アイスボーン 導きの地 攻略。 【MHWアイスボーン】導きの地攻略ガイド|レベル上げの効率のいいやり方【モンハンワールド】|GAMY

【アイスボーン】導きの地睡眠装備のおすすめ武器と使い道【モンハンワールド(MHW)】

アイスボーン 導きの地 攻略

モンスター 出現地帯レベル 森林 荒地 陸珊瑚 瘴気 溶岩 ラージャン 4-7 4-7 4-7 4-7 3-6 イヴェルカーナ 5-6 5-6 5-6 5-6 — 悉くを滅ぼすネルギガンテ 5-7 5-7 5-7 5-7 5-7 怒り喰らうイビルジョー 5-6 5-6 5-6 5-6 5-6 オドガロン亜種 3-5 3-5 3-5 3-5 3-5 アンジャナフ亜種 2-4 2-4 2-4 2-4 2-4 バフバロ 2-3 2-3 1-3 1-3 1-3 傷ついたイャンガルルガ 6-7 — — — — イャンガルルガ 3-5 — — — — クシャルダオラ 5-6 — — — 5-6 リオレウス 2-4 — — — 3-4 リオレウス亜種 3-5 — — — 4-5 トビカガチ 1-3 — — — — ドスジャグラス 1-7 — — — — リオレイア 2-4 1-4 — — — ディノバルド 3-5 2-5 — — 3-5 パオウルムー亜種 2-4 1-4 — — — アンジャナフ 1-4 2-4 — — — プケプケ 1-3 1-3 — — — ティガレックス 3-5 3-5 — 2-5 3-5 ジンオウガ 2-5 — 3-5 — — ナルガクルガ 2-5 — 3-5 — — モンスター 出現地帯レベル 森林 荒地 陸珊瑚 瘴気 溶岩 リオレイア希少種 金レイア — 6 — — 6-7 ナナ・テスカトリ — 5-6 — — 5-6 テオ・テスカトル — 5-6 — — 5-6 ディアブロス — 2-4 — — — ディアブロス亜種 — 3-5 — — — ボルボロス — 1-3 — — — クルルヤック — 1-7 — — — リオレイア亜種 — 2-4 2-4 — — リオレウス希少種 銀レウス — — 6 — 6-7 ネロミェール — — 5-6 — — キリン — — 5-6 — — レイギエナ — — 2-4 — — プケプケ亜種 — — 1-4 — — パオウルムー — — 1-3 — — ツィツィヤック — — 1-7 — — オドガロン — — 3-4 2-4 — ティガレックス亜種 — — — 6 — 死を纏うヴァルハザク — — — 5-6 — ディノバルド亜種 — — — 3-5 — ラドバルキン — — — 1-3 — ドスギルオス — — — 1-7 — 紅蓮滾るバゼルギウス — — — — 3-6 ブラキディオス — — — — 2-5 ウラガンキン — — — — 2-4 ヴォルガノス — — — — 1-3 ドドガマル — — — — 1-7 歴戦個体の出現条件一覧 モンスターの抽選は毎回行われますが、歴戦or通常個体はランダムではなく地帯レベルによって確定します。 悉くを滅ぼすネルギガンテ• リオレイア希少種 金レイア• リオレウス希少種 銀レウス• クルルヤック• ツィツィヤック• ドスジャグラス• ドスギルオス• まずはマスターランクを上げて、上限解放クエストを攻略しましょう。 根気よく抽選マラソンするしかないのが現状です。 ロード長すぎ問題 とはいえ、トレーニングエリアの配置物変更によるリセマラはVer. 12で修正されてしまったので、今はフィールド移動などで抽選を繰り返すしかありません。 デフォルトのPS4だとロード時間が長すぎて禿げそうになるので、ストレージがHDDの人はSSDに換装することをオススメします。 これでも十分長いくらいですが、HDDだと1分以上かかりますからね……大分マシになります。 目的に合わせて地帯レベルを調整しよう 話が逸れましたが、 各モンスターの出現率は地帯レベルによって異なります。 例えば「悉くを滅ぼすネルギガンテ」の出現条件は地帯Lv5ですが、Lv5~6は出現率が低く滅多に現れません。 しかし、Lv7まで上げれば割と高確率で出現します。 地帯レベルを上げると、逆に出現率が下がるモンスターもいるので要注意ですね。 モンスターの出現率は、以下の記事に記載しています。 併せてご覧ください。

