ウェンツ 英二。 ウエンツ瑛士の気になる経歴や性格は?家族構成や出身学校の情報も

ウエンツ瑛士の気になる経歴や性格は?家族構成や出身学校の情報も

ウェンツ 英二

ロンドンへ行く理由は、 舞台を学ぶため ロンドンの『ウエストエンド』の舞台に立ちたいという夢を叶えるために、渡英するという理由でした。 ロンドンの「ウエストエンド」といえば、例えるなら アメリカでいう「ブロードウェイ」のこと! ストレートプレイからミュージカルまで、ブロードウェイとは違った魅力のある舞台がたくさんある場所です。 「ウエストエンド」で上演されるミュージカルは、有名な作品ばかり! 「レ・ミゼラブル」や 「キャッツ」「オペラ座の怪人」など日本でもおなじみのタイトルが多くあります。 大きな舞台から小規模な舞台まで ウエストエンドの劇場は30以上あります。 イギリスのミュージカルの本場「ウエストエンド」の舞台にウェンツ瑛士さんが立つために留学を決意しました! ウエンツ瑛士さんは、留学後、 お芝居、歌、ピラティスなどを学びながらウエストエンドの舞台へ立つためのレッスンを続けています。 ウエンツ瑛士さんはロンドンで今現在何をしているか、 親しい人たちが何人も留学先を訪ねています。 ・2019年6月には、 社会学者の古市憲寿さんがロンドンを訪ねています。 金髪のウエンツ瑛士さん、 「超真面目に劇の勉強をしていた」と古市憲寿さんがコメントしています。 ・2019年8月には 女優の大竹しのぶさんが会いにいっています。 一緒にランチを楽しんだ様子です。 お店の予約をしてくれたり、大竹しのぶさんのために時間を作ってくれているウエンツ瑛士さん、優しいですね^^ 1年ぶりに会ったという大竹しのぶさんのウエンツ瑛士さんの印象は 「凛々しく男らしくなった」とのことです。 ・2019年9月には、 俳優の柿澤勇人さんが出演舞台のロンドン公演を行った時にウエンツ瑛士さんが会いにきてくれています。 ぼんじゅーる。 パリで束の間の逢瀬。 2020年4月からは再びレギュラー番組に復帰できるかは今の所わかりません。 ウェンツ瑛士さんは卒業扱いで、もう復帰はできないという場合もあるかもしれません。 「火曜サプライズ」でロンドン留学を生放送中に発表したので、 帰国後の 最初の出演は 「火曜サプライズ」で復帰する可能性が高いと思います。 もしかして、ロンドン留学中の1年半の間にレギュラー番組が終了している可能性もありますが^^; ウェンツ瑛士さんがロンドン留学前に出演していたレギュラー番組は? ウェンツ瑛士さんの 留学前の出演番組を見てみると、• レギュラーとして出演している番組は3本!• 特番で司会を務めている番組が2本!• 不定期の番組出演が1本! 毎週出演のレギュラー番組• 火曜サプライズ:毎週火曜日、9年間出演• スッキリ:火曜日コメンテーター、WEニュース、7年間出演• 世界が驚いたニッポン!スゴ~イデスネ!!視察団:毎週土曜日、4年間出演 特番の司会• ベストヒット歌謡祭:2009年から司会• FNS番組対抗!オールスター春秋の祭典スペシャル:2017年から司会 不定期出演• ワイドナショー:毎週日曜日、コメンテーター こうやって見てみると、ウェンツ瑛士さんって本当に売れっ子のタレントさんなんですね! いつもどこかのバラエティ番組でコメントを言っている姿をみるので、しばらくテレビで見られないのは寂しくなりますね、、、。 ウェンツ瑛士さんの舞台経験は? ウェンツ瑛士さんの 舞台経験は、子役時代から! 初舞台は『劇団四季』の舞台というウェンツ瑛士さん、実は舞台俳優としても活躍していたんですね。 劇団四季「美女と野獣」でティーカップ婦人の 息子チップを演じたのは9歳の時! 子役から芸能界にいて芸歴が長いというのは知っていましたが、劇団四季の舞台に出ているっていうことにも驚きました! バラエティ番組での姿が板についてしまっているので、意外!と思う方もいるでしょうね^^; まとめ ウェンツ瑛士さんの芸能活動休止前の出演番組は、毎週出演しているレギュラー番組が3本、特番の視界が2本、不定期出演番組が1本あります。 2018年9月末まで出演して2018年10月からロンドンへ留学となります。 ロンドン留学の理由は、「ウエストエンドの舞台に立つ」という夢を叶えるためです。 1年半の留学の後に2020年4月に日本へ復帰する予定です。 テレビに出ているのが当たり前なくらいのウェンツ瑛士さんが、10月からしばらく見られないのは寂しいですね。 スッキリの「WEニュース」を引き継ぐのは誰なんだろう??ウェンツ瑛士さんと同じくらい音楽が好きな人にやってほしいなと真っ先に思ってしまいました! ロンドンで充実した生活をして、「ウエストエンドの舞台」へ立つ夢を実現させて欲しいです!.

