野村 監督 名言。 野村 克也・名言・一言・格言集

名選手で名将の野村監督 その言葉からつかむマネジメントのヒント(大関暁夫): J

野村 監督 名言

野村克也の生涯 1935年6月29日、現在の京都府京丹後市に生まれる。 家は貧しく、貧乏な生活から脱却するために将来は歌手になろうとコーラス部に所属したり、俳優を目指して映画館通いなどをしていたが、中学2年生のときに野球部に入部して注目されるようになる。 中学卒業後は母から働くように言われるが、兄が大学受験を断念することで高校に進学。 高校野球部は大変弱く、野村克也も無名選手だった。 しかし野球部顧問がプロ球団の監督に推薦状を送り、1954年、南海にテスト生として入団。 一年目は9試合に出場し、11打数無安打。 戦力外通告を受けるが正捕手らの事故等により捕手不足となり残留。 3年目の1956年、一軍に抜擢され正捕手に定着。 打撃不振に陥った際、『バッティングの科学』という本の「投手は球種によりモーション時にクセを見せる」という言葉に出会う。 その後、投手のクセを研究し、打撃力が格段に向上。 攻略できなかった稲尾和久投手には、16ミリカメラでフォームを撮影し研究。 ID野球の基礎となる。 1957年に本塁打王のタイトルを獲得。 以降、毎年のようにタイトルを獲得し、1965年には戦後初の三冠王に輝く。 しかし同時期にセ・リーグで活躍していた巨人のやに比べて世間からの注目は少なく、後に「花の中にだってヒマワリもあれば、人目につかない所でひっそりと咲く月見草もある」とコメントし、「月見草」が野村の代名詞となった。 1968年からコーチ兼任となる。 1970年には監督と選手を兼任するプレーイングマネージャーとして4番打者、捕手、監督の三つの重責をひとりで担うことになる。 監督兼任となってからも打棒は健在で、1970年シーズンは42本塁打、通算2000本安打を達成。 1972年には打点王を獲得。 監督としても1973年にリーグ優勝を果たす。 1978年にロッテへ選手として移籍。 1979年から西武へ。 1980年、前人未到の3,000試合出場を達成。 同年45歳にて引退する。 2020年2月11日、野村克也は虚血性心不全により死去、84年の生涯を閉じた。

