うるてぃ。 各属性別最強双剣!!mhxx(モンハンダブルクロス)の攻略

各属性別最強双剣!!mhxx(モンハンダブルクロス)の攻略

うるてぃ

概要 率いるに属する。 「火祭りの夜」当日に、カイドウから招集を受け他の5名と揃って登場。 宴席ではしゃぐことをボヤき、先行して登場した弟のを ぺーたんと呼んで溺愛する姿を見せた。 同じく人間態で登場したページワンとはマスクを付けていることが共通している(ただし弟のほうは普通の造形の左右二色のマスク)。 性格・言動 花魁言葉のように語尾に「ありんす」と付けているが、独自のブームで定期的に口調を変えている様子。 言動や態度からして弟ラブのな模様。 当のページワンからはウザがられているものの自重しようとはしてない。 また弟を馬鹿にするなど少しでも癪に障る発言があると粗暴な口調でカミつく癖がある。 こうした姉の言動を弟のページワンは恥ずかしがって何とか抑えようとしているが、力関係は完全にうるティの方が上であり、自分が口答えするとキレることもあってページワンは姉に振り回されっぱなしである。 …ただし、仮にも組織の上級幹部という立場であるにも関わらず、総督であるカイドウを呼び捨てで「バカ」扱いし さすがに本人の前では「様」付けをしているが 、それには平静を保っていた他5人も慌てて総ツッコミを入れている。 カイドウを目の前にしても無遠慮な発言が多く、ページワンをハラハラさせることも(当のカイドウは気にしていないが)。 しかし、実際には彼女本人はカイドウのことを慕っており、「俺は海賊王になる男だ」というの発言に対して「 海賊王になるのはカイドウ様に決まってんだろウルトラ馬鹿野郎!!! 」と反論している。 若くして飛び六胞の座にいるだけあって実力は非常に高く、カイドウ戦の為に体力を温存していたルフィでもを使うことを決意し、本気で戦わないといけないと感じさせるほど。 戦闘スタイルはパキケファロサウルスよろしく頭突き技をメインに戦うが、頭頂部ではなく主におでこを叩き込む。 頭突きの威力はすさまじく、人型形態の時でも頭突きの衝撃で 大砲の様に爆風を起こし周辺を吹き飛ばす程。 頭突きだけではなく、途轍もない腕力も持つ。 華奢な体であるが、動物系古代種である恐竜の能力故非常にタフであり、ヤマトの雷鳴八卦の一撃を喰らって気絶しても、すぐに回復し何事もなかったかのように立ち上がるタフさも併せ持つ。 またうるティ自信、好戦的でも自身の力に慢心せず、見ず知らずのルフィと一撃交えただけで彼を「強敵認定」し全力で戦うなど、迂闊な毒舌に反して警戒心も非常に高い。 を使うほか、ルフィの覇気を感知して「じゃあこの覇気何だよ!!! 」と部下達に発言している描写があったり、ルフィに頭突きした際に覇王色の覇気の衝突のような描写があったりすることから、見聞色・覇王色の覇気も使えるのかもしれない(しかし、部下達が気絶していないため、覇王色の衝突ではない可能性もある)。 技 ウル頭銃 ずがん 跳躍した後に、頭に武装色の覇気を纏わせ相手に頭突きをする。 まるで大砲の様に 周囲を吹き飛ばすほどの威力をほこる。 ウル頭銃群(ミーティア 獣型形態に変身し、強力な腕力で相手を拘束した後に頭突きを浴びせる技。 ルフィに使用する直前にに阻止されたので未使用に終わった。 しかし、周りにいた部下が「その技を使うと カイドウの 城が崩壊しかねない」と発言していたことから、途轍もない威力を誇ることが窺える。 活躍 「火祭り」の日に、他の飛び六法共々カイドウ 実際はカイドウの名を使った に召集され、失踪したカイドウの息子であるヤマトの捜索を命じられる。 ヤマト捜索時に弟のと共に宴会場を駆け回っていたところに、偶然ルフィと鉢合わせる。 そのままルフィと戦闘し、追い詰めるが、突如現れたヤマトの雷鳴八卦を喰らい倒れる。 だが直後に復活し、吐血しながらも「お前のなんか雷鳴 四卦だよ!!」と言い放ち、二人の追跡を続けるが、見失う。 余談 名前の元ネタはのトランプゲーム「ウルティ」だと思われる。 悪魔の実のモデルはパキケファロサウルスだが、頭に角が生えているという点は近縁種のに近い(但し、スティギモロクは近年ではパキケファロサウルスの若者という説もある)。 また、パキケファロサウルスは植物食恐竜のイメージが強いが、肉食恐竜のように鋭利な歯を持っており、うるティの「誰にでも噛み付く」という性格のモデルになった可能性がある。 関連イラスト.