次の

ウエンツ瑛士

ウェンツ 英二

この にはなが不足しています。 の提供に協力をお願いします。 存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的にあるいは有害となるものは すぐに除去する必要があります。 ( 2011年9月) ウエンツ えいじ ウエンツ 瑛士 本名 ウエンツ 瑛士 生年月日 1985-10-08 (34歳) 出生地 ・ 身長 170cm 血液型 職業 、、、、 ジャンル ・・・ 活動期間 1989年 - 事務所 (業務提携) 公式サイト 主な作品 映画 『』 『』 『』 『』 テレビドラマ 『』 『』 備考 音楽デュオの元メンバー ウエンツ 瑛士 出生名 ウエンツ 瑛士 別名 ウエンツ瑛士とガチャピン・ムック 生誕 1985-10-08 (34歳) 出身地 ・ 学歴 卒業 ジャンル 職業 担当楽器 活動期間 2002年 - 2016年 レーベル 共同作業者 公式サイト ウエンツ 瑛士(ウエンツ えいじ、英語表記:Wentz Eiji、 - )は、の、、である。 本名同じ。 愛称は えいちゃん。 父親は、母親は日本人。 以後テレビドラマなどで俳優として活動する一方、とのデュオ「」として歌手活動も行っていたが2016年2月12日に解散した。 所属で、マネージメントはが業務提携している。 略歴 [ ]• 1989年 - (当時4歳)。 天使系美少年と呼ばれ、以降・などで活躍。 1994年 - の 『』 の役でデビュー(当時9歳)。 1995年 - NHKの人気子供番組 『』で、てれび戦士として5年間レギュラー出演。 ダンスユニットの全国ツアーにバックダンサーとして同行。 『』 にのバックダンサーとして出演。 1996年 - ロックバンドの「」のPVに出演。 1998年 - 『』 にのバックダンサーとして出演。 2000年 - 5年間にわたりレギュラー出演した『天才てれびくん』を卒業。 CM『森の水だより〜美少年編』 (社)に出演し、注目される。 その後、芸能界を一時引退する。 2001年 - 日本大学櫻丘高等学校入学。 芸能界に復帰。 2002年 - 『』 で役を演じる。 この頃からバラエティ番組に進出。 とシンガーソングライター・デュオを組みのちにとなる。 2004年 - 日本大学櫻丘高等学校を卒業。 「卒業TIME」でCDデビュー WaT。 2005年 - の 『』 で初主演。 熟女や男性とのラブシーンが話題になり、第47回『ザテレビジョンドラマアカデミー賞 新人俳優賞』を受賞。 シングル 「僕のキモチ」でからメジャーデビュー WaT。 『』 に初出場する WaT。 2006年 - の『』、『』などのメインレギュラーに抜擢。 『2006 』 オフィシャルサポーターを務める WaT。 『』 新人賞など、各種賞の受賞 WaT。 『』 に2年連続出場 WaT。 2007年 - 初主演映画 『キャプテントキオ』公開。 主演映画 『』公開。 シングル「」(映画「ゲゲゲの鬼太郎」主題歌)でソロデビュー。 『』に3年連続出場 WaT。 2008年 - 第31回『』新人俳優賞受賞。 主演映画『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』公開。 『』に4年連続出場 WaT。 2010年 - 初のメッセージエッセイ『できそこないの知』出版。 2016年 - WaTが解散を発表して、それぞれソロ活動を行う。 2018年 - 9月末に以後1年半日本国内の活動を休止すると発表 し、10月から・に留学して演技を学ぶとの番組『』で発表した。 2018年 - 9月30日浅草橋ヒューリックホールで『WENTZ EIJI FAN MEETING 2018』を催した。 2020年 - 3月10日放送の『火曜サプライズ』に出演し、芸能界に復帰することを明らかにした。 仕事 [ ] 4歳でモデルとして活動を始める。 当時の所属事務所は。 雑誌、CMのほか、NHK教育の子供番組『』『』に小学4年生から5年間レギュラー出演して司会の、、らと共演した。 当時はお笑いキャラではなく二枚目キャラとして子どもと母親から人気を集め、山崎邦正は「子どもながらに(全体を)客観的に見ていた」と語っている。 『天才てれびくん』卒業後(14歳)、共演のがいるなどからスカウトされるが芸能界に興味がないと断り、所属していた事務所も辞め芸能界を一時引退して約1年半普通に生活した。 その後、共通の知人がいたから現在の事務所を紹介されるも芸能活動の意思はなく、断るために事務所を訪れたが、社長に「おお、入れよ」と言われ「は、はい」と即答して高校1年生(15歳)でバーニングプロダクションから芸能界に復帰する。 