次の

【MHWアイスボーン】地帯レベルはどこから上げる?導きの地をチャート化して解説!【モンハンワールド】

アイスボーン 導きの地 攻略

壁の近くに誘導しよう 2. ぶっ飛ばしに使える弾を装填する 3. モンスターの頭に張り付く 4. クロー攻撃で頭を障害物に向ける 5. スリンガー全弾発射でぶっ飛ばし 1. 壁の近くに誘導しよう ぶっ飛ばしても障害物に当てられなければ大ダメージは与えられない。 近くに壁がない場合は 壁の近くにおびき出そう。 ぶっ飛ばしに使える弾を装填する ぶっ飛ばしに使用できるスリンガー弾をセットする。 フィールドで拾って直接スリンガーにセットする弾は利用可能。 逆に閃光弾や肥やし弾など、アイテムポーチから選択して使う弾ではぶっ飛ばしはできない。 1発でもあればOK 残弾が1発でもあればぶっ飛ばしはできる。 そのため、弾が入手しづらいエリアでは、落石や強化撃ちの分も考慮して使おう。 頭以外の場所に張り付いてもぶっ飛ばしできないので、別の場所に張り付いた場合は、左スティックですぐに頭に移動しよう。 特殊装衣を活用しよう 頭に張り付いた際、ブレスや頭叩きつけなどの攻撃をされると、逆にハンターが吹き飛ばされダメージを受けてしまう。 特殊装衣を使って確実にぶっ飛ばしを成功させよう。 使える特殊装衣 装衣 特徴と注意点 【利点】 ・ダメージを受けない 【注意点】 ・咆哮を防げない ・攻撃をかわすたび持続時間が減る 【利点】 ・咆哮も防げるので動きを制限されない 【注意点】 ・ダメージは入るので多段攻撃を受けると即死の可能性もある 4. 1回のクロー攻撃で、体を中心に、 張り付いた側の反対方向に90度程度回転する。 モンスターは向いている方向に飛んでいくので、必ず障害物の方に頭を向けよう。 クロー攻撃時の注意 クロー攻撃をするたびにモンスターの怒り値が蓄積されるため、やりすぎるとぶっ飛ばす前に怒り状態に入ってしまう。 また、クロー攻撃をするとスタミナも大きく減少し、スタミナが無くなるとクラッチが解除される。 スリンガー全弾発射でぶっ飛ばし 張り付き中にR2ボタンで装填されたスリンガーを全弾発射してモンスターの頭をぶっ飛ばす。 条件を満たしていればダメージを与えダウンが取れる。 眠らせてぶっ飛ばし回数を増やそう 怒り状態だとぶっ飛ばしができないが、 眠ると怒り状態が解除される。 睡眠特化の装備を使えば、何度もぶっ飛ばしが可能だ。 導きの地の素材集めに最適! スキル 効果 睡眠属性特化の装備なので、睡眠属性値の強化は必須。 会心発生時に睡眠属性の状態異常値が高くなる。 武器の会心率を上げるスキル。 真・会心撃【特殊】の発動率を上げるために必要。 見切りと合わせて会心率を上げよう。 クラッチ中の移動で消費するスタミナを減らす。 優先度は高くないが余裕があったら付けよう。 ぶっ飛ばしの注意点 【注意】怒り時はぶっ飛ばし不可 ぶっ飛ばしは、モンスターが怒り状態でないときのみ可能。 ぶっ飛ばしは怒り値を大きく蓄積するので、連続使用はできない。 また怒り時はクロー攻撃で向きが変わらなくなる点も覚えておこう。 ミニマップで怒り状態は確認可能 ミニマップに映るモンスターの目のマークが怒り状態でない時は黄色、怒り状態のときは赤色となる。 ただし、 怒り状態でもハンターに気付いていないときは黄色く表示されるので、エリア移動直後などはよく確認しよう。 スタミナを消費する 張り付いている間は、徐々にスタミナが減り続ける。 加えて、向きを変えるクロー攻撃や別部位への移動などでも固定でスタミナを消費する。 スタミナが尽きるとクラッチが解除されてしまうので、スタミナは充分確保しておこう。 一部当たり判定の無い壁がある 壁を使ってダウンを狙う際、 凹凸の激しいところなどは当たり判定が無い場合がある。 当たり判定のない壁では、クラッチが強制解除されることもある。 その場合は諦めて別の壁を使おう。 ぶっ飛ばしとは 頭にクラッチしスリンガー全弾発射 ぶっ飛ばしとは、クラッチアクションの1つ。 モンスターの頭にクラッチしてスリンガー弾を全弾発射する。 成功すればモンスターを大きく吹き飛ばす事ができる。 ダメージを与えダウンも取れる ぶっとばした際に特定の条件を満たすと、 モンスターに大ダメージを与えることができる。 またダメージを与えると同時に、モンスターのダウンを取ることができる。 ダウンを取る条件一覧 条件 方法 1 壁や障害物にぶつける 2 高所から落とす 3 飛んでいるモンスターをぶっ飛ばす 4 別の大型モンスターにぶつける 壁や障害物にぶつける 壁との距離がモンスターの1. また、マップ上に生えた木や大きな岩などの障害物でも可能。 高所から落とす 崖などの 高い場所から落とすことでもダメージとダウンを狙える。 近くに使いやすい壁が無い時のために覚えておこう。 飛んでいるモンスターをぶっ飛ばす 飛竜種や古龍種などの飛翔するモンスターは、空中にいる時に頭に張り付きぶっ飛ばすことでダウンを取れる。 ただし、 高度が高いと失敗するので少し難易度が高め。 また、この場合ダメージは背中に入る。 別の大型モンスターにぶつける 別の大型モンスターを障害物にしてぶつけることも可能。 成功すれば双方のモンスターをダウンさせる事ができる。 アイスボーン攻略情報 アイスボーン攻略の注目記事.

