ジェロニモ アパッチ。 【FGO】ジェロニモの評価と再臨素材

ジェロニモ

ジェロニモ アパッチ

映画のストーリー 結末の記載を含むものもあります。 1885年。 合衆国陸軍に抵抗していた最後のアパッチ族が降伏し、リーダーのジェロニモ(ウェス・ステューディ)をゲイトウッド中尉(ジェイソン・パトリック)と士官学校を出たてのデイヴィス少尉(マット・ダモン)が護送した。 彼らは砂漠を旅するうちに、威厳と誇りに満ちたジェロニモに対して理解と友情を覚える。 途中、アパッチの身柄引き渡しを要求する警察の一隊を追い払ったゲイトウッドは、ジェロニモと友情の証として双眼鏡とトルコ石を交換する。 20年近くに渡り、アパッチとの戦いの指揮をとってきたクルック准将(ジーン・ハックマン)は、礼節をもってジェロニモを迎えた。 500人のアパッチ族が軍の保護・監視の下に、保留地で農耕生活を送るようになった。 半年後、些細な事から軍が武力で制圧しようとし、暴動が発生。 騒ぎの中、ジェロニモは仲間たちと逃走する。 ジェロニモは古老の要求を受け入れてクルックと会見したが、白人に故郷を奪われる理不尽を訴え、徹底抗戦を主張する。 クルックは責任をとり辞任する。 後任のマイルズ准将(ケヴィン・タイ)は、ゲイトウッドに空手形の約束で交渉に当たるよう命じる。 彼はデイヴィスや、長年ジェロニモ追撃に執念を燃やしてきたベテラン偵察隊長のシーバー(ロバート・デュヴァル)、アパッチ族のチャト(スティーヴ・リーヴス)らを伴って追撃する。 途中、アパッチを惨殺していた賞金稼ぎの一団と遭遇し、シーバーは皮肉にもアパッチのチャトを救おうとして命を落とす。 ゲイトウッドはメキシコでジェロニモと会い、彼の要求を飲んで34人のアパッチは降伏した。 だが、ゲイトウッドは僻地に左遷され、デイヴィスは国家に幻滅して除隊する。 収容所に移送されるジェロニモは、民族が今滅びようとしていることを知った。