次の

ワンピース983話雷鳴確定ネタバレ|ワンピース ネタバレ考察

うるてぃ

そのため、スタミナを消費する代わりに攻撃方法・攻撃力が強化されスーパーアーマー(他のプレイヤーの攻撃等を受けてものけぞらない状態)になる。 (ただし、実際は表示されている属性値の半分の数値程度に。 長所と短所がありますが、上手く使えばこの短所さえも打ち消す事が可能! 双剣はガードが出来ないのですが前作mhxに続き、今作も安定の「ブシドー双剣」というものがあります。 又、切れ味レベル不要で素の状態から紫ゲージが付いている(長くはないが・・・)為スキル自由度は上がります。 「業物」は必須だと思いますが・・・ スロットが2つあるのも有り難い。 最大のライバルは、やはりの双剣『真名マアトガナフ』です。 属性値及び スロットは微妙ですが、純粋な火力は これが一番期待できるかと思います。 そして もう1つ『双焔刃リュウノツガイ』に 匹敵する 火属性最強双剣があるので紹介します。 この双剣の魅力は、全ての性能のバランスが 良いこと。 又、かなり優秀な会心率も付いている為、非常に使い勝手が良い。 基本的に火属性双剣は、これ1本さえ持ってれば 事が足りるでしょう。 攻撃力が高く、水属性値も良好。 レア素材の「泡狐竜の天鱗」を 2つも要求されるため、作成難易度は 高い。。 物理攻撃力は 程々だが、高い会心率と 水双剣では 唯一の3スロでそれを補う。 斬れ味は 紫も獲得できるため 火力は想像以上に期待出来ます。 やはり スロットが有ると無いでは、スキル次第で強さは大きく変わるので 強くなるためのスキルを叶えやすいこの双剣は 最強クラスでしょうね。 雷属性も 全体的に高い数値を備えているため、雷属性が有効な敵(イビルジョー等)には 大活躍する事間違いない。 今作の氷双剣は どれも微妙なものが多いですが、これだけ一際 優れています。 そこそこ高い属性値、スロット2つという 絶妙なバランスからみて、非常に扱いやすい一本となっております。 スロットが 2つ有るので、スキル次第では 更に火力を盛れるでしょう。 又、作成強化にあたって ベリオロスの素材ばかりなので、という作成難易度の低さも ポイントです。 280という低攻撃力は 全氷属性双剣中ダントツの最下位・・・ しかし『双極影剣』には 他の氷双剣を圧倒している能力が有る、 それは 氷42という 超高い属性値!! 双剣は 最初に紹介したごとく 手数が全14種の武器中で ナンバーワンであります。 その為 属性との相性が良く、属性を重視するのも 大切な武器。 氷属性値が 42もあれば、氷に弱いモンスターに使用すると 超大ダメージを与えれる。 属性値は まずまずだが・・・注目すべきは攻撃力です!! 340という 高倍率なら、たとえ 紫ゲージが弱体化した今作でも、紫ゲージ時には 相当な火力が期待出来ます。 そして何より 大変優秀な斬れ味を保有するのが 魅力。 この長大な紫ゲージさえあれば、物理攻撃力だけでは 想像もつかない火力を出せると思います。 会心率も優秀なので「連撃の心得」や「超会心」で 更に会心型の火力を強化するのも 良いですよ。 ただし、作成難易度が 極めて高いので注意。。。 攻撃力は 状態異常特化双剣ですし、会心率が異常に高いので 気にしなくてもOK。 とにかく、かなり高い属性値、高すぎる会心率、結構優秀な斬れ味(匠が無くても運用可能)スキルの自由度MAXのスロット3。 まさしく、毒属性や火力を更に強くするための条件が 全て揃っている。 他の毒双剣を見ても これほど優秀な物は無いです。 間違いなく 文句ナシの毒属性最強双剣だろう。 毒がよく効く《尾槌竜ドボルベルク》や《鋼龍クシャルダオラ》等には大活躍する一本。 雷属性と 麻痺属性の双属性を操ることができ、麻痺双剣では ダントツで1番高い攻撃力を持つ。 もちろん 麻痺属性値は決して高くは無いが、双剣は 手数が多いので モンスターを麻痺状態にさせることは 十分可能。 また、高い雷属性も付与されているため、雷が 有効な敵にも 担いでいける。 攻撃性に優れているが 麻痺属性が微妙な上記の『血風傷刃フルスカード』と違い 頼りない攻撃力に対して 最強の麻痺属性値というのは まさしく完全なサポート専用双剣でしょう。 スロットは3つあるので、麻痺値を 更に強くさせる事は容易。 ただし、攻撃力の低さ等から 双剣の知識がない人等からは オンラインでキックされることもあるので 注意。 会心率が有るので 会心率を強化しつつ「会心撃【特殊】」等を 発動すると 更に状態異常を強く出来る。 その為 やっぱり睡眠双剣は これが最強かと。 また、実はこの双剣は 酒場のマスターが現役時代(まだハンターとして活躍していた頃)に愛用していたそう。。。 二つ名モンスターを 主として狩っていた彼女らしく《朧隠ホロロホルル》や《紫毒姫リオレイア》等の素材から 作られている。 スマートな形状をしており、朧隠由来の瑠璃色と 黄金色の美しい装飾の鍔に、紫毒姫由来の 淡い紫がかった刃。 とても美しく格好いい。 だが、生産リストに乗るには『鏖魔狩猟依頼G1』を クリアし、彼女達の悔恨を 晴らさないといけない。 その為、作成難易度は 上記で紹介した どの双剣よりも高い。 会心率も付いている上、匠を必要としないため、火力スキルを盛れる。 想像以上の火力が 期待できるでしょう。 又、活用性が高い爆破属性なので 是非作っておきたい一本です。 スロットも付いているので スキル自由度UP。 正直 この双剣と『真滅双刃ダンゼルヴァ』以外の爆破双剣は どれもビミョーなものが多いので『真滅双刃ダンゼルヴァ』とは、スキル次第で 使い分ける事を お勧めします。

