100 ルーメン。 プロジェクターのルーメンって?

プロジェクターのルーメンって?

100 ルーメン

ルーメン(lm)とは明るさを示す単位の1つです。 明るさを示す単位にはおなじみのワット(W)もあり、「2人は兄弟」というぐらいに似たようなものといえます。 しかし、現在では照明器具の多くがルーメン表記を採用しています。 なぜかというと、白熱電球に変わってLED電球など少ない消費電力で強い明るさを出すことのできる照明器具が台頭してきたことにより、新しい単位を用いる必要が出てきたためです。 そもそもワットとは、明るさではなく消費電力を表す単位でした。 そのため白熱電球の性能を示すにはぴったりだったのですが、LEDの性能を表示するには不便だったのですね。 本コラムではルーメンという明るさの単位について解説いたします。 ルーメンが具体的に何を表しているのかを知ることで、照明選びに迷うこともなくなるかもしれません。 LED照明に書かれているルーメン(lm)について 現在市販されているLED照明のほとんどはワット(W)ではなくルーメン(lm)という単位で表記されています。 この単位の違いは「ワットはどの程度の明るさか」と覚えている人にとっては非常にわかりにくいことでしょう。 ではルーメンという単位、いったい何を表している単位なのでしょうか。 ルーメンは光の明るさ、量を表す単位です ルーメンは照明器具が白熱電球から蛍光灯へ移り変わりだしたころに使われるようになった明るさの単位です。 より正確に答えるなら、照明器具の光の「量」のことをルーメンとして表しています。 簡単にいうと、ルーメンが大きい照明器具を使えば、いくつも照明器具を買わなくてもその場を明るくできるイメージです。 さらにいえば、ルーメンは「光束」を表します 「光束(こうそく)」とは、光源から放たれる光が放射状に伸び、その無数の「線」が集まった集合体のことを指します。 この光の線が寄り集まった「光の束」の量を測定したものがルーメンと呼ばれているのです。 ワット(W)に関する誤解。 実は明るさを表す単位ではありません! 白熱電球によく使われるこのワット(W)という単位ですが、実はもともと光の明るさを示す単位ではありません。 その正体は「消費電力」を示す単位です。 白熱電球は消費電力と明るさの間に対応関係があったため、光の明るさとしても単位が使われてきました。 しかし、白熱電球より消費電力が少ない蛍光灯やLED照明でこのワットを表示させると、数W~数十Wという小さな数字でしか表記されなくなります。 白熱電球の大きなワット数で慣れてしまった人にとってはどれを選ぶか迷ってしまうために、ルーメンという単位が使われるようになったのです。 ワット数が小さいからといって明るくないわけではありません ワットという単位は明るさの比較対象として用いられますが、多様な照明が登場した今、大きければ大きいほど明るいとはいいきれません。 消費電力を抑えながら白熱電球に負けず劣らずの明るさを持つ蛍光灯・LED照明は、同じ明るさでもワット数は白熱電球より低くなります。 そうなると、蛍光灯やLED照明などの明るさをより正確に把握するためには別の単位を考える必要が出てきました。 すると本来は明るさの単位ではない「ワット」ではなく、明るさの実態に近いルーメンという単位で示したほうが正確かつ比較できる形で明るさを把握できるというわけです。 今はルーメンという単位が主流です 1970年代後半から蛍光灯が普及し始めましたが、その際は白熱電球と明るさを比較しやすいよう、蛍光灯にも「〇〇W相当」という表記が使われてきました。 しかし30年後、2000年代後半になると、さらに消費電力を少なくしつつ明るさを維持した「LED照明」が、家庭にも普及し始めたのです。 