次の

超人批評ジェロニモ

ジェロニモ アパッチ

帯をお付けできる保証はございません(商品の一部とみなしておりません)。 また、中古品の特性上、ギフトには適しておりません。 詳細についてはAmazonマーケットプレイスコンディションガイドラインをご覧ください。 発送完了後、Amazonから発送をお知らせするメールが届きます(追跡番号も記載されています)。 【物語】 19世紀、アパッチ族のジェロニモは20年近くに及ぶ合衆国騎兵隊との闘いに終止符を打ち投降する。 その後、アパッチ族は保留地に拘束され農業に従事するが、些細なことから騎兵隊が武力行使に出たため、ジェロニモは暴動を起こし仲間とともに逃走する…。 植民地政策の理不尽さに反発する誇り高き族長、ジェロニモの姿を真正面から捉え、壮大なスケールで描いたウエスタン・アクション。 『ボーン・アイデンティティー』のマット・デイモン、『スピード2』のジェイソン・パトリック、ジーン・ハックマン、ウェス・ステュディ、ロバート・デュバルら豪華キャスト。 監督は巨匠ウォルター・ヒル。 わずか30人ほどの手勢で、アメリカの騎兵隊を相手に闘ったアパッチ族戦士・ジェロニモの勇姿を描く。 アパッチの戦士ジェロニモの物語。 ダンス・ウィズ・ウルブス以降の作品ということもあり、ネイティブ・アメリカンの立場を汲み取るような構成になっている。 カラーフィルターを使ったり、効果を狙って頑張っているが、映像作品としてはまあまあ。 93年の作品なので比較的画像は良い。 ただ、音楽は中国風とかいろいろと取り混ぜで、違和感のあるところもある。 役者は全体に控えめで、ストーリーは無理なく流れるが、主人公不在というか、イマイチドラマティックさには欠ける感はある。 が、台本はなかなか良く、見ていて心をうたれる部分も多い。 当然というか、ジェロニモの台詞がとても良い。 最後の場面など、こう、やりきれない気持ちが襲ってくるというか、結構悲しい。 アクションシーンも気合が入っており、映画としてのまとまりは良い。 見るべき価値ある映画に仕上がっていると思う。 ちなみに、ダンス・ウィズ・ウルブスで風になびく髪を演じたロドニー・グラントがアパッチで出ている。 この人やっぱりカッコイイね。 1993年のウォルター・ヒル監督作品、 ここがウォルター・ヒルのピークだったのだと思うし、 これを撮ってしまったら、 もう西部劇で遣り残したことはないと満足したに違いない傑作です、 シネスコワイド画面で撮影されたすべてのカットは考え抜かれた絵画やアート写真レベルの美しさ、 画面を埋め尽くす騎馬アクションは現在ではもう実現不可能な贅沢さ、 西部劇全盛期の馬を使ったアクションと比較しても、 本作に登場する何頭かの馬演技のハイレベルさにはうなってしまう、 そして巨匠の風格をもって臨んだガンファイト・アクションは一分のスキもないもので、 当時人気化していたタランティーノ・アクションのようなこれ見よがしな演出を避けた重厚さだ、 物語は当時売り出し中だったマット・デイモンを語り役に据え、 ジャケットの四人の誰が主演というわけでもなく合衆国・騎兵隊・アパッチ族・ジェロニモ個人それぞれ各人各様の立場が均等に語られ、 ほんとうにウォルター・ヒルが自分バージョンの「アラビアのロレンス」を作る意気込みで挑んだに違いない衡平感溢れる素晴らしい映画の中の映画、 公民権運動が盛んだった時代のハリウッド製西部劇のようにインディアンを虐げられた弱者として肩入れして描くわけでもなく、 逆にアメリカ合衆国を一方的に非難するような駄々っ子的幼稚さもなく、 19世紀末を生きた彼らは南北戦争後20年という時代の制約の中でこのように生き、 このように死んでいったのだという、 さすがはジョン・ミリアスと賞賛したい見事な脚本です、 本作が世紀末を代表するような傑作西部劇であるにも関わらず、 このレビュー数の少なさが逆に本作の凄さを証明してもいると思う、 つまり誰に感情移入して鑑賞すればいいのか不明な物語ゆえの娯楽性の低さが観客を選んでしまうし、 幼稚な社会批判を避けた脚本ゆえに、 幼稚な観客ほど語る言葉を見つけられなくなるタイプの傑作ということなのだと思う、 アメリカ・インディアンの戦士として世界的に著名なジェロニモを描いた歴史映画。 監督は「48時間」や「ストリート・オブ・ファイヤー」などの男臭い作品で知られるウォルター・ヒル、原案と共同脚本を担当したのはジョン・ミリアス、音楽はウォルター・ヒル監督作品の常連ライ・クーダー。 ストーリーは彼の護送を行なった若い白人将校の回想という形で展開する。 それにしても、製作から20年が経った今、こうして本作を改めて観てみると、出演陣の豪華さと層の厚さに驚かされる。 ジェロニモ役にはウェス・ステューディ このキャスティングは完璧 が扮し、その他、ジェイソン・パトリック、ジーン・ハックマン、ロバート・デュヴァル、マット・デイモンが出演しており、中でもジーン・ハックマンの役柄は味わい深い 個人的にはロバート・デュヴァルを推したいところだが。 更に驚きなのは、本作の原案と脚本を担当したのが、あのジョン・ミリアス監督だということだ。 ジョン・ミリアス監督といえば、アメリカ映画界きっての右翼として知られた人物。 そんな人間が書いた脚本なら「アメリカ建国は神が与えたもうた天命 マニフェスト・デスティニー だ!! 領土拡張の前には野蛮なインディアンなどいくら殺しても構わない!! ジェロニモなどただの反政府ゲリラだ!! 」といった感じの、アメリカの大義を高らかに謳いあげるホンになるかと思ったが、私の予想は大きく外れた。 原題のサブタイトルには「An American Legend」と付けられている。 ジェロニモを、彼の大義を最後まで貫いて戦い抜いた男として描いている。 歴史映画としてだけでなく、西部劇としても十分な完成度を誇っている。 娯楽の要素も盛り込まれているし、ジェロニモの語る詩的であり哲学的でもある台詞もいい。 一級の映画作品としてオススメの作品である。 最後のインディアンのアパッチ族の戦士ジェロニモと アメリカ政府軍との戦いの歴史を描いた作品である。 自然界の法則では弱肉強食という言葉があるが、結局 先住民のインディアンらは滅び去る運命にあるということ。 これが神の意志というものなのであろうか。 あまりにインディアンが悲惨過ぎると思うのだが、 これが歴史というものなのか。 この作品を観て、歴史とは悲しいものだと思った。 もしも、そのインディアンらの魂は無に帰すことなく、 征服する者たちの魂の中に引き継がれてゆくもので あれば、インディアンら先住民の魂の救いにはなると思う。 しかし、現実にはそうはならないのであろう。 ジェロニモの言葉や生きざまには感動させられる。 アメリカという国の歴史や本質を知るのにも良い作品であると思う。 Not as violent and graphic as 'Ulzana's Raid' but a true western and the broader story of the last native American forced to surrender to the army. Really this is a 2 or 3 star western but is lifted by a stoic performance from Wes Studi as the eponymous Native American enemy of the people. Nobody knew the real Geronimo as there were no cultural ties between the white Americans and any 'red' Indians, now classified as 'Native Americans' so Sturdi's performance is his interpretation only. It's better than the browned up versions of Apaches from the likes of Burt Lancaster and Chuck Connors that have been fed us in the past. Sturdi certainly outshone Jason Patric and a very young Matt Damon in their roles of eager cavalrymen. Not so Gene Hackman and Robert Duvall but their roles were not much more than cameos. Still these performances added to the film and I'm happy to give it 4 stars, but I'm more than forgiving when I watch a modern western that is gritty and realistic. English subtitles, bonus features are a trailor and filmographies. 110 minutes long. This could have been a great film but, for a number of reasons, it falls just short of greatness, being a good rather than a classic western. It certainly seems extremely authentic in costume, weaponry etc and the countryside is well filmed with the long sweeping shots that remind me of many previous, well loved westerns. The action is also well handled and fairly realistic. Wes Studi makes a very impressive and credible Geronimo. It's about the best depiction of him that I've ever seen. The only trouble is, we don't see enough of him, getting more of Patric and Damon instead. Their stories are interesting but this is supposed to be a film about Geronimo after all. We have some good performances here in supporting