アイフォン11 バッテリー容量。 iPhone 11シリーズで電池残量(パーセント表示)を確認する方法

《2020年》失敗しないモバイルバッテリーの選び方とおすすめ12製品

アイフォン11 バッテリー容量

iPhone 11・iPhone 11 Pro・iPhone 11 Pro Maxを購入するなら 安くおトクに買うなら 白ロム通販ショップのイオシスからの購入が一番おすすめです。 最大6ヶ月の保証もついているので安心です。 海外スマホを直接輸入するならイートレンがおすすめです。 日本語対応で12ヶ月の保証期間がついているので安心です。 ドコモ・au・ソフトバンクで購入するなら 契約手数料がかからず24時間受付のオンラインショップがおすすめ。 ソフトバンクで購入するなら 他社からの乗り換え(MNP)・新規契約でキャッシュバック2万円(ガラケーの場合1万円)、機種変更でも現金5,000円のキャンペーンが受けられる がさらにおすすめです。 機種変更の際はお問い合わせフォームの「ご質問・お問い合わせ」欄にキャンペーンコード「2222」を記載、もしくはお電話いただいた際キャンペーンコードを伝えていただくだけでOKです。 iPhone 11 Proとは? iPhone 11 Proは次のような特徴があります。 トリプルカメラ搭載でiPhoneでも超広角が楽しめるようになった• バッテリー持ちがiPhone XSから4時間も改善• スマホ史上最速のCPUを搭載 大々的にバッテリーについて宣伝されているので期待しちゃいますよね。 1mm 重量 188g メインカメラ 12MP F2. 0 望遠 トリプルカメラ インカメラ 12MP F2. 2 充電方法 ワイヤレス充電(Qi)対応 防水防塵 IP68 SDカード 非対応 認証方法 Face ID おサイフケータイ 対応 イヤホンジャック 非搭載 バッテリー容量 3,190mAh カラーバリエーション ミッドナイトグリーン シルバー スペースグレイ ゴールド それでは早速実際にみてみましょう。 iPhone 11 Proのバッテリー持ち 満充電した状態のiPhone 11 Proを朝9時から使い出してどれぐらいバッテリーを消費するのかを見ていきましょう! ちなみに自分のiPhone 11 Proの使い方はInstagram、Twitter、RSSのチェック、Webページの閲覧などです。 3時間使用後のバッテリー 使用後3時間。 89%。 12時です。 3時間経ち残量89%。 お昼の時点でこれだけ残っているのは、ひとまず悪くない滑り出しですね。 11時間使用後のバッテリー 使用後11時間。 58%。 一気に飛んで夜8時です。 11時間使って残り58%です。 新しいiPhoneということで嬉しいので触りまくったんですが、夜8時でこれだけ残っていればもう楽勝でしょう。 13時間使用後のバッテリー 使用後13時間。 42%。 夜11時です。 13時間使いたおして残り42%。 めちゃくちゃ優秀ですね。 5時間画面オンで42%。 5時間も画面オンにしていたにもかかわらずこれだけ残るとは。 iPhone 11 Proのバッテリー持ちをまとめると iPhone 11 Proは朝9時から使い始めて夜11時までの13時間使いたおしても残り42%も残っているという、超優秀なバッテリー持ちです。 これだけ持ったらなんの問題もありません。 安心して使いましょう。 おすすめの格安SIMランキング VOVMがおすすめする格安SIMはこちらです!• 1位 : (1年間無料で通話も通信もし放題という驚異的な価格設定。 今は契約しないと損)• 2位 :(ソフトバンクと変わらない速度で4GB月額1,480円からというコスパ)• 3位 :(月額600円からという圧倒的なコスパが魅力的。 SNSカウントフリーもあり価格で迷ったらこれ) はなんといっても4月8日にサービス開始した、 300万人限定で月額2,980円が1年間無料で国内通話し放題・データ使い放題という のコスパが驚異的です。 1年間無料で通話も通信もし放題ですよ。 ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに追いつくために赤字覚悟でサービス展開中なので乗らない手はないです。 なんといっても1年間無料なので、ひとまず契約しておいて損はないです。