LED照明は蛍光灯の弱点だった「付け消しで寿命が短くなる」という点を克服しているため、白熱電球に取って代わる存在になりました。 それに伴い、ワットは「白熱電球を基準に明るさを示す単位」としての役目を終えることとなります。 2011年7月からは照明器具の規格を定める「日本電球工業会」の主導によって、LED照明の明るさの表記はルーメン(lm)で統一されることになりました。 しかしワット数でどの程度の明るさかを覚えていた人にとっては、LED照明の明るさがどれくらいになるのか予想がつかないという人もいらっしゃいます。 そこで下の表をご覧ください。 白熱電球と同じ明るさって何ルーメン? 白熱電球のワット数が大体何ルーメンにあたるのかを以下にまとめてみました。 白熱電球のワット数 同程度のルーメン 60W 810lm以上 40W 485lm以上 30W 325lm以上 20W 170lm以上 お住まいの照明を白熱電球からLED照明に変える際は、上記の対応表を参考にして購入するべき照明の明るさを選んでみてください。 これはざっくりいうと、消費電力1ワットあたり何ルーメンの明るさが得られるかという、エネルギーの効率を表す単位です。 5倍の差があります。 より電気代を抑えた省エネルギーな住宅を目指すのであれば、まず必要な明るさを算出したうえで、発光効率の高い照明器具を選ぶのがおすすめです。 【光の広がり方】手元を明るくしたいなら下方向タイプ 明るさや消費電力のほかにも押さえておきたいのが、照明から放たれる「光の広がり方」です。 照明器具は光の向かう方向をシェードや傘を使ってある程度コントロールすることができます。 そのため、下方向を明るく照らすタイプや全方位に光を広げるタイプなどの種類に分かれていることがあるのです。 たとえば「下方向」タイプの照明器具の場合、光があまり広がらないので、真下に光束が集中して、手元をはっきりと照らすことができます。 【光の広がり方】部屋全体を明るくしたいなら全方向タイプ 「全方向」タイプの照明器具は、光を全方位に広げるので、部屋全体を明るくできるのです。 例として、書斎やダイニングなどでは、手元がしっかり明るくなる下方向タイプの照明が向いているかもしれません。 逆にリビングなどでは、部屋全体が明るくなる全方向タイプの照明が向いているとされています。 このように同じ明るさの照明器具でも、部屋の用途によって適した光の広がり方があります。 そのため、お部屋をどのように照らしたいかも考えて照明器具を選ぶのがよいでしょう。 ルーメンで照明を選ぶときに押さえておきたいポイント ルーメンが明るさの単位として用いられるようになってから、照明器具選びは単純に同じワット数のものを買えばよいというわけではなくなりました。 加えて蛍光灯やLEDには、白熱電球よりも照明としての性能のバリエーションが豊富です。 お使いの電球と同等の明るさを把握したら、次はお住まいの環境に適した照明器具の選び方を考えてみましょう。 明るさ 照明器具を選ぶうえで何よりも重要になるのが明るさです。 現在お使いの白熱電球と同じ明るさのものを選ぶのも選択肢のひとつではありますが、より快適に暮らすためにもう一工夫してみませんか。 お部屋の広さにマッチした明るさかどうかを考え直すきっかけとなるでしょう。 たとえば広々としたリビングに60ワット相当の明るさの照明器具では、少々パワーが足りません。 部屋が薄暗いとものが見づらく危険なだけでなく、常に目に負担をかけることになるため健康にも影響が出る可能性があります。 一方で、眩しすぎてもそれはそれで目に負担がかかるため、明るすぎず暗すぎずのちょうどよいラインを見極める必要があるわけです。 