roles with Robert Duval and Gene Hackman as reliable as ever. It was good to see characters who couldn't make their minds up about the Apache as well as the hardline extremists in this film. Robert Duval's character is a good example of this, half hating and half admiring his long term adversaries. The Apaches are represented fairly well but Wes Studi gives the most memorable performance by far as you'd expect. I am glad that this film doesn't shy away from depicting atrocities committed by both sides and, while the Apache are certainly depicted as the main victims, this film is reasonably even handed in its approach. That said, the Mexicans don't get much of a look in and the majority of the fighting Geronimo was involved with was against them. After all, Geronimo is his Spanish name as this film reveals. As another reviewer pointed out, I noticed a few homages to the Magnificent Seven and Ulzana's Raid. This is a shame in many ways as a film ought to be able to stand on its own and not 'borrow' from others. Overall this is an enjoyable film and even thought provoking in places. I couldn't fault its historical accuracy either. If the script had stayed with the Apaches a little longer, it might have been even better. A well made film that gives a reasonably accurate portrayal of events. Of course there are deviations from the true record, especially in respect of some of the individuals portrayed, but that is Hollywood and film making. There are many errors and omissions. For example, there was no mention of Tom Horn and Henry Lawton, two notable characters. But I accept that it would be impossible to include everybody who was involved. The details of Geronimo's final surrender are in reality somewhat obscure. For example, was Gatewood actually present? It is known that Lawton certainly was. Plus it is known that Davis was almost certainly not involved, having already left the army by then. Also Al Sieber died many years later in a road construction accident, not in a bar-room shoot out with some Texan vigilantes. But these are spoilers of a production which was by and large quite entertaining and captures the ethos of the period. The film was well acted and directed. The sound and video were superb. Here is a classic tale of the American wilderness being "tamed".... how the interloping white man from Europe gradually forced the native population into a smaller and smaller land mass.... until they could no longer maintain their vital lifestyle to continue their natural existence.... many gave way and became dependants on "hand outs" from the new US government just to have enough to eat... whereas Geronimo was accounted as being the last native american to give in to the demands of the interlopers..... I akin him to the French resistance trying to deal with the Nazi invasion in 1939.... he was dealt with as a criminal and left to rot in jail until he died. I bought this DVD because I love and admire the work of Wes Studi.... and his treatment of the character Geronimo is about as correct and inspiring as I am capable of imagining a white man born in the UK... the outcome of the American invasion of Europeans was much the same as Australia, New Zealand and Africa.... and India, and much of the far east.... and I love this movie for being bold enough to illuminate the cultural wrong-doing that "westerners" take for granted. Another great western. Gives away all the lies that governments tell you. This film is a film that people should understand because this is the way that governments act all around the world. Nothing short of a conspiricy of lies. The Indians were the natives of the americas and were always down trodden by the whites and governments. There is much I could say about this film. It is a good film and also very informant. A fantastic film that shows truly how disgustingly and cruelly, and blatantly the US government and army tried to wipe the Natives of America off the face of the planet and nearly succeeded. Not to mention the millions of buffalo slaughtered to achieve this end along with the thousands of horses shot to keep the tribes on the ground and defenseless. As the real history has unfolded about the so called war on these people, it was not a case of battles but outright massacres of these people. This movies shows the Apache side of things and it is about time. A good film well scripted and well acted. Partially sympathetic to the plight of the Native Americans. The continuing plight of the dis-enfranchised Native Americans is a National Scandal. Films like this only scratch the surface. Good entertainment but we need films to more accurately expose the plight of Native Americans.