次の

ウルティモ・ドラゴン

うるてぃ

本名: 浅井 嘉浩(あさい よしひろ)。 血液型B型。 日本だけでなくやでも著名な存在。 得意技の1つ「」はアメリカ界では「アサイ・ムーンサルト」と呼ばれているが、技名は自身の本名「浅井」から取られている。 、と並びジャパニーズ・ルチャの立役者の1人。 プロレスラーのは甥にあたる。 来歴 [ ] 小学校3年生時にテレビのプロレス中継番組でを見たことと、その頃猪木の側にいたに憧れ、プロレスに興味を持つ。 卒業後、の入門テストを受け、体力テストはクリアするも履歴書に178cmと身長を記入していたことが、ばれて(実際は170cmしかない )体が小さいことを理由に不合格となるが、その熱意は認められていた。 その後は日本ボディービルセンターの会長のもとで手伝いをしながら会長からに紹介してもらい、道場で練習してもよいと許可をもらい、半年ほど道場に通い続ける。 「小鉄の内弟子」というポジションで山本と関わったことからジャパン女子プロレス旗揚げ戦を観戦しにメキシコから来日したのカルロス・マイネスと遭遇し、その際に山本にメキシコ行きを直訴 、山本がUWA側とコンタクトを取り、浅井はメキシコに渡ることとなる。 にに渡り、5月13日、イルタゴ州バチューカのUWAのアレナ・アフォシオンにてデビュー。 対戦相手はロス・ミッショネロス・デ・ラ・ムエルテ。 パートナーは畑浩和、。 1988年7月29日には、当時の最年少記録でUWA世界ウェルター級王座を獲得。 、旗揚げに参加し 、エースとして団体を引っ張る。 にオファーを受けて9月にEMLL(現:)に移籍し 、10月18日、「ウルティモ・ドラゴン」に変身しに登場した。 当時EMLLがWWF(現:)と提携関係にあったことから、日本国内でもWWFと業務提携していたに主戦場を移し12月にSWSの東京ドーム大会に参戦、これがウルティモ・ドラゴンに転身後において日本初試合となった。 のSWS崩壊後はに入団し 、11月22日、新日本プロレスのIWGPジュニアヘビー級王座を獲得 、の年明け1992年度「技能賞」を受賞。 11月にはNWA世界ミドル級王座を獲得。 よりに進出 、10月11日、WAR大阪大会にてIWGPジュニア王座を含むジュニア8冠王者となり、10月28日には天龍源一郎と荒谷信孝をパートナーにWAR認定世界6人タッグ王座も獲得している。 この頃はメキシコ・アメリカ・日本と国内外で活動、1997年2月1日、WCWと正式契約を結び 、4月にWCW・TV王座を12月にはWCW世界クルーザー級王座を獲得。 一方で5月には後述のプロレス学校設立。 7月ごろ、WCWでの試合にて負傷した左肘関節のため7月22日にアメリカで手術を受ける が失敗してしまい神経を損傷、レスラー生命の危機となる(現在でも後遺症で握力が小学生並しかなく、左手首を引きつける動きができない)。 8月の闘龍門自主興行で無期限欠場を発表。 にメキシコ・ナウカルパン市にルチャドール養成学校「ウルティモ・ドラゴン・ジム」を設立、の旗揚げ戦を行った。 、に闘龍門JAPANを設立。 その後、11月12日にメキシコ・イルダゴ州パチューカにて現役復帰し、12月20日の闘龍門後楽園大会で日本復帰戦を行った。 5月に闘龍門にてとの師弟対決を終えると、6月24日、WWE正式デビュー 、にはに出場 、その後4月13日にWWEを退団し 、7月以降は、に参戦 、18日、をパートナーに初代東北タッグ王者となる。 7月4日に闘龍門JAPANが団体名をに改称して闘龍門から独立すると、個人で2度の自主興行をで行う。 10月14日にはウルティモ・ドラゴンのを封印すると宣言 、より2代目ザ・タイガーに変身して活動した。 しかし2006年にはウルティモ・ドラゴンを復活させる。 11月、に参戦しNWAインターナショナルジュニアヘビー級王座を獲得。 