次の

iPhone 11でバッテリー残量をパーセント表示する方法まとめ

アイフォン11 バッテリー容量

iPhone本体に装着することで充電可能な携帯性に優れたアイテム「iPhone用バッテリーケース」。 AppleやLOOFといった様々なメーカーの商品が存在しますが、どの商品が本当に優秀なのか気になりませんか? そこで今回は、 Amazon・楽天・価格. com・Yahoo! ショッピング などの売れ筋上位のiPhone用バッテリーケース をすべて購入し、最もおすすめな iPhone用バッテリーケース はどれか、検証して決定したいと思います! mybest編集部が全ての商品を実際に使用してみて、以下3点の比較・検証をしました。 実用量• 持ちやすさ• 使用感・機能性 果たしてどの商品が最もおすすめのベストバイ商品なのでしょうか?ぜひ購入の際の参考にしてくださいね! バッテリーケースを選ぶ際には、電気用品安全法の基準を満たした電化製品に付けられる PSEマークがついているかどうかを確認しましょう。 近年モバイルバッテリーなどの使用による事故が多発していることを受け、2018年2月1日から電気用品安全法の規制対象にポータブルリチウムイオン蓄電池が追加されることに。 そして 2019年2月1日以降、PSEマークが付いていないポータブルリチウムイオン蓄電池の製造・輸入・販売ができなくなりました。 バッテリーケースのほとんどがリチウムイオン電池を使用しているため、もし PSEマークなしの商品が販売されていたとしても、安全性・信頼性に欠ける商品である可能性が非常に高いため購入を避けましょう。 なお、 2019年1月31日以前に購入したPSEマークのない ポータブルリチウムイオン蓄電池 は引き続き使用してOKです。 ただし、フリマアプリやネットオークションではPSEマークのないポータブルリチウムイオン蓄電池の出品が禁止されているため、不必要になった場合は自分で破棄するようにしましょう。 iPhone用バッテリーケースを選ぶ際に最も重要なポイントがバッテリー容量です。 小さいものだと2000mAh、大きいものだと7000mAhと、様々な容量のバッテリーケースが販売されています。 5000mAhあれば、 iPhone11 Pro Max以外であれば 1回程度フル充電できるので、目安として覚えておきましょう。 容量が大きいほどiPhoneの充電の持ちが長くなります。 ただし、バッテリー容量とバッテリーケースのサイズはトレードオフの関係になっており、 容量が大きければその分ケース も重たくなる傾向があります。 長時間iPhoneを使うのであれば容量の大きなバッテリーケースを選びたいところですが、あまりに分厚い・重たいものだと使いにくさを感じてしまうことも。 バッテリー容量と重量のバランスを考慮して選ぶようにしてください。 なるべく持ちやすいバッテリーケースを選びましょう。 軽くて薄く、滑りにくい素材のものがベストです。 iPhone本体の重さにバッテリーケースの重さも加わることになるため、 あまり重すぎるものだと持ちながら操作しづらくなってしまいます。 バッテリーケースの重量は軽いものだと70g程度ですが、重いものだと140g程度あるものも。 特に 120g以上になってくるとかなり重たく感じてしまうので注意しましょう。 バッテリーケースの形状・素材も大切なポイントです。 分厚くてツルツルとした素材を使用しているものだと、片手で操作しづらくなるため不便。 滑りにくくグリップ感があるシリコン素材、またはマット加工が施されている素材が望ましいです。 また、落下防止リング付きのものを選べばさらに安定感が増すのでおすすめです。 今回検証した商品• KOOSERA|バッテリー内蔵ケース 4000mah• BeeFix |バッテリー内蔵ケース 5000mAh• Apple |iPhone7 スマートバッテリーケース• VAVACO|バッテリー内蔵ケース 4000mAh• WELUV|バッテリー内蔵ケース 3000mAh• LOOF|バッテリー内蔵ケース 5000mAh• シフト|スリムバッテリーケース 3500mah• ALEVE|ケース型バッテリー 2500mAh• Loacy|バッテリー内蔵ケース 2500mAh• Dozzi|バッテリー内蔵ケース 5000mAh ケースの一部が着脱式になっているタイプや、ケース上部からスライドしてはめ込むタイプが断然おすすめ。 バッテリーケース内部のライトニングコネクタをスムーズにiPhoneに挿すことができるので着脱しやすいです。 iPhoneの四隅をバッテリーケースの四隅にピッタリ合わせてはめ込むタイプだと、 斜めに傾けた状態のiPhoneをライトニングコネクタに挿し込む必要があるため、ライトニングコネクタに大きな負荷がかかってしまいます。 また、外す際はiPhoneを無理矢理押し出すようにしてバッテリーケースとの隙間を作る必要があるため、指を痛めてしまいました。 実際、 iPhoneをケースにはめ込むタイプだった 「Dozzi|バッテリー内蔵ケース 5000mAh」は、ライトニングコネクタ部分がすぐに折れて使い物にならなくなってしまったので、要注意です。

