川崎 市 保育園 緊急 事態 宣言。 緊急事態宣言下における川崎市の保育や保育料について

緊急事態宣言下における保育所の運営について

川崎 市 保育園 緊急 事態 宣言

緊急事態宣言が発令されたらどうなる? 災害などにより国家の運営が滞ってしまう事態の時に政府が発令する特別法のことで、今回は現在ある新型インフルエンザ等対策特別措置法を改正して新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ緊急事態宣言を出せるよう備えようとしています。 医療機関に関しては国が必要と判断したら土地や建物の矯正使用が可能になります。 政府が業者に対して食料や医療品の売り渡しや保管の命令が可能になります。 物資を隠すなどした場合、 6カ月以下の懲役、または 30万円以下の罰則規定もあるようです。 他にも外出の制限がかけられたりなど、国民の私権を大きく制限してしまう宣言になるため政府は慎重に進めています。 みんなの反応 どうも腑に落ちないのは、 麻生副総理「コロナは風邪とかわらない」 専門家会議「感染は持ちこたえている」 比較的緩い見解なのに、 安倍総理「緊急事態宣言が必要だ。 私権も制限」 同じ内閣の中で、温度差が矛盾してないか? — ごく普通の会社員 tryshd ちなみに、緊急事態宣言を出せば今迄よりも遙かに政権担当能力が問われる。 如何にもうまくやってるかの様な情報をTVを使って垂れ流したところで、世界のメディアは事実を政権への忖度無しにソレを世界に伝え、迂回して(だが瞬時に)国民に伝わる。 騙しようがない。 — K. 緊急事態宣言できるような法改正には反対すべきなのに、立憲民主党と国民民主党が賛成するから、事実上いつでも国民の行動や私権を制限できるようになってしまった。 コロナの緊急事態宣言でも居酒屋には人多い(木曜) — むろ abcmuro まとめ 今回は13日に発令されるであろう緊急事態宣言について紹介していきました。 やはり私権の制限があり国民の不安が大きくなっているようなので政府はもっと具体的なメリットやデメリットなどを発表して欲しいですね。 とにかく一刻でも早く新型コロナウイルスが終息することを願うばかりです。

次の

「緊急事態宣言解除後の保育について」 | 木月保育園(きづきほいくえん)

川崎 市 保育園 緊急 事態 宣言

緊急事態宣言解除後の保育について 令和2年5月22日 木月保育園発行 保護者の皆様、新型コロナウィルス感染拡大防止のための自粛にご協力いただきまして心より御礼申し上げます。 しかし、緊急事態宣言が解除された後も、二次感染が起こる可能性も指摘されております。 5月21日付けで川崎市から6月30日まで引き続き登園の自粛要請が発令されました。 保育園はいわゆる「濃厚接触が回避できない場所」であり、乳幼児のマスクの着用の困難さ、複数の大人が出入りする場所であることからも感染リスクが高くならざるを得ません。 つきましては、子どもや保護者の安全を可能な限りで確保する事と、職員の安全も守っていきたいと考え、以下の通り保育園での対応を行いますので、ご理解とご協力をお願いします。 入室の際は必ずマスクの着用とアルコール消毒を徹底していただくともにお子様の支度はできるだけすみやかに済ませてください。 なるべく混み合う時間帯の送迎は避け分散できるようご協力ください。 お預けの際、保育士に口頭で当日の体温をお知らせください。 職員も毎朝検温をし、健康管理に努めます。 換気も常に行っていきます。 幼児で行っている配膳は衛生面を考慮し、しばらくの間職員が行っていきます。 食後乳児は白湯を飲み、2歳から幼児組はうがいで対応します。 水遊びや色水遊び、足首までの泥んこ遊びなどを行うことは可能だと考えておりますが、状況に合わせて対応していきたいと思いますのでご理解とご協力をお願いします。

次の

川崎市:新型コロナウイルス感染症対策に係る保育所等の対応について(令和2年6月25日現在)

川崎 市 保育園 緊急 事態 宣言

保育園に娘を迎えに来た足立信介さん=7日午後、東京都渋谷区 緊急事態宣言を受け、保育園を休園するか続けるかで、管轄する自治体の判断が分かれている。 休園が決まった園の保護者からは「預け先がない。 どうしたらいいのか」と困惑の声が上がった。 東京都渋谷区は医療従事者や警察官などの家族を対象とした特別保育を除き、週内にも原則休園となる。 担当者は「困る人がいるのは分かるが、感染から子どもを守るために決断した」と説明する。 長女(3)と長男(0)を区立保育園に通わせるシングルファーザーの会社員足立信介さん(51)は「自宅でテレワークをしているが、子どもの世話をしながらできるか心配だ」と困り果てた様子。 育休中で子ども2人を抱える30代の女性会社員は、4月下旬から復職予定だった。 「育休を延ばせるのか、仕事はどうなるのか」と不安そうに話した。 娘を預ける40代の女性会社員は「仕方ない」とあきらめ顔。 「子の命を考えれば、従わざるを得ない」と理解を示した。 一方、200以上の施設で約1万5000人の幼児を預かる大田区は、保護者に可能な限り登園させないよう求めた上で、原則開園を決めている。 担当者は「それでも必要な人たちの預け先を、簡単にシャットアウトするわけにはいかない」と語った。

次の