どんなときもwi-fi 速さ。 【ポケットwi

どんなときもWiFiとWiMAXを6つの視点から比較

どんなときもwi-fi 速さ

【いきなり結論】ポケットwifi・WiMAXでAmazonプライム・ビデオは…! 結論からいうと、wimaxやY! mobile、SoftBankの現在販売されているレベルの端末を用いれば 普通に観れるのでご安心ください。 ただしポケットwi-fi、wimaxには通信制限もあるため、幾つか注意すべきポイントもあるのでご注意ください そう。 観れるか観れないかといえば、 普通に観れます。 今回、WiMAXの置くだけwi-fi「L01s」でじっさいに様々な時間帯でAmazonプライムビデオを観まくってみた結果、編集部の予想に反し、 日中、夜間、深夜どの時間帯でも安定して快適に視聴できました。 (詳しい通信速度については後述) つまりポケットwi-fi(wimax)でもまったく問題ないのでご安心ください。 ポケットwi-fi(wimax)でAmazonプライムビデオの視聴を続けるには• Amazonプライムビデオ側の画質設定• 1日の視聴時間 には若干の注意が必要。 好き放題に観続けると簡単に通信制限にかかるのでご注意ください。 (通信制限にならないポイントについては後述) とりあえず「Amazonプライムビデオが観れるならぜひ利用してみたい!」 こんな方は以下のリンク先で当ブログの厳選したおすすめポケットWi-Fiに目を通しておきましょう。 編集部がAmazonプライムビデオ視聴できたからって皆が視聴できるとは限りません。 そこで今度はその根拠 Amazonプライムビデオの視聴に必要な速度 Amazonプライムビデオのデータ量 を詳しく解説しつた上で、 通信制限の状態でAmazonプライムビデオがみれるのかどうかもお伝えしていきます。 Amazonプライムビデオの視聴に必要な通信速度 「でも本当にポケットwifi・WiMAXでも本当にAmazonプライムビデオが快適に視聴できるの~!? 」という方。 まずはAmazonプライムビデオ公式ページにある以下の表をご覧ください。 画質の種類 必要なネット環境(速度) 標準画質 0. 7Mbps 高画質 3. 7Mbps、3. 5Mbps、 15Mbps以上といったネット環境(通信速度)が必要だそうです。 因みにSDやHD画質がどの程度の画質なのかピンとこない方もいると思うので、Amazonプライムビデオの公式ページにあったので掲載しておきます。 画質の種類 画質レベル SD(標準画質) 普通にキレイ DVDと同程度の解像度で、音声はCDの音質と同程度のMPEGでの再生 HD(高画質) 超キレイ Bru-rayディスクと同程度の1080pまでの解像度、音質は5. 1chオーディオに対応 UHDとHDR(最高画質) 超キレイの4倍キレイ HDの4倍の高画質、映像の輝度幅(ダイナミックレンジ)を拡大した高コントラストの画質 参考 ではアマゾンプライムビデオの推奨ネット環境にたいし、今度はポケットwi-fi(wimax)の通信速度をみていきます。 ポケットwi-fiもwimaxもスペック的には楽勝でクリア ではポケットwi-fi(wimax)の最新機種を利用した場合の通信速度を御覧ください。 2Gbps、 ポケットwifiでも612Mbpsとスペック的には楽勝で推奨ネット環境をクリアしていました。 (最新端末じゃない場合でもwimaxで440Mbpsが平均) ベストエフォート型なのでじっさいに1. 2Gbpsや612Mbpsが出ないにせよ、でAmazonプライム・ビデオの必要とする15Mbpsは楽勝でクリアしているため、Hulu、Netflixなどあらゆる動画配信サービスの映画やドラマを快適に視聴できます。 以下、Amazonプライムビデオのデータ容量(データ消費量)をふまえ、「何時間みれるの?」「もし通信制限にかかったらAmazonプライムビデオはみれないの?」などの疑問を解消していきます。 Amazonプライムビデオのデータ容量 まずはAmazonプライムビデオ公式ページにあった視聴の際に消費されるデータ容量をご覧ください。 画質の種類 1時間のストリーミングのデータ容量 標準画質 約0. 6GB 高画質 約1. 8GB 最高画質 約5. 8GB 要は画質設定によってデータ容量はバラバラで、1時間に 0. 6GB、約1. 8GB、約5. 8GBのデータ容量が消費されます。 最高画質は尋常じゃないくらいキレイですが、データ容量もハンパないですね……。 WiMAXの3日で10GB制限だと何時間まで視聴できる!? ポケットwifi・WiMAXには各種プランがあり、月額料金の安いプランだと月間7GBが上限で、正直Amazonプライムビデオを視聴される場合、このプランじゃまったく話になりません。 そのため、ここではポケットwifiならポケットwifiプランL、WiMAXならギガ放題プランなどの月間無制限プランで考えてみます。 ギガ放題プランが通信制限にかかる唯一のパターンといえば直近の3日間で10GBを超えたパターン(LTE使用で7GB超えもありますがここでは省略) つまり通信制限にかからずAmazonプライムビデオを視聴するには、 約3. となると… 画質の種類 通信制限にかからず1日に視聴できる時間 標準画質 約5. 5時間 高画質 約1. 8時間 最高画質 約0. 5時間 残念ながら最高画質は30~40分と壊滅的ですが、 高画質なら2時間近く、さらに 標準画質なら1日約5. 5時間も視聴できることが判明しました。 けっこう沢山みれて驚きました。 1日の視聴時間が平均5時間以上という方は、そもそも高速モバイル回線ではなく思い切って光回線という選択肢がベターですし、標準画質でみる限りそう簡単にはオーバーしないのではないでしょうか。 通信制限にかかってもAmazonプライムビデオは視聴できる!? 編集長 「万が一通信制限にかかっちゃったら場合でもAmazonプライムは観れる!? 」 中には仮に通信制限にかかった場合が心配な方もいるはず。 月間7GBプランでの7GBオーバー• au4GLTE回線を利用しての7GBオーバー• ここでAmazonプライム・ビデオの視聴に必要なネット環境をもう一度ご覧ください。 画質の種類 必要なネット環境(速度) 標準画質 0. 7Mbps 高画質 3. 5Mbps 最高画質 15Mbps以上 参考 そう……標準画質ならば0. 7Mbpsあれば十分に視聴可能。 つまり通信制限がかかった状態でも標準画質の映画やドラマなら普通に視聴できます。 およそ1Mbpsの速度制限なら標準画質をみるには問題なし! 先ほどお伝えしたように、Amazonプライム・ビデオの標準画質に必要な環境は0. 7Mbps。 なので速度制限されている状態でも標準画質レベルならそう問題ないでしょう。 ただ高画質となると、3. 