学業 [ ] 高校受験の際、事務所からはへの進学をすすめられたが、当時は将来就職するつもりでいたために進学した。 学校推薦でした。 高校1年の時に兄の勧めで小中学生を対象とした塾や個別指導で講師のアルバイトをした。 映画『』の撮影期間中は、共演子役のやに宿題などを教えていた。 自身で考えた勉強法として「いつ家族が起きてくるかわからない緊張感」「冬は寒くて眠れない」という理由から夜中にリビングで全裸になり勉強する「全裸勉強法」を実践していた、と『踊る! さんま御殿!! 』で述べた。 なお、英語は話すことができない。 俳優 [ ] 9歳の時、劇団四季の『』のチップ役で役者デビュー。 初演のメンバーで半年間公演した。 現在も劇団四季が好きでほとんどの公演を観ている。 16歳の時、NHK大河ドラマ『』に役で出演し「正確な日本語を使い、凛とした美しさがある」として抜擢された。 出演シーンは少ないものの歴代の蘭丸の中でも人気は高い。 撮影の際は黒のを着用して濃いで白い肌を隠したが、ハーフ特有の顔立ちが災いして役どころが制限されて限界を感じていた。 人気ヒーロー「」を志望して2度オーディションを受けて落選するも、2005年公開の劇場版『』に出演する。 重要な役だがライダーではなく怪人役である。 2005年に愛の劇場『』でドラマ初主演し、男性とキス、母親ほどの熟女とラブシーンなどを演ずる。 2006年公開の小池徹平主演映画『』に1カットのみ出演し、に紛れて乙女メイクに全身ピンクで登場。 エンディングロールで「ウエンツ瑛士(ドゲザ出演)」と表示される。 2007年公開の映画『キャプテントキオ』で映画初主演する。 2007年の実写映画『』と2008年の『』で主役のを務め、原作者のは「77点」と評した。 水木は何事も80点満点で採点するため、たいへんな高得点である。 3点の減点は「格好良すぎるから」である。 2008年、『ゲゲゲの鬼太郎』で『』新人俳優賞を受賞した。 モデル [ ] 4歳の時に幼稚園の友人の誘いでモデルを始める。 天使系美少年として活躍し、雑誌、「ティンカーベル子供服」「森の水だより」などのCM、の「」のなどに出演した。 14歳の時に清涼飲料水「森の水だより」のCM『森の水だより〜美少年編』で注目され、テレビ・雑誌等で取り上げられる。 このオーディションは上海、香港、北京、日本で行われ、多くの候補者達の中から「瞳が印象的」という理由で選出された。 高校生で身長の伸びが止んで以降モデルの活動はしていない。 2006年に声で出演したアニメ映画『』のPRでを訪問した折に『Jalouse(ジャルーズ)』の元編集長アレキサンドラ・セネスにスカウトされ、同誌に4ページ掲載された。 音楽 [ ] ・「」としてと音楽活動をしていた。 2002年に代々木公園近辺で路上ライブを始め、2003年12月、当初0人だった観客が1000人を越え路上ライブを休止。 2004年、WaT(Wentz and Teppeiの略)として、シングル「卒業TIME」でインディーズデビューする。 2005年11月、メジャーデビュー。 デビューシングル「僕のキモチ」はランキングで初登場2位を獲得。 同年の『』にメジャーデビューから史上最短で初出場を果たす。 担当する楽器は、・・・・など。 7歳からピアノを弾き始めるもすぐに辞めてキーボードを愛用し、10歳からベースを弾き始める。 路上ライブでは主にとキーボードを担当していた。 ギターは17歳頃から始める。 作曲はピアノで、作詞は主にトイレですることが多く、アルバム『卒業TIME〜僕らのはじまり〜』収録の「オトナシ」などはトイレで書き上げた。 やの大ファンで、を崇拝している。 高校の学園祭では友人らと組んだバンドで「バラ色の日々」をカバー。 またWaTメジャーデビュー以前にはライブで「SO YOUNG」をカバーしたことがある。 ロックバンド系の音楽が好きで、十代の頃などはよくにも通っていたらしく、ラジオ番組のパーソナリティであるが「毎週のようにライブハウスで見かけていた」と語っている。 振り付けはが担当した。 ランキングで初登場4位を獲得。 2015年12月6日、品川プリンスステラボールによる8年ぶりの単独ライブ『WaT 10th Anniversary Live 2015』にて2016年2月11日にを解散することを発表した。 