきなり捜査そのものを不自然な形で打ち切ったという、怪しさ満点の事件とも言われています。 そして実は、この事件ともう一つの未解決事件が絡んでいるのではないかという説もあります。 下記の2つのまとめ記事がわかりやすいのでご参照ください。 厚別区殺人事件 不可解な被害者の言動や犯人だと疑われていた男性の死など、真相は結局わからずじまいという謎だらけの事件です。 そして、それらの2つの事件の真相ではないかと思われる情報を、下記のサイトが皇室である秋篠宮家のスキャンダルに絡めて、別の視点かつ独自の理論と情報で解説しています。 皇室問題分析室 一見、インパクトのある読みにくいサイトでいろんな意味でかなり強烈な内容ですが、話の辻褄は合うのでそうかもしれないと思えるような内容でもあります。 簡単にザックリと表現すると、自由奔放な眞子さまのお遊びの後始末をする為に 何の罪もない眞子さまに容姿が似ていただけの 無関係な一般人が、巻き込まれて殺されたのが 厚別区殺人事件。 当時、眞子さまと 同じ年頃の小学生が犯罪に巻き込まれたという事件をでっち上げる事で、眞子さまを含む皇室の悪事を隠蔽しようとしたのが プチエンジェル事件。 上記のサイトの情報が仮に正しいとすれば、どの事件も マスコミが流すイメージとはかけ離れた自由奔放な眞子さまや皇族方のお遊びを誤魔化し隠蔽工作する為に 捏造と でっち上げによって 事件化されたという事になりますね。 皇室には派閥闘争がお盛んらしいと思われる状況がある 先ほど紹介しました皇室関連の記事が満載のブログとサイトについて考察していきます。 これらの2つのブログやサイトは 美智子皇后と 秋篠宮家を 貶めるような内容がメインに書かれています。 ざっと目を通しましたが、皇太子一家の事を貶めるような記事は見当たりません。 あと、この動画も運営者は違うと思いますが、やんわりと秋篠宮家を貶めるような表現をされています。 これらのブログと動画は 皇太子一家を 中心とする 天皇制度を 支持しているようです。 他にもたくさんありますがキリがないのでここでは省略します。 それぞれの皇族の名前で検索するとたくさん出てきますので、興味のある方は調べてみてください。 それとは逆に 皇太子一家の事を貶めるような記事と 秋篠宮家を持ち上げる記事を書いたブログもたくさんあります。 その中で有名で分かりやすいものを紹介します。 BBの覚醒記録 どれもかなり有名なブログで、愛国を主眼に 美智子皇后を含めた反日工作をする朝鮮半島系の勢力を目の敵にしており、 秋篠宮家を持ち上げています。 これらは 秋 篠宮家 を 中心 とする 天皇制度 を 支持しているようです。 このような感じで皇室ではマスコミや工作員を雇っての派閥闘争が繰り広げられていますね。 次は、これらのブログの中で、 特に手が込んでいると思われるブログとその宣伝動画を紹介します。 嫌韓と愛国日本人のように見えるが実は在日朝鮮半島系の人? 私がこれは特に異質だなと感じたブログが となります。 ブログ内にリンクが貼られていた動画が下記になります。 このブログの運営者は以前、ブログ記事の内容の一部を宣伝する為の動画もUPしていましたが、数か月位も経たないうちに削除されていました。 内容が内容だけに削除は免れない事だったのかと思います。 そしてその宣伝動画をきっかけに知るようになったのが、下記の複数の動画になります。 2019年10月21日追記 現在は休眠中や削除、チャンネル名変更となっています。 一通り視聴しましたが、同じ人が運営しているのではないかと私は思っています。 今は削除されているっぽいですが、動画の構成に共通項があり同じキャラを使っていましたので。 と カッパえんちょーRe 動画 は休眠中になっていました。 ので、 をご参照ください。 これらの動画を併せて視聴すれば、運営者が同じ人物だとお分かりいただけるかと思います。 そしてこの運営者に関しては単に雇われた工作員ではなく、それなりの血筋の人のような気もします。 嫌韓ネタを扱っていますが、それはあくまでも日本人の興味関心を引き付けて、視聴者を効率よく集める為の手段と演技なのではないかとも思います。 