ベルゼバブ 討伐 戦。 ケルフェン討滅戦攻略

【グラブル】ベルゼバブ討伐戦の攻略まとめ

ベルゼバブ 討伐 戦

合計60個を目指して集めたい。 そのため30T目に召喚石を使う、回復アイテムを使うといった予兆演出の更新を行ってもレリジョンは発生しません。 特殊行動より発動優先度が低い 『キングス・レリジョン』は敵HPに応じて発動する特殊行動よりも優先度が低いため、敵HP帯によっては規定ターン数に到達後も特殊行動を踏み続けて数ターン動くことも仕様としては可能。 ただし安全を期す場合は立ち止まるのが無難。 一部特殊行動は内部的に保留される 一部の特殊行動は内部的に保留していく仕様のため、予兆を発生させずに次の特殊行動のHP帯に突入しても 該当HP帯の特殊行動が発動後に続けて保留した分の予兆が発生する。 また複数の予兆を飛ばした場合、 該当HP帯の特殊行動から遡る順番で特殊行動が発生する。 敵特殊技を受けるたびにトランスLvが上昇するため、 スロウやグラビティによる特殊技の遅延が攻略する上で重要なポイント。 秘器で頻繁にスロウを使えるジョブ「トーメンター」等が特に立ち回りやすい。 特殊技の解除手段を用意する トランスLvは特殊技を解除時にのみ下げられる仕様。 奥義を管理してCBを解除のタイミングまで温存する、確定TAや追撃手段でダメ回数を稼ぐ、フルチェ等で1000万を稼ぐといった 解除手段も意識した編成で挑みたい。 ダメージで解除可能だが反射ダメがあるため、ターン数に余裕があれば ガード機能を4T使ってターン経過で解除する立ち回りが安全。 ライターA ガード機能で抜ける場合は4T消費するため、強制敗北技「キングス・レリジョン」発動までのターン数に余裕があるかどうかは要注意です。 CBは特殊解除目的でのみ発生させる ベルゼバブ戦では特殊技の解除手段としてチェインバーストが要求される。 自由に奥義を打つと必要な場面で解除手段が無くなるため、 CBで解除が必要な特殊技を意識しながら奥義の使い所を見極めたい。 起用候補となるジョブ ライターA 次点で弱体成功率の高いスロウを使えるカオスルーダーが候補ですが、野良など連携を取りづらい状況で安定を重視するならやはり「トーメンター」が無難です。 ランバージャックは水ブロなどキャラで特殊行動を対策できる土属性で選択肢ですね。 手持ちの中で 敵特殊技遅延や解除に貢献できるキャラ、HPや堅守を確保できる属性を選択したい。 ライターA ルシHLの様に決まった属性で調整するといった制限はないため、自信がある属性で挑みたいですね。 開幕や各弱体リセットが入るポイントでは、ユリウスを編成した風パーティが 累積弱体を入れるのを確認してから動くことを意識したい。 開幕特殊技は複数対策手段あり 開幕に召喚発動で予兆が出る「ケイオスキャリバー」は解除やガード機能以外に、 複数の対策手段が存在する。 特にレイは3アビの属性ダメ0で味方を倒されずに2アビで入れ替わりまで行えるので、開幕特殊行動を安全に処理できるキャラとしておすすめ。 レイは対処後に入れ替わりまで行えるので、どの属性でも扱いやすく所持していれば開幕特殊技の対策目的でフロントに置いておきたいですね。 虚空剣で弱体成功率を底上げ バブHLではスロウが重要となるため、 少しでも成功率を上げるために『虚空剣』が役立つ。 またスロウはギリギリではなくCT1の時に使うのを心がけるなど、外してもリカバリーできる様な立ち回りを意識したい。 ライターA グラビティを入れてCT2の場合、敵CTMAX時にスロウを使うよりCT1時にスロウを使い外した場合でも次ターンに再度挑戦できる余裕を持って立ち回りましょう。 5万ダメ目安 討伐 まで 最終盤はシエテ砲、エッセル砲などで飛ばしを狙うのも有効。 ただし削りきれずに戦闘不能になると敵HPを一気に回復してしまうので、タイミングの見極めが必要。 2対応の 6人HLマルチ、ボスは無属性となっている。 バトルシステムver. 2の解説はこちら 同時に短編ストーリー追加 「ベルゼバブ討伐戦」の実装に合わせて、 「ベルゼバブは何者か?」を描いた短編ストーリーも追加された。 難易度はルシHARDと同等? 生放送内では難易度に関して福原Dより「ルシファーHARDと同じぐらい」との発言あり。 またルシファーの様な複雑なことはしないとの話もあったため、 純粋な戦力が求められるバトルと予想される。 報酬はアストラルウェポン.