ディスコグラフィ [ ] 小池徹平の作品については「」を参照 ウエンツ瑛士のディスコグラフィ リリースリスト シングル 2 参加作品 5 シングル [ ] 発売日 タイトル 規格 規格品番 オリコン ウエンツ瑛士と・ 2007年2月14日 UMCK-5165 (ウエンツ瑛士とガチャピン・ムックジャケット盤) 2位 ウエンツ瑛士 1st 2007年4月25日 CD UMCK-5168 (ウエンツ瑛士ジャケット盤) 4位 出演 [ ] 現在の出演番組 [ ]• WEニュースMC(日本テレビ、4月7日 - )• (日本テレビ、2020年4月14日 - ) 不定期・特番• (フジテレビ)ゲストコメンテーター - 不定期出演のため、留学期間中の対応は特になし。 (読売テレビ、2009年11月26日 - )・と共に司会 - 留学期間中はウエンツ不在のまま、宮根と橋本の2人で続行。 (フジテレビ、2017年10月2日 - )と共に司会 - 留学期間中、(フジテレビアナウンサー)が新たにアシスタントとして加入。 過去の出演番組 [ ] バラエティ番組 [ ]• HAYAMI ENGLISH NETWORK()• (1995年 - 1999年、)てれび戦士• 天才てれびくんワイド(1999年 - 2000年、)てれび戦士• (フジテレビ系)• (系)• プリティ・キッズ(系)初司会• (系)• (日本テレビ)司会• (フジテレビほか)司会(WaT・)• (フジテレビほか)(2006年9月15日から出演)• (フジテレビほか)• (フジテレビ系)• (フジテレビ系)• (フジテレビ系)• (フジテレビほか)• (フジテレビ系)司会• (フジテレビ系)準レギュラー• (フジテレビ系)• (テレビ朝日系)サブ司会• (日本テレビ)レッツ・芸人グリッシュ• (テレビ朝日)• (TBS)司会• (日本テレビ系、2009年4月7日 - 2018年9月25日)• (日本テレビ系、2011年4月 - 2018年9月)• (テレビ朝日、2014年4月13日 - 2018年9月29日)• (TBS、2020年4月7日)と共に司会 情報番組 [ ]• ・(フジテレビ)• (フジテレビ系)キャスター その他のテレビ番組 [ ]• (フジテレビほか)• (NHK BSプレミアム)ナレーション• (NHK BS1 NHK衛星第1テレビジョン)司会• (NHK Eテレ)サラリーマン役 テレビドラマ [ ]• (1997年、)バーチャルメディカルステーション医療主任・尾岸徹 役• (2002年、NHK) 役• (2002年、)友田勇樹 役• (2002年、日本テレビ)第6話・結城正人 役• (2003年、日本テレビ)古田匠 役• (2003年、)(ウルフ・ヘミング) 役• ・第3話(2004年、)稲葉雄介役• (2005年、)主演・竹田博明 役 - ドラマ初主演作• -RONDO-(2006年、TBS)第1話 - 2話・戸田雅人 役• (2007年、TBS)立岡ケン 役• (2008年、フジテレビ)フランク・ラントワーヌ 役• (2010年、テレビ朝日)田口僚太 役• (2010年、フジテレビ) 役• (2013年、TBS)花輪君 役 映画 [ ]• (2005年) 役• (2006年実写版)ダンシングよしこ 役 - カメオ出演• (2007年)主役・フルタ 役 - 初主演作• (2007年)主演・ 役• (2008年)主演・鬼太郎 役• (2009年・2010年、東宝)フランク・ラントワーヌ 役• ヘンリ・ミトワ 禅と骨(公開未定) - 若き日のヘンリ・ミトワ 役 テレビアニメ [ ]• (2007年4月29日第5話「呪われた映画」)カップルの男役 劇場アニメ [ ]• (2006年7月8日)芦川美鶴 役 吹き替え [ ]• (2010年11月12日、日本テレビ『』で放映)エドワード・カレン 役• (2011年11月23日)主演・アーサー 役• (2013年3月22日)主演・ジャック() 役 舞台 [ ]• (1995年 - 1996年(半年間公演)) - チップ 役• 1 「タイトル不明」(2004年)• 2 「闇の門」(2004年)• 3 「闇夜のカラス」「タイトル不明」(2005年)• 4 「スーサイドストア」「IOUJIMA」(2006年)• (2009年、) - 北村次郎 役• (2012年8月31日 - 9月9日、) - 風祭警部 役• 天才執事ジーヴス(2014年7月4日 - 13日、) - バーティ・ウースター 役• スコット&ゼルダ(2015年10月17日 - 11月1日、天王洲 銀河劇場/2015年11月7・8日、) - 主演: 役• ()(2017年4月、日生劇場) - モンティ 役 CM [ ]• 、(1991年)• 、(1992年)• カルピス株式会社、キッズ(1994年)• ティンカーベル、ティンカーベル子供服(1995 - 1997年)• 、フリフリシェイク(1997 - 1998年)• 、TDK'S MD(1999年)• 社、森の水だより〜美少年編(2000年)• 味覚糖株式会社()、e-maのど飴(2003年)• 株式会社、からあげチキン(2007年)• 株式会社、本格炒め炒飯(2007年)• 、・救済キャンペーン(2007年)• 、 - WaT(2007年 - )• 株式会社フジボウアパレル、B. 