弔電 文例。 役立つマナー

弔電の文例

弔電 文例

その他に、再三、続いて、再び、 などの言葉も用いないようにします。 死を直接連想させる言葉は使わないようにする 文中では死、死んだ、死亡、死去、亡くなるなどの直接的な言葉は使わないようにし、 逝去、訃報、悲報などと言います。 (2-1)友人・友達が亡くなった時 【通夜・葬儀で】 ・このたびは突然のことで、心よりお悔やみを申し上げます。 ・このたびはご愁傷さまです。 ・このたびはご愁傷さまでございます。 ・このたびはご愁傷さまです。 心よりお悔やみを申し上げます。 ・このたびは心よりお悔やみを申し上げます。 ・このたびはご愁傷さまです。 寂しくなります。 お悔やみを申し上げます。 【遺族に対して】[特に親しい間柄だった場合] ・心よりお悔やみを申し上げます。 何か私にできることがあればいつでも声をかけてください。 何か私にできることがあれば遠慮なくおっしゃってください。 (2-3)会社上司・同僚・部下が亡くなった時 【通夜・葬儀で】 [上司・部下・同僚が亡くなった場合] ・このたびは突然のことで、心よりお悔やみを申し上げます。 ・このたびはご愁傷さまでございます。 ・このたびはご愁傷さまでございます。 心よりお悔やみを申し上げます。 ・このたびは心よりお悔やみを申し上げます。 お悔やみを申し上げます。 [部下・同僚が亡くなった場合] ・このたびはご愁傷さまです。 ・このたびはご愁傷さまです。 寂しくなります。 ・ご愁傷さまです。 【遺族に対して】 [特に親しい間柄だった場合や、故人が若い場合、故人が部下だった場合] ・心よりお悔やみを申し上げます。 何か私にできることがあれば遠慮なくお声をおかけください。 何か私にできることがあれば遠慮なくおっしゃってください。 最近はご長寿の方が増えたので耳にする機会も増えたのかもしれません。 大往生とは、苦しむことなくご長寿で天寿を全うされた方に対して使いますが、遺族に対するお悔やみの言葉として使うのはNGです。 遺族にとっての悲しみは故人の年齢に関係ないからとされます。 逆に故人の身内が「安らかな大往生でした」といった形で使うのはOKです。 ・大往生って何歳から?(大往生っていくつから?) 大往生という言葉が何歳くらいで亡くなった方に対して使われるのかについては決まりはありません。 昔は80代でも高齢でしたが、以前と比べると平均寿命が伸びているせいか、事務局の感覚では(近年では特に)80代ではあまり使わなくなっているように感じています。 (2-6)弔電 お悔やみの言葉 例文・文例 【通夜・葬儀の弔電】 ・このたびの訃報に際し、謹んで哀悼の意を表します。 ・突然の訃報に際し、謹んで哀悼の意を表します。 主なものは下記「弔電に用いられる敬称と書き方の例」のとおりです。 友人が亡くなった場合などは、「名前」様。 「名前」さん、という形で弔電文を送ることがあります。 ・突然の訃報に際し 謹んで哀悼の意を表します。 ・突然の訃報に際し 哀惜の念に耐えません。 故人のご冥福をお祈り申し上げます。 ・突然の訃報に驚いております。 故人の功績を偲び、心より哀悼の意を表します。 死を悼むこと。 ・哀惜(=あいせき)・哀惜とは、死などを嘆き悲しむこと。 死を惜しむこと。 ・衷心(=ちゅうしん)・衷心とは、心から、心より、心の底からなどの意。