5Mbps以上のネット環境が必要ですのでちょっぴり厳しい感じですね。 ちなみに端末側で高画質を選択していても、速度制限が実施された場合、ストリーミングされる画質は自動的に標準、またはそれ以下の画質になってきます。 このあたりはAmazonプライム・ビデオの公式にも Amazonビデオでは、接続速度が自動で検知されるため、ビデオはその時点で利用可能な画質および音声で再生されます。 ストリーミング再生時の画質は、ご利用のデバイス上に表示されます。 出典 このように記載されています。 Amazonプライムビデオに最適な回線は断トツにWiMAXだった モバイル回線にもY! mobileやSoftbank、ドコモやauなど沢山のキャリアがあり、どのキャリアと契約するかで… 通信速度が快適かどうか 頻繁に通信制限にかかるかどうか 料金がお得かどうか が大きく変わってきます。 ちなみに主な用途がAmazonプライムビデオの視聴という場合、当ブログ的には 通信速度がモバイル回線で最速、かつ料金もプロバイダ選びしだいでは3,000円台前半で利用できるWiMAX回線がおすすめ! 以下は大手プロバイダの中でも、端末が無料かつ月額がお得だった会社だけに絞り込んでみました。 6万はAmazonギフト券 上記6社の中から選んでもらえばwimaxをお得に利用できます。 【wimaxの総費用を比較】最終的にお得な2社を発表 結論からいうと、今現在L02を最安値で契約できるプロバイダは以下の2社だと当ブログは考えます。 おすすめのタイプ 3年間の総費用 面倒な1年後のCB受取手続きを忘れずに行う自信がない 131,491円 CBなしの最安値 契約直後と1年後のCB申請手続きならできそうな人 118,100円 CBありの最安値 134,100円 (CB貰えない場合) キャッシュバックを受取れた計算で全プロバイダ総費用を料金比較すると、現状で最安値は新興プロバイダのJP WiMAX。 Amazonギフト券ではありますが総額では断トツにお得です。 またキャッシュバックの受取ミスなど想定した場合、最初から月額割の設定しかないBroad WiMAXの総費用が最安でした。 アナタが1年後のキャッシュバック手続きができるのか?という部分で選ぶ会社は決まってきます。 「GMOのような1年後のCB受取手続きなんて無理」という人なら、最初からキャッシュバックを撤廃して100%貰える月額割引を提供するこちら。 Broad WiMAXが総費用が1番お得です。 こんな人だったらGMOとくとくBBよりも今話題のJP WiMAX!! 現金じゃなくAmazonギフト券ではありますが、受取手続きの難易度を考えても、JP WiMAXの方が実質的にお得です。 頻繁にAmazonプライムを視聴する方は画質設定をなるべく低く• モバイルルーターと切断され再接続する場合、画質設定が初期状態に戻ってしまうこともあるため注意• 外出時にAmazonプライム・ビデオをみる方は余裕があれば事前にダウンロードしておく 標準画質に設定したものの、一度切断され再接続すると画質設定がデフォルトに戻って高画質になっていることもあります。 【まとめ】WiMAXでのAmazonプライム・ビデオ視聴のポイント 以上、自宅に固定回線が引けない方、移動中や職場の休憩時間などにもAmazonプライム・ビデオを視聴したい方にむけ、Amazonプライム・ビデオがストレス無くみれるのか独自に検証してみました。 最後にもう一度結論をまとめると.