次の

野村克也(ノムさん)伝説!語録と名言集まとめ | Nomada

野村 監督 名言

1954年、南海ホークスにテスト生として入団し、プロ3年目に正捕手の座を獲得。 65年の三冠王をハイライトとして数々の勲章を手にし、パ・リーグのトッププレーヤーとして長年に渡り活躍を続けました。 監督としては南海、ヤクルト、阪神、東北楽天でチームを率い、日本一も複数回経験。 データを駆使して采配を振るうスタイルは『ID野球』と称され、一世を風靡しました。 今回は、そんな野村氏が世に送り出した数々の名言の中から3つを取り上げ、名選手であり名監督の同氏のリーダー論や人生哲学にアプローチしてみたいと思います。 スポンサーリンク 目次• 【特選】私が選ぶ野村克也監督の三大名言 「一流になるためには、避けて通れない道がある。 それは努力という名の道。 努力なしに一流にはなりえない」 ルーキーイヤーに、いきなりプロの壁にぶち当たった野村氏。 一時は戦力外通告を受けますが、当時の捕手難という事情に助けられ、なんとかチームに残留します。 そんな境遇から這い上がり、超一流選手の域までに上り詰めたのは、不断の努力があったからこそ。 悔しさをバネに、試行錯誤しながら解決策を見出す努力に要したエネルギーは並大抵のものではなかったと思いますが、まさに努力こそが野村氏の野球の礎になっていたわけです。 前述の、相手投手の研究に関しては、苦手な投手の映像を繰り返し観ることで攻略法を掴んだそうですし、闇雲に練習やトレーニングを反復するのではなく、頭脳をフル回転させる努力が奏功。 それが後の『ID野球』の原点になったのも間違いありません。 「野球選手である前に、社会人として しっかりとした自分を作れ」 この言葉もまた、野村氏の名言の中で特筆すべきフレーズでしょう。 現役としてプロ野球の世界に身を置ける期間は、よほど突出した才能の持ち主でない限り、それほど長くはありませんし、第一線から退いて指導者として同じ世界に留まりたいと思っても、実際はとてつもなく狭き門。 一般社会に出てからも通用するように、まずは社会人として自分を確立されることは、必要不可欠なことと思われます。 幼少の頃から野球一筋で生きてきた人間にとって、一般常識を身につけて社会人として相応しい言動が極自然に出来るようになることは、非常に大切。 それを現役時代に身につけておくことがいかに大事かを野村氏は教えてくれています。 大多数のプレーヤーにとっては、野球界から身を引いた後の人生の方が明らかに長いわけですからね。 誰もが認める名監督…真のリーダーの資質として共通することなのでしょうね。 理路整然として、ともすれば取っつきにくいイメージもある両氏ですが、この共通項からは、温かい人間性も感じられます。 スポンサーリンク 【野村克也監督】その他の気になる名言・格言の全て! ここでは、その他の名言のうち、私が知りうる限りの名言の中から気になるものを全てご紹介いたします。 解説はありませんが、きっとあなたの心に響く名言が見つかることでしょう! 一瞬のやる気なら誰でも持てる。 けれども、持続性のあるやる気は、深く認識したものだけに宿るのである 若いときに流さなかった汗は、年をとったときの涙となる 不器用な人間は苦労するけど、徹してやれば器用な人間より不器用な方が、最後は勝つよ。 失敗の根拠さえ、はっきりしていればいい。 それは次につながるから。 ナポレオンは「人間を動かす二つのテコがある。 それは恐怖と利益である」と言った。 私はこの二つに「尊敬」を加えたい。 リーダーは「利益と尊敬と、少しの恐怖」で組織を動かしていくべきで、その潤滑油が「笑い(ユーモア)」だ。 監督のミーティングっていうのは、やっぱり野球選手も一社会人だから、人間学、社会学っていうのを基本に教えなきゃいけない 結果オーライの野球は私は一番嫌いなんですよ バッティングは「備え」で結果は8割決まるものだよ 「失敗」と書いて「成長」と読む 人間は、恥ずかしさという思いに比例して進歩するものだ 野球は技術力には限界がある。 その先は頭で考えるしかない。 そこから先がプロの世界なんだよ 監督の仕事で大事なのは人間教育、社会教育 水は方円の器に随(したが)う。 意味: 四角い器に水を入れれば水も四角い形になり丸い器に水を入れれば水も円形になる。 転じて、人も環境や付き合う人物いかんで良くも悪くもなるということ 誰にも負けないくらいの素振りをした 勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし 失敗した選手でも、こいつは我慢したら働く、伸びてくると思えば辛抱します。 