、(2007年 - 2010年)• 株式会社、キリン Sparkling Hop(2007年 - 2009年)• 、 キシリクリスタル(2008年 - 2009年)• 、 ココア(2009年)• 、HYDRO(2010年 -)• 任天堂 「スーパー マリオパーティ」(2018年9月21日 - ) - 田中圭、内田理央、葉山奨之と共演 ネット配信 [ ]• 株式会社、(2005年) - WaT PV出演作品 [ ]• シングル「」(1996年) - PV• MIKIKO シングル「I wanna be…」(2002年) - PV• シングル「」内「end of the world」(2007年) - PV。 直筆メッセージボードを持って43人の芸能人と共に一瞬の出演 書籍 [ ]• できそこないの知(2010年、青志社)• 「絶望世代」は幸福でいいのだ!(2012年 ) 雑誌連載 [ ]• 夕刊(2005年10月 - 2006年03月)コラム「ウエンツ瑛士のラッキーパンチ」• (2000年10月 - 2008年6月)• 夕刊(2009年4月 - 2009年9月)コラム「ウエンツ瑛士のポタリング的日常」 脚注 [ ] []• ORICON NEWS 2018年8月28日. 2018年8月28日閲覧。 SANSPO. COM 産経デジタル. 2020年3月10日. 2020年3月10日閲覧。 シネマトゥデイ. 2016年8月29日. 2016年8月30日閲覧。 GONZO公式サイト. 2016年6月28日閲覧。 CINEMA TOPICS ONLINE. 2011年9月15日閲覧。 映画『ジャックと天空の巨人』公式サイト. 2013年2月19日閲覧。 2016年5月25日閲覧。 外部リンク [ ]• - 公式サイト (日本語)• - 公式サイト (日本語)• - 公式ブログ (日本語).

次の

ウエンツ瑛士の結婚観!父親の離婚と職業や兄のゆうきが日本人顔な家族のコト!!そして母親は?

ウェンツ 英二

この にはなが不足しています。 の提供に協力をお願いします。 存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的にあるいは有害となるものは すぐに除去する必要があります。 ( 2011年9月) ウエンツ えいじ ウエンツ 瑛士 本名 ウエンツ 瑛士 生年月日 1985-10-08 (34歳) 出生地 ・ 身長 170cm 血液型 職業 、、、、 ジャンル ・・・ 活動期間 1989年 - 事務所 (業務提携) 公式サイト 主な作品 映画 『』 『』 『』 『』 テレビドラマ 『』 『』 備考 音楽デュオの元メンバー ウエンツ 瑛士 出生名 ウエンツ 瑛士 別名 ウエンツ瑛士とガチャピン・ムック 生誕 1985-10-08 (34歳) 出身地 ・ 学歴 卒業 ジャンル 職業 担当楽器 活動期間 2002年 - 2016年 レーベル 共同作業者 公式サイト ウエンツ 瑛士(ウエンツ えいじ、英語表記:Wentz Eiji、 - )は、の、、である。 本名同じ。 愛称は えいちゃん。 父親は、母親は日本人。 以後テレビドラマなどで俳優として活動する一方、とのデュオ「」として歌手活動も行っていたが2016年2月12日に解散した。 所属で、マネージメントはが業務提携している。 略歴 [ ]• 1989年 - (当時4歳)。 天使系美少年と呼ばれ、以降・などで活躍。 1994年 - の 『』 の役でデビュー(当時9歳)。 1995年 - NHKの人気子供番組 『』で、てれび戦士として5年間レギュラー出演。 ダンスユニットの全国ツアーにバックダンサーとして同行。 『』 にのバックダンサーとして出演。 1996年 - ロックバンドの「」のPVに出演。 1998年 - 『』 にのバックダンサーとして出演。 2000年 - 5年間にわたりレギュラー出演した『天才てれびくん』を卒業。 CM『森の水だより〜美少年編』 (社)に出演し、注目される。 その後、芸能界を一時引退する。 2001年 - 日本大学櫻丘高等学校入学。 芸能界に復帰。 2002年 - 『』 で役を演じる。 この頃からバラエティ番組に進出。 とシンガーソングライター・デュオを組みのちにとなる。 