お部屋の広さごとに、どの程度の明るさを確保するのがよいとされているのか、目安を下記にまとめておきます。 5畳 2,200lm~3,200lm 180W お部屋の広さに応じた明るさとしては、上であげたものが目安だといわれています。 ただしお部屋の壁や色によって必要な明るさは変動することがあるので、注意しておきましょう。 たとえば白い壁紙を使っている場合、明るすぎる照明では壁に光が反射して眩しくなってしまう可能性があります。 逆に畳敷きなど光を反射しにくいお部屋の場合、目安よりも若干明るめの照明にしておいたほうが快適かもしれません。 また、一般的にお年寄りのお住まいでは、ものの見やすさを重視して目安の1. 5倍程度の明るさを確保しておくのがよいとされています。 すると10畳のお部屋の照明を買い替える場合、一段上となる12畳用の照明器具を使うのがおすすめです。 よく聞く「ルクス」や「カンデラ」も明るさに関係する単位です 懐中電灯や自転車のライトを購入するとき、明るさの単位が「ルーメン」という表記ではなく、ルクス(lx)やカンデラ cd)だったときはありませんか。 蛍光灯などの、室内灯用の電灯などは明るさの単位にルーメンが用いられていますが、この2つの明るさの単位はいったいどういう意味を持っているのでしょうか。 ルクス(lx)は「照度」を表します ルクスは「照度」と呼ばれる、単位面積あたりのルーメンを測定した単位です。 具体的には照明によって照らされている面の明るさを指し、部屋の中で光に照射される壁や床の明るさを表しています。 そのため同じルーメン値を持った照明でも、照らす場所が近ければより明るくなるためルクスが高く、遠ければ暗くなるためルクスが低くなる傾向にあります。 つまり、照明器具そのものの性能だけでなく、照明が設置されている高さや場所も含めた明るさを表すのがルクスという単位というわけです。 カンデラ(cd)は「光度」という意味です カンデラは「光度」とも呼ばれる、一定の角度に放たれる光束の量を表す単位です。 ルーメンが全方位の光束量を示すのに対し、カンデラは一方向への光束量を示しています。 具体例をあげるなら、車のライトをイメージするとわかりやすいのではないでしょうか。 車のライトはハイビームとロービームで眩しさが違います。 あれはライト自体の光る強さ ルーメン が変わっているのではなく、照らす方向を変えることでカンデラを高め、道路を明るく照らしているのです。 簡単にいえば、光で照らされた面の明るさの度合いを示しているのです。 このように明るさとひとくちでいっても、さまざまな要素を絡めた単位が複数存在しています。 そのなかで、計算の基本となるのがルーメンです。 ほかの単位はルーメンに環境や角度の要因を掛け合わせたものだということがお分かりいただければ、照明選びにも役立ってくるでしょう。 まとめ 「ルーメン」が明るさの単位として広く知られるようになったのは、LED照明が普及し始めたのと同時期です。 ワットに比べると若干ややこしい点は否めませんが、消費電力ではなく絶対的な明るさを示す単位なので、ルーメンについて知っておくと必要な照明器具が選びやすくなります。 ただし、照明器具選びは、単純に以前つかっていたものと同じ明るさを選べばよいというわけではなく、消費電力や光の広がり方など、お住まいの快適性にかかわるさまざまな要因が関係しています。 お住まいの環境に合わせたベストな照明器具を選ぶには、照明工事のプロに相談するのもひとつの手段かもしれません。 照明工事を依頼できる業者や料金 依頼できる業者や料金について、詳しくは「」の「」をご覧ください。 (この記事は2018年11月28日に加筆・修正されています).