三振して帰ってくる選手の顔をじっと見てみると、悔しい顔をして帰ってくる若い子は見込みがあります。 あっけらかんとしているのはダメですね。 なぜダメだったのかを考えられる人間には、次のチャンスを与えたいと思います。 一流になる人と、一流近くまでいきながら二流で終わる人の差はどこにあるのか。 私は、「俺は俺」という強烈な自我の有無だと思う。 「恥ずかしい」と感じることから進歩は始まる。 「どうするか」を考えない人に、「どうなるか」は見えない。 優勝というのは強いか、弱いかで決まるんじゃない。 優勝するにふさわしいかどうかで決まる。 組織はリーダーの力量以上には伸びない。 「叱る」と「褒める」というのは同意語だ。 情熱や愛情が無いと、叱っても、ただ怒られているというとらえ方をする。 コーチの第一義は、自信を無くしている、目標を失っている選手に、いかに意欲を出させるかということ。 好かれなくても良いから、信頼はされなければならない。 嫌われることを恐れている人に、真のリーダーシップは取れない。 うまくいっているときは、周りに人がたくさん集まる。 だが、一番大切なのは、どん底のとき、誰がそばにいてくれたかや。 部下を「信じる」というのは、リーダーの重要な資質。 自分の持っているイメージと違うとすぐ矯正しようとする。 こんな上司のもとにいる部下は不幸。 コンピューターがどんなに発達しようとしても、仕事の中心は人間だ。 ならばそこには「縁」と「情」が生じる。 それに気づき、大事にした者がレースの最終覇者となるのだと思う。 スポンサーリンク 全盛期を過ぎ、落差に耐えつつ、必死にやる、なんてことを惨めと感じる人はいるでしょう。 ところが、僕はそうは思わないんですよ。 なりふり構わず、自分の可能性を最後の最後まで追求する。 そのほうが美しいという、これは僕の美意識です。 未熟な組織には、原点がある。 教えられることが多い。 敵に勝つより、もっと大事なことは、常に自分をレベルアップすること。 重荷があるからこそ、人は努力するのである。 重荷があるからこそ、大地にしっかりと足をつけて歩いていける。 投手は「打てるもんなら打ってみろ、絶対抑えてやる」というプラス思考がいい。 捕手は危機管理のマイナス思考。 プラスとマイナスだからバッテリーと言われるのだ。 楽を求めたら、苦しみしか待っていない。 勝っているときが一番怖い。 リードしているときが一番怖い。 人間の才能なんて、どこに隠されているか分からない。 相手の話を聴いてみる。 それが第一歩。 そこから組織の活性化が始まる。 命令するからには、全責任は監督にある。 つまり、クビになるのはおまえでなくワシや。 だから、失敗してもいっこうにかまわない。 おまえの失敗はおまえを使ったオレが悪いのだから、全てを出しきり、結果は神にゆだねろ。 有事に強い者、それは不真面目な劣等生。 35歳を超えて敵がいないということは、人間的に見込みがないことである 1年目には種をまき、2年目には水をやり、3年目には花を咲かせましょう。 限界が見えてからが勝負だ。 「もうダメ」ではなく、「まだダメ」なのだ。 ID野球の極意は、重い予備知識と軽い先入観。 貴い知識・本質はいつの世でも、本来、単純明快である。 ちっぽけなプライドこそ、その選手の成長を妨げる。 自己を過大評価した瞬間から、思考の硬直が始まる。 どうやったらライバルとの競争に勝てるか考えたとき、1日24時間の使い方の問題だ、と思った。 大きな舞台になればなるほど、勝負は技術だけにとどまらない。 人間そのものの対決になる。 リーダーシップとは人を動かす、先を読むこと。 人を動かすのは生きがい、夢、希望、目標、目的、ビジョン、興味、関心。 人を判断するときは決して結論を急がないこと。 名言からの学び ・夢や目標を叶えるための手段として、努力を重ねることは大前提。 その努力は頭脳を駆使して、試行錯誤しながら積み重ねることが理想。 これはスポーツ界だけでなく、ビジネスや日常生活においても心掛けておきたいこと。 ・特定のジャンルで成功し、名を馳せることは人生において大変名誉なことだが、その前に社会人として恥ずかしくない人間であるべき。 関連記事 管理人のつれボーです。 野球をこよなく愛する一般人代表を自負しております。 野球の面白さや魅力を伝えるべく、私、つれボーに加えて複数の野球仲間と共に楽しく記事を執筆しています。 当サイトを通じて野球への興味が更に深まって頂けると大変嬉しく思います。 カテゴリー• 195• 245• 111• アーカイブ•