この方には、ところどころ朝鮮半島系の人っぽい特徴があります。 話し方はこなれていますが外務省に問い合わせる時に、回りくどいネチネチした言い回しの話し方とその内容を聞いていると、彼が日本人だとは私にはとても思えません。 鳩のように素直な多くの日本人は、ある程度真実が含まれていたら、その動画で言っている内容が全て正しいに違いないと思ってしまいがちです。 実際には所々間違った情報が入り混じっています。 これは 多くの 真実の中に少しの嘘の情報を混ぜる事で、その情報の全てが正しいのだと相手を信じ込ませ、洗脳して騙す。 という詐欺師のお決まりの手法だと思います。 例えば、この人。 東出融氏。 この東出融氏と話し方が結構似てると思うのです。 あくまでも私の感覚でしかありませんが、彼には東出融氏と同じような邪気を感じるのです。 彼も真実と嘘を混ぜて正しい情報であると装い、実際に詐欺を働いた事があります。 実は東出融氏は天皇家と親戚関係にあります。 そして、彼の息子の東出風馬 氏はMacのCMに出演しています。 動画 どう考えても特に際立った実績や名声もないのに20歳前後の若さでこの役割を得るには、余程の人脈やコネがないと難しいと思います。 皇室が権力闘争と隠蔽工作に必死な理由とは 現代社会では何故か天皇が日本の象徴として崇められている風潮があります。 まるで天皇が神様のようにヨイショされ持ち上げられていますが、実際に天皇が何らかの形で日本の繁栄の為に貢献しているかというと、それらしき功績が具体的には見受けられません。 あくまでもマスコミや工作員がテレビや新聞、インターネット上のニュースサイトやブログなどのSNSで工作活動して演出して、天皇がいるから今の日本があると 言っているだけにしか思えません。 天皇のお祈りや儀式や公務などをしているから日本が反映しており、守られているのだなどという 意味不明な説も出回っていますが、現実の日本は格差社会が拡大し、多くの一般国民が貧困化しています。 どう考えても繁栄とは程遠い状況になっているぞと感じるのは私だけではないと思います。 大多数の日本国民が知りつつありますが、天皇家は決して日本の為のお祈りをしたり公務を行っているのではありません。 表向きはにこやかな表情でいかにも人格者のような設定となっていますが、実際のところは昔から現在に至るまでとことん悪事を行い国民から搾取し暴利を貪っているのです。 そして、皇室や旧皇族とその関係者らは自分たちの地位や名誉、贅沢三昧な暮らしを保持する為の隠蔽工作に必死なのです。 私が紹介したブログや動画は極一部だけであり、ネットで検索すればかなり多くの皇室に関する情報が出回っています。 いろいろな人がSNSやニュースサイトなどで情報を拡散していますが、それらの情報はよくわからない根拠に基づくものが大半であり、相反する様々なデマとしか思えないようなものも多いです。 中には洗脳されただけの一般国民も混ざっているのかもしれませんが、それらは基本的には 生長の家や創価学会系の新興宗教、 日本会議等の勢力に雇われた工作員が拡散したものが大半だと思います。 皇室では 誰がトップになるかといった感じで、内部で常に派閥争いがあり、その工作活動の為に国民の血税を使って様々な工作員を雇い情報かく乱をしているというのが真相でしょう。 その状況はRAPTブログに詳しく書かれてあるので、お読みいただければよく理解できると思うのですが、情報量が膨大なので人によってはそれを読破する余裕がない人も多いと思います。 そのRAPTブログをわかりやすく解説している、 この世のカラクリCh. さんの動画がありますので、是非ともこれを全部ご覧いただきたく思います。 それ以外にも興味のあるところからRAPTブログの記事を読み進めていけば、この世のカラクリがよりわかりやすくなると思います。 この動画をご覧いただければ、私がどうして皇室が 未解決の 厚別区殺人事件と プチエンジェル事件に 関わっている可能性が 非常に高い と考えるに至ったのかをご理解いただけるかと思います。