またこの頃ヨーロッパのNWEに参戦しイタリアやフランスで試合を行っていた。 、封印扱いにしていたNWAインターナショナル・ジュニアヘビー級王座を復活させこれを獲得 、同王座は2012年にも3度目の王座を獲得。 12月にはみちのくプロレスにてをパートナーに東北タッグ王座を獲得。 12月15日、にて世界ジュニアヘビー級王座を獲得。 にはをパートナーにアジアタッグ王座を獲得 (金丸の全日本退団により王座返上)。 5月27日、アレナ・メヒコで開催されたデビュー30周年記念大会において、在メキシコ日本大使からプロレスを通じた日墨親善活動を称えられて在外公館公館長表彰を受けた。 7月21日、による熱い呼びかけに応える形でDRAGON GATEに初参戦。 その後もDRAGON GATEに継続参戦していた。 、最高顧問及び特別契約選手としてDRAGON GATEに入団。 得意技 [ ] 仕込みの殺法をに持ち込み、自身も得意とする傍ら日本式やをモチーフにしたをメキシコやアメリカで披露している。 ここでは代表的な技のみを列挙している。 フィニッシュホールド 旧名:ドラゴン・カッター。 復帰後の。 のように相手を背にして首を腕で捕らえ、後方に回転して落とすリバースDDTで、技が決まった際の形が両膝を着く形と尻餅を着く形の2パターン存在する。 ロープの反動を利用したムーンサルト・アタック。 素顔の浅井時代からのフェイバリット・ムーブであり、メキシコで習得し日本、アメリカに持ち込んだ代表的な存在で、メキシコを除く海外では「アサイ・ムーンサルト」と呼称される。 バリエーションは以下の通りである。 ランニング式も使用。 その他得意技 ドラゴン・シュタイナー 相手の背後からミステリオ・ラナのように捻りを加えて放つ。 一時期は決め技としても使用していた。 ジャーマンで投げた後に後転してレッグ・ロール・クラッチでホールドする。 アステカ・スープレックス と同型。 カウンターで見舞うカニ挟みから入る独特の連携を見せることもある。 軽量級選手を中心に流行技の契機となった使い手の一人。 頭点倒立の状態から相手の首を脚で捕まえひねって投げる。 タイトル履歴 [ ]• 第78代、第80代NWA世界ミドル級王座• 第17代、第19代、第22代、第24代、第26代• 第12代• 第20代、第28代• 第13代(パートナーは、)• 第36代、第45代• 第97代(パートナーは)• 優勝(2003年)(パートナーは) その他• 連邦区トリオ王座• NWA世界インターナショナル・ジュニアヘビー級王座• 技能賞(1992年) 以下は第2代として戴冠。 WWA世界ジュニアライトヘビー級王座• 英連邦ジュニアヘビー級王座 入場曲 [ ]• Separados()• Dragon - 時代に使用していた。 タイガーマスクへのこだわり [ ] 『』2004年9月15日号に掲載された「マスクコレクション特集」でウルティモ・ドラゴンが取り上げられた際に、このキャラクターの誕生秘話を、「ドラゴン=浅井」とオファーを出したアントニオ・ペーニャ(当時の企画部長)が証言している。 EMLLからのオファーは浅井をマスクマンとして使うというものであり、少年時代からであるに憧れていた浅井は、ここで夢を実現すべく「タイガーマスクになりたい(当時、のがマスクを脱いでおり、3代目は、まだいなかった)」と希望を出していた。 結局、メキシコ人の日本人に対するイメージは虎ではなく龍であることを重視して、新キャラクターである「ウルティモ・ドラゴン」となった。 しかし、その後も浅井はメキシコではドラゴン、日本()ではタイガーマスクと言うプランを考えていたが、のアドバイスでドラゴン一本にしたとのことである。 それから14年後、で念願のタイガーマスク(2代目ザ・タイガー)となっている。 参考文献 [ ]• 『』2016年4月13日号(No.

次の