次の

【グラブル】ベルゼバブ討伐戦の火属性の攻略おすすめ編成

ベルゼバブ 討伐 戦

2016年11月7日、第6回動物救出大作戦が開幕した。 第6回のストーリーを見てみよう。 誘拐の特ダネをとるために、ベリがエピックボスの島にやってきた。 ベリはエピックボスを見つけて写真を撮る。 それに気付いたエピックボスがベリを捕まえようとする。 ベリは助けを求めるためポコタに電話する。 知らせを受けたポコタは急いでベリのもとに向かう。 動物救出大作戦の遊び方については次の記事を参照されたし。 報酬アイテムを獲得するために必要な正義ポイントが前回と大きく変わったので確認しよう。 下図は前回(第5回)のアイテム一覧。 下図は今回(第6回)のアイテム一覧。 すべての報酬アイテムを手に入れるために必要な正義ポイントが前回は500ptだったのが、今回は350pt(4分の3)になった。 前回は、ほぼすべてのプレイヤーが500ptにたどり着くことができなかった状況をみた仕様変更と考えられる。 これなら、余裕をもってコンプリートできそうだ。 改善要望を出してくれた皆さんありがとう。 ベリの初期パワーは1810。 特殊スキルはチェリー150個。 この動物のモデルは、耳の大きさが特徴のフェネックギツネと思われる。 フェネックギツネとは、イヌ科キツネ属の動物で、ペットとして飼う人もいるらしい。 ペットショップで購入すると100万円くらいする。 「ベリ」と「ペリッ」を間違わないようにしよう。 ベシャの初期パワーは2998。 特殊スキルはダブルレインボー爆弾1個。 新聞を丸めたようなものを持っている。 ベリ+記者で「ベシャ」なのだろうか。 ベロナの初期パワーは4936。 特殊スキルはスーパー爆弾1個とダブルレインボー爆弾2個。 丸めた新聞を左手に持ち替え、右手にメガホンを持っている。 メガホンを握った映画監督のようだ。 ベルゼの初期パワーは7295。 特殊スキルはポイズンとタイム3個。 増幅器内臓のメガホンと、撮影開始の合図に使うカチンコらしきものを持っている。 ベレー帽が可愛い。 ベルゼは5体手に入れるとマスターランクに進化できる。 マスターランクに進化したベルゼの初期パワーは 7879。 16=9775になった。 マスター限定スキルは「エピックボスへのみ攻撃ブロックパワー+1」 ついにカメラが出てきた。 本格的なロケが始まるようだ。 下表は、マスターランクに進化したベルゼの召喚数ごとの基準パワー。 この値にプラチナムから引き継いだパワーを足した値が実際のパワーになる(小数点以下切り捨て)。 ベルゼはスコアアタック用のレギュラー候補入りはしないが、せっかくなので動物救出大作戦で使って遊ぶことにした。 ベルゼ、ベルン、ベベゾ、ベベを装着。 ベルゼ突進! 下表は、スコアアタック用のレギュラー候補一覧。 タイム動物。 どれがよいのかわからなくなってます。 レベルが花も星もカンストしてボスたちが強くなってしまってるかたの動物をおしえてほしいです!ちなみに私は マリンポコタ7歳 20389 マスター パパおる1歳 8868 非マスター ポコリンカー 9歳 12467マスター ストン 5歳 11045 チェリーアイテム全使用 です。 最近になってストンをつかってます。 ランキングイベントと同様にベストスコアで体力が決まっているのではないでしょうか。 倒した時のマイスコアの点数を比較すると ST1~2は忘れました (2~3百万くらい) アイテム ST3 エピックボス 430万 モンスター480万 なし ST4 エピックボス 480万 モンスター600万 SB ST5 エピックボス 650万 モンスター ?万 ALL ST6 エピックボス 900万 モンスター ?万 ALL ST7 エピックボス 720万と800万 モンスター ?万 ALL+スタフィー スタフィーを入れると体力が低下するみたいですね 肝心のPTですがマリンポコタ、角田、鷲美、ピテです 角田がいるのでEBの体力20%低下ありの状態 私のBESTマイスコアは1200万くらいなので、妥当な設定に見えます 他の方のマイスコアと照らし合わせてみれば、大体の設定が分かると思います。 参考になれば幸いです。 