次の

ルーメンとANSIルーメンの違いは?安いおすすめモバイルプロジェクターは?

100 ルーメン

アマゾンタイムセール祭りということで安いモバイルプロジェクターを物色中です。 モバイルプロジェクターは、大会場でのプレゼンには向きませんが、少人数での商談やミーティングでは便利だと思います。 今回は100ANSIルーメン以上という基準で探してみましたので、気になった商品をまとめていきます。 ルーメン、ANSIルーメンって何? プロジェクターを選ぶ時の重要な仕様の一つが明るさです。 光量が弱いと、部屋がちょっと明るめなだけでも画面がぼやけて表示されてしまいます。 いい機種では光量が強いため、くっきりと鮮明な画面がみれます。 この明るさの単位には、「 ルーメン」という数値が使われます。 ルーメンは明るさの量で、明るさが強いほどはっきり見えます。 値段が高いプロジェクターはルーメンの値が大きいです。 逆に廉価なプロジェクターの場合、ルーメン数は低いです。 ルーメンとANSIルーメンの違いは? 光量が多くても、投影画面に向けて正しく発射されていなければ意味がありません。 そこで平均値としてルーメンを算出したのが「 ANSIルーメン」です。 ルーメンよりもANSIルーメンのほうがプロジェクターの光の量を比較するうえでは便利です。 数千ルーメンというプロジェクタを購入してみても、実際には数百ANSIルーメン程度の見え方ということもあるようです。 こちらのページでは1000ルーメンのプロジェクタと100ANSIルーメンのプロジェクタを比較しています。 出典: この画像からは、右下の100ANSIルーメンのプロジェクターのほうが明るく見えます。 うちで100ANSIルーメンのものと2600ルーメンのものがあるので比較してみました。 こっちが100ANSIルーメン。 こっちが2600ルーメン。 同じ絵柄で試したかったのですが、時間がかかりそうだったので断念してます。 ただ、2600ルーメンより100ANSIルーメンのもののほうがシャープでやや明るい体感でした。 100ANSIルーメンのプロジェクタのレビューはこちら。 2600ルーメンのプロジェクタのレビューはこちら。 オンラインストアではルーメンとANSIルーメンを併記しているケースはほとんどないようです。 選ぶときにルーメン数の大きさだけで選ぶと、思ったほど明るくなかった... なんてことになるかもしれませんので注意しましょう。 モバイルプロジェクター、選び方は? PCやタブレットだと画面共有が結構面倒なので、プロジェクターがあると便利です。 持ち運びを考えてモバイル型を検討中ですが、レビューを見るとやはり光量が劣るのが不満というものが多いです。 今回は携帯型で100ANSIルーメンで安価なものを探します。 当然安いとトレードオフは出てきます。 アンドロイドOS:有無• 入力方法:WiFi対応の有無• 入出力手段の制限:HDMI、USB、VGA等• 対応カード:SDカードの有無など• スピーカー:有無、ヘッドフォン対応、ブルートゥース対応• バッテリー:有無、容量サイズ• 台形補正:有無• 付属品:三脚、持ち運びケース等... 購入にあたってはそれらも確認してみましょう。 アンドロイド搭載のものは価格は高くなりますが、そのままWiFiへつないでユーチューブやホームページをみる... といった使い方ができます。 プロジェクターは投影する角度ですぐゆがみます。 台形補正機能があって、三脚もついているもののほうがいいと思います。 100ANSI以上で安いモバイルプロジェクターは? 100ANSIルーメン Vamvo S1 2万円台。 サイズは14. 5(W)。 入力はUSB、HDMI、SDカードなどに対応。 無線はなし。 内蔵バッテリーは5000mAh。 VANKYOミニプロジェクター 2万円台のモバイルプロジェクター。 サイズは19x13x9。 台形補正あり。 入力はWiFi対応。 内蔵バッテリーは4200mAh。 備品として三脚やリモコンが付属。 アンドロイド搭載のため、プロジェクタだけでユーチューブやクロームへアクセスすることができます。 うちではこの製品を購入してみました。 比較的明るくきれいに壁に投影できています。 レビューは以下参照ください。

次の

ルーメンとANSIルーメンの違いは?安いおすすめモバイルプロジェクターは?