次の

「ジェロニモ」

ジェロニモ アパッチ

映画のストーリー 結末の記載を含むものもあります。 アパッチ族は酋長ジェロニモ以下が合衆国に降伏して捕らえられたが、その中の1人マサイ(バート・ランカスター)は列車護送中に脱走し、故郷の西部アパッチへ帰りついた。 しかし、彼のいない間に故郷はすっかり変貌し、マサイの恋人ナリンリ(ジーン・ピータース)の父サントス(ポール・ギルフォイル)が、名前だけの酋長にまつりあげられていた。 マサイはアパッチ族が自立するには青年たちの意欲を農業に向かわせなければならないと主張したが、サントスに裏切られて再び敵に捕らえられる。 だが、マサイはまたもや護送中に脱走、ただ1人山中に隠れて、合衆国と裏切者に対する復讐に燃え立った。 そしてある日、ナリンリを誘拐して隠れ家の廃鉱へ連れてきた。 最初は2人とも互いに打ちとけなかったが、次第に愛情を抱き合うようになり、冬が来る頃には結婚して小さな小屋を営んだ。 春が訪れた頃、ナリンリは身篭っていた。 あるとき彼女が村へ下って食糧を盗んできたことから足がつき、2人の小屋は合衆国軍に包囲された。 マサイは1人敢然と敵に立ち向かったが衆寡敵せず重傷を負う。 マサイが最後の力をふりしぼって敵に向かおうとしたとき、突如赤ん坊の産声が一際高く聞こえた。 声の方をふりむくマサイを撃とうとする合衆国兵士は、誰ひとりとしていなかった。 かくて、マサイは農夫となって一生を送り、アパッチ帰順の先覚といわれるようになったのである。

次の