次の

iPhone のバッテリー交換

アイフォン11 バッテリー容量

iPhoneを使っていて、最もチェックする機会が多いのはバッテリー残量の表示かもしれません。 ただ、初期状態のiPhoneではバッテリー残量がパーセント(数字)で表示されないため、設定が必要になります。 さらにiPhone X以降のモデルでは、画面上部の表示スペースが狭くなった都合で、バッテリー残量をパーセント(%)で表示するオプションがなくなりました。 残量を具体的な数値で正確に知りたいとき、これでは不便です。 もちろん、iPhone 8シリーズまでのモデルで、バッテリー残量をパーセント表示する設定も紹介します。 コントロールセンターでバッテリー残量のパーセント表示を確認する 一番簡単なのは、「コントロールセンター」から確認する方法です。 画面右上から下にスワイプしてコントロールセンターを引き出すと、右上にバッテリー残量がパーセント表示されます。 コントロールセンターを開くとバッテリーの残量がパーセント表示される。 残量が数字で示されると安心だ 普段はアイコンの状態でバッテリー残量を気にしつつ、コントロールセンターで正確な数値をときどき確認するという使い方をするとよいでしょう。 ウィジェットでバッテリー残量のパーセント表示を確認する iPhoneのバッテリー残量をパーセントで確認する方法は、もう1つあります。 それは「ウィジェット」で確認する方法です。 ウィジェットではバッテリー残量がパーセント表示される ウィジェットを表示するには、ホーム画面の1ページ目かロック画面または通知センターで右にスワイプします。 ウィジェットでバッテリー残量をパーセント表示でチェック コントロールセンターを表示するには指を右上に伸ばさなければならず、片手持ちのときは操作しづらく感じることがあります。 ウィジェットで確認する方法も知っておけば、いつでもすばやくバッテリー残量を確かめられて便利でしょう。 「バッテリー」のウィジェットを追加する方法 「バッテリー」のウィジェットが追加されていない状態であれば、画面を下にスクロールして最下部にある[編集]に進み、ウィジェットの一覧リストから[+バッテリー]を選択します。 ウィジェットとして追加されるので、[ ]をドラッグして一番上に移動しておくと確認しやすくなります。 ウィジェットの設定変更については、下記記事で詳しく解説しています。 ウィジェット一覧に「バッテリー」が見当たらない場合 ウィジェットを追加する一覧画面で「バッテリー」が候補にないケースでは、初回のみバッテリー残量の表示に対応したワイヤレス機器をBluetoothで接続する必要があるようです。 具体的には、AirPodsやApple Watchなどの機器をiPhoneとペアリングしなければならず、接続後に「バッテリー」がウィジェット候補に表示されるようになります。 一度でも「バッテリー」が表示されれば、接続を解除したりペアリングしたデバイスの登録を削除したりしても、ウィジェットから消えることはありません。 ワイヤレス機器が手元になく、ウィジェットでバッテリー残量が確認できないという人は、サードパーティのバッテリー管理アプリを利用する手もあります。 たとえば「Battery Life」というアプリはウィジェットに対応しています。 上述の手順でウィジェットを追加すれば、同じようにバッテリー残量をパーセント表示できます。

次の