100 ルーメン

自転車ライトは自転車で夜間走行する際には必ず装備しないといけない必須アイテムです。 なので、クロスバイクやロードバイクに限らず一般的なシティサイクルなどでもライトが装備されていない場合はライトを自転車本体とは別に購入するなどして準備する必要があります。 自転車ライトと言っても、いろいろな種類があり、明るさの程度もピンキリです。 ライトは明るければ明るいほど良いというのは間違いではありませんが、明るさに比例して価格も高くなりますし、市街地しか走らないような人であればオーバースペックだったりもします。 最近は低価格でも十分な明るさのライトも多くなってきているので、 自転車の明るさの単位や使用環境に適した明るさのおすすめのライトをピックアップしてみました。 ライト選びの参考にしていただけrば幸いです。 Contents• 自転車ライトの明るさの単位について 明るさの単位 自転車ライトで良く見かける明るさの単位と言えば以下の三種類です。 ルーメンは光源の明るさ カンデラは特定の方向に向かう光の強さ ルクスは照らされた場所の明るさ という感じです。 同じ強さの光でも、照射方向や照射角でそれぞれの数値が変わってしまうため、正確な明るさを比較したい場合はいろいろと条件を決めた中で比較しないと、暗い、明るいは判断出来ないなどというややこしいものでもあります。 例えば懐中電灯を真下に向けて照らした場合の地面の明るさと、斜めに向けて照らした地面の明るさでは違いがありますし、同じように真下を向けて照らしても地面から離した場合と、近づけた場合でも地面の明るさは異なる、といった具合です。 小難しい話はWikipediaや他のページを見ていただくとして、ここではいずれの単位も 数値が大きければ大きいほど明るくなる、ということを覚えておく程度で良いかと思います。 参考までに一般家庭で使われるようなシーリングライトなどの場合、60ワット程度でだいたい800ルーメン程度の明るさとなります。 主要ライトメーカーのスペック表記 自転車用ライトを製造する主要メーカーのスペック表記に使用している明るさの単位は下記の通りでした。 つまり、自転車のライトの明るさを調べる際には ルーメンさえ見ておけば、各社のライトの明るさが比較できるというわけです。 と言っても前述したように、明るさを調べた際の基準がメーカーごとに異なると思われるので、ある程度の目安として考える必要があるかと思います。 自転車ライトで必要と思われる最低限の明るさとおすすめのライト ライトは明るければ明るいほど良いと言えると思います。 大は小を兼ねる的に明るいライトは明るさを調整したり角度を調整することで対応できるからです。 例えば1,000ルーメンを超えるようなかなり明るいライトは市街地で使用すると光害と言われるくらいに明るすぎるライトになりますが、大抵の自転車ライトは明るさ調整ができるので明るい自転車ライトを購入しておけば間違いないというわけです。 しかし、明るさに比例して価格が高価になる場合がほとんどで、ハイエンドモデルなどはライト単体で数万円してしまうものもあります。 そこまで明るいライトは必要無いけど、ほどほどに明るい、そこそこ明るいライトを入手しようと考えた際に最低限必要なライトの明るさはどれくらいかということを僕自身の経験も踏まえて考えてみると下記のような感じです。 路面を照らすというよりも自分の存在を歩行者などに教える目的でライトを点灯させていれば良いレベルなので 100ルーメン程度の明るさがあれば充分だと思います。 商店街は人通りが多い場所でもあるので、過度に明るいと歩行者に対して迷惑になってしまう可能性もあるので明るい自転車ライトを使用している時は光量を落とすなどの配慮が必要でしょう。 商店街レベルで明るい道路をメインで走行するような人はそれほど明るいライトは必要ないので、ほどほどの明るさのライトがあれば十分でしょう。 キャットアイ GVOLT70 Photo via: カット配光で周囲に光が広がらないキャットアイのGVOLT70です。 最大で260ルーメンありますから商店街を抜けた住宅街レベルであれば余裕で照らせる明るさもあり、おすすめです。 ライトを点灯する理由も路面を照らすよりも自分の存在をアピールするために点灯させるという目的の方が大きい感じです。 100〜200ルーメン程度の明るさがあれば、とりあえず通行する自動車などにも存在をアピールすることができるはずです。 キャットアイ VOLT200 キャットアイのライトの入門モデル。 明るい市街地で使用するには十分な200ルーメンの自転車ライトです。 ハイとローのモードの切替ができます。 価格も手頃なので入門用として必要最低限のライトの明るさが備わった自転車用ライトとしておすすめです。 郊外や田舎にありがちな、街灯の間隔が広い幹線道路などを走る場合もこの程度の明るさがあると安心です。 knog Blinder ROAD 100〜200ルーメンでおすすめの自転車ライトはおしゃれで十分なスペックもあるknogkの Blinder ROADです。 僕自身も実際に使用している自転車ライトですが、二灯式でハイビームとロービームが備わっていて手前から奥まで幅広く照らすことができます。 