次の

野村克也の厳選15の名言から学ぶ【人生と仕事の哲学】

野村 監督 名言

とは… 野村克也氏がこの世を去ってから早くも2カ月が経とうとしている。 彼 の残した名言の数々は選手たちを奮い立たせるだけでなく、ときに現代を生きる大人たちの指針となってきた。 [左]『野村克也100の言葉 〜人を育て、動かすヒント〜』(宝島社)1000円、[右]『野村克也の「人を動かす言葉」』(新潮社)1250円 そんな野村監督の珠玉の名言集。 は、春のスタートから躓いたときでも気持ちを奮い立たせてくれる3つの名言を。 器用は弱い、不器用は強い」。 「器用な人間は何でもそつなくこなすが、器用貧乏との言葉があるように、基本や努力を疎かにし成長を妨げるケースが多い。 不器用な人間は何度も失敗するが、失敗から成長していくものだ」。 言い得て妙である。 プレーヤーとしてのピークを過ぎた選手たちをチームへ招き入れ、見事にもうひと花咲かせる。 その手腕に向けた賞賛の言葉である。 そんな監督が「思いもひとしお」と語るシーズンが1997年だ。 その年、前の所属チームを戦力外となり、自由契約でヤクルトスワローズに入団した選手がいる。 小早川毅彦氏だ。 野村監督は彼に対し、 「これまでは天性に頼って器用にやってきたと思うが、やがては限界がくる。 いっそ、不器用に徹してみたらどうだ」と言葉を投げかけ、投手を分析するようにアドバイスを送ったとか。 結果は周知の通り。 シーズン前の下馬評を覆し、ヤクルトスワローズは2年ぶり5度目のリーグ優勝、4度目の日本一を成し遂げる。 その勝利に、小早川選手は大きく貢献したのだった。 不器用であることを嘆く必要はない。 失敗に失望し立ち止まる必要もない。 そこからどれだけのことを学び、貪欲に成長していけるかが大事なのだ。 でも努力は裏切らない」。 京都の片田舎の高校を卒業した野村克也。 期待に胸を膨らませ足を踏み入れたプロ野球の世界だったが、当初はほとんどテスト生扱いである。 そこから這い上がっていく中で、 南海に入団後、野村監督は来る日も来る日も寮の庭でバットを振り続けた。 シーズン前のキャンプ時には、それこそ庭を埋めつくさんとする先輩、後輩が野村監督の隣でバットを振っていた。 しかし、いざシーズンが始まると庭で素振りをする人間は数えるほど。 それはなぜか。 「努力をすればすぐに結果が付いてくるという錯覚があるため、結果が出ないと、みんな諦めてしまう 」と野村監督は言う。 さらに、「個人差はあるが、必ず数年後には結果が出てくる。 努力しているからといって、すぐに結果を求めてはいけない。 結果はじわじわ出てくるものだ」。 野村監督は楽天時代、若い選手に「上原を見習え」と繰り返し話していたそうだ。 元巨人軍のエースにしてバリバリのメージャーリーグ経験者。 世界一も経験し、日米通算100勝、100セーブ、100ホールドを達成した唯一の投手である。 そんな彼も、高校時代は控え投手で大学の途中まではまったくの無名だった。 「雑草魂」を座右の銘に努力に努力を重ね、ようやくプロで開花を迎えた。 そんな彼の、ひたむきかつ貪欲な姿勢に、野村監督は自身を重ねたのかもしれない。 たとえ失敗したとしても、努力し続けることで未来は拓ける。 野村監督の生き様がまさにそうだった。 ちなみに余談だが、野村監督と上原浩治氏はともに、長く愛用した背番号は「19」だった。 野村監督は、数多くの著書の中で、昔から劣等感に苛まれていたことを告白している。 若手時代には先輩から「お前、ボールの握り方も分からないのか」と嘲笑され、南海時代の恩師、鶴岡監督からは「二流の投手は打てるが一流の投手はてんでダメだな」と突き放された。 ファンからは、「カーブの打てないノ・ム・ラ」と野次られ随分歯がゆい思いをしたと聞く。 しかし、都度「野球においては全てそれを受け入れ、 無知=マイナスと捉えず学ぶ理由と捉え、そこを補充していけばいい」と自分に言い聞かせ、日々練習と学びに明け暮れた。 野村監督が1年目を終え、京都の実家へ帰省したときのことである。 久々に会った旧友に、「高そうな服を着ているな〜。 いくらくらいもらっているんだ?」と聞かれたことがあった。 野村監督は、「稼ぎ? ご想像に任せるよ」と話したという。 そのとき身に着けていたものは、貯めに貯めてようやく購入したジャケットと、同期の友人から譲り受けたスラックスだった。 自分を大きく偽ることで、それに見合うような男になるための努力をする原動力にしたのだ。 恥ずかしさとは力になる。 でもそのために必要なのは、チープなプライドではなく謙虚さだ。 思えば、野村監督の言葉にはミスを戒める言葉はほとんどない。 むしろ歓迎する向きのほうが強い。 そこから多くを学べると知っているからだ。 くよくよしていても始まらない。 まずは、失敗から学び、それをどう未来へ還元できるかを考えることがもっとも大事なことなのだ。

次の