次の

お悔やみ用の文例一覧

弔電 文例

Contents• 【短文】弔電の文例!簡略的な文章でストレート伝える弔意 亡くなった方とそれほど親しい間柄ではないにもかかわらず、長々しい弔電を送るのは、何となくそらぞらしいような気がしますよね。 文章の長さや言葉の選び方を注意しなければ、せっかくの弔電も場違いなシロモノになってしまいます。 長文になり文字数が増えると、電報料金がかさむところもデメリット。 「故人とは顔見知り程度なんだから短い弔電でで十分だ」と考えている人も多いでしょう。 ここでは最小限の文字数で過不足なく弔意を伝える、弔電の文例を紹介します。 一行で簡単にお悔やみを伝える弔電の文例 もっとも短い弔電の文例は、次のとおりです。 弔電は、NTTだけではありません。 当サイトでオススメするのは、文字数で料金が高くなることがない「 」です。 350文字までの文章なら、台紙の料金だけで届けることができるので、安心ですね! 【長文】弔電の文例!心のこもった文章でありがとうを伝えよう かけがえのない方や、生前親しかった方が亡くなられた場合、オリジナリティのある文章でメッセージを考えるのもよいです。 「文章なんて難しい?」 いいえ、そんなことはありませんよ。 長めの文章で弔電を送る場合、 「前文」「つなぎの文」「結びの文」の3つの部分に分けて考えるのがポイント。 だれでも、すっきりとバランスよくまとまった文章を作ることができます。 「前文」と「結びの文」は、弔電サービスの定型文をコピペするだけでOK。 あとは「つなぎの文」の部分を考えるだけで、オリジナリティのある弔電にすることができますよ。 「つなぎの文」の部分には、次のような内容で書いてみましょう。 故人との関係• 生前の想い出• 遺族へのいたわりの言葉• 故事成語、名言 このような内容で独自性を出し、ご遺族や参列者の心に残る弔電にしてくださいね。 長い弔電の注意点!長くても300文字以内にすべし しかし、 いくら心のこもった弔電が送りたいからといって、むやみに長々しい弔電はNG。 だらだらと、ただ長いだけの文章を聞かされることは、参列者の側からすれば苦痛でしかないからです。 良く推敲し、余分な文章を省き、 長くても300文字までにまとめるようにしましょう。 <長文>弔電の文例1、生前の具体的なエピソードを盛り込む 弔電の文言のなかに、生前の故人の様子が偲ばれる具体的なエピソードを盛り込むと、ご遺族や参列者の心を打つことができるよい弔電になるでしょう。 具体的な文例は、次のとおりです。 〇〇先生ご逝去の知らせを受け、ただ残念でなりません。 先生には生前ひとかたならぬご厚情を賜りましたが、まだご恩返しもできず、痛惜の念もひとしおです。 先生から受けたご恩は生涯忘れず、先生から教えられた「宥恕の心」は時を越え、教え子から教え子へと必ず受け継いでいきます。 遠方により最後のお別れもかなわず、まことに残念でなりませんが、お元気だったころのお姿を偲び、心よりご冥福をお祈りいたします。 (194文字) <長文>弔電の文例2、語りかけるような優しい文章にする お葬式の合間にまとめて読まれることが多い弔電。 読み上げられるどの弔電も堅苦しい文章ばかりのため、聞いているほうもなんとなく聞き流すだけになってしまいます。 そんな中で故人にやさしく語りかけるような口語体で書かれた弔電があれば、ご遺族や参列者の心に残ることでしょう。 口語体の弔文は、親しかった友人の訃報などにおすすめです。 〇〇ちゃん、短い間だったけど楽しい思い出をありがとう。 いつも優しく、あんなに元気だった〇〇ちゃんに、もう会うことができないなんて信じられないし、信じたくない。 私は笑顔のかわいい〇〇ちゃんが大好きでした。 覚えたてのひらがなで私に手紙を書いてくれてありがとう、今でも私の一番の宝物です。 天国に行ってしまうのはほんとうに悲しいけれど、天国にはきっと〇〇ちゃんの大好きなお花がたくさん咲き、夢のようにきれいなちょうちょが飛んでいることでしょう。 どうか安らかに、お眠りくださいね。 (235文字) 弔電の文例まとめ!故人との関係をもとに文言を考えよう この記事では、弔電の文例を紹介しました。 亡くなった方やご遺族との関係性を考慮し、親密さによって弔電の長さを調節することがおすすめです。 しかし、いくら故人やご遺族との関係が希薄だったからとはいえ、一行だけのメッセージで済ませてしまうのは、何となく寂しいような気もしますね。 わざわざ弔電を手配するような間柄であるなら、せめて2~3行程度の文章で考えてみてはいかがでしょうか。 いずれにしても、「自分の弔電が読み上げられる」であろうお葬式をイメージして、どの程度の長さだと違和感がないか、どんな内容だと場の雰囲気を壊さないのかを想像してみることが大切なんですよ。

次の

役立つマナー

弔電 文例

弔電の打ち方 項目 内容 1. できれば前日までに届くのが望ましいでしょう。 どうしても前日に間に合わない場合は、遅くとも葬儀・葬式が始まる1時間前までには届くようにします。 配達日の1ケ月前から申込ができます。 できれば 余裕をもって手配をしましょう。 配達日の3日前までに申込をすると、150円(税込157円)の割引があります。 宛先 につづく 弔電の打ち方 項目 内容 3. 文章 メッセージ文を用意しておくとスムーズに発注ができます(下記にお悔やみ例文を紹介していますので、ご自由にお使いください)。 文字数によって料金が異なります。 (電報の料金は次項で述べます) 5. 付属品について、要・不要を決めておきましょう。

次の