2004年 - 日本大学櫻丘高等学校を卒業。 「卒業TIME」でCDデビュー WaT。 2005年 - の 『』 で初主演。 熟女や男性とのラブシーンが話題になり、第47回『ザテレビジョンドラマアカデミー賞 新人俳優賞』を受賞。 シングル 「僕のキモチ」でからメジャーデビュー WaT。 『』 に初出場する WaT。 2006年 - の『』、『』などのメインレギュラーに抜擢。 『2006 』 オフィシャルサポーターを務める WaT。 『』 新人賞など、各種賞の受賞 WaT。 『』 に2年連続出場 WaT。 2007年 - 初主演映画 『キャプテントキオ』公開。 主演映画 『』公開。 シングル「」(映画「ゲゲゲの鬼太郎」主題歌)でソロデビュー。 『』に3年連続出場 WaT。 2008年 - 第31回『』新人俳優賞受賞。 主演映画『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』公開。 『』に4年連続出場 WaT。 2010年 - 初のメッセージエッセイ『できそこないの知』出版。 2016年 - WaTが解散を発表して、それぞれソロ活動を行う。 2018年 - 9月末に以後1年半日本国内の活動を休止すると発表 し、10月から・に留学して演技を学ぶとの番組『』で発表した。 2018年 - 9月30日浅草橋ヒューリックホールで『WENTZ EIJI FAN MEETING 2018』を催した。 2020年 - 3月10日放送の『火曜サプライズ』に出演し、芸能界に復帰することを明らかにした。 仕事 [ ] 4歳でモデルとして活動を始める。 当時の所属事務所は。 雑誌、CMのほか、NHK教育の子供番組『』『』に小学4年生から5年間レギュラー出演して司会の、、らと共演した。 当時はお笑いキャラではなく二枚目キャラとして子どもと母親から人気を集め、山崎邦正は「子どもながらに(全体を)客観的に見ていた」と語っている。 『天才てれびくん』卒業後(14歳)、共演のがいるなどからスカウトされるが芸能界に興味がないと断り、所属していた事務所も辞め芸能界を一時引退して約1年半普通に生活した。 その後、共通の知人がいたから現在の事務所を紹介されるも芸能活動の意思はなく、断るために事務所を訪れたが、社長に「おお、入れよ」と言われ「は、はい」と即答して高校1年生(15歳)でバーニングプロダクションから芸能界に復帰する。 学業 [ ] 高校受験の際、事務所からはへの進学をすすめられたが、当時は将来就職するつもりでいたために進学した。 学校推薦でした。 高校1年の時に兄の勧めで小中学生を対象とした塾や個別指導で講師のアルバイトをした。 映画『』の撮影期間中は、共演子役のやに宿題などを教えていた。 自身で考えた勉強法として「いつ家族が起きてくるかわからない緊張感」「冬は寒くて眠れない」という理由から夜中にリビングで全裸になり勉強する「全裸勉強法」を実践していた、と『踊る! さんま御殿!! 』で述べた。 なお、英語は話すことができない。 俳優 [ ] 9歳の時、劇団四季の『』のチップ役で役者デビュー。 初演のメンバーで半年間公演した。 現在も劇団四季が好きでほとんどの公演を観ている。 16歳の時、NHK大河ドラマ『』に役で出演し「正確な日本語を使い、凛とした美しさがある」として抜擢された。 出演シーンは少ないものの歴代の蘭丸の中でも人気は高い。 撮影の際は黒のを着用して濃いで白い肌を隠したが、ハーフ特有の顔立ちが災いして役どころが制限されて限界を感じていた。 人気ヒーロー「」を志望して2度オーディションを受けて落選するも、2005年公開の劇場版『』に出演する。 重要な役だがライダーではなく怪人役である。 2005年に愛の劇場『』でドラマ初主演し、男性とキス、母親ほどの熟女とラブシーンなどを演ずる。 2006年公開の小池徹平主演映画『』に1カットのみ出演し、に紛れて乙女メイクに全身ピンクで登場。 エンディングロールで「ウエンツ瑛士(ドゲザ出演)」と表示される。 2007年公開の映画『キャプテントキオ』で映画初主演する。 2007年の実写映画『』と2008年の『』で主役のを務め、原作者のは「77点」と評した。 水木は何事も80点満点で採点するため、たいへんな高得点である。 3点の減点は「格好良すぎるから」である。 2008年、『ゲゲゲの鬼太郎』で『』新人俳優賞を受賞した。 モデル [ ] 4歳の時に幼稚園の友人の誘いでモデルを始める。 天使系美少年として活躍し、雑誌、「ティンカーベル子供服」「森の水だより」などのCM、の「」のなどに出演した。 