次の

どんなときもWiFiは北海道でも使えるの?利用エリアやつながりにくい場所はどこ?

どんなときもwi-fi 速さ

どんなときもWiFiではメールアドレスの提供はない どんなときもWiFiでは メールアドレスの提供はありません。 他のプロバイダーでメールアドレスの提供されているところもあります。 しかし、どんなときもWiFiではそういったサービスを行っていないので、プロバイダーメールアドレスが欲しいと思っている人は注意しましょう。 メールアドレスが欲しいときは… メールアドレスが複数個欲しいという時はありますよね。 でも、どんなときもWiFiにはプロバイダーメールアドレスは存在しないので、 自分で用意する必要があります。 その時に使えるのが、携帯のキャリアメールもしくはフリーメールです。 携帯のキャリアメールを使う au・ドコモ・ソフトバンクを利用している人であれば、携帯のキャリアメールを使うことができます。 EZweb・ docomo・ SoftBank から始まるドメイン名のメールアドレス がキャリアメールです。 格安スマホを使っている場合でも、物によってはキャリアメールが存在する会社もあります。 フリーメールを使う もう一つの方法がフリーメールを使う、ということです。 フリーメールには ヤフーメール やGmail などがあります。 誰でも簡単に取得できるので、メールアドレスを増やしたいと思っている人はフリーメールの使用を検討してください。 また、キャリアメールが存在しないスマホを使っている場合は。 必然的にフリーメールを使うこととなります。 他のWi-Fiではメールアドレスの提供があるところも どんなときもWiFiではメールアドレスの提供はありませんが、他のWi-Fiサービスではメールアドレスが提供されているところもあります。 niftyやBIGLOBEなどでは、メールアドレスの提供を行っています。 プロバイダーメールアドレスとは そもそもプロバイダーメールアドレスとはどういうものなのでしょうか。 プロバイダーが提供しているメールアドレスのことを、その名の通りプロバイダーメール アドレスと言います。 では、プロバイダーメールアドレスにはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか? プロバイダーメールアドレスのメリット プロバイダーメールアドレスのメリットとして、次の3点があります。 ・信頼性が高い ・セキュリティ性が高い ・遅延がほとんどない 信頼性が高い 1つ目のメリットとして、信頼性が高いことが挙げられます。 その信頼性の高さから度々ビジネスメールでも活用されています。 セキュリティ性が高い 二つ目のメリットはセキュリティ性が高いということです。 迷惑メール対策も充実しており、不要なメールのブロックも正確に行ってくれます。 またメールサーバー自体のセキュリティ性も高いので、 ウイルス対策などもしっかり行われています。 遅延がほとんどない 三つ目のメリットは遅延がほとんどないということです。 フリーメールに比べ、プロバイダーメールは通信速度は速い傾向にあります。 プロバイダーメールアドレスのデメリット 一方、プロバイダーメールアドレスにはデメリットもあります。 ・ブラウザなどで開けない ・アドレスの変更が難しい ブラウザなどで開けない プロバイダーメールアドレスは、基本的にはメールのアプリケーション メーラー がないと開きません。 そのため、メーラーがインストールされたパソコンでないと使えないというデメリットがあります。 フリーメールであればどのブラウザからも利用することが可能です。 メーラーがインストールされている必要はありません。 アドレスの変更が難しい 2点目のデメリットはアドレスの変更が難しいということです。 アドレスを変えたいなと思ってもプロバイダーメールの場合、所定の手続きが必要となります。 Gmail などのフリーメールの場合は、自分のアカウントの設定画面から簡単に変えられる場合が多いです。 プロバイダーメールアドレスは必要なの? ここまでプロバイダーメールのメリットとデメリットを見てきました。 結局プロバイダーメールは必要なのでしょうか? 結論ですが、大半の人は 必要ないと言えます。 というのも、 最近ではフリーメールでも信頼性・セキュリティ性はアップしており、プロバイダーメールと遜色のない形で使うことが可能です。 さらに、メールの送受信でも遅延を感じることはほとんどありません。 フリーメールだからといって特別使い勝手が悪いということはないのです。 ビジネスなどでより確実なセキュリティ性が必要な場合は、プロバイダメールを使う必要がありますが、 一般ユーザーの場合はフリーメールで十分対応可能です。 まとめ:ほとんどの人は問題なし どんなときも WiFi ではメールアドレスの提供はありません。 なのでメールアドレスが欲しい場合はフリーメールを使用する必要があります。 とはいえ、ほとんどの人の場合プロバイダメール 必要ないので フリーメールを 使えば OK です メールアドレスの有無でどんなときもWiFiを契約するかどうか悩んでいるなら、 是非契約すべきかと思います。 メールアドレスがないのが些細なことに感じられるほど優秀なモバイルWi-Fiです。