ロードバイクに似合うデザインですが、光量やバッテリー容量などを考えれば街乗りシティライド用途にぴったりな自転車ライトだと思います。 USB充電で防水です。 明るさのレベルで言えばそこそこ明るいライトが必要になりますが、歩行者や障害物などの存在を早めに知ったり、自動車等に自分の存在をアピールできる明るさになります。 最も使い勝手の良いライトで価格、明るさのバランスが良く、あらゆる場面で十分な明るさを保てるのがこのクラスの自転車ライトだと思います。 よっておすすめのライトもどれを選んでも間違いのない良いライトが多いです。 レザイン CLASSIC DRIVE 500XL シンプルながらも、おしゃれなデザインはさすがのレザインですね。 000円を切るリーズナブルな価格は、このクラスの自転車ライトの中では一番のおすすめになります。 CatEyeSYNCは対応した全てのライトをスマートフォンで操作できたりシンクさせたりできるようになるもので、一つのライトを点灯させると、シンクさせた他のライトも点灯させることができます。 例えば、走行中に暗くなってきたなぁと思った時にリアライトを点灯させるためには一度自転車から降りて点灯させたりする必要があるのですが、ライトをシンクさせていると手元のヘッドライトを点灯させることでリアライトも自動的に点灯させることができるという便利なシステムです。 街灯の少ない道路の場合、路面が整備されていないことも多々有りますし、道路情況を把握して凸凹が無いかなどを把握するためには 明るく広範囲を照らしてくれるライトが有れば安心です。 参考までにこの程度の明るさになると、対抗して来る人や自動車にとってはかなり眩しいレベルのライトになるので、必要に応じてライトの角度を下げるなどの気遣いも必要になってきます。 レザイン MACRO DRIVE 1300XL Photo via: レザインのライトらしい質実剛健なデザインと3つのLEDで最大1300ルーメンの明るさのある自転車ライトです。 逆に言えば市街地や灯りのある道路では1,000ルーメン以上になると明るすぎるレベルなので、光量を抑えて使用するなどの配慮が必要になります。 郊外や田舎道で夜間走行する場合にはこれくらいの強力な自転車ライトがあった方が断然安心だと思います。 この明るさを備えた自転車ライトは各メーカーともにハイエンドモデルになり、価格もそれなりになってしまいますが、その明るさは一度使用すると他のライトは使用できないと感じるほどに強烈です。 明るい自転車ライト 数年前までは充電式のライトなどで使われているLEDライトは暗くて300ルーメンくらいが限界だったように記憶していますが、最近では1000ルーメンを越えるようなかなり明るいライトも登場してきました。 さすがに市街地で1000ルーメンなどはオーバースペックだと思いますが、そのような明るライトの場合は光量の調節機能もありますし、ライトの角度を変更することで明るさを調整することもできますから、予算に余裕があるのであれば、明るいライトを購入しておくと困るようなことはないと思います。 キャットアイ VOLT1700 自転車用のライトでも2,000ルーメンを越えるような爆発的に明るいライトもいくつか有りますが、ほとんどのライトはライトとバッテリーが別になっていて、重量や発熱の問題も考えなくてはいけません。 用途的にも、本当に暗闇の山道などを走るためのライトなので、クロスバイクやロードバイクで日常使いするようなライトではありません。 クロスバイクやロードバイクで日常使いできるようなライトの中で明るいライトと言えば、キャットアイのVOLT1700で、その名前の通り1700ルーメンもの明るさのあるライトです。 明るいライトとバッテリーの問題は常に背中合わせですが、VOLT1700のバッテリーは交換式のバッテリーパックになっているので、予備バッテリーパックを持っていれば不安は全くなく長距離走行にも挑めると思います。 ライトも同様に、安物を買ってしまうと、後々買い直ししたくなってしまい、結局は最初に検討していたスペックの高い製品を買い直すことになります。 実際に僕自身がそうでしたし、それが一度や二度ではありません。 あまりに買い直す経験をしてきたため、今では欲しいパーツで悩んだら、極力価格の高い方を選ぶようにしています。 そんな僕から言えることは、ライトに限らず自転車用品は 少々高くても、良いモノを買っておいた方が良い、ということです。 自転車ライトの場合は最大スペックの製品を買う必要がありませんが、使用目的や状況に適した十分な明るさのあるライトを選ぶというのが基本です。 そして十分な明るさのあるライトを選ぶと、必然的に6,000円〜12,000円程度の予算は必要になってくるため、一般的な自転車の価格からする大変驚きの価格になると思います。 しかし、自転車に乗る以上はライトは絶対に必要なアイテムですし、自分自身の安全を確保するためにも明るい自転車ライトの方が絶対に良いはずです。 なので自転車ライト選びにはしっかりと予算をつけて間違いのない選択ができるようにしておけば良いのではと思います。 以上、自転車ライトと適した明るさの目安についてのまとめでした。

次の