14歳の時に清涼飲料水「森の水だより」のCM『森の水だより〜美少年編』で注目され、テレビ・雑誌等で取り上げられる。 このオーディションは上海、香港、北京、日本で行われ、多くの候補者達の中から「瞳が印象的」という理由で選出された。 高校生で身長の伸びが止んで以降モデルの活動はしていない。 2006年に声で出演したアニメ映画『』のPRでを訪問した折に『Jalouse(ジャルーズ)』の元編集長アレキサンドラ・セネスにスカウトされ、同誌に4ページ掲載された。 音楽 [ ] ・「」としてと音楽活動をしていた。 2002年に代々木公園近辺で路上ライブを始め、2003年12月、当初0人だった観客が1000人を越え路上ライブを休止。 2004年、WaT(Wentz and Teppeiの略)として、シングル「卒業TIME」でインディーズデビューする。 2005年11月、メジャーデビュー。 デビューシングル「僕のキモチ」はランキングで初登場2位を獲得。 同年の『』にメジャーデビューから史上最短で初出場を果たす。 担当する楽器は、・・・・など。 7歳からピアノを弾き始めるもすぐに辞めてキーボードを愛用し、10歳からベースを弾き始める。 路上ライブでは主にとキーボードを担当していた。 ギターは17歳頃から始める。 作曲はピアノで、作詞は主にトイレですることが多く、アルバム『卒業TIME〜僕らのはじまり〜』収録の「オトナシ」などはトイレで書き上げた。 やの大ファンで、を崇拝している。 高校の学園祭では友人らと組んだバンドで「バラ色の日々」をカバー。 またWaTメジャーデビュー以前にはライブで「SO YOUNG」をカバーしたことがある。 ロックバンド系の音楽が好きで、十代の頃などはよくにも通っていたらしく、ラジオ番組のパーソナリティであるが「毎週のようにライブハウスで見かけていた」と語っている。 振り付けはが担当した。 ランキングで初登場4位を獲得。 2015年12月6日、品川プリンスステラボールによる8年ぶりの単独ライブ『WaT 10th Anniversary Live 2015』にて2016年2月11日にを解散することを発表した。 ディスコグラフィ [ ] 小池徹平の作品については「」を参照 ウエンツ瑛士のディスコグラフィ リリースリスト シングル 2 参加作品 5 シングル [ ] 発売日 タイトル 規格 規格品番 オリコン ウエンツ瑛士と・ 2007年2月14日 UMCK-5165 (ウエンツ瑛士とガチャピン・ムックジャケット盤) 2位 ウエンツ瑛士 1st 2007年4月25日 CD UMCK-5168 (ウエンツ瑛士ジャケット盤) 4位 出演 [ ] 現在の出演番組 [ ]• WEニュースMC(日本テレビ、4月7日 - )• (日本テレビ、2020年4月14日 - ) 不定期・特番• (フジテレビ)ゲストコメンテーター - 不定期出演のため、留学期間中の対応は特になし。 (読売テレビ、2009年11月26日 - )・と共に司会 - 留学期間中はウエンツ不在のまま、宮根と橋本の2人で続行。 (フジテレビ、2017年10月2日 - )と共に司会 - 留学期間中、(フジテレビアナウンサー)が新たにアシスタントとして加入。 過去の出演番組 [ ] バラエティ番組 [ ]• HAYAMI ENGLISH NETWORK()• (1995年 - 1999年、)てれび戦士• 天才てれびくんワイド(1999年 - 2000年、)てれび戦士• (フジテレビ系)• (系)• プリティ・キッズ(系)初司会• (系)• (日本テレビ)司会• (フジテレビほか)司会(WaT・)• (フジテレビほか)(2006年9月15日から出演)• (フジテレビほか)• (フジテレビ系)• (フジテレビ系)• (フジテレビ系)• (フジテレビほか)• (フジテレビ系)司会• (フジテレビ系)準レギュラー• (フジテレビ系)• (テレビ朝日系)サブ司会• (日本テレビ)レッツ・芸人グリッシュ• (テレビ朝日)• (TBS)司会• (日本テレビ系、2009年4月7日 - 2018年9月25日)• (日本テレビ系、2011年4月 - 2018年9月)• (テレビ朝日、2014年4月13日 - 2018年9月29日)• (TBS、2020年4月7日)と共に司会 情報番組 [ ]• ・(フジテレビ)• (フジテレビ系)キャスター その他のテレビ番組 [ ]• (フジテレビほか)• (NHK BSプレミアム)ナレーション• (NHK BS1 NHK衛星第1テレビジョン)司会• (NHK Eテレ)サラリーマン役 テレビドラマ [ ]• (1997年、)バーチャルメディカルステーション医療主任・尾岸徹 役• (2002年、NHK) 