次の

どんなときもWi

どんなときもwi-fi 速さ

どんなときもWiFiとUQ WiMAXが利用する回線の種類と通信速度を比較すると下記表のようになります。 回線の仕様で通信速度は4G LTE回線よりもWiMAX回線の方が速いので、 スピード重視ならUQ WiMAXを選ぶようになります。 通信速度はUQ WiMAXの勝利! 通信速度はUQ WiMAXが最大1. 2Gpbsで、どんなときもWiFiの150Mbpsと比較して 約8倍近いスピードで勝利しています。 2Gpbsはあくまでスペック値で、ハイスピードプラスエリアモードを使った一部エリアのみの提供ですが、光回線以上のスピードが出る点を考慮すればまさに超速です。 その性質からUQ WiMAXはスピードを重視する人、またはスマホゲーム等で利用する人に向いていると言えます。 スピード重視ならUQ WiMAX• 「つながりやすさ」はどんなときもWiFi モバイルWi-Fiルーターが海外で利用できるか? 「モバイルWi-Fiルーターをそのまま海外に持っていって使用できるか?」これも最近はユーザーニーズが高いポイントではないでしょうか。 海外旅行や出張時のネット回線になるので、頻繁に海外に赴かれる人にとっては重要なポイントです。 どんなときもWiFiは手続き無しでそのまま海外利用可能! どんなときもWiFiは入出国前に手続きやオプション加入等は一切不要で、そのまま 海外に持ち出して利用できるのが特徴です。 どんなときもWiFiはクラウドSIMと呼ばれるシステムを搭載しており、現地状況に合わせて最適な回線を割り当てています。 日本では大手通信事業者が対象ですが、海外では現地の通信事業者を自動で割り当てるので手続き等は一切不要で、国内と同じようにモバイルWi-Fiルーターを使用できます。 その為、海外で利用できるかどうかで比較すると、 どんなときもWiFi一択になります。 速度制限条件と速度制限時の通信速度で比較 どんなときもWiFiもUQ WiMAXも、月間データ容量は無制限ですが、それ以外の速度制限条件を比較すると下記の表になります。 どんなときもWiFiの通信制限条件は非常に緩い! どんなときもWiFiの通信制限は「違法ダウンロードなどの不正利用または著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信」のみです。 その為、一般的な使い方ではどんなときもWiFiの速度制限はかからないので、速度制限の条件は非常に緩いと見ても良いでしょう。 この速度制限がボトルネックで、せっかくUQ WIMAXは高速で大容量通信が可能なのに、たくさんデータをやり取りすると制限にひっかかってしまいます。 売りである高速通信をフルに活用すると、速度制限になりスペックを生かせない…UQ WiMAXに限らずWiMAX提供業者は、このジレンマを抱えているのです。 速度制限は夜6時~翌2時まででYouTubeの標準画質動画は見られる速度 UQ WiMAXの通信制限はずっと速度制限が続くのではなく、条件は下記になります。 夜6時~翌2時までの最大8時間しか速度制限はかからない• 1Mbpsの速度は出るのでYouTubeの標準画質動画は見られる 速度制限の時間帯は決まっているので、夜6時~翌2時までネットをあまり活用しない人には速度制限になっても影響は少なめです。 制限されていても1Mbpsの速度はあるので、写真や動画をアップロードしないSNSやWeb閲覧程度なら問題なく利用出来るでしょう。 月額料金・契約期間・決済方法の面でどんなときもWiFiとUQ WiMAXを比較してみました。 どんなときもWiFiは2年契約なので、契約年数で比較するとどんなときもWiFiとUQ WiMAXは互角、決済方法も両社クレジットカードと口座振替対応なので互角です。 そうなると決め手は月額料金になります。 料金が最も安いのはクレジットカード決済のどんなときもWiFi 上記の表から最も月額料金が安いのは「 クレジットカード決済のどんなときもWiFi」なので、クレジットカード持ちの人はどんなときもWiFiが最もお得です。 月額料金3,480円• 速度制限なし使い放題 のWiFiルーターとなっているので、お得に契約したい料金重視のユーザーならクレジットカードでどんなときもWiFiを契約するのがおすすめです。 どんなときもWiFiの口座振替だと逆にUQ WiMAXの方が安くなりますが、差額は100円なので人によっては誤差レベルと言えるでしょう。 最安はどんなときもWiFiのクレジットカード決済• どちらも2年縛り 電波強度やエリアで比較 どんなときもWiFiの4G LTE回線と、UQ WiMAXのWiMAX回線の電波強度やエリアを比較してみました。 