次の

【MHWアイスボーン】ぶっ飛ばしのやり方とコツ【モンハンワールド】

アイスボーン 導きの地 攻略

氷雪地帯は、特別任務「失われた幽世線」をクリアすると解放されます。 失われた幽世線では、ジンオウガ亜種の狩猟が行われます。 導きの地の最新アップデート情報 指定レベルの減少が可能に 導きの地のレベルを意図的に下げる機能が追加されます。 レベルの調整はしやすくなるものの、レベルを上げる方法は以前と変化ないので、注意が必要です。 特殊痕跡がより集めやすくなる 導きの地で解析済みの特殊痕跡を入手、もしくは完了した際、クエストメンバーも痕跡を獲得できるように変更されます。 今までよりも特定のモンスターを周回する機会が自然と増えます。 強力なスキルが組みやすく、モンスター攻略を進めやすくなります。 マスターランクのカスタム強化素材を入手 導きの地では、 マスターランク武具のカスタム強化に使用する特別な素材が入手可能です。 導きの地をやる大きな目的がカスタム強化素材の入手なので、採集・モンスター討伐をぬかりなく進めていきましょう。 地帯レベルの上げ方と注意点 導きの地の各地帯にはレベルが設けられており、地帯レベルが上がると出現するモンスターの種類が増えます。 地帯レベルは、モンスターの狩猟か痕跡を集めると上がっていきます。 MRを上げると地帯レベルの上限が解放 必要マスターランク 地帯レベル上限 MR49 レベル5 MR69 レベル6 MR99 レベル7 地帯レベルの上限は、マスターランク MR を一定まで上げて出現する任務クエストをクリアすると解放されます。 地帯レベルは、最大7まで上げることが可能です。 地帯レベルの上げすぎには注意 1箇所の地帯レベルを上げると、同時に他の地帯レベルが徐々に低下します。 地帯レベルごとに出現するモンスターの出やすさや、入手できる素材が異なることから救済措置として設けられているようです。 欲しい素材が入手できなくなる 地帯レベルを上げると、出現モンスターレベルごとにモンスターから入手できる素材が異なるため、欲しい素材が入手できなくなる恐れがあります。 目的なくモンスターを狩るより1体を集中して狩る方が効率的です。 地帯レベルの調整方法 目的の素材がある場合は、対象のモンスターのみを狩って帰還し、地帯レベルの上昇を抑えるのが得策です。 上げすぎてしまった場合は他の地帯を上げて、目的の地帯のレベルを下げられます。 低レベルの導きに参加すると効率的 地帯レベルのみを重視して上げたい場合は、自身より低レベルの導きの地に参加するのが効率的です。 低レベルの地に参加すると通常時よりポイントを多く稼げるため、簡易的にレベル上げを行うことが可能です。 逆に高いプレイヤーが低いプレイヤーの導きの地に参加することは可能です。 特殊痕跡の使い方と解析の進め方 解析を始めるには、モンスターの特殊痕跡が必要です。 特殊痕跡はフィールドの各箇所にある他、大型モンスターの剥ぎ取りや捕獲でも入手できます。 特殊痕跡を入手した場合、画面右上に「解析状況」が表示されます。 解析は2通りの進め方が存在 解析の2通りの進め方 同種族のモンスターを討伐・剥ぎ取り、縄張り争い跡の回収 導きの地の大型モンスターの部位破壊 1体につき1回 解析は、2通りの方法で進められます。 解析の対象種族は導きの地内の画面右上にて確認可能です。 なお、導きの地の大型モンスターの部位破壊は、モンスター1種つき1回だけ解析を進められます。 対象によっては複数回解析を進める必要がある 解析を行う対象によっては、複数回解析を進める必要があります。 そのため、フィールド内の様々なモンスターを部位破壊して回るのも効率的です。 また、部位破壊した対象が解析対象だった場合、その場で解析が完了します。 解析が完了するとおびき出しが可能 解析が完了したモンスターは受付嬢から「おびき出し」ができ、任意のタイミングで戦えます。 おびき出しは、キャンプにいる受付嬢に話しかけると行うことができ、1回行うと解析した特殊痕跡がなくなります。 確定素材を入手すると、溜めたゲージは1割ほどまで減少しますが、レア素材集めに役立つため積極的に活用しましょう。 導き狩猟おすすめ睡眠装備 簡易版睡眠装備 部位 防具名 スロット 頭• 必須スキルは別途で組み込む必要があるものの、全ての武器種に対応でき、比較的簡単に運用が可能な装備構成になっています。 エンプレス採用整備装備 部位 防具名 スロット 頭• 整備で化合の装衣を回す他、スラアクの零距離属性解放突きの機会を作れるなど高い汎用性を誇る装備構成です。 ゴールドルナ採用装備 部位 防具名 スロット 頭• 真・会心撃【特殊】で睡眠値を底上げする他、精霊の加護の極意で安定性を高めています。 耐久面が心配の方には特におすすめの装備構成です。

次の