この討伐数で得られた動物はマスター(=プラチナ)10体(星合計21による5体は含まない)、金21体、銀12体、銅6体となった(前回プラチナで引っ張った方が獲得が多く得られたとの声があったがそこは未検証)。 122体討伐で49体動物獲得なのでおよそ40%の確率、マスター(プラチナ)ランクのベルゼに限って言えばおよそ8%(前回コリップスは10%)となる。 前回データと合わせて考えると狙う場合はやはりM10〜15歳くらいは最低限狙えるのではないだろうか <動物、アイテムなど軽くまとめ> ・体感であるが3日目以降にボスが強くなったように感じた(特に3〜5ステで)。 この他にもチェインの不安定さ(チェイン落下や1色削除を使わない場合など)を意識し、チェインでないと無理な6、7ステ以外の1~5ステはチェインを使わず、多少のアイテムの使用の勿体なさ等は考慮せず必要なアイテムは積極的に採用しその中で最低限のアイテム使用で倒せるような動物構成、使用アイテムの選択を考えてのプレイとなった。 これを採用したのは3日目以降で多少試行錯誤したが、例えば6日目などは全て討伐で取り逃がし0ということでこの構成で安定していると言える。 コリップスの時よりも安定している反面、使用アイテムが少し多くかかるのがデメリットだが、やはり安定性を重視し今後は今回の構成でいきたいと個人的には思った。 エピックが他と違う点と言えばプレイヤーのレベル依存で体力が決まることは前からの仕様と変わりないのは間違いないが、スタフィやアイテム使用やアイテムを多く使用したからと言って体力が増えたりは一切ないと感じた。 自分の周りはチェイン1万、1万5千、2万超えなど人によりパワーは様々なチェイン動物を使用していたが、パワーが上がるとエピックが強くなることもなく、普通にチェインパワーが高い方が楽に討伐出来ていたし、7ステなどでチェインを使っていない友人はそもそもいなかった。 トリックカモンや角田がいない場合もチェインパワーが高ければ星3つ獲得は可能(友人談)、ただやはりこの2体や10%減のソプラオル等がいない場合は結構厳しく、自分のチェインは1万ちょいの雑魚なので同じようなチェインパワーだとステージ7は倒せて星1or2、正義Pも総合して350はかなり厳しいかもしれない。 尚エピックに限ってはトリックカモン<角田は間違いないが、トリックカモンの場合も例えば自分はイシオル、トリックカモン、チェイン、ストンの並びでステージ7アスラクを12秒残しで討伐出来たりしたので、角田の方が良いがカモンだから無理ということはないと思うので、トリックカモンがいるならもし参考になれば上記内容などを参考にしてステージ7のアスラクもぜひ討伐して欲しい 以上です、読みにくいかもしれませんが参考になれば幸いです 早速他の方のコメント見て自分も少し気になっていた部分なのですが、アイテムや動物等は確かに一切関係なくなったと思うのですが、唯一依存しているのがスコアの可能性は私も気になっており、上の方のコメント見て尚更可能性は高いと感じました というのも確かランキングイベントが重なっていたと思うのですが、私が敵が強くなったと感じた3日目辺りに確かベストスコアを更新してイベント報酬をゲットした覚えがある為、ベストスコア準拠ならそれが頷けます ちなみに毎度のダイヤゲットを優先したいのでベストスコアはちまちま更新していたのですが(マジセコとか当然使ってない人間です・・・)、この日並びが異常によくて動物も少し変えていたので、点数が行き過ぎたことに気づいて途中で止めたのですが一気に800万は更新してしまった為、尚更ベストスコア準拠の可能性疑ってます ただ私のベストは6000万弱ですが、グループに1億7千万と1億5千万のベストの方がいて、両方の方が角田でなくトリックカモン使用、チェイン枠は2万超えのルルロロ使用でしたが、7ステ軽々突破して正義Pは500手前まで獲得されてましたから「体力にも上限がある」のかもしれません さすがに1億5千万超えはマジセコ有りでしょうし、これに準拠してたらさすがに倒せるはずがないと思いますがそのお二方かなり余裕そうでしたから・・・ 今度出来ればその方々や自分のクリアスコアに注目して見てみます.