役• (2002年、)友田勇樹 役• (2002年、日本テレビ)第6話・結城正人 役• (2003年、日本テレビ)古田匠 役• (2003年、)(ウルフ・ヘミング) 役• ・第3話(2004年、)稲葉雄介役• (2005年、)主演・竹田博明 役 - ドラマ初主演作• -RONDO-(2006年、TBS)第1話 - 2話・戸田雅人 役• (2007年、TBS)立岡ケン 役• (2008年、フジテレビ)フランク・ラントワーヌ 役• (2010年、テレビ朝日)田口僚太 役• (2010年、フジテレビ) 役• (2013年、TBS)花輪君 役 映画 [ ]• (2005年) 役• (2006年実写版)ダンシングよしこ 役 - カメオ出演• (2007年)主役・フルタ 役 - 初主演作• (2007年)主演・ 役• (2008年)主演・鬼太郎 役• (2009年・2010年、東宝)フランク・ラントワーヌ 役• ヘンリ・ミトワ 禅と骨(公開未定) - 若き日のヘンリ・ミトワ 役 テレビアニメ [ ]• (2007年4月29日第5話「呪われた映画」)カップルの男役 劇場アニメ [ ]• (2006年7月8日)芦川美鶴 役 吹き替え [ ]• (2010年11月12日、日本テレビ『』で放映)エドワード・カレン 役• (2011年11月23日)主演・アーサー 役• (2013年3月22日)主演・ジャック() 役 舞台 [ ]• (1995年 - 1996年(半年間公演)) - チップ 役• 1 「タイトル不明」(2004年)• 2 「闇の門」(2004年)• 3 「闇夜のカラス」「タイトル不明」(2005年)• 4 「スーサイドストア」「IOUJIMA」(2006年)• (2009年、) - 北村次郎 役• (2012年8月31日 - 9月9日、) - 風祭警部 役• 天才執事ジーヴス(2014年7月4日 - 13日、) - バーティ・ウースター 役• スコット&ゼルダ(2015年10月17日 - 11月1日、天王洲 銀河劇場/2015年11月7・8日、) - 主演: 役• ()(2017年4月、日生劇場) - モンティ 役 CM [ ]• 、(1991年)• 、(1992年)• カルピス株式会社、キッズ(1994年)• ティンカーベル、ティンカーベル子供服(1995 - 1997年)• 、フリフリシェイク(1997 - 1998年)• 、TDK'S MD(1999年)• 社、森の水だより〜美少年編(2000年)• 味覚糖株式会社()、e-maのど飴(2003年)• 株式会社、からあげチキン(2007年)• 株式会社、本格炒め炒飯(2007年)• 、・救済キャンペーン(2007年)• 、 - WaT(2007年 - )• 株式会社フジボウアパレル、B. 、(2007年 - 2010年)• 株式会社、キリン Sparkling Hop(2007年 - 2009年)• 、 キシリクリスタル(2008年 - 2009年)• 、 ココア(2009年)• 、HYDRO(2010年 -)• 任天堂 「スーパー マリオパーティ」(2018年9月21日 - ) - 田中圭、内田理央、葉山奨之と共演 ネット配信 [ ]• 株式会社、(2005年) - WaT PV出演作品 [ ]• シングル「」(1996年) - PV• MIKIKO シングル「I wanna be…」(2002年) - PV• シングル「」内「end of the world」(2007年) - PV。 直筆メッセージボードを持って43人の芸能人と共に一瞬の出演 書籍 [ ]• できそこないの知(2010年、青志社)• 「絶望世代」は幸福でいいのだ!(2012年 ) 雑誌連載 [ ]• 夕刊(2005年10月 - 2006年03月)コラム「ウエンツ瑛士のラッキーパンチ」• (2000年10月 - 2008年6月)• 夕刊(2009年4月 - 2009年9月)コラム「ウエンツ瑛士のポタリング的日常」 脚注 [ ] []• ORICON NEWS 2018年8月28日. 2018年8月28日閲覧。 SANSPO. COM 産経デジタル. 2020年3月10日. 2020年3月10日閲覧。 シネマトゥデイ. 2016年8月29日. 2016年8月30日閲覧。 GONZO公式サイト. 2016年6月28日閲覧。 CINEMA TOPICS ONLINE. 2011年9月15日閲覧。 映画『ジャックと天空の巨人』公式サイト. 2013年2月19日閲覧。 2016年5月25日閲覧。 外部リンク [ ]• - 公式サイト (日本語)• - 公式サイト (日本語)• - 公式ブログ (日本語).

次の