次の

皇室に影武者がいる理由は?人生のその後も知りたい!

皇室 暴露 ブログ

平成は女帝の時代だった。 週刊誌、特に女性週刊誌を、皇室担当記者を抱き込み、昭和、平成の長きにわたってヨイショ記事を書かせてきた前皇后。 そして令和になっても、天皇陛下、雅子皇后陛下に慶事があるとそれを邪魔する(それに水を差す)かのように、自分の体調不良を週刊誌に書かせている。 うんざり。 そしてそれらの駄(堕)記事をいちいちニュースで採り上げる共同通信、朝日新聞等の筋金入りの美智子サポーター連中。 未だにそれらを信じているおばかな大衆がいることが、本当に腹立たしい。 前皇后の目論見(悪巧み)に反して、ネットで次々と暴かれる悪行。 その最たるものが、11月から元宮内庁職員だった小内誠一さんという方が書いておられるブログ「皇室是是非非自録」である。 一読をお薦めする。 内容も文章も格が高く、信憑性が高いことが一読してわかる。 ただ、美智子一味に消されるのではないか、また小内氏の身に危険が及ぶのではないかと、とても心配ではある。 みんなで注視して行きましょう。 皇室是是非非自録 小内誠一 ガールズちゃんねるで「美智子さまお茶会のお楽しみ」というタイトルのブログの一節が紹介されているのを読んだ時、美智子前皇后のあまりの下品さに吐きそうになった。 雅子皇后陛下(当時は皇太子妃)がこんな酷い虐めに会っておられたのだと怒りに燃えたと同時に、よくぞ自殺されないで、本当によかった!と思った。 当該記事が以下である。 美智子さまお茶会のお楽しみ 平成の世は、毎週のように週刊誌に雅子さまバッシング(醜聞)が掲載されていた。 ところで美智子さまの日課は、その日発売された週刊誌の皇室記事をチェックされることだった。 美智子さまが最も気にされたのはご自身が批判的に書かれているかどうかだ。 だが、93年に起きた「美智子さまバッシング」以降、皇后陛下を直接的に批判する記事は鳴りを潜めたため、ご興味は他に移った。 そこで新たな楽しみとなったのが「雅子さまバッシング」を面白おかしく楽しまれることだった。 美智子さまは週1くらいの頻度で、プライベートなお茶会を開催されていた。 呼ばれるのは美智子さまの気心の知れた友人が中心で、清子さんは頻繁に、紀子さまは月1くらいで参加された。 そこで「酒の肴」として毎度のごとく取り上げられたのが、雅子さまへのバッシング(醜聞)だ。 たいてい美智子さまが週刊誌のスクラップ帳を持ち出して「あら。 また雅子さんこんなこと書かれちゃってるわね~」といった具合だ。 今も鮮烈に残る光景がある。 もちろんこれもお茶会で「酒の肴」にされた。 何とも言えないすごいお茶会であった。 幸いにもこのお茶会は平成の後半に、より具体的には清子さんが結婚され参加頻度が落ちたこと、小室圭さん問題などが表出し紀子さまとの嫁姑関係に変化が起きたことなどから次第に開かれなくなった。 令和の世にはこのようなお茶会が開かれないことを願うばかりである。 ものすごい内容! また、この14日の記事にも「美智子さま『病ませた』週刊誌記事とは? 雅子さまバッシングには黙っていた「宮内庁のダブスタ」という記事がアップされている。 週刊誌と前皇后との関係と「病」の真相に迫っている。 目次だけアップさせていただく。 例の雅子皇后陛下の「馬アレルギー」も「お疲れ」報道も全て美智子前皇后を慮ってのことだとわかる。 まだまだ虐め、嫌がらせが続いていることも明々白々である。 何しろ、「皇嗣」パレードも実施されそう。 また前天皇・皇后の新年一般参賀での「お出まし」もあるとのこと。 それと皇居占拠は彼らが亡くなるまで続く? 宮内庁、そして官邸へ抗議のメールをしましょう。 宮内庁への意見提出フォーム 官邸への意見提出 地元選出の議員に「これを議案にあげてくれない限り、投票はしませんよ」と伝えるのも効果的だとか。 yoshiepen.