次の

【グラブル】ベルゼバブ討伐戦の攻略まとめ

ベルゼバブ 討伐 戦

合計60個を目指して集めたい。 そのため30T目に召喚石を使う、回復アイテムを使うといった予兆演出の更新を行ってもレリジョンは発生しません。 特殊行動より発動優先度が低い 『キングス・レリジョン』は敵HPに応じて発動する特殊行動よりも優先度が低いため、敵HP帯によっては規定ターン数に到達後も特殊行動を踏み続けて数ターン動くことも仕様としては可能。 ただし安全を期す場合は立ち止まるのが無難。 一部特殊行動は内部的に保留される 一部の特殊行動は内部的に保留していく仕様のため、予兆を発生させずに次の特殊行動のHP帯に突入しても 該当HP帯の特殊行動が発動後に続けて保留した分の予兆が発生する。 また複数の予兆を飛ばした場合、 該当HP帯の特殊行動から遡る順番で特殊行動が発生する。 敵特殊技を受けるたびにトランスLvが上昇するため、 スロウやグラビティによる特殊技の遅延が攻略する上で重要なポイント。 秘器で頻繁にスロウを使えるジョブ「トーメンター」等が特に立ち回りやすい。 特殊技の解除手段を用意する トランスLvは特殊技を解除時にのみ下げられる仕様。 奥義を管理してCBを解除のタイミングまで温存する、確定TAや追撃手段でダメ回数を稼ぐ、フルチェ等で1000万を稼ぐといった 解除手段も意識した編成で挑みたい。 ダメージで解除可能だが反射ダメがあるため、ターン数に余裕があれば ガード機能を4T使ってターン経過で解除する立ち回りが安全。 ライターA ガード機能で抜ける場合は4T消費するため、強制敗北技「キングス・レリジョン」発動までのターン数に余裕があるかどうかは要注意です。 CBは特殊解除目的でのみ発生させる ベルゼバブ戦では特殊技の解除手段としてチェインバーストが要求される。 自由に奥義を打つと必要な場面で解除手段が無くなるため、 CBで解除が必要な特殊技を意識しながら奥義の使い所を見極めたい。 起用候補となるジョブ ライターA 次点で弱体成功率の高いスロウを使えるカオスルーダーが候補ですが、野良など連携を取りづらい状況で安定を重視するならやはり「トーメンター」が無難です。 ランバージャックは水ブロなどキャラで特殊行動を対策できる土属性で選択肢ですね。 手持ちの中で 敵特殊技遅延や解除に貢献できるキャラ、HPや堅守を確保できる属性を選択したい。 ライターA ルシHLの様に決まった属性で調整するといった制限はないため、自信がある属性で挑みたいですね。 開幕や各弱体リセットが入るポイントでは、ユリウスを編成した風パーティが 累積弱体を入れるのを確認してから動くことを意識したい。 開幕特殊技は複数対策手段あり 開幕に召喚発動で予兆が出る「ケイオスキャリバー」は解除やガード機能以外に、 複数の対策手段が存在する。 特にレイは3アビの属性ダメ0で味方を倒されずに2アビで入れ替わりまで行えるので、開幕特殊行動を安全に処理できるキャラとしておすすめ。 レイは対処後に入れ替わりまで行えるので、どの属性でも扱いやすく所持していれば開幕特殊技の対策目的でフロントに置いておきたいですね。 虚空剣で弱体成功率を底上げ バブHLではスロウが重要となるため、 少しでも成功率を上げるために『虚空剣』が役立つ。 またスロウはギリギリではなくCT1の時に使うのを心がけるなど、外してもリカバリーできる様な立ち回りを意識したい。 ライターA グラビティを入れてCT2の場合、敵CTMAX時にスロウを使うよりCT1時にスロウを使い外した場合でも次ターンに再度挑戦できる余裕を持って立ち回りましょう。 5万ダメ目安 討伐 まで 最終盤はシエテ砲、エッセル砲などで飛ばしを狙うのも有効。 ただし削りきれずに戦闘不能になると敵HPを一気に回復してしまうので、タイミングの見極めが必要。 2対応の 6人HLマルチ、ボスは無属性となっている。 バトルシステムver. 2の解説はこちら 同時に短編ストーリー追加 「ベルゼバブ討伐戦」の実装に合わせて、 「ベルゼバブは何者か?」を描いた短編ストーリーも追加された。 難易度はルシHARDと同等? 生放送内では難易度に関して福原Dより「ルシファーHARDと同じぐらい」との発言あり。 またルシファーの様な複雑なことはしないとの話もあったため、 純粋な戦力が求められるバトルと予想される。 報酬はアストラルウェポン.

次の