項目 どんなときもWiFi UQ WiMAX 電波強度 強い 並 電波範囲 広い 広い 高所・地下・障害物への耐性 強い 弱い 回線速度ではWiMAXの勝利でしたが、回線強度やつながりやすさ面では 4G LTE回線の方に軍配が上がります。 電波強度やつながりやすさの面で万人向きはどんなときもWiFi どんなときもWiFiの電波強度が強くエリアが広いのには下記3つの仕様が原因です。 ドコモ、au、ソフトバンクの回線を使っているのでエリアが広い• モバイルルーターの仕様で障害が発生しても別のキャリアに自動で切り替わる• 4G LTE回線は障害物を挟む奥まった場所や高所・山中・地下でもつながりやすい 4G LTE回線は速度こそ遅いものの、障害物に強く提供しているエリアが広いので、つながりやすさではトップクラスです。 更にキャリアの回線が障害を起こしても別のキャリアに切り替わるだけなので、 接続の安定性も高く万人向きなのが、どんなときもWiFiと言えるでしょう。 UQ WiMAXは通信速度を最大限まで引き出すには人を選ぶ 一方のUQ WiMAXのWiMAX回線は、以下の特徴から電波強度やつながりやすさで人を選ぶと言わざるを得ません。 電波の直進速度は速いが障害物に弱い• 高所や地下、山中等では電波が弱くなりやすくつながりにくい WiMAX回線では、障害物が点在する場面では 本来のスピードを出しきれないことが多々あります。 スピードをフルに出し切れる環境ならUQ WiMAXを生かせますが、逆に言うとWiMAX回線の通信速度を最大限まで引き出すには人や環境を選ぶと言えます。 速度制限の条件が緩い• ドコモ、au、ソフトバンク3社の4G LTE回線を使用• クレジットカードを持っていると月額料金が3,480円 上記3つ特徴から、どんなときもWiFiがおすすめなユーザーは下記3つ挙げられます。 固定回線の代替となるルーターが欲しい人 固定回線の代替としてモバイルWi-Fiルーターの契約を考えている人には、どんなときもWiFiを契約するのがおすすめです。 どんなときもWiFiは速度制限の条件が緩いので、自宅の様々なデバイスを接続しても、速度制限にかからずに利用出来る為です。 他に接続しているデバイスにも影響が出るので固定回線の代替として利用するなら、どんなときもWiFiがおすすめです。 月額料金が安いWi-Fiルーターを契約したい人 どんなときもWiFiの月額料金は、クレジットカードで支払い時には3,480円、UQ WiMAXより月額400円安く利用できます。 1年単位なら4,800円、 契約満了の2年時には9,600円と1万円近くお得に利用できるので、価格重視ならどんなときもWiFiがおすすめです。 ただし、口座振替の場合には、• どんなときもWiFiの方が100円高くなる• 口座振替で契約して、後からクレジットカードに変更しても3,480円にならない ので注意が必要です。 海外旅行や出張でモバイルWi-Fiルーターの利用を考えている人 海外旅行や出張の際に、モバイルWi-Fiルーターを持っていって利用を考えている人は、どんなときもWiFiがおすすめです。 UQ WiMAXは海外に持って行っても利用できないので、海外で利用するモバイルルーターを別途契約しなくてはなりません。 どんなときもWiFiは、手続きもオプション設定も不要で そのまま海外に持って行けるので、海外に頻繁に行く人はどんなときもWiFiを選びましょう。 UQ WiMAXがおすすめの人はどんな人か? 画像引用元:• WiMAX回線は4G LTE回線より速い• 3日間10GB以上利用すると速度制限が夜6時~翌2時まで実施 上記のUQ WiMAXの特徴を踏まえてUQ WiMAXがおすすめ人を挙げると、下記2例があります。 徹底的に回線速度を重視する人 UQ WiMAXの回線速度は非常に速く、どんなときもWiFiの4G LTE回線より最大8倍近く差が出る時もあるので、 徹底した速度重視の人にはUQ WiMAXがおすすめです。 どれだけ速度が出るかはUQ WiMAXでTry UQというWiMAX機器のレンタルサービスがあるので、気になる方はこちらで計測するのがおすすめです。 普段のスマホの通信速度とUQ WiMAXの通信速度をアプリ等で比較して、速度に満足したらUQ WiMAXの契約を検討すると良いでしょう。 この時間帯にネットを利用しない人には、 速度制限が及ぼす影響は少ないので、この時間帯にネットを利用しない人にもUQ WiMAXがおすすめです。 どんなときもWiFiとUQ WiMAXは自身のニーズに合ったものを選ぼう どんなときもWiFiとUQ WiMAXはモバイルWiFiルーターを提供している点こそ共通ですが、回線の種類や速度制限条件、月額料金の面で全く違います。

次の