次の

「美智子前皇后の愛読書は女性週刊誌」という暴露に笑ってしまった

皇室 暴露 ブログ

奇妙にも重なる 「」と「来日」…激動する世界情勢の裏で、新たな「秩序」をめぐる戦いが始まっていた!? 表紙には「全世界の非国家を焼き払わんとする火つけ人足陰謀の暴露書」とあります。 1944年1月に初版5千部で翻訳・出版されたものです。 たとえば『マソン結社の秘密』には、世界各国の「ロッヂ」の階層と役割、また入会儀式の手順まで書いてありますよ。 本書によれば、会員の血液を乾燥させて粉にし、新入会者にそれを「盟約」として飲ませるそうです。 そうすることで、すでに死んだ会員、いま生きている会員が「血の盟約」において一体となる、と。 本書の版元は「社」で、1938(昭和13)年に設立され、『議定書』『タルムード』『不法の秘密 反基督の印象』など、どうもキナ臭い本ばかり出していた会社です。 1944年といえば、太平洋戦争で戦線を拡大した日本軍が「玉砕」し始める頃です。 ですから、本書『マソン結社の秘密』の序文には『今やは決戦段階に入って、いよいよ熾烈を極め、敵国は武力戦と共に、思想戦の最大の力を注いでいる』とあります。 訳者いわく『陰謀の最期の目的は、世界を顛覆して、全人類をそのに隷属せしむることにあるが、彼等が最も恐れ、かつ最も強敵としているものは日本の国体であり、その上に培われたところの日本精神である』と。 画像は「getty images」より 本書は、邦訳の他にロシア語版、ドイツ語版があり、ドイツ語版には 『我々は本冊子が出来得る限り広範囲に普及されんことを希望する……万歳!』とある。 つまり、現在ではちょっと信じられないくらい過激な「」的な書物です。 本書によれば、世界征服のために二つの大勢力がつねに抗争状態にあります。 すなわち「」と「」が国際政治を掌握せんとして、あらゆる意味で戦争状態にあるのです。 一方は人と富裕層を、他方は全世界の会を従える圧倒的勢力です。 これは当時も現在も変わりませんね。 無論、現在のの人々は、ごく普通の善良な市民です。 ここで言う「」とは、あらゆる国に構成員がいると言われる世界征服を目指す「」組織体です。 今回、この二大勢力の覇権争いに「日本」が巻き込まれる可能性があるかもしれません。 なぜ日本が狙われるのでしょうか。 (神ノ國ヲ)実は、戦争状態にある二大勢力をつなぐことができるのは「日本」だけなのです。 ヒントは「日ユ道祖論」にあります。 聡明なる読者の諸賢ならば、もうお分かりですね? 日本史は、1549年のの到来によって開かれます。 は「」創設メンバーの一人です。 そして「日ユ同祖論」といえば 「の失われた十氏族」と「皇室」の関係、また「=人説」に思い至ります。 すなわち、「」と「」は、古代より「日本」を、その歴史的な合流地点としていたのかもしれません。 すなわち、二大勢力の争いを、唯一、仲裁できる存在、それこそが 「日本精神」にして「失われた十支族の末裔」たる「皇室」です。 つまり、実は三大勢力の拮抗状態なのです。 「」と「」の対立を、「失われた十氏族の末裔王朝:皇室」が中立的に見守ってきた。 この三つ巴の構図が「来日」と「」が重なる理由につながっています。 1990年 平成2年 、。 なぜこのタイミングなのか。 そうです、 新の「」です。 「」については、の泰斗・によって「皇祖神の大霊継承である」と言われました。 実際は非公開となっていますが、一般に「」とは、新が神にを捧げ、それを下賜し、民草と共に食する儀式です。 そして、 来日のタイミングはちょうどやを終えたことをで神々に報告する「親謁(しんえつ)の儀」にあたります。 すなわち、 38年ぶりの「来日」の目的は、偽装のために時期をずらした「」への陪席(身分の高い人と同席すること)なのかもしれません。 無論、表向きには「異教の皇帝」の宗教儀式に、「」が参加することなどあり得ません。 しかし、来日の目的は、いわば「和解の盃」として、真の=を十支族の末裔と交すことだったのかもしれません。 そして思い出してください。 来日テーマ「PROTECT ALL LIFE ~時のしるし~」です。 「時のしるし」とは、聖書全体で終末の開始を意味する語です。 引用しましょう。 『混沌と普遍的な破壊と革命とを希望する。 世界各地から人々が集まる「日本」は、本当に安全なのでしょうか。 いよいよ危機の時